気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

異修羅Ⅱ 殺界微塵嵐

ico_grade6_5

「キュネー。俺には願いがあったんだ。……馬鹿みたいな願いだ」

(略)

「馬鹿みたいでも、ずっとそうしたかった」

 

1巻同様大量の加筆が入り、WEBとは別物になった第2巻。

WEBに殺界微塵嵐なんて出てきませんからね……どうしてこうなった。

新キャラ新展開を入れて、これ以上ないと思っていた熱量を更に高めていってるので、ご無理のない範囲で続けて欲しいと思っております。

 

本当の魔王による爪痕は未だ濃く、平穏な時代は遠い。

今は黄都が力を持っていますが、それに抵抗する旧王国主義者も居るし、魔王自称者だって残っている。

黄都が進めている、勇者を決めるための戦い。それに参加させる修羅達の選考も順調に進んでいます。

 

今回登場の修羅だと、地平砲メレが好きですねー。巨人の射手。ある村を見守り続けた、偉大な戦士。それでいて普段は冗談を口にして笑う、彼の在り方はとても輝いて見える。

新キャラではやっぱり戒心のクウロが一番好き。優れた五感を持った修羅だったが、その感覚を失いつつあるキャラ。

……正直、2巻の犠牲者枠筆頭だと思っていました。予想以上に格好良かったし、まさかキュネーともども生き残るとは思っていなかった。裏切られた……いや、悲劇的予想は裏切られていいんだよ!

 

新エピソード「殺界微塵嵐」。ある地方で信仰されている、全てを微塵にする砂嵐。

今回の敵は災害という事で、どう描くのかと思っていたら……いや、丘をすり潰すとかどんだけだ……

登場キャラ達が、それぞれの事情でこの嵐に立ち向かう事となったわけですが……。修羅が易々と一丸となって戦えるはずもなく、おぞましきトロアと窮地の箱のメステルエクシルとのバトルがあったり、今回も混戦著しかったですね。

 

そして、ロスクレイとルクノカ、思った以上に関わらなかったな! 

表紙をよく視るとこの二人、中心にある微塵嵐とは別方向見てるので、伏線だった感じもしますが。え、そうだったら凄いなクレタ先生。

ロスクレイの戦法が、本人は思うところありそうですけど、手を抜いてなくて気に入ってます。「絶対なる」という二つ目の名が重い。

今回は後書き1ページという事で、かなりあっさりしてましたが。
オチまで完璧なコントのようで笑った。ネタの引き出しが多いな珪素先生。
次巻予告がなかったのがちょっと残念ではありましたけど。
もしあったら嘘予告世界でかい野菜大会とかになってたんだろうか。いやまぁ、既存修羅だったら

異修羅II 殺界微塵嵐
珪素
KADOKAWA
2020-03-17

数字で救う!弱小国家5 勝利する者を描け。ただし敵は自軍より精鋭と大軍であるものとする。

ico_grade6_4h
「奴は僕らを襲わずしてすでに攻撃してる。未来のファヴェールをね」


北の小国ファヴェールが属する『同盟』と、帝国やピエルフシュが属する『誓連会』。
2者間での大戦争が開幕しようとする段階にあっても、各国の思惑は蠢いていて。
同盟の連合軍が帝国を攻める一方、ファヴェールはピエルフシュを相手取る2正面作戦が結構されることになったのが4巻。
ファヴェールが戦果を挙げたのに対し、同盟は敗北して。戦争の長期化が避けられない情勢に。

そんな状況だって言うのに序章ではまたナオキとトゥーナがおっぱい論議していて、相変わらずだなこの二人……とちょっと笑ってしまった。
けれど、結局はそんな平穏な時間こそが一番尊いんですよね……
戦争をする以上、犠牲は避けられない。
単純な事実を容赦なく突き付けてくるエピソードでもありました。

同盟内の関係もあって、ファヴェールは帝国側の戦線にも戦力を割かないわけにもいかず。
初戦で帝国を勝利させた立役者、ナオキの戦法を流用した指揮官が登場したり。
共和国側も、次代の英雄を投入して状況を動かしに来たり。
中々油断できない状況ではありましたけれど。
相手の思惑を読んで上手くあしらったりしていて、ナオキ達の成長著しいなと感じました。

