気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(ライトノベル)

ソードアート・オンライン プログレッシブ6

ico_grade6_3

「ははは……付き合いの長い私も、二人がどういう関係なのか未だに把握しかねているんだ。戦闘中はあんなに息があっているの、一日三回は喧嘩するからな。ちなみに今日は、さっきので二回目だ」

「えっ、うそ、まだ一回目のはずよ」

 

エルフの秘鍵集めクエストに参加するキリトとアスナ。

その間にも攻略組は順調に六層を攻略していってましたが……

NPC達の自由度がかなり高くなってきているというか、この世界の自由度がかなり上がってる感じ。

 

途中で他のプレイヤーと遭遇して情報を得ていましたが……

六層のクエストの重要人物、スタキオンの領主が行方不明になったという情報を聞いて。

……そりゃあ、アスナとキリトのクエスト中に横やりが入ってきて殺されてるからなぁ……インスタンスで解決されているものと思った出来事が他にも影響を与えている。

それによって色々と動きが出始めて……

 

秘鍵クエストのほかに、スタキオンの連続クエストにも手を出してましたが。

キリト達がクエストを進めて行かなかったらボスにやられていた可能性が高いわけで。

速度重視の攻略をしていくと今後も危ない場面は出てくるんだろうなぁ。実際に、本編においては、一部が前線から離脱して「解放軍」だかが作られたわけですし。

アインクラッドの背景ストーリーもちらほら情報出てきてますが、そっちはそっちで気になるなぁ。これだけ世界が作り込まれているってことは、そっちの情報も盛りだくさんっぽいし。本筋から離れるから、今後も断片しか出てこないだろうけど。

カードのフレーバーテキストとか好きなもので。
しかし本当にキリトとアスナの距離縮まりすぎて、この後どうなるとコンビ解消に至るんだ……?



ソードアート・オンライン プログレッシブ5

ico_grade6_3

「キリト君は、わたしとコンビを解消したいの?」

どストレートの剛速球が飛んでくれば、俺も本心を吐露するしかない。

「したいかしたくないかで言えば……したくない」

「そう。わたしもしたくないわ……じゃあ、それが結論でいいじゃない」

 

アインクラッド第六層編。副題が「黄金律のカノン(上)」。

プログレッシブシリーズ初の上下巻構成となってます。

一層を一巻で書き切るにはどこかしらをダイジェスト化しないといけないのが不満で、できるだけ書いてやると詰め込んだら分冊される事になったとか。

 

今回の層コンセプトはパズル。

宿屋で部屋を取れば、その部屋の扉にパズルがあって、解かない限りは入れないなんて厄介な街もあり。

クエストもそのパズルが氾濫した街の事情を調べるものもあったり。

毎度毎度思うけど、茅場はちょっとSAO世界を作り込みすぎじゃない? これを100層分創り出して、AI配置してって相当な設定厨だったのでは……

 

第五層で手に入れた強力ながら扱いに困る武器についての話し合いもしてました。結局は良案がでず、キリト預かりのままでしたけど。これ本当に危険だろ……いったいどうするんだか。

相変わらずキリトとアスナがコンビで動き……クエスト中に襲撃を受ける展開があったりと。

相変わらずは乱を招く星の下にいるなぁ、と言いますか。

キリト達がクエスト報酬などで戦力拡張しているのと同じように相手も武器を新調したりしていてますます厄介な感じ。

六層の探索が続き、行動範囲が広がったことで後半キズメルと再会できてましたから、この後はエルフのクエストメインに切り替わるのかなぁ。



僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

ico_grade6_3

「そうなんだ。だから、僕はいつでも君の側にいるよ。君が困っていたら、真っ先に助けにいく」

 

……タイトルに難があるのでは。

文章系のタイトルはまぁ、良いとして。別に「僕」の珈琲店じゃないし。あくまで主人公バイトだし。

魔法使いの少女も居候じゃなくて、このコーヒー店の常連客に過ぎないような。

 

大学浪人となった主人公、篤志がバイトをしている珈琲店ロッコ。

そこには、まともに豆の補充もせず、珈琲を入れれば劇的な不味さにしてしまうマスターと、常連客である彼の姪が居て。

まだランドセルを背負っている少女――亜理寿の事を、篤志は結構気にしているようで。

 

まぁ、学校があるだろう時間に、小学生が親戚の目の届くところとはいえ、珈琲店に入り浸っていたら気にもするか。

彼は、かなり善良なんですよねぇ。亜理寿が困っているとみれば、それをフォローしようとしますし。

ただ、彼女は普通の少女ではなく。制限があるものの、魔法を扱うことが出来て。

ゲーム的な派手な出来事を引き起こすものではなく、古めかしい「おまじない」みたいなものですが。

 

