気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ダッシュエックス文庫

神域のカンピオーネス2 ラグナロクの狼

ico_grade6_3h

「さらばだ、旅の仲間よ。ひとときの戦友にして、不倶戴天の宿敵であるはずの男とその供たちよ。願わくば、何処かで再会したときにも、友のままでいたいものよな!」

 

1巻の最後で、絶対あの人だ……とは思っていましたが。

案の定、ヴォパン侯爵が登場。いやもう、相変わらず好き勝手やってるな、この御仁。

しばらく死んでいた、ってのは多分魔王内戦時の時の事だと思いますが。肉体が滅び、魂が消滅寸前に行ってなお滅びず。

どうにか踏みとどまって、力を蓄え、転生したと。一部の権能を失ったとも言ってましたが。いや本当カンピオーネってどうやったら死ぬんだ、コレ。

転生までされたらお手上げじゃない?

 

飄々と生きている蓮がこれまでの神殺したちとはまた雰囲気が違って、見ていて楽しいですねぇ。

日々を楽しく生きているというか、何があっても動じないタフさがあると言いますか。

発生した特異点を解消した際使った出口は地中海のシチリア島とつながっていて。

蓮達は、つかの間のバカンスを満喫していますが。

梨於奈はあくまで日本に属する霊鳥の化身で、即座に帰国せよと日本のお偉いさんたちからの指示が出ている様子。

彼女はそうした上とのやり取りや柵をうざいと感じつつ、日本と深いつながりと持つがゆえに他所に所属を移すのもはばかられる、と。

 

ジュリオが中々愉快な提案をして蓮も乗り気なのにはちょっと笑いましたね。

これまでの同作者の主人公とは違う個性を持ってるなぁ、蓮。肉食系という意味では『クロニクル・レギオン』は相当でしたけど、征嗣ともまた違う感じの積極性というか。

しかし、彼の性格とステラの能力故ではあると思いますが、神々とも気安く交流しているあたりは大物ですねぇ。

 

神話世界で起きたトラブルを解消して、地上に迫っている災厄を未然に防ごうとしているわけですが。

……これが仮にドニとかがこの世界に来たら、神様連続斬りとか初めて、権能がとんでもないことになりそう。侯爵がそういう事しないかって言うと、全くそんなことないですけど。

今回だって、北欧神話の世界とつながって、フェンリル解放して暴れまわって、ラグナロクまでのカウントダウンを加速させたわけですし。

絶対また横やり入れてくるんだろうなぁ、と思うと。破滅予知の時計を管理しているジュリオの神経がもう少し細かったら絶対倒れてるぞ、コレ……。



神域のカンピオーネス トロイア戦争

ico_grade6_3

「決闘とかケンカなら、僕は別に弱くないんだ。むしろ強い方……いや。たぶん、かなり強い方だと思うね」

 

「カンピオーネ」を描いていた作者の新作。

タイトルからして薄々予想はついておりましたし、帯でそもそも「新たなる○○○のファンタジー」とか書いてる時点で裏表紙あらすじの「何の力も使えない素人」って部分は嘘だ! と思いながら読んでいましたが。

 

神話の世界とつながり、災厄を齎す異空間「サンクチュアリ」。

サンクチュアリ内で神々があれれば、それは地上にも影響を与える。

という事で、専門知識を持つ少女と、なんちゃって素人の蓮が内部に踏み込んで、空間の歪みをただすべく動いていますが。

 

こちらからサンクチュアリに踏み込んだ、って言うのもあるでしょうし。

今回の根幹がトロイア戦争だったって言うのもあるでしょうが、神々との距離がかなり近かったですねぇ。

そういう意味では蓮みたいに飄々とした性格の方が、この世界にはあってるんだろうなぁ、とか思いました。

 

こんな所に「カンピオーネ」世界の神殺し放り込んだ日には、ボーナスステージとばかりに権能増やしまくって手に負えなくなるのでは。

なんか最後、どこかで見た事あるようなエメラルドの瞳の狼のような男が出てきてましたが……え、あの人の若い頃なのアレ……?

