気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ドラゴンコミックスエイジ

ログ・ホライズン 西風の旅団4

ico_grade6_3
「ボクは前衛バカなんでむずかしいことはわかりません」
「わかりませんが……シロ先輩が〝道”を示してしてくれるなら」
「ボクはその〝道”を切り開く〝刃”になります」
(略)
「ボクたちの手で みんなのアキバの街を取り戻しましょうっ!!」


西風の旅団からみた大災害後のアキバ。
やはり空気は悪く、できることもなく、悩みを抱えていた中で行動を起こした「誰か」の存在。
ソウジロウはその影にシロエの存在を見て取って。
前衛バカと言いつつシロエを信頼しているから二つ返事で協力してくれる彼は格好いい。

味のする料理。
それがもたらした衝撃は計り知れず。
アニメではなんかしれっと売り子手伝ってましたけど、それが必要なだけの騒動が起きたりするんだからなぁ。

クレセントムーンで街の空気が少し上向いたとは言っても、まだまだ足りない。
それどころか、味のする料理というものが新しい火種になってしまいそうな状況。
ソウジロウが、そしてなんてマグスが言葉を尽くし、誘導して、なんとか騒ぎを収めることには成功します。
マグスが震えながらも、奮起して焚き付けるあたりとかは格好良かった。

本編からすると、シロエは悩みに悩み抜いて、悩みすぎる青年なんですが。
彼を慕うソウジロウからすれば凄い人材なんだよな、と。


ログ・ホライズン 西風の旅団3

ico_grade6_3
「逆ですよ」
「みんなが笑ってくれるから ボクも笑っていられるんです」

敵味方の線引きが明確なソウジロウ。
ゲームを模した異世界。
PvPを仕掛けられている状況。
人が人に暴力を振るうこと。
現実とデータ。その境がなくなっていくと、ソウジロウは戻れなくなるところに行ってしまうかもしれない。

そうさせないために、必要なのは〈西風の旅団〉として負けないことだ、と。
それがこのギルドにいる条件。
ナズナもなかなかいいキャラですよねー。

そして西風の旅団の結束が強いというか、騒動が落ち着いてからの会議の風景が笑える。
シロエに対して嫌われていると思っているから、微妙に距離作ってるんですよね。
しかし、いきなりシロエが改革に乗り出そうとしていて笑える。
一応、ちまちまとシロエ側の描写も入っているんですけどねー。
にゃん太班長との会話のシーンがみたいですが、本編コミカライズは止まってるからなぁ。
2巻はまだですか。

さておき、シロエが動き出して、クレセントムーンが始まるところまで描かれました。
次回で、ソウジロウたち西風側からみた円卓会議結成までいきますかねー。
とりあえず、嫌われていると思い込んでいるソウジロウと、誘いを断ってばつが悪い思いをしているシロエとの会話のシーンが早く見たい。

 

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 乙 3

ico_grade6_3
「待ってください危険ですって!! 何かの罠かもしれませんよ!?」
「黒ウサギ……もうわかってるね? 止められれば止められる程止まる気無くす」
「ですよね」

コミック完結。温泉回を挟んだ後、コミック版オリジナルのエピソードを一つ挟んで、終了。
一気に飛びましたね。ペストと白雪姫が仲間に加入した後、っていう想定なんで、メンバーが多い。問題児たちのドタバタ加減は健在で、そこは楽しく読みました。

ただ、最後の締めのエピソードがちょっと微妙に思えた。
ノーネーム本拠地に送られてきた、「主催者もルールも場所も不明」という異質な契約書類。
挑戦は受けて立つ、とばかりにゲームに繰り出すわけなんですが。
白雪姫がトリトニスの滝をトリトンスの滝って言ってる誤植あったし。……いや、それは本題じゃなくて、読み直してたらたまたま見つけただけなんですけど。
 
たとえば、関門として料理があって、そこで黒ウサギ、耀、飛鳥が料理に慣れていないって言ってるんですが……黒ウサギは知らないけど、問題児組は料理できるはずじゃないですか。
そういう短編があったでしょう。
で、ジンが指揮をとって料理作ってますが……これは純粋な疑問として、黒ウサギとジンが料理覚束ないっていうのはまずいんじゃないのか。
今までどうやってきたんだ。リリとか年長組がやってたのかなぁ。
黒ウサギは外でどうにか資金調達していたんだろうからアレだけど、ジンは多少はできてないと、他の子ども面倒見切れないんじゃないか?

あと、終盤の戦闘でハームズさんに敗因分析されていますけど……
ペストたちが仲間になった後、ヒポポカンプのレースで優勝した後、だというのなら、根性が足りないはずがないし、思考が浅いってのもちょっと納得がいかない。それと、ディーン、腕二本ない……? 龍と相対したときに腕壊してたと思うんですけど。
そんな感じでどうにも引っかかるというか、突っ込みたくなる感じがして、蛇足だったんじゃないかなーって思えてしまいますね。

地味に気になったのは、箱庭世界においても野球観戦っていう趣味は成立するのか……で、それはどんなゲームになっているんですかね。普通にルール通りやっていると、身体能力その他ですごいことになるんじゃないかと思うんですけど。『ゲーム』以外の娯楽ってあるのかなー。

トリニティセブン 7人の魔書使い 7

ico_grade6_2h
「お茶目度が強い者ほど強い「嫉妬(インウィディア)」はそんな書庫(アーカイブ)となっております」


相変わらず、勢いで楽しむ感じ。
こう、ノリは良いんだけど、肝心の世界観とかの描写が足りない。
そろそろこの勢いについていくのも疲れてきたかなぁ・・・
あと、結構勢い任せに読んでいるので、内容が薄れるのが早い早い。

キャラクター単体で言えば、好きなんですけどね。
ただ、その見せ方が、こう、もやもやするといいますか。
小説を細切れにして、シーンごとに魅せられているような、こう、締りの悪さといいますか。
テンポが、合わない感じがしますねぇ。

1話ごとに間に解説が入って、「トリニティ」とかにもようやく説明が。
トリニティは本来一つしか会得できないはずのテーマを何らかの方法で3つ手に入れた存在。
「3つの魔導を究めし者」の意を持つそうで。
しかし、なんかアーカイブの究極魔法使える~みたいなのが、アラタの味方してる7人なんじゃなかったのか。
アレはアレで自爆技っぽいですけど。
それを考えると、7人が評価されているのはなんか逆に釈然としない。
最奥の魔術を会得した者がトリニティセブンと呼ばれている。
しかしそもそもトリニティとは、何らかの手段で3つのテーマを会得しているものの事。
セブンなのは、アーカイブの数だと思えば、納得はできますけど。
『トリニティセブン』が『トリニティ』である必要は、無いんだろうか。

『トリニティ』が認められているのなら、そっちの方が、戦力としてみるなら使い勝手良さそうですけどねぇ。
教会の解説見ると、禁忌の手段使っているかも~ってことですけど。

アラタのルーグの覚え方が酷くて笑った。
うん、こういうやつだったよね、アラタ。

さてはて、最後にはなにやら気になる情報明かされましたけど、どうなることやら。
次辺りで、購入継続云々を判断しようかと思います。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索