気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

はたらく魔王さま! SP2

ico_grade6_3h

「心を鍛えるには、身体も強くないといけないと思ったんです」

 

アニメ特典小説を書籍化したSPシリーズの2巻。

書き下ろしも加わっているそうですよ。

特典時は「2.8」だったそうで。そのナンバリングの通り、2巻と3巻の間。アラス・ラムスが現れる前のエピソードです。

 

化粧をしたことがなかったという鈴乃がその辺りを教え込まれてたり。

魔王の散髪を芦屋がしたり。いや、本当に多芸な芦屋……

でもそうした生活様式、文化を通じてエンテイスラとの差に触れられる辺り、油断ならない。

最初は化粧やこちらの世界について知らなかった鈴乃が、終盤は出かけるにあたって化粧をしたり、漆原を言い負かすときの例えにゲームを持ち出したりと成長していて、なんか感慨深かった。何目線だ。

 

Gが苦手なちーちゃんとそれを知った佐々木母のやり取りなんかもちょっとわらっちゃいました。

まぁ、嫌いな人は本当に嫌いですよねぇ。

私も対処は出来ますけど、決して得意ではないし、あまり見たくもない。

あと漆原は本当に漆原というか、安定のポンコツだなぁ……こいつも能力がないではないだろうに、なぜこうもポンコツなのか……


クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 First Step

 ico_grade6_3

「麻友、俺のそばにいてくれ。いてほしいんだ。俺の、わがままだ」

 

電子書籍専門レーベル「オシリス文庫」から刊行されていたシリーズのリメイク版?なのかな。

オシリス文庫もKADOKAWA系だったんですねぇ、と書店員としてどうなんだみたいな感想を抱いたりしましたが。

 

電子のみ、ってのも増えてきてるのは分かってますが覚えきれてない。

……元々あそこって、官能系メインのレーベルだったのでは……?

結構はっきりエロい事しててコレをファミ通で出せるんだ、ってところに関心してしまった。

 

家出少女を拾ったフリーター。二人の交流を描くラブコメ。

お互いに心に傷を負っていて、それ故に距離がどんどんと近づいていくわけですが。

まぁ、最終的には上手くまとまった感じになってますが。

ガッツリ手を出している以上、克樹下手したら捕まってたのでは……? とか思ってしまいますが。ま、創作物にあまり突っ込みすぎるのも野暮か。

割れ鍋に綴じ蓋というか、なんだかんだ良いカップルといえるのでは。

 



魅了スキルでいきなり世界最強2 誘惑の乙女

ico_grade6_3
「まさか。ルゥが俺を見捨てない限りは、俺からは絶対にルゥを見捨てないよ」

 

神剣ケラウノスの持ち主、神騎士であると明かしたタイヨウ。

敬われる存在としてあちこちから尊敬の目で見られたり、女子ばかりの島で唯一の男という事で注目を集めたり。

おまけに、多くの女性を魅了したほうがパワーアップするという事で、富裕島に住まう3万人の女性を魅了する羽目になったりと散々。

 

姉を慕うがゆえにタイヨウを毛嫌いするアナスタシアの妹や、男の神騎士という特殊な存在を警戒するメリッサが近づいて来たり。

戦闘に巻き込まれたり散々な目に合ってはいますけど、まぁ、その分美味しい目は見れてるんじゃないかなぁ……とか血迷いそうになりますが。

魅了の力なんてものを持っても、自省できるタイヨウは中々の優良物件のような。まぁ、だからこそ選ばれたんだろう、ともいえますが。

 

敵側も色々と動いてはいるようですけど……

今回、タイヨウ達は本当に女性魅了して回って、新キャラと仲良くなって……ってしてただけだしな……

いやまぁ、メリッサから色々とこの世界の事情を聞いたりもしてましたが。

タイトルが全て、な作品なのでスラスラ読めるのはいいかなぁ。息抜きになります。



ラストラウンド・アーサーズ クズアーサーと外道マーリン

ico_grade6_3

「私は……凛太朗君には、瑠奈さんと一緒に居て欲しいかな」

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典書いてる著者の新作。

世界に迫る危機を救うために、それに対抗できる王を選ぶ戦いが行われている世界の話。

戦いに勝利したものは、世界全てを支配する力を得るとともに、危機に立ち向かう義務を負う、と語られていましたが。

……王になったところでその義務を遂行するような素直なキャラが居るようには見えませんでしたが。

 

