気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

電撃文庫

ストレンジムーン 宝石箱に映る月

ico_grade6_3h

「……つまり、行き当たりばったりで考える、ということでいいのかな?」

「…………まぁ、身も蓋もない言い方をすれば」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

『パラサイトムーン』から8年後の世界を描くシリーズ。

成長したファウナやフローラ、心弥などなど。懐かしいキャラが出て来て前作おさえてると更に楽しいですね。

 

ただあくまで新シリーズなので、メインとなるのは、月代玲音という新キャラ。

キャラバン関係者の幼馴染・文槻クレアがいるものの、彼自身は迷宮神群のこととか何も知らない一般人。

友人と変わらぬ日常を過ごしていたある日。地元の洋菓子店を訪れて、事件に巻き込まれる事に。

 

封印を解かれた「マリアンヌの宝石箱」。

その中には、かつて欧州を席巻した異能者ブロスペクト一派の能力や記憶が封じられてあいて……事件に巻き込まれた人々の中で、覚醒する。

能力だけが付与されて、全く影響を受けない人も居れば。

ブロスペクト一派の記憶が混ざり、それに強く影響を受けてしまう人も居た。

 

そしてそもそも、失われていた「宝石箱」を奪い封印を解き放った黒幕も動いているわけで。中々状況が混沌としてますね。

敵側が派手に能力を使って、かつての仲間の覚醒を促したりしてきますし。対応が後手に回っている感じはある。

「ブロスペクト一派の記憶と能力」が混じっただけで、肉体的には一般人だったり、関係者だったりするから、手出ししにくいというのもあるとは思いますけど。「毒ガスで一網打尽」とか「高威力の攻撃で肉体破壊」とかできないもんなぁ。

こちらは手加減しなきゃいけないのに、相手が手加減してくれる保証はないので最悪です。

 

キャラバンの関係者も多く巻き込まれていて、対処してないわけではないんですけどねぇ。

心弥が美術教師として学校に来たり、その能力を磨いて評価されているみたいだったのは嬉しかったですねー。

彼なりの戦い方というのも見せてくれましたし。根黒を「桂君」と呼んだり、親しい人を増やしてるのは何よりです。大人になったんだなぁ。

 

玲音がそれまで何も知らなかったのに巻き込まれて、混乱している様子が良くわかります。

あと、このシリーズは13巻で序破急みたいな展開するので、まとめて読むのをオススメ。

パラサイトムーンⅥ 迷宮の子供達

ico_grade6_3h

「――私達が――遊びでやっていると、思ってるんですか?」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

甲院一党は、欧州に勢力圏を持つキャラバンの一派、カーマイン派に招かれてその拠点へ向かう。

そこには、同じように庇護を得たガムナ教団の司祭たちも居て。甲院派の面々に興味を示す。

 

日本国内の勢力争いだけでも相当でしたが、迷宮神群、世界中で現れるんですもんね。そりゃあ、海外にも厄介な連中居るよ。むしろ面積的に、日本以外の方が広いんで厄ネタたくさん埋まってそう……

キャラバンに与する身でありながら、カーマインが甲院派を招いたのにも理由があって。

彼は彼なりに色々思案しているというか。

 

派閥のトップって、大変だなとしか言えないようなモノを抱え込んでいて。

甲院薫と話をしたかったというのも嘘ではないけれど、その裏には別の思惑もあって。

後半、山之内派のトップとも顔を合わせる事となってましたが、山之内の方もそれを察していた辺り、こういう交渉と言うか政治も良くあることなんだろうなぁ……

理解してない構成員もそれなりにはいるようでしたけど。

 

真砂たちは、甲院派が根城にしていた異界にまで踏み込んだものの取り逃がして。

独断で色々しでかしており、キャラバンの援護が期待できない中、欧州にまで逃げた彼女達をどう追いかければいいか。

そこで提案されたのが『画廊』を使う方法だって言うんだから、楽しいな。こういう本来の使い方じゃないけど、裏技的に活用するの好きなんですよ。

 

5巻で名前が挙がっていたものの、海外にいるから無理だと言われていたネイも登場して、実験室の子どもたちが(可能な範囲で)揃ってました。

離れていても、繋がっている関係も良いですよねー。由姫を救うために、手を尽くして、若さと青さ故の失敗もして。

それでも諦めなかった彼らの奮闘と、掴み取った約束の風景は、とても暖かくて良い終わりでした。

 

あと個人的に驚きだったのは「電子書籍版あとがき」ですよ!

