気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(漫画)

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?4

ico_grade6_4
「だからお前にも同じ言葉を返す」

「いつでもかかってこい」
「負けるたびお前が働く時間は長くなっていくがな」


コミカライズ4巻! 

力を求めて魔王を襲った魔術師ウォルフォレ。ザガンから魔王襲撃の罰として、ネフィの仕事補助を振り分けられて。交流を通して二人を知って行くことに。

ザガンとネフィがまだまだ初々しくて、そこにフォルが加わることで良い変化が起きていて、楽しいですねー。

 

幼女な養女となったフォルがもうかわいいのなんの。

イチオシは78Pの「ちゃんと報告した」から「ザガンにほめられた」してる2コマ。

その後の「ここにいる」なんかも良いですね。

 

子どもの扱いに慣れてないザガンですが、要所で的確な言葉をかけてて、かなり真っ直ぐ主人公してるので好感が持てますし。

まぁ魔術師として、魔王として、容赦しない時はトコトンやるのでオンオフがハッキリしてますよね。

 

同じようにまっすぐでオンオフ切り替えてるのがシャスティルですが……

彼女、敵対している魔王を擁護して聖剣没収されたり、ザガン達とフォルの関係を誤解したり、絶妙にポンコツだからなぁ……

巻末オマケ、バルバロスは見た! ……じゃなくて「◆見張り」も1Pでかなり笑えたので、凄い。



ダーウィンズゲーム20

ico_grade6_3h
「私が 一番最初におかえりって言いたいの」

ダーウィンズゲームのGMから、助けを求めるメールが来たカナメ。
その誘いに乗ることにした彼は、こちら側の世界のGMと接触する。
護衛官に任じられるのを利用する事に。

幸いにして、こちら側のGMである皇ククリとの縁が出来ていたのも大きいですね。
……対面するまで伏せられていたことではありますが。
話が通じるって言うのは本当素晴らしいことですよね。
ククリが抱えていた情報を聞いたり、カナメたちの嘆願を聞いてもらったり。
異能を鍛える手助けまでしてもらってましたし、こちら側に来たのも悪い事ばかりじゃなかったなーと言う印象が強い。

カナメたちを帰すのは、不可能ではないが条件を整える必要があって。
三か月かかると言われてたので、もうしばらく修行パートするのかと思ったら意外とさっくり時間飛びましたね。
こちら側の世界も一枚岩じゃなくて、王を崇める国家を蛮族とみなすような外国勢力も工作を働いたりしていたようですけど。
看板だけが立派だったな、と言う感じですかね……もうちょっと頑張れよ。
「いくらなんでも過剰戦力だろコレェ!」という内心の叫びが、もう笑えて仕方がない。
実際過剰戦力ですけどね。元の世界トップクランの戦闘メンバーとかですし。

さっくりカナメは帰還に成功しましたが。
他のメンバーが取り残され、一人渋谷に放り出されるというのは予想外。
レーベンズのゲーム不参加組とか無事ですかねぇ。あの像たちに、大分手酷くやられたみたいですけど。



リバース×リバース1

ico_grade6_3h
「だからあの 一緒に頑張りたいなって」
「――そうだね」
「いいね それ」


男の人が苦手で女子高に入った七瀬雛。
かつて自分の書いた原稿をビリビリに捨てられたせいで、わりとトラウマ。
でもそこで、男性への苦手意識に転嫁したのはまだよかったと思います。
彼女はそれでも、創作を続けていたんだから。
これで筆を折ってたりしたら、そりゃあもうもう片方へのプレッシャーは酷いことへなっていたことでしょう。

雛にトラウマを植え付けた男の子、楓。
女優だった母を亡くし、名家の祖父に引き取られた彼は彼で問題を抱えていて。
そんなときに、夢を語る少女を見て辛く当たってしまった事を悔いていた。
それからは意識を切り替えて、祖父に認めてもらうべく奮闘していたものの……
我慢の限界が来て出奔。伝手を頼って女子高に潜入していた。

そんな二人が同室になり、学校生活を送る学園ラブコメ。
楓に雛が懐いていて、中々に楽しい状況となっていますが。
実は男だという嘘。さらにトラウマとなった原因だという事。
隠している二つの札が、どう作用するのか。続きが楽しみですね。
事情を知って傍観している、楓の従姉妹の優里さんが一番楽しんでると思う。

巻末に、『ラストゲーム』の特別篇が収録されてて、あそこから作者さん追ってる身としては嬉しい限り。
LaLa購読してるので、まぁ掲載当時に読みはしたんですが。奥付見たら2016年でしたからね……
彼氏彼女になった後のエピソード。相変わらず翻弄されている柳君よ……九条強い。そのままの君で居て。


 

