気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ファミ通文庫

黒鋼の魔紋修復士13

ico_grade6_3

「……珍しくおまえのいうことが正しいのかもしれん」

 

長く続いたシリーズの完結巻。

まぁ、4年ほど詰んでたんですけど。発売日に買っておいて、そんなに詰むなよ……

最近昔の積読の山にようやく手を出せるようになったんですけど、奥付の日付を見るたびにそんなことを思います。なにやってんだ。

 

ディミタールは、叔母から聞かされたディヤウスとノイエスについての知識を王に伝えて。

彼が覚醒しない保証はない、という事で険悪になりかけましたが。

これ以上厄介な敵を増やしてる場合じゃない、という事と。ディーがリヒテルナッハ家で得たある知識のお蔭で命をつなぐことに。

 

カリンとダンテ。ディミタールとルキウス。オルヴィエトとバベル。

因縁対決をこれでもか、というぐらい見せつけてくれて満足のいく最終巻でした。

最後ついに挿絵になってたベッチーナや、カリンの意外な勝負所とか、エピローグもいい感じでしたねー。

黒鋼の魔紋修復士13 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-08-29


黒鋼の魔紋修復士12

ico_grade6_3
「世の中の人間すべてが、おまえみたいに割り切った考えができれば、もう少し苦労は減ったんだろうがな」

 

オルヴィエト達は動きを止めず。

各国の拠点を破壊し、神巫を襲撃し割と好き放題に動いてますね。

そして、事態を重く見たアーマッドの王は、自国の首脳陣に隠された真実を打ち明けて。

 

神巫に刻まれるコントラートについての真実。

そこからさらに踏み込んだ、アーマッドの隠していた歴史。

いやはや、人の業の深さを感じる話ですね。ありえない、とはとても言えない絶妙な塩梅です。

本来は知るはずのないその秘密すらオルヴィエトは知ってる可能性がある。

だからこそ、口封じに次は殺さなくてはならない、という非情な判断を下せる辺りもいいですねぇ。王様結構好きです。

 

ディーの過去についても明らかになっていましたけど。

リヒテルナッハの抱えていた秘密。過去の、火事の本当の原因。

そうした真実を突き付けられても、戦う事を選んだ彼の覚悟に敬意を。

 

黒鋼の魔紋修復士12 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2015-04-30


黒鋼の魔紋修復士11

ico_grade6_3
「何だ、これは!? こんな都合のいいものがあるのなら、なぜさっさと出さんのだ!?」

 

アーマッドを去ったオルヴィエトとルキウス。

ディーは残ったものの、重鎮の裏切りを重く見た勢力によって、連座で獄中の人に。

信頼していた二人の裏切りに、彼自身捨て鉢になってましたけど。

カリンから恩赦のためにヴァレリアがイサークと結婚するなんて噂を聞いて、動き出すあたりかなり入れ込んでますね……

 

ディミタールを救うために、いろんな人が動いてくれて。

バベル猊下の手は反則すれすれというか。王様は面白がって活用してましたけど。

清濁併せ呑む器量を持った王様、結構好きですよ。

 

国を脱した後、オルヴィエトとルキウスは同盟各国での破壊工作に従事したりして、あちこち慌ただしくなってましたが。

裏技使って表に出てきたディーとヴァレリアのコンビが動き出したのは、緊迫した状況下で救いでしたね。いつも通りのやり取りが心地いいこと。

黒鋼の魔紋修復士11 (ファミ通文庫)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-11-29


トリア・ルーセントが人間になるまで

ico_grade6_3

「うん。よく言ってたんだ。王族は、民とこれから民になる可能性のあるあらゆるものを殺してはならない、ってさ」

 

病に伏した父王を治療するために、サルバドールという一族との取引に赴いた第二王子ランス。

白い肌と銀色の髪、青い瞳を持った少女トリア・ルーセント。

自らを薬と呼ぶ少女は、医学の知識を多く持つのは当然として、「ルーセント」としての業を背負っていた。

 

トリアの護衛としてついてきたロサはランスに「トリアに恋をさせて欲しい」と頼み込み。

だから、というわけではないですが。

王都へ戻る道すがらランスはトリアと多くの言葉を、意見を交わし、少しずつ距離を近づけていって。

 

