気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

富士見ファンタジア文庫

ワールド・イズ・コンティニュー2

ico_grade6_3

「だからね、三矢塚くん。あなたは希望になりなさい。わたしたち皆が『自壊死』しないために。皆が前に進むために」

 

1巻でレベル100という頂点に達して、その後どう続けるのやらと思っていたのですが。

レベル100になったことで閲覧できる情報が増える仕組みになっていたそうで。

いずこかへ消えた、と思われていた闘神の使徒たち。彼らは、レベル100になった後に新たな戦いの場へと赴いたそうで。

 

浩史たちが、その新たな地に踏み込むためには戦力が足りない。

という事で、仲間探しを行う事になったわけですが。

闘神マクナの領域には、浩史とハイシェンの二人発見できず、他の領域に探しに行ったりすることになるわけですが。

レベル100に到達してなお、浩史たちが探せるエリアに居る相手というのはそれぞれに訳ありだったりするんですよね。

そりゃあ、既に到達している人は先に進んでますよね……

 

新キャラが登場したりして、また騒がしく盛り上がっていましたが。

……俺達の旅はこれからだ、エンド。まぁ、一気にレベル100になったりと駆け足な感じはありましたが。残念。



ロクでなし魔術講師と禁忌教典8

ico_grade6_3h

「俺の見立てじゃ、お前ら三人が、このクラスで一番強いからだよ」

()

「だから、最初に纏めてコテンパンに叩いとけば、後が楽だろ?」

 

派閥争いの煽りを受けて、「成績不振のため退学」という通知が来たリィエル。

それを回避するための実績を作るために、ある女学院へ短期留学する事になって。

システィやルミアも同行し、グレンも臨時講師として派遣されることになりました。

ただし、男子禁制の学園の為、グレンは魔術で女に変身するというひと手間が加えられていましたが……

セリカが嬉々としてグレンに魔術をかけていて、人生楽しそうだなこの人と思いましたね……

 

そして何とか潜り込んだ女学院ですが、そこはお嬢様同士が派閥を作り内部で抗争が起きているような状況で。

グレンは、今まで講師としてやってきたように、彼女たちのこれまでの積み重ねてきた常識を打破し「魔術師」にしてやると断言。

普段がかなりロクデナシですけど、こうやって真面目にやっている時は格好いいですよねーグレン。

 

まぁ、今回は始まりからしてリィエルの退学回避が目的だったわけですが。

そうやってリィエルを動かしたことが敵の狙いの一つでもあったようで。

女学院にもまた変な輩が入り込んでいたようですけれど、この国裏で蠢いている闇、深すぎませんかね……

敵の尻尾を掴むことはできませんでしたが、リィエルが新しい友人を得たようですし、そこは良かったですねー。

途中でリィエルがやっていた「縄抜けの魔術(物理)」と「鍵開けの魔術(物理)」にはひたすら笑いましたけど。それでいいのか魔術師……!




銀の河のガーディアン3

ico_grade6_3

「君があの人の娘に相応しくないなんていう人がいるなら、僕がそれを消し飛ばして見せる。邪魔する者もだ」

 

前回、銀河中に演説をぶって帝国批判をした叛乱の首謀者が居ましたが。

皇帝がその場に乗り込んで「じゃあ私の進退を議題に会議開いて、臣民の意志を問おうじゃないか!」と乗ってくるとはだれも思うまい……

それを考え付いた辺りセーヤってやっぱりどこか頭のネジ外れてるんじゃないのかな……

 

まぁそんな会議が行われるとなれば、当然妨害を企む勢力もいるわけで。

皇帝の養女という立場があるラリエナに、会議に出席してもらえないかという依頼が持ってこられて。

任務、じゃない辺りが肝ですよねぇ。そしてその護衛としてセーヤも参加する事に。立場なりに、皇帝いいお母さんやってると思いましたがねぇ。

どちらも不器用で距離感間違ってる感じはありましたが。

 

警戒していた通り、大会議においてトラブル……そこを襲撃してくる勢力が居て。なんとか追い払う事には成功していましたが、黒幕の姿は拝めず。

この3巻で一つの区切りという事だそうですが。

今回出てきたキャラクターが、これまでの敵達よりもいいキャラしてたので、もうちょっと読んでみたかった気もしますな。

 

