気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

狼領主のお嬢様2

ico_grade6_3

「私も、願っています。カイドに生きていてほしいと、ずっと願っています」

 

シャーリーと同じく、何の因果か前世の記憶を持って生まれた彼。

その策謀によって、狼領主には熊殺しの毒が投与され死んだという情報が流された。

……えぇまぁあらすじで明かされていたので、言ってしまうとカイド死んでなかったんですね。そもそも表紙にも口絵にも居ますからね。

で、上手い事追いつけるように色々と手を回していたようです。

 

まぁ流石に毒が効かなかったわけではなく、死にかけたところをなんとか蘇生された状態のようでしたけど。

それでも、シャーリーを取り戻すために即座に行動できる辺りは凄い。まだまだ若いなー。

シャーリーだからこそ、狼領主のそうした反応を引き出せるというのは、有るんでしょうけど。

 

過去に因縁があったのは確かだけれど、未来を向いて生きる事を決めて。

ちゃんと言葉にして想いを告げてるのは良かったです。お嬢様、かなり鈍い部分があるようで、伝わらない可能性もいくらかありましたからね……

終盤のイザドルの話にも全く気付いてないみたいでしたし、うん、今世でも割と箱入りだと思います。

色々とトラブルはありましたが、カロンたちのようにシャーリーを受け入れてくれる人が居る終わり方は良かったですねー。

領地の後継のこととか、課題は多そうですけど。仕事を割り振ることを覚えた領主様と彼女なら、大丈夫でしょう。


 

狼領主のお嬢様

ico_grade6_3

「私、何か……そんなに特徴的なこと、ありますか」

(略)

「……瞳が、あなたを映していますから」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

悪政を敷き、民を虐げた領主一族。

彼らは内部に侵入したスパイによって悪事を暴かれ、裁かれた。

蝶よ花よと育てられた、箱入り娘すら処刑された。

彼女自身は、真実、領主一族の悪徳に与してはいなかったのに。

……まぁ、家族の放蕩を知っていながら止めなかったというのは、確かなんですけれど。

そうする発想が出てこないくらい箱入りだった。

 

前領主一族を絶やし、革命の旗手となった男が新しい領主となって、その地は少しずつ快復しつつあった。

悪者は去り、めでたしめでたし……で終わったら、この作品始まらないんですけど。

処刑された筈の領主一族のお嬢様、その記憶を持って今の世に生を受けた少女シャーリー。

親も無く養護院にいた彼女は、ある時、院長から縁が巡り巡って、領主の屋敷で新人メイドになることとなって。

 

前世の記憶を持つ故に、上手く馴染めずにいた部分もあるようですが。

しっかりと仕事はするし、同僚からの受けも悪くはない。ただ、食事をあまり取らずにやせ過ぎな部分は心配されているようですけど。

ひょんなことから屋敷で働くことになった彼女は、更に予期せぬ遭遇によって領主付きのメイドとして勤める事となって。

 

お互いに相手を見て、秘している事情に察しを付けながらも触れずにいる、初期の微妙な距離感のやり取りが好きなんですよね。

領主の友人であるイザドルが踏み込んできた後の、しどろもどろになる部分とか。

そこに二人が触れた後、「仕事を終わらせるぞ」で空気を切り替えられる辺りとか。

 

それぞれの間に漂う空気が、気に入っています。長い台詞が連続したり、好みから外れる部分も無くはないですが。

1巻の引きがかなり良い所で終わっていて、続けて2巻を読み始めた身では何も言えません。

竜魔神姫ヴァルアリスの敗北2~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~

ico_grade6_3h

「いい加減に向き合い乗り越えなくては、胸を張って前に進めません。母上と会うのは、そのために必要なことなのです」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

1巻では都内の店舗を中心に食べ歩きしていたヴァルアリスですが、首都ならそりゃ美食が多いだろ、という考えのもと別の地域にも足を運ぶことに。

そしてそこでもまた美食パンチに敗北をするんですが。

今回もしらす丼を釣ろうとしたり車に引かれたり、奇行要素もあり。情報収集に難がありますね……いやまぁ、異文化交流って大変なものですけど、なんか違うような。

 

ヴァルアリス、基本スペックが高い分帳尻併せてしまうからな……

あと、地の文で書かれていましたけど、何だかんだ最後には美味しいものに辿り着いている辺り「食の天運」は確かに持ってそう。

餃子の時とか、店でトラブルが起きても、ピンチヒッターが美味しい料理を提供してくれてましたしね。

 