サルバドール一族の中でも、主流から外れた思想の妨害工作なんかもありましたが。

それを乗り越えて、無事に王都に辿り着いて。

そこでまたランスは、隠された秘密を知ったりしてましたが。

旅を経て成長していたランスが、兄姉に対しても父譲りの頑固さを見せてくれたのは、良かった。

 

国王の信念が良いですね。民になる可能性のあるものを殺すな、と。理想論であるかもしれない。守れなかったものだってあるかもしれない。

でもそんな彼の子だからこそ、三人は真っ直ぐに育ったと思うんですよねぇ。

だからこそ、ランスはトリアに影響を与えることが出来た。うん、いいお話でした。

 



廻る学園と、先輩と僕3 Simple Life

ico_grade6_3

「だから、わたしたちの邪魔をしないで……!」

 

学期末テストが終わり学園祭が近づいて。

そんな中、学校見学に来た少女と那智は出会い……彼女に気に入られ、付きまとわれて。

司先輩がその状況にヤキモチをやいて、爆発。

ついには交際関係にあると公言して。いやまぁ、薄々察してる人も居たようですけど。

 

しばらく那智の周囲を見に来る連中が居たり、ゴシップ好きな人間の多いこと多いこと。

バスケ部のエースが一対一の試合に引きずり込んで、負けたら別れろとか言ってくるあたり見苦しいことこの上ない。

そういう事してるから、モテないんだと思うな……言動に難あり。

 

那智の両親に関する描写も入ってきましたが。

いやまぁ、何とも面倒くさいというか。父親の方はまだマシな部分もありますが。

手口が乱暴というか、初めに行動ありき過ぎる……

ラブコメというには今回はシリアスな部分多かった感じですねぇ。ラブコメはもうちょっと糖度多い方が好みですが、ちゃんと伏線を回収した上で最後は先輩のところに帰ったので、最終回らしい終わりだったのでは。



ダンジョン・サーベイヤー2 帰って来た”神秘の瞳”

ico_grade6_3

「小生はねえ、この街を死なせたくはないのだよ。小生とは何の縁もゆかりもない街だが――もしこの街が死んでしまえば、小生のふるさとが消えた時よりも、はるかに多くの人々が泣くことになる……」

 

キーンホルツでもトップクラスのチーム「神秘の瞳」。

別の地域の調査に赴いていた彼らがキーンホルツに帰還して。

そこに兄と姉が所属しているシェーラは、少し気まずそう。

というか、姉のルキナが妹を構いたがり過ぎて、「人間嫌い」から取り戻したいと思っているようで、軽く冷戦中。

 

全く会話をしないってわけじゃないですけど、妹の言葉が上手く届いていない感じでちょっともどかしいというか。

シェーラが違うチームに入ったのも無理のないことかなぁ、と思ってしまった。

 

さらに時を同じくして、新任の市長も赴任してきて。

埋文局のトップを挿げ替えるという裏の任務もあるようですが、彼自身は割と街の事を考えている部分もあって。

正直かなり小物臭いと思っていたんですが、真っ当な面も見せて来てギャップに驚いたものです。

反面、今回の敵キャラは手が甘いというか。無茶をして早々に正体発覚してるあたり下策と言うほかないと思いますけどね。



ダンジョン・サーベイヤー1 遺跡の街の“人間嫌い”

 ico_grade6_3

「オレほど腕の立つサーベイヤーはどこにもいない。いろいろな意味で特別なんだよ、オレはな」

 

積読消化―。わりと3年物多くて笑う。

いや、笑い事じゃないから。ちゃんと読もう。

 

太古の魔道文明の遺跡が多く残されてた街、キーンホルツ。

そこに向かっていた二コルは山賊に襲われていた所を、キーンホルツでもトップクラスの調査鑑定士のクローに救われて。

いやまぁ、クローもかなりひねくれていて、真っ当に救ったとは言いにくいですけど。からかい混じりだし。後々もネタにしてからかってるし。

それでもついて行ってる辺り二コルも付き合いが良いというか、割と図太いというか。

 

