気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

富士見ドラゴンブック(リプレイ)

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 下

 ico_grade6_3

GM:つ、つまり?

レト:(無駄に爽やかな声で)すべてはマクリアウラノスをアクイラに持ち帰るためなのさ!

一同:(大爆笑!!)

レト:皆、生きて帰ってアクイラを助けようぜ!(ガッツポーズ)

 

リーンシェンク地方の、機動要塞を巡るリプレイ完結巻。

人族の領域に侵入しようとしていた敵側の機動要塞を撃破したPCたち。

けれど、敵側の切り札が切られて大参事に。

要塞による超長距離砲撃。それは、同じ機動要塞ですら大破させられる威力のモノで。

 

幸い連射は出来なそうだ、とポルタは分析していますが。

それに対抗する何かを用意しないことには、戦うのもおぼつかない……という状況で彼女が秘めていた事情を打ち明けてくれて。

しかし、これだけのモノを作り出せる文明があってなお滅びたって言うんだから、大破局は本当すさまじかったんだなぁ……

ヘリファルテの様子を聞くに、当時の人々の油断というのも結構影響していたと思われますが。

 

高名な占い師であるレトの母親も登場していましたが……

この人もまた濃いなぁ……生き別れだった息子に数年ぶりに再会した反応がすさまじい。

脇で聞いていたラージュですら「技能見抜きたかったら判定していいよ?」というGMの発言を遮る勢いで「しない!」と即答するレベルで突き抜けてる。

まぁ、息子は息子でクライマックスに向けての交渉でいい感じに突っ走ってましたがね。似た者親子なんじゃなかろうか……。
最終戦闘とかはちょっと盛り上がりに欠けた感じはありますね。
要塞という要素は面白かったんですけど、色々と惜しかったと言いますか。今後に期待。 


 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 上

ico_grade6_3

ドレッド:待て待て! くそっ! これは罠だ! オレたちの連携を崩さんとする敵の巧妙な罠だ! おい貴様! いい加減なことを言うな!

GM/ザイーム:「あの素晴らしき方の隣にいるべきは我だ! 貴様ではない!」

ドレッド:ブラフォスの隣など、こっちから願い下げだぁああああ!(切実)

一同:(爆笑)

 

第一話から第三話まで収録。

魔動機文明に栄え、それ故に大破局によって大きな被害を受けた地域。

今となっては遺跡が多く残る地域として知られる、リーンシェンク地方が舞台です。

人族と蛮族混合の、この地域の特殊性を活かしたグループSNEの新人がおくるリプレイ。

 

かつて生み出された移動する要塞こと機動要塞。

元々この地方にはヘリファルテという動き続けている物が残っていたわけですが。

今回は、新たに動き出した要塞を巡るストーリーが展開されていきます。

要塞管理用の魔動機械が稼働していて、その知識だけでも一財産築けるんじゃないかなぁ。

巻末にちょっと交流がてら過去の話をする「ワールドガイド」が描かれてましたが。

学術的には結構価値ありそう。

 

さておき。ひょんなことから要塞の管理者として登録されることとなったPC4人。

人族と蛮族という事で、微妙なすれ違いもありますが。

それぞれの事情なんかも踏まえて、一緒に行動していくことに。

暴走状態だと推定される機動要塞に対抗するために資材を調達したり、蛮族PCが因縁有る相手の手勢と争ったり。

 

オマケにその因縁の相手まで要塞を手に入れているようで、にわかにこの地方が大ピンチ。

単純に都市規模の質量が移動するだけで災害ですよね……家屋とかも踏みつぶせるだろうし。軍隊も文字通り蹴散らせるだろうし。

要塞を用いた戦闘のルールなど特殊な処理もされていましたが、PCの事情と要塞という独自要素を上手く合わせていたと思います。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ4 

ico_grade6_3h

ジーク けど、エアみたいな扱い方してると、ルーは孤独だぞ。

エア あのね。神とは本来孤独な存在なの! 今は下野なさってるからこうして一緒に遊べるけど、本来は人の手に触れることもできない、目にすることも叶わない方なの!