 

銀の河のガーディアン2

 ico_grade6_3

「どこに行こうが、何をしようが、目的がわかっているのなら問題ないよ」

 

1巻で起きた事件を受けて、各部署から人員を集めた部隊が新設されることに。

能力はあるんだろうけど、あちこちから個性的なメンバーが集まってきて、ラリエナはそこはとなく不安を感じているようですが。

セーヤは、目的分かってるなら大丈夫でしょ、といつも通り平然としてます。

 

部隊が新設され……メンバーが集まり切る前に、任務が告げられ。

前回の事件を受けて、旧同盟国において叛乱が起きたため対応せよ、と。

その惑星ザザは、特殊な鉱石が算出される場所で、魔術が阻害される要素が大気中にばら撒かれている状況だとか。

よって、魔術で地表に転移することはかなわず、少数を選び大気圏突入させる、という作中においても珍しい手を使う事に。

 

そうして叛乱に対処していくわけですが……

事を荒立てるからには、それなりの目的があるわけで。と言っても、今回の相手は、何とも言えない小物感が、どうしても好きになれない。

理想にひたむきに走って、自滅するタイプと見た。周囲巻き込んで自爆するんだよなぁ。まぁ、引っ掻き回そうとして、最後皇帝に利用される結果となってましたが、やり方含め色々拙かったからしょうがないわな……

 

銀の河のガーディアン

ico_grade6_2h

「助けられる命なら、助けるに越したことはないだろう?」

 

銀河を統治する魔術帝国がある世界。

かつては帝国としのぎを削る「同盟」と呼ばれる敵対国家もあったものの、十年前に帝国によって滅ぼされたとか。

まだ十年前、ってことで禍根もあちこちに残ってる状況。

 

元同盟の中でも辺境にあった惑星出身のセーヤ。

帝国の版図に加えられたのも最後の最後、ということで。

魔術師の才能があると認められたセーヤは帝国に招かれることに。

最も、その容姿と魔力量から、忌まれてあちこちたらいまわしにされたそうですけど。

 

魔術があり、それによって動く機械の人型……「機甲杖」なる兵器があって。

直属軍、蒼衣衛に加わることになったセーヤは、ラリエナという少女とコンビを組むことになり。

セーヤがかなり頑固というか、周囲への興味に薄いため、ラリエナという常識人が隣にいることで、何とか回ってる感じですねぇ。

ラリエナが振り回され続けて大変そうですが……うまく使いこなせれば、君の相棒はかなり強力だよ、多分……

 

 

この旅の果ては、約束と救済と嘘の場所

ico_grade6_3h

「世界を救おうって割りには、お前は少し、甘すぎる――自分の犠牲は厭わないくせに、他人に犠牲を求めるのは極端に苦手なんだな」

(略)

「俺に言わせれば、今のお前の心はミステルにも劣る。そんなんでこの先、お前はやっていけるのか?」

 

「凍り付く灼熱の砂漠」、「自分の影が勝手に歩き回る国」のように物理法則や魔術の法則から外れた、「本当ならありえない事情」が発生するようになった世界。

それらは「逆理」と呼ばれ、どうしようもない物として、世界にあふれかえっていた。

逆理が生まれると同時に世界中の人は、それまでのやり方とは違う魔術を扱えるようになる、という変化も生じていて。

 

そんな世界を旅する、元盗賊のグレイブと記憶喪失の少女ミステル。

ミステルの故郷を探す旅の途上で二人は、逆理をどうにかする手段を持った少女ディアと遭遇して。

それぞれの事情があり、ディアと道を共にして、逆理を収集して回る事にした一行の物語。

グレイブの抱えている物に関しては、今回おおよそ情報出ていますが。続刊するとして、盗賊時代に知り合った相手とか、因縁つけてくる手合いも出てくるんだろうなぁ。

 

