気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ヒーロー文庫

クール・エール3

ico_grade6_3

「どうすれば、あなたは笑ってくれる?」

(略)

「どうすれば、あなたは幸せになれる?」

 

チョーカとの戦争から一年と少し。

その間にソーマ達が何をしていたのか、一部が描写されました。

2巻でちょっと話に出てた、はぐれ竜の縄張りに踏み込んで、確保。

当代の水竜として認め、ウォルの守りを任せることに。

 

そして、ソーマはアリスの故郷である別大陸に渡って。

1つは、水の大精霊として木の大精霊と盟約を結ぶため。

そしてアリスとの結婚を、彼女の家族に認めてもらうため。

しかし実はアリス、家出してきたというのが明らかになって、全くもう……って感じでしたが。

 

大精霊同士、割とさくさく話が進んでましたね。

海王戦がWEB版より凄まじい事になってるかなー、と言う感じでもありました。

ウォルの発展も目覚ましく、これからが楽しみな終わり。

……ではありますが、元の単行本も確か3巻で止まってたはずなので、ここまでかなー。加筆分もあって楽しかったので、そだとするとちょい残念。



クール・エール2

ico_grade6_3

「……ちゃんと、帰ってきて」

「わかってる」

 

ソーマ達が今いるのが、アーネル王国の一都市。

隣国のチョーカ帝国の工作員を捕獲し、水の大精霊であることを明かしたソーマを、アーネル王国上層部は扱い兼ねているようですねぇ。

冗談ではなく、都市を、国家を滅ぼせるような力量を持った、自分達とは違う価値基準で動く相手を御せる方がおかしいんですが。

 

対チョーカの戦争終結まで、かなり畳んだ印象。

はぐれ竜の回収とかも割愛されて、ウォルの建設と、『ホワイトクロ―』が去るまで。

WEBだとショート・エールで、もっとウォルの面々の描写があったので、そこはちょっと物足りなく感じましたかねー。

ソーマ、その経歴ゆえに、割り切りが過ぎるので、あまり描写しすぎても殺伐としてしまうので加減は難しそうです。

書籍化に当たっての改稿も、短く読みやすくする感じだったので、楽しめました。

 



クール・エール1

 ico_grade6_3

「いや、わかった。……お前、やっぱりすごいな」

 

妹が行方不明となり、母も命を絶った。

現実を無理やり呑み込み、日々を過ごしていた青年が、異世界に召喚されて。

魔法が存在するファンタジー世界の、片田舎の村。

「雨を止ませる為の生け贄になってもらう」という残酷で理不尽な願い。

集団で囲まれ、湖に投げ込まれた蒼馬。

 

そこで彼は、湖に住まう水の大精霊に出会い……

妹も、同じように異世界に呼ばれ殺されていたことを知った。

その事情を聴いた水の大精霊アイザンは、彼に贖罪として自分の力を与えることに。

力を得た彼は復讐を果たし、異世界に一人。

 

自分と同じように異世界に召喚されている者がいるかもしれない。それは、許せる行いではない。

故に自分を招いた召喚魔法を抹消するために、情報収集を始める。

始まりが始まりなため、彼の基準は固まってしまっていると言いますか。情報を得る為に演技が出来る程度には人間ですが、悪党へは容赦しない酷薄さもある。

心が壊れたというよりは、凍り付いてしまってる感じですかねぇ。

エルフの少女アリスと知り合い、少しずつ変化していく様子がいいんですよねぇ。

WEB既読勢で、文庫化を期に購入したので、今後が楽しみです。



魔力の使えない魔術師4

ico_grade6_2h

「……後悔しないのか?」

「するかもしれないな。だけどそれは、お前を失う事よりずっとましだ」

 

シリーズ完結巻。

ルルリア側のエピソードから。

なぜあの場面に神子が乱入してきたのか。

神官長が出張って来た状況についてもふれられましたが……

 

最終的に、状況を悪くするだけ悪くして退場しやがったあたり、本当何しに来たんだ感はありますね。

神殿の背景とかが分かったぐらいしか良かった事ないのでは。

トップが消えた事で、事後処理はいっそ楽だったかもしれませんがねー。

事態が収拾してからユリスたち側とダイチ達側のそれぞれの状況を描写してくれたのは良かった。

 