孤高の姫だった彼女が、サチュラやインフェリスと一緒に食事をすることで、少しずつ変わってきているのもいい感じです。

父親が言う、王の資質についても気が付けるんじゃないだろうか。

そんな彼女が人界で、かつて魔界から姿を消した母の痕跡を見つけて。

自分と向き合うために、心の穴を認めて、先に進むと決めた彼女の在り方は眩しい。

いや、グルメに敗北するばかりかと思っていた所に予想外のドラマが発生してびっくり。懐に余裕出来たら買って応援したいなぁ……

竜魔神姫ヴァルアリスの敗北~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~

ico_grade6_3h

「……それでも、私は戦う」

(略)

「私が竜魔神姫であるからだ。いずれこの魔界を統べる、王となるべき者……」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。 

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

もう、タイトル・サブタイトルが完璧ですよね。

魔界最強の姫が、人類を滅ぼすべくこの世界に来て、グルメに負ける話です。

滅ぼすって言ってるのに、なんで食事してるのかと言えば、それが必要だから。

とある儀式で人類世界を滅ぼそうと決めたが、その儀式には厳格な決まりがあり、その一つが、「滅亡させる世界の存在した証を保管する」というもの。

 

そしてそれは、その世界に住まう生命が作り上げた文化の成果でなくてはならない。

なのでヴァルアリスは食文化にピントを当て、食べ歩きに興じてるんですが……舌が敏感だったばっかりに、美食にノックアウトされるばかり。天丼芸は鉄板。

狙ったように、その道に邁進し続けた店にばかり当たっているのもあって、運がいいのか悪いのか。人類目線だと良いことですけどね。滅びが先送りになるので。

 

本人はいたって真面目なのに、情報収集の魔法に粗があって、奇怪な行動をとってる場面も笑えました。それらを受け入れているお店の人々の心が広い。

……いやまぁ、接客やってると変わったお客様っているので、いちいち反応してられない部分もなくはないですけど。手が増えたりする客は、もうちょっと訝しんでいいと思うよ……

 

あと、ルビが分かりやすくて笑えます。位が高い兵士は「天魔星将(ドエライヒト)」、「神格天魔星将(ゴッツエライヒト)」みたいな感じですし。

主人公のヴァルアリスの称号も、竜魔神姫でトンデモナイゼですし。

他にも、シンデナカッタッスという蘇生魔法、アタランカラナという結界などなど。新規用語をバンバン出しつつ説明をルビで片付けている。

メインはあくまでも『竜魔神姫ヴァルアリスの敗北』だからこそ、この辺のスピード感は好き。

Fate Requiem2 懐想都市新宿

ico_grade6_3
「ぼくは、きみのしるべになろう――ほしをみつけて、かぜのゆくえをおしえてあげられる。でも、こぎだすのはきみなんだ」

 

読了後にFGOのコラボイベントは、せめて2巻出てからやればよかったのでは。

とは少し思いましたね。いや、GWから延期された結果だから本来なら同時刊行だったのだろうか……

2巻時点でもまだ紅葉さん人型取ってないし。恐竜だし。ネタバレが過ぎる。

 

夜警の仕事を一時休み、外部への協力を依頼して。

その上で廃都フユキ捜索を始める事にしたエリセ達。ボイジャーとの、関係になれていない微妙な距離感がリアルで良かった。

エリセ、友達(ほとんど)居ないんだね……

カリンがついてきてくれたり、コハルと改めて会話する機会があったりと、こんな状況でも青春していて良かったです。口絵の水着もいい感じでしたしね。奥で浮き輪つけてるボイジャーとその横で準備体操?してる紅葉さんが可愛い。

 

とはいえ、先日起きた騒動、その首魁には逃げられているし爪痕も残っているままで、正直状況としては良くないですよね。

おまけに先の事件でサーヴァントを失ったマスターの下に、新しいサーヴァントが召喚されなかったり。

新生児の傍に召喚されるはずのサーヴァントが現れなかったり、と新たな異変も生じているようですし。

 

負傷したコハルの問題も中々にヘビーですけどねぇ。覚悟が決まりすぎていて、それを尊重したい気持ちもあるけれど、ちょっと悲しくなる。だからあそこでカリンが涙を流してくれたのには正直少し救われた。

 

エリセの父母をしるエージェントも登場して、色々と惑わしてくるし、怪しさばっかり増していく朽目も居るしで、続きが怖いですねぇ。

終盤にエリセの出自についてかなり重要そうな情報出てきましたが、マジかー。このマスターとサーヴァントの距離が近いモザイク市にあっても、それは奇蹟的なのでは。

マッキもいい性格していたので、再登場してくれると歓喜するんですが、難しいだろうな……



Babel1 少女は言葉の旅に出る

ico_grade6_4

「(前略)だから、どれほど世界の現状が不自由なものであっても――僕は混入された便利さより、あるべき不自由を望むよ」

 

Babelリブート刊行おめでとうございます!