ジーク なるほど(手をポン)だからオレ、神になるんだ。

一同 おおおう(笑)。

 

三十九話と四十話の二話収録。

リプレイ完結巻であります。

長く続いたシリーズの、期せずして読めることとなった続編。

まぁ、途中数年刊行の間があいてもどかしい思いもありましたが、無事に終わってほっとしております。

最終話予定のシナリオで事故って急きょ延長! とかありませんでしたし。

 

三十九話は、行方不明になった女帝を探すお話。

元々脱走癖を持っているので、「自分で出ていったのか」「連れ去られたのか」をまず考えないといけないというのがまた。

ただ敵に魔神使いが居るので、戻ってきたらドッペルゲンガーな展開になるとヤバい。

いつものこと、ではあるけれど、状況的にヤバさがちょっと違う。

まぁ、そんな中でもぞんざいズはいつも通りでありましたけどね。

 

四十話はついにラスボスと対面……なんですが、じつは彼らいい感じにすれ違ってて、最終決戦でようやく対峙したんですよね。

GMもどこかで一度合わせて因縁持たせたかったのに……と零していました。

念願の面白妖精も出せたみたいですし、とりあえずは良いオチが付いたんじゃないでしょうか。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たちリターンズ3

 ico_grade6_3

エア わたしが思うに、多分、このGMのシナリオ傾向からすると、すでにその人は登場してるのよ。

ニゲラ はい、ニゲラも間違いないと思います。

GM そういうメタ読みはやめましょうよ!(笑)

 

三十六話が上下に分割された上、続くエピソードが更新されずに、待ち続けた三巻です。

噂の、三十六話から三十八話まで3話収録されています。

「妖精の卵」という謎のアイテムの正体を求め、事件を解決したときに知り合ったコレットという少女に「疑似精霊郷」という場所へ足を踏み入れることになった一行。

 

そこで色々と情報を得ていくわけですが。

疑似精霊郷の中は、本来の精霊郷とは違いじめじめしてたり環境が不安定な感じ。

だからこその「疑似」ですが。

迷い込んだ少女たちを回収して回って、ボスと戦ってましたが。

GMの出目が振るわず、あまり苦戦せず倒してましたね。

 

37話からは、2巻から2年の時間が経ったこともあり、それまでに出たサプリメントを適用して、リビルドすることに。

色々とパルグレート家の事情なんかも明らかになってきて。

かなりヤバい情報とかも出てきて、騒ぎになりそうですねぇ。

 

三十八話においては……PCがツッコんでいった結果、ボス戦がかなりの速さで行われることになっていて吹いた。

それでもちゃんと、シナリオを進めていくあたりGM流石というか。お疲れ様です、というか。

またしても最後に重要そうな情報が出てきた、というか。

敵がアイヤールで動いてるっぽいから、と後を追ったら事件が起きてて大騒ぎに。

しかし女帝は本当話題に事欠かないな……



アリアンロッド2E・リプレイ・ストレンジャーズ 異世界で冒険者になろう

ico_grade6_3

クロウ:男らしく生徒会長を売ったな。

菫:あ、あの、いいんですか? 大事な友人何ですよね? 会長、困るんですよね?

GM:「困る。ただな、俺はあいつが泣いたり困ったりする顔が――大好きなんだ」

一同:さわやかに言い切った!?(笑)

 

改訂版として生まれ変わったアリアンロッドRPG

新たな種族として追加された「アーシアン」。

地球という異世界からエリンに来訪した、現代地球人を示すもので。

簡単に言えば、異世界トリップものをアリアンロッドの世界で出来るようになる、という事ですね。

 

という事で、せっかく新しい環境になったんだから、とそのアーシアンの少年少女とエリンの冒険者の混合パーティーでのリプレイです。

異世界に呼び出された少女、菫。一緒にいた親友もこの世界に来ているはずだが、転移の時に離れ離れになってしまい。

親友を探すために、この世界の人々と交流し、必要であれば剣を取る……と言う流れ。

 

状況説明用のリプレイとしては分かりやすかったんじゃないでしょうか。

エリン側の人材をPCに混ぜることで、上手く情報のバランスとれてましたし。

これが全員アーシアンとかだと、エリンの常識が分からずにトラブル多発とかあったろうなぁ。

それを思うに、大学のキャンパスごと転移してきたという「大学都市オーカー」も自治を確立するまでは大変だったろうなぁ……

 

暗躍する敵を見事罠に嵌めてみせたロールプレイはさすがの一言。

『スキルマスターズ』や『アイテムマスターズ』といった単発のリプレイともからめて、敵の強大さを演出してたのはいい感じでした。

その内、蠢いてる敵を倒すための新シリーズリプレイとか出てこないだろうな……

 

アマデウスリプレイ 神候補たちと冥王の剣2

ico_grade6_3

せれな「あれが古代エジプト野球奥義……すごい」

(略)

GM:(前略)「なんて美しい……。50点」だそうです。

せれな:芸術点ですね。

 