魔力の使えない魔術師3

ico_grade6_2h

「自分の嫁に言う台詞くらい自分で言え。――俺の答えは、こうだ」

 

神子の手によって操られたユリス。

幸いそれによってみゆき達を傷付ける事はありませんでしたが……

ユリスを相手にしている間にみゆきは何者かにさらわれてしまって。

不穏な動きをとる神子を無視できないし、魔王を放置するわけにも行かない。

 

オルトの母親が先代の神子だとか言う情報も出て来て。

神子の思惑が逆に分からなくなった感もありますが。

オルトの故郷で待つという神子の様子を窺ってから、魔の森に入ることに。

そこでルルリアたちとは別行動をとって、ダイチは魔王の正体を薄々察し迷いながら進む。

道中では、トリスがついにユリスの秘密に切り込んで兄弟腹を割った会話をしたりしてました。あの場面結構好きですね。

 

ダイチの予想通りの相手が魔王城では待っていて。

即討伐って空気でもなくなり、対話するシーンになっていたのは、まぁ展開的には予想できた話ですね。

対話で片が付く状況になったかもしれないのに、乱入して来る輩が居て。

つくづくろくな行動とらないなあの神子……



転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話3

ico_grade6_3

「未来を探すなんて簡単です」

 

タイトルからはどんどん離れていった感。

けれど、転生者が多い謎について触れて。妄執にかられていた少女が救われる結末になったのは良かったと思います。

 

作中から四百年ほど前。

時代の過渡期というか変革の始まりとなった時代。

魔女狩りが過熱していた最中の、魔女たちのお話。

どこの世界でも異質なるものを畏れる人の心理は変わらず……暴走してしまうところまで同じでなくてもいいんだよ、と思わず唸りましたが。

 

魔女が最後にとった行動が、未来につながったんだから、無情というか。

そうして変化の火種を起こした魔女が、今を生きて、過去に縛られているあたりは世知辛い。

けれど、転生者達や良き友人に恵まれて前を向けるようになったのが何よりの結末だと思います。

しかしあのオルゴールが伏線になったのにはちょっとびっくり。



転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話2

ico_grade6_3

「しかし、あらゆるものには人の意思が宿っているんだ。人に知られず消えていったたくさんの品だって、そこには製作者の意思があり、それを使った人の思い出が宿っている」

 

タイトルにあるエピソードは1巻で終わらせたので、子供世代の話ですね。

転生者のジークの子供、ユキの友人たちのお話。

ジークとアーニャの友人、コスタスとソフィの子供ティフィーは妹に将来を心配されるような寝坊助というか。

 

興味があるなしがはっきりしてる、ちょっとゆるーい子でしたが。その分、好きな事には真面目といいますか。

努力してるという意識が無く、取り組めることがあるというのは凄いですよ。

ピアノに打ち込んでいて。教室でアレンジばっかりして叱られることも多いけれど。「弾かなきゃ、それはもう日常じゃない」と言ってのけるくらい、彼女の中に組み込まれている。

 

そんな彼女をライバル視している少女、トゥーリの葛藤がまたいいですねぇ。

天才はずるい、と。けれど、才能があるとかないとかでは関係なく、ピアノを続けると言ってのけたのは強い。

彼女にもまた秘密があったわけで、それはさらっと明かされてましたが。

どうなってるんだ、この街。転生者多すぎないか。


 

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様

ico_grade6_3

「この身は殿下の剣となり盾となり、殿下の御身を生涯お守りいたします」

 

隣国の学院に留学している、第六皇女ヴィクトリア。

戦争の気配を感じた彼女を救出に来たのは、黒騎士と呼ばれる第七師団の団長アレクシスだった。

争い自体は短期間で終わったようですが、武勲を上げた彼に降嫁させる話を父から聞かされることに。

 

