気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身Ⅲ

 ico_grade6_3h

「ねえ、養父様。首にまとわりつく真綿はハサミで一気に切ってしまった方がスッキリすると思いませんか?」

 

嫁盗りディッター後の貴族院。

プロローグのローゼマインの側近たちのエピソードが良かったですねぇ。

他の目が無い所だからこそ出せる、ブリュンヒルデの感情ですとか。

「主の望みを叶えるのが側近の務め」と言う基準を持つマティアスからすると、どうしてそこまで苦悩するのか、と最初は悩みを抱いていましたが。

 

かつて、その方針で動いた護衛騎士たちは、主を2年眠らせる結果を招いてしまった。

汎用的なものではなく、「ローゼマインという主に仕える心得」をしっかりと共有して、団結できているローゼマインの側近たちは意志も質も高いなぁと感心した。

それを踏まえてみると、巻末の「不信感とゲヴィンネン」におけるヴィルフリートとその側近の距離感にちぐはぐさを感じる、というか。

オズヴァルトは本当にもう……廃嫡云々の時に、遠ざけておくべきだったよ、やっぱり。

 

領地対抗戦における他領との社交。

ダンケルフェルガーはまだ、事情を汲もうとする心意気はありましたが。

圧力をかけてくる形になるんだから貴族怖いというか。ジークリンデ視点の「娘の意見と覚悟」で、利益をもたらすつもりがあったけれど、前提が間違ってたと気づいてくれただけ良いですよね。

その後やってきたアーレンスバッハとか、もっとひどい例もあるしな……

 

久しぶりのフェルディナンドとの対面と、夕食だったり。ほっとする一幕もあるにはあるんですが……

ディートリンデが奉納舞でトラブルを起こし、そこから王族にまで波及して。

全体的にもどかしいというかギクシャクしているというか。柵がどんどん増えていって、沈みがちな展開が続くんですよねぇ。

WEB読んでいて展開を知っている分、生じている行き違いだとかに、思わず天を仰ぎたくなる。長い冬だな……


異修羅Ⅲ 絶息無声禍

ico_grade6_4

「くだらなくなんてない」

「……そうかよ」

「…………ハルゲントとの勝負なんだ……」

 

ついに、六合上覧が開始する第三巻。

関東に用語解説とか、黄都二十九官の名前一覧とか乗っていて楽しかった。

こういう設定部分が見れるのは個人的に好きなんですよね。

まぁ、私の嗜好を抜きにしても、修羅を擁立している面々の情報が整理されてるのは良いことだと思います。いくつか空席あるんですねー。

                                                                                                      

サイアノプみたいに、離れた地域で産声を上げた修羅なんかも居ますけど。

黄都からも警戒されている、最大の傭兵ギルドが作った国家、オカフ自由都市。

本物の魔王。そして魔王軍が居た場所に続く、最後の地。

前半は、この二か所の描写が多かったですねぇ。特に最後の地周りでは、過去編として本物の魔王に挑んだ「最初の一行」の描写もあり、本物の魔王の名前なんかも明らかになっていて情報量が多い。

 

名を広く知られた修羅達であろうとも震える、本物の魔王の在り方はただただ恐ろしかった。己の在り方を貫く、修羅達の様子を3巻まで読んでいたからこそ、怖さが増すんですよね……。

魔王の正体が明らかになっても。本当に、だれがこんな魔王を倒せたんだ、という謎が出てくる。物語の構成が巧みで、読んでいて引き込まれる。

 

今回当登場した修羅だと、黒き音色のカヅキが好きですねー。

「英雄として、世界への責任を果たさないとね」という客人の少女。

オカフ自由都市に対抗するため、黄都が派遣した銃使い。実際に腕利きを何人も仕留めてて、活躍っぷりが見事。彼女の名を冠した章の、終盤で出てくる修羅紹介文の演出含めて好き。

 

これまで裏で動いていた灰色髪の少年なんかも出て来てましたが。

自らは戦闘力がないものの、誰もが無視できない状況を整えるのが上手い、彼なりの戦い方があるのは結構好みですねー。修羅にも多様性の時代……

 