ソアラは北方の雌獅子と称され、ナオキは魔術師の名を確かなものとした。
……ソアラは今回も要所で哀れまれて「かわいそがらないでください」って言ってましたけど。
味方からも悪だくみしてると言われるような、ナオキの在り方が見ていて楽しいです。
ファヴェールの若い世代も育ってきて、ますます今後が楽しみになる下地が整ってきている。
だからこそ、喪失が痛いんですよね。的確に心を刺しに来ている。
手紙を読む場面も中々きましたけど、やっぱり一枚だけ遺していった彼の事を想わずには居られない。
あぁ、格好良かった。心の底から震えるくらいに。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身Ⅰ

ico_grade6_3h

「いきなりわたくしのせいだと決めつけないでくださいませ!」

 

表紙ははじまりの庭イメージで、扉絵はピカピカ奉納舞だそうで。あぁ、なるほど。これは目を奪われるのも無理はない。

フェルディナンドがアーレンスバッハに向かい、エーレンフェストでは粛清の準備が進む。

そんな状態で迎えた、ローゼマインの貴族院3年生。

 

警戒する事項が多いため、寮での食事時間を分けたり、ギクシャクした感じに。それを打破したのが、フェルディナンドからの伝言なんだから、やっぱり欠くことの出来ない人材なんだよな、という気持ちが強くなりましたね……

あそこで、ローゼマインの気持ちが少し前向きになったのは本当に良かった。

そこで活動的になったらなったで、色々騒動巻き起こすんだから凄い。いやまぁ、共同研究とかは、逃げにくい状況だったのもありますし、加護の多さに寄る制御不能状態もローゼマインのせいだけではありませんけど。

 

全体的には、掌で掬った砂が、さらさらとこぼれ落ちていくような雰囲気ですね。多くのものが喪われていくのが感じられる。

保護者や側近たちに気遣われているローゼマイン視点ですら、それが見て取れるのだからよっぽどですよ。

旧ヴェローニカ派の子ども達から情報を得られた事もあって、

 

プロローグはWEBにもあった、ヒルデブランド視点。描き下ろし短編は、上級司書として貴族院の図書館へ派遣されたオルタンシア視点。

王族も一枚岩ではないというか、大分ギスギスしてると言うのが伺えます。政争の結果、グルトリスハイトを持たぬ王として即位した事で、大変だったのは間違いないでしょう。

オルタンシア視点で「どれだけ王族とその周囲にすれ違いが起こっているのでしょうか」と言う一文がありましたが。

貴女の想像以上にすれ違いがあり、喪失が積み重ねられてきたんですよ、と言ってやりたい。

 

それに比べるとソランジュが語った、知識の番人の在り様には好感が持てますね。誇りを持って仕事していたんだ、と言うのが分かる。立派な人達だったんでしょう。あぁ、本当に惜しくてならない。


やがて君になる 佐伯沙弥香について3

ico_grade6_3h

「他の選択肢なんて誰も覗けないから。全部運命だし全部必然。わたしはそう思う」

「そうかもね」

 

沙弥香先輩主人公のエピソード、完結巻。

大学2年生になった彼女に懐いてくる後輩の少女・枝元陽との交流の話。

元気溢れる、沙弥香の周りにあまりいなかったタイプの可愛い子。

少しずつ距離を縮めて、実家を出て一人暮らししているという彼女の家に遊びに行く事も増えて。告白されて。

 

大学生活の中でなにを見つけるのか迷いながらも、沙弥香は沙弥香だった、と言いましょうか。

大人びていて冷静な彼女を見ると、沙弥香先輩とセットで呼びたくなる。

それは、まぁ。今も交流が続いていて、しれっと登場した小糸さんや、陽ちゃんがそう呼んでいるからと言うのもありますけど。

大学に進んで世界が広がっても、過去のつながりが絶えるわけではないんですよね。

他のキャラとの交流が合間合間に描写されていて楽しかった。

 