迷宮神群の設定。星詠みの砂漠にある砂粒ひとつひとつが別の世界を内包しているという話。そして、別シリーズの『輪環の魔導師』や『空ノ鐘の響く惑星で』の下りには驚きました……。

『空鐘』で、シャジールの民、予想以上に凄い事していたのでは? 『輪環』の方は追えてないので、こっちもその内読みたいですねー。

パラサイトムーンⅤ 水中庭園の魚

ico_grade6_3

「……あなたの意見なんか関係ない。この際、由姫の意志もどうだっていい。

ぼくが助けたいから助けるだけです。自分勝手でもなんでも――もし由姫が、それを嫌がるって言うなら、助けた後で、いくらでも愚痴を聞くつもりです」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

死んだはずの甲院派のトップ、甲院薫が復活した。

キャラバンに属していた甲院派の関係者にも、薫に合流する者が居て。

この機会に膿を出そうと、派閥を再度潰そうとする流れが出来上がっていた。

 

しかしそれは、真砂たちには受け入れがたいものだった。

甲院薫は復活に際して、実験室の仲間である由姫の身体を乗っ取っており……キャラバンは、危険分子を潰すためなら少女一人くらい見殺しにすると知っていたから。

そもそもが、特定の組織の実験によって異能を持たされた子ども達なわけで。ほとんどが、組織をあまり信用していない、なんて地の文のお墨付きまでありましたけど。

 

組織として、危険な相手への対処がそうなるという事実は理解している。

その上で。仲間を見捨てることは出来ないと、真砂はファウナ達と一緒に由姫を助ける為に行動を開始して。

いやぁ、ハラハラしますね! 真砂たちの行動原理も分かりますが、敵は老獪で経験豊富な格上なわけで。

 

由姫助ける為に、誰か欠けたら意味ないから頑張って生存してくれ、の気持ちで読んでました。迷宮神群、タイミングによっては容赦ないですからね……

子どもたちだけで敵陣に突っ込んだ時は、生きた心地がしませんでしたよ。

星詠みエスハ、本当にろくでもないというか。いろんな人に嫌われているというのも頷ける話ですね……

パラサイトムーンⅣ 甲院夜話

ico_grade6_3h

「そうか……そうだな。疑うよりは、信じた方がいい」

「でしょ? それに私達、ほんとに仲良かったんだから」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

13巻は、キャラの繋がりこそあれど事件的には独立した、単巻でまとまったエピソードでしたが。46巻はシリーズですね。上中下巻構成な感じ。

 

「甲院派」。迷宮神群、長くのたうつアラクネを信奉していて……人体実験を繰り返したことで十年以上前にキャラバンに潰された一派。

既に登場しているキャラだと、神群の探知が出来る詩乃や、フローラやファウナもこの甲院派の関係者だったようです。……実験体側として、ですが。

実験を主導していた側にも、甲院を裏切りキャラバンに着いた人員は居たようですけど。

十年前に終わっていたはずの組織。それが、今になって蠢き始めることに。

 

メインとなるのは、新キャラ乾真砂。

彼もまた甲院の実験で異能に目覚めた子で……異能が戦闘に活用できるものだったので、華ヶ瀬が社長をやっていた会社に属してたようです。

が、解雇されて。新しく研究者の護衛を始めて。研究者の下には、懐かしい仲間も一人いて。このまま穏やかに時間が流れればいいなぁ、と思わずにはいられなかった。

まぁ、無理なんですが。

 

甲院派の元幹部が、真砂の護衛対象である研究者を追及して。

その人を助ける為に、真砂たちは行動を起こさざるを得なくなった。

否応なく騒動の最前線に駆り出されて、巻き込まれるんだからたまりませんな……

実験室の子供たちは、かつて約束をしていて。長く連絡を取っていないメンバーも多かったようですが。

来歴のこともあって、深いつながりが感じられて良いですねー。折れずに頑張ってほしい。



パラサイトムーンⅢ 百年画廊

ico_grade6_3h

「生きているなら、探します。それが一番、僕にとって大事なことですから」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。                                                          

2巻とほぼ同じ時間軸。1巻で登場した、弓と心弥達が何をしていたのかが描かれる話。

メインとなるのは、心弥ですね。彼の持つ「感情が色で把握できる」異能。

それ齎したグランレイスという画家と、隠されていた神群「虹の屍・オルタフ」。

 

そして満月のフェルディナンと呼ばれる、変身能力を持つ神群関係者。

フェルディナンの思惑で二人が――特に心弥が翻弄されることとなるエピソードです。

絵に飲み込まれてしまった弓を助けるため、心弥はグランレイスの作った『画廊』を探索しますが。

 

フェルディナンの暗躍を知ってると、引き返してーと止めたくなる。

……けど、事情を知っていたとしても、弓が絡んでいたら止まらなかっただろうなぁ、と納得もしてしまうので難しい。

 