何でもできるがゆえに、暇つぶしと称して、この戦いで最弱と噂される陣営に力を貸すことにした主人公。

「力を貸してやるよ」と上から交渉しようとしたら、「そんなに私の臣下になりたいのね! 採用!」と最弱候補に逆に上に立たれて、振り回されていくことに。

基本スペック高いから、唐突な無茶ぶりでもこなせてしまうあたり、トップの暴走を助長しているような気がする。

一通り動いてから「どうしてこうなった」となっている様子を見るのは笑えた。

まぁ、彼自身、何でもできてしまうから枯れていた部分はあるようですし、そうやって振り回されて、年相応に困惑したりしてる方が、糧になるでしょう。

 

アーサー王を決める戦い、と言うだけあって円卓の騎士を部下に王として戦いに臨むわけですが……

一巻目からランスロットとガウェイン出して、大丈夫なの? この後の敵どうするんだ。まぁ、王はそれぞれ特殊能力付きの剣を持っているようですし、その辺で差別化図ったりするんだとは思いますが。

これからの盛り上がりに期待、という感じ。一先ず2巻が出たら買おうかなぁ。




魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?6

ico_grade6_4

「――それで、これはどういうことでしょうか?」

 

ザガンの魔王としての成長、ネフィとの交流の進展。

養女であるフォルとの関係。配下や周囲からどう見られているのか。

そうしたものを一冊でしっかり描いてくれるあたり流石のひと言。

 

バルバロスの変化が周囲に如実に悟られていたり、ネフテロスと黒花がシャスティルや教会に馴染んで上手くやっている場面が描かれていたのも和みました。

……バルバロス、黒花に攻撃されてましたけどね! 

 

竜であるフォルの素質は認めながらも、娘として可愛がっているザガン。

彼女が子供でいられる時間を確保してやりたい、というザガンの気持ちもわかります。

けれど、フォルのそれはそれで居心地がいいけれど、助けてもらった分役に立ちたいという想いを募らせていて。

あぁ、可愛いなぁ。そしてゴメリとザガンの協力を得て、成長する術式を溜めそうとしたものの……失敗。

フォルは成長したものの、反動でザガンが小さくなるという愉快な状況に。

その事実を知ってネフィが怒った場面は中々の迫力でした。

 

その状態を解消するために、オリアスに意見を聞くも結果は振るわず。

極東で行われる、大陸種族長老会議に出席する事に。姿が幼くなったことで、精神的に引っ張られてるザガンの、普段と違う様子は見ていて楽しかった。

ザガンが他の面々を頼り、周囲の面々がその声に応えてくれる。それだけのものをザガンは積み上げてきたんだなぁ、というのが。

ネフィと出会って変わり、成長してきたのがよくわかります。

 

ザガンが思った通りに言葉を紡げない、というか突き放したような物言いをするのは相変わらずですが……それに異議を唱えて、彼の真意を汲んでくれる相手が増えるのは良いことでしょう。

そうして交流が進む中で、先代魔王マルコシアスや賢竜オロバスについて気になる情報が出てきてますが……さて、ビフロンスが魔神と呼んだものの正体とは。魔族絡みの問題が どう展開していくのか。続きが楽しみです。


GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI(上)

ico_grade6_3h

「道はつきました。――ならば皆さんと、共に行きましょう

 その道の向こう。今の正純様ならば、多くの夢を見られるでしょう」

 

帯に最終話開幕! 末世解決を巡る本編はいよいよクライマックスへ!

