気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

魔物使いのもふもふ師弟生活2

ico_grade6_3

「新しい時代、か。それは僕も同じさ。弟子に教えられるとはね」

 

アレサを正式に弟子に迎え、ルリを加えた三人での生活。

そこにセシリアから謎の手紙が届いて。

本文に地名しか書いていないので、何の目的で送られてきた手紙かは分からない、という。

ただ、シンラは長い付き合いでもあるので、また何がしかが起きているのだろうと判断して、手紙で指定された場所を目指すことに。

 

赴いた先では魔物の境界襲撃事件なるものが起きていて。

村人たちはその対策に誰かを呼んでいたらしいですが……先に到着したらしいシンラ達がその救援と誤解されて。

事情を聴いて放っておけないと判断して、解決に動いたわけで。

教会が派遣した救援だったら、魔物は討伐されていたから、魔物使いとしては動かざるを得なかったという感じですけどね。

幸いにして、やってきたのはシンラの事を知っている相手で、下手な争いに発展しなかったのは幸いでした。

 

シンラの旧友シャルロッドは、十五年前の争いの時共に戦った仲間で。

今回は、ナギという少女の護衛として同道していたとのこと。

ある儀式をするために向かう場所があるという彼女たちと宿を同じくして……魔物嫌いだというナギと友達になろうとアイサが奮闘する一幕も。

 

翌朝、ナギ達を見送った直後、謎の手紙を送ってきたセシリアが接触してきて。

その話に寄ると何やらこの地域の魔物たちの動きが不振だ、と。中でも北にある遺跡が怪しい、とナギ達が向かった場所の名前を挙げて。

そうして向かった先でシンラ達は、十五年前の黒の災厄で見られた……瘴気に侵された獣と出くわして。

もはや殺すしかない、という彼らの前で、アイサが別の答えを見つけ出したのはちょっと都合よすぎかなぁ、と思わなくは無かったですけど。

過去の争いを止めた英雄たちの前で、そこから先に進める変化できるきっかけを彼らの弟子が見つけるという展開は、良いものだと思いました。

魔物使いのもふもふ師弟生活2 (HJ文庫)
無嶋樹了
ホビージャパン
2017-05-31


ノウ無し転生王の双界制覇

ico_grade6_2h

「この世界でも、魔力が活性化した以上は、これからはどんどん魔法を使える人間が増えていく。文明的に魔法が必要だとか不必要だとかはかんけいなく、これからこの時代は、魔法というものを理解し、正しく使えるよう教育するのは重要だと思うんだが」

 

異界と接続する事で、魔法を使える人間が生まれるようになった世界。

魔法後進国である日本に生まれた黒陽練は、超一流の魔法使いになれると期待された神童…だった。

魔法の本場ブリタニアの姫を救った代償に、その才能をほとんど失い、魔法学院に通う事も出来なくなった。

 

それでも練は独学で勉強を続け、少ない魔力でも戦える技術を編み出していて。

才能を失ってから時が流れ……魔法技術学園高等部への入学が許可されることに。

そこで出来損ないが今更何をしに来た、と絡まれたりしてましたが。

練が編み出した技術が、才能に溺れた自称エリートな生徒くらいは蹴散らせるくらいのモノで。

 

絡んできた方にも問題があったとは思いますが。練の方も割と口が悪いからなぁ。

自分の知識欲が満たせればいい、みたいな部分があるから、トラブルの元になるのはある意味必然で。

才能を失ったはずの元神童が入学するってだけでもニュースなのに、練が過去に助けたお姫様が、あの時の恩を返さんと「娶られに来た」とか言い始めて傍に寄るものだから、注目の的ですよね……

 

練自身にも魔術の才能はあるみたいですが、さらに彼の中にはなぜか優れた魔法技術を持った初代ブリタニアの王の魂が同居していて。

彼に色々と教えてもらったりしては居たようですけれど。

……なんというか、盛りすぎな感じは否めない。



セーブ&ロードのできる宿屋さん~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~4

ico_grade6_3h

「……不思議じゃのう。貴様がまともなことを言えば言うほど、狂って見える」

 