アルスを擁立したヒドウのポリシーも分かるし、名誉に執着するハルゲントのこだわりも嫌いじゃないんだよなぁ。

冬のルクノカという伝説を引っ張り出してきて、アルスと戦う舞台を整えて。それでも、彼は。ただアルスの輝きを信じ続けていた。


アルスはアルスで、冬のルクノカを通じてハルゲントの存在を見ていますし、なんなんだこの二人は……いや、好きですけどね、こういう関係。

ハルゲントは全くもって不器用で、時代遅れの官僚とされているのも無理はない感じですが。最後のあの慟哭は、中々刺さる。嫌いな人はヒドウみたいにとことん嫌いそうですが。
これだけ迫力ある戦いやって、まだ第二試合までしか終わってないとかどうなってるんでしょうね……

EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩のウハウハザブーン 下

ico_grade6_4

「――またいつか、共に同じ夢を見よう。今度は、現実に出来る夢を」


キャンプ場に到着して合宿編スタート。

明かせる範囲で事情を明かして線引きをしたり、トレーニングに勤しんだり。

純粋に楽しんでる感じがしてよいですねー。

90年代が舞台でありつつ、バランサーによって構成された環境と言うのがやっぱりシチュエーションとして強い。

 

当時は~ですが、○○年に新発見がありますとか普通に面白いですし。

神話関係なんかもあまり詳しくはないので、解説回が純粋に楽しい。情報量が多いので、飲み込むのに時間かかりますが。

知識神が二人いて、それぞれスタンスが異なって違った味わいになってるのも凄い。

 

思兼先輩が、神委から来たデメテルとアテナに対して、嘘を吐かずに騙して右往左往させているのは笑えました。

いやまぁ、知らない地域の電車とか迷いかねないのは分かる。下調べ大事。調べてなお迷う人はいますけどね。えぇ、そういう友人が学生時代にいまして……

 

閑話休題。

木戸先輩を交えてのテラフォーミング。水を創る方法論で、住良木が提案した方法が見事に穴をついているというか、ドッキリみたいな方法で笑った。

雷同達のイメージトレーニングにも付いていけてましたし、知識神の解説に対しても良い反応示す事があるので、住良木、わりと頭良いというか。発想力がある。

まぁ、その発想力を活かして、巨乳信仰をソッコで始めるので、えぇ。バランサーの猿呼ばわりも順当かな……みたいに思えてくるんですが。テンションの上下が激しい。

 

木戸先輩の真名と、住良木に対しての微妙な距離感についても事情が明らかになっていましたが。

距離を取ろうとする彼女の気持ちも分かるけど、それを良しとしなかった人類の行動はナイスでした。

他シリーズでもあった、連続した挿絵も良い感じでしたし。持っていた武装も痺れた。

テュポーンの持つ雷とか、えぇ。AHEADシリーズで見た事ある気がしますね……

そういう繋がりが見られるとやっぱり嬉しくなります。ウハウハですね。

歌姫島の支配人候補

ico_grade6_3

「俺は今でも頼りないですか?」                                                          

 

積読消化。

その美貌と才能をもって、多くの人を魅了する歌姫。

彼女達を管理するマネージャーとして奔走する、野崎忠哉はある日自分をトップ・ディーヴァにしろと訴える美少女と遭遇して。

その熱量に影響をうけて、自分を彼女の担当にしてくださいと名乗り出て。

 

採用試験を受けるためにレッスンの予定を入れて、不合格だった場合、費用は彼の給料から天引きと言う条件でしたが。それを受けた野崎もスカーレットも、中々に肝が太い。

スカーレットの真っ直ぐさに影響されて、自分も大きな目標を掲げる辺り、割と似た者同士なんでしょうね……

 

日本人ながら、わずか三年で異国の高級劇場で幹部になってる辺り、才能はそれなりにあるんだろうなぁ、という感じ。

客の顔とか言語とか道路とか。優れた記憶力に任せて、色々と詰め込んだ結果のようですけど。覚えるだけじゃなくてそれをしっかり活用してるんだから、やっぱりスペックそこそこ高いよなぁ……

人の顔覚えるの本当に苦手なので、そこは正直羨ましい。

 

