気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身Ⅲ

 ico_grade6_3h

「ねえ、養父様。首にまとわりつく真綿はハサミで一気に切ってしまった方がスッキリすると思いませんか?」

 

嫁盗りディッター後の貴族院。

プロローグのローゼマインの側近たちのエピソードが良かったですねぇ。

他の目が無い所だからこそ出せる、ブリュンヒルデの感情ですとか。

「主の望みを叶えるのが側近の務め」と言う基準を持つマティアスからすると、どうしてそこまで苦悩するのか、と最初は悩みを抱いていましたが。

 

かつて、その方針で動いた護衛騎士たちは、主を2年眠らせる結果を招いてしまった。

汎用的なものではなく、「ローゼマインという主に仕える心得」をしっかりと共有して、団結できているローゼマインの側近たちは意志も質も高いなぁと感心した。

それを踏まえてみると、巻末の「不信感とゲヴィンネン」におけるヴィルフリートとその側近の距離感にちぐはぐさを感じる、というか。

オズヴァルトは本当にもう……廃嫡云々の時に、遠ざけておくべきだったよ、やっぱり。

 

領地対抗戦における他領との社交。

ダンケルフェルガーはまだ、事情を汲もうとする心意気はありましたが。

圧力をかけてくる形になるんだから貴族怖いというか。ジークリンデ視点の「娘の意見と覚悟」で、利益をもたらすつもりがあったけれど、前提が間違ってたと気づいてくれただけ良いですよね。

その後やってきたアーレンスバッハとか、もっとひどい例もあるしな……

 

久しぶりのフェルディナンドとの対面と、夕食だったり。ほっとする一幕もあるにはあるんですが……

ディートリンデが奉納舞でトラブルを起こし、そこから王族にまで波及して。

全体的にもどかしいというかギクシャクしているというか。柵がどんどん増えていって、沈みがちな展開が続くんですよねぇ。

WEB読んでいて展開を知っている分、生じている行き違いだとかに、思わず天を仰ぎたくなる。長い冬だな……


川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで5本入り1

ico_grade6_4

カクヨム連載の『川上稔がフリースタイルで何かやってます。』に掲載されていた短編の書籍化。

『フリスタ』は独特の運用してて、不定期に短編の出し入れがあるんですよねぇ。1巻収録で『フリスタ』に残ってるのは「恋知る人々」のみです。気になったら、まずこちらを試してみると良いかと。

4話以外は女性視点の短編で、どれもパワーワードというタイトルに偽りはないのでオススメ。

なお、このシリーズは「BornDigital」とある通り、電子専売となっているので要注意。

 

 

01:恋知る人々

ああそうか。皆、だから、そうだったのだ。いつもとか、昔からそうだったからじゃない。恋をして、ハジケたのだ。

 

人の心が読める少女の話。

昔からそういう物として受け入れていて、誰もが出来るものと思って日々を過ごしていた。

違和感を感じる事もあったが、自分の中で確定したのが中学二年の時ってのは、大分強い。

かつて「無口だねぇ」と評価されたのを、他とは違う個性と受け入れてキャラ付していたとは言いますが、多分それ抜きにしても「無口」だったろ、という感じがある。

 

でもまー、ありますよね。結局のところ、他人がどういう世界を見てるかなんてわからないわけですから。

小学校の頃どんどん目つきが悪くなった子が居て、何ごとかと思えば単純に目が悪くなったので細目になってただけとか言う話を聞いたことがある。

「なんでもっと早く言わなかったの」「みんなこんな感じだと思ってた」と宣ったとかなんとか。あ、私じゃないです。念のため。

 

人の考えが分かる事を活かして、適切な距離を保てるようになって。

そうしたら長老呼びされて、色々と相談を持ち込まれるようになったりもしていましたが。

恋愛相談とかもこなしてはきたけれど、いざ自分が恋をした時に戸惑っている姿は微笑ましくて良いですねー。

 

02:素数の距離÷2

いいじゃないですか。

頑張っている人がいて、私は知っているんですから。

 

