気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

角川コミックス

文豪ストレイドッグス12

ico_grade6_3

「国木田」

「お前は探偵社で最も高潔で強い」

「だから敵は最初にお前を壊そうとした」

「それを忘れるな」

 

ポートマフィアと探偵社。

二つの組織のトップに打ち込まれた異能のウィルス。

どちらかが死ななければ解除されない、という悪意しか感じない能力ですが。

トップが倒れて混乱の中に在る探偵社へ速攻で奇襲かけてくるあたりポートマフィアは行動力抜群ですな……

 

谷崎の異能を駆使し逃走し、乱歩の頭脳を以て異能者を捕えようとするも……それすらも敵の首魁の罠で。

あんな奴に引っ掻き回されているのか、と思うと腹立たしくてたまらないなぁ。

どうにも現状好きになれる要素が無いし。悪役としては、立派なもんだと思いますけどね。手管を選ばず、策謀を駆使し、強力な相手を翻弄する。

この上なく、厄介な手合いです。

 

探偵社も、ポートマフィアもお互いにトップを大切に思っているからこそ、引くことは出来ない。

だからこ、社長の命令に背こうとも戦いに赴く探偵社員たちが居て。

敦は迷いながら、別の方法を模索していますが。中々状況は厳しく。

ポートマフィアも、探偵社員に対して作戦「檸檬花道」を観光。絵面は馬鹿みたいだが、意外と厄介というか。で、この爆弾はまた一人でコツコツ作成してるんですか……?

マスタ

そして、トップを守るために傷つく部下が居ることにお互い気が付いていて。

病身を押して、部下も知らぬ二人の因縁の地へ足を運び決着をつけようとする。

そこにかつて、探偵社設立の後ろ盾となった異能者夏目が現れて……って、この御仁これまで何してたんだ、オイ。

 

コハエースGO 帝都聖杯奇譚

ico_grade6_3

「のうアサシン――それほどの『才』」

「なぜ磨かなかった」

 

安心安定のコハエース。

いや、既刊何となくしか知らないんですけど。帝都聖杯奇譚が気になったので購入。

帯に「まだ生きていたか……」と有る辺り流石というかなんというか。

笑える空気だったので、既刊購入してこようかなぁ。懐具合と相談しよう。

 

FGOでノッブと沖田、書文先生は登場していますが。

他のキャラはさすがに無理かなぁ、キャスターは特に難しそうですが。

ページ下のぶっちゃけ具合とか笑えますねー。

アプリのイベントの話とかも合って、掲載時期が伺えます。時事ネタ多くなるんだとやはり、リアルタイムで追いかけた方がさらに面白いかなぁ。

 

書文先生が全体的に格好良かったのでFGOでも引きたい……

ランサー枠弱いんですよねぇ。サンタジャンヌとフィンしか金枠いないし。年始の師匠チャレンジには敗北しましたし。

沖田を引いてクイックパ強化とかしたいんですが、ぐだぐだ本能寺復刻はまだですか……復刻したとして引ける気しませんけど。

 

衛宮さんちの今日のごはん

ico_grade6_4

「…私にサプライズなんて いい度胸してるわよね」

「…ううん でも こういうのも悪くないかなって」

 

Fateの亜流、幸せなIFの世界。

サーヴァントたちが普通に生活の中に溶け込んでいて、それぞれの場所で幸せに過ごしている。

そんな世界で食べる、美味しいご飯のお話です。

どの料理もおいしそうですし、それを食べるキャラクターたちが楽しそうで、見ていて和みます。

 

一番好きな話は、「第3話 春のちらし寿司」でしょうか。

イリヤを招いて、ひな祭りを祝う士郎達。

着飾ったイリヤがかわいらしいし、本当平和で穏やかな一幕です。

 

幼少期の士郎が料理をして、切継が食べるシーンとか、良いですよねぇ。

魚屋のランサーが完全に馴染んでて笑う。アーチャーの出番があまりないですけど、プールで士郎の顔を狙ってボール打ち込んできたり、巻末でレシピアレンジしていたりと、彼は彼で変わらずというか……



 

文豪ストレイドッグス11

ico_grade6_3

「大丈夫 もう失敗しない」

「貴方が一緒だから」

 

敦と鏡花が同じ部屋で食事しているのが、和む。

しかも多少の制御が利くようになった夜叉がなんか、ネタ度増してるというか。

……そんなスタートだったのに、鏡花の過去を明らかにしてくるとか。

上手い構成ですが、この流れは卑怯だなぁ(褒めてる)。

しれっと描かれていた「異能を肉親に譲渡する方法」と「それを教えた黒い影を操る異能者」ってどこぞの小説版で見たような気が。

 

