気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅳ

ico_grade6_3

「……お前、性急さを直せ、と神官長に言われたんじゃなかったのか?」

「そうでした。自重、自重……自重、捨ててもいいですか?」

「いいわけがあるか、この阿呆!」

 

プロローグはギルベルタ商会のダプラ見習いになることが決まったトゥーリとルッツの話。

これまでとは環境が変わるため準備が必要だ、と。

ルッツがマインのギルドカードを預かり、そこから金を出したりしてましたが。

トゥーリの髪飾りが他の職人と比べて見劣りするようになれば、他人の作った髪飾りをマインに納品しなくてはならなくなる。

それは嫌だ、と専属であり続ける努力をしたトゥーリが眩しい。

 

ブリギッテに新しい衣装を送ろうとして、それが母にバレて当初の予定より大事になったりしてました。

根回し大事。ベンノも胃が痛いだろうなぁ。

あとはダームエルに、魔力圧縮の方法をこっそり教えたりもしてました。

アンゲリカが護衛に復帰して、かわった魔剣を入手する事になったり、神官長が還俗したりと色々と状況が変わっていましたが。

 

一番大きいのはやはり、領主会議。

そしてそこでジルヴェスターの姉ゲオルギーネとのやり取りがあり、エーレンフェストにやって来たことでしょう。

大領地アーレンスバッはの第三夫人として嫁いだはずが……いつの間にか第一夫人になっていた。ジルヴェスターが生まれるまでは、エーレンフェストの領主になるはずだった、領主候補生。

エーレンフェストに騒乱を招く、混沌の女神。彼女がやって来た事でエピローグがかなり不穏なものでしたしね。あぁ、怖い怖い。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅲ

ico_grade6_3
「姫様のことを詳しく知らない貴族の方が多いので、貴族たちは面食らったでしょうけれど、わたくし達にとっては今更のことですよ。……ローゼマイン姫様、魔力が多いことは貴族として誇ることで、そのように困った顔をすることではございません」

 

役職が多いのに側仕えが少ないと指摘を受けて、少し人員を増やすことに。

フランやギルの意見を優先するあたりがマインだよなぁ。

そして、印刷機の改良をするために、グーテンベルグを集めて異業種交流をすることに。

 

巻末の「神殿長の専属」でインゴは大分悩んでいたようですし、専属認定されたのはおめでとう。

……マインの起こす騒動にひりまわされる運命が確定したよ! やったねインゴさん仕事が増えるよ!

マインの思い付きでどんどん加速していく変化に対応するの大変だよなぁ。ハッセの孤児院みたいに、他の貴族の思惑ものっかって制御不能になることもありますし。

そりゃあギルド長も悲鳴上げますよ。

 

冬のお披露目、子供教室など他の貴族の子供との交流も開始。

お披露目の音楽で祝福ばら撒いたり、子供教室でカルタや聖典絵本を活用したり、ローゼマインの影響が如実に表れている感じ。

ヴィルフリートの側近たちも、能力の高さに警戒している面もあるようです。

周囲が見れるようになったのは成長だと思いますが。そもそもヴィルフリートは教育足りてないんだし、その辺もうちょっと頑張れよ、とは思わなくもない。




本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅱ

ico_grade6_3

「それから、お前は虚弱であまり外に出ていなかったせいか、もともと常識に疎いところがあった。その上に、商人の常識が混ざり、神官の常識が混ざり、今、貴族の常識が混ざろうとしている。お前の常識はどの階層から見てもどこか歪だ。その辺りをきちんと話し合わなければ、お前の考えていることは神官長に通じないぞ」

 

上級貴族から領主の養女、そして神殿長となったマイン。

そんな彼女と公に家族といえなくとも。会える機会を逃さず、絆を大事にしているエーファ達がいいですねぇ。

この絆があったからこそ、マインは慣れない環境においても平穏を保てた部分が大きいと思う。

 

ただ、そうして今までと変わらない部分もあったりするから完全に意識が切り替わってないというか。

ベンノが言った通り、いろんな常識が混ざり合って……異世界の知識まで抱え込んでいるもんだから、温度差があるんですよね。

その差があるからこそ、マインは色々と改革が出来ているって言うのもありますが。違いを踏まえて修正してくれる人は必要です。

その意味ではベンノが叱ってくれたのも大きいし、神官長の存在もかなり重要なんですよね。

 

