気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

Fate Prototype 蒼銀のフラグメンツ5

ico_grade6_3h

「あるじの行いはおよそ凶行ではあるだろう。しかし、すべてはあなたの願いがため!」

「願いは明日に託すものであり、人々に託すものである」

そんなにも堂々と。

貴様は断じてしまうのか、セイバー。

 

シリーズ完結巻。

敵対的なサーヴァントは全て打倒され、残ったのはキャスターとアサシン、そしてセイバー。

……要するに愛歌陣営の完全勝利と相成ったわけですが。

愛歌は、セイバーの願いを叶えるために聖杯を用いた準備をすると言って彼を遠ざけて。

キャスター・アサシンと共に着々と儀式をすすめています。

聖杯を起動するためには、サーヴァント七騎の魂が必要。けれど、愛歌はセイバーの願いを叶えたいから彼の魂は注げない。

だから、大量の生贄を用意してセイバーの代わりに聖杯に放り込もうってあたり、流石の悪逆っぷり。

 

その果てにビーストを産み落とそうとするとか、愛歌、本当に手段を選ばないな……

これだけのことをしているその目的が、恋をした相手の願いを叶えるため、というただその一点というのが、本当に恐ろしくてならない。

置いて行かれたセイバーは、大聖杯を探し街をさまよい歩き、沙条家の当主や愛歌の妹・綾香と会話をし……特に綾香の言葉によって、迷いを振り切ったようで。

 

愛歌の行いを阻止するために、大聖杯の元へと駆けた。

真の充足を知ってなお、愛歌のためにセイバーの前に立ったアサシンを打倒し、万端の準備を整えていたキャスターを退けた。

キャスターとアサシンは自らの行いを悪と認めながらも、心のどこかには迷いがあった。

 

主への忠誠を誓いつつ、死なせたくない相手を想ったハサン。

道を見誤ったことを自覚し悪を謳いながら、確かにあった暖かな交流を胸のうちに抱え続けていたキャスター。

中々彼らの在り方は、悪役として筋が通ってていい感じだと思いましたよ。

「私すら滅ぼせぬものに! 大聖杯の悪を両断する事は叶わない!」とキャスターが叫んだ当たりとかは、展開として好みです。

そしてセイバーの迷いない行動の果てに愛歌が倒れ、此度の聖杯戦争は終結したわけですが……一度死してなお止まらない辺り愛歌怖いですね!

中々楽しいフラグメンツの数々でした。




ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王

ico_grade6_4

「覚悟と言ったな。己の腕を引きちぎるのが覚悟だと」

()

「その程度の覚悟で俺に勝とうと願った。それがお前の敗因だ」

 

吸血鬼や、魔獣といった強大な怪物がはびこる時代。

その中でも世界の敵とされたアークエネミーが存在して。

たった一体で人類という種そのものを滅亡の危機に追いやれる、という力を持った存在が居る中で、人類は戦い続けていた。

 

怪物に対抗するための聖素を操る術を持つ教会と、教会の手が届かないところで戦いを続けているハンターと二つの勢力があって、余り仲が良い感じではありませんが。

ノアは怪物に育てられたという特異な過去を持つ、最強の怪物ハンターで。アークエネミーにすら一人で戦いを挑む傑物。

 

組織の中で孤立すると情報が得られないから、ハンター同士の交流も行うし、スポンサーへの定期的な挨拶もする。

鍛錬も怠らず、対策を練ることを忘れず、人間としてエネミーに立ち向かうノアの姿はかなり格好良かったですねぇ。

ただ、既に迷いも何も無く完成されている感じがあって、安定しているのでハラハラような場面はありませんでした。

敵がどんな手を打って来ようと、これまでもこんな窮地は経験していると、即座に行動に移せるあたり、頼もしすぎる。

 

ゲームとかでよくある、スポットで参加する強力なユニットだけど、事情により途中で別れざるを得ないとかそういうお助けキャラな立ち位置に居るべきキャラクターだと思います。