完結巻らしいですよー。

WEBではここからも何章かエピソード重ねていますが……

元々担当さんとも「十一章までで終わらせよう」と、結びが綺麗な所で切ることで何となく合意してたとかなんとか。

アレクが目標にしていた「輝き」を捕まえ、彼女の事情を聴き、彼女が抱えていた問題を解決して、宿に戻ってきた。

確かにここで終わっていてもおかしくないくらい、まとまってるんですよねー。

WEB版のアレは後日談みたいなものだと思っております。

 

九章「アレクサンダーのいない日常」、十章「カグヤの語る英雄譚」、十一章「『月光』の英雄殺し」を収録。

アレクサンダーのいない日常は、タイトル通りアレクがいない「銀の狐亭」のエピソード。

アレクに勝てないと言わしめる実力者でもあるヨミが病気で倒れるというハプニングに、全員がまず「嘘だ」と思うあたり、訓練が行き届いてますな……

「嘘はつかないやつだ。(略)疑ったりしねーからな」「ヨミさんが風邪で倒れている」「は? 嘘だあ」という会話の流れは、お互い真面目だと分かって入るけれど、コントのようで笑えました。

 

その後、それぞれの事情があって、去って行った人々も「銀の狐亭」にやってきて。賑やかな一日を過ごしておりました。

いやぁ、楽しそうで何より。……途中、アレクの訓練で鍛えられすぎて、常識が揺らいでる人々が居ましたが。まぁ、うん、頑張れ……

 

そして、アレクは捕えた「輝き」から話を聞いて。

過去に会った事。そしてカグヤが、輝きが目的としていた事。

「あんたの目標を、俺は解決しない。あんたの目標なら、あんたが解決するべきだ」と輝きを焚き付けて、修行を開始する事に。

……輝きが修行内容の説明を聞き、他者の意見が足りないと改善策というか改悪策を授け……

ヨミが頭を抱え、ロレッタが顔を青ざめさせる恐怖の修行が完成しておりました。

 

確かに効率的では、あるでしょうね。受ける側の精神へのダメージは更に過酷なものへ進化しておりましたが。

一番最初にその過酷になった修行を受けることになったのが、提案した本人ですから、多分罰は下ったと思われます。えぇ。この後修行を受ける方々については……合掌。

最後の英雄の終着点も中々いい味出してて、楽しく読めました。



精霊幻想記8 追憶の彼方

ico_grade6_4 

「距離が離れていても、春人がどこに向かおうとしても、私は一緒にいる。だから、迷わないで、怖がらないで、自分で決めた道を進んで」

 

アマンドで発生した大量の魔物による襲撃。

リオが、戦力が不足するところへ的確に動いたので、規模の割に被害は最小限になったのではないかと。

リーゼロッテの屋敷に踏み込む想定ではなかったので、フローラの拉致現場に居合わせて救助に赴けたのは運が良かった。

最も拉致の実行犯がリオの追いかけていた宿敵で……相変わらずのゲス野郎だったのは運がいいのか悪いのか。逃げられてしまったのは中々の痛手ではありますよねー。

 

フローラがリオとルシウスの会話から、ハルトと名を偽っていた彼の正体に感づいたようですけれど。

指名手配を受けている、という事もありリオははぐらかす方向に。フローラが、自分達の行いを改めて突きつけらてへこんでいました。

更には、活躍したリオの噂を聞きつけてしまった勇者サカタヒロアキも嫉妬してくるという厄介な状況。

ヒロアキの噛ませ感は嫌いじゃないです。同時に早くそのプライドへし折られないかなーとも思ってはいますが。

 

前回戦闘シーンが多かったからか、今回は全体的に静かな印象ですね。

事後処理と、あちこちでの会話イベントばかりでしたし。

とはいえ、話が進んでいないかって言うとそうでもなく。

WEBとは違う形で情報が開示されたり、それぞれの把握している情報に変化が出てきてるがいいですねぇ。

 

