気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

少女コミック

かわいいひと4

ico_grade6_3h

「花園さんのこともっともっと知りたいです」

「俺のことは日和さんが一番よく知ってる」

 

花屋は繁忙期と閑散期の差が激しいとかなんとか。

そんな中、定休日に日和の家に行くことになった花園。

足のケガも復調しているようですが、ご家族が居ないこともあって、日和の家にお邪魔して食事をすることに。

 

日和がバレエをやっていて身体が柔らかいとかって話をして、逆に花園の方は全く曲がらないくらいの堅さ。

柔軟の補助をしますよ……と言って背中に回って和んでる日和が可愛い……本当に彼女花園の事好きなんですねぇ。

 

花園母の誕生祝を日和と選んで一緒に渡したり。

日和の父親にもご挨拶をしたりと、二人のペースでしっかりと前へ進んでる二人は幸せそうでいいですねぇ。

花園の死神スマイルに日和父が圧倒されているのが、他人事なので笑えた。「親父は相当ビビってる」が「母さんはちょっと面白がってる」という兄の評価通り、で微妙に噛み合ってない感じがまた楽しい。

和馬と笑顔の特訓したり、手紙を渡してみたりとしてましたが微妙に失敗してますし。

いや、花園が必死に交流しようとして、それが日和父に通じたからこそ楽しかったとか言えるんですがね。

 

 

赤髪の白雪姫17

ico_grade6_3h

「だったらそれは枷ではない 進むためのものだ」

「前を見ろタリガどの 二人何かを変えたいのなら」

「望みは守り抜け 何がなんでもな」

 

木々の縁談相手候補が次々と襲われて、ベルガットからの話まであって。

ヒサメが、木々に求婚するというのが、その状況を変える札になっているのがいいですねぇ。

「足を掛けたくない踏み台というのもあるんですよ」というヒサメが結構好きです。

まぁ、そのあと「婿になるのもいい とは まぁ 本気で思っていますけどね」という辺り食えませんが。

 

木々に縁談という形で手を出して来たと思ったら……

それを画策したのがミツヒデだ、という情報を流れるようにしてる辺り周到ですね。

身内に手を出されたゼンが久しぶりに本気で怒ってました。

「よくもそこに手を出したものだ」というゼンの顔が怖い。

 

ミツヒデが疑いを晴らすという名目で、剣を取り上げられて軟禁状態になったところで、双子が動き。

ゼンと木々が探っているところにオビが合流するんだからもう……やっぱりゼンたち好きだなぁ。こういう阿吽の呼吸というか、フォローが行き届く、解りあってる辺りとか。

 

そしてベルガット家の事情が描かれたり、当主のトウカが現れたりしましたが……

結構珍しいほどの悪役というか、行き着くところまで行ってる感じはありますね。

かつての権威を取り戻すために、という妄執だろうか。それでここまで動けるって言うのは凄いと思いますが。

双子がウィラント城であった式典でイザナ達王家に光を見たように、別の方向に進めなかったものなのだろうか。

 

 

星くずドロップ4

ico_grade6_3
「お互いの夢が叶ったら そしたら――・・・」

 

文化祭当日からスタート。

見目麗しい先輩方を見に、他校の女子がたくさん来てるようですが。

マナーがなってない相手への対応がナイスというか。

在校生たちもノリノリですな……果てには女装してるやつもいたけど、それでいいのか。

 

付き合うようになった二人が周囲から見てすぐわかるくらいにはピンクい雰囲気になってますが。

まぁ、幸せそうで何よりです。

ステラとしてのコンサートもありましたが無事に成功。

ちょっかい出してきていた相手とも喧嘩友達的な距離に落ち着いて、傍から見てると楽しそうですけどね。

 

けれど、そんな時間は長く続かなくて。

家の事情と、仕事の事情。

それぞれの問題……というか課題が目の前に差し迫ってきて。

夢を追うために、離れ離れになる選択をした二人。最後、夢を叶えて再会したって言うのはまぁ、出来すぎとも思えますが……

あの二人にはお似合いのハッピーエンドだったんじゃないでしょうか。

星くずドロップ(4)<完> (KCx)
小嶋 ララ子
講談社
2016-04-07
 

カードキャプターさくら クリアカード編1

 ico_grade6_3

「学校もお家も毎日のことちゃんとして 何かあったらわたしのできることをがんばるよ」

 

カードキャプターさくらの新章。

クリアカード編の単行本です。姉が持っていたので以前のシリーズも読んでいましたが……流石に細部忘れてるなぁ。

今度実家に帰ったときに読ませてもらおうかしら。

 

