気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

Unnamed Memory短編感想(電撃文庫MAGAZINE2020年2月号)

ico_grade6_3h

「名前で呼ばれないのには慣れてるんですけど、予想外の方向過ぎて反応できないというか」

 

電撃文庫MAGAZINE20202月号掲載の短編の感想です。

4巻発売前という事もあって、別にページ割いて挿絵が掲載されていたのは嬉しかったですねー。服の色も相まって、印象変わってて絵師さんが凄い……

 

短編は3巻で結婚した後のエピソード。

「王妃様」と呼ばれて、一回気付かないティナーシャが新鮮でちょっと笑ってしまった。

魔女としての酷薄さも持ち合わせている彼女ですが、一個人としては抜けてる部分もありますよね……

そして王と魔女の、「周囲を困らせるな」トーク。ネタに尽きない辺りが流石としか言えない。

 

そして今回はルクレツィアがいい仕事してました。いやぁ、幼いティナーシャが本当に可愛くてたまらない。

記憶があるから、心が幼くとも転移出来たり力を行使できるのがまた。

退行した精神に魔女の技って一緒にしちゃいけないものでしょ……オスカーが唖然とするとか、中々ないですよ。

そこから、終盤の「私の王」と呼ぶ場面が、もう尊くて最高でしたね。

彼女にとっての唯一を見つけた魔女の在り方が好きです。

とても情が深い彼女は、魔女であるが故に一線を引いていましたが、王がその内側に入り込んだからこそ見れる姿は、愛らしい。

 





続きを読む

Fate strange fake6

ico_grade6_3h
「俺は、凄く身勝手な事に聖杯を使いたい」

 

帯によれば、後半戦に突入したらしいですが……マジですか?

あちこちの勢力の思惑が入り乱れているのが、加速しているというか、誰も彼もが好き勝手に動いているなぁという感じ。

 

『まっくろさん』の世界に飲み込まれたアヤカとセイバーは警官隊と同行して、フラットはハンザ達と合流。協力し合ってるというよりは、ひとまずは敵対していないという方が近いか。

そして、マスターである椿の近くには、アサシンとシグマ。

さらにはジェスターもこの世界に踏み込み、あちこちにちょっかいを出してきているのが厄介極まりない。

 

外側でも、ティーネ達の下にエルキドゥが踏み込んだり、他の勢力もじりじりと動いては居ますが。

個人的に今回一番驚いたのは、フラットの自由さですかね……どんな縁を結んでいるんだ君は。『まっくろさん』世界に取り込まれて、結界の薄い部分に目を付けて外部と通信をとったり、スペックは相変わらず高いですね。

それが結構な打撃となってはいましたが……その後の容赦なさにもまた驚きました。衝撃的だ……

 

フランチェスカとプレラーティも、『まっくろさん』内部に入り、セイバーたちにちょっかいを出してましたが。

彼の在り様には、痺れたな……うん、なるほど彼もまた王なんだよな、と実感した。

そして彼が見つけ、聖杯に願おうとすることが、我儘だっていうのも最高じゃないですか。

あれが実現したら相当楽しいだろうなぁ。……そこに至るまでの道のりが遠そうですけど。他の勢力がまだまだ健在ですからね。

 

そして、この巻で悲しかったのは、椿のことでしょう。

幼い彼女が、あの場面で願ったこと。それがあまりにも悲しすぎる。

その願いを聞いて、憤ってくれる人がそばに居たのは救いだと思いたいですが。

迷いながらも戦い、道を見つけたキャラも多いですが、終着点が未だ見えないこの聖杯戦争、どこに辿り着くんだろうか……

 

Fate/strange Fake(6) (電撃文庫)
成田 良悟
KADOKAWA
2020-01-10

ソード・ワールド 蛮王の烙印2 魔域の王と黄泉帰りし英雄

ico_grade6_3

「姫さん、俺はあんたに感謝してるんだ。俺を生き返らせ、もう一度果たしきれなかった使命をやり直させてくれたんだからな」

 

姫と共に戦う、かつての英雄の旅第2弾。

最終目標のヴェルカーの魔域にも到達してましたし、完結巻かなー。

姫の実家の事とか広げようとすればネタはありそうですが、ここで終わりでも綺麗だと思います。

 