齢十七になろうとしているのに、見た目が十歳くらいにしか見えないヴィクトリア。

一方で、黒騎士はその体格と風貌から若い令嬢から逃げられるという経歴の持ち主で。

美女と野獣……というにはヴィクトリアの方に迫力が足りないというか。いや、彼女目鼻立ち整っているし、成長すれば美女になるのは間違いないですけど。

現状だと子連れの軍人に見えてしまうのは致命的なバグでは……うーん、割とお似合いなんですけどね。

 

まぁ、ヴィクトリア自身も成長していない自分の体格に思う所はあるようで不満を零す場面もあったりしましたが。

アレクシスは彼女の内面に、為政者の顔に惹かれているから、その辺は問題ないと思います。

ただまぁ、色恋の甘さよりは実務的な話題が多くなりがちなのは、今後に期待というところでしょうか。

 

友好の証として来訪した隣国の王女が、チャームの魔法をばらまいて不和を起こす場面が多かったり。「姫様をアッシーに使った挙げ句」とか、砕けた言葉遣いが散見されるのには、ちょっと引っかかったので残念。



理想のヒモ生活12

ico_grade6_3

「ですが、確実に言えることは、何らかの技術もしくは知識を真剣に会得した貴方は、それを行っていない貴方よりも、有利な未来を引き寄せられるということです」

 

木造帆船での長い航海。安全の保障が無い危険な旅路ですが……

フレア姫たちは何とか無事に北大陸に到着。

途中無人島にて休息をとり、ゼンジロウが魔法で一時帰省して支援物資を持ってくるなんて反則技を披露したりもしてましたが。

 

その後も順調に航海は続き、北大陸の中でも協会勢力の影響が少ないというポモージエ港に停泊することとなって。

そこでポモージエに騎士団が攻め込もうとしている、という情報を得て、面倒事に巻き込まれるあたり、厄ネタ引き寄せてるのは誰なのやら。

 

今回はたまたま立ち寄った港で、騒動の情報を得て、領主に報告したこと。奇襲を警戒するために港が封鎖されたことが噛み合って、本当に巻き込まれた感じですけどね。

騎士団の襲撃自体は、情報を得て奇襲を潰せた時点で問題なく対処できていましたが。

火薬を用いた武器を扱う傭兵や、北大陸の王族などが絡んで、今後に尾を引きそう。

あの王女様が出てこなかったら、もうちょっと逃げられた気もしますけど。

この街に残っていたからこそ、傭兵の武器の情報を得られた、という面もあるので。とりあえず大損は避けられたかなーという感じ。

次こそ、フレア姫の父親との対面になりそうで、ゼンジロウファイト―。

理想のヒモ生活 12 (ヒーロー文庫)
渡辺 恒彦
主婦の友社
2019-04-30


異世界食堂5

ico_grade6_3

「あら? 弱いと何か問題があるのですか?」

 

アニメ化もしていたシリーズの新刊。

WEBの更新頻度減少してしまって残念におもってますが、新刊出てくれたのは嬉しいですね。

おまけに巻末にBD特典の短編が収録されてるのもラッキー。最近こうやって特典の再録してくれるので、円盤買った方々には申し訳ない気持ちもあるけど、正直有難いですねー。

全部は追い切れないので……

 

ドヨウの営業日。

扉の看板を、あちら側の文字に変えてました。

それによって新しいお客様が来たりしてました。

開店時から店主が代替わりしたように、どんどん『ねこや』も変化していくんですよね。

そういう流れに逆らわないというか、上手く乗りこなしているような雰囲気が好きです。

 

所属国家、種族ごちゃまぜの闇鍋みたいな店ですが。

諍いを起こさなければ構わない、という懐の深さもあるので料理の味を少しでも持って帰ろうとする人達とか、他国の情報収集に使う「カルボナーラ」みたいな人もいるみたいで。

……情報収集と言いつつ、リラックスできる食事楽しんでますよねー。ねこやの魔力か。

 

シャリーフの恋模様が順調に進みそうなのが何より、ですかねー。

国家間の事となると中々難しそうですが。本気度会いを占めすために貴重な魔道具を持って行ったのも功を奏したのでしょうが。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