気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

雑記

ドラクエ11クリアしました。

ここしばらく更新止まってたのは、ドラクエに時間注ぎ込んでたからですね……
いやぁ、最初は買う予定無かったんですけど、発売日にちょっと気が変わって、つい。
PS4版を購入して、仕事終わりに地道に進めてようやくクリア。

ドラクエは、1、2、5、6、8と結構飛び飛びでしかプレイしてないんですが。
小学~中学の頃にやってたものですから、かなり懐かしい感じがしました。
9以降に手を出さなかった理由は単純で、3ⅮS持ってなかったからなんですが。
やってないのもリメイク出てるのもあるしいつか手を出したいなー、と思いつつやれないままズルズルと……

しかしまぁ、PS4になってかなりグラフィック綺麗でしたねー。
敵キャラがかなり動くのも中々新鮮でした。太鼓叩いてるやつとか音まで拘ってて、なんなんだコイツは…って感じでしたが。
多少ツッコミどころがないとは言いませんが、更新とかあとまわしにして没頭するくらいには楽しみました。

いやだって、海の男コンテストの街で「魔物と話してた」って話が出たキャラを誰も警戒しないのは何故なんだろう、というか。
もうちょっと裏を探ろうとかしないものだろうか、とかはちょっと思いましたが。
悪魔の子と呼ばれ追われる立場だと中々難しいものかなぁ。……その割に偽名も使わず武闘会出たりしますけどね……

しかし結構戦闘の難易度が微妙に高かった、と言いますか。
状態異常が強力で、うっかり対策忘れたりするとやられますなー。
道中のボスにラリホーマ連発されて、睡眠嵌めされたのは忘れられない……
キングスライムとか二回行動する敵キャラも居て、回復がかなり重要な感じでしたねー。

先の展開が予想できる部分もあるんですが、予想を大きく外されてびっくりした所も。
ストーリーで二度目にラムダに行った時に発生したイベントには驚きしました。
そう来るか、と。ドラクエでああいう展開になるとは想っていなかったので衝撃を受けましたね……
やり込み要素とか半端になってる部分もありますので、その内2週目するなりしようかなー、と思います。
まぁ、やり込み制覇しようとするなら完全ガイド出てからかな……

Fate/Strange Fake4

ico_grade6_4

「でも、俺はエスカルドス家の魔術師である前に、エルメロイ教室のフラット・エスカルドスなんです」

 

成田「5巻で終わると言ったな。あれは嘘だ」、奈須さん「知ってた」。

というわけで、後書きにもあった通りまだまだ偽りの聖杯戦争は終わりそうにありません。

各陣営を満遍なく書きたくなった結果、とのことですが……

えー、その結果としてどの陣営も脱落しておりませんが。多少の被害が出ているところこそあれど、サーヴァントは健在ですよね。

コレ、本当に終わる時には一気に収束していくんじゃないだろうか、みたいな綱渡り感がすごい。

 

セイバーは、ウォッチャーと契約したシグマと接触。狂信者なアサシンと三組で行動する事に。

しかし、シグマ。契約したのがウォッチャーという特殊な存在だと明かせないからって、チャップリンはないのでは……

そりゃあファルデウスも混乱するよ……。偽りの聖杯戦争を起こした黒幕側の一人ですけれど、ファルデウスがその中でも苦労人枠になっていて笑う。

そのうち彼の胃に穴とか開くんじゃないかな。

 

一方で、アインツベルンのホムンクルスに宿った『何か』は好き勝手動いていますし。

今回は他の陣営の動きがメインで描かれていたこともあって、英雄王とかエルキドゥとかはかなり大人しい感じでしたが……

最後の騒動に英雄王はちょっかいかけに来てましたし、混戦というか混沌というか。

かなり気ままに動いているフラットが、ただの魔術師ではなく「エルメロイ教室の生徒」としての立ち位置をしっかり自分のモノとしているのは良かったなぁ。

Fate/strange Fake(4) (電撃文庫)
成田 良悟
KADOKAWA
2017-04-08
 

新年のご挨拶

元日には間に合いませんでしたが……
とりあえず三が日には間に合いましたので、良しとしてください。
あけましておめでとうございます。

昨年は、11月に体調を崩してしばらく更新不定期になってしまったので、今年はもう少し体調管理には気をつけたいところです。
今年の目標は積読の山を切り崩す事と、読書ペースを戻すこと、ですかね。
最近、疲れがたまってて帰宅するとすぐ寝てしまう、みたいな生活をしていて、読んでる冊数が以前より減ってしまっているんですよねぇ。

本年も、気ままに更新していきますので、よろしくお願いします。 

更新休止のお知らせ

少し体調を崩してしまいまして、更新を休止しますー。
一時期は熱が40度近くまでいきまして、大変な思いをいたしました…… 
現在はほとんど回復してきては居るんですが、若干だるいです。

今日までは、ストック分で更新してできてたんですが、ストックも使い切ってしまいまして。
仕事とか諸々滞っているので、いったんブログの更新をお休みさせていただきます。
一週間しないうちに再開できれば、と思っております。

一時更新休止のお知らせ

タイトルに在る通り、少しの間更新をお休みすることにいたしました。
理由としては簡単で、引越しをすることになりまして。
荷造りやら何やらで忙しく、更新している余裕がほとんどないという事につきます。
今日も本当は記事作成しておくつもりだったんですが、間に合いませんでした。

雑誌……特に週刊誌の感想は、できれば上げておきたいと思っていますが、どう転ぶかは正直わかりかねます。
引っ越し後のアレコレも含めて、早ければ五月中旬、遅くとも五月末には更新再開したいと思いますので、なにとぞご了承ください。 
 

