気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

感想(TRPG)

アリアンロッド2E・リプレイ・フォーリナーズ オレたちが異世界トリップしてエリンで無双する?

 ico_grade6_3

ラヴィニア:バカ息子たちが、政治に関心を持つこと自体が不自然だと?

GM:「そうです、だって、国家転覆をやるとなったら、自分たちが働かないといけなくなるじゃないですか」

鉄也:……働いたら負けだと思っている!()

 

ストレンジャーガイドを採用したリプレイ。

PC4人全員が元地球人、という設定でWEB小説にあちがちな要素をこれでもかとぶち込んでいて笑う。

「悪役令嬢」「剣に転生」「スライム(ポメロ)に転生」とか。サイボーグに転生してるPCもいましたね。

 

2話収録されていて、一話目で悪役令嬢らしく悪事が発覚して、それまでいたところからの追放イベントが発生。

ある島へと追いやられて、そこで上手い事話をまとめてしまうんですよねぇ。

レベル高いから大抵のモンスターには対応できますし。

 

で、2話目にして、悪役令嬢を追い出した令嬢が王子様と婚約する、なんてイベントが発生しそうになって。

わざわざ招待状を送りつけてあるあたり「いい根性してるな」という感じでしたが。

ネタ晴らしの段階になって、なるほどとは思いました。驚かされた。そういうネタを仕込んでくるのか、と。

全員ストレンジャーという事もあって、かなりネタトークが多かったのも笑えて楽しかったです。

途中のFS判定でのGMの仕掛けた罠は中々愉快だったので参考にしたい。

 

 

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’n Role3 ヴァンパイア・ゲームエンド

ico_grade6_3h

フレーズ ……さようなら、知らない人。

 

ベーテGMが贈る、レンドリフト帝国で起こる事件を追うリプレイ、第三巻。

クライマックス! と帯に在る通りフレーズの因縁の相手を倒しにいき……見事それを成し得たわけですが。

ツイッターかなんかで「クライマックスとありますが終わりではありません」とか見て、てっきり誰か死んでうっかり続編コースかと思ったんですが。

ちゃんと解決したのは一安心しました。単に好調だったからこその続刊のようで。こういう展開を見るとホッとしますねぇ。

ライトノベルとかの短期打ち切りがホント増えてますから。

 

閑話休題。

本編は第6話と第7話を収録。

キャラメイクでクルーンが「魔法拡大/確実化」を取得して「確実な平和」を発動することが出来るようになったとか。

……途中「ピース」を唱えながら進軍してくるライフォス神官軍団のイラストまでありましたが……アレは、怖い。平和的じゃない何かだ。

6話はベーテGMのたっての希望でシティシナリオ。おまけにTRPGで推理モノという中々の難題に挑戦していますが……

見落とし手があったためにかなりショートカットされてますね。

ルールが膨大なだけにどうしたって見落としは出てくると思いますが、アレは痛い。

 

7話は、敵の目論見を阻止し、その上で本拠地につっこむイベント。

道中、GMの信用が全くないネタトークが笑えた。


GM
 ないよ! ってか、そんなことしてるとこのシナリオが終わらないよ!

ヴェルグ よいよい。みなまで言うな、GM。わかっておる。これから、ウィルダネスが始まるんだろう?

GM 俺本当に信用ねえな!?

いや、敵の本拠地に確実にここまで必要ないだろうけど詰め込んだ詳細設定とかを用意しているあたり、相当だと思いますが。
葛藤しつつ設定練り込んで完成させてしまうあたり流石としか言えない……。
母百合を巡る騒動には一先ず決着がつきましたが、この後どう続いていくのかが楽しみでならない。


 

常夜国騎士譚RPGドラクルージュ

ico_grade6_3h
「――歴史とは無残なものだ。

千年の麗しき栄華を、最後の一夜が覆す。

伯よ。全ては美しい夢に過ぎなかったのかもしれん」

 

耽美だった……

太陽がない常に夜の国――常夜国。

そこに生きる吸血鬼たちをPCとしてプレイするTRPGです。

かつて吸血鬼の真祖ドラクルは太陽を滅ぼした。

偉大な真祖のそばにあった六人はその血を残し始祖と呼ばれた。

 