あと、没落したギルドのボス、フィッツジェラルドの姿も描かれていました。

異能の特性が「つぎ込んだ額に比例した身体強化」なので、無一文になったら全く非力で。

……それでもよくも生きていたもんで。

作戦を立てていた、オルコットが落ちぶれていた彼を引っ張り出して。

 

真っ向から戦うのは無駄に金がかかる、とやり方を変えてきました。                                

前回もこうやって裏から手を回して……ってのはやっていましたがその規模が違う。

手勢もないというのに、よくやるものです。

 

……おまけに例の最高幹部蹴散らした黒幕が行動を開始して。

異能者狩りの仮面の暗殺者。敵ばかり増えていく感じがしますなぁ。

それぞれの組織が追いかけている「本」の正体なんかも明らかになりましたが……

太宰がそれの正体知っていたのが気になりますねぇ。

 

 

 

氷菓10

ico_grade6_3h

「絶望的な差からは期待が生まれる」

「だけどその期待にまるで応えてもらえないとしたら行きつく先は失望だ」

()

「そしてぼくはまだ ムネに期待したかった」

 

十文字事件の謎解き。

そして「連峰は晴れているか」と「心当たりのある者は」をそれぞれ収録。

期待を語る事件の犯人の「口にできなかった願い」が悲しいなぁ。

この苦さもまた青春の一幕なのかもしれませんが。

 

折木自身はその省エネの思想によって、「憧れを知らない」と自らを評していますが。

いつか彼もまたそうしたものと直面するときが描かれることを願います。

何とかすりすぎた部誌評価についても解決し。

古典部的には上手くオチをつけた感じですなぁ。

 

「連峰は晴れているか」は、うまく言えないんですけど好きなエピソードの一つです。

珍しく折木がやる気を出して、調査に乗り出す話でもあるんですが……

その理由が「人の気も知らないで」というのが。

千反田が言葉に詰まったのもなんとなくは、わかる。

確かに彼は省エネで。けれど決して性根が曲がってるわけではないんですよねぇ。

氷菓 (10) (カドカワコミックス・エース)
タスクオーナ
KADOKAWA/角川書店
2016-07-22
 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典3

 ico_grade6_3

「だから状況を打破する作戦を考えた」

「ほう? 言ってみろ」

「まず私が正面から突っ込む 次にグレンが正面から突っ込む 最後にアルベルトが正面から突っ込む…どう?」

「…お前がいなくなった後の俺の苦労 理解したか?」

 

この3巻で魔術競技祭をほぼ終わらせています。

競技の場面が割とカットされてるので、「やったグレン先生の言った通りだ!」な場面が続いてちょっと盛り上がりには欠けた印象。

 

猪武者なリィエルがグレンに突撃かます場面は中々いい感じだったと思います。

アルベルトは全てにおいて「正面から突っ込む」という彼女の相手に、それは苦労した事でしょう。

完全な前衛と後衛で能力的な相性はいいから、今回みたいにコンビとか組まされてるでしょうし。

 

まぁ、リィエルは猪だけどグレンに帰ってほしかったから喧嘩しかけたわけだし。

アルベルトにしたって、グレンに多くは聞かないけれど、いつかは去った理由を話せと心配はしているみたいですし。

 

なんだかんだグレンも同僚には恵まれていたんですね。ただ、彼自身があのまま進むことが出来なかっただけで。

こういう過去のつながりって言うのは結構好みなシチュエーションです。

しかし、優勝が決まる場面までたどり着いてますから、4巻の半分くらいで原作2巻分終わるんじゃなかろうか。



文豪ストレイドッグス10

ico_grade6_3

「血反吐を吐いて抗っても人は死ぬ」

「残酷で無慈悲で理想の欠片もない それがこの世界だ」

「……だが目指す先が 苦痛と渇きの砂漠でしかなくとも」

「俺は理想を求める」

 

ギルドとの争いも集結し、ポートマフィアとも一時休戦状態になった探偵社。

大きなヤマを乗り切ったこともあって、冒頭から全員だらけ切ってますが。

行きつけの店が襲撃を受けて、スイッチを切りかえてましたね。

……木っ端組織なのに探偵社に喧嘩売るとか、命知らずにもほどがある……

 

そして、敦のトラウマが刺激される事件が起こるわけですが。

彼を監禁し、最後には追い出した院長。彼が死に、その調査をすることに。

院長なりの理由があって、敦に様々な対応をしていたようですが。

太宰が言うように「許す必要などない」けれど。それを知った敦が、少し前に進めたなら良かった。

 

そして活躍の場面が少ない国木田さんのエピソードがありました。

普段太宰にからかわれ、振り回されているようで。

確固たる理想を、揺るがぬ自分を持っている。困難な道であろうと、理想を求めて進むと言えるあたり、ちょっと株上げたかなぁ。

最後の文への扱いはどうなの……とちょっと思いましたが。

 