なので、ノアに救われ同行する事になったシスター見習いのシルヴィの存在は物語的に結構貴重だったのでは。

常識にとらわれて失敗したり、次の機会には対策を学んで行動するようにしたり。王子守ったり活躍もしていましたけどね。

最終的には、ノアは無傷で勝利していましたが……彼自身が重傷を負った時にどうするか、って言うあたりが描かれるとまた楽しそうですねぇ。続きを期待したいところです。




ロクでなし魔術講師と禁忌教典8

ico_grade6_3h

「俺の見立てじゃ、お前ら三人が、このクラスで一番強いからだよ」

()

「だから、最初に纏めてコテンパンに叩いとけば、後が楽だろ?」

 

派閥争いの煽りを受けて、「成績不振のため退学」という通知が来たリィエル。

それを回避するための実績を作るために、ある女学院へ短期留学する事になって。

システィやルミアも同行し、グレンも臨時講師として派遣されることになりました。

ただし、男子禁制の学園の為、グレンは魔術で女に変身するというひと手間が加えられていましたが……

セリカが嬉々としてグレンに魔術をかけていて、人生楽しそうだなこの人と思いましたね……

 

そして何とか潜り込んだ女学院ですが、そこはお嬢様同士が派閥を作り内部で抗争が起きているような状況で。

グレンは、今まで講師としてやってきたように、彼女たちのこれまでの積み重ねてきた常識を打破し「魔術師」にしてやると断言。

普段がかなりロクデナシですけど、こうやって真面目にやっている時は格好いいですよねーグレン。

 

まぁ、今回は始まりからしてリィエルの退学回避が目的だったわけですが。

そうやってリィエルを動かしたことが敵の狙いの一つでもあったようで。

女学院にもまた変な輩が入り込んでいたようですけれど、この国裏で蠢いている闇、深すぎませんかね……

敵の尻尾を掴むことはできませんでしたが、リィエルが新しい友人を得たようですし、そこは良かったですねー。

途中でリィエルがやっていた「縄抜けの魔術(物理)」と「鍵開けの魔術(物理)」にはひたすら笑いましたけど。それでいいのか魔術師……!




神託学園の超越者2

ico_grade6_2

「お姉ちゃん、私は……っ!」

(略)

「……もう、独りじゃないんだ」

 

同じく友人から借りた本―。読んではいたものの感想書いていなかったので。

まさかの続刊。

いや、勝利者の能力を人類に与えるって話で。能力を持たない「無能」が覇者となったから、能力は失われたはずなのに、なぜ話が続くんだ、という。

 

能力消失後に行われた臨時生徒会選挙を以て、覇者となった少女たちは生徒会の役職を獲得して、活動していたようで。

御厨が会計として辣腕を振るったというあたり、意外な才能持ってるなぁ、とか思いましたが。

「無能」の少女天枷杏奈は見事生徒会長になり活動していたわけですが……

そこに、彼女の姉にして先代生徒会長、天枷凰華が現れて、杏奈の相棒、「六行視」の文乃の周囲をうろつき始めて。

その影響を受けた文乃の幼馴染にして副会長の奏の暴走っぷりも怖かったですけどね。よく文乃は逃げ続けられたな……

 

騒がしくも平凡な日常の一コマとなるのかと思いきや、そんなことはなく。

失われたはずの異能が再度世界に現れ始めて。

元々超越者となった生徒たちを管理する立場だった、管理室の人間が、超越者を生み出して戦争を始めるとか……

 

1巻読んだときに、「この能力がほしいだろ?」と交渉すればよかったんじゃとか思いましたが。大人はもっと黒かった……

「天才になれる能力」を持った生徒を管理室にスカウトし、異能を分析し、奪い取れるように画策していたとか。おまけに、異能を組み合わせて新たな異能すら作れるようにしてしまっただとか、世も末ですな……