告白の木。その木の下で告白すると、それが叶うという伝説。

まー、作中のキャラに「一方的な効果の呪い系アーティファクト」とか言われてますけど。

同じような伝説がある木が市内に三本もあれば、なんやかんや言われても仕方ないか……

テレビの取材が来たりして、外に進学すると話題に上がったりするそうで、町おこしにはつながってるんじゃないですかね、えぇ。

 

街の告白押しに辟易してるキャラが曰くを調べて、やっぱり呪いのアーティファクトじゃないですか! になっていたのには正直笑った。

一度恋で失敗して凹んでしまって。自分にとっては縁遠いものだと思うようになった。

……少しずつ復調はしていたみたいですけど。

 

その切っ掛けは例えば、期待されて入部したのに故障してしまった後輩の噂を聞いて、自分の不幸は小さいものだと思えるようになったことだったり。

受験期に心が乾燥し、気分転換として告白の木まで散歩するという習慣をつけた事だったりことなんですが。

高校に進学したと思ったら、転機が訪れるの三年になってからなんですから、時間の使い方が贅沢と言うか。いい性格してる友人からの通話が笑えて好き。

 

03:地獄の片隅で笑う

私は、笑う人が好きだ。

 

個人的にはコレが一番笑えて好きでしたねー。

「やせいの開かずの踏切があらわれた!」と言った後に「野性じゃねえよ、公的だよ」って地の文でツッコミ入れてるのが卑怯だと思いました。

 

出版社らや映像関係のプロダクションやら。

クリエイティブなアレコレがまとまった向こう側と、喫茶店や食事処の多いこちら側。

作家がこちらで「書いて」、向こうで「形にする」サイクルが出来上がった地域。

踏切が出来て利便性が上がった一方、不慮の事態で捕まると多大な時間ロスを食らう。

 

それ故に、地獄広場。時間厳守な案件とかがあると、うっかりで死ねる場所。

悲鳴の連鎖が発生する事もあるとか。なんとおっかない場所であろうか……。ちなみに、長時間しまってるから熱中症の温床でもあって、それ関連でも地獄らしいですけど。二重に死ねる。

あと、色々ぼかしてるのに一か所ハッキリ名前出てるのは笑った。使ったことないのにイメージが……

 

こちら側で仕事をしていたとある作家が見続けた、青年の話。背中押してくれた店長はグッジョブですが、業務上知り得た事口外していいの……? とちょっと心配にはなった。いや店長好きですけど。

 

04:嘘で叶える約束

「何、泣いてんだよ」

 

唯一の男性視点の短編。

学校の桜の木の下には、死体が埋まっているとか言う噂があって……その実態は男の幽霊が巣食っているだけなんですが。

幽霊ゆえに、誰にも見えず聞こえず触れられず。

割と自由気ままに幽霊ライフを満喫していたある日、彼の事を見られる転入生がやってきて。

 

彼女とだけは会話が出来るし、彼女にだけは触れられる。「設定的にかなり矛盾発生する現象だと思うなあ」とか言われてましたが。

時に転入生ちゃんを泣かせながらも検証と交流が続いていきますが。

どうして彼女にだけ見えるのか。もちろん理由があって……

馬鹿正直に幽霊やってた愚直さも、桜の下にいた幽霊を連れ出した転入生の行動も、どちらも良い按配で。

 

05:未来の正直

自分を変えたものに対する想いを、好きと呼ぶのだ。

 

文科系の部活が弱く、色々と合わさった結果、美術部に漫画書く人が集まった高校。

進学し、しばらくたってからそれを知って、遅れて入部した少女の話。

幼少期アニメに惚れ込んで絵を描き始め、アニメのコミカライズを見て漫画に流れ、自分でも創作をするようになった。

 

描くことは続けていたけれど、それまでは誰に見せるでもなく……

同じような趣味を抱く集団の中で、初めて「外」の意見に触れて、少しずつ変化してく話。

「自分が分かってるから」でつい省略してしまいがちなことって、ありますよね……TRPGでシナリオ組む時とか、GMが背景知ったうえで怪しいキャラ配置しても、PLには伝わらなくてすれ違う、とかありますし。情報共有大事。まぁTRPGならPLの発想とかで思いもよらぬ展開からゴールとかで逆に面白くなったりもしますが。