そうでなくてもミステルの記憶の件とか、ディアの父親の事とか、明らかになっていない部分もあるので、ぜひ続きでこの伏線を回収して欲しいものです。

変化した世界、特に「逆理」に脅かされる人々は不便な思いを抱いてますが。人の身でどうにかできるものではない、と諦めていて。

或いは、変化した世界で使えるようになった「反霊術」の便利さに、「逆理」発生後の世界を許容する人も出てましたが。

グレイブたちの道中に立ちはだかりそうですが……ミステルの願った「みんな幸せになる」道に辿り着くのは大変だろうなぁ、と思います。どういう答えを出すのかは気になりますねー。

 

はじめまして世界。 天使と悪魔と始める、終わらない旅

ico_grade6_3

「他の人間は知らないけれど、僕には僕の矜持がある。それは時に悪魔のような考えかも知れないし、天使のような考えかもしれないけど、根幹があるから、そう簡単には揺らがないよ」 

 

アークレイという世界。

ここには寄り添うように悪魔たちの住む地界、天使たちの住む天界と言う世界があって。

かつて力ある悪魔たちによって、アークレイは制圧されかけて。

人間たちの四つの国、エルフやフェアリィ、ドワーフといった亜種族の奮闘もあって、悪魔たちは退けられたものの……

 

世界を騒がせていた元凶の悪魔が消え、それに対処するためにやってきていた亜種族・幻獣も彼らの世界に戻り、今度は、人と人の争いが発生してしまった。

最後には、争いにつかれた民衆たちによって、王が殺され国が崩壊したというんだから、本当に何をやっているのか、という感じですが。

その名残で、今も国家という大規模な集団は形成されず、村落・街単位で細々と生き延びているようです。

もう何百年かしたら、この歴史を忘れた人々が集って国家が形成された気もしますがね。

 

こんな世界でも、定住せず旅に生きる人は一定数居て。

そうした人々を呼び込むことで、村や町はどうにか収入を得て生き延びている。

人を呼ぶためには何か目玉が必要だ、ということで「世界遺産」なるものが各地で認定されているようで。

よくもまぁ、戦乱の中で壊れなかったな……

主人公のデュートは、「世界遺産保護機構」に所属して、各地を巡り世界遺産の状態を確認したりしています。本人が旅と世界遺産をこよなく愛しているので天職でしょうね……

 

その中で、彼は既にこの世界からいなくなったはずの天使と悪魔と遭遇し。

それぞれと縁を結ぶ事となっていましたが。そもそもの話彼自身にも秘密がありそうですし、彼らの旅路がどうなっていくのかは気になるところです。

全体的にあっさりしていて、かなり読みやすかったので、次回に期待。

 



ロクでなし魔術講師と禁忌教典7 

ico_grade6_3

「私は先生を信じています。その先生が他でもないクリストフさん達を頼って信じているんです。どうして、私があまたたちを信じられないことがあるでしょうか?」

 

学院でのイベント「社交舞踏会」。

生徒同士の交流を目的としているが、来賓として女王陛下などもいらっしゃる、意外と大がかりな物で。

その中にはダンスコンペなんかもあり、優勝者には魔法のドレスの着用権が与えられる。

それはよくある、そのダンスを勝ち取った男女は将来幸せになる、という曰くで。

 

ルミアが方々からモテモテでしたが……

このイベントの裏側で、彼女を害する目的で天の智慧研究会の過激派が動きを見せて。

特務分室がそれに対抗するために出張ってきて……グレンも巻き込まれていましたね。

室長、『魔術師』のイヴ。

特務分室にはやはりそこを立ち去ったグレンに思う所があり、あしざまに言う人もいるようで。彼女はそっち側。

アルベルトや、今回登場した「隠者」、「法王」みたいに変わらずグレンと接してくれる相手の方が貴重なんですな……

 

しかしまぁ、イヴは手柄を求めるあまり、ルミアを囮にして相手を捕えようと画策して……見事に失敗。

いや、初登場から失敗までの速度はいっそ見事なぐらいでしたよ。

彼女は彼女で色々と背負っているものがあって暴走してしまったみたいですが……

これでグレンたちの奮闘がなければ、取り返しのつかない失態になりえたかもしれないと思うと、彼女はちょっと不用意なんじゃないかなぁ。

 