そうして、暴走を始めた連中をどうにか止めようと、杏奈たちが奔走するという流れになっておりました。

「六行視」による書き換えが頻発していたので、設定上仕方ないこととはいえ、読みにくく感じましたねぇ。

神託学園の超越者<トランセンダー>2 (GA文庫)
秋堂 カオル
SBクリエイティブ
2014-03-14

神託学園の超越者

ico_grade6_2h

「でも逃げたらクズなのか? 負けたらクズなのか? 一度だって逃げないで……負けないで生きることが出来る奴なんて、いない筈だ!」

 

友人から借りた本―。読んではいたものの感想書いていなかったので。

突如下された神託。

それによって美景原学園の生徒たちには、様々な異能が与えられ、超越者として君臨することとなった。

神様は、変革をもたらすために生徒たちに力を分け与え……最強の座を勝ち得た者の能力を、人類に与えるという壮大なもので。

 

……人類が統一された異能を持たされても、大惨事が引き起こされる未来しか見えないけどなぁ。

爆発物を発生させる能力なんかを人類が皆統一してもったら、テロとか悪化しますよねぇ。全員が能力持ちだから、誰もが容疑者になるわけで、捜査も手間取りそうです。

医療系が能力研究の恩恵を受けてる、みたいな描写もありましたし……

生徒たちは馬鹿正直に異能バトルに励むのではなく、大人たち相手に「この能力、皆さんも欲しくありませんか? で、コイツを勝ち上がらせたければ、分かるな?」みたいな交渉に走るという手もあったのではないかなぁ。

飽きたと宣う神様にとってみれば程よい刺激なのかもしれませんが。

 

主人公は、他の生徒たちとは少し変わった能力を与えられたため、このバトルへ積極的に参加するつもりが無く逃げ回り「不戦敗」と揶揄されていた。

そんな彼が「無能」である少女と出会い、上位者としての地位を確立していた生徒会へ喧嘩を売り最強を目指す、というそんな流れなわけですが。

 

主人公が、一年逃げ続けていた割には割とあっさり、「無能」の少女の口車に乗せられていたなぁ、と言いましょうか。

微妙に立ち位置がぶれてる感じがしてならない。先の展開も割かし予想できてしまうのが何とも。

1巻で上手い事まとめていた感じはありますが……結構戦闘シーンがあるので、一回の戦闘の密度が薄くなっていた感じはありますねぇ。

これで倒されてしまう連中に、他の生徒は負けたのか……って考えてしまうともういけない。力に溺れず、もうちょっと工夫しましょう、と成績表に書いてやりたくなりますな……

神託学園の超越者<トランセンダー> (GA文庫)
秋堂 カオル
SBクリエイティブ
2013-11-14


精霊幻想記7 夜明けの輪舞曲

ico_grade6_4

「言ったでしょう。貴方は貴方が最善だと思う行動を、ううん、貴方の気持ちを優先して行動して。立場は逆だけど、貴方が私を助けてくれた時と似た状況よ? 私のせいで貴方にそんな顔をしてほしくないわ。今の貴方、すごく息苦しそう」

 

ミノタウロスを含む魔物の大群に襲われていたリーゼロッテ達を救出したリオ。

ユグノー公爵やリーゼロッテと言った高位の貴族も興味を持つほどの技量を披露していましたが。

魔道具で髪の色を変えているとはいえ、フローラ姫は何か引っかかるものを感じているようですし……過去がバレた時には騒ぎになりそう。

 

この一行の問題点は、リオの過去を知っている相手が居ることと、さらに言えばリオに冤罪を着せた張本人が居る事。

さらに言えば、ヒロアキという視野が狭い勇者様を連れているところがなぁ。

政争が起きたところに降ってわいた勇者様という武器を手放すわけにも行かないのは分かりますが、彼は中々に難ある人物だからなぁ。

 

最初はセリアの友人を助けるためではありましたが、リーゼロッテに顔を売るという利の為にも、交流を続けることに。

襲撃を蹴散らされたレイスが懲りずに次の計画を実行に移していたり、リオに冤罪を着せたスティア―ドが悪友と一緒に、リオだとは知らぬとはいえ絡んでいったりとトラブルも。

スティア―ドに学習能力ってないのか……?

