気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

GA文庫

週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ

ico_grade6_3h

「もう一度聞きます。聖也さんは過去にしかいないんですか? 本当に『これから』はないんですか?」

 

九曜先生の新作―。

同年代や先輩キャラがヒロインの事が多かったイメージなので、今回は年下キャラがメインと言うことで新鮮。

とは言えその少女黒江美紗は、中学生とは思えない程身体が成長していて、それを自覚して武器にしてくるんだから、なるほど小悪魔……

でも、メンタルまで育っているわけではなくて、沈んだり悩んだりするところもあるのは年相応な感じがしてよいですね。

 

主人公の比良坂聖也は、両親の離婚を切っ掛けに母について引っ越してきた高校2年生。

以前はバスケをしていて、プロを目指していたくらいだったが……離婚前後の騒動がもとで引退。引っ越しの際に持っていた道具なども全部処分してしまって、無気力になっている状態。

何の展望もないが「余生」を送るつもり……とか言っていますが。

 

彼は彼でまだまだ青くて、全然バスケへの想いを振りきれてないんですよね。

学校でもバスケをやっていた事は伏せたり、陰キャぶったりしていましたけれど。

実際にボールを手にしてしまえば、それまで積み重ねてきた時間に嘘を吐くことができず、つい真面目にプレイしてしまう。

 

美沙相手にフリースロー勝負でちょっとした賭けを持ち掛けられた時とかも、良いようにからかわれて、彼女の願いを叶える形になってますしね。

不利な条件設定な賭けに乗らなきゃいいのに……と思いますけど、それが出来ないくらい真剣だったんだろうな、というのが伝わってくる。スイッチが入る感じが分かりますからね……。

 

美沙との交流を通じて少し前向きに慣れたのなら良かった。美沙の方は美沙の方で、抱えていた悩みが落着したようですし。

そうポンポン立ち消えにしていい話なのかなぁ、と美沙母に対してモヤっとしたというか。お相手が少し可哀想に思えてしまったのは歳か。

タイトルが「小悪魔ガール『に』」じゃなくて「小悪魔ガール『は』」なのが美味しいというか。それを踏まえると美沙のアピールが可愛く思えますね。頑張れー。

ジェノサイド・リアリティー 異世界迷宮を最強チートで勝ち抜く

ico_grade6_3

「ああ。お前だから正直に言うが、俺はこの世界から出たいとは思っていない」

 

ちょっと前3年ぶりくらいに2巻が出たシリーズ。

なろうからの書籍化で、時間あけて続き出るのは珍しいなーと思って購入。

WEBも読んだことはありますが、大分前なので記憶薄れている上に、話数増えてるから読み直さないとなぁ。

 

クラス単位……というか、学年単位での異世界転移系です。

地震に巻き込まれたと思ったら、気づいたらダンジョンの中に居た。

それは、一部マニアに公表を博したゲーム「ジェノサイド・リアリティー」と同じ環境で。

モンスターや罠によってバンバン人が死んでいって、先生とかも居たけれどゲーム内イベントに巻き込まれて死亡するなど、容赦ない展開が続きます。

 

主人公のワタルはこのゲームをやり込んでいて、さらには攻略サイトまで作ったことがあるため情報には詳しかった。

とは言え、成績でクラス分けされる学校で一番下のクラス。おまけに普段は不真面目に暮らしてる不良扱いで。本人の性格もあって、情報を提供してみんなで生き残ろう、と言う方向には行かず。

 

親しい相手にまず打ち明けて、そこから情報を流そうとはしていますが……

陣頭指揮を執っている男子の傍に、邪な思想持ってる奴がいるので、どこまで効果があるのやら。

おまけにワタル本人は、自分が強くなるために単身ダンジョンの下層へと踏み込んでいってますからね。

 

