気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(漫画)

本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅶ

 ico_grade6_3h

「…だがまずは情報収集だ」

「神殿に入ってくる前に出来る限り調べておきたい」

「マイン あの子どもがいったい何者なのかを」

 

第一部完結巻。

家族と朽ちることを選んだマイン。

フリーダがもどかしそうな顔をしていましたが、彼女は彼女で良い子ですよねぇ。

……マインを取り込むために祖父の嘘を容認したりとおっかない面もありますけど。

 

洗礼式をしたマインの暴走と、そこから神殿に取り込まれるまで。

ベンノの助力もあって、貴族よりの神官たちと平民との間とは思えないマシな契約に落ち着いていましたが。

ここで神官長はともかく神殿長の怒りを買ってるのが後々に響くんだよなぁ。

 

家族愛を見せつけられた神官長の言葉が、本編を最後まで見ていると重い。

信じられない程、率直に話しかけてくれてますよね。

マインをよく理解してからは、下手に隠さず直截に対応してること多いですが、マインを良く知らない当初の対応としてみると異例なのでは。

ニコニコ静画で閑話を見た時、神官長の最後の台詞に「あなたの●」ですってコメントが多くて笑った。

 

巻末の描き下ろし、「ギルベルタ商会の跡継ぎとして」。

コリンナ様のお宅訪問の、コリンナ視点。結構新鮮でした。

マインとベンノの交渉風景を外側から見てる場面とか、交渉開始前の金額がいくらだったのか、とか色々出てきてました。

ベンノかはお金を引き出したマインに、エーファが衝撃ウケてましたが、大丈夫だよ、ベンノこれからさらに儲けるから。




本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅵ

ico_grade6_3h

「続けるよ」

「当然だ やっと切り開いた道だから諦めたくない」

「今マインにやめろって言われてもオレは商人になる」

 

身食いの熱に飲まれたマイン。

ギルド長の家に運び込まれて、魔術具で熱を吸い取ってもらいなんとか復活。

……とはいえ、小金貨3枚近い値段を払っても一時しのぎにしかならない、という辛い情報も伝えられてました。

水がいっぱいになった器から水をすくっただけで、これからも水は増えるから一年くらいしか持たないだろう、と。

 

ベンノとマインのやり取りが楽しいなぁ。

「それ以上は有料です ふふん」「そのしたたかさは向こうに使え」って言ってるコマとか小さいけどマインの表情がかわいい。

あと、手数料についてやりとりしてにやにやしてルッツを囲んでる場面も笑えた。

 

ルッツも覚悟が決まってきてますね。

マインに手伝ってもらうばかりではなく、自分でも出来る事はするとはっきり言えるのは美点だと思います。

そうして楽しそうな場面を見ているから、家族会議は切ないんだよなぁ。

どうしようもない状況に追い込まれていて、苦しい。



血界戦線 Back 2 Back 3

ico_grade6_3

「やれやれ これでようやくまともにチームが機能できます」

「明確に言葉にするのやめてあげて下さい」

 

世界崩壊器具のひとつ。ナクトヴァの微笑み。

名前の通り、世界を請わせるという能力を秘めたヤバい代物のひとつ。

それを外に移送しようとしたら、怪盗がちょっかいを出してきて。

ヴェネーノ、好きですよ。以前登場したときの、あのコントみたいな状況がすごい笑えたので。

 

それだけに、あの展開には驚きました。

いやまぁ、ヘルサレムズ・ロットでは力あろうが、うっかりで死んだりもするって言うのは分かってたつもりですけど。残念。

厄介事のコンボを起こさないと気が済まないのかこの街は。

 

ヴェネーノ以外にも器具を欲しがる奴がやって来て。

そいつがまた特殊な存在だったものだから堕落王まで登場する、と。

世界を崩壊させる方法なんて81種開発して飽きてるとか言うあたり、相変わらずぶっ飛んでるなぁ。



血界戦線 Back 2 Back 2

ico_grade6_3

「……古来から 締め出された時は二階から侵入と相場が決まっている」

 