今回はなんか機嫌よかったっぽいですけど、絶対なんかよからぬ騒ぎ引き起こしますって、あの御仁。

「カンピオーネ」のキャラ達とはまた少し違った獣の話、満喫しました。




クロニクル・レギオン7 過去と未来と

ico_grade6_3h

「はい。くわしいことはまたあとで。今はとにかく――わたくしたちの未来の為に、戦っていただきたいと思います」

「承知した」

 

シリーズ完結巻。

まだまだ続けられそうではありましたが、区切りとしてはいい感じではないかと。

照姫の暴走を鎮め、皇城に君臨した征継達。

衛青将軍も協力してくれて、陣営は更に強力になっていましたが、これまでの庇護者であるカエサルがそれらの行動を見逃してくれるはずもなく。

 

あちらも戦力を整えて、皇都に向けて進軍を開始して。

まぁ、志緒理たちも手をこまねいているはずがなく、大英帝国側の協力を得たりと根回しを進めていた辺りは流石。

カエサルもただやられるだけではなく、やり返してくるあたり厄介な御仁ではあります。

 

そしてカエサルが引っ張り出したローマの切り札、ジェベとブルータスという二人の復活者。

因縁の対決と、対応が困難な武勲とで征継も一度は倒れしまってましたが。

これまでの積み重ねもあって、何とか復活。……まぁ、当然のようにやることはやってたんだなぁ、という感じではありますが。

予想外の事がありながらも、目的を達成した志緒理達の奮闘にはただただ感心するばかりです。



クロニクル・レギオン6 覇権のゆくえ

ico_grade6_3h

「オレが衛青将軍の立場なら、もっと手段を選ばずに成り上がってみせるぞ」

 

積読消化―。

というか消化はしていたんですが、「読んだけど感想書いていない山」に埋もれてたんですよね。

……俺の部屋、本の山ばっかりだな……もうちょっと整理したいとは思っているんですが中々時間が。

 

閑話休題。

照姫の行動によって混乱している状況。

衛青将軍がローマ帝国から離れ、皇城を制圧。女皇を従えて実験を握ったり。

カエサルが呼び寄せた正体不明の英雄がリチャード獅子心王を打倒したりと、各地で騒動の種がつきません。

 

衛青将軍の行動は志緒理たちにとっても青天の霹靂ではありましたが。

そこで驚きながらも足を止めず、対策をきちんととれる辺り主人公たちの陣営は厚いですねぇ。

照姫は、その立場故に仕方ない部分はありましたが、頼れる側近とかいなかったからなぁ……

 

不利な状況に陥った中で、志緒理はまた命を削る決断を下して。

ここで迷わない辺りが彼女の覚悟を物語っていますけど。状況を鑑み、諦めないための一手として、自ら代償を背負うって言うのは、中々重いなぁ。

それを補佐するために、征嗣たちが尽力しているのでしょうけど。



クオリディア・コード3

ico_grade6_3

「朝凪! お前が何の為に戦ってるのか俺はわからない。だが、あいつが諦めないうちにオレが諦めるわけにはいかない! あいつ一人守れなくて、世界が守れるか!」

 

神奈川のトップ二人が退場し、霞は大國に殺されかけて。

大人達がどう動いてくるのか分からない状況で、千種兄妹は動いていましたが、特にこれといった動きもなく。

ひとまず相手が動くより先に、手を打っておきたいと霞は一人で行動開始。

大國の住んでいた拠点へ忍び込み、資料をあさっていました。

 

霞が行動している間にもアンノウンは手を緩めずに侵攻してきて。

神奈川の八重垣、千葉の明日葉しかまともな戦力は残っておらず。東京の主席は意気消沈している、という中々厳しい状況。

霞からの伝言で朱雀焚き付けておかなかったら体制整える間もなくやられていたのでは。

いやまぁ、焚き付けてなお一度負けてはいましたけどね……

 

そして明らかになった、隠されていた真実。

「この世界はニセモノだ」というほたるが霞に残した言葉の意味、それらが明らかになる流れは見ものではありました。

意気揚々と指揮をとる夜羽が、うん、まぁ、変わらないなこの御仁……あそこまで徹底されるといっそ清々しいわ……

千種兄妹の不器用な関係が好きでしたねぇ。



カンピオーネ!XXI 最後の戦い

ico_grade6_3

「じゃあ、ひとつ往ってみるか」

「ええ。どこまでもあなたについていくわ」

 

長く続いたシリーズ、遂に完結。

盛り上がり的な意味では、魔王内戦の方が面白かったかなぁ。

ラスボスよりラスボス前の内ゲバの方がヤバいってどうなんだって感じですが。

ラーマもこれまでのまつろわぬ神とは結構雰囲気違いますし、そもそもここに至るまでに何度か戦っていますしねぇ。

 

魔王たちは、内戦でまだ切っていなかった札を見せたり、一時的な同盟を結んだりと、神殺しらしい手段の選ばなさで笑えたんですが。

広げた風呂敷を畳む段階になって、ちょっと失速してしまった感じがるのは少し残念。

ただ、しっかりと長いシリーズを完結させてくれたのは、本当にうれしいです。

 