『やがて君になる』本編は、卒業した彼女達が文化祭に顔をだすエピソードで締められましたが。

本作は、その後の話も入っていましたね。文化祭後に改めて燈子と沙弥香が会話しているシーンが好きです。沙弥香先輩の方が、小糸さんとよく会って話を聞いてると振れば、「よく」の部分は聞いてないとか言いますし。冗談半分で浮気疑うし。

気心知れた二人の関係がいいですよね。「素敵な子なんだね、きっと」と言う台詞が出てくるのが良い……

原作好きなのもありますけど、入間人間先生の文体もやっぱり好きだなー。最近あまり読めてませんけど。積読にいくつか眠ってたはずなので発掘するか……


薬屋のひとりごと9

ico_grade6_3h
「はは。遠まわし過ぎる言い方だったね。僕は、意固地になって、優秀な人が合わない道を選んでほしくないだけだよ。それはとても非効率で美しくない。二人とも優秀だから、表に出て仕事をするにしても、陰になって支えるとしても上手くやれるだろう。極めるかは別として。ただ、本当にやりたいことを目指すなら、効率も何もなく、その心情が美しいとだけ言っておく」


壬氏の衝撃的な行動によって、道連れにされた猫猫。
秘密を共有してしまったために、彼の治療を行う事となって。
最低限の知識と技術はあるものの、猫猫の本領はあくまで薬屋。
医官として求められるものがあまりにも不足している。

今後の事を考えると、より知見を深めなくてはならないだろう、と彼女は考え……
羅門に教えを乞おうとしたものの、彼から不思議な課題を出されることに。
彼がかつて住んでいた部屋に隠された、とある医術書を受け入れよ、と。
世界的にも医術の知識は発展途上にある状態で。
猫猫が死体に触れないよう育てられた、というのは語られてきましたが。
医官付き宮女三人は、医術の業を見せつけられることに。
まぁ、2人ほど予想していて、ある程度のみ込んでたのは流石でしたね……

さらには、様々な思惑から西都に壬氏が派遣されることとなって。
猫猫が限られた時間の中で、出来る事をしているのがいいですね。
巻き込まれて、逃げられない以上はベストを尽くす気概が感じられる。
一方で、壬氏は今回は大人しかったと言いますか。前回ラストみたいな勢いは、感じられず。
猫猫に軽く叱咤される場面すらありましたからね。
ま、彼の戦いは西都に着いてからが本番、とも言えますが。もうちょっと頑張ってもらいたい。
西に派遣された中には変人軍師ややぶ医者なんかも居て、道中も中々に賑やかで楽しい巻でした。

薬屋のひとりごと9 (ヒーロー文庫)
日向 夏
主婦の友社
2020-02-28

わたしの知らない、先輩の100コのこと2

ico_grade6_4
「……最高でした。ありがとうございます」

「そりゃあ、よかった。こちらこそ、ありがとう」

 

いやー相変わらず後輩ちゃんが強い。

先輩の母親とLINE交換して、来訪の許可を取り付けて先輩を驚かせるとか、順調に外堀を埋めている感じ。

なんでここまで後輩ちゃんが攻めておいて、先輩の方もそれを受け入れておいて付き合ってないんでしょうね……

 

面白いくらい後輩ちゃんがグイグイ来るので、こうTwitterとかで「グイグイ来る後輩はホラー」とか言う意見が出てくるのも頷けてしまう。

でも、質問スタートしてから日記をつけてしっかり回数カウントしてたり、日記付けてるシャーペンをハートのシールでデコってたり、好きだからアクセル全開なんだなぁ、と言うのが伝わってきていいですね。

 

自転車に乗る練習をしたり、休日も頻繁に出かけている二人。

本当、早く付き合ってしまえばいいのに。

「一日一問正直に答える」以外に、お願いを聞いてもらえる権利なんかをかけたカラオケ勝負なんかもしたりしてましたしね。それで願う事が、誕生日を祝ってほしいとかなんだからもう……