大人数で転移して、追放されるとかでもなく進んで単独行動するキャラは初めて読んだ当時新鮮に映ったような。

我が道を往くタイプのキャラなので、彼を好きになれないと辛そうですが。まぁ、スタンスが明確なので、読みやすくはある感じ。

しかし、表紙のキャラはゲーム内で登場するイベントキャラなわけですが、登場後半なのによく表紙に抜擢されたな……とか思ってしまった。
なんだかんじゃ嫌いじゃないシリーズ。

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~8

ico_grade6_4

――いいや、全て違う。自分には解る。ティグリスが抱いたものは、意地だ。

 

ウェインは再び西で開催される、選聖公会議に参加する事に。

今回は、聖王直々の招待とあってはウェインに拒否が許されるはずもなく。

着実に力を付けているナトラに、東西どちらにつくのか去就を明らかにさせようとする思惑が当然蠢くことに。

 

この状況でも蝙蝠を貫こうとするウェインはただただ凄いわ。

まぁ実際、東は未だ帝国の後継が決まらない状態ですし。西は西で伏魔殿だから、行き来して美味しい所だけ取りたいというのは正義ですけど。

帝国との繋がりを、いずれウェインを追い落とす弱みとすればと自分で示唆したりして、交渉を乗り越えていた場面とか、感心してしまった。

 

冒頭、描かれたナトラ内部のフラム人達の熱。

ナトラが発展している今だからこそ、フラム人が地位を得よう、と。彼らの私欲ばかりではなく、国外から人材が流れ込んでいる中、フラム人に対する偏見を抱いている輩も多いため、危機感が募っている状況のようで。

 

若者たちの主張も間違って遺灰ないものの、危うさを感じる流れではありますね。実際に、首長は代替わりの時に伝えようとした秘密をまだ抱えておくことにしたようですし。

……ニニムを垣間見た西側の人物が、彼女に注目した、という事実がおっかなくてしょうがない。

ナトラの慣例として、王族がかつて存在したフラム人の王国について学ぶ時、王家のものが直々に教える、というのがあるのも気にかかる。百年前のラーレイは、いったいなにをしたんだ……

 

今回も選聖公の一人が死んで、その殺害容疑がウェインにかかったりとトラブルに巻き込まれてましたが。

各勢力の思惑を描きつつ1冊でエピソードを纏めてくれるのは読みやすくていいですね。

相変わらずカルドメリアが暗躍していて、おっかない。誰か排除してくれ。あまりにも彼女が怪しくて、聖王傀儡説とかもあったみたいですけど。聖王は聖王で、爆弾じゃないですかヤダー。

次も西側の話になりそう、とのことで。今度はどんな騒動が巻き起こるのか楽しみです。

 

あと、道中の馬車内でニニムがウェインの癖を利用して良い時間すごしてたり、ウェインが西側で活動するニニムの髪を染めてみたり、相変わらず隙あらばいちゃつくなこの主従は……いいぞもっとやれ。


竜と祭礼3 神の諸形態

ico_grade6_4

「……その方法を採れば、恩義のある相手を裏切ることになる」

 

相変わらず、派手さはなく地道に進み続けるファンタジー。              

表面だけ見れば、イクスは職人と杖論議してて、ユーイは会議に出席させられてるだけですからね。もちろんそれだけじゃないし、そこが面白くて好きなんですけど。

 

“神の街”エストーシャ。

魔法杖職人の祖でもあるレドノフの伝説が残る街に、イクスは杖を作るために、ユーイはノバと一緒に新派との付き合いで足を運んで。

別の事情で町に来たこともあって、それぞれの視点で別の話が進んでいきます。

 

イクスはまだ見習いの身ではあったが、「同一状」という特殊な保証書を義姉から預かり、修道院での杖を作ることに。独立間近の見習いがもう一人と、監督役の職人が一人いましたが。

修道院からの依頼は、労力の割に儲けが少なく……さらに、修行の一環として素材は修道院側が用意する、という条件が付いていて。

職人側からするとかなり面倒なので、断られる事もあるとか。

 

実際、今回イクスともう一人の見習いシュノに渡された木材と芯材も、間違った加工がされていたり、相性が悪い素材があったりしたようです。

それでもその場で回答を思いついている辺り、どちらも杖作りに関しての才能はあるんでしょう。

 