最後の王を倒して終わりにするのではなく、その先をしっかりと掴み取った。

結果的に破壊をまき散らすけれど、倒した神を殺して権能を奪うのではなく、1巻から見せていたように、手を引くなら見逃す、といった姿勢を貫いてきた彼だからこその答え、という感じがしますねぇ。

……結果的にあちこち破壊してしまう辺り、生粋の魔王様ではあるんですけどねぇ。

 

最後、アイーシャ夫人の権能で他所に飛ばした魔王を回収する作業に入っていましたが……

教主と黒王子は自力で世界を渡る術会得して好き勝手しているようですし。

ドニは回収したけれど、彼は彼で同じように異界渡りするすべが無いか探っているとか不穏だし。

ドニとスミスを回収し、アレクと再会し、教主の情報を掴んでなお肝心のアイーシャ夫人を回収できてない辺り、ヤバそうな臭いがしますねぇ。

絶対またロクでもない事してるってあの人……




ノウ無し転生王の双界制覇

ico_grade6_2h

「この世界でも、魔力が活性化した以上は、これからはどんどん魔法を使える人間が増えていく。文明的に魔法が必要だとか不必要だとかはかんけいなく、これからこの時代は、魔法というものを理解し、正しく使えるよう教育するのは重要だと思うんだが」

 

異界と接続する事で、魔法を使える人間が生まれるようになった世界。

魔法後進国である日本に生まれた黒陽練は、超一流の魔法使いになれると期待された神童…だった。

魔法の本場ブリタニアの姫を救った代償に、その才能をほとんど失い、魔法学院に通う事も出来なくなった。

 

それでも練は独学で勉強を続け、少ない魔力でも戦える技術を編み出していて。

才能を失ってから時が流れ……魔法技術学園高等部への入学が許可されることに。

そこで出来損ないが今更何をしに来た、と絡まれたりしてましたが。

練が編み出した技術が、才能に溺れた自称エリートな生徒くらいは蹴散らせるくらいのモノで。

 

絡んできた方にも問題があったとは思いますが。練の方も割と口が悪いからなぁ。

自分の知識欲が満たせればいい、みたいな部分があるから、トラブルの元になるのはある意味必然で。

才能を失ったはずの元神童が入学するってだけでもニュースなのに、練が過去に助けたお姫様が、あの時の恩を返さんと「娶られに来た」とか言い始めて傍に寄るものだから、注目の的ですよね……

 

練自身にも魔術の才能はあるみたいですが、さらに彼の中にはなぜか優れた魔法技術を持った初代ブリタニアの王の魂が同居していて。

彼に色々と教えてもらったりしては居たようですけれど。

……なんというか、盛りすぎな感じは否めない。



セーブ&ロードのできる宿屋さん~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~4

ico_grade6_3h

「……不思議じゃのう。貴様がまともなことを言えば言うほど、狂って見える」

 

完結巻らしいですよー。

WEBではここからも何章かエピソード重ねていますが……

元々担当さんとも「十一章までで終わらせよう」と、結びが綺麗な所で切ることで何となく合意してたとかなんとか。

アレクが目標にしていた「輝き」を捕まえ、彼女の事情を聴き、彼女が抱えていた問題を解決して、宿に戻ってきた。

確かにここで終わっていてもおかしくないくらい、まとまってるんですよねー。

WEB版のアレは後日談みたいなものだと思っております。

 

九章「アレクサンダーのいない日常」、十章「カグヤの語る英雄譚」、十一章「『月光』の英雄殺し」を収録。

アレクサンダーのいない日常は、タイトル通りアレクがいない「銀の狐亭」のエピソード。

アレクに勝てないと言わしめる実力者でもあるヨミが病気で倒れるというハプニングに、全員がまず「嘘だ」と思うあたり、訓練が行き届いてますな……

「嘘はつかないやつだ。(略)疑ったりしねーからな」「ヨミさんが風邪で倒れている」「は? 嘘だあ」という会話の流れは、お互い真面目だと分かって入るけれど、コントのようで笑えました。

 

その後、それぞれの事情があって、去って行った人々も「銀の狐亭」にやってきて。賑やかな一日を過ごしておりました。

いやぁ、楽しそうで何より。……途中、アレクの訓練で鍛えられすぎて、常識が揺らいでる人々が居ましたが。まぁ、うん、頑張れ……

 

そして、アレクは捕えた「輝き」から話を聞いて。

過去に会った事。そしてカグヤが、輝きが目的としていた事。

「あんたの目標を、俺は解決しない。あんたの目標なら、あんたが解決するべきだ」と輝きを焚き付けて、修行を開始する事に。

……輝きが修行内容の説明を聞き、他者の意見が足りないと改善策というか改悪策を授け……

ヨミが頭を抱え、ロレッタが顔を青ざめさせる恐怖の修行が完成しておりました。

 