私達が「吸血鬼」と聞いてイメージするのとほぼ同じですかね。

太陽を忌み、長い時間を生きる存在。

PCは衝動を律することが出来ているが、敵役の多くは暴走している。

あるいは、太陽を復活させんとする一派や太陽の欠片と対峙する事になったりも。

 

永遠の夜の世界って言うのが雰囲気在りますね。

そこで麗しい不死身の騎士として遊べるということで、技名がかなり来る。

『甘き口づけ』『儚き薔薇城にて』『頬に触れし指先は』『夢編む木陰に』『せめて一時の…』とか。

いい感じにこの世界における騎士の在り方を表現してると言いますか。うまく溶け合っている感じがします。

前半がリプレイパートで、後ろ半分くらいがデータなんですが。

中々読み応えありました。この世界観は好きだなぁ。

 

常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ
神谷涼/インコグ・ラボ
KADOKAWA/富士見書房
2016-03-19
 

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック

ico_grade6_4

(ふん、見え見えの力任せの一撃だ。だが……ああ、そうだな、ベリンゲイ。これを避けてしまえば、オレの負けだ!)

なぜなら、我らは共に剛力こそを己が証としたのだから――

 

タイトルに在る通り、ソードワールドの世界において一大勢力である蛮族(バルバロス)についてまとめた一冊です。

複数部位を操る際の助けとなるフィジカルマスター技能と言った新しい技能なんかも掲載されていました。

蛮族PC用のサンプルキャラクターとかデータ部分も結構充実してましたね。

 

けどやっぱり、この本の肝はバルバロスの紹介ページです。

「下級の妖魔たち」の区分でゴブリン・レッドキャップ・コボルド・グレムリンについて記されたり。

「剛力の蛮人」としてミノタウロス・ゴーリーが、「強大なる支配者」の枠にドレイクとバジリスクが。

共通項目でくくられていて、それぞれが登場するショートストーリーの後に種族ごとの特徴について記されています。

 

特徴や性格を上手く描写しているので本当読み応えありました。

アンドロスコーピオンのSSの結末とかは実に蛮族的と言いますか。

全体的に見てまさしく弱肉強食の世界だなぁ、と。

SSで気に入ったのは「殺戮する者」、「剛力の蛮人」、「剽窃の魔動機師」、「姿を偽る者達たち」あたりですかねー。

他のもそれぞれの個性が出てて味があるんですがねー。

ソード・ワールドも楽しそうだよなぁ。12回しかやったことないのでこれももうちょっとプレイしてみたいものですが。時間がなぁ……

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック (ドラゴンブック)
北沢慶/グループSNE
KADOKAWA/富士見書房
2016-07-20
 

片道勇者TRPG

 ico_grade6_3

ウルファ:選ぶ項目自体は、クラス、特徴、クエストの3つだけで済むのでかなり早かったですね。お手軽!

雷蔵:すぐ死ぬからキャラクター作成が早いとか、そんなパターンでは……。

GM:はい。

雷蔵:やっぱり!

 

闇に飲まれようとしている世界。

勇者たちは西から来る闇から逃れるように東へと進み、闇を生み出したとされる『魔王』を倒すべく旅をしている。

引き返すことの出来ない旅。……そして、リトライもOKという中々面白い設定のTRPGです。

 

元々は片道勇者というフリーゲームがあって、それをTRPGで再現したのがこのシステムみたいですけど。

最初の一歩でまずい感じのモンスターに突っ込み、戦闘したら死んでたとかが普通にあるそうですよ。

死んでも幽霊となってセッションの最後までは付き合える親切設計!

死亡前提なあたり既に優しくないという説もあります。

 

闇が迫ってきて、日数が経過するごとに、自分たちが立ち寄ったエリアすら闇に飲まれていくって言うのはスリルありそう。

NPCのイベント部分を読むとかなり重要な要素書いてあったりしますね。

引き返す場所が物理的になくなっていくこともあり、早い時には1時間ちょっとで終わることもあるそうで、やってみたくはある。

片道勇者TRPG
齋藤 高吉/冒険企画局
KADOKAWA/富士見書房
2016-06-18

モノトーンミュージアムRPGリプレイ&データブック トレイメント

ico_grade6_3h

GM:「僕が……僕が怖がっているだと?」

ロジーナ:「ひとつの物語が終わるとき、新たな物語は生まれ落ちるのだから。えぇそう、我が神の美しい世界のように。そうでしょう? あぁ、ああ……っ!」

クワイア:お前も伽藍になっちまえよもう!(一同爆笑)