篤志自身にも、普通ではない事情があったりするようですが。

彼自身はどこまでも普通の青年で。だからこそ亜理寿に懐かれているんだろうなぁ。

篤志が後輩の緋美子の悩みを解決し、彼女と仲良くしている場面を見た時の亜理寿が可愛かったです。

なんか最後には大団円みたな雰囲気になっていましたけど……それまでの展開と最後の逆転劇は温度差が激しかった気がしてならない。



誰が為にケモノは生きたいといった2

ico_grade6_3

「穢れようが汚れようが生きてくれよ。胸を張って生きてくれ。出来る事なら幸せになってくれ。本当――償いたいってんなら、そうする事で真っ当に生きてくれ」

 

新たな街を訪れたイオリ達。

そこで彼らは、王族探しの密命を受けた罪人と遭遇して。

棄界に来るときの事故により、この世界にやって来たタイミングにもズレが生じているという事が明らかに。

それを考えるとイオリとユーフェミアが、ほぼ同じ時期・場所に落ちたのは中々に奇蹟的なタイミングの一致だったのでは。

 

王族の末裔、タビタを確保したことは伏せて情報交換などしていましたが……

何人かの罪人で協力体制を作り、独りが拠点を確保し、他が周囲を捜索していたとか。

イオリ達も一緒に捜索をしないかと持ち掛けられていましたが、イオリはそれを拒否。

まぁ、既にタビタを確保している手前、他に出し抜かれないように警戒は必要ですしね。

相手側が、イオリの罪『上官殺し』の真相を知っていた、というのも距離を取りたかった理由でしょうけど。

 

ユーフェミアも、イオリの罪の真実を知っていまいかなり動揺していましたが……

いやはや、中々に救いがないと言いますか。

そりゃあイオリもユーフェミアには明かせないよな、という真相で。

余りの事にユーフェミアは生きるのを諦めかけて、イオリに発破かけられたりしてました。

とりあえずこの二人の問題はなんとか落としどころが見つかったのか、って感じですが……

罪人の中に、王族の末裔と知りながらタビタを始末しようとする奴が居たり、黒幕が居るような言葉を吐いたりと、まだまだ謎が多いですねぇ。

ケネス医師のような闇医者が必要とされていた、という移転をとっても、現世は中々にきな臭い感じがしますけど、この後はどうなりますかねぇ。




聖剣使いの禁呪詠唱22

ico_grade6_3h

「――君と僕の間に、壁があるというのならば、ぶち破る」

()

「――天と地の差があるのならば、手を伸ばしてつかみとる」

()

「――そして、僕は君に勝って押し通り、あの空の向こうにいる灰村君をおいかける!!」

 

長く続いたシリーズでしたが、ついに完結。

ラノベで20巻越えは中々珍しいですが、最後まで楽しめるいいシリーズでした。

諸葉が中々いいキャラでしたよね。              

才能に溺れず、自分だけで抱え込まず、仲間を信頼して頼る。

それだけではなく、その仲間から諸葉自身が助けられることもあって。

かなり真っ当に主人公しているんですよねぇ、彼。

 

そして、そんな諸葉に負けず主役らしいムーブしているのが石動ですよね。

本来の構想ではランクSに届かない筈だった。報われない努力の儚さ、美しさの体現者となるはずが……長い付き合いとなったことで作者の考えも変わったそうで。

この期に及んで安東に与しようとしていたヂーシンを、正面から打倒し、諸葉たちの応援に駆け付けてくれたのは熱かった。

 

安東の元へ諸葉、エドワード、シャルルというランクSが集まり、安東と戦っていましたが。

でたらめなランクSを三人相手取って、優位に立つとか、安東はどれだけ手札隠していたんだか。

オマケに世界各地で同時に異端者を発生させてテロを起こすとか、かなり準備をしていてのが伺えましたが。

途中、鉄戈の独白が入ってましたが……諸葉を敵に回したのが一番の敗因ですよねぇ。

                                                                                         

エピローグには色々と驚きました。

キャラが多い分、その後が気になる個所は多くてどう演出するのかと思っていたら。

エピローグ14と章わけされて、1年後~4年後のそれぞれの様子を描いていて、かなり贅沢な感じ。

1で石動や丈弦たち先輩世代の実戦部隊の姿、2でロシア支部のカティアや中国支部のヂーシンの交流が。

3で卒業を迎えた田中一郎と漆原理事長の会話が。4でついに結婚することとなったシャルルやその周囲の話。
それらを踏まえて、最後諸葉達のエピローグとなっていたわけですが。豪快なハーレムエンド。まぁ、幸せそうだし、いいんじゃないですかね……