クローのチーム“人間嫌い”も、個性的なキャラが多くて、まぁ、類は友を呼ぶってこういう事かなぁ、という感じではありました。

でも、実力があるのも確かなようで遺跡の隠し通路見つけたり、成果を上げたりはしている様子。

 

遺跡からは貴重な物品とかもいろいろ出て来て、サーベイヤー達の管理をしている組織もあって。

遺物に利用価値を見出して、管理局に潜り込んでいる輩までいるんだから魔窟だよなぁ。

裏で動いている奴が多くいるってことは、実はどこぞの遺跡が処刑場になってても驚きませんよ。

クローに何やら秘密があるようですが、それは1巻では明らかにならず。気になりますね。



暗黒騎士様といっしょ!2 ~武士道とは恋せよ乙女と見つけたり~ 

 ico_grade6_3

「死んだ英雄だけが良い英雄と言うならば、某は死んでおいた方が良いのだろう」

 

ガーネットに「くさい」と言われて鎧を洗浄する事にしたアルバ。

それはつまり、あの鎧を脱いで素顔を晒すというわけで。

そこで出会うのが神速のチドリという六階級冒険者な辺り、引きが強い……

 

彼女が「いずれ来る王子様」を待っていたというのも重なって、なんかいい感じに距離が近づいてる。

いやまぁ、アルバはアルバで相変わらずその編さっぱりわかってないみたいですけど。

そして周囲の分かってる側の女子の方でバトルが始まりそうなのが。

幼馴染の少女はそりゃあ大変だったろうなぁ……

 

そんなラブコメ風味な日常の裏で敵は動いていて。

まぁ、そりゃそうだ。迷宮の真実を知って、帝国の利益をなくそうとしてる勢力に対して手を打たない筈もない。

前回も動いていた迷宮治安部隊が懲りずに色々と策を練っているようですが。

大分追い込まれていたからか、他所のチームに国から依頼して「寄生して強くなる作戦」ってのはどうなんだ……案の定失敗してたし。

皇帝自身がそこそこ強いみたいですけど、さて、次はどんな手で妨害してきますかね。マジに自分が出てくるつもりか……?


暗黒騎士様といっしょ!~勘違いから始まる迷宮攻略~

ico_grade6_3

「お主は本当にドアホじゃのう」

 

ある迷宮を抱えている帝国が舞台。

千年の長きにわたって続く国で、迷宮によって得られる利益、迷宮探索を行う冒険者という戦力を抱えている優位性はとびぬけていた。

 

そしてそれ故に、冒険者になろうと、一獲千金を目指す若者は多いとか。心折れてしまう者もかなりいるようですけどね。

主人公のアルバも同様に、マイホームの夢をかなえる為にこの地を訪れて。

中身は純粋で純朴な男の子なんですが……育った環境が良かったというか悪かったというか。

 

新人としては圧倒的な力、出身地故に常識に疎く、そもそも迷宮のボスに酷似した鎧姿と諸条件が重なって暗黒騎士の異名を得ていたのには笑った。

もうちょっと気にしろよ、アルバ……

そんな彼が、帝国の第七皇女でルーファとその友人のガーネットと迷宮で出くわして、帝国の秘密に巻き込まれていくわけですが。

割とサクサク秘密が明らかになっていって、この後続いたとして展開どうするんだ、みたいな気分にはなった。

 



やがてはるか空をつなぐ

ico_grade6_3h

「だから、ね、青桐くん。夜明け前にウチの高校まで一緒に来てください」

 

表紙絵に惹かれて購入。

ロケットを飛ばす活動をしている物理部に関係する5人の男女の青春モノ。

視点が切り替わって、それぞれの思いが描写されていた所をみると、結局は一人でロケットを飛ばし続けていた青桐が中心にいるんだよなぁ。

本人は、そんなつもりはないようですけど、あちこちに影響を与えている。

 

割と作中の雰囲気も好みではありましたが……

ロケットマン、サムライなどと青桐をからかうクラスメイトの描写はどこまで必要だったかなーとか。

ちょっと引っかかる部分もあって、惜しいとは思いました。

 

ファミ通たまにこういうの刊行して来るから油断ならないというか。

高校生の鬱屈とした部分もあり、ままならぬ青春を描いた作品としてまとまっていて、結構好みでした。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索