互いの担当分に混じっていた「どうすれば杖に出来るだろうか」という難物。

それへの回答が分からず、相手に直接聞いて、その発想を褒めたたえる。逆に、自分のアイデアに関しては、過小評価する。言い合いをしながらも、仕事はしっかりこなしている辺りが、見習いだろうと職人だよなぁ、と言う感じで好き。

 

職人と言えば、今回新たなムンジルの弟子が登場していましたが……いや本当に、癖のあるやつしかいませんね! ユーイには「ムンジルの弟子の行動など、考えるだけ無駄」とか思われてましたし。

複数の弟子と接点を持ってきたうえでの判断ですし、間違ってないんだよな……

 

一方でユーイが参加させられていた会議は、旧派に対抗するべく新派として統一の解釈を出す、その準備のためのもので。

極力秘されていたにも関わらず脅迫状が届き、参加者にユーイが話を聞きに行ったりしていましたが。

宗教家であるのは間違いないですが、政治家になってもやってけそうだよな、と言うか。

色々と思惑が入り混じっていて、気が付いたら絡め取られていそうな、粘着的な怖さを感じた。

 

そんな会議に巻き込まれて、自分のできる手をちゃんと打っていたユーイは見事。

……ではあるんですが。エピローグが、どうしようもなくもの悲しさがあったなぁ。

生きている以上、人と交流していく以上、ある程度の変質は避け得ないものですが。純粋さは僅かに損なわれ、代わりに強かさを得たように感じる。

ここで終わっても美しいとは思いますが、続いてほしくもあるような。あとがきに区切りとか書かれてますし終わりかな……

 

それはそれとして。メイン2人推しなのは良いんですが、リースやシュノのイラストは見てみたかった。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3

ico_grade6_4

「何か辛い事があったら、頼ってくださいね? あなたが私にそうしたように」

 

相変わらず天使様が可愛いし、周も想いを自覚しているのに、距離が縮まらずにじれったい。

樹なんかは折に触れ「へたれ」とツッコミ入れてますが、よくこれを至近距離で見てそれで我慢できるな……もっと押せ。いやまぁ「背中蹴りたくなる」とかも言ってましたけど。

 

進級してクラス替えが発生。

人見知りを自称する周は心配していたようですが、親しい知り合いがほとんど同じクラスで。樹と千歳、なによりも真昼。

さらには接点こそ少ないものの、人気ある男子門脇君まで居て、周じゃないけどあのクラスの人、他からやっかみ受けてそうだなとか思っちゃった……。

 

真昼が千歳と一緒のクラスになって、楽しそうなのも良し。

とは言え、一番彼女が気になっている周は、学校では接点なかったし陰キャが天使様と交流するのも何だから距離を取らないとな、とか言い出すんだからもう。

とりあえずその場では、ほほをつねるだけで済ませた真昼は優しいですね……。

帯にも採用されていましたが、せっかく一緒のクラスになったのに「私だけのけ者みたい」なのが嫌で、少しずつ外堀を埋めてってる彼女には是非とも頑張ってもらいたいところ。

 

疑われにくい勉強の話題とかを振ったり、グループわけの時とかも交際している千歳・樹の友人としての交流ですよ、みたいな顔をしたり。

不審に思われない程度に、しかし間違いなく距離を縮めているのはお見事。その積極性を周にも分けてあげて……。

 

まぁ、周が色々と警戒しているというか、冷めてるのか。

そもそもなんであそこまで生活能力皆無なのに、一人暮らしを許されたのか。

その辺の背景も今回で明らかになるわけですが。人付き合いってのはまー難しいですよねぇ。

 

そのことでどれだけ傷付くかなんてのは、真昼が言ったように個人によりけりですし。

ただ、話を聞いてくれる人がいて。その悲しみを受け入れて支えますよ、と言ってくれる相手を見つけられたのは、二人にとって幸いでした。

しかしまぁ、どうしてこれで付き合ってないんですかね。付き合ってないけど、どんどん糖度増してて作品の色が出てるので楽しいですけど。

 