 

閑話休題。

パワーワードラブコメ内の作品は、主人公視点で地の文で内心が語られています。。
この短編で言うと、想いを自覚したときの「簡単なことが、解っていなかったのだと思う」の下りが好きですねー。

竜と祭礼3 神の諸形態

ico_grade6_4

「……その方法を採れば、恩義のある相手を裏切ることになる」

 

相変わらず、派手さはなく地道に進み続けるファンタジー。              

表面だけ見れば、イクスは職人と杖論議してて、ユーイは会議に出席させられてるだけですからね。もちろんそれだけじゃないし、そこが面白くて好きなんですけど。

 

“神の街”エストーシャ。

魔法杖職人の祖でもあるレドノフの伝説が残る街に、イクスは杖を作るために、ユーイはノバと一緒に新派との付き合いで足を運んで。

別の事情で町に来たこともあって、それぞれの視点で別の話が進んでいきます。

 

イクスはまだ見習いの身ではあったが、「同一状」という特殊な保証書を義姉から預かり、修道院での杖を作ることに。独立間近の見習いがもう一人と、監督役の職人が一人いましたが。

修道院からの依頼は、労力の割に儲けが少なく……さらに、修行の一環として素材は修道院側が用意する、という条件が付いていて。

職人側からするとかなり面倒なので、断られる事もあるとか。

 

実際、今回イクスともう一人の見習いシュノに渡された木材と芯材も、間違った加工がされていたり、相性が悪い素材があったりしたようです。

それでもその場で回答を思いついている辺り、どちらも杖作りに関しての才能はあるんでしょう。

 

互いの担当分に混じっていた「どうすれば杖に出来るだろうか」という難物。

それへの回答が分からず、相手に直接聞いて、その発想を褒めたたえる。逆に、自分のアイデアに関しては、過小評価する。言い合いをしながらも、仕事はしっかりこなしている辺りが、見習いだろうと職人だよなぁ、と言う感じで好き。

 

職人と言えば、今回新たなムンジルの弟子が登場していましたが……いや本当に、癖のあるやつしかいませんね! ユーイには「ムンジルの弟子の行動など、考えるだけ無駄」とか思われてましたし。

複数の弟子と接点を持ってきたうえでの判断ですし、間違ってないんだよな……

 

一方でユーイが参加させられていた会議は、旧派に対抗するべく新派として統一の解釈を出す、その準備のためのもので。

極力秘されていたにも関わらず脅迫状が届き、参加者にユーイが話を聞きに行ったりしていましたが。

宗教家であるのは間違いないですが、政治家になってもやってけそうだよな、と言うか。

色々と思惑が入り混じっていて、気が付いたら絡め取られていそうな、粘着的な怖さを感じた。

 

そんな会議に巻き込まれて、自分のできる手をちゃんと打っていたユーイは見事。

……ではあるんですが。エピローグが、どうしようもなくもの悲しさがあったなぁ。

生きている以上、人と交流していく以上、ある程度の変質は避け得ないものですが。純粋さは僅かに損なわれ、代わりに強かさを得たように感じる。

ここで終わっても美しいとは思いますが、続いてほしくもあるような。あとがきに区切りとか書かれてますし終わりかな……

 

それはそれとして。メイン2人推しなのは良いんですが、リースやシュノのイラストは見てみたかった。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

ico_grade6_4

「何か辛い事があったら、頼ってくださいね? あなたが私にそうしたように」

 

相変わらず天使様が可愛いし、周も想いを自覚しているのに、距離が縮まらずにじれったい。

樹なんかは折に触れ「へたれ」とツッコミ入れてますが、よくこれを至近距離で見てそれで我慢できるな……もっと押せ。いやまぁ「背中蹴りたくなる」とかも言ってましたけど。

 

進級してクラス替えが発生。

人見知りを自称する周は心配していたようですが、親しい知り合いがほとんど同じクラスで。樹と千歳、なによりも真昼。

さらには接点こそ少ないものの、人気ある男子門脇君まで居て、周じゃないけどあのクラスの人、他からやっかみ受けてそうだなとか思っちゃった……。

 