最も、ここで務めるようになった原因は、誰かに麻薬の運び屋に仕立て上げられて、命が危うくなり逃げ出したから、な辺りとか。

中盤、うっかり重大な秘密を知ってしまった時とか、未熟な部分もありますけど。

あと覚悟を決めたら引かないので、危険に飛び込んでいくあたりもハラハラする。

 

各国のVIPとの交流を持つ、夜の蝶としての顔も持つ歌姫。

そんな彼女たちの悩みを解決しようと踏み込めば、闇が深い案件に触れるのはある意味必然なんだよな……

自分の仕事に誇りを持って、意地を貫き通した姿は中々の見ものでした。

あからさまに怪しい奴が、そのまま黒幕だったのは、まぁ分かりやすくて良かったかなぁ。


悪役令嬢(ところてん式)

ico_grade6_4

「やったぜアイリーン、おまえの心が狭いおかげで話が早いぞ」

「口を慎みなさい!」

 

ノベルアップからの書籍化作品、なのかな?

WEBはなろうとカクヨムをいくらか読んでるだけで、余りWEB小説のプラットフォームに詳しくないんですが。

作者さんのTwitterが面白かったので、気になって購入。

 

タイトルから分かるように、悪役令嬢モノです。

まぁ、一作好評なのが出ると類似テーマの作品がバンバン出てくるのもWEB小説ですが。

テンプレートで言うと「主人公が、乙女ゲームの世界に転生したら、主人公に嫌がらせをする悪役令嬢だった。このままいけば破滅が待っているので、それを回避するために奔走する」みたいなのが多いですよね。

婚約破棄要素を混ぜて、破棄される場面で覚醒したり、本編よりも前に気付いて回避のための作を練ったり。要素を足し引きして、個性を出していくわけですが。

 

この作品の個性は「ところてん式」。容器から押し出られるところてんのように、心が入れ替わる。プレイヤーの意識が悪役令嬢に入り込み、悪役令嬢の魂は本来の主人公役の令嬢に入ってしまった。

ところてんというか、もう魂の玉突き事故みたいな感じですけど。本来の令嬢の魂はどこいっちゃったんでしょうね……

 

あと転生モノではなくて、ゲームをプレイしたら意識が切り替わった、憑依モノとでも言えば良いのか。なので、目的はお互いに元の身体に戻る事。

その為に秘密を知る者同士協力する運びとなりましたが。悪役令嬢が、その性格ゆえに周囲とバチバチに激突し、我を貫き通す性格だったため、早々に従者に信じて貰えてたのはラッキーでしたね。

理解者が増えるのは良いことです。打てる手が増えますからね。

 

とはいえ、悪役令嬢アイリーンの身体に入った現代の大学生コノミは、かなりのゲーマーで……思考回路が中々に極端で、読んでる最中ずっと笑ってましたね。

コノミが乙女ゲーになれていないこと。主人公シャーロットの身体に入ったアイリーンが、変わらずに気ままなこと。それらが合わさって、相乗効果でまぁ男性陣がひどい目にあってました。

 

フラグを折る。フラグを折る。フラグをこれでもかと折る!

秘密を暴露して学校を辞めさせる。得意ジャンルで逆にボコボコにする。池に叩き落す。贈り物をすれば、それを活用して別のキャラとの親睦を深める。

信じられるか、これ全部攻略対象に主人公ズがしたことなんだぜ……

身体に戻る条件を「誰かのルートに入って、エンディングを迎える事」と推測していたのに、どうしてそうなるの……

俺様キャラのはずなのに苦労人属性が生えたドミニク先輩が、笑えて好きですね。「おととい来やがれ青二才」とか言われても、交流にいくメンタルの強さは尊敬する。


リビルドワールドⅢ上 埋もれた遺跡

ico_grade6_4

「そうだよなー。そういうことが出来るやつは凄いけど、限界ってのはあるよなー」

 

7月末までやってた読み放題で既刊を読んで、続きが気になったので購入。

KADOKAWAの掌の上で踊らされている……既刊も懐と相談しつつ揃えていきたいですねー。

2下まで読んだところで、以降のWEBは読破してきたんですが。かなり改稿入ってて、別物になってましたね……取り急ぎ続きから読んだけど、1上~2下までの部分も結構変わってたのだろうか。

 