リーゼロッテの側近たちのスペックが高く、好印象のキャラが多いので、スティア―ド達のクズっぷりが光りますね。

 

そして、セリアとアイシアと共にリーゼロッテに勧められた宿に宿泊していた所……アマンド襲撃事件が発生して。

WEB版よりも戦力が増えた襲撃で、最終的にはセリアやアイシアも戦闘に参加しておりました。しかもリーゼロッテの前で力を振るっていましたので、この後どうなるか、少し心配ですね。

セリアに関していえば、同郷の人間も近くにいる状況ですし、正体バレが起きるかどうかも気になるところ。

 

ただ、今回のメインイベントは、リオの仇である男が、レイスの企画に乗って襲撃に参加していて……リオと相対する状況になったことでしょう。

救いようのないクズッぷりで、過去に囚われた復讐の道だとリオは自らが進む道を負のものととらえていますが……アレは、誰かが止めなきゃならない悪性の者だと思いますがね。

まぁ、人の命を奪うという事に対し、真摯に向き合っていると考えましょうか。

しかしかつて王の剣の候補にまでなった敵を相手にしても圧倒できるとは……リオに勝てる相手って本当いないんじゃなかろうか。

生き延びた敵が何かしらの手を打って来たら、判りませんが。リオが闇に飲まれることなく、幸せになってくれればいいんですが、さてはて。

精霊幻想記 7.夜明けの輪舞曲 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2017-03-31


ほま高登山部ダイアリー

ico_grade6_3

「約束しようじゃないか。キミが想像もしたことのない最高の青春がココにある」

()

「ようこそ、ほま高登山部へ」

 

高校入学を機に、意中の相手に好きだと告げた少年、冬馬。

けれど、シチュエーションが悪かったというか、相手が鈍かったというか……

少女は登山が好きで、登山部に入ろうとしていて……その道中だったモノで「登山が好きだ」と言う意味にとられてしまって。

おまけにそれを登山部の部長に目撃されていて、登山部に勧誘されて、とりあえず体験入部する事に。

 

月に一回登山に行くとかなんとか。冬馬は割と少ないと思ったみたいですが、私は割と登ってるんだなーと思いました。

費用とかその辺の問題もあるだろうし、そう頻繁に行けるもんじゃないのでは、と思ってたので。作中の例としては、月に二回行く学校もあるとかありましたが。実際のところどうなんだろう。ちょっと気になるところ。

ただ、作者さんも高校で登山部だったそうですから、ある程度はリアルに即してるのかなぁ。

海のレジャーは経験ありますが、本格的な登山はしたことがないのでちょっと興味あります。体力無いので、登り切る自信とかさっぱりありませんけど。

 

ある高校の登山部の活動を追う、本当にそれだけの作品。

ただまぁ、先輩方は優しかったり、変態でフェチで変わり種だけど頼りになる人達で。

登山を楽しむ、部活内でのいい関係が築かれているなぁと、青春模様に和みました。

私自身、先日高校時代の友人と遊ぶ機会があったので、なおさら。部活の仲間と集まってバカ話で盛り上がったりするのって、やっぱり楽しいんですよねぇ。

それが今も続いている事を有難く感じているところなんですが。

冬馬が、登山の楽しさを知り、正式に部活に入る決意を決めたところで終わっていましたが、彼の青春がこの後も楽しく続いてほしいものです。



Fate/Strange Fake4

ico_grade6_4

「でも、俺はエスカルドス家の魔術師である前に、エルメロイ教室のフラット・エスカルドスなんです」

 

成田「5巻で終わると言ったな。あれは嘘だ」、奈須さん「知ってた」。

というわけで、後書きにもあった通りまだまだ偽りの聖杯戦争は終わりそうにありません。

各陣営を満遍なく書きたくなった結果、とのことですが……

えー、その結果としてどの陣営も脱落しておりませんが。多少の被害が出ているところこそあれど、サーヴァントは健在ですよね。

コレ、本当に終わる時には一気に収束していくんじゃないだろうか、みたいな綱渡り感がすごい。

 