ただ、校則を変えて欲しいという願いが出たり、後輩ちゃんがラブレターをもらったりと、じりじりと変わっては居るんですよね。

正直もう答えは出ているようなものだと思いますけど、このもどかしさが癖になる感じ。

男が告白するべきって風潮嫌いだ、とは言っていましたが。わざわざ猶予をもらってるんだから、こういうべきですかね。頑張れ男の子。


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?8 久遠の魂

ico_grade6_3h

「俺はリンネを信じるさ。その為にも、ここに囚われてる種族を片っ端から解放する!」

 

封印された、全ての種族を解放するべく準備を進めるカイ達。

アスラソラカの離反、イフとミスカルシェロが見いだした2人のシドの敗北があり、多少動きが鈍ったようにも思えますが。

大始祖側が打つ一手一手が容赦無くて、ハラハラするんですよねぇ。

浮いた勢力に軽度の洗脳を施して争いの種まくし。それを乗り越えて踏み込んだら、当然ですが眷属を筆頭に襲撃してきますし。

 

洗脳抜きにしても人間側からも、本当に全ての種族を解放するのか、という意見だって出てきますしね。

それでも、大戦の最中カイ達が育んできた絆は間違いではなく、この状況で希望となってくれて。心配の種は尽きませんが、覚悟を決めて、取り返すべく戦うカイの姿は格好良かったです。

 

墓所に踏み込んだ後、分断されて。カイとアルフレイヤが同じエリアに居るのは幸い、なのかなぁ。

危険視されて立て続けに襲撃されてますしね……二人だったから撃退出来たのは確かにそうです。しっかり戦果を挙げているし、目的も一部達成しているし、目下トップクラスに活躍してますが。170Pで解放されたキャラの反応が可愛らしくてとても良い。

ただ、他の場所の戦力バランスが気になるところ。容易く折れる人々でもないですけどね。

 

ラスタライザの正体とか、アスラソラカの事情とか少しずつ描写されてましたが。

望みがないのに、あんなことを仕出かしたことの方が怖くて仕方がない。何か不吉なものを招いたようですしね……

どうか勝ち抜いて、よりよい未来に辿り着いてほしいものですが。


さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30

ico_grade6_4

「もちろん、正しい質問をするんだ」

 

異世界に召喚された少年ケースケ。

しかし、既にその世界は滅びかけていた。

人が結晶となり消え、砂と散る異変に呑まれた世界で、彼は一人、蒸気自動車で旅をしていた。

その途中で、同じく一人旅をしていたハーフエルフの少女ニトと出会って。

巡り合わせによって、彼女の探し物を手伝う事となり、二人はあらゆる問いに答えをくれるという魔女の伝承がある街を目指す。

 

あぁ、なんて綺麗な物語だったんだろう。

滅び忘れ去られる一歩手前の危うい世界で、それでも生きている人々の姿が。

出会い、語らい、そして別れる。

纏めてしまえばただそれだけなはずなのに、胸に迫るものがある。

 

滅びかけの世界で変わらず仕事をする、修理工のおじさんがいた。

連れ立って旅をする老夫婦がいた。最後に家族に会おうとした人がいた。

あるかも知れない場所を探そうとした少女がいて、人探しと嘯いて放浪していた少年がいた。

退廃した世界で、分かりやすい救いなんてなくて。だからこそ、他愛無い会話が愛おしいのだ。ニトとケースケが、あの駅で出会えて本当に良かった。

旅の中で絆を育み、足を止めた時に相手に言葉をかけてあげられる二人の関係が、とても好き。P275P305の挿絵と、その前後の会話とかいいですよね。



境界線上のホライゾンNEXT BOX 序章編

ico_grade6_4

「死を悲しめ。ただ、哀れむな。そして落ち着いたならば、その人が生き切ったことを誇れ。――そういうことだと私は思っている」

 