元探偵社のメンバーが登場したり、ポートマフィアとコミカルな交流したりしてましたが。

最後、色々裏で動いている人物について描かれて。

……しかし、五大幹部の一人として登場したキャラが、速攻で退場していったのにはもう笑いしかこぼれないんですが。

え、なんなのあの人。他の面々はアレに蹴落とされて幹部の椅子取られたの……? 財力によってのし上がり、多額の上納金で買った椅子みたいですけど、それにしたってちょろすぎる……

重要な情報あっさり取られてるし、良い所なしだなA。敵が本格的に動き出しそうな気がしますが、また厄介な手合いですなぁ。

 



Fate/stay night Heaven’s Feel 2

ico_grade6_3

「魔術師ならばとうに覚悟などできていよう」

言われるまでもない たとえ半人前でも衛宮士郎は魔術師なんだ

あこがれ続けた切嗣の後を追って必ず正義の味方になると決めたのなら

逃げることだけは絶対にしない――

 

聖杯戦争の序章を目撃してしまい、ランサーに追われる羽目になった士郎。

サーヴァントからは逃げられず、死んで。凛が手を打って……なお追ってきて。

という序章も序章ですねぇ。

 

間桐の爺様が気持ちいいほどに悪役だなぁ。

上手い事桜を焚き付けてる、というか。あくどい。

ただまぁ、長く生きてるだけあって情報には通じてるんですよねぇ。

前回の生き残りが戦力を確保してることとか、今回のキャスターが掟破りしてることをこの段階で把握してるわけですから。

魔術師としては優秀なんだろうなぁ。まぁ、それはその分歪み切っているって事でもありますが。

 

セイバーを召喚し、教会で事情を聴き、イリヤが現れたところまで。

その後に間桐家の事情なんかも触れられていましたけれど。

次回、3巻から本格的に分岐して個別ルート入るそうですよー。

後書きも笑えたので、次も楽しみです。

 



ロクでなし魔術講師と禁忌教典2

ico_grade6_3

「組織でしか生きられなかったお前の境遇にゃ同情する」

「だがそれに流されて自分で道を選ばなかったのはお前の責任だ」

「テメェの不始末はテメェでカタつけろ」

 

魔術学院に現れたテロリストからグレンが白猫を助けたところからスタート。

少し駆け足気味ではありましたが、テロ事件が終わるまでを描き、最後の一話で次への引きをしっかりと作ったいい構成だったんではないかと。

 

敵の一人を打倒したものの、手練れが出てきてピンチに。

一応グレンも手札を活用して、上手い事立ち回りますが、ジリ貧。

彼の性格をよく知っていた白猫の援護があったからこそ、最後の肉を切らせて骨を断つ作戦が成功しただけで。

 

彼女が居なかったらグレンはここでリタイアしてたよなぁ。まぁ、そもそもグレンが講師として赴任していなかったら、白猫もルミアも無事で済まなかった可能性の方が高いわけで。運が良かったね二人とも……。

そして、この事件を経て思う所があったのか、臨時講師だったグレンは正式に教員として働くことに。とりあえず、ひと段落ってところでしょうか。

 

文豪ストレイドッグス9

 ico_grade6_3

「僕は……愚かか? あの記憶から逃げたいと思う事は下らないか?」

「ああ 下らぬ」

「何故なら 苦しめる過去の言葉と貴様は本質的に無関係だからだ」

 

まさかのアニメ化決定したこの作品。

今回は、これまで引っ掻き回してくれた対ギルド戦に決着がつきます。

……芥川と鉢合わせた瞬間殴り合い始めた敦にはちょっと驚きましたが。

 

そして芥川が太宰好きすぎて怖い。「太宰さんとつながっている通信端末」を敦が投げ捨てたら、それを躊躇せずにとりに行くとか。

……無言で電話切るあたり太宰もさすがというか。

 

敦と芥川が水と油で。

……最後よく協力できたな……まぁ、そこに至るまではちゃんと描かれていましたが。

お互いが気に入らず、認められず。けれど、どうしようもなく気になってしょうがないんですよね。

真に愚かだと思って、切り捨てるなら、言葉をかける必要なんてないわけで。

過去の瑕を言い訳に幸福に気づいていないと芥川は叫び。

力がありながら自らを弱者と呼ぶ芥川を認められないと敦が駆ける。

 

まぁ、ギルドの長が割と肉体派で良かったね、と言いますか。

わりと綱渡りな部分が多かったような。鏡花の方にもとりあえずの答えを出せていましたし。それ以外にも、裏でなんか動いている勢力があるようで。太宰なんかはそっちの方が危ないと思っているみたいですけど、さて、どうなるやら。


 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索