気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(TRPG)

ソード・ワールド2.0 魔法文明リプレイ ロード・オブ・グリモワール

ico_grade6_2h

ジュゼ:じゃあ、ここは封鎖しようか。物理魔法【ロック】で。

GM:そんな魔法系統は存在しな……あぁ、岩で塞ぐ、ってことか!

 

近々2.5へとアップデートされる、ソード・ワールド。

2.0として、最後のリプレイとなったわけですが…うーん、2.0の最後がコレかと思うと、ちょっと物足りない。

まぁ、すぐに2.5になって、新しい展開になるわけでそっちに期待。

 

魔法文明時代を描くリプレイです。

古き時代。現代にはいない種族や、文化などが息づく世界。

当然ながら、後の世界で発展してきたアイテムなどは使えないわけですが、そういう制限を差っ引いても楽しそうな時代ではあるんですよね。

ソード・ワールドのサプリもそろえようかしら。……2.5に更新されようというこのタイミングで? ってなりますけど。

 

シナリオの冒頭でダイスを振って「ランダム陳情シート」に対応したイベントが発生するという仕組み。

中期的なスパンで解決する課題で、当該のセッション中に必ずしも解決しなくてはならないものではない、という事ですが。実際に出たイベント以外にどういう想定があったのかはちょっと気になります。

 

現代でもこれまで舞台になったことがない、モーロック地方が舞台。

そこに住まう貴族PC(士族もいるけど)たちが領地の問題を解決していく流れ。

問題を解決するために呪歌を使いたいけど、バード技能持ちのPCが居ない。

……芸術を愛する貴族NPCがいたから紹介してもらおう、という話になって。その貴族が「せっかくだからパーティしよか」と言いだしたのはちょっと笑った。

かなりシナリオの自由度が高いというか、PCたちの選択に魔開かせる場面が多めだった感じでしたね。



モノトーンミュージアムRPG スーパーシナリオサポートVol.4 潮騒は熱砂に顕つ

 ico_grade6_3

「きっと異形が関わっているんだわ。……異形の方がまだ、誠意があると思わない? 歪みやほつれで自分の存在を教えてくれるのだもの。神は信じることでしかその姿を掴ませてはくれないのよ」

 

スーパーシナリオサポート、完結となる第4号。

今年の秋には、新リプレイ&データブックの『フィオリトゥーラ』が発売となるようですし、これも楽しみですねぇ。

 

今回の舞台は塩の国と南部紛争地帯。

演目1「英雄の条件」、演目2「潮騒は熱砂に顕つ」ほか、演目テンプレート「救済の御標は来たり」や各種データ等が掲載されています。

4弾という事もあり、2つの演目はどちらも癖があるもので。

通常とは違う演出やアドリブ要素が多めになっていて、演目2は特に「初めて『MM』を遊ぶGMがこの演目を回すことは強く推奨しない」とか書かれてました。

 

演目の前に在る1Pマンガがまたいい味をしていると言いますか。

シナリオの雰囲気を上手く見せてくれています。演目2の「どうかご武運を!」「ご武運を!」って言っている双子の絵が好きです。

モノトーンミュージアムはサプリを読み漁ってるだけでやったことがないので、いつかやってみたいとは思っているんですが。



ノエルと白馬の王子 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ+1

ico_grade6_3

GM:事務所に戻って、次の生け贄を連れてきてください()

 

ルージュの外伝、みっしょん56の間のエピソードが掲載されています。

みっしょん5.5ノエルと白馬の王子。

これが全体の3分の1くらい。その後はタイトルの「+1」の部分。ルージュとは関係のない、『魔を貫くもの』というリプレイが乗っているのと、ルージュシリーズのギャグ4コマ、巻末にダイナストカバルのデータとルージュキャラの設定資料集が乗ってたりと盛りだくさん。

 

ノエルと白馬の王子は、ノエルとトランに、スポット参加の新PCを加えた三人パーティーのリプレイ。

軍資金が尽きたので、稼ぐために屋台をやるトランとそれに付き合うノエル。

復讐に生きるPCヴァルとの温度差がすごくて笑えました。

ポージング対決がある出店勝負とはいったい……

 

「魔を貫くもの」はランダムダンジョンを使った死亡上等のガチバトル・リプレイ。

途中でPCが死んだプレイヤーは退室し……次の生贄を連れてくると言うある意味ゾンビアタックというか。

ランダムダンジョンだったので運悪く全てのパネルを開ける羽目になったり、色々と苦悩しながら進んでる様子は楽しそうだと思いました。

あーTRPGしたい……

 

ノエルと4つのコマはコミカルで笑えました。

キャッチセールス、懲りずに、あたりが特に好きです。トランとクリスは、ぶれないな……



ノエルと蒼穹の未来 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ4

ico_grade6_4

クリス:ちがう! 神はそんなことで諸君らを見捨てたりはしない。神官・クリス=ファディナントとして言わせてもらおう! 兄弟諸君! 神は……

()