前世持ちだという話も、各地で行われて。例えば、ラティーファが美春に、リーゼロッテがリオに打ち明ける、というのはかなり大きな違いですよねぇ。

勇者お披露目の夜会前に、これだけの変化が出てるとなれば、夜会本番そしてそこからの流れも当然変わるでしょう。

コレがどういう影響を与えるのか。復讐の道を選び、孤独になろうとするハルトを、どうか引き留めてあげて欲しいものです。

精霊幻想記 8.追憶の彼方 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2017-08-31


サイバーアーツ1 真紅の虚獣

ico_grade6_2h

「あれ、そう? 違和感も消しておく?」

「だからなんでもかんでも感情をいじる方向にいくのやめてよ! 兄さんには倫理観ってものがないの!」

 

V2ウェアが普及し、どこでもVR空間にダイブできる世界。

主人公の樫尾ナジムはリアルでもヴァーチャルでも存在しないように扱われる極端に影が薄い存在で。

そんな彼を認識できるハッカーの少女が登場したことで、物語が加速していくという流れ。

 

ナジムの影が薄いのは、三年前に失踪した兄の仕業で。

かなり愉快な性格してるというか、傍から見ている分には凄いし楽しそうかもしれませんが……振り回される方はたまったものじゃないってヤツですな。

 

ヴァーチャル世界は便利なだけではなく、隠された脅威も存在して。

ペネトレーション・ビーイングと呼称されるウイルスが、あちこちのエリアを破壊したりV2ウェアまで浸食する事例もあるとかなんとか。

そして、V2ウェアを浸食された人々は眠ったまま起きなくなってしまう状況になっていて。

対策組織も設立されて動いてはいるようですが……ウイルスの発生要因も分からず対策も確立できていない状況。

 

ナジムは兄の工作によって、戦うためのデータを扱う事が出来たとかで、勧誘されてもいましたねー。

それに関して話を進めていた最中に敵の襲撃があって、大騒ぎになっておりましたが。

協力し合って何とか撃退。

 

世界観の説明をして、敵の存在を示して、戦闘して。次回以降に続く謎を残す。

作品の構成としては割と王道だと思うんですが、、何か乗り切れなかったと言いますか。作品の世界に入り込めなかった。残念。



インフィニット・デンドログラム2 不死の獣たち

ico_grade6_3h

「お前が、あの光景を作ったというのなら」

(略)

「お前が、これからもそれを繰り返すというのなら……」

(略)

「俺はお前を――殺せるぞ」

 

闘技場がある街ギデオンに辿り着いたレイ。

ガルドランダ討伐報酬のアレコレでルーク、マリーと譲り合いの不毛な争いをしていましたが。

三人が三人とも自分の取り分の主張をしてるって、また特殊な状況ですが。まぁ、楽しそうで何よりです。

結局マリーが仕切って分配し、一部をパーティー共有で使おうという話に。デンドロ内の時間で三日後に改めて、と言って一時解散。

 

その後レイは、入手した装備の点検をしたり、ギデオンの散策をしたりしていますが。

ギデオンは闘技場がある以外にも、立地的に特徴があるとか。

東にある山岳地帯は隣国カルディナとの国境線で、そこを根城にする山賊が後を絶たなかった。

交易路として活用されているので、美味しい獲物が多い事。

そして国境近くであるため隣国を刺激することを恐れ、大規模な山狩りが行われない。

そうした環境の為、山賊が徒党を組むこともあり、冒険者が定期的に撃退していたようですが。

ある時から、腕利き二人が率いる山賊団が名を知られるように。その手口の残虐さは、筋金入りで。並大抵の冒険者が赴いても、殺され死体が送られてくるような状況。

 

レイがたまたまその事情を聞いてしまい、ゴゥズメイズ山賊団の元へ赴くことに。

ギデオンで知り合ったプレイヤー、ユーゴ達と共に。

しかしまぁ、ここでユーゴと出会ったのも運命的ではありますね。レイとユーゴ、どちらか片方だけだったらゴゥズメイズ山賊団に立ち向かう事は出来なかったでしょうし。

……最もその前に変なフラミンゴと遭遇したことは、あっち側の作意的なものですがねー。怪しい人からのもらい物を口にしちゃいけません。

 

山賊団の頭目二人はかなりの実力者だったようですが、レイとユーゴそれぞれのジョブ・エンブリオとの相性が悪かったために敗れ。

……死してなお、蠢いて襲ってくるとか往生際が悪すぎるというか。恐ろしいものを感じますがね。

それでも立ち向かっていくレイとネメシスのコンビは、主人公に相応しい格好いい姿でした。

裏側で、以前戦争をした敵国、ドライフ皇国が動いていて嫌な予感しかしませんけどね!