研究会側も、一枚岩ではないのが今回明らかになりましたが。

上層部の怪しさとかヤバさはいまだ明らかにならず。全てを見通している大導師とやらは本当に何がしたいのやら。

一方でルミアは今回の事件で結構追い込まれてる、というか。自分がいることで事件が起きている。今回は凌げたけど次はどうなるか分からない。

ここにいてはいけないのではないか、とトラウマスパイラル。一人書き置き残して消えてしまいそうな雰囲気すら感じますが、どうなるかなぁ。

 

ワールド・イズ・コンティニュー

ico_grade6_3

「たしかに痛いけど、まあでも、必要なことだろ」

「コージのかんかく、ぜったい、おかしいです……」

「ユキもいってた。コージはかなり壊れてるって」

 

異世界フルシエラ。

この世界には、強力な力を持った魔物が多く存在し、只人の力では倒すことができなかった。

それは長い間変わらなかったが、ある時、闘神と呼ばれる存在が異世界から使徒を呼び寄せ、人類の領域を広げる手をうった。

不老かつ不死の使徒は……特殊なクラスを与えられ、スキルとレベルを上げて戦い、死んでも蘇る能力を与えられた。

 

まるでゲームのような世界ですが……

使徒として呼ばれた主人公は、この世界を形作っているシステムに覚えがあって。

行方不明の姉が関わっているのではないか、と使徒として積極的に戦いに望んでいますが。

最速での攻略を目指すため、一歩間違えれば死ぬが勝てばレベルが上がる格上殺しを繰り返すことに。

いやはや、中々無茶をするというか、前作「スカイ・ワールド」のジュンとは違った感じでゲームバカというか、微妙に歪んでる気がしますな。

 

道中、他の闘神の使徒であるエルフの少女と出会い共闘する事になっていましたが。

彼女の背負っているものも中々重い、というか。

……既に同胞たちが長い戦いに心を壊し、「自壊死」を選んでいて。

それでも死を選ばずにいたことで、主人公と出会い、先に進むことが出来たのだから良かったんでしょう。

主人公の、「死んでも蘇るから」という地獄のトライアンドエラーにも付き合わされていたのは……本人気にしてないからいいのかなぁ……

 

一巻で最高レベルの100レベルに主人公と相棒の少女が到達してしまってましたが。

この後、どうやって物語を展開していくのか大変気になります。

あと、後方支援の由紀とかイラストが無いけど存在感たっぷりな桃子とかとの絡みも中々いい調子だったので、次回以降も楽しみ。


英雄都市のバカども3 ~アルコ・ホール三番街の何でも屋~

ico_grade6_3

「……なぁ、ライよ。何故だろうな。いい思い出だと思っていたが……改めて思い出してみると割と辛い思い出しか残ってないぞ」

「そうか? オレはいい思い出ばかりだぞ」

 

短編が4つと中編1つ。

相変わらずこの街はぶっ飛んでるなぁ。

犯人がまだ家の中にいるだろう状況に出くわしたのなら……踏み込まず「家ごとぶった斬れば良かった」とかいう意見が出てくるあたり、流石としか言えない。

 

今回のメインは、モルトがリキュールに来てから自警団の非正規見習いとして過ごしていた頃が描かれた中編でしょうか。

彼の過去なんかも描かれていますが……裏稼業で生きていた割に、甘い所は当時からあったんですね。

約束を守ろうとする彼の姿勢は好感が持てますが……不器用だよなぁ。リキュールの住民ほど割り切ってしまうとそれはそれで大変そうですけど。

捨て去ったはずの過去が彼に襲い掛かり、幼いリッツが攫われるような状況にまでなって。

 

幸いにも無事にことを収められてましたが、街を去ろうとしたモルトを止めたのもリッツで。長い付き合い何だなぁ、本当に。

しかし彼女は良い子なのに、割とモルト絡みで酷い目に合ってるよな……過去連れ去られているし。漢祭りの時にはモルトの象徴にアレ使われたかと思ったら今度はコレですよ……可哀想に。

もうちょっと報われてほしいと切に願います。

かなり短いエピソードとして最後にサシャの話がありましたが、彼女の事情も中々複雑そうですよね。あの過去からどうして巡り巡ってこの街で何でも屋みたいなことをしているのかは気になるところです。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索