真昼が千歳と一緒のクラスになって、楽しそうなのも良し。

とは言え、一番彼女が気になっている周は、学校では接点なかったし陰キャが天使様と交流するのも何だから距離を取らないとな、とか言い出すんだからもう。

とりあえずその場では、ほほをつねるだけで済ませた真昼は優しいですね……。

帯にも採用されていましたが、せっかく一緒のクラスになったのに「私だけのけ者みたい」なのが嫌で、少しずつ外堀を埋めてってる彼女には是非とも頑張ってもらいたいところ。

 

疑われにくい勉強の話題とかを振ったり、グループわけの時とかも交際している千歳・樹の友人としての交流ですよ、みたいな顔をしたり。

不審に思われない程度に、しかし間違いなく距離を縮めているのはお見事。その積極性を周にも分けてあげて……。

 

まぁ、周が色々と警戒しているというか、冷めてるのか。

そもそもなんであそこまで生活能力皆無なのに、一人暮らしを許されたのか。

その辺の背景も今回で明らかになるわけですが。人付き合いってのはまー難しいですよねぇ。

 

そのことでどれだけ傷付くかなんてのは、真昼が言ったように個人によりけりですし。

ただ、話を聞いてくれる人がいて。その悲しみを受け入れて支えますよ、と言ってくれる相手を見つけられたのは、二人にとって幸いでした。

しかしまぁ、どうしてこれで付き合ってないんですかね。付き合ってないけど、どんどん糖度増してて作品の色が出てるので楽しいですけど。

 

挿絵の天使様も可愛いんですが、私服がバリエーション豊富で絵師さんのこだわりを感じる……料理してるカラー口絵とか19Pのやつとかが特に好き。

4巻の発売も無事に決定したそうですし、コミカライズも楽しみだなー。

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。

ico_grade6_4

「それでいいのか?」

「ダメなの? じゃあその人、一生自分を許せないじゃん。人生おもんな」

 

Twitterでフォロワーが盛り上がってるのを観測したので購入。

特に書籍化発表時が凄かったかなぁ。それ以前から、更新されると感想が流れて来て、気にはなっていたんですが。

 

天性の〈職業〉によって人生が決められてしまう世界。

〈経営者〉であれば、事業に対する広角的な理解など、才能の一点特化を助長するシステムで、多くの人はそれを活かした仕事をしていた。

しかし、フウタは〈職業〉を持たない〈無職〉として、蔑視される身だった。

故に〈職業〉を問わず参加できるコロッセオで、努力によって出来る事があると証明したく、チャンピオンにまで上り詰めた。

 

その努力は報われず。観客からは不人気で、最後には〈経営者〉の甘言にのり八百長に手を出してしまった事で、追放されることに。

そうなれば後は転げ落ちるのみ、というか。〈無職〉にできる仕事が無く、放浪を続けた先で、彼はある王国の王女と出会い、状況が変わっていく。

王女が出していた特殊な依頼を、フウタが受けたこと。フウタが、王女の求めていた条件を、この上なく満たしていたこと。

運命的な邂逅だったと言ってもいいかもしれない。

 

王女の食客として招かれて、王宮に部屋を貰ったフウタ。

まぁ突然現れた不審な男を好ましく思わない人はいて、絡んできたりするわけですが。

そうした相手達に、元チャンピオンとしての実力を見せつけるのは中々に痛快でした。

リヒターとの一戦しかり、フウタを追ってきたプリムとの一戦しかり。

 

個人的に一番気に入ってるのは、メイドのコローナですかねー。自由奔放で見ていて楽しい。めいどー。

まぁ、うぉっしゅうぉっしゅされてるリヒターさんとか、振り回されている方々にとっては中々の鬼門と言うか、扱いにくいキャラではあるでしょうけど。

傍から見ている分には賑やかで良いので。……つまりこれからもリヒターさんにはうぉっしゅうぉっしゅされてもらえばいいのかな? 合掌。

 

自分を追いかけてきたプリムとの戦い。

チャンピオンを目指した挑戦者としての想いが熱く、こちらにも伝わってくるかのようで。歓声が上がるのも、熱狂も良くわかる。

思わずWEBにも手を出し始めました。まだまだ途中なんですが、この後も熱い戦いが目白押しで、良いシリーズに出会えた満足感がある。

魔法科高校の劣等生32 サクリファイス編/卒業編

ico_grade6_2h

――自分は弱さを、許されなかっただけだ。

 