挿絵の天使様も可愛いんですが、私服がバリエーション豊富で絵師さんのこだわりを感じる……料理してるカラー口絵とか19Pのやつとかが特に好き。

4巻の発売も無事に決定したそうですし、コミカライズも楽しみだなー。

りゅうおうのおしごと!13

ico_grade6_3

「つらいことをするだけが努力ではありません。嫌いなものを直視するのは普通の努力です。むしろ好きな人の近くにいつづけるほうがつらいことだってあります」

(略)

「本当の答えは常に、自分の目の前にだけありますわ」

 

今回はJS研メインの、澪を見送るエピソード。

それに加えて、これまでのドラマCD脚本を小説家したエピソードが収録されているんですが……正直キツかった。

いやこの作品総合的には好きなんですが、りゅうおうがロリ王になってる場面はくどくって苦手なんですよね。

 

JS研メインになるとどうしてもロリ王の登場頻度が上がるので、何度かページを進める手が止まりました……。

澪の旅立ちをしっかり描きたかったという理由のほかに、昨今の情勢に寄る外出自粛が響いていたので、こんな構成になったようですが。

 

出国のタイミングが、八一のタイトル挑戦や銀子の三段リーグからの入院などと重なってしまい、大人に寄る引率抜きでのJS研のみの行動になっていて、本編が彼女たちの視点のみになっていたのは新鮮ではありましたね……

JS研の面々と同行はしていないものの、理由を付けて空港に来て、餞別をおくっていた天ちゃんとか良かったですよね。なんだかんだ優しい。

 

見送られる側の澪ちゃんが、貰うばかりではなく最後に贈り物を残していくのも演出としてニクい。

将棋ソフトがどんどん進歩していく中で、将棋に向き合うはどうすればいいのか。

小学生だからと言って、決して侮る事の出来ない覚悟がそこにはあった。四段へ昇格を果たした椚創太のように、先達に比べればまだまだ未熟であろうとも、彼ら・彼女らなりに積み重ねて来た時間は確かにある。

作中の言葉でいえば「努力」している。それも、普通の努力ではなく、「強烈な努力」を。

 

そしてその「強烈な努力」によって、女流棋士となったあいちゃんとぶつかるのだから、熱くないわけがない。

澪ちゃんという友は遠く離れてしまったけれど。彼女の残した火は、あいちゃんの中で燃え続ける事でしょう。

あい自身も自覚していた、チャンスを掴み取れない弱さを克服する一助となってくれるかな?

 

巻末は観戦記ではなく「白雪姫と魔王の休日」と題した、12巻後の銀子と八一について。

病院に搬送され、病室で寝ている銀子を八一が見守り……見舞いに来た人々と、今後の事とかについて会話するエピソード。

《浪速の白雪姫》というブランドが、ついにプロになって。注目を集めている彼女の最初の対局は金になる、とか。世知辛いお金の話が多かったですけど。

規定通り女流のタイトルも手放すことになるみたいですね。特例を作って売りだすのかと思いきや、「女流に負けるとブランド価値が下がる」みたいな意見は、言われてみれば確かに出るだろうなーという感じ。

周囲にフォローしてくれる人が多いので、なんとかなるとは思いますけど。最終章スタートする14巻以降が楽しみなような怖いような。

りゅうおうのおしごと!13 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2020-08-06

友達の妹が俺にだけウザい5

ico_grade6_3

「今はとにかく、俺のできることをしないとな」

 

彩羽との絡みもいつも通りありますが、今回は真白メインの話が多かったですね。真白の方が好きなのでこういう巻があるのは嬉しい。

 

彩羽のウザ絡みにも可愛いが含まれていると知った明照。

良さを知ったからには独占するのではなく、共有したいと思うのが彼らしい。

クラスに友人を作らせようと画策を始めますが……

真白との偽装恋人関係が上手くいっていないのではないか、と月ノ森社長から追及されて。

 