「神の愛は……無限だ!」

 

みっしょん07真実の扉、ミッション08旅の終わり、夢の始まりを収録した、リプレイ最終巻。

 

トランという大切な仲間が死に……けれど、彼らに足を止めることは許されない。

クリスも神殿を離反した形になり、神殿の追手から逃げながらも、ノエルの母に会うために北の最果てへと歩みを進める。

途中でダイナストカバルから派遣された新たなメイジ、レント=セプターと合流していましたが。

稼働し立てで、色々と情緒が足りない部分があり、クリス達を刺激する場面もありましたが。

 

ガーベラがノエルたちを止めようと最後の壁として立ちふさがって。

遂に薔薇の巫女の目前に迫ったノエル達は引き下がらないだろう、と事情を語り……事情を知ってなお、立ち止まらないことをノエルは決めた。

ノイエが抱えていた事情を解決するために、ガーベラが犠牲になる、という選択肢を選べなかったからこそ、戦う事に。

 

苦戦しながらもガーベラを打倒し、ついに母と娘が再会できるかと思いきや……

最初からクライマックスみたいな、みっしょん8がスタート。

封印から解き放たれた神竜が君臨し、神殿も思うように動けない中、限られた時間で出来ることを、とノエルたちが進み続けたのが良いですねぇ。

まさかの大首領登場のシーンとかは笑えました。まさかの事実が明らかになって、プレイヤーも笑いが堪えられなくなってましたねぇ。

GMが「別にギャグのシーンではない」とか言ってましたが……いや、確かに、重要なシリアスなシーンですけど……アレはある意味ギャグでしょう……

ノエルの出目が光ったクライマックス戦闘もかなり盛り上がって、いやぁ、良質なリプレイでした。



ノエルと白亜の悪夢 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ3

ico_grade6_5

「我が名は、トラン=セプター。

偉大なるダイナストカバル……極東支部長だ」

 

みっしょん05古の書、みっしょん06白霧に消えてを収録。

フォア=ローゼスの面々が順調に薔薇の武具を集め、それぞれ違う組織の所属ながら仲間らしくなっていく様子はとても暖かくていいですねぇ。

……だからこそ、あのシーンが輝くんですが。初めて読んだとき受けた衝撃といったらもう……

 

次なる薔薇の武具マビノギオン。武具と言いながら本で、4冊に分かれていて、所在不明のものも。

冒険者の街ラインの図書館に1冊があるという情報を得たので、そこで情報収集にあたるわけですが。

エイプリルのかつての仲間――情報部十三班の面々が動き始めて。

クリスも上司のマティアスに神殿会議の護衛をしろと連れて行かれ。

トランとノエルだけで街中を歩いていたら、ノエルを狙った凶刃が……気付いたトランが庇ったものの、毒が塗られている周到さ。

 

エイプリルが登場するシーンはシリアスになりやすくて格好いいですよねぇ。渋い。……ジュライとか言うネタキャラも居ましたけど。

神殿会議でマティアスが「禁忌と言われる薔薇の武具を集めている」という意見が出た時のやり取りが笑えた。マティアスの開き直りっぷりがいっそ清々しい。

……だがその糾弾を受けてるその場にいる貴方の護衛が、薔薇の武具ウィガールを着てるんですが……

その後エイプリルがあっさり手札を明かしたのにも驚きました。なんとか敵を撃退し、次のみっしょんへ。

 

トランの生まれた村、ダイナストカバルと協力関係にあり……薔薇の武具についてしる御仁が居る、隠された村イジンデル。

そこに迫った危機に立ち向かうんですが……チームが分断された状態になってしまって。

意地を貫き通したトランが、本当に格好よかった。

途中で戦術ミスがあったのが無念極まりないところですが、最適解ばっかり選べるわけじゃないですからね……




ノエルと翡翠の刻印 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ2

ico_grade6_3h

GM:ばあさんは懐から占い道具を出して入念にチェックを始め……。

クリス:占い道具? タロットとか水晶玉とか?