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 22 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
2018-06-14

はたらく魔王さま!SP

ico_grade6_3

「……なんつーか……」

「何よ」

「……面倒くせぇ奴」

 

テレビアニメシリーズの特典小説、描き下ろしを加えて文庫化。

電撃大王にてコミカライズされたのを読んでいて、大凡エピソードとしては把握してましたが、迷わず購入。

こうやって特典小説を、時間をおいて刊行してくれるのが最近チラホラ出てきてますが。

正直有難いですねぇ。円盤まで追いかけ切れてなかったりしますし。本当なら購入して応援とかも出来ればいいんですけど、懐が寒いとどうにもねぇ。

 

閑話休題。

5巻と6巻の間のエピソードですね。

農業を営んでいる千穂の父親の実家から急な人手不足による応援要請がやって来て。

まだマグロナルドが改装終了していない為、手が空いていた魔王軍三名が派遣されることに。

 

元農家の娘である勇者は、実家の農地を潰した魔王たちがどんな顔して農業にいそしむのか、と愚痴をこぼしてましたが……

まぁ、そういう感情を抱くのは仕方ないですよね。魔王もそれに関しては、理解を示していましたが。

それとは別に魔王と勇者が、互いの感情や思考を想像できる自分というのに苛立ちを覚えているのも確かなようで。

このころはこれぐらいの距離感だったよなぁ、とちょっと懐かしくなりました。

 

親戚から魔王との関係……というか自分の思いについて突っ込まれて慌てふためいているちーちゃんが可愛かったです。

ただ農業に従事して終わらず、厄介事にまきこまれているあたり、誰が招き寄せてるんだかって感じですが。

餌を求めてうろついて居た熊を勇者が対峙したり、近隣を騒がしていた野菜泥棒を捕まえようと動いたり。条件次第で団結できるって言うのは強い。

しっかり泥棒共を捕まえて脅してくれたのにはほっとしました。

勤務先で万引きに悩まされる日々を送っている身としては、盗人は本当許せないので。……まぁ、勇者と魔王におどかされて同じような真似はしないでしょう。
……そこで終わってれば格好良かったのに、熊殺しでオチをつけるあたり魔王様、詰めが甘い。

はたらく魔王さま!SP (電撃文庫)
和ヶ原 聡司
KADOKAWA
2018-06-09


はたらく魔王さま!18

ico_grade6_3

「いつも、悪かったな」

「やっと分かってもらえて、嬉しいです」

 

年度の変わり目という事もあり、マグロナルドのスタッフも入れ替わり……

ちーちゃんも受験生になるため、店を去ることに。将来、どうなりたいのか、という悩みは尽きないようですが……

ちゃんとアドバイスをくれる大人が周囲にいるからちーちゃんは大丈夫でしょう。

 

こんな良い子から想いを寄せられて、長々と返事を保留している魔王は本当痛い目見ればいいのでは……

いや、前回不測の事態で吐血したり気を失ったりしてましたけど。

 

エンテイスラ側でも動きが加速してます。

天使たちが神託を下し、中央大陸でこそこそと準備していた魔王たちを打倒しようと準備が始まってます。

とはいえ、人や物資を集め、旗印を揃え船による輸送ルートの確保等々目的が定まっても敵が即座にまとまってやってくるわけではなく。

鈴乃達が可能な範囲で足が遅くなるように工作していて、無用の血が流れない良い結末になってくれればいいですけど。

また天使たちが何か手を打ってきそうで嫌な予感もしますね。

 

芦屋もこの状況下で色々と暗躍しています。

魔王たちはあくまで王とその配下であるのだ、と。日本に適応して生きてるだけじゃなかったんだなぁ……

魔界の抱えていたエネルギー問題、魔界の住人たちの行く末。そうしたものをしっかりと、今なお考え続けていた。

 

そしてちゃんと未来につながる策を出してくるんだから、流石。

万事解決する一手というわけではありませんが、多く抱えている問題を解決していく一歩目にはなったんじゃないですかねぇ。

少なくともマグロナルドの人員不足に関しては一枠埋めたわけですし。この調子でどんどん進んでいってほしい所です。

はたらく魔王さま!18 (電撃文庫)
和ヶ原 聡司
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2018-03-11


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習いⅣ

ico_grade6_3

「なるほど。これは強力なお守りになるな」

()

「だが、強力なお守りになるのは君達が覚悟を決めればの話だ」

 

第二部、神殿の巫女見習い編完結巻。

兵士の娘から巫女見習いになったように、色々と状況が変わる事になります。

そのため、今回はエピローグ後の別視点が多めな印象。

 