不老の夢路さんの背にあるナニカの事とかも、少し分かりましたけど。

今回の一件で、一番癪なのは星詠みエスハが、全ての事情を知っていてなお道化の振る舞いをしているフェルディナンを放置していたことですよね。

常日頃からこんな言動してれば、そりゃあ嫌われるわ……。

フェルディナンは心弥を振り回したけど、最後には筋を通したので、微妙に嫌いになれない部分もある。

 

パラサイトムーンには、いくつもの神群と異能が出てきますが。

一番好きなのが、グランレイス関係ですねー。『画廊』が好きなんですよ。一人の想像力によって作り上げられた、広大な空間と言うシチュエーションが美味しい。

後の巻で『画廊』を活用する場面とかも気に入ってて、そこは記憶に残ってたので読み返しついでに感想を書いてます。

 

電子版あとがきで触れられた、「四巻で扉絵が重複していた」失敗。

一応紙でも読んだはずなのに、その辺りはすっかり覚えてないですね……電子書籍化にあたって修正が入ったそうなので、おめでとうございます。

あとがきだと「グランレイスと心弥につながりはありません」以降の下りとかが結構好き。

パラサイトムーンⅡ 鼠達の狂宴

ico_grade6_3

『泣きたい時は、無理しないでわんわん泣いちゃっていいわよ。その代わりちゃんとその後で立ち直ってね』

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

シリーズの軸となっているのは「迷宮神群」と、それに様々なスタンスで関与する「キャラバン」という組織で。

巻ごとに主役入れ替えできるのはいいですよねー。1巻で出てた心弥や弓も一シーンだけですけど出てますし。こういう構造の作品好き。

 

「キャラバン」内で、研究員をしていた水元美春。

しかし、彼女はキャラバンを裏切り、その成果を悪用しようとし――粛清された。

表向きは事故死とされたものの、妹である冬華はそれを受け入れられずに、もどかしい日々を過ごすことに。

キャラバンのことも、神群のことも知らなかった彼女は、あるいは時間をかけてその傷を癒すことができたかもしれない。

 

けれど。姉の研究していた神群が、『黄昏の墓守 レブルバハト』だったために、それは叶わなかった。

美春の死には不審な点があり、それに疑いを持った実働部隊の華ヶ瀬が、冬華も関係者とみなして速攻で殺しにかかってくるあたりはおっかないにも程がある。

 

冬華を守ろうとしてくれる人も居るので、完全に破たんしてるわけでも無いですが。キャラバン、中々に歪ですよねぇ……

神群の影響があるからだけではなく。かつて甚大な被害をもたらした『レブルバハト』だからこそ、手段を選んでいられない華ヶ瀬。

 

これ以上ない悪役の立ち回りですけど、悪役なりの芯があったので嫌いじゃないです。好きにもなれないですけど。

犠牲の多い、救いのない展開ではありましたが、最後に少し余韻もあって良い終わりだったと思います。……冬華ちゃんの受けた衝撃を、別とすれば。

 

あと少し気になったんですが。あらすじ、真名井製薬となるべきところ、井製薬になってる部分ありますよね……冒頭……。

パラサイトムーン 風見鶏の巣

ico_grade6_3

「だけどな、人間でいようとする限り、そいつはやっぱり人間だ。(後略)」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。
紙媒体で一回読んでも居るんですが、今手元になくて……。

 

人の周囲に、その感情が色として見える高校生、希崎心弥。

彼は、幼馴染の露草弓の初めての里帰りに同行し……それまで知らなかった、この世界の裏事情について知ってしまう事に。

 

迷宮神群と呼ばれる、神のごとき力を持つ存在が居て。さらにはその力を与えられた眷属のような人々も居る。

そして――弓の故郷である島は、島民全員でとある「神」を祀る、信仰と狂気に満ちた場所であった。

 

そして、その「迷宮神群」を狩ろうとする組織が島に入り込んだり。

神群の調査をするべく乗り込み、捕えられた学者を救出しようとする人が居たり。

心弥と弓は、島の事情と同時に狩る側の組織の事情にも巻き込まれるわけですが。

「迷宮神群」について知り、配慮もしてくれる幻三や夢路と出会えたのは、今後の為になると思います。

……まぁ、強硬派の危うい部分も同時に見せつけられもしてるんですが。

 

弓が無事で本当に良かった。

一歩間違ってたら、あのまま祭祀として祭り上げられてたし。幻三や夢路が居なかったら、強硬派に討たれていただろうし。結構危うい所でしたよね。

 