中学生になったさくら。

小狼も転校してきて、傍に居られることに。

残念ながらクラスは分かれてしまったようですが、再会直後の二人が本当に幸せそうで新章開幕の絵としてはバッチリだったのではないと。

知世がその場面をしっかり撮影している辺り、相変わらずだなぁ。

 

カードを巡る騒動もひと段落して、杖もカードもしばらく使わない日々が続いていた。

その方がいい、と本人も平穏を楽しんでいたようですが……ある日不思議な夢をみて。

翌朝カードを確認したところ、全て透明になってしまい、魔力を感じなくなってしまった。

杖の方に変化はなく、形を変えることが出来たりしましたが……原因は分からぬまま。

 

ただ、さくらもこれまで多くの困難を超えてきたわけで、不安には思いつつも、怯えてばかりじゃないのは流石。

騒動と出くわした時も、臆することなく動けてましたしね。

新しいカードを手にしたさくら。エリオルと小狼は何かを知っていそうですが……喋らない事情が気になるところです。


かわいいひと3

ico_grade6_3h

これからも たくさん いろんな事があるのかな

どんなことでも 2人で一緒なら きっと

 

9話から第12話とおまけを2本収録。

相変わらずかわいい二人ですね……というか。

日和が就活で忙しく、あえない日々が続き。

花園は持ち前のネガティブ思考で落ち込みかけていましたが。

彼女の友人に焚き付けられたこともあって、会いに行って。お互いに遠慮していたというか距離を測りかねていただけみたいで。

見ていてこっちが恥ずかしくなってきそうですなぁ。

 

花園の友人・原に誘われて、お互いの彼女を交えた4人でBBQやる話もありましたが。

原の彼女もまた個性的な人でしたけど。いい友人に恵まれてるなぁ、という感じ。

花園を合コンに連れてくという挑戦的なことをした事もあったとか。

……飲むとすぐ寝ちゃうそうで、花園背負って帰ったという顛末にはなんと言ったらいいものやら。

 

日和の恋愛事情というか過去のトラブルなんかも語られてましたが……花園……そこは聞いておけよ……

なんで狙いすましたように寝てるんだよ……あーでも、BBQからの帰り道のオマケは可愛かった。

後日、原から「もっとイチャイチャしたい」と日和が言っていたと聞いた時の花園の反応が面白かったんでいいですけどね。

順調に距離を縮めていって、旅行に行こうか、なんて話も出て。今回は流れてしまいましたが。まぁ、この感じなら何が起きても問題なさそうですけどねぇ。

 

ラストゲーム11

ico_grade6_3h

「――オレが勝ったら」

「ずっと俺の隣にいてよ」

 

長かった二人の物語も、これにて完結。

最後の最後まで柳が、九条の事に関しては残念だったなぁ、と言いますか。

まぁ、それでこそ柳という感じです。

 

留学の話がまとまってから九条に告白すると決めて。

その忙しさから「留学」の話を周囲に伝えてなかったというのが、なんともはや。

……父が書類通ったならすぐ行こうと行動力ありすぎたのもありますが。

話がうまく伝わってなかったおかげで、九条が動き出してそれで話まとまったのも確かです。

 

柳がようやく自分から告白しようと思っていたところに、九条から告白されて。

どこまでも予想通りに事が進まない男、柳……

いやでもヘタレに振り切ってて、予想外の事態があっても、最終的に目的達成してるからそういう意味では優秀なのか。

「この人が跡継ぎで大丈夫なんですかね柳グループ……」

「まあ柳くんが残念になるのは基本みこっちゃん限定だから……」

とか言われてましたけどね!

 

巻末には短編数本収録。

柳・九条の入れ替わり話と、女子会・男子会トーク。

そして結婚後の柳たちの話。もう本当に結婚後も柳が相変わらずで……これで大丈夫なのか柳グループ……

 

ラブファントム4

ico_grade6_3

「わたしの好きな人なの 悪く言うのは許さないから」

 

バレンタインのための準備をする百々子。

相手を喜ばせる為にあちこちに聞き込みをしたりしてます。

相良くんがアドバイス貰った時に「友達として」と言葉のナイフをもらって、当日にブラウニー貰って満足してる辺り可愛い。

彼にも良い人出来るといいんですけど。

 

そして相変わらず面白いおしゃべりクッキングも収録。

バレンタインの時に暴走して、長谷に酒を止められてましたが。

反省してちゃんと対応してる辺り百々子も偉い。

……長谷は複雑そうでしたが。幸せな悩みだから放っておけばいいか……

 