GM:いや、ペンチとかドライバーとかガラス切りとか。

トラン:なにをする気だばーさんっ!?(大爆笑)

GM:「占い」

 

みっしょん03「ダブラルの宴」と04「闇に咲く薔薇」の2話収録。

カラドボルグとアガートラーム、二つの武器を手に入れたノエル一行。

次なる武具の情報を求めて旅をしていた所、トランの上司、大首領からダブラルで行われる冒険者競技大会で名を上げろ、と勧められて。

次の武具が、ディアスロンドの許可を得ないと使用できない転移装置の先に在る、という情報を得たため、手っ取り早く名を示そうとしたわけですな。

 

参加登録をしたチームが襲撃される事態が起きていたり。

占いばばあが、予想屋をやりに入り込んでまたノエルたちの前に現れたり。あの「占い(物理)」は卑怯だと思う。

ノエルたちも襲撃されたりとまぁ、イベント盛りだくさんという感じの大会でしたが。

襲撃を蹴散らし、大会に望んでみれば――ディアスロンドが第四の武具を景品に供出していて。

対戦相手が何やら事情を知ってそうな相手だったりと情報量が多い回でもありましたねぇ。

 

みっしょん04でも登場した占いばばあ。

もはや出てくるのが恒例行事過ぎて誰も「お前なんでこんなところにいるんだ」と言わなくなるばばあ……

そしてノエルたちを振りまわす依頼を持ってきた、借金持ちのじじい……

NPCが曲者過ぎて、腹筋が辛い。借金取り対策を依頼され、街中で騒ぎを起こすのは……とPCが悩んだところに北にある山の洞窟にアジトがあるとか言うんだもの。

 

一同:ただの山賊だろそれはっ!?

 

というツッコミが入ったのもむべなるかな。取り押さえに行った時も「どこの世界に4レベルの《バッシュ》を使ってくる悪徳金融屋がいるかっ!?」とかツッコミどころ満点。

いや、ちゃんと理由があって、解説も入りましたけどね。

そして、ディアスロンドからの許可を得て、薔薇の武具を獲得に動き始めましたが。……リドルの妖精が、またいい性格してるというか、ペナルティがかなりのトラップだよなぁ……

ノエルと薔薇の小箱 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ

 ico_grade6_3h

ノエル:ええ、十六歳になったこの日に自分探しの旅に出かけるところなんです~。

トラン:ほう、それはそれは……素晴らしい。ところで実は、自分探しにうってつけのダンジョンがあるんですが一緒に行きましょう(一同大爆笑)。

 

赤子の頃捨てられた少女ノエル。

駆け出し冒険者となった彼女は自分探しの旅に出ることとなったんですが……

彼女は封印された伝説の武具を解放できる鍵となる重要な存在で。

それに気付いた各組織から監視役が派遣されてきて。やいのやいのやり取りする事となっていくんですが。

 

ノエルはレベル1PCでプレイヤーも初心者。

他の監視役三人は4レベルPCでプレイヤーは経験者、とちょっと変則的なスタートをしていますが。

この4人のやり取りがまた面白いんですよねぇ。

伝説の武具を確保しろと各組織から命令を受けている三人が、お互いを牽制しあいながら、表向きは協力してダンジョンに挑み……殺意の高さにプレイヤーが驚愕してましたね……

 

ダンジョンにいって、こういう仕掛けもあるので注意と言われ警戒していたら、罠にはまって信頼度ダウンとか。

シーフの出目が悪く信頼度が下がっていくのには笑った。それで空気が悪く感じられないのは、ノエルの天然っぷりがかなりの癒しになってるからでしょうか。

 

NPCがまた個性的なキャラ多くて笑えます。

不吉な予言を告げていく占い師のばーさんも良いキャラしてますしね。

2話で登場したソーウェン公爵も中々愉快でしたし。ふと読み返したくなる、良いシリーズなんですよねぇ。久しぶりに読みましたがやっぱり楽しめました。



ソード・ワールド2.0 魔法文明リプレイ 黄昏の国の魔法王

ico_grade6_3h

カミュ:こいつ、戦場に女を!?

ギデオン:はっはっは。私の代わりに死んでもらう必要がありますからね!

GM:いやあ、魔法文明滅んでよかったわー。

一同:(爆笑!!)

 

第一話『災禍の足音』、第二話『貴族の血とは』、第三話『決戦のオルレーン王国』の三話を収録したリプレイ。

少し前に発売した魔法文明時代の情報を記したサプリメント『エイジ・オブ・グリモワール』準拠で新しい種族とか、追加された「印象」判定とかも描写されていました。

ソード・ワールドのサプリも気になるんですが、全くと言っていいくらい追い切れてないんですよねぇ。

なぜかウィザーズトゥームだけは持ってますけど。その内買い揃えたい。……そんな事言ってるうちに下手するとバージョンアップしたりしてな……

 

滅びた古代の文明、今に伝承のみ残る魔法時代。

中々にロマンがありますよねぇ。あとがきで著者も語っていましたが。今とは違う時代、異なる価値観でどんな生活が営まれていたのか。

そんな夢想の果てに描かれた答えのひとつ。当然のことながら、時と場所が変わっても、目的の為に必死になる様は似通っていて。

……いや、魔神研究にいそしんでる婆ちゃんはどこかで止まってもらわないと不味そうですけど……まぁ、タビットだから寿命の方が先に来るか。

 