今回のポイントは、ハッセ絡みの騒動に対する対応と……

ヴィルフリートとの入れ替わり生活でしょうか。いやぁ、予想以上に酷い有様だったと言いますか。

これマインが居なかったら本気で廃嫡コースだったろうなぁ……            

平民から貴族となったマインと比べるのは可哀想ですが、それにしたってという状況で。

改善していってくれればいいんですが、ねぇ……




ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8 「case.冠位決議(上)」

ico_grade6_4

「でも、拙は連れて行ってくださるのですね」

()

「君がいないと、死ぬ」

 

そして始まる、ロード・エルメロイⅡ世最後の事件。

冬木の聖杯戦争が着実に準備が整う中、ドクター・ハートレスの陰謀は進み……

連動するかのように、時計塔の君主達が動く。

いや、実際に繋がっている部分もあるんでしょうけど、未だ明らかにならず。

 

『冠位決議』。時計塔で行われる、君主や代行が集まる、意思決定の場。

かつて、エルメロイ派が鉱石科から外され一件、現代魔術科に据えられる事になった一件。そうした派閥を超えた決定を下す際の決議の場だとか。

議題の重要性に応じて出席率も変わるようですが。今回は、貴族主義、民主主義の筆頭派閥の君主が動いていて、エルメロイ派も否応なく巻き込まれてました。

 

ま、ハートレスの影が見え隠れする時点で、Ⅱ世に退くという選択肢はないわけですが。

いやぁ、君主って言うのはどいつもこいつも化け物揃いというか。少しでも油断すれば足を掬われそうになる。

それぞれの格を感じさせつつ、上手い事凌ぐⅡ世やライネスの姿が見られたのが良かった。

 

というか、ライネスは義兄にいじわるしたりして、楽しんだりしてますけど、割と魔術師のわりに真っ当というか。

「……ああ、私だって、この兄がいなければ、きっとその程度の読破平然と飲むからだ」とか考えているあたり、お兄ちゃん大好きかよ……

 

大好きといえば、冠位決議に備えエルメロイ教室の授業を停止した後の生徒たちの動向が受けた。

失踪した教授を探そうとして、通りそうな場所を使い魔で一日監視したり。

追いかける為に憑霊用の触媒準備したり、君らは君らで教授が好きだねぇ……

 

あと、今回は君主たちと対面するⅡ世・ライネス組と、ハートレス絡みの調査をするフラット・スヴィン・グレイ組に分かれてましたが。

情報共有のための手段が、可愛かった。正確に言えば、それをはじめた見た時に目を輝かせていたというグレイを想像するともう……ねぇ。

 

各派閥の思惑が入り乱れた状況。ハートレスはある程度は見破られても……そこで詰むだろうと予測してましたが。

それをどう乗り越えてくるのか、予想もつかない……というか、おい。落ち着けハートレス。いや自陣にのみ英霊なんで札があるなら切らない方が損というか。だからって初手宝具とか容赦ないな……



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女Ⅰ

 ico_grade6_3h

「確かに。どちらにもいかなければ争いになりませんね」

なんていい考え、と手を打った時、フェルディナンドの肩にジルヴェスターとカルステッドの手が両方からポンと置かれた。

「フェルディナンド、抜け駆けはいかんな」

 

領主の養女となる事が決まったマイン。

名をローゼマインと改め、カルステッドの娘として養育されることに。

カルステッドの妻エルヴィーラに、フェルディナンド達が事情を明かし協力を仰いでいました。

貴族らしい振る舞いが出来ていなかったマインが、図書館の鍵という褒美の為に奮起してるのは笑った。

 

本当に本が好きすぎて……けど、目的がはっきりしていた事もありますが、マインなんだかんだでスペックは優秀ですよね。

ちゃんと上級貴族らしい振る舞いを身に着けているし、仕事を割り振らればちゃんとこなすし。

本や身内が関わるとブレーキ壊れて、常識がずれているから周囲が振り回さえますけど。

 

この巻で好きなエピソードはやっぱりイタリアンレストラン辺り。

食が関わると面倒くさいエーレンフェスト首脳陣のやり取りは見ていて楽しいです。

……無茶ぶりされたベンノとギルド長は大変そうでしたけどね!