シリーズ完結巻。

昨今では珍しい30巻を超えた超大作となりましたが、終わるんですねぇ。

……まぁ、直後から続編を刊行する予定なので、まだまだ続くとも言えるんですが。

光宣やパラサイトとの決着がメインではありますが、達也がその実力を広く知らしめたことで起きたあれこれに対する、事後処理と今後の為の根回しがほとんどでしたね。

確かに必要なことですが、最終巻でそれをやるあたりは勇気がある。

 

達也が多芸でスペックが天井突破していて、そんな彼を上手くあしらっている真夜を見ていると、十師族会議とか魔法協会の一支部長の反応とかもうちょっと頑張れと思ってしまうな……

まぁ大人全員が、真夜なり八雲みたいに達也にマウント取れる相手ばかりだったら、彼の活躍度合も変わってくるわけで。このシリーズに達也の活躍を期待していた身としては、いい塩梅だったと思うべきなのか。

 

そういう意味では、ラスボスが光宣なのはちょい物足りなかった感はある。

実戦経験などもあるので仕方がありませんが、順当に決着ついたなぁという感じ。

ただ、そこに至るまでの心情とかをくみ取れていなかったのは、年相応みたいなさじ加減にはなっていましたか。

……最終的に見出した解決方法が、技術者としての達也の真骨頂みたいで笑いましたが。何を作り上げているんだ君は……。

 

一年生からスタートして、順調に進学して後輩キャラも増えて……をやり続けた結果、気に入ったキャラの描写が減ったとかはありますが。長編シリーズの宿命でもありますからね、それ……

なにはともあれ、完結おめでとうございます。

終焉ノ花嫁

 ico_grade6_4

「これより先、貴方が損なわれ、潰え、失われようとも、私は永遠に貴方と共にあります」

 

綾里先生の新作だー! 『異世界拷問姫』半分くらいしか読めてないのに、新作に浮気してしまった。追々読みます。

相変わらずのダークなテイストは健在で、その中で培われた絆の描き方がお見事と言いましょうか。

 

突如として【キヘイ】と呼ばれる脅威が現れ、人類を蹂躙した世界。

生き残った人々は学院を作り、【キヘイ】の死骸を回収し分析するなどして、対抗を続けていた。

主人公のカグロ・コウは、学院研究科に所属する学生だったが、遺跡の調査に赴いた先で命を散らした……はずだった。

 

【キヘイ】の少女によって救われ、秘められていた情報を知ることになったコウ。

一部の【キヘイ】はなぜか人間と【婚姻状態】になり、その力を貸してくれるという。

期せずしてそうなってしまったコウは、研究科から戦闘科、それも存在しない筈のクラスへと移籍になり……自分と同じ境遇の仲間たちと出会う事になる。

元居たクラスでは白面と呼ばれ、得体のしれないものとして扱われていたコウ。理解者も居るにはいたようですが、移籍によって縁も切れて……

 

代わりに、クラス百こと【百鬼夜行】の面々との交流がスタート。

【キヘイ】と婚姻関係にある彼ら・彼女らは中々に個性的で、白面と呼ばれていたコウが振り回される事に。

コウ自身も白姫という婚約者を得た事で、少しずつ変化していったという事もあると思いますが。

クラス百にじっくりと馴染んでいった。荒廃している世界においても、人を気遣える心は残っているだなぁとちょっとほっとした。

 

……まぁ、【キヘイ】に対して一般生徒のほとんどは無力なので、油断してると初期のコウみたいにあっさり死ぬんですけど。

救援任務に赴けば、救出対象の亡骸を見つけてしまうくらいには、あっさり。

本当に絶望的な状況で、【百鬼夜行】と言う戦力がいるのは、望外の奇跡なんだなぁと思えましたが。

そんな彼らですら対処しきれない事態が勃発するんだから、この世界は本当に容赦がない。

 