目的地に行こうと思えば、街を蛮族が襲って。

その中に蛮王を知る者がいてエルヴィンに跪いた上に、それを街の住人に見られて。

ひと悶着起こるかと思いましたが、そうかああいうのもアリなのか。蛮族や魔神についての知識が足りんなー。

あらすじにもあるとおり、エルヴィン以外の300年前の英雄が蘇って戦場で相対する事になったりもしてましたが。

全体的にサクサク進んだ、と言いましょうか。アンデッドの軍勢とか喫緊の課題があって、それに対処しているうちにどんどん前進していくので、かなり読みやすかったです。

姫様の不器用な想いと、それを見守っている2人がなんとも言えない味わい出してて好き。

 

あとがきで実は2.5ルルブのワールドパートに、「その後」が少し書かれてると会って、引っ張り出してきましたけど、NPC紹介のページにしれっと居たのか……

購入した直後にざっと読んだだけだったので、気づかなかった……

あと、短編小説集「ショートストーリーズ」の新作刊行予定って書かれてましたし、楽しみです。



つるぎのかなた3

ico_grade6_4

「大丈夫よ。……みんな分かってる。あたしも分かってる。だから何があっても誇りなさい」

 

2巻と対になる、第3巻。

前回は暑苦しい男たちの戦いが描かれていましたが……剣を手にした女たちだって、同じくらい暑いんだと。戦うためにここに居るんだ、という事が描かれていました。

後書きによれば、相当な難産だったようですけどねー。

帯の文句は「かわいいよりも、強いと言って。」。口絵にはその後に続く一文がありますね。

 

強い部分もあるし、弱い部分もある。人によっては逃げ出してしまうことや、目を逸らしてしまう事だってある。

けれど今、彼女たちはここにいるのだ。戦って、間違って、傷付いて。

そうして立ち止まったときに、見えていなかったものに気が付いた。そして、気が付いた後にはもう止まらなかった。

それぞれが前に進むために動いて、足掻いて。励まされたり、背中を押したり。

 

後書きで語られた、3巻のテーマ2つを真摯に描いてくれたと思います。未熟で青臭い青春模様は、とても輝いてる。

そして章間では、悠が部長となった後の8月の大会の様子が少しずつ描かれていました。うん、新しい形で戦う姿は格好良かったですよ。

4巻書けるかは不明瞭な感じみたいでしたが。もしかけたらそれが最後になる予定だとか。個人的には、続きを期待したいですが、さて。

 


ストライク・ザ・ブラッド21 十二眷獣と血の従者たち

ico_grade6_3h
「力を与えてくれたことには感謝するぜ。だけど、あんたの出番は終わりだ。あとは約束通り、俺がシャフリヤル・レンのやろうと異境から叩き出すのを黙ってみてろ」

 

アヴローラは異境に堕ち、暁古城は第四真祖の力を手放した。

闘う力を失っても、それでもアヴローラを救いに行こうとする辺りが彼らしいというか。

ここで行動できるからこそ、彼は第四真祖になったんだよなぁと改めて実感しましたね。

とは言え、意気軒高であっても力が足りないのは確かで……そんな古城の前に第一真祖であるキィが現れて取引を持ち掛ける。

 

古城に力を与える代わりに、異境の影響を抑えたいとのことで。

ただ、真祖が元真祖に与える力が生半可なものであるはずもなく。

新しい眷獣に古城は振り回される事に。それを抑える為に、十二人の血の伴侶が必要ということでヒロインが集合する……

いやぁ、これまでの積み重ねがしっかり生きていると言いますか。牽制しあってる部分もありますが、必要以上にギスギスしてはいないかな。

 

雪菜たちが正攻法で行こうとしたところ、浅葱が別ルートの提案をして交渉をまとめてくるんだから大したものといいますか。

最終的に、真祖が居ない状態での怪獣大決戦みたいになってたのは笑うわー。

まぁ浅葱の提案があったからこそ、戦車乗りとかの助力も得やすい作戦になってました。最後の雪菜と浅葱が協力しての手も良かったですしね。

 