リンドウにさよならを

ico_grade6_3h                                                             

「真っ直ぐであれば真っ直ぐなほど、固ければ固いほど、ぽきり、簡単に折れちゃうんだ」

 

地縛霊として学校で退屈な日々を過ごす神田幸久。

彼はある日、いじめにあっている少女穂積美咲に存在を気付かれて、彼女の友達になることに。

初めて会話が出来る相手という事で美咲と過ごす時間が増えていき。

そんな中で、彼女のイメチェンを図ったり、英語の勉強を教えたりと、二人だけの小さな場所で穏やかな時間を過ごしていました。

 

そうして交流を続けていく中で、穂積にも変化が出て来て。

神田と穂積の二人だけだった輪が広まったり、穂積がいじめられていた理由なんかも語られて。

未練はない、と言い張っている神田が学校で地縛霊のようになっていた謎も最後には明らかに。

 

いじめだとか、一方的な正義感とか、好みが分かれそうな部分もあります。

色々と事情を把握している高木が、人に対しても心配りしてもっと早く行動していれば、もうちょっと状況改善していたのでは、とか思ったりしましたが……

彼女一人に全ての問題を解決しろって言うのも無茶な話ですし。意固地になってる人を説得するのって、中々難題ですしね……

 

死んでしまった人が居る以上、完璧な答えを出すのは難しく、生きている人達が納得できる着地点を目指すしかないわけですが。

そういう意味では、この作品は見事に着陸してのけたのではないかと。

喪ったモノは戻らない。それで傷を負うことだってある。それでも生きていくんだ、と苦さと切なさが感じられる青春物語で、新人の作品としては結構良質だったのでは。



ワールドエネミー2 不死殺しの王と王殺しの獣

ico_grade6_4

『そう。ユンメルンゲンがメルンの名前。よくわかったねぇ』

「最初から疑ってかかるのが俺の流儀だ」

『というと?』

「出逢った怪異すべてが大敵。そう疑っておけば寝首を掻かれることもない」

 

吸血鬼や屍鬼、魔獣などの怪異が跋扈する世界。

相変わらず、ノア達は怪異と戦いながら大敵を探していますが。

人狼と屍鬼という全く別の怪異が、連動して動いているという事態にとある村で遭遇し。

前回戦った吸血鬼も、気の合う大敵から屍鬼を借りていると言っていましたし、黒幕探しをすることに。

そんな中で、ノアがシルヴィに過去に在った事件の話を始めて。

種族の違う大敵が屍鬼を使っている場面を見たという事ですが。それが例の女王ヴィクトリアを助けたって言う事件みたいですね。

 

獣の魔術師、ユンメルンゲン。

他の大敵は国を滅ぼせるような脅威として「認定されるべくして認定された」存在ですが。

ユンメルンゲンは例外で、大きな事件を引き起こした直接証拠はなく、人間を見ても即座に襲う事もない。「他の怪異と様子が違う」という奇怪さから、認定されたという異質な存在。

ノアが取り逃がした数少ない怪異だそうで。未だ討伐も出来ていない。

その事件でノアに興味を持ったらしく、おまけに耳が良いとかでノアがその名を口にしただけで、近くに姿を現すあたり筋金入りですな……

 

そしてそのユンメルンゲンから、屍鬼を率いていた獣人という異質な事件の片一方――『王殺しの獣』という異名を持つ人狼について情報を得ていました。

不意打ちが最も得意な大敵。実際その特異性はかなり厄介なものでしたね。

ノアが腕がいいと評したハンターも不意打ちを食らって、意識不明の重体になってましたし。

状況が困難であろうと、思考を止めず対策を考え続けていたノアが最後には真相を見抜いて。ただ事件を巻き起こす怪異を蹴散らす、というだけじゃなく今回みたいなビターな結末もありうるという事で、今後の展開がますます楽しみになりましたね。