『境界線上のホライゾン』本編完結後の物語です。

じゃあ、本編を読んでいないと楽しめないのか、と言うとそれも違う。

冒頭に「世界観説明」、「メインキャラクター説明」、「シリーズ各巻ダイジェスト」が収録されていて、最低限の情報は把握できます。

本編では、過去の幻が浮かび上がる怪異が生じています。

そこに至るまでどんな出来事があったのか。それを振り返りながら異変を解決しようとしていくので、『ホライゾン』の入り口としてかなり適している印象。

実際コンセプトは「これから始めるホライゾン」だったみたいですしね。

……ここからホライゾン本編に戻ると、まだ弾けてないノリキとかウォーモンガーじゃない正純とかを見られるのか。それはそれで楽しそうだな……

 

それに本編は『神々のいない星で』のようにチャットノベルのような、アイコン付の会話主体で進んでいくので、読みやすいです。

電子版を購入したのですが、アイコンに色がついていて分かりやすかったですしね。

気になる方はカクヨムの方でも連載していたはずなので、そちらを確認してみるのも手です。……実はカクヨム版未読なんですよね。読みそびれている。その内読みたい。

 

過去の幻影は、ターニングポイントとなった所を繰り返し再生していて。

かつて、力を合わせ乗り越えて来た。けれど、幻影は不完全で、その時に居た人材が欠けているために、事態を解決できない。

例えば、二代と相対するときに賢姉がいない、みたいな形。

 

故に現在の彼ら彼女らが介入して、沈静化を図るわけですが。公式のIFストーリーと言いますか、ある意味強くてニューゲームと言うか。

武蔵勢が味方を増やしたり、地力を上げて来た成長の様子をしっかり見せてくれて、楽しかったです。

 

両親と本舗組推しの豊が、一番いい空気吸っているというか。本編通して一番満喫している感じがして最高でしたね。本人も途中で「私が最高に楽しいから最高です……!」とか言ってましたし。

他の過去再現においても、点蔵とメアリのやり取りが健在……というかメアリの破壊力が増してるようで、そりゃあ通神帯も盛り上がるよなぁとか。

 

まさかの世話子様のレギュラー化。しかも、割と武蔵に馴染んでるのも笑える。

失敗したときの謎のブザー音で自動人形たちがワイワイやってるのですとか、水が追い付いてこなかった二代とか。

気に入った場面を挙げて行くとキリがないくらい、変わらずのネタの宝庫で充実した一冊でありました。

 


声優ラジオのウラオモテ#01夕陽とやすみは隠しきれない?

ico_grade6_3h

「一度だけ。たった一度だけしか言わないわ」

 

26回電撃小説大賞、大賞受賞作。

偶然にも同じ学校・同じクラスに在籍していた、現役女子高生声優。

その二人を組ませてラジオをしてみようぜ! と言う企画が通って、実行されることに。

ただまぁ、その二人それまで接点は無かったどころか、オンとオフをかなり切り替えているタイプで。

 

声優としてはどちらも可愛さを売りにしたアイドル声優寄り。しかしオフでは片や陰気、片やギャル。

お互いの主義主張も噛み合わず、まさしく水と油。仕事中はしっかり演じ切るものの、ひとたびオフに成れば、口論が始まりどんどんとヒートアップする有様。

 

気に入らない、気に入らない、気に入らない。

けれど接点ができ仕事が重なり、否応なく相手の仕事ぶりを見せつけられるし、ラジオのネタ作りとしてオフでの交流も少しずつ増える。

自分に出来ない事が目に着いたり、差を見せつけられたりもする。

時に突き放すような事を言うし、全てを理解されようとも思わない。それは相手がきらいだからじゃなく……怖いから。嫉妬していて、認められたいから。

同じフィールドで戦う、良きライバルでありたいから。

 

ただまぁ、声優として活動している彼女たちの情報をすっぱ抜こうとする行き過ぎたファンも居て、不気味ではありましたね……

推しを推すのは自由だけれど、それで負担をかけたら意味ないでしょう。

私の好みからは少し外れてましたが、大賞らしく、綺麗にまとまった良い友情モノだったと思います。題材に惹かれるなら読んで損なし。

章の間にラジオのトークが一部入ってますが、最終回が笑えて好きです。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