【キヘイ】の女王の降臨、一斉侵攻のはじまり。

余りにも強大な彼らの行進に対抗するためにコウが取った手段が、中々に反則的で………

一度は折れそうになりながらも成し遂げた彼に拍手を。

ある程度の犠牲は出る結果となってましたが、困難を乗り越えた彼らに幸いが合ってほしいなぁ。この後も絶対波乱万丈だという確信しかないからなぁ。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)2

ico_grade6_4

『ごめん、詳しくは言えないけど戦争することになった……』

『そこまで悪化することあるの!?』

 

みかみてれん先生による、ガールズラブコメ第二弾。

王塚真唯にアプローチされ続け、その回答を保留したれな子。

なので、変わらず王塚真唯からのアピールは続き……相変わらず価値観に差があるというか。「お詫びに食事でも」と言って、庶民をパーティーに連行するやつがあるか!

オマケにそこでしれっと「フィアンセ」とか紹介するんだからもう、本当に揺るがないな王塚真唯ってヤツは……

 

まぁ、一回躓くと引きずるタイプと言うか、1巻の後半で暴走していたような展開も引き起こすわけですが。

あの一件で王塚真唯と沙月さんは、冷戦状態に突入したままで。

グループからも距離を取っていた沙月さんは、あるタイミングでれな子に接触。

やられっぱなしは主義ではない、と。復讐してやらないと気が済まない、と。

それ故にとった方法が、王塚真唯が執着しているれな子を恋人にするという方法なのは、中々にぶっ飛んでる。

 

王塚真唯に続いて沙月さんにも振り回される事となるわけですが。

地の文含めてれな子のツッコミがキレッキレで終始笑えました。人の気も知らずに微笑む真唯を殴る幻を見たり、紫陽花さんに対するリアクションがバグってたり。「紫陽花さんの脳容量を奪ってしまっていることに、罪悪感を覚える」じゃないよ……。

個人的に一番ツボだったのは「紫陽花さんが冷たかったら、沙月さんとか体の七割、液体窒素でしょ……」ですかね。れな子、割とオブラート忘れますよね。

 

あとは紫陽花さんの方も、1巻でれな子に好き好き言われて混乱状態にあるみたいでしたけどね。

れな子の真意を確認したいものの、距離感に迷って手探りで近づいてくる紫陽花さんが本当に可愛かったです。挿絵になってた百面相が良かった。順調にシリーズ続いて、主役を張る予定らしい3巻が、是非とも出て欲しいですね……。

 

グループ内でギクシャクしてる状態が続くのは絶えられないれな子と、復讐を諦めていない沙月さんの妥協点として、2週間ほど交際をして、その後仲直りをすることに。

かりそめの関係とはいえ、恋人関係をする以上は形から入ろうとするあたり、沙月さんも凝り性というか。

距離があったれな子と親密になって、友情を育んでいるのは良かったですね。陰キャ告白も出来て何より。受け入れてくれる相手がいるのは良いことです。

……まぁ、陽キャへの擬態しきれず漏れ出ていた部分を指摘されて、思わず逃げ出したりしてましたけど。ちゃんと探してくれる沙月さんいい人だなぁ……。

 

他のグループメンバーからの接触もあって、王塚真唯が沙月さんとの仲直りに動いてましたが……いやぁ、昔なじみ故の二人のやり取りが本当に楽しかった。

打てば響くというか、お互いに遠慮してない感じ。バチバチにやりあってる二人の間にいるれな子は大変そうでしたが、なんというか強く生きて欲しい。

二人が実施する事になった勝負に自分も参加すると名乗りを上げたりして、振り回されるばかりではないのは良いですねー。

沙月さんなりにプライドを持って、いざとなれば手段を選ばない在り方とか好きでした。

  

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?9 君の世界

ico_grade6_3h

「いつだってそうさ。おれが一人で何かを成し遂げたことなんてない。ただ女神、アンタに伝えなきゃいけないことがある」

『?』

「諦めてないのは、俺一人じゃないってことを」

 

シリーズ完結巻となる第9巻。

やっと一種族解放したところだったので、もう1冊くらい墓所編やるのかと思ってましたが、早かったですねぇ。テンポ良くて読みやすかったですけど。

 

人間組だけで大始祖の前に立ったジャンヌ達が、心配でならなかったんですが……

レジスタンスとして抗い続けてきた彼女達は、そう簡単に折れることなく。

大妖精シルクがくっ付いていたのも大きかったですが、見事に囚われていた聖霊族を解放して逆転勝利したのは痛快でした。いやぁ、種族の英雄って強いわー!