今回は、一度力を失った古城が再度戦うための準備回でした。

とはいえ合間合間で、過去の天部のエピソードなんかも描かれていましたし、いよいよ最終決戦の様相を呈してきた感じがしますねー。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく4

ico_grade6_3

「うぅ……。このままでは戻れません。どうしましょう」

 
電子版が発売したので、即購入。

イラストギャラリー・口絵等のラフがメインで、SS1本と、鈴華先生の漫画が1編。

あとはいつものQ&Aに加えて、ドラマCD第三弾のアフレコレポートが掲載。

アニメの方見れてなかったので、アニメの設定画も掲載されていたのは結構嬉しかったです。

2階部分までが石造りで、その上に木造建築って言うのがカラーで掲載されていてすごく分かりやすかった。

 

鈴華先生の漫画は「リーゼの見習い選び」ということで、ベンノの相手であった彼女が7歳の頃のエピソード。いやぁ、行動力に溢れて凄いですね。

ベンノの妹と言うとコリンナが浮かびますが、ミルダという人も居たのか。……そういえばリンシャンの製法を他の街に嫁いだ妹に伝えたとか言ってたな……

 

香月先生書き下ろしのSSはユーディット視点で『魔力感知と結婚相手の条件』。

貴族に発現する「魔力感知」という、感覚の話。

広間で勉強していたユーディットは不意に発現し、動転して急に退室。

自分の側仕えや気になって追いかけて来たレオノーレ達、ローゼマインの側近たちでのやりとりが、主がいない事もあってかなり新鮮でした。

他の女性側近たちは、相手が決まっていたり、立場や家の問題もあって未来がある程度想像できている。

 

けれど、ユーディットは派閥の色が薄い家の出身だったり、階級の事もあって、はっきりとした想像がなく、動揺しまくっているのが可愛い。

フィリーネとは違った方向で可愛いというか、ユーディットは割とマスコット的なイメージが強い。騎士見習いなのに……あと、混乱すると「え? え? え?」みたいに、同じ言葉繰り返す癖がありますよね。分かりやすくて、本当可愛い……

 

Q&Aは今回も色々掲載されていて楽しかったです。

結婚できない神官のフェルディナンドが星結びの儀式に出ていた理由とか、下町洗浄の時周囲の面々の反応が無かった理由とか。ローゼマインがシャルロッテを例えるならば、という想像とかが結構印象的でした。

あとは、ローゼマインの社交や魔力の扱いなど、不足がちな教育問題の色々な理由。どれも頷けて、そりゃあすれ違うよな……って感じでした。


地下室ダンジョン2~貧乏兄妹は娯楽を求めて最強へ~

ico_grade6_2h

『お前たちだけでも生きろ。何が何でもだ。絶対に死ぬなよ。じゃあな』

 

ダンジョン探索を娯楽として満喫している二人。

そんなある日、二人が苦戦している飛竜リムドブムルをアメリカで討伐したというニュースが流れて。

どうやって討伐したのか知りたいから、アメリカ行こうか! と計画を立てる辺り、即断即決を地で行くなこの兄妹。

 

ただ保護者不在でパスポートも無し。おまけに英語も分かりません、でアメリカ行っても上手く情報得られなかったと思うんですよね……

しかし、目標を定めてからの行動力は目覚ましく、まずは父親の所在を探してパスポート作成しようと押しかけるとこまで行きましたしね。

そこに辿り着くまでに他のダンジョンできた都市を訪れてハズレも引いてましたけど。

 

スペックを上げてどうにかしてますけど、基本的には後衛二人ですし、味方を増やす事考えても良いと思うんですが。この二人、わりと二人で完結してるからな……

実際、成果を上げていて順調ではありました。ただ、かつてない規模のスタンピードが起きた時も、同様に影から動こうとして、最終的には痛手を負う羽目になってましたし。

…口絵や帯でネタバレしてる、左腕喪失がわりと後半のイベントだったので、もうちょっと伏せた方が衝撃的な演出だったような。

バレ踏んでるから、まだまだ元気だなーみたいな気分で読んでた。


学戦都市アスタリスク15 剣雲炎華

ico_grade6_3

「誰もあの人にはなれない。俺も、キミも」

()

「同じように、アーネストさんもキミにはなれない」

 

いやぁ、凄い久しぶり。

14巻が184月刊行なので、一年半以上新刊出てなかったんですね……

トーナメントの途中で長期間空くのは正直ちょっと勘弁してほしいところです。今回、準決勝第一試合まで終わってますし、金枝篇同盟の方でも動きが加速しているようですから、続きはもうちょっと早く出てくれると……嬉しいなぁ。

まぁ、外伝のクインヴェールの翼は刊行されてましたけど。

 