デュランディルという天才が魔術を生み出し、高弟に暗殺され知識が流出。

魔法王が乱立し、研究の果てに多様なアンデッドが生まれ、リプレイではそうした流れを受けた魔法文明後期~末期にかかる時期の、ある連邦に属する国が舞台。

魔物知識判定に失敗したときの「おまえの正体、見破ったぞ! 不確定名「○○のようななにか」!」(○○はネタバレ回避で伏字)って場面では腹筋痛くなるくらい笑った。

正体を見破ったと言ってるのに……いやまぁ、判定に失敗したい以上仕方ないことですけど。直前の流れからのコレはひどい(褒めてる)。

いつもと違う時代が描かれていて、かなり新鮮で面白かったです。



モノトーンミュージアムRPGスーパーシナリオサポートVol.3 禍槌は悔恨に啼く

ico_grade6_3

「ようこそおいで下さいました 終雪の国は貴方がたを歓迎いたします」

「この国はどこか妙だ どこかが……」

 

表題の「禍槌は悔恨に啼く」と「氷華の箱庭」の演目2話と追加データが収録されたシナリオサポート第3弾。

今回の舞台は職工の国。新年の祝祭が迫る中で来た事件を解決する演目。

もう一つは、白領山脈にある国をそれぞれの事情でPCたちが訪れ、その国の問題を解決する演目でした。

 

今回収録されていた演目では「氷華の箱庭」の方が好きですかねぇ。

ちょっとしたギミックが仕込んであるシナリオとかちょっと面白そうだなーって思います。

また各種データが追加されています。

アイテムで笑ったのは「お婆ちゃんの糠床」。回復アイテムの効力を上げるアイテムですが……雫石や命石に効果があるって。アレ、「飴玉のように舐めて使う」アイテムなんですが。

ぬか漬け風味キャンディで回復するキャラが出てくると思うと、腹筋に来るものがある。

 

そして「職工の国」に関する追加情報等々。

Vol.2で描かれた商いの国と違って、この国の入国審査は厳重だそうで。

貴重な技術を持った人材を抱えていることもあり、歴史的に他国から脅かされていた過去があった事。

また、紡ぎ手の保護を謳った事で聖教会との対立気風が強まっている事などが理由だそうですが。

 

パーソナリティでは、虚剥ぎ道化プルースト、マレット・カリヨンの設定が好みですねぇ。

憎しみを抑え込んでいる組織のっぷと、迷いを抱いた裏の顔を持つ商人と。

こういう設定読んでいるだけでも楽しいので、もっと出て欲しい所ですが……次の四巻で最終巻だと決まっている様ですねー。ちょっと残念。

 



モノトーンミュージアムRPGスーパーシナリオサポートVol.2 罪貨は喧噪に沸く

ico_grade6_3

「やあやあそこのお兄さん! オレを手に取って英雄になってはくれないかい?」

 

モノトーン、世界観は好きなんですが、プレイしたことはないんですよねぇ。

リプレイを見るにとても面白そうなのⅮえやってみたいとは思うんですが、いかんせん時間がない。

あと知り合いでモノトーン持ってる人いないんですよねぇ。南無。

 

さておき、モノトーンミュージアムRPGの演目を2話とワールドセクションとして「商いの国」が紹介されているサポートブック。

演目も、商いの国で起こる事件が描かれています。

表題の「罪貨は喧噪に沸く」と「翡翠夢見し花の香に」。

シナリオ前にある1Pの漫画ダイジェストがいい雰囲気出してて好きなんですよねぇ。

他のTPRGでもサプリメント冒頭に数ページの演出が描かれていると、そこから色々想像が膨らむので嬉しくなるタイプです。

 

アイテムのデータも追加されてましたねー。

「減らずの果実」っていうHP回復するけど、一日に回以上使うと、食べるのがやめられなくなるって言うデータは何かツボった。購入難易度がやたら高いのも笑う。

 

ワールドセクションはデータブック「インカルツァンド」でも触れられていた「商いの国」。

パーソナリティが追加されているほか、色々と詳細な情報も増えてます。

入国審査は行われている物の、戦時でもない限り、代表者が入国の目的と滞在期間を告げれば許可される程度のゆるさ。

商いに訪れる人々が多すぎて、これでもなお厳しすぎると不満の声が上がっているほどだとか。

とはいえ、流石にコレ以上は緩くしようもなさそうですけどねぇ。ここからさらに緩めたらそれはもはや入国審査とかではなく、フリーパスというのでは……

 

パーソナリティでは、贋作師の「セント・ストレイト」が好きです。金さえ出すなら何でも作ると言ってのける辺りが格好いい。

……いやまぁ、贋作師なわけで、当然法に触れまくってるみたいですけどね!

赤銅の鈴の庇護下になかったら、恨みを買って刺されててもおかしくないのでは。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索