とあるんですが……いやまぁ、確かにこれまでの壁であった羽柴勢との講和・合流が決まり、知識・戦力も拡充されて、かなり良い環境になったとは思うんですが……

武蔵側、割と勢いで障害乗り越えてきてるから、末世対策って結局どうなるのみたいな感じががが。

 

自分達で、

『……何故、この勢力に三征西班牙が負けたのか、非常に疑問に思います』

『馬鹿だけど戦争に持ち込むと強いからじゃないかな』

と評価しているあたり冷静ですけど、違うそうじゃない、って言いたい。

 

未来で生まれた武蔵勢の子供だ、と明らかになった十本槍の面々。

抱えていた物を下ろせたからか、かなり雰囲気柔らかくなったというか、リラックスしたように見えますね。

後半、歴史再現で水泳対決をしている時、横でちょっといじけて母を想っている糟屋とか可愛かった。

彼女たちの親が、しっかりと彼女たちの名前を当てる事が出来た、というのも大きいでしょうけど。

そんな彼女らがこれから、武蔵勢の無茶に振り回されるのかと思うと……頑張れ、それが君らの父母だ。

 

歴史再現を無血で終え、これからに向けた動きは進んでいますが。

他国も黙ってみてまいないでしょうし、ヴェストファーレン会議はどう転がっていきますかねぇ。



GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン ガールズトーク 緑と花

ico_grade6_3h

「安心しましたとも。だってこれから、――貴女のやろうとする歴史再現の足を引っ張ってぼろぼろにしてなかった事にして一緒に咎めを食らういやがらせを全力で開始するのに、貴女は庇護してくれると言うのだから、最高です」

()

「貴様らあ――!!」

 

読み損ねていたガールズトークを消化。

メアリが合流してからIZUMOに入るまで……つまり、2巻と3巻の間あたりのエピソード。

何やら、IZUMOに入る前にも色々と横やりが入っていたようで。

 

唐突にやって来た前教皇相手の正純の交渉が、凄かった。

いやぁ、相変わらず酷いな武蔵勢。

チャット内で『……うちを庇護下に入れるって、うちを知ってたら絶対言わないよね』と自分達で言ってしまってる辺り、流石すぎる。いいぞ、もっとやれ。

臆病者故即座に判断できません、だったら指示あるまで動くな! と返されて、武蔵を停止させるとか。どういう思考回路してるんだ。

 

二重襲名者。元教皇ウルバヌス八世並びに以心崇伝。

武家諸法度を制定した、という経歴を持つ襲名者。ここで、正純に接触しに来た目的があって、それは最終的に果たされていたようですけど。

道中が散々だなぁ……武家諸法度を制定するときの、神罰の話の部分とかもまたひどかったですけど。

この世界、わりと悪ノリと勢いだけでできているんじゃないのか……?



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?4 神罰の獣

 ico_grade6_3h

『平気そうだよ、地平線に何も見えないし』

「おっ、ホントかリンネちゃん」

『でも幻獣族は走るのが速いから、地平線に見えてから逃げても遅いけど』

「容赦ねぇなっ!?」

 

一番怪しい行動をとっている幻獣族の英雄、ラースイーエを打破するべく行動を開始したジャンヌ達。

聖霊族と、幻獣族を倒すために共闘する事にはなりましたが。先日まで戦っていた相手、家族の仇の場合もあったりして、そうやすやすと信用できる相手でもなく。

人間と聖霊とでは、戦い方も違うし連携も取りにくいというのもありますが。

故に、お互いが幻獣族を優先目標とし、お互いは争わない、というスタンスに。

 

相手の本気度を試すために、西に向かう時に最短距離だからと聖霊族の巣を突っ切る案を出すあたりバルムンクはかなり肝が据わってる。

向かう途中、どの種族の領土でもない『無主地』なんかも通っていましたが……その領域はカイが知っているよりも広大になっていて。

判らないことばかりが増えていきますねぇ。

 

そして、カイは傭兵シドと遭遇。

彼自身は他種族を滅ぼして大戦を終わらせる心積りのようですが……何かを知ってもいる様子。

深く話をする前に状況が動き出して、ラースイーエと戦う事になったりもしてました。

カイは本当に、運命のいたずらでコードホルダーを持っているだけで、事情には詳しくないんですよねぇ。

振り回されながらも、諦めず戦い続けてはいますが……事情を知りながら手を打っていた相手に翻弄されてしまった、という感じ。

 