確かに効率的では、あるでしょうね。受ける側の精神へのダメージは更に過酷なものへ進化しておりましたが。

一番最初にその過酷になった修行を受けることになったのが、提案した本人ですから、多分罰は下ったと思われます。えぇ。この後修行を受ける方々については……合掌。

最後の英雄の終着点も中々いい味出してて、楽しく読めました。



セーブ&ロードのできる宿屋さん3

ico_grade6_3h

「いやいやいや。こないだ修行中に『なんか視界の端に人影が見えた気がしたから狐かと思ったけど、気のせいみたいだ』ってありもしない幻覚見てたの、お前のせいだろ?」

「……『今回は協力して修行にあたる? 嘘だ。絶対協力するフリして、闇討ちで俺を殺す気だろ。知ってる』って猜疑心にまみれた思い込みをしていたせいで、なかなか修行に入れなかったのは『はいいろ』のせいだと思う」

 

アレクがまだ、チートスペックなキャラで無かった(セーブは出来たからチートキャラではあった)ころを描いた過去編『ヨミの回顧録作成』。

「輝く灰色の狐団」というかつてあったクランと、そこにいたヨミの両親たちの話。

賑やかで騒がしくて、けれどどうしようもなく物騒で……逃れようのない罪が染みついた場所でもあって。

アレクの修行が過酷なのって、絶対にこの時の経験が影響していますよね……いや、彼の性格的な要因も多分にあるとは思いますが。

 

そのほか『コリーの聖剣修理』と『オッタの『奴隷』購入』の三話収録されております。

「瀕死の状態から二秒で元気になってください」「ご自分の言葉に不自然さとかは感じたりされないんスか?」「感じません」

ってやり取りがあったりします。えぇ、つまりいつも通りの修行風景ですね。

ただ、コリーの方はアレクに振り回されるいつもの宿泊客の方々、って感じですが。

 

オッタは元々奴隷として過ごしていた経験もあってか、価値観が独特なんですよね。

アレクの修行を「死んでも生きるから、安全」と言ってのけたり、地獄の豆修行を行った後に食事をする気力が残っていたりするあたり、これまでのメンバーとはひと味違う。

アレクとオッタのコンビに振り回されているホーがとても可哀想な感じではありました。

あと、アレクのところのブランの危うさも描写されてましたね。アレは怖い。

 

 

カンピオーネ!20 魔王内戦2

ico_grade6_3

「人間たちや神殺しとさえも通じ合おうとする異端の英雄には――同じく、変わり種のカンピオーネが相応しいと思うのだよ。ぜひ、ふたりの対決を実現させてくれ」

                                                                                                                            

魔王同士の争い、という事で。

巻頭にカンピオーネが今持つ権能が掲載されているのはありがたい限り。

コミックス版で紹介したときの方が詳しい項目もあるけれど、そちらでは紹介してない権能もこっちには乗ってるとかなんとか。

コミック版の方は手を出してなかったので、ちょっと見てみたいところ。

 

魔王たちの内ゲバだけでも大惨事なのに、ラーマの弟まで現れて引っ掻き回しに来るんだからたまりませんな……

カンピオーネは誰も彼も「殺しても死なないだろコイツら」という御仁ですが。アイーシャ夫人の回廊に放り込まれたスミスが即座に戻ってくるのはさすがに予想外。

いや、過去に送り込まれたのち、数か月の大冒険を経て戻ってきたらそんなに時間たってなかった、って話みたいですけど。

アイーシャ夫人が居なくても戻ってくるあたり、もうどうやったら死ぬんだコイツら……内戦から排除するのだけでもかなりの難題ですよね。

 

攻撃手段が「剣」しかないドニが切り札を披露してましたが……アイツなんでもアリかよ……

古参のカンピオーネ二人が、アイーシャ夫人の回廊への対策をしっかり取っていたのも、流石としか言いようがありませんが。

仕込みをしていたスミスも、油断ならない。自分で、自分を排する作戦を立てるスミスも凄いが、それに速攻でのるアレクも変人ですよね……

 

スミスが変わり種のカンピオーネだから、と護堂を最後の一人として推薦してますが。むしろ変わり種じゃないカンピオーネなんているのかよ、とツッコミを入れてしまったんですが。

次回、最後の闘い。カンピオーネは一時退場しましたが……神様の陣営にあまり欠けが無いのはちょっと不安要素ですね。

一戦ごとのボリュームが減ってしまうのではないか、と心配してます。最終決戦なら、それらしく盛り上げてほしいですしねー。護堂が死ぬ心配は全くしてません。殺しても死なないだろうし。えぇ。

 
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索