監視の目を強めると言ってきた相手に対して、しっかりアピールするべく夏祭りでの偽装デートを計画。

当初は、彩羽と行こうかなんて話が合ったのを自分の都合でご破算にすることになってしまい、ちゃんと謝って筋通してるのは偉い。初手土下座の勢いには笑ったけど。

 

真白主導で計画が立案されていましたが……創作者の熱量が暴走して、なんか240Pくらいのデートプランを考えて来て。いやまぁ、実質はペラ2枚でまとまる量で残りは小説らしいですけど。どうしてそうなった。

まぁ、割とぽんこつな部分もある彼女の計画なので、抜けてる部分もまぁありましたし。

屋台の金魚すくいなどで躍起になってる場面もありましたが。概ね二人とも楽しんでいて何より。

 

ただ、子どもたちが青春してるのを、見物している大人組がなぁ。

仕事は出来るんだろうけど、お互いに毒親認定してたり、子どもたちへ茶々入れて来たりと見てると貴方達は……みたいな気分になる。

今回のデートみたいに、大人達の追及があってこそ発生するイベントもあるので善し悪しではありますけどねー。

 

真白とのデート、そして明照のある発言を聞いてしまった彩羽が悩みを得てましたが。これは答えが難しいというか。

先輩の事は好きで、真白のことも好きで。どうすればいいんだ、という状況。ここまで来るともう誰かは傷付くことになるとは思いますが、どう決着するのかは気になるところ。

友達の妹が俺にだけウザい5 (GA文庫)
三河 ごーすと
SBクリエイティブ
2020-08-06

処刑少女の生きる道4 赤い悪夢

ico_grade6_3h

「まあ、でも、メノウちゃんが死んじゃうくらいなら、世界なんて滅んでもよくない?」

「それはわかります」

 

メノウから離れ、モモと別行動をすることとなったアカリ。

いやぁ、それにしてもこの二人とことん相性悪いですね! お互いにメノウ第一主義なので、話題は尽きないようですが。

……どっちがメノウを理解しているか。大事にしているかのマウント合戦なので、バチバチにやり合っているのは、他人事なら楽しい。

二人とも爆弾じみてるので、ちょっかいは出したくないですねぇ。

 

故あって手を出したチンピラ達が蹴散らされてましたし。

命を狙われていると警戒されるより、別件で逮捕されて警戒を薄れさせた方が良い、と。あるいは誘拐の罪状よりはナンパの方が良い、と。連行されていく歴戦の戦士たちは笑えました。

 

メノウの追跡を少しでも送らせるため、財布からお金を取ったりしてましたが。

それならば、と即座に王女様を頼る辺りメノウが一枚も二枚も上手でしたね……

モモの行動予測も完璧で、しっかり追跡してましたし。王女からお金を借りる代償として、メノウが男装執事していたなんて瞬間を見逃した方が、逃亡者2人にはショック大きいのでは。

 

温泉のある山間の街。そこでモモとアカリは、アカリの概念魔導の特訓をしたりしてましたが。

追ってきたメノウと王女以外に、マノンと万魔殿なんかもその街を訪れて……

それぞれの思惑が交差してて面白かったですね。すわ、この街も滅びてしまうのかと思いましたが。集っていた人材から考えれば、驚くほど穏やかに決着してました。

かつての四大人災が為したことや、帰還する方法のこと。この世界に広まっている魔導の生まれ方など、世界の真実が明らかになる巻でもありましたが。

 

やはり大きいのは、モモから話を聞いて、メノウがアカリに記憶が残っている事、彼女の行動原理について知ったことでしょうか。

それによって、彼女達の立ち位置が確定したともいえますし。さてはて、力を使い続けて灯りの人災化まであとわずかの状況。

聖地でなにが待っているのか。期待して続きを待ちたい。

 

きみって私のこと好きなんでしょ? とりあえずお試しで付き合ってみる?

ico_grade6_3

負けも負け。

完全敗北。

なにが敗北って……負けても結構幸せになってしまってるんだから、これ以上ない負けっぷりだろう。

 