マイン視点だと影が薄かった神殿長、しっかりと裏側で色々と動いていたようで。

プロローグから貴族たちと会合を開いて、不穏な会話をしていました。

マインがカミルを可愛がって、下町で家族と一緒に過ごしている心温まる場面が、このプロローグの影響もあって、少しハラハラしましたね……

 

貴族が既得権益になる、文字が多い本は造れないから、絵本に走ろうとベンノと交渉してまた新しい職人と知り合ったり。

一緒に準備をしたりと、マインとルッツが並んで商人やっている場面はやっぱり和みますねぇ。

けれど、そんな平穏な時間は長く続かず、マインが襲撃を受けることに。

ジルヴェスターがマインに渡していたお守りもあり、一先ず命の危機は脱したものの……その代償として、マインは予定よりも早く貴族に取り込まれることに。

 

マインは死に、ローゼマインという名の貴族になる。それによって事情を知っている面々もまた対応を迫られるわけですが。

ベンノの胃が心配になりますねぇ……

 

挿絵が今回も良かったです。神官長がビンデバルト伯爵にタクトを突きつけてる場面とか、ジルヴェスターが神殿長と向き合うシーンとか。

決別での家族の絵とか、今回は状況的にもシリアスな場面が多かったですが、絵が上手くかみ合っていました。



はたらく魔王さま!17

ico_grade6_3

「さあ、肚を決めろ天使。我らは未来のために、とっくに道を選んでいる」

 

魔王が正社員登用試験に落ちて、木崎店長が異動する事が決まり、エンテイスラだけではなく勤務先でも問題が。

神様をどうこうしようって計画の最中であっても、こうやって日常側のエピソードをちゃんと織り込んできて、どちらも大切なんだと描いてくれるのがいいですねぇ。

 

落ちたショックで仕事に打ち込み、同僚たちから魔王が何人も居るように見えるとか言われるぐらい働いてる場面から始まったのには笑った。

大分揺れてるから、魔王的には笑い事ではないでしょうけど。木崎が絡んだときのサリエルみたいに割と魔王も面倒になる時あるよな……

 

傷付いたカミーオが持ってきた厄介事。

大魔王の遺産、最後のひとつには厄介なトカゲがくっついてきて。

特殊な能力がありつつボケてるとか、扱いに困るどころの話ではない……

神を打倒するために着々と準備が進んでいたと思いきや……天界もただそれを黙ってみているはずもなく。

最悪の手を、こちら側が嫌がるタイミングで的確に打ってくるあたり油断ならない。

さてはて、状況的に仕方ない部分があるとはいえ、魔王に良い所なしだからもうちょっと頑張ってほしい所ですが。

はたらく魔王さま!17 (電撃文庫)
和ヶ原 聡司
KADOKAWA
2017-05-10


やりなおし英雄の教育日誌2

ico_grade6_3
「大丈夫だよ。――大丈夫だ、イフリア」

()

「――だって俺は、お前が強いって知ってるから。お前の強さを、俺は知ってる」

 

アキは、かつての仲間の戦いぶりを覚えている。

彼らの辿ったある程度の道筋、到達点を知っている。それを活かして、効率的な指導を続けていたわけですが。

そこに、アキの知らない救世衆としてリューリという少女が登場。

 

彼女はアキの事を知っているそぶりを見せ、アキの知らない武器を持ち、不審な行動をとって。

そしてアキの知っていた最後の救世衆は、立ち位置を変えてこの世界に存在して。

こういったやり直し系の話だと、主人公の行いによってどんどんと齟齬が生じるものですが、アキ自身は思い当たるところもなく結構混乱していた模様。

 

リューリやかつての仲間ロクサディムの事ばかり考えているわけにもいかず。

イフリアが突如昏睡状態になるトラブルが発生。

彼女が抱えていた、アキも知らなかった事情。中々に重いというか、こんなものを抱えてなお彼女は救世科にいたのか、と感嘆してしまいました。

 

アキも、一度失敗しただけではなく、今回みたいにしっかり指導してくれる環境に恵まれなかった部分もあり、かつての仲間の全てを知っているわけではないんですよね。

かつての自分のポジションにいるアミにも秘密はあるでしょうし、バッドエンド回避は中々一筋縄ではいかなそうです。

ロクサディムが存在しない筈の武器を持っている事とか、気になる情報が増えるばかりですねぇ。

今回の騒動の中でアキがイフリアに自分には秘密があると認め、知りたければ後で教えてやるとか言ってましたが、その辺の情報開示回はまだかなぁ。


やりなおし英雄の教育日誌 2 (HJ文庫)
涼暮 皐
ホビージャパン
2017-12-29

プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索