以前電撃文庫から刊行されていたんですが、2巻で打ち切りの憂き目に(担当さんが刊行模索中らしき話はちらほら聞こえましたが)……それもあって『Unnamed Memory』刊行したときは、イチオシという事を抜きにしても宣伝しまくったんですが。

それが結実したように思えて嬉しいですねー。

電撃文庫時代は、文庫に納める為にシーンを削ったり、色々と組み替えたりとされていたんですが。今回は新文芸という事で原点そのまま(加筆はあり)です。分厚い。紙でも480Pくらいあります。

 

この作品は、『Unnamed Memory』と同じ大陸を舞台としていますが……300年後のエピソードです。

現代地球の文系大学生女子・水瀬雫が、不思議な穴に吸い込まれてしまう。異世界転移モノですね。

文字は読めないものの会話は通じたので、簡単な販売員のバイトをして日銭を稼いでいる辺りは強かと言うか。これから何をするにしても資金は必要だ、という割り切りはすごい。

「やることやってりゃ気も紛れます」というのも本音でしょうけど。

 

そんな彼女が、魔法文字を専攻とする魔法士エリクと出会って。

エリクは、「異世界から来た」という前例がない少女の言葉を信じてくれる稀少な人物で。

更には魔法大国ファルサスならば、あるいは帰還の術が見つかるかもしれないという助言や、実際にファルサスを目指す雫の旅に同道してくれて。

彼自身も雫に文字を教わるという条件を出してはいますけど。完全に無償の善意より信じやすい。エリクと初期に出会えたのが、何よりの幸運ですよね。

 

タイトルが『Babel』という事もあり、この作品のテーマの一つは「言葉」です。

何故、異世界出身の雫とエリクの間で会話が成立するのか。その真実は、物語終盤で明かされます。

言語に関する疑問自体は、実のところ『Unnamed Memory』でも抱けなくはないのですが。回答については『Babel』を待たなくてはならないんですよね……。

 

UMでメインを張った王と魔女はどちらも腕利きでしたが。

本作の主人公二人は、どちらも学者よりと言いますか。「湖の底に行きたいです」への回答、オスカーだと「水妖を脅す」になりますが、エリクの場合だと「かつて辿り着いた先人の文献を調べる」になる辺りで察してください。

なので、戦闘とかになると結構ハラハラします。それでも、退けないと踏み込んでいく雫の覚悟が好きでもあるんですけど。

 

あとなんか最後に、見覚えのある名前が出てきましたね。

いやーよくある名前なのかなー(棒)。実際書籍でUMにハマって、Babelに来た人がどんな反応するのか、凄い興味ありますね……

2巻は秋予定。またしても雫の覚悟キマった姿が見られるので楽しみ。文庫で出番のなかった3巻以降のキャラも待ち遠しい。

Unnamed MemoryⅤ 祈りへと至る沈黙

ico_grade6_5

「だとしても、ここから前に進む。ここ以外はない」

 

コミカライズ決定!!!

Twitterとかでは、折に触れ「コミカライズしないかなー」と叫んでいたんですが、正直Act.2に入っても音沙汰なく、完結が近づいてる状況で半ばあきらめの境地にありましたが。

マジかー。今から楽しみで仕方がない。久しぶりに電撃大王本誌購入の民になろうかな……出来ればAct.1の終わりまで続いて欲しいですが、新文芸だと量あるからなぁ。どうなるだろう。楽しみが増えました。

 

そして、今回も絵が良い! 表紙絵の、ティナーシャがオスカーに膝枕されている構図も尊いし、逆パターンの挿絵もあって福利厚生が手厚い。

あらすじにも書いてる、オスカーがついにティナーシャに求婚したシーンを口絵に持ってきているのもニクい演出ですよね。式典のあとだから、正装な二人がカラーで見られてもう最高です。

 