二人だけの文芸部(正確には同好会)。

陰キャを自称する黒矢は、校内でも人気の白森先輩と気ままに過ごしていた。

部費が出ない代わりに、活動義務なんかもないので、リバーシなんかやったりして自由ですねぇ。

あるある。私も学生時代文芸部でしたが、活動の合間にトランプやったり色々遊んでましたからね……

 

閑話休題。

タイトル・サブタイトルが全てを現してるタイプの作品。

先輩の方から、後輩君に「お試しで付き合ってみようか」って声をかけて。

片思いを見抜かれた黒矢くんは、先輩に押されるがまま付き合う事に。

そして、付き合ってからもパワーバランスは変わらず、先輩にからかわれまくってます。

なんというか、微笑ましいってこういうことだろうな、という感じ。

 

文芸部所属ということで、二人とも本好きなのも個人的にはポイント高い。

『買いたい本がなくても本屋に寄る』のは分かる。少し出かけたついでに本屋寄ったりしますよね……初めて行く駅とか、近くの書店行ったりするし。

「本を読む」用事があるんだけど……と思いながら、空気を読んで友人からの遊びの誘いを受けようとする白森先輩は真面目だなー。

たまたま鉢合わせて、空気を読んでフォローしに行った黒矢くんはグッジョブ。

その辺りの、共感できるネタが多かったのはいい感じでした。


天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~7

ico_grade6_4

『いやあお見事。初戦は負けたよ。本当にピンチだ。このまま負けちゃうかもしれないなぁ。だから――もっと掛け金を吊り上げようぜ』

 

皇帝崩御から三年。

未だに皇子たちの争いには決着がつかず、民の中にも倦んだ気配がじわじわと広がり……

焦れた第一皇子が、他陣営の承認を得ないまま、皇帝になるべく戴冠式を行うと通達をだして、帝国内で騒動が勃発することに。

 

第二・第三皇子は一時的に結託して、第一皇子を継承戦から脱落させようとしますし。

ロウェルミナは憂国派閥の長として各所に介入しつつ、自らの望みを叶えようと暗躍しています。

そして全ての陣営から、協力あるいは静観の要請を受けたウェインは、現地で情報を得ようと帝国に向かう。

 

最も第一皇子は泥舟なので与するつもりもなかったようですが、罠が仕掛けられていて、第一皇子と行動を共にする羽目になってたのには、笑うしかなかった。

ウェイン、また鼻からジャガイモ喰う羽目になるなんて……いい加減学習しないのか。

いやぁ、最近名を知らしめているナトラの王太子と言う看板を、こう活用して来るのか。そして、誰かに踊らされるばかりではないウェインの頭の巡りが恐ろしい。

 

各陣営が本格的にぶつかるということは、それぞれに分かれたウェインの友人たちとも競争する流れとなるわけで。

ウェインとロワが策謀に磨きをかけているように、グレンもストラングも得意分野を伸ばしているのは良かったですね。

恐ろしいのは帝国の層の厚さで、グレンの突破力もストラングの盤外戦術も恐ろしかったのに、彼ら以外にも手札が豊富にあるんだものな……

 

そりゃあウェインも一度は従属を検討するはずだ。

……いや、本人多分まだ悠々自適の隠居生活諦めてないと思いますけど。ここまで実績積み立てたら無理だろ……

 

終盤が怒涛の展開過ぎて、最初は置いて行かれましたね。ディメトリオの臣下たちが茫然としたのも頷ける。

第一皇子の決断には、感服する。あぁ、呪いは解かれたんだな……あるいは、最初からこうであったら、また違う道があったのかもしれないですが。その仮定は無粋かな。

フラーニャも帝国に赴いた際に、新しい家臣を迎え入れたようですし。まーたおっかない人を迎えましたね。彼女の決断とその理由も語られてましたので、納得ですが。

東で動乱があった次は、西で会議。こちらもこちらで魔窟なんですよねぇ。今度はどこと戦争になるのやら。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