 

他の大敵の情報もぽつぽつ出てきましたねー。

ユンメルンゲンもそうですが、配下の屍鬼を他の大敵に貸してそれで起こる騒動を見て楽しむ大敵「マザーD」とか、ノアを先生を慕うハンターの故郷を滅ぼした『紫雲』ですとか。

1巻も重版掛かって好調なようですし、3巻を期待したいところです。



物理的に孤立している俺の高校生活

ico_grade6_3

「同盟者のグレ君に、友達作りに関する三つの言葉を与えるわ」

(略)

「我慢・忍従・妥協よ」

 

日本の人口の5%が異能力を持つ世界。

異能力者用の学校も設立されており、能力持ちは必ず異能力科のある学校に入ることになっているそうですが。

その中でも主人公はかなりレアな異能を発現していて。

「ドレイン」と本人は呼んでいますが……近づいた相手の体力を奪い、自分の肉体を強化するというもので。

 

オンオフ切り替えられば良かったんですが、常時発動型。

しかも接触による発動とかではなく、自身を中心に一メートルの範囲から無差別吸収という厄介さ。

通常15で測定される「どれだけその異能が社会的に役立つか」という貢献レベルで、0という特殊な判断が下されるほど、使いどころに困る能力。

これで異能バトル的な展開があれば、ヒーローにもなれたでしょうけど……異能がある、という一点が特殊なだけの学園ラブコメだからな……

その能力のせいで、彼はクラスの中で孤立していた……物理的に。

 

業平の偉い所は、これでグレたりせずちゃんと学生をやってるところですよね。

不登校になったりしそうなものですが。……と言うか、異能力科を設立するんだったら、そういう集団の中に置くとマズい能力者用の対策があるべきなのでは……

業平の「ドレイン」もそうですが、愛河の「チャーム」も本人たちが善良でも、集団生活送る上では危険極まりないと思うんですがねー。

 

閑話休題。

そんな強力だけど実際に活用しづらい異能を持つ業平が、同じくぼっちな女子生徒、高鷲えんじゅに友達を作る同盟をですが……

コントかな、という感じでから廻っていたりして笑ってしまった。

まぁ、灰色だった青春が色付き始めたってことで、楽しそうだからいいんじゃないですかね……



RE;SET>学園シミュレーション 1万4327度目のボクは、1度目のキミに恋をする。

ico_grade6_3
「未来が暗くてわからなかったら、私が手をつないで歩いてあげるから」

(略)

「今野君と同じ速度で、私を未来に連れていって」

 

正直絵師買い。その割には楽しめたのは思わぬ誤算。

教師のセクハラとか、生徒のドラッグ問題とか学校の暗部を告発する謎の存在――ジャック。

生徒たちは正義の味方的存在にかなり注目していたみたいですが……

とある一件を期に、ジャックの正体が主人公――今野だとバレてしまって。

 

それ以来今野は、腫物を扱うように距離を取られている、と。

悪を追放するために動いていたってことですが……飲酒は暴いたのに、タバコは暴かなかったというあたりは問題じゃないかなぁ。

結局彼自身が正義であろうとして、自分自身を基準に置くと独善的なものになってしまいますしねー。

 

今野がジャックとして活動出来ていたのは、学園のシステムの中にあった、使用されている形跡のない学校内のデータを管理する統合システムという怪しいものに手を出していたからで。

ただまぁ、正体を諭されないように細心の注意を払っていたし、そんなシステムを使っている物だから暴こうとする動きがあれば、分かったはず。

 

それなのに暴かれたのは何故なのか、と。今野は調査をはじめ、ジャックの正体を暴くと謳っていた科学情報部に接触。

彼が使っていた統合システムの作成者はこの部の初代部長だったとかで、色々と調査をしていますが。

 

そのシステムを活用して疑似的な未来を観測できるようなっていましたが……その未来の世界で今野は殺される、という結末を迎え。

死の運命を回避するために、色々と策を練る方向にシフトしていきます。

試行錯誤しつつ、まぁ、なんとか死亡のバッドエンドからベターエンドくらいまでは浮上で来たのは良かったのでは。

 



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索