この世界に居る二人のシド。祈子アスラソラカ以外の予言神なんていうのまでいて。

大始祖、機鋼種といった新出の要素まで出てくると。

世界輪廻の段階が進もうとしていて、中々に切羽詰まった状況で。とはいえここからどういう手を打ってもいいか判然としませんが、さて。

預言者シドを改めて調べるといっても、上書きされた世界で、どうすれば彼を調べられるんでしょうねぇ。


GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅩ(下)

ico_grade6_3h
「感謝しますわ。貴女と、貴女を送った未来の私に……!」

己は告げた。

「私が貴方を送り、貴女が私の目の前に来てくれたことで、幸いは失われずに済みましたもの!」

 
まとめて読みたくて、下巻が出るまで溜めていたんですが、溜めている間に積読の山に埋まり、そして11巻まで出てしまって慌てて発掘したという裏事情があったり。

閑話休題。

トーリを復活させるために黄泉に向かった浅間とミトツダイラ。

武蔵を失っても、武蔵勢力が衰えたわけではなく。総長連合とかは健在ですからね。

他国がそれを封じ込めに来るというのもおかしくはない。

復活までのタイムリミットがあり、追い詰められた状況であっても動き出すんだから、相変わらずとしか言いようがない。 

 

今回個人的な見どころは、佐々と前田のOda対決。

「俺達を、半端者ではなかったと、そう証明するのに付き合え、――前田・利家」。

意地を通しきった彼の姿は、本当に格好良かった。

ホライゾンの「武蔵もう一丁」では割と真面目な場面のはずなのに笑っちゃいました。

あとは、武蔵の魔女二人が落ちた先の村で聞いた、彼女たちの両親の話とかも良かったなぁ……

 

「何処にもない教導院」の過去なんかも明らかになりましたが……ミリアムが思った以上に重要キャラだったというか、そこから絡んでいたのか、みたいな。

東が出会った幽霊少女についてもネタが明かされましたが、1巻からここまでネタ仕込んであるんだから流石。

 

親子対決、衝撃の事実に押されて一度は追い込まれましたが。

この短期間でちゃんと向き合って、対策して、成長まで超えてみせるというのは親の貫録と言っていいのかなぁ。



GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅩ(中)

ico_grade6_3h

副会長:『うーん、やっぱり向井こういう場面で凄いなあ。勝率百パーだろう』

黒竹:『コラぁ――! ちょっと武蔵副会長! 何て卑怯な人選を!』

 

そして明かされる十本槍の秘密。

武蔵の特務級と似た戦闘スタイルのキャラが多かったから、まぁ、ミラーマッチがあるんだろうなぁ、とは思っていましたが。

まさかそこまで踏み込んでくるとは、という様な感じ。

未来からの否定、というあまりにも強い札に、それでも抗っていく辺りは武蔵らしい、と言いますか。

 

……帯に、めっちゃ『撃沈』って書いてあって、ある程度のオチは見えてるんですけどね!

想った以上にちゃんと撃沈したなって。解釈で誤魔化し入るかと思いましたけど、そういう事もなく。え、武蔵という移動能力なくして、この後どーすんのみたいな感じが。

 

鈴がやはり強いなぁ……

役職なしで交渉に駆り出されて、成果を上げている辺りもそうですけど。

的確に状況を呼んでるし、頼りになる相手です。トーリは大好きだけど、大奥へは踏み込まない、という判断を下してました。

鈴が好きだから、彼女の恋が報われるといいなぁ、とも思っていたので少しそこは残念。ただ、その辺りは流されるちゃんとキャラが判断してる、という感じがするので納得は出来る。作り込みがすごいなぁ、ホント。

 

追い込まれた状況で、トーリの契約、哀しむと死ぬというソレがついに成立する事となり。

……ただまぁ、黙って死なせるほど素直な連中じゃないですよね。

方法はちょっと予想の斜め上行ってましたけど。おいおい大丈夫なのか。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索