赤髪の白雪姫22

ico_grade6_3

「黙っては帰れません」

 

扉絵の1コマ童話、ついに、と言うべきか「例えば白雪姫」。

鏡に王国で最も美しいのは誰かと聞く陛下の図が面白すぎて卑怯。

迷わず白雪と鏡が応えてからの返答も完璧で、ツボった。

 

今回から新章スタート。オビと白雪、リュウは灯りの植物フォスティリアスを普及するための旅を開始。

ただまぁ、新しいことを始める以上根回しをしなくてはならなくて。

植物を植える許可を得る為に、いろんな人へ面通し。

 

ベルガット家の騒動もあり北はまだ定まっていない、という事もありますが。そんな中で有力な家の当主に会いに行く方法を模索する辺りが白雪だよなぁ。

この程度は障害じゃなく、乗り越える方法を考える場面なのだ。

しかし「赤髪の少女」も中々有名になったと言いますか。それだけの事を積み重ねてきたんだよなぁと感慨深い。

 

あれよあれよと夜会に参加する羽目になって、ヒサメと木々に遭遇していたのにはちょっと笑った。着飾ってる木々綺麗ですよねー。

そして仕事に誇りを持っている白雪が格好いい。

北の貴族にもなにやら悩みがあるようですが、さてどんな話が飛び出してくるのやら。

 

赤髪の白雪姫 22 (花とゆめCOMICS)
あきづき 空太
白泉社
2020-03-05

鬼滅の刃19

ico_grade6_4

「必ず私は鬼を弱らせるから」

「カナヲが頸を斬ってとどめを刺してね」

 

上弦の弐と相対したカナヲと伊之助。

それぞれ優れた視覚と皮膚感覚によって、氷を吸わない使い手。

最初に来た蟲柱以外、柱の応援は来ませんでしたが、しっかり対応できる相手を導いている辺り、新当主を讃えるべきなんだろうか。

誰もが血を流しながら戦っている中で、妙手を打てたからって褒めるとかそんな状況じゃないですけどね……

 

自らと同じように術を扱える分身を創り、それを残して立ち去ろうとした上弦の弐。

しかし彼は、鬼殺隊の覚悟を侮っていた。

毒使いであった蟲柱の渾身の策。毒で弱らせて、カナヲがついに首を斬って。

なんて強いんだろう。そして、なんて悲しいんだろう。

戦い終わった二人が流した涙が、どこまでも印象的でありました。

 

その後挟まった新・上弦の四こと鳴女VS恋柱&蛇柱。

予想外にコミカルで、良い息抜きになりましたね……

空間を操る血鬼術は、直接戦闘力は低くても厄介さが高くて、面倒臭いですよね。柱2人が足止めさせられてるのは痛い。

 

上弦の壱も現れて時透が遭遇していましたが……容赦なく切断とかしてきて怖い。

身体能力に秀でた鬼が、呼吸を使って斬りかかってくるのは反則でしょう本当……

ついに風柱と岩柱の戦いぶりも描かれていましたが、時透が喰らった攻撃を経験によって回避してるのが凄い。

それでも上弦の壱の方が押してる辺り、スペックの暴力と言う感じ。
本誌も追っていて結末は知っているのですが……改めて見てもどう倒すんだこれって感じですよね……


一度だけでも、後悔してます。

ico_grade6_3h
「…………お願いを聞いてくださったらどうにかしますよ」

(えっ)

「聞きます!!! なんでもします!!」

 

家賃滞納中の24歳の住人と、しっかりものの19歳の大家さんによる百合漫画。

歳上の方が、仕事を辞めて家賃滞納したという負い目があって、年下の子の方が強いのがいいですね。割とグイグイ来るし。グイグイ来る後輩概念……?

最近は百合姫以外にも百合ネタの漫画増えてきましたよね。売れてるのかしら。

滞納した分、身体で払ってくださいと年下に迫られるのは中々新鮮。

 

歳上の小塚さん、部屋散らかってるし、料理も目玉焼きしか作れないというし、よく一人暮らしで来てたな、と言う気分にもなりますが……

それ以上に、彼女の置かれた境遇が辛い。好きなことを仕事にして、上手くいかなくて挫折して。だから仕事を辞めた。

好きなこと仕事にすると、頑張れますよね。でも、好きだからこそ辛いんですよね。

分かる、分かるよ。涙を流した一コマがどうしようもなく胸に刺さる。

 

大家さんとの接触によって、気分前向きになったみたいですし、幸せになってほしいなぁと切に願います。

小塚さん好きで、迫ってる大家さんが要所で可愛くて癒されますね。裏表紙側のカバー裏とか特に可愛かった。



ささやくように恋を唄う2

ico_grade6_3h

「チャンスくれるってことだよね?」

 