求婚するシーンが書籍化にあたって加筆され、オスカー視点になっていたのは嬉しい誤算。

機会を逃さず踏み込んでいく、果断の人ですよね……迅速に会いに行くためとはいえ、塔の外壁を上る辺り、あなた本当に王族かって感じですが。

王として私情を抑えていた。けれど、ティナーシャの立場が変わる目算が立つならば、話は別で……

 

プロポーズされた後、うだうだしているティナーシャも可愛くて好きです。感情と魔力を分けられていない辺りが新鮮。可愛いなー。答えを返した後のシーンが挿絵になっていたのも良い。赤面してるティナーシャも良いし、彼女には見えていないオスカーの表情が穏やかで、もう幸せにおなり……って感じです。

 

もっともその後、失踪事件が起こしたり、禁呪を使う国にファルサスが戦争吹っ掛けられて、禁呪排除の為にトゥルダールが介入したり。

過去に戻る魔法球について知るヴァルトからの接触や、邪神教団残党の復讐、上位魔族との戦闘とイベント盛りだくさんではあるんですけど。

魔女になりたがった女の起こした事件、WEBとはだいぶ毛色が変わってて驚き。結末は、苦いまま変わりませんが。

 

まぁ、色々起きていてどれも重大ではあるんですが。

やはり一番のポイントは、ついにオスカーが「断絶の呪い」をかけられた理由が明かされる所でしょうか。

沈黙の魔女が直々に乗り込んできている辺り、行動力が凄い。そして、彼女の真意が明らかになって、憎めなくなるのも良いんですよね。

 

そして次の6巻が最終巻となるのが、悲しい。あぁ、書籍化決定以来、夢のような時間だったなぁ……『Babel』のリブートや、冒頭でも叫んだコミカライズ決定があるので、まだまだ楽しめる時間はあるんですが。

それでも好きなシリーズの終わりは寂しいものです(まだ終わってないよ)。続きを期待し、お待ちしております。


本好きの下剋上 第五部女神の化身Ⅱ

ico_grade6_3h

「他領の余力に関しては存じませんが、ローゼマイン様の儀式は見る価値がございます。神々に祈りを捧げること、神々に愛されるというのがどういうことなのか、よくわかると思います」

 

第五部は本当に、胃がキリキリするようなエピソードが多いですねぇ。

貴族たちは遠まわしな物言いをするから、(最近は改善してますが)ローゼマインみたいに誤解することもあるし、本質に気付けてない感がある。

まぁエーレンフェストも、まだまだ順位に見合った態度が取れずに、ヴィルフリートとか萎縮するばかりなのもあって、色々とチグハグなんですよね今。

それだけ政変の影響で失われたものが大きいという事もあるんだろうなぁ。

 

プロローグは、アーレンスバッハに行ったフェルディナンド視点。着々と仕事をこなして、文官たちから少しずつ評価されている模様。

いやまぁ中継ぎアウブに成ることが決まっている、ディートリンデが酷すぎるので、結果的に頼られている感じですが。

第三夫人の子で、領主教育を受けてこなかったとはいえ、流石にアレはなぁ……文官たちも、諦めきっている感じがある。大領地のくせに、気概がない。リヒャルダが居れば、ビシバシいっただろうに。ま、ゲオルギーネが暗躍している中では、正直そうした存在が居ても摘み取られてるでしょうけど。

少しでも味方を作らないといけない状況で、ローゼマインからも頭の痛くなるような手紙が飛んでくるんだから、お疲れ様です……

 

まぁ、今回はそのローゼマインも結構振り回されてるんですけどねー。

フェルディナンドから伝えられた、地下書庫についての情報を王族に伝える事を決めたら、第一王子との接点が出来てしまったし。

共同研究の中で有能さを示したことで、ダンケルフェルガーから第一夫人として求められ、嫁取りディッターをする羽目になるし。

 

王族と大領地の傲慢がこれでもか、と描かれている。特に巻末書き下ろし短編「注意すべき存在」はこれまで描かれてこなかった、第一王子ジギスヴァルト視点でしたが……

WEB読んで、結末を知っていても、正直テメェって思いましたね。グルトリスハイトがない王族として育ったせいで、色々と抜けている。

なろうで連載中の続編、「ハンネローレの貴族院五年生」での行動も、まぁそうなるかな、という感じで理解は深まりましたが。

 

あとは、本編ではヨースブレンナーのリュールラディ視点で描かれた「聖女の儀式」。本編ではローゼマイン視点で描かれていましたが……大分見えてる物が違うなぁという感じ。これは確かにWEB版の時、視点変更入るわと納得しかなかった。