そして百々子の姉が登場しましたが。

なんと現役のモデルのようで。けれど、性格はかわいらしいというか。

妹が大事で仕方ないんだなぁ。「ただのやきもちですごめんなさい」とか。

 

おはよう、いばら姫4

ico_grade6_3

(――予感はあった)

(もっと笑顔にしてあげたい 報われてほしい 触れたい 幸せになってほしい)

(この、気持ちは――)

『あなたは あと戻りできなくなる』

――ふと みれいさんの声が聞こえた気がした

 

家族の為に部を離れた哲。

そんな彼の残したものがあって。手を伸ばしてくれる人がいて。

引退セレモニーじみた真似をできた事は良かった。

哲と交流する中で、「好きなもの」が増えた志津。

 

前より笑うようになった、というか。

哲がいい影響与えられているようでほっとしました。

涼も酷いことを言ってしまった自覚あるようで、ギクシャクしていましたが。

友人の千尋がフォローして、何とか元通りになるきっかけが得られた感じでしょうか。

「おまえらの兄妹愛ってちょっと歪んでるよな…」と評価されてましたけどね。

 

そして少しずつ距離を詰めていったわけですが……

噂の父親が帰国して。志津の母親の悩みなんかも打ち明けられたわけですが。

母の方の葛藤は、まぁ分からないでもない。

けれど父親の方は……虫唾が走るな。

哲が思わず行動してしまったのは、こうこの先どうすんだ、と不安が募りますが。

あの父親には負けないで欲しいと応援したくなります。

 

おはよう、いばら姫3

ico_grade6_3h

「…知ってるか 終わりは仕方のないことだったとしても」

「終わり方は結構自分で選べたりするんだ」

「自分の気持ちに蓋するばっかじゃない道もある これ、おっさんからのアドバイス」

 

志津を外に連れ出したり、距離を縮めている哲。

けれど、彼にも背負っている物というか柵があって。

そもそも高校生だけどバイトをしてるから志津と接点できたわけですしね。

その理由。母が入院したのは、彼が小学四年生の時で。妹たちはさらに幼かった。

だから彼は家事を見につけて、家を優先して。……好きだったサッカーから離れていった。

 

仲間たちと大会に出られる最後の機会。

それをおぜん立てされても……哲は頷けなかった。

彼の悩みも分かります。「中途半端なまま加わっても笑えない」。

変な意地かもしれないけれど、彼なりの筋を通そうとしたその心意気は買う。

 

……妹に部活をやめていたあたりの話とかしてなくて、問い詰められて、かなり険悪な雰囲気になってしまいましたけどねぇ。

家族が大切でそっちを選んだはずなのに。上手くいかないものですね……

志津の中の幽霊たちにアドバイスとか忠告とかをもらってます。

志津自身も、意見をもらいながら自分で行動を始めて。

みれいの忠告通り「後戻りできなくなる」状態になってしまった感じがありますが……

現状課題ばっかり積もっていて解消の目途立ってないんだよなぁ。哲を応援したくはありますが、どうなるやら。

 

赤髪の白雪姫16

ico_grade6_3

「じゃあ報告しようか」

「『オリンマリスの種は 毒のない灯りの華も咲かせたぞ』とね」

 

見事オリンマリスの研究を実らせ毒のない新種を作り出したリリアスの薬室組。

天幕街にある風呂での交流イベントなんかもありました。

鈴もユズリもしばらくはリリアス拠点に活動するようです。

 

少しの休息を挟んだと思ったら、リリアスに風邪のシーズンがやってきて。

そういえば、リリアスに来たころ白雪が練習していましたね……

想像以上にあちこちで体調を崩す人が出て、薬室も大騒ぎ。

毎年こんな流行ってるとホント大変だろうな……

 

そして時は流れて。十数か月ってところがあいまいですな。

とりあえず一年近い時間が流れて。リュウがかなり背伸びてますねー。

リリアス側の課題が終わったこともあり、視点はゼンたち三人の方へ移りました。

各地の巡回が大凡終わったところでゼンは兄からしばらくセレグを拠点にしろと言われて。

「兄上の自分で気付け攻撃にはいい加減さすがに大いに不本意だがもう慣れた」というゼンがこれまでどれだけ振り回されてきたのか……

ミツヒデ因縁のヒサメが居たりと中々見ていて楽しい。

木々の家絡みで新たな問題が浮上してきて。ミツヒデの覚悟が問われる流れになるのでしょうか。さてはて。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索