巻末にはあとがきがあるわけですが。コレが、電子書籍化にあたって書き下ろされたものに置き換えられてます。

迷宮神群の着想となったものの話や、その設定も軽く触れられてたり。2巻や3巻で出てくる神群の名前が出て来たり。

振り返る要素が含まれたあとがきで、ちょっと新鮮でした。


“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店7

ico_grade6_3h

「俺は咲と共に生きていく」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。シリーズ最終巻。

咲もまた義眼型の『アンティーク』を所有していて……それもまた死を見るものであった。

ことここに至って、刻也は自分が知らないこと、見えていなかったことと向き合う必要に駆られます。

 

2人の出会うきっかけとなった「過去」も追いついてきて、非情さを突き付けてきますが。

直接的に死をもたらす『アーティファクト』とか物騒なものを、いくつも装備しているとか反則にもほどがある。

辛くも乗り越えた後、刻也は「付喪堂骨董店」に辿り着き――『アーティファクト』を使って、真実を知ることに。

 

自分の義眼のことや、秘されていた『アーティファクト』のこと。

死ぬ可能性を見る『ヴィジョン』も中々趣味が悪いとは思っていましたが。今回の主題となるものは、規模が違って。そんなことまで出来るのか、と驚かされた。

そして、最後に立ちはだかるのが都和子さんだって言うのも熱い展開ですし、その過程で1~7巻で出会った『アーティファクト』を活用してくのも、シリーズ物ならでは積み重ねが感じられて、とても楽しく読めました。

そして最後の終わり方が、1巻の終わりと対になっていて、構成が上手い。

 

構成に関しては、全てが計算でもないようなんですよね。

あとがきで書かれていましたが、各巻の4章を刻也と咲の話にするというのは当初の予定にはなかったそうで。

綺麗にまとまってるように見えたので、少し意外ではありましたね。2人の関係が少しずつ近づいているのを見ていなければ。確かに、ここまで思い入れのあるシリーズにはなってなかったかもしれない。

10年以上前の作品ではありますが、オススメです。

“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店6

ico_grade6_3h

「君にここまで言わせるものが何なのか、俺は知らない。初対面の俺がそこに踏み込んでいいのかもわからない。だから俺にできるのは、こんなもんだ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

5巻で登場した『アンティーク』を回収している2人組と、改めて対峙することとなる巻。

1章「嫉妬」~3章「未来」まで、全てあの2人組にまつわる続きもの。

 

相手と自分の能力を交換する『入替人形』に頼ってしまった姉妹の話から始まります。

相変わらず『アンティーク』に頼った人には、不運が訪れる結末となっていましたが……『アンティーク』なんてなくても、あの家は歪んでいたから、別の形で破たんしていたようにも思える。

 

まずは、2人組の少女の事情が明かされて。

そこから片割れの少年の方の目的が判明するわけですが。

彼は彼で『アンティーク』……というか理想に振り回されまくったんだなぁ、という感じで。

どうせ理想なら、都和子さんが言った甘い考えの方が好きですね。いばらの道ですけど。

 

4章の「過去」だけは、いつも通り刻也と咲の話ですが。

2人の出会うきっかけとなったエピソードで、これまでの微笑ましさとは違う、中々に重い展開になっていました。

次が最終巻ということもあって、それに向けた準備をしている感じ。

“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店5

ico_grade6_3h

「贈った言葉は返せないのよ」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

情報を集めるのに、SNSじゃなくてブログサイト使ってる辺りとか。連絡先交換に、赤外線通信使ってるのとかに時代を感じて、思わぬダメージを受けましたね……

元々10年以上前に刊行された作品なので、その辺り仕方ない部分はありますが。

 

特徴的なのは1章「幸運」。

章題の通り「幸運をもたらす」バングル型の『アンティーク』についての話ですが。

『アンティーク』に振り回されるキャラだけではなく、接触して状況を動かす怪しげな2人組が登場して……

でも、その2人の謎は次回以降に持ち越しとなってるんですよね。

確かに「付喪堂」以外にも『アンティーク』集めてる人いてもおかしくないからなぁ。

 

2章・3章は続きのエピソード。

『アンティーク』も2つ出て来てはいます。2章の方では珍しく刻也がちゃんと探偵してたというか。資料を読みこんで、答えを見つけた形ではありますが。

とある壺にまつわる悲しい過去と、隠されていた秘密について。

壺そのもののエピソードのもの悲しさもなかなか来るものがありますが……

途中で、刻也が咲の「無表情の中に落胆を纏う空気を表現していた」所に気が付いてるのがポイント高い。そこに気付けるくらい、距離縮んでるんだなぁ、と。

 

4章の2人の話では、また微妙にすれ違ってましたけど。

5巻まで継続して、4章構成かつ最後は刻也と咲のエピソード、というのがパターンとなってて、安心して読めるのはいいですねー。

刻也が見栄を張った結果、デート失敗みたいになってましたが。自力でちゃんとフォロー入れてたのには成長を感じた。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