憧れと恋心。想いは確かにあるけれど、その温度は異なっていて。

デートの別れ際ついに依がひまりに告白して。

そこから、二人ともちょっと態度がおかしいというか、距離をとってひまりがグルグルと悩んでいました。

でも、両親のなれそめを聞いたりして、ひまりは依に一歩近づこうと決めた。

 

とはいえ、まだ気持ちを恋と定めたはなく、傍で気持ちを確かめたいというもので。依がチャンスくれるんだよね、とポジティブなのが良いですね。

そして依はバンドへの参加を決めて。ひまりの方は家庭科部に入部する事になって。

学年が違う事もあって、それぞれの時間を過ごしつつ。空いたタイミングで、一緒にお話をして。他の先輩と仲良さそうな話を聞いて、内心で黒いものが渦巻いている依先輩の巨大感情っぷりが素敵。

このままゆっくりと進んでいくのかと思ったら、最後ひまりの方に爆弾が投げ込まれて。さてはて、どこに着地するかな。



理系が恋に落ちたので証明してみた 7

ico_grade6_3

「恋にも――人によって時間によっていろんな形があるのね」

「それをもっと研究しないと」

 

唾液に含まれる成分にとって、幸福度を測ろうとする実験。

自然にイチャついてるカップルと、数値を競おうとしますが……裏表紙にあるので言っちゃいますが、普通に敗北。

数値が救いと好きではないのか? と疑問が生じたところで、それでもなお計算に走るというのは、彼らしいと言いますか。

雪村の愛の形が不器用すぎて、もうなんというか……割れ鍋に綴じ蓋でもうお互いしかいないから、相手を絶対に逃がすなとしか言えない。

 

そして奏が以前告白を受けていた場面がありましたが、返事は保留中で。

彼女は悩み続けていたようですが、それをついに他の人に相談してました。

とはいえ、そこでどうして雪村を選んでしまったんだ……まぁ、うん、最終的には参考になるアドバイスに辿り着いていた……ような気がするので結果オーライ?

巻末の「ヒール履いてみた」の氷室が特に可愛かったです。

 

理系が恋に落ちたので証明してみた。(7) (メテオCOMICS)
山本 アリフレッド
フレックスコミックス
2020-01-09

疑似ハーレム3

ico_grade6_3

「先輩とデート…したいです。」

 

5170話、EX812話が収録。

「だったら夏休みに会ってくれんのかよ」という先輩の言葉に「私夏の予定ありませんから!」と食い気味に言う後輩が可愛い。

 

「え……切な…」って言う先輩はちょっと一回叩かれろ。でもその後ちゃんと「いっぱい遊ぼうな…」って続けているので、不幸中の幸いと言うか瓢箪から駒というか。

部活メンバーと一緒とはいえ夏祭りにいったり(はぐれて結果的に2人きりになってましたが)、七倉妹とその友達と一緒にプールに行ったり、しっかり遊んでいて仲が良いですね。早く付き合えばいいのに。

 

文化祭の準備をして、当日はドタバタしていて一緒に回れる感じではなかったようですけど。その分、劇を頑張ったご褒美としてデートすることになって。

あーもう本当に微笑ましくてかわいい。ほぼ告白してるけど、うん、改めての機会を楽しみに待ってます。



魔王様と結婚したい1

ico_grade6_4
「そんなに心配しなくても僕はご主人様ひと筋ですよ!」

 

Twitterで発売の宣伝をみて気になったので購入。

魔族と人間、340歳と18歳、王と従者という種族・年齢・身分に違いがある二人のイチャイチャ風景。

色々と差異があるとは言えど、総じて幸せそうだからいいんじゃないですかね……

この中で問題になるのは、まぁ、従者の方が人間で寿命が違うという部分でしょうか。

一人残されることが約束されている、というのはちょっと寂しくなってしまいますね……

 

まぁ、今は一緒に居て、どこまでも明るいというか「魔王様大好き!」を公言して、行動でも示しまくるハルのお蔭でそこまで沈まずに済みます。

というか本当に微笑ましいし、自然にいちゃついてるもんな……

許可されていない奴隷として扱われていたハルを、魔王が保護したところから関係が始まり、従者として側に在り続けた。

 

当初は子どもだったから、という事はあっても育ってもずっと一緒のベッドで寝ていたって言うんだから色々と凄い。

イチャイチャしてるだけではなく、それぞれの領分においてはちゃんと仕事もしているようですけど。全体的に糖度高めではあった印象。

あと、カバー裏に表紙の撮影風景が描かれていてとても可愛かったので是非見て欲しい。

魔王様と結婚したい(1) (メテオCOMICS)
池内 たぬま
フレックスコミックス
2020-01-09

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