色々ストレスが溜まって爆発した「ちょっとした企み」辺りのやり取りは好きですね。


EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩のウハウハザブーン 上

ico_grade6_4

「自分だけで考えて悩んでいたことって、外のみんながよってたかって助けてくれると、何処かに“ああ、これでいいかな”って思えるものが出てくると、そう思います」

 

EDGEシリーズ、神々のいない星で、最新刊。

たった一人の人間が、神様たちの力を借りてテラフォーミングする、と言う規模の大きな事をしてるのに、作中の雰囲気は結構緩め。

前巻同様、アイコン付のチャット形式で会話主体なので、読みやすいですよ。分量は多いですが。

 

川で水の精霊が、地脈の乱れによって暴れているのでそれを鎮めに行ったり。

ビルガメスとかの協力も得られるようになって、戦力は十分なので、割とサクサク戦闘終わるのでいいですね。

まぁ、やり方に不慣れなのもあって、一回分裂させてしまったりしてましたが。その後すぐ、対処しなおしている辺り柔軟性あるなー。

川精霊たちの《わー》口調が可愛くて好き。和む。

 

90年代エピソードを交えつつ、そこから発展していく未来の話があったり。

神様や神話に対する考察があったりと、読み応えも抜群。

エシュタルのエビフ山の下りとか、つい笑ってしまった。

「……何してるのあの馬鹿。何か嫌なことでもあったの?」とか《――誰が使うと言いました?》とか。住良木が思わず素のリアクションしてる辺り、本当にもう。バランサーもいい性格してて楽しい。

 

エシュタルが居るのに、新しい神委の監査がくるという話があったり。監査とはまた別の人員がやって来たり。住良木に対してちょっと思う所があるらしい、木戸先輩の不審な動きがあったり。

色々とイベントが起きて、解決は下巻へ持ち越しですが。今回も楽しかったです。

住良木を餌にすると、割とあっさり釣れる木戸先輩が可愛くていいと思います。

 

エリスの聖杯2

ico_grade6_4
「手札はきちんと揃えてから勝負に挑みなさい。それが、長生きの秘訣だ」


その内書きます、とか言いながら本編が面白くて勢いで読んでしまった。
更に、続きが気になったのでWEBの方にも手を出してます。面白い。

王国では、今、確かに何かが起きている。
いいや。正確には、スカーレットが処刑された10年前から、起き続けていた。
「毒を盛った」という、犯してない罪によって処刑された令嬢スカーレット。
その真実を探るコニーに近づく怪しい勢力が居て、さらには彼女の友人を誘拐するなんて強硬手段まで取るわけですから。

1巻からでしたが、事件を探るコニーの視点だけではなく、暗躍している勢力の視点なんかも描写してくれるので、読者としては満足。
敵の特徴なんかが描写された後、ソイツが偽名を使って動いてる場面とか「うわぁ、ヤバいのが動いてる!」とか、そこが接近するのかとハラハラしましたし。

彼女が嘘を吐けない性格であったことや、コニー以外にスカーレットを見られる少女とも出会って。
コニーも少しずつ味方を増やしていって。
これで真実に迫れるのだろうか、と良い方に動きだしたと感じても、敵の手が伸びて情報源を始末されてしまったりするし。
そこから追及する手が伸びて来たりする。

敵について知るたびに、その根深さに驚かされましたし、それでも抗う人々が居た事には感服する。
社交場での狩りみたいに、この国の貴族には、どうもおっかない印象がありましたが。
ランドルフはまぁ堅物すぎるきらいはありますけど、腐っていない貴族もまだ多いのだ。
リリィ=オーラミュンデは鍵を残していった、じゃないか。
コニーじゃないですけど、怒涛の展開で正直ちょっとすっぽ抜けてましたね。

エリスの聖杯について。リリィは、過去に何を為したのか。
スカーレットは何故処刑されたのか。蠢いている組織の目的とは。
それらが少しずつ明らかになって行く様は、ただただ見事でした。
章間の人物紹介は相変わらずコミカルで良い息抜きになりますね……

「生かされたものの責任だ」。
賭けは、私の勝ちだ。
「思い知らせてやる」。

この辺りは、特に印象に残ってる台詞ですね……
あぁ、全く。カスティエル公も王も、どれだけの物を背負ってきたんだ。
回想シーンの美しい光景が、あまりにも遠すぎる。
平和惚けしていた、と言われてしまえばそれまでですが。
だからと言って、幸福を失っていいわけじゃないですからね……暁の鶏、許すまじ。

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