8000万オーラムを注ぎ込んだ新装備がついに届いて。

シズカさんからありがたく受け取ってましたが……かなりギリギリまで攻めて良い装備を揃えてくれたようで。

ちゃんと利益とってくださいと思う部分もありますが、その良い装備のお蔭でアキラが助かってるからなぁ……

 

強化服だけじゃなくて車までつけてくれたのはありがたい。

そして、自前の車を得たことでアキラは、かつて得たリオンズテイル社の情報を元に遺跡を捜索に出て。実際に大当たりの遺跡を見つけてました。

そこで得た遺物をカツラギに売りに行ったりしてましたが……アキラ、優秀なアルファのサポートがあれど、基本ソロでの活動だからハンターの常識とかにも疎いんだよなぁ。

商人の打算があるとはいえ、色々説明してもらえてよかった。

 

アキラもカツラギが何かの計算してるのには気付いて、シェリルが世話になってるからある程度は多めに見る、と言ってる辺りは成長を感じられた。

サラやエレナと一緒に遺跡探索に行くことになって、そこでも色々教わってましたしね。

カツヤとの距離感は相変わらずではありますが、少数でも理解者が居てくれるのは大きいよなぁ。

 

協力者枠だとシェリルも居て、かなり良い仕事してくれてはいるんですが。

アキラの判断基準が読めず、困惑してることもありますからね……理解者の道は遠い……

シェリルの服を買うシーンに加筆が入ってたり、アキラから頼まれて向かう遺跡がヒガラカ住宅遺跡じゃなくて、ヨノズカ駅遺跡に変わったりしてましたね。

カツヤとのやり取りで「秘密って良いですよね」と言ってる部分とか、かなり強かさが磨かれてるのは良い按配。

遺跡の所在がバレるまでの流れや、他のハンターとのトラブルの経緯も、より分かりやすくなっていたように思います。

 

しかしまぁ、ヨノズカ駅遺跡の騒動がかなりボリュームアップしてましたね。

ヴィオラの介入がハッキリと描かれて、おっかない情報屋って印象が更新されたわ……

条件がいくつも重なった結果、予想以上の惨事になってて、こう思わず天を仰ぎたくなりました。

数の暴力に押されたとは言え、ハンターが結構亡くなる騒動だったのに、死地に飛び込んでなお生還したアキラとカツヤの若手組も実力上げてるなぁ。亡霊の手助けがあるとはいえ、途中で死んでてもおかしくないと思うんだが。

だからこそ、試行の対象として相応しいのかもしれませんね……亡霊2体の会話が、相変わらず不穏でゾクゾクする。

リビルドワールドⅡ下 死後報復依頼プログラム

ico_grade6_4

「俺のどこがそんなに気にいたんだ?」

(略)

「どこがって? その生き様だよ! 無理無茶無謀! 駆け抜けて生き、駆け抜けて死ぬ! 実に良い! 実に俺好みだ!」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

キバヤシがめっちゃ出来る男っぽくてびっくり。いや、実際アキラの弾薬費関係のアレコレとか通して、そこそこ権限もってるっぽいですけど。シンプルにカッコイイ。

このスタイルで、ハンターの無理無茶無謀を後押ししてるのかと思うと、中々に愉快な人なんだな……外見渋いのに。

 

地下街に巣食ったヤラタサソリの駆除依頼。

おおむね順調に推移していましたが。地下はまだまだ手付かずの領域で、遺産なんかも見つかる状態。

……それを狙って、忍び込んでる連中まで居て。その一員をバッチリ目撃してしまい、戦闘にまで発展する辺りアキラの悪運も極まれり、って感じ。

 

単純に戦うだけでも厄介な相手ですが、そこからどんどん状況が悪化していく様は芸術的ですらある。

よくもまぁ、あそこまで状況を混沌に出来るな。今度こそ終わったかと思えば、次の騒動に繋がるんだから凄まじい。

アルファのサポートで辛くも乗り切ってる場面が多々ありましたが、本来なら死んでる状況を何度も超えるせいで、都市のエージェントと誤認されてるのは、正直笑えた。

 

今回も生還したものの、装備一式を失って。

派手に稼いで同じくらい派手に散財して、ハンタードリームではあるのか? 命からがら戦って装備破損してるわけで、毎回ギャンブルしてるようなものだから、スリリングですな……

続きが気になって、なろうの方でWEB版最新話まで読んでしまった。2巻終わりあたりから読んだんですが、スリした女子への扱いが少し変わってましたかね?