あと、フェシュピール演奏会も外せませんね。

引き受けざるを得なくなったフェルディナンドからの意趣返しと、それを受けてのマインの暴走と……この二人のやり取りが好きですねぇ。

最終的にマインが痛い目見るあたり、フェルディナンドの方がまだ上手、というか。マインの詰めが甘いですけど。




本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく

ico_grade6_3
「無理だと思われていた孤児院の救出をローゼマイン様は達成しました。たとえ無理だと思われたことでも、それを可能にする努力をローゼマイン様の側仕えは求められます」

 

初出の情報も紛れ込んでるふぁんぶっく。

Q&Aとかを見るに、本当に世界を細かく作り込んでるんだなぁ、って感じがします。

口絵・扉絵ギャラリーやキャラクター設定資料集なども収録されていてかなり豪華な感じ。

シリーズファンなら必見です。
ローゼマインが神殿長になるにあたって、フランが二コラ達に貴族区域を案内する短編「神殿案内」も

収録されていて、マイン不在時のキャラの絡みが、普段と違う姿が見えて楽しい。
 

鈴華さん描き下ろしのコミック番外編「娘は犯罪者予備軍!?」も掲載。

約束を守れなかったマインはもう森に行かせない! というギュンターがトゥーリやルッツから話を聞いて考え直す話。

「ちゃんと理解した」からの「全力で泣かす」というマインの迫力に負けてました。

「もったいなくない?」のところとか絵、可愛いんですけどね。言ってる事物騒ですが。

扱いになれてるルッツが流石。家族の寛大さもあるけど、ルッツの存在はかなり大きいよなぁ。

 

Q&Aで出てきたのは、ベンノの亡くなった恋人リーゼの死因とか。

マインの前世、麗乃の名前の由来とか。貴族たちの正式名の設定についてだとか。

回答もわりとフランクに書かれてて、スラスラ読めました。




オカルトギア・オーバードライブ

ico_grade6_3
「だろうよ。そら、哲学の時間だぜ、ハードボイルド。――お前は、なんのために生きている? それを見つけられない限り――止まっている限り、死ぬことすらできねえぞ」

 

時計塔の都市、クロノスエンド。

時計のように12の区画に分割された高層都市で、特殊な『時計』を用いた加速術式が存在していた。

本来なら専門家でしか持ちえないソレですが――非正規の所持者、もぐりの職人なんかも増えているようで。

 

主人公もそんな非正規の時計持ちで。

かつては正規の職員として時計を持っていたが諸事情で離れ、今は何でも屋をしてましたが……

ある日、地下組織に属する少女から、個人的な依頼を受けて欲しいと持ち掛けられて。

そこから色々と厄介事に踏み込んでいくわけですが。

 

少女の事情に巻き込まれたというよりは、足を止めていた主人公の時間が少女と出会った事で動き始めたという方が正しいでしょうか。

加速時計という、頂上の力を持ちながら自分の生きる時間はままならない、ってあたりは皮肉が聞いてると思いましたけど。

主人公の友人、ロルフの哲学が中々好みでした。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習いⅣ

ico_grade6_3

「なるほど。これは強力なお守りになるな」

()

「だが、強力なお守りになるのは君達が覚悟を決めればの話だ」

 

第二部、神殿の巫女見習い編完結巻。

兵士の娘から巫女見習いになったように、色々と状況が変わる事になります。

そのため、今回はエピローグ後の別視点が多めな印象。

 

マイン視点だと影が薄かった神殿長、しっかりと裏側で色々と動いていたようで。

プロローグから貴族たちと会合を開いて、不穏な会話をしていました。

マインがカミルを可愛がって、下町で家族と一緒に過ごしている心温まる場面が、このプロローグの影響もあって、少しハラハラしましたね……

 

貴族が既得権益になる、文字が多い本は造れないから、絵本に走ろうとベンノと交渉してまた新しい職人と知り合ったり。

一緒に準備をしたりと、マインとルッツが並んで商人やっている場面はやっぱり和みますねぇ。

けれど、そんな平穏な時間は長く続かず、マインが襲撃を受けることに。

ジルヴェスターがマインに渡していたお守りもあり、一先ず命の危機は脱したものの……その代償として、マインは予定よりも早く貴族に取り込まれることに。

 

マインは死に、ローゼマインという名の貴族になる。それによって事情を知っている面々もまた対応を迫られるわけですが。

ベンノの胃が心配になりますねぇ……

 