第三話ミスカトニックの鹿、第四話冥府の獣たちの二話収録。

帯にもありますが、第三の試練はまさかの野球。

神の子VSクトゥルフ系神様が行った「古代野球」。

流石に神様はスペック高くて、バントですら即座にホームに帰ってきて1点とか色々とおかしい。

 

その後も、1回表で100点取ったり、PCがお返しとばかりに一度に50点取ったりと野球とは何なのか……と哲学的思考に入りそうになりました。

神様がやる古代野球だから、畳みかけられて飲み込んでしまった。

これはひどい(褒めてる)。特殊な進行になるから野球ルールとかあるのかと思ったら力技で振り切られましたからね。笑うわ。

そして最終的には乱闘になるという。神様、それでいいのか……

 

第四話では、1巻で倒されたギルマンが持っていた剣が重要なアイテムだと発覚したため、冥府に取りに行くことに。

条件を満たすと新しい予言が下される形で進行していったので、ちょっと面白みが足りなかったかなぁ。

一か所進んで、一人予言をもらって。次に進んでまた予言をもらって、という同じ作業の繰り返しだったので。いや、ちゃんと合間では他のイベントも挟まっていたんですが、雰囲気的に。

……その分最後で大波乱の展開を呼び込んでくれたので、次がどうなるのか今から戦々恐々としていますが。

 

 

ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記2 世にも不憫な冒険者たち

ico_grade6_3h

エミリー GMの想定を超えたあたしたちの勝利だね!

GM い、いやまだボールは生きている。上手くいくかどうかは、こっからですよ、こっから。もしかしたらパーティー分けたせいで全滅とかもあり得ますからね!

オーリング GM必死ッスね(笑)。

 

第四話~第六話まで収録。

三話分入ってるので、一つ一つはちょっと短め、ですかね。

このパーティの行動方針が「とりあえずやってみる。それから考える」なものでGMも涙目です。

……まぁ、その分戦闘の時は殺しに来てるからバランスはとれてるんじゃないですかね!

 

第四話は、上手くロールしたこともあって戦闘はほぼなし。

まぁ、相談パートで迷走してる部分は多かったですけどね。

アリアドナは、他所の集落にいるアンデッドへ献上品にされるためまだ生きていて。

彼女を助ける為に奔走する話なんですが……まさかのパーティー三分割。

しかも一人は足が遅いから置いて行かれたエミリーだったりするので、彼女ほとんど活躍してないぞ……

ソレイユは知力低いからって、PLまで知力低くしなくていいんやで……いや、パーティメンバーは楽しんでるようなのでいいですけど。

 

そして、第五話ではアリアドナが魂入ってパーティーメンバーへ昇格。

微妙にポンコツっぽいけど。なんだかんだ、このパーティーに欠けている部分を補ってくれていい感じだと思いましたよ。

オアシスの村に迫った機器の為に彼女たちは行動して、見事敵のボスを打ち倒すわけですが……

問題が一つ解決したら、次の問題が浮上してくるわけで。目に見えて魔神さんが復活しそうな雰囲気ですが、アレどうにかできるのか……?



ソード・ワールド2.0リプレイ Rok’n Role 2 ガンズ&ウルブズ

ico_grade6_3h

クルーン「汝の隣人を愛せよ。調和の中にこそ真の平和が生まれる」私は、この言葉を信じて止みません。この道を、邁進し続けるつもりです。だから、私を惑わすことはできませんよ? どうか、消えてください

 

人族と蛮族とが入り混じった帝国で集まった曲者ぞろいのPCたち。

戦闘狂とか、クロスボウ中毒とか、ライフォスの狂信者とかネクロマンサー。

……まともな奴はいないのか!

いや、そんな混沌とした状態でシナリオが成立してしまうのが、この帝国の不思議というか。それを見事に調理しきるGMがすごいというべきか。

GMが自分のやりたいことをやるために、田中公侍氏の協力を経てモンスターデータ組むあたり本気だなぁ。PC側はPC側でノリノリですけどね。

 

今回は第四話と第五話が収録されています。

四話の方は、トワイニアの過去が迫ってくる話。

彼がかつて滅ぼした故郷……その生き残り。

最も、トワイニアに復讐するために一族の技以外にも手を伸ばし、格闘技の使い手だったはずがマギシューになるという超進化を遂げてましたが。

教会が持ってきた依頼。それをどちらが解決するかという争いを始めて。

……最終的に真正面から戦い始めるあたり蛮族的というかなんというか。

力こそパワーな世界な感じが。

 