今後に影響を及ぼす様な要素なので、続きが楽しみです。続きも出てるし、懐と相談しつつ買っていきたいな……


リビルドワールドⅡ上 旧領域接続者

ico_grade6_4

「賭ける機会があることを喜ぶべきなのか。その機会さえ無ければしなずに済んだと嘆くべきなのか。あの子供はそのどちらなのか。分からんな」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

装備を新調したアキラ。

車のレンタルに関係する条件を緩和させるため、ハンターランクを上げるべく巡回任務などをこなしていきます。

勿論並行して、アルファ指導の下で各種訓練も受けてましたが。

 

遺物がほとんど取りつくされて廃れた遺跡で、情報取集機器を扱う訓練なんかもしてました。

……そこで、以前の巡回任務の時に他のハンターと揉めた、同年代のハンター集団とすれ違うんだから、どんな運だよ……

徒党の援助があって向こうの方がランクが上とはいえ、若手と言う意味では同じだから、通う遺跡が被るのはまぁ仕方ないですけど。

 

その若手ハンターのリーダー格であるカツヤが、アキラと同じくクズスハラ遺跡で亡霊見てるのが明らかになった時はびっくりしましたね。

アルファとは干渉の仕方が違うようですけど、無言で、知られずに笑っているとなおのこと不気味ですな……

 

ハンターランクを上げる任務の中で、通常弾が効かない敵に囲まれる状況になったりもしてましたが、装備とアルファのサポートで切り抜けて。

……下手に活躍しすぎたせいで、大量発生してるそのモンスター相手の作戦に参加してほしいと指名依頼が飛んでくる羽目になったわけですが。

都市から直接の指名で、そう簡単には断れるものでもなく。装備で切り抜けただけだから、バックアップがないと無理とか条件を色々と付けて、断ってもらおうとするも失敗。

 

ツいてませんな、本当に。実績を積み上げ続けてるわけで、そういう意味では運があるのかもしれませんが。

シオリとしていた、想定と覚悟の問答は好きだなぁ。どっちも譲れず、何かずれていたらそのまま激突していた危うい感じが良い。

 

しかしまぁ、ドランカムの若手はあんなんばっかりか。シカラベが嫌がるのも無理はない気がしてきたな……

巻末の短編はそのカツヤ達のはじまりを描く『ハンター志望の少年少女』。チーム分けの件とか、ある程度の選別がされていて、非情な線引きを実感した。

まぁ、モンスターが居る世界で、情だけじゃ生きてけないから、ある程度は必要なんでしょうけど。

 

防衛のハズが探索に行く羽目になって、さらに戦果を挙げて、別のチームに配属される。

アリ地獄にハマってるみたいに、ズルズルと不相応な場所に踏み込んでいくアキラから目が離せません。


リビルドワールドⅠ下 無理無茶無謀

ico_grade6_4

自分の命は自分のもの。無謀にもモンスターの群れに挑んで殺されようとも、自分の意志で自分の命を賭けたのならば、アキラにとって問題などない。


BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

アキラが夢で見た光景。アルファが無表情で、これまでの試行を振り返ってる姿。

目覚めた時には忘れていましたが……内容がいちいち不穏に過ぎる。

その直後に明らかになる、旧領域接続者と言う情報も、ちょっとヤバそうな臭いしますしね……

以前の協力者たちは、失敗して死ぬか、心折れて挫折するか。完全に敵対した例すらあるみたいで。アキラははたして、どうなりますかね。

 

サラやエレナに助けられて、窮地を脱したアキラ。

無茶が祟って倒れたようですが、命に別状はなし。まぁ、三日ぐらい寝込んでたみたいですけど。

スラム街で結成した徒党に顔を出す約束をすっぽかした形になってしまって。

その後顔を出してはいましたが。同じくらいの子どもに見えて舐められて、一蹴。

順調にハンターになってるな、と言いますか。アキラ、割り切りが良いし行動に迷いがないので、いっそ清々しいですね。

 