寝込みました

いや、現在も体調回復してないので、寝込んでます、が正しいんですが。
先週から熱が出て、頭痛と寒気に襲われて、おまけに下痢気味です。
インフルエンザの検査には引っかからなかったのが不幸中の幸いというか。
ストックもちょっと切らしてる状態でして、 数日更新がストップします……
週末には何かしらの記事を上げたいとは思ってます。

リアル多忙につき

更新を少しお休みします。
毎日更新の目標を掲げていたので、ちょっと無念。
まぁ、今月は特に、更新が遅れたり、更新できなかったりと増えてきていたので、無念もなにもないような気がしてきますが。
早ければ週末、11月に入るあたりには再開できるかと思いますが、どうにも立て込んでまして。
記事のストックは無いし、仕事ではトラブル起きるしとちょっと 色々重なってるので、しばし、おやすみします。
読み終えた本自体はあるので、そう長い事休まないとは思いますが……近いうちに更新できるように頑張ります。
それでは。 

滑り込めなかったー

昨日みたいに取り急ぎ記事だけ書こうかと思っていたのですが。
ストックなくて、ちょっとドタバタしてまして今日の更新は無理そうです。
明日の夜にはなんとか記事上げたいと思います。
新着コメントがあるのも見てるんですが返信は明日以降ということで。
取り急ぎ報告まで。失礼します。 

このラノ2016アンケート

ちょっと前に滑り込みでなんとか「このラノ2016」のアンケート回答してきました。
去年はブログ開設したんだしやろうか、と思っていたんですが忙しさにかまけてやり損ねたんですよね。
今回こそは、と思っていたので、なんとか投稿できて安心してます。

……まぁ、今回は今回で、滑り込みになったり危なかったんですが。
他の人のブログを見ている時に、投稿期日が迫っていると気付いた時には焦った。
なぜか日程勘違いしていて、4日だか6日だかだと思っていたんですよ。 
2日が仕事休みで良かった……さもなきゃ、今年もさっぱり忘れててできませんでした! というオチになるところだった。
来年やるとしたら、気付いたタイミングでもう投稿するようにしようかなぁ……  

一年間通して~ってなってますが割と駆け足で描いたので、最近読んだ本のキャラばかり描いていた気がする。
「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない」とか読んでいたので、女子ランクの方にラティナとかいれてました。

月末はちょっと忙しなかったのもあって、記事のストック尽きてるんですよね。
仕事がドタバタしていたのもありますし、つい新作のゲームかってしまたのが良くない。
……比重でいうと後半の方が重いかなぁ! ……すみません。

雑誌で誤魔化してとりあえず毎日更新にしている感じが申し訳ない。
読んではいるんです。コミックもラノベも。
ただ、記事に起こしている時間がなくて。自転車操業になりそうな予感が。
普段は予約投稿駆使して、一週間分くらい書き溜めておくんですがねー。
まぁ、ここ数日雑誌感想ばっかりなんで、明日あたりは新刊ラノベの記事を書きたいと思ってます。

月末つい買ってしまったゲーム。
ファルコムのゲームは結構好きなんですよねぇ。
まだ軌跡シリーズしか手を出せていないんですが。
イースはソフト多くてどこから手を付けたものやらって感じで迷ってて。
シリーズものの作品はちょっと迷いますなぁ。
まぁ、自分サモンナイトシリーズとか最初にやったの3でしたから、あまり気にすることもないんでしょうけど。

東亰ザナドゥ 通常版
日本ファルコム
2015-09-30
 

このWeb小説がすごい!

ico_grade6_3

小説家になろうなどのWEB小説のまとめ本を読んだので。
「期間や掲載場所を限定せずWEB小説を対象」と有りますが、まぁ最近の波もあって、基本的には書籍化作品だとか小説家になろう掲載の作品がほとんどですね。
個人的にうれしかったのは、藤村由紀さんの『Babel』、『Unnamed Memory』がそれぞれランキングに入っていたところでしょうか。
というよりもむしろ、この作品が最初のランキングに入っているのを見たからつい買ってしまったんですが。

出版社も「このラノ」と同じ宝島社ですし、内容はそっち読んでれば大体想像つく感じじゃないでしょうか。
ランキングの発表があって、人気作品のイラストが収録されていたり。
ベスト30あたりの作品について解説と、点を入れた人のコメントが入っていたりと、そんな感じです。
吉野匠と柳井たくみのWEB書籍化初期の二人の対談とかも乗ってます。

ランキング掲載の作品は、ログホラとか知っている作品も多かったですが、知らない作品もいくつかあったので、こっちも時間が空いたら読んでみたいと思っています。
『Re:ゼロ』とか実は読んでない、売れてるシリーズとかもありますし。
現役書店員としてはとりあえず1巻だけでも読んでおきたいところですが。

WEB発でも面白い作品は多くあります。
ま、玉石混交で、石に分類されそうな作品が多いのも否定はできませんが。
それだけに、自分が気に入る作品を見つけられた時は結構うれしいものです。
ただまぁ、最近は人気出てきたらとりあえず本にしてみるみたいな流れがあるのか、掲載話数や文字数が少ない書籍化も増えてきてて、そこはちょっとどうなんだろうと常々思っているのですが。
書籍化の作業が入ってくる関係で、更新がおくれたりとかもありますし。
好きな作品が本になったらうれしいし、購入したりもしているので、悪い面ばかり上げても仕方ないんですがね。
「このライトノベルがすごい!」みたいに、ちょっとした参考にはなります。
絶対の基準と呼ぶには、参加人数が200人切るので難しいかと。

このWeb小説がすごい!
宝島社
2015-07-24

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索