限界値に近いほど優しくなるというスターフェイズが怖いわー。

「震災存在」なるものの召喚を阻止するための活動。

今度は万単位ってことは、一度召喚されたときにある程度は被害出てるわけで。

 

対策を準備していた所に、別の騒動が起きて。                 

外で暴れている奴を捕まえたら、今度は事務所が乗っ取られる。

更には件の震災存在の召喚まで重なって……

この街は本当厄ネタばっかりあるな。毎日が世界の危機なのでは。

 

「あんたらいつもこんなやり方なのか」「滅相もない 本日はかなり立て込んでいる方だ」とは言っていましたが。

あくまで立て込んでいる方レベルで、今までで1番忙しいとか言わない辺りお察しというか。

裏側で色々対策を取っているスターフェイズが好きです。

 



血界戦線 Back 2 Back 1

ico_grade6_3

「市販すんな!!」

「僕に言われましても ヘルサレムズ・ロットはそういう街じゃん?」

 

4年ぶりのゲーム新作を休みの日にやろうと準備万端にしていたレオ。

……しかし、そこに電話がかかってきて、ヘルサレムズ・ロットの喧騒に巻き込まれていくことに。

ここまで準備整えても、ちゃんと電話には出る辺り律儀だよなぁ。

 

全休の日に、仕事ぶんなげられて、部屋と携帯と楽しみにしていたゲームを破壊されたレオには同情します。

そして必死に走り続けた後、振出しに戻るあたりメンタルに大ダメージ。

えーと、うん。合掌。

 

その後のザップとチェインが巻き込まれた騒動には笑った。

何でもありだなヘルサレムズ・ロット。

手錠の頑丈さ証明するのに砲撃するのはまだ良しとして、なぜ装着した状態でうつの……?

状況はかなり阿呆なのに絶体絶命で。それでも創意工夫で乗り切る辺りは手慣れたエージェントですねぇ。片方ボンクラクズとして純度高すぎとか言われましたけど。

 



僕らはみんな河合荘コレクションBOOK 入居の手引き

 ico_grade6_4

「あなたがどんな風に変わるのか 楽しみね」

 

ほぼ全てのカラーイラストが収録。

キャラの裏設定や、描き下ろし漫画も読めるとなれば買わない理由がない。

フルカラーイラストがこれだけ乗ってて1800円って言うのは結構お得なのでは。

 

コミックスのカバーイラスト解説、没ラフ公開で率がどんどん変化していってるのが分かってにやける。

意識し始めてる顔が6巻までしっくりこず没に回される仏像系ヒロインよ……

特典絵とかも収録されてて大変満足できました。律可愛いなー。

 

キャラ設定で宇佐と律がそれぞれの影響を受けて、趣味の幅が広がってるのがいい。

宇佐は読書量が増え自分でも気になった本を買うようになったし。

律はストーリーの評価が高いRPGをやって本以外で徹夜するなんて経験をして、時折ゲームにも手を出しているようですし。

あとは佐久間。「恋愛面ではまだ子どもで女子への関心が薄かったところに、河合荘で女性観を狂わされ、これをただすのに結構時間がかかった」というあたりお前……苦労してたんだな……



三年差

 ico_grade6_3

「三年差なんて大っ嫌い」

「追いかけても追いかけても追いつけないんだもん」

 

ツイッターで話題になっていたらしいんですが、その辺は知らなかった。

「この結婚に愛はない」みたいなタイトルの4Pマンガは見ていたので気になって購入。

学生にとっての三年は大きいですよねぇ。

私も三つ上の姉が居ますが、入学・卒業のタイミングが重なるから、親が大変だと愚痴ってました。

 

閑話休題。

タイトル通り、三年差がある幼馴染のお話。

最初のカラー4Pで変化していく関係を端的に描いて……

結婚後のエピソードも多かったですけど、幼なじみの気安い距離、意識している場面とかそういうのも描かれていて口元が緩んだ。

いやぁ、幸せそうでいいですねぇ。癒しになる。

三年差 (ガンガンコミックスpixiv)
島崎無印
スクウェア・エニックス
2018-08-22

 

