気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(WEB小説)

「no-seen flower」百題感想 Babel編3

Babel百題の感想パート3。
百題5収録の作品の感想です。続きを読む

「no-seen flower」百題感想 Babel編2

百題感想、Babel編。
数が多いので分割してます。百題3~4について掲載。続きを読む

「no-seen flower」百題感想 Babel編1

百題感想、Babel編。
数が多いので分割してます。百題1~2について掲載。
続きを読む

「no-seen flower」百題感想 水の冠編

水の冠、百題の感想。
略称は水冠のことも。続きを読む

「no-seen flower」百題感想 IP編2

Icy Prayer編の百題3~5の感想。

続きを読む

「no-seen flower」百題感想 IP編1

Icy Prayer編の百題1~2の感想。
件数が多かったので分割。続きを読む

「no-seen flower」百題感想 月白編

正式名称は『月の白さをしりてまどろむ』。
月白の百題は5個目にしかなくて、だいたい第伍譚読了後推奨な感じですねー。
「この世の真理」は物語開始前の王と巫のエピソードなので、コレは先に読んでもいいですが。
……でも、王の巫の願いについて描かれている話でもあるので、本編読んでからの方が、オススメかなぁ。
続きを読む

「no-seen flower」百題感想 将軍と黒猫編

将軍と黒猫の百題感想。
続きを読む

「no-seen flower」百題感想 Rotted-s編

タイトル通り、藤村由紀あるいは古宮九時先生のサイト「no-seen flower」掲載作品の感想です。
百題に挑戦系をなんと5回もやられてるので、その内Rotted-sの感想。
他の作品のもその内書きたい。……書けるといいなぁ。
どちらかと言うと自分の備忘録みたいな部分はある。
長くなったので折り畳みします。続きを読む

『Unnamed Memory断片集 人形の記憶』感想

ico_grade6_4
「ファルサスの城都まで来られたなら、あの人に届きます。あの人は全てを覆してくる切り札ですからね。こうなるのは幸運じゃなくて必然です」

2巻発売記念で、投稿されていた断片集の感想です。
『Unnamed Memory』は良いぞ……

呼吸するように空を漂っているティナーシャが可愛い。
そして魔女の紐付きで城を抜け出している王太子の思考が相変わらず。
平穏なのは良いが、多くの人間が集まる以上騒動の種も尽きない。
ならば、自分が来ているうちに来い、というのは何かが間違っているような……
でも、オスカーなら大体のもめ事解決できちゃうから、人族な対応という意味では正しいわけで。ぐぬぬ。
ラザルの心労が思いやられる。

実際見事に面倒事を引き当てるんだから、悪運が強いというか。
道中、五歳くらいの女の子が人形を盗られた、と言って泣いているのを見つけて。
話を聞いて、盗んだらしい少年の後を追ってみたら、敵意を隠さぬ男たちに包囲されるとか、なんで?
子供の悩み聞いて、なんで剣を持った相手に包囲されてるの……
結界に振れぬように剣で敵の投げた短剣を弾くあたりオスカーも慣れてきてますが。
今回はそれを読んで、剣を抜いた時点で分かるようにしていたティナーシャの勝ち。

城下町で王太子を包囲してたり、空から明らかに魔法師(実際は魔女)の応援が駆けつけたのに、女だからと油断してる辺り、命知らずだな……としか。
まぁ、実際ゴロツキ程度に負けるオスカーじゃないですけど。
地雷原で踊った君たちが悪いんだよ……
その後ティナーシャが魔法で少年を探索していましたが。
職場に王太子が女性を連れて来たと思ったら、その女性と一緒に飛び降りて空を飛んで去っていく様を見せつけられた兵士は、お疲れ様です。
そうだよな。普通王太子が見張り塔から落ちたら声上げるよな。魔女に魔法で封じられてたけど。

あっさり少年、クアンを確保したものの、人形にはある秘密があって。
それを「しかるべきところに持ち込んでくれ」と頼まれていたから、魔女を探していた、という少年。
目的とは違うとはいえ、魔女に行き当たったんですから、流した先がファルサスで良かったね……
いやまぁ、クアンの過去からここに魔女が居ると思っていたので、狙って流したんでしょうが。

クアンから事情を聞き、解決の為に東の異国メンサンにまで転移した一行。
感想書くにあたって読み返してたんですが、2巻冒頭の大陸地図見ると、マジに東の端なんですが。
そこまで即座に行けるって言うんだから、魔法師は凄い。
その魔法師を排除していたタァイーリの広さを思うと、あちこちに歪みは出てたんじゃないかなぁ、何て事も思いましたね。
実際、歪みが蓄積して反抗勢力まで出てくるわけですし。

閑話休題。
ティナーシャは醜悪な事件だと言い、オスカーを関わらせたくないようでしたが。
オスカーはオスカーで、自分が居ないとティナーシャは全部爆破して終わらせるだろ、と。
どっちもどっちというか。実際、どちらか一人でも片付く問題ですけど、ティナーシャ一人だったらマジに爆破して終わりとかありうるもんな……

何だかんだ言いつつ、オスカーの事を評価しているティナーシャが好きです。
同時に、「――人は、どう足掻いても孤独なものですよ」という魔女としての顔も、見れて満足度の高い短編ですね。

今回の悪党どもは、また醜悪な事をしていましたが。
それをしっかり裁くためにオスカーが動いてくれたのには、ほっとしました。
まだ人の良心を信じられる、というか。
『あんたも、優しい魔女だ』
というクアンの言葉が、全てだと思うのです。
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