他の徒党との揉め事もあって、シェリルが大分ピリピリしてましたね……。

追い込まれに追い込まれた結果として、なんか振り切れてました。別人のようになって、アキラもアルファも、徒党のメンバーすら困惑してましたけど。

びくびくし続けるよりは、建設的でいいんじゃないですかね。少なくとも、変わる前よりは好きだなぁ。

 

そしてアキラは、装備を買い足して。強化服とかにも手をだして、特訓を継続。

ハンターオフィスが恒常的に出してる、都市巡回の依頼を受けたりしてました。

まぁ、子供って事で舐められたり、他のハンターとのトラブルに鉢合わせたりもしたんですが。

それが前座でしかなくて、より大きなトラブルに遭遇するとは。アルファじゃないですけど、アキラの不運をちょっと甘く見てましたね……

装備とアルファのサポートを受けて、生き残るために活躍して。事件後にデータの故障を疑われていたのには正直笑いました。

キバヤシが無理無茶無謀を後押しする癖あるって言うのも、分からなくはないな。自分がそれに巻き込まれるのはゴメンですが。

 

巻末には書き下ろし短編『境界都市の少女達』が収録。

アキラと縁があるハンター、サラとエリナの過去エピソードですね。

いやはや、ハンターになるような人は誰も彼も思い切りが良いというか、行動力が凄いな。

命がかかっていた、と言うのもあるとは思いますけど。それで生き延びてるんだから、賭けに勝ったと言えるか。

でもこの世界、賭けに負けた側の例も、描かれないだけで多いんだろうなぁ……

 

リビルドワールドⅠ上 誘う亡霊

ico_grade6_4

「嫌だ。命賭けなのはスラム街だって同じだ。俺は這い上がる。絶対にだ」


BOOK
WALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

発展した文明が滅びさった後の世界。

そこでは、旧文明の遺跡から様々な遺産を回収するハンター達が活動していた。

恩恵を十分に受けられる都市に住まう者、温情で命を繋いでいるスラム街に巣食う者。

立ち位置は色々あるようですけど。主人公のアキラもスラム街の片隅でなんとか命を繋いでる状態だったけれど、ハンターとして活動する事を決めて。

 

実際、旧文明の技術は素晴らしく、重傷を負っても助かる回復薬だとか、新大能力を向上させるナノマシンとか、様々な分野が栄えていたようで。

それだけに、なにか一つ大きな発見を出来れば、それからの生活を向上させるのも不可能ではない。

……ま、そんな夢が簡単に叶うならスラム街に人が溢れてないでしょうけど。

 

今は遺跡とされている場所にも人々は暮らしていたし、なんなら工場とかもあったでしょう。

そうした場所の警備用に配置された機構は、活動状態のものもあり……立ち入るものを寄せ付けない障害となっていた。

モンスターと呼称されるそれは、ハンター未満のスラムの子どもは軽く蹴散らすし、なんならハンターであろうと油断すれば命を落とす。いや、金属を経口摂取して、材料に応じて兵器を生成するウェポンドッグとか居ますからね。普通は死ぬ。

 

アキラも、遺跡に踏み込んだ無謀な一人として散るハズだった。

けれど何の因果か、自分にしか見えない裸の美女アルファと遭遇して……

彼女と契約を結んで、最高級のサポートを受けながら、ハンターとして活動していく話です。アルファの性能はかなり飛び抜けているのが感じられますけど、アキラの初期ステータスが低いので、一気にサクセスストーリーとはいかず。

 

地道な特訓をして、それでも死にかけたりしてます。

まぁ、少しずつ成長しているのも分かるので、楽しいんですけど……アルファが、すごい不穏なんですよね、正直。

思考誘導とか、自由意志干渉とか言って許可を求めてる下りが凄い怖い。

あとアルファ抜きにしても、アキラのトラブル遭遇率の高さが笑えるんだよなぁ。

 

アルファと出会った事で運を使い果たしたという話が何度か出ますが、一瞬納得してしまうくらいついてない。

そして、アルファの不穏さを加味すると、本当に幸運だったのか問題も生じるので、深く追求しちゃいけないんだろうな……

そのうちコミカライズも追いかけてみようかな、と思うくらいには魅力的でした。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