 

封印のまで立ちはだかった、二人のシドも撃退して、無事に四種族を解放。

一人核心に迫っていた英雄ラースイーエが、ただ封印の時を待つのではなく手を打っていた辺りには感心してしまった。一番油断ならない英雄でしたよね……。

世界種アスラソラカが立ちはだかった時に、そんなラースイーエも協力して、5種族決戦が繰り広げられたのは熱かったですねぇ。

解放後、バルムンクを取り合って六元鏡光とシルクが喧嘩していて、アルフレイヤすら丸め込まれていた場面とか笑えるところもありましたし。

 

世界輪廻の解決後、正史になるのか別史が続くのかは気になっていましたが。

上手く混ざって、世界種すらも受け入れられる未来に続いてくれたのは何よりでした。

調停の場でのそれぞれの種族の反応を見ると、良かったなぁと言う感じで、自然と笑顔になりますね。

……いやまぁ、ハインマリルに気に入られたサキとか、トンデモ体験記させられたミンとか、突然連行されることとなったバルムンクとか、大変そうな人々はいましたが。

そんな場面が見られるのも、今だからこそ。良い最終回でした。


精霊幻想記17 聖女の福音

ico_grade6_3h

「……ええ。その人達は私の身近にいてくれて、復讐のためだけに生きようとしていた私でも一緒にいたいのだと言ってくれました。それで気づかせてもらったんです。私は失ったモノと同じくらい、大切なモノを得ていたんだと」

 

ガルアーク王国に屋敷を貰ったリオ。

功績を上げ続けている名誉騎士を良く思わない輩はどうしても出てくるので、味方を増やしておくに越したことはない。

という事で、彼の有能さを見せつけるべくガルアーク王家が手を打った結果のようですね。

実際ハルト腕前もさることながら、リーゼロッテが欲しくなるほどの様々な物品を製造できる知識だとか、コネとか色々持ってますからね……。

 

正統に評価しつつ一線を守って交流し、好感度稼いでおくのは大事です。敵に回してられませんよ、こんなハイスペック男。

ある程度思惑があるとはいえ、ルシウスと言うコマを失った事で、レイス達も「当面は」という区切り次ながら手出しを控える事にしてますしね。

 

戦闘の講師を務める事となって、初回講習で実力確認のための実践をして、全員に危なげなく勝つ当たり凄い。

王女や貴族令嬢の側近で、弱い筈ないんですけどねぇ。ルシウスを復讐の相手として、腕を磨き続けてきたから当然と言えば当然なんですが。

指導を受けた面々からは好印象を持たれて、穏やかな日常を過ごしているなぁ、という感じでしたが。

 

統治体制を討ち滅ぼし、国を興した聖女がガルアーク王国へ接近。

その前に帝国に足を運び、皇帝二ドル相手にもひかずに自分の主張をする辺り、怖いもの知らずでもあるようで。

行動力のある狂人で、さらには聖装を持つ勇者とか、この世界の人々には易々と止められない怪物になってるじゃないですか。

以前描かれた支配層を打倒した場面から厄介さは健在でしたが、他国に出てこないで引きこもっててもらえませんかね……。

 

リーゼロッテを攫い、ガルアーク王国に対して実質宣戦布告をして。

結果としてリオと敵対するルートに入ったようなものですし、次の巻では思いっきり叩きのめしてほしいなぁ、正直。

タイトルにも登場した通り、聖女のインパクトが強くて、精霊の民の里で懐かしい顔と出会ったり、故郷に復讐の達成を報告に行くという一大イベントが霞んでしまったな……。

いや、それはそれでリオの今後にも影響するだろう重大事ではあるんですが。

次回予告的にも対聖女のエピソードが先に来そうですしねー。12月予定の新刊が楽しみ。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