閑話休題。

持ち回りで綺凛が表紙なものの、今回はトーナメントの進行がメインで出番なし。

次の巻では活躍有るそうなので期待して待ちたいところです。

そして綾斗は、武器を使いこなせるようになって、大分安定した感じがありますね。翻弄される場面もあれど、順当に勝った感じ。

一方の紗夜の戦いは、正直笑いました。あの秘密兵器はアリなのかよ……彼女らしい戦い方でした。お見事。

 

彩斗の姉に課された『枷』。それ用の対策を、遥もちょっと考えてはいたようですけど。

思わぬところから救いの手がやって来たと言いますか。ディルクや金枝篇同盟みたいな闇の側面が強く印象に残ってますけど、エリオット達みたいに救いになる出会いもあるんですよね。

……金枝篇同盟のマディアス・メサにも、朱莉という光との出会いがあって、その関係が喪われた後にヴァルダ達と遭遇したのか……この手の話、枚挙にいとまがないんだろうなぁ。闇。パーシヴァルの過去の描写も挟まってましたし、終幕が近い雰囲気がする。


帝国の勇者2 ―英雄は荒野に消えた―

ico_grade6_2h

「わたしが保証してあげます。あなたはわたしにとって立派な勇者ですよ」

 

いやぁ、今回もまたカイムのシオンへの愛が止まらない話でしたね……

あそこまでブレないのに本人の前では、言葉を間違えるあたり何というかヘタレここに極まれりというか。

まがいものとして生み出された勇者が、蘇った英雄に奪われた仲間を取り返さんとする。

その決着を描くエピソードで、1巻のエピローグ的な感じでしたねぇ。

 

講和が成立したにも関わらず、エリーゼに従えない勢力をまとめて砦にこもって反乱軍活動に勤しんでいる辺り、レオンもぶれませんけど。

いや、だから正義を謳って「間違いを正すのが勇者の役目」とカイムを批判する割に、彼女のとる策がまぁ色々とアレというか。

当代の人を、自分の判断で殺して「残念だった」で済ませる辺りが、かつての彼女の最期を招いたと思うんですけど、どうなんですか。

 

そして好き勝手暴れた上で、自分と同じように「かつての勇者を復活させる方法」を他国に流したとか。実際それが結実してるのを見ると、戦乱加熱させてるだけじゃねーか、って言う。

いや、彼女の夢見た未来でないことに絶望して、燃え尽きてしまえとか思ってるからあながち打つ手として間違ってるわけでもないんですが。釈然としない。


空ノ鐘の響く惑星で外伝 -tea party’s story-

ico_grade6_3h

「――教授、安心してください。私は今、幸せです。私の幸せを祈っていてくれたお父さんの思いにも、今は応えられた気がしています」

 

12巻最後に告白したハーミットとシルヴァーナの結末を描く「錬金術師ノ嘆息」。

舞台はラトロアで、ちょうど12巻終幕でフェリオとリセリナが帰還したぐらいの時期。

半年ぐらいしたらまた来る、と言った彼女がハーミットに会いにくる話。

元首が退いても、ラトロアの闇は深いというエピソードでもあります。北方民族の間諜、割といつも手痛い反撃を食らってるイメージだったんですが、今回はギリギリ間に合って反撃した感じかなー。ハーミットも強いですよね……そりゃ警戒されるわ。

 

ライナスティの過去と、王宮騎士団に所属することになったエピソードを描く「幻惑ノ剣士」。強かな侍従長が好きです。いや、あんな侍従長いてたまるかって剣腕でしたけど。

「今宵、二人ノ結婚式」。眼帯をした貴族ベルナルフォンの過去が重くて、辛かった。お前、そんな過去を背負いながらクラウスとニナの世話焼いてたのか……

あとはブラド―とソフィアの微笑ましい交流を描く「王ト王妃ノ今日コノ頃」。いやぁ、バロッサが老獪というか本当いい性格してますね。

 

4つの短編の間に幕間として、10年後の今を描いて。

シアとフェリオの子供たちの交流が、賑やかでいいですねー。そして子供たちにモテモテのシア。1巻からこっちアルセイフかなり大変でしたけど、その果てにこの平穏があると思うと和みます。

欲を言えば、結婚して子供を授かったフェリオ達夫妻のエピソードも欲しかったですけど。ま、コレはコレで楽しい短編でした。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