そして、5話は吸血鬼絡みの事件が多発している中で、諜報と外交を司どる部署のトップに会いに行く話。

帝国が情報を求めているのに、それを出し渋っているため、フレーズたちが依頼を受けて直接足を運ぶことに。

 

無限図書館という、レンドリフトの主要施設に足を運び。そこで、凄い愉快でイラッとくるフェイスレスの司書と出会うわけですが。

このフェイスレス――名前はペルソナ――それは楽しそうにPCをいじくりまわしていて。いやぁ、ヴェルグが一周廻って面白く思えるというのも分かる感じがします。

平和狂いことクルーンの歪さも際立ってましたが。最後に、かなり重要なNPCが登場して、また話が大きく動きそうですねぇ。

敵の動きもありますし、名称も割れたから、次あたりで完結となりそうですけど。

 

アマデウスリプレイ 神候補たちと冥王の剣1

ico_grade6_3

GM:効果としましては、なんとか逃げ切るものの、着ている服を一枚失います。黒の領域にインガを1つ追加。

()

湊:これ、ゼロ枚になったらなにかあるんですか?                    

()

GM:効果があるのはマイナス一枚からです。

 

第一話「谷上商店街の猫」から第二話「阿那蛇島の蛇」の二話収録。

最初の方は、新しいシステムという事もあって手探りな感じがありましたが。

二話では、結構こなれてきた感じがありますね。冒頭で引用した「服を喪う。マイナスまで進行する」って言う下りは思わず笑った。

因幡の白兎とかありますしね。

PCが巻き込まれている神話災害も神話の試練が元になっている部分があって。

神の子をPCとして動かす世界観で、上手く神話を利用していたと思います。

 

予言と真実に関しても、一話は結構カツカツの進行でしたが、二話では余裕がありましたし。PCを焦らせたり、何でもない真実を混ぜることで悩ませたりと出来る面白いシステムだなぁ、とは思いました。

他のシステムとかと違うのは、PCが誰かの「真実」を知ってもそれを即座に公開できるわけじゃない、ってところでしょうか。

PCの行動によって溜まっていくインガが条件の場合とか色々ありますし。

神話要素と混ぜると楽しくなりそう。進行のバランスとるの難しそうでもありますけどね。

 

そして、公式のリプレイでさっそくヘラクレスがネタキャラのようになっていて笑う。

ライオンマスク被って同行してるとか。依頼主、何やってるの……

モチーフになった試練のこともありますし、そもそもナンバリングされてますし。GMが慣れてくるともっと面白くなりそうなので、次も楽しみにしてます。

 

 

ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ2 誰がために神は哭く

ico_grade6_3

セイヴェル:……ありがたい言葉だがな。オマエラの手を煩わせはしないさ。

()

セイヴェル:(前略)やるしかない。オレはそのために、不死殺しになったんだ。

 

高名なNPCである皇帝や夢見姫をPCとした、超高レベルの超越者リプレイ第二弾。

それぞれ立場もありますし、所属する国も違うので、まさか2巻が出るとは夢にも思いませんでした。

それこそ前回のように余程の事情がなければ難しいでしょう。皇帝が共も連れずに駆けだしたなんて一大スキャンダルですよ。

 

……超越者である皇帝が、帝国最強の兵であるというのが間違ってないので、害そうとしたところで無駄足ですが。

ミスティンのように特殊事情がなければ、超越者に手出しして無事で済むはずないですしね……

そしてパブリックイメージを大事にして来たはずの皇帝がネタに走って、まさかの錬技を習得していたんですが……それでいいのか、皇帝。

 

今回起こる騒動は、超越者達が手を出すのにふさわしい、「邪神復活」。

危険すぎる為に封じられていた邪神が復活しようとしている、と。その情報や復活に先駆けて行われた工作の痕跡などをそれぞれに見つけ、行動を始めて。

過去の因縁とかも解決されたように思えるので、さすがに3巻は無いかなぁ。彼らが出陣しなければならない事件がそう頻発するって言うのも恐ろしい話ですし。

 

しかしまぁ、戦闘はもう安定しているというか、ここまで高度になると何をしているのやら理解できなくなってきますが。

行動を許せば、戦線崩壊もありうるからって、GMが嬉々として用意した敵を1ラウンドキルとかしてましたからね。

戦闘によっては手番余る場面すらありましたからね……GMもバランスとるの大変だったろうなぁ……

誰一人かけることなく、最善の結末をつかみ取ったのはさすが。

……まぁ、うっかり穢れ増やすと大変になる御方とかいますしね。

色々とぶっ飛んでいて、読んでいて楽しいリプレイでした。
 



 

 

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索