僕らはみんな河合荘11

ico_grade6_4

「いろいろ変わってくけど ずっと変わらない2人になりたいって思うんだ」

 

シリーズ完結巻。

扉絵のカップル二人を狙う女子二人がおっかない。

麻弓は水鉄砲とゴム鉄砲な感じですが、彩花の普通にモデルガンなのでは……

 

河合荘では、文章がうまく書けない、と。創作()しか出来てない、と。

だから出ていく予定で、次を探しているというシロ。

「俺はさぁ もう十分休んだ」という台詞が、染みるなぁ……。

更に麻弓に大ダメージが入ってましたが。いやはや全く素直じゃないというか、面倒くさいなぁ、この二人。

見守り続けていた住子さんの「理想(夢)を人に被せるのは良くない」という発言とか、しんみりする場面が多かった。

 

いつまでも続くような気がしてましたけど……

律が柔らかくなったみたいに、変わらないものなんてないんですよね。

……イチャイチャしやがって。もっとやれ。他の面々の冷やかし技術もどんどん向上していくけど。

番外編での二人も可愛かった。恥ずか死ぬ律……




僕らはみんな河合荘10

ico_grade6_3h

「俺の彼女がかわいくて辛い」

 

お付き合い(仮)を始めた二人。

いやぁ、長かった……意識してる律が可愛い。

宇佐がテンションおかしくなってるのは、アレですが。

ちょっと痛い目みろと言いたいような、これまで根気良く付き合い続けてきた成果だから享受してもいいかなぁ、とか色々入り混じった気分になった。

まぁ、麻弓が散々いじってくれてたから、いいかな。

 

そして、ここにきてシロについての驚愕の事実が発覚。

いや、確かにあのプレイを楽しんでるだけの生活環境で、どこから河合荘の家賃とか用意してるのか疑問ではあったけど。

衝撃の事実に大ダメージを受けている律が、可哀想だけどかわいかった。なぜそこをカラーにした。いいぞもっとやれ。

 

麻弓さんは麻弓さんで、別のベクトルでシロについて衝撃を受けてましたね……

大分慣れてきていた学生二人に、面倒くさいと思わせる引き出しをまだ持っていたとか、凄い。

彩花が「はずかしくて直視できない」というのも納得の様相ですが。うん、すごいわ……真似できない。




夜にとろける3

ico_grade6_4

「純香ちゃんなんで俺と付き合ってくれたの?」

「・・・うーん」

「・・・魔がさしたのかもしれない」

「なんて」

 

最終巻ってことでさみしくなります。

楽園本誌での連載があるから、癒しは残ってる。

好みな作家さんなので、続いてほしいものです。

「制服の恋人」、「こいはやみ」、「夜にとろける」を各3話、同人誌から「かたくなノンシュガー」、「ぎりぎりマイシスター」を収録。

 

個人的には、ぎりぎりマイシスターが収録されていたのは嬉しかった。

同人誌系の情報は積極的に収集してなくて、刊行に気付いたの「ぎりぎりマイシスター2」巻出てからなんですよねぇ。

「かたくなノンシュガー」は、「ぼっちな僕ら~」の追加エピソード。相変わらず喧嘩しているようですが……なんだかんだで続いているあたり、相性はいいのだろうか。

 

「制服の恋人」は新しいライバル登場かと思いきや、愛ちゃんが強かった。

「こいはやみ」の想いの方向がからまりあった複雑な状況は、他人事だと少し楽しかったですけど。当人たちには苦しい場面もあったのでは。

順当に幸せそうな小岩井・速水カップルのエピソードもちょっと見てみたかった気はしますが、あそこは「やみ」じゃないからなぁ……

 

「夜にとろける」は二人が付き合い始めるエピソード。気軽に突っ込んでいける新太は神経丈夫ねぇ。コミュ力高い。

そして告白されて、決定打がなくて迷ってる純香ちゃんが可愛い。「これだけ?」って固まってから顔を赤くする場面とか、もう。糖度高くて好きなカップル。

夜にとろける 3
志摩時緒
白泉社
2018-08-31


プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索