アニマ:最後まで言わなければかっこいいのに()

 

左の地を舞台に紡がれる、モノトーンミュージアムの世界。

リプレイを1話と、新データを掲載した新しいサプリメントです。

いやぁ、やっぱりモノトーンの童話のような世界は好きですね。

読んでいて楽しい。プレイしてみたいところですが、知人でルルブ持ってる人少ないのよなぁ。

 

リプレイは、巨大な時計の中に築かれた街アンティキラの物語。

新しいクラスの屍人をPC1として綴られる話。

PC4が狂信者的で、とても怖かったです。えぇいつか背中から刺されそう。

いっそ伽藍になっちまえよ! とか言われてましたしね。

危うい協力関係ではありましたが、事件の真相にはしっかりたどり着いてる辺りはミゴと言いますか。

モノトーンはやっぱり「御標」が特徴的でいい味だしてます。

 

データ部分は、「屍人」と「渡り」という新しいクラスが追加されてます。

新しい装備品なんかも掲載されていて、中々楽しい。「剥離値がチェック後に10だったらエンディングフェイズ終了までに死亡する」という「終わりの首枷」とか。

伽藍になるくらいなら死ぬ! といういっそ清々しいデータですな。

ワールドセクションで、左の地の文化や古族・古都についても記されていて読み物としても楽しい。

シナリオクラフトルールまで乗っていてますますやってみたい熱が高まるばかりです。消化する先がないんですがねぇ。もっと時間がほしい……

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 下

 ico_grade6_3

GM:つ、つまり?

レト:(無駄に爽やかな声で)すべてはマクリアウラノスをアクイラに持ち帰るためなのさ!

一同:(大爆笑!!)

レト:皆、生きて帰ってアクイラを助けようぜ!(ガッツポーズ)

 

リーンシェンク地方の、機動要塞を巡るリプレイ完結巻。

人族の領域に侵入しようとしていた敵側の機動要塞を撃破したPCたち。

けれど、敵側の切り札が切られて大参事に。

要塞による超長距離砲撃。それは、同じ機動要塞ですら大破させられる威力のモノで。

 

幸い連射は出来なそうだ、とポルタは分析していますが。

それに対抗する何かを用意しないことには、戦うのもおぼつかない……という状況で彼女が秘めていた事情を打ち明けてくれて。

しかし、これだけのモノを作り出せる文明があってなお滅びたって言うんだから、大破局は本当すさまじかったんだなぁ……

ヘリファルテの様子を聞くに、当時の人々の油断というのも結構影響していたと思われますが。

 

高名な占い師であるレトの母親も登場していましたが……

この人もまた濃いなぁ……生き別れだった息子に数年ぶりに再会した反応がすさまじい。

脇で聞いていたラージュですら「技能見抜きたかったら判定していいよ?」というGMの発言を遮る勢いで「しない!」と即答するレベルで突き抜けてる。

まぁ、息子は息子でクライマックスに向けての交渉でいい感じに突っ走ってましたがね。似た者親子なんじゃなかろうか……。
最終戦闘とかはちょっと盛り上がりに欠けた感じはありますね。
要塞という要素は面白かったんですけど、色々と惜しかったと言いますか。今後に期待。 


 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 上

ico_grade6_3

ドレッド:待て待て! くそっ! これは罠だ! オレたちの連携を崩さんとする敵の巧妙な罠だ! おい貴様! いい加減なことを言うな!

GM/ザイーム:「あの素晴らしき方の隣にいるべきは我だ! 貴様ではない!」

ドレッド:ブラフォスの隣など、こっちから願い下げだぁああああ!(切実)

一同:(爆笑)

 

第一話から第三話まで収録。

魔動機文明に栄え、それ故に大破局によって大きな被害を受けた地域。

今となっては遺跡が多く残る地域として知られる、リーンシェンク地方が舞台です。

人族と蛮族混合の、この地域の特殊性を活かしたグループSNEの新人がおくるリプレイ。

 