セイバーは、ウォッチャーと契約したシグマと接触。狂信者なアサシンと三組で行動する事に。

しかし、シグマ。契約したのがウォッチャーという特殊な存在だと明かせないからって、チャップリンはないのでは……

そりゃあファルデウスも混乱するよ……。偽りの聖杯戦争を起こした黒幕側の一人ですけれど、ファルデウスがその中でも苦労人枠になっていて笑う。

そのうち彼の胃に穴とか開くんじゃないかな。

 

一方で、アインツベルンのホムンクルスに宿った『何か』は好き勝手動いていますし。

今回は他の陣営の動きがメインで描かれていたこともあって、英雄王とかエルキドゥとかはかなり大人しい感じでしたが……

最後の騒動に英雄王はちょっかいかけに来てましたし、混戦というか混沌というか。

かなり気ままに動いているフラットが、ただの魔術師ではなく「エルメロイ教室の生徒」としての立ち位置をしっかり自分のモノとしているのは良かったなぁ。

Fate/strange Fake(4) (電撃文庫)
成田 良悟
KADOKAWA
2017-04-08
 

新宿コネクティブ1

ico_grade6_2h

「違いますよ」

「……何が違うというのだ?」

「本当にすごいのは――佐蛹君のほうです」

 

混沌とした街、新宿。

その街に広がる都市伝説のひとつ――『掃除屋』。

依頼したことを、なんであろうと必ず遂行する、とそんな噂話のひとつ。

要するに何でも屋ですね。主人公の慶介は、そんな何でも屋のところに下宿していて、家主と共に、依頼解決に動いている、と。

 

ただまぁ、彼の周りにいる人物って言うのが、誰も彼も一癖も二癖もある連中で。

家主の蔵祭もテンションの上下が激しいし、何でも屋の実態にしても彼の趣味で、興味を持ったものにしか関与しないという様な状況だとか。

慶介はそれに振り回されているようで……上手い事順応している感じもしますね。

 

依頼を通じて、あちこちに知り合いを作っているようで。

いざとなったらその人脈を武器に、立ち回れるって言うのは確かにすごい事だと思うんですが……

彼がアレだけ多くの人に手を貸してもらえるだけのモノを持っているように見えなかった、というか。

 

それだけの魅力を感じられなかったのが、ちょっと残念。

いやまぁ、主水くんやルドルフの件のように彼の行動によって助けられた人たちが、恩を返そうとしてるってのは分かるんですが……

何というか、肌に合わなかった感じがしますね。

新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
内堀優一
ホビージャパン
2017-04-28
 

造られしイノチとキレイなセカイ

ico_grade6_2h

「――この子には、幸せになってほしいって思うよ」

「……ええ。そうね」

 

聖殿騎士として、有数の実力者である青年カリアス。

彼は、幼なじみで精霊術を巧みに使う少女フィアナと共に、遺跡の調査を行っていた。

私的にも親しくしている上司からの命令で赴いたその遺跡で、彼らは古の技術で作られたホムンクルスの女の子を保護して。

 

造られた命であるため、神の祝福を得ていない。

祝福が少ない事が差別を受けることもある世界において、全く受けずに生まれたという事はどれだけの苦難があるか想像も出来ない程だとか。

だけど、カリアスとフィアナはホムンクルスの少女――イリスを保護し、いつくしむことを決めた。

少女に「おとうさん」と呼ばれ、カリアスは着実に親バカの道を邁進しておりましたが。

後にフィアナもイリスとは違うホムンクルスの少女を保護し、その子から「おかあさん」と呼ばれ、疑似家族を構築していくわけですが。

                                                                                                     

ホムンクルスってことでどうなるか……と心配していたけれど、割とあっさり受け入れられて。

まぁこれは、カリアス達の社会的立ち位置とか組織のトップとツーカーだとか、状況が幸いして、上手い方に話が運んだ感じですけれど。

何というか、上手くいきすぎてて怖いというか。悪い方でのギャップが感じられたといいますか。「これはヤバい」→「なんとかなった」って言う展開の見せ方が好みではなかったですね。残念。

 

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索