かつて生み出された移動する要塞こと機動要塞。

元々この地方にはヘリファルテという動き続けている物が残っていたわけですが。

今回は、新たに動き出した要塞を巡るストーリーが展開されていきます。

要塞管理用の魔動機械が稼働していて、その知識だけでも一財産築けるんじゃないかなぁ。

巻末にちょっと交流がてら過去の話をする「ワールドガイド」が描かれてましたが。

学術的には結構価値ありそう。

 

さておき。ひょんなことから要塞の管理者として登録されることとなったPC4人。

人族と蛮族という事で、微妙なすれ違いもありますが。

それぞれの事情なんかも踏まえて、一緒に行動していくことに。

暴走状態だと推定される機動要塞に対抗するために資材を調達したり、蛮族PCが因縁有る相手の手勢と争ったり。

 

オマケにその因縁の相手まで要塞を手に入れているようで、にわかにこの地方が大ピンチ。

単純に都市規模の質量が移動するだけで災害ですよね……家屋とかも踏みつぶせるだろうし。軍隊も文字通り蹴散らせるだろうし。

要塞を用いた戦闘のルールなど特殊な処理もされていましたが、PCの事情と要塞という独自要素を上手く合わせていたと思います。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ4 

ico_grade6_3h

ジーク けど、エアみたいな扱い方してると、ルーは孤独だぞ。

エア あのね。神とは本来孤独な存在なの! 今は下野なさってるからこうして一緒に遊べるけど、本来は人の手に触れることもできない、目にすることも叶わない方なの!

ジーク なるほど(手をポン)だからオレ、神になるんだ。

一同 おおおう(笑)。

 

三十九話と四十話の二話収録。

リプレイ完結巻であります。

長く続いたシリーズの、期せずして読めることとなった続編。

まぁ、途中数年刊行の間があいてもどかしい思いもありましたが、無事に終わってほっとしております。

最終話予定のシナリオで事故って急きょ延長! とかありませんでしたし。

 

三十九話は、行方不明になった女帝を探すお話。

元々脱走癖を持っているので、「自分で出ていったのか」「連れ去られたのか」をまず考えないといけないというのがまた。

ただ敵に魔神使いが居るので、戻ってきたらドッペルゲンガーな展開になるとヤバい。

いつものこと、ではあるけれど、状況的にヤバさがちょっと違う。

まぁ、そんな中でもぞんざいズはいつも通りでありましたけどね。

 

四十話はついにラスボスと対面……なんですが、じつは彼らいい感じにすれ違ってて、最終決戦でようやく対峙したんですよね。

GMもどこかで一度合わせて因縁持たせたかったのに……と零していました。

念願の面白妖精も出せたみたいですし、とりあえずは良いオチが付いたんじゃないでしょうか。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ3

 ico_grade6_3

エア わたしが思うに、多分、このGMのシナリオ傾向からすると、すでにその人は登場してるのよ。

ニゲラ はい、ニゲラも間違いないと思います。

GM そういうメタ読みはやめましょうよ!(笑)

 

三十六話が上下に分割された上、続くエピソードが更新されずに、待ち続けた三巻です。

噂の、三十六話から三十八話まで3話収録されています。

「妖精の卵」という謎のアイテムの正体を求め、事件を解決したときに知り合ったコレットという少女に「疑似精霊郷」という場所へ足を踏み入れることになった一行。

 

そこで色々と情報を得ていくわけですが。

疑似精霊郷の中は、本来の精霊郷とは違いじめじめしてたり環境が不安定な感じ。

だからこその「疑似」ですが。

迷い込んだ少女たちを回収して回って、ボスと戦ってましたが。

GMの出目が振るわず、あまり苦戦せず倒してましたね。

 

37話からは、2巻から2年の時間が経ったこともあり、それまでに出たサプリメントを適用して、リビルドすることに。

色々とパルグレート家の事情なんかも明らかになってきて。

かなりヤバい情報とかも出てきて、騒ぎになりそうですねぇ。

 

三十八話においては……PCがツッコんでいった結果、ボス戦がかなりの速さで行われることになっていて吹いた。

それでもちゃんと、シナリオを進めていくあたりGM流石というか。お疲れ様です、というか。

またしても最後に重要そうな情報が出てきた、というか。

敵がアイヤールで動いてるっぽいから、と後を追ったら事件が起きてて大騒ぎに。

しかし女帝は本当話題に事欠かないな……



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索