挿絵が今回も良かったです。神官長がビンデバルト伯爵にタクトを突きつけてる場面とか、ジルヴェスターが神殿長と向き合うシーンとか。

決別での家族の絵とか、今回は状況的にもシリアスな場面が多かったですが、絵が上手くかみ合っていました。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習いⅢ

ico_grade6_3h

「玩具の方が面白くて売れそうなのに、何故、紙と絵本が最優先なのだ?」

「わたくしが欲しいからです」

()

「……何というか、やりたい放題しているな、お前」

 

プロローグは、カルステッドとフェルディナンドの会話。

マインの記憶を読み、その価値を認めた事で、マインをカルステッドの養女にしないかと相談を持ち掛けたりしています。

魔力量を見せつけた事で、否応なく状況が変わって行きそうな始まりですが……

 

マインはルッツやベンノと本の販路についての話をしたり、いつも通りの日々を過ごしていましたが。

鍛冶見習いのヨハンに金属活字の依頼を出したりと、本に関する事には情熱を燃やすなぁ。

まぁ、色々と状況が上手く作用したという感じですけど。

 

細かい仕事が得意で、マインの依頼についてこられるヨハンが居なかったら、マインの暴走も多少はマシだったのだろうか。

……進む速度が遅くなるだけで、最終的にはどうにかしただろうな、と思ってしまったからダメだな。

ヨハンのパトロンになった時のマインは本当にいい笑顔してたからな……

 

絵本作りの時にインクの情報がインク協会に漏れて。

そこから厄介事がズルズルとやって来たりしてましたが。ベンノが色々気を回してくれたおかげで、マインは守られてました。

けれど、危険が完全に去ったわけではない、という事で。

トロンべ退治の時、マインの護衛についていたダームエルが、神殿においてもマインの護衛をすることに。

あの時の失態で見習いに降格になったことや、マインの身柄の事とか加味した上でのことですが。平民の護衛に貴族がつくという、この世界では中々歪な状況で、傍から見るとちょっと笑える。

 

神殿の儀式の関係で領地を巡る事に。青色神官のジルヴェスターに振り回されたり、途中で襲撃を受けたりと散々な状況でしたが。

そこでマインのしてきたことに興味を持たれて。神官長も一緒に、様変わりした孤児院の見学にも来てました。

状況がどんどんと進んでいってますが……エピローグが不穏なんだよなぁ。




オーバーロード13 聖王国の聖騎士・下

ico_grade6_3h

「本当に滑稽なことを書いて来るものだ。お前は魔導王陛下が亡くなられたということをどう思う?」

「まず間違いなく、絶対に、それ以外ないというぐらいの確率で超大嘘ですな」

 

かなり厚くなった大作ですねぇ。楽しく読みました。

帯の「遂に、アインズ死す」って文句を見た時は「うっそだー」と笑いましたが。

ジルクニフやリユロと言った、アインズを良く知る被害者達にも全く信じられてないことにさらに笑った。

八本指の面々が、バカに振り回されて苦悩し、連帯責任を恐れるがゆえに、仕事が滞っていればフォローし、体調を、精神状態を気遣うようになっている辺りも、必死さがうかがえますな……

 

とまぁ、アインズを知る面々は死ぬなどありえない、と思っても。

聖王国の人々からすればそれは分かりえない状況なわけで。

大群に包囲された状況下、アインズはヤルダバオトに備えるという名目で様子を見ていたが、途中から参戦し、亜人を蹴散らして評判を上げてましたが。

その後現れたヤルダバオトとメイド悪魔のチームとの激戦の果てに消息不明に。

 

……裏側知ってると茶番にもほどがありますが。

他国の王を招き、共倒れを狙ったとはいえ、ヤルダバオトが生きてる状況で、アインズに脱落されて、悩みが尽きない状況。

アインズとの戦いでヤルダバオトが負傷したタイミングで、北部の都市を奪還したい、という流れになり、アインズから弓を託されていたネイアがシズと潜入作戦をしたりしてましたが。

このネイア……防衛戦の中で、アインズこそが正義だという芯を自らの中に確率してしまって。

潜入作戦によってネイア自身も英雄の如く名を上げて。

 

……感銘を受けたアインズの生き様を語り、同志を増やし、シズが非公認ファンクラブとか零してましたが、そんな感じの団体を設立してるのには、感嘆の溜息しか出ないと言いますか。

……このエピソードの間で、ここまで変わろうとは予想できなかったな……あまりにキャラが変わりすぎたからって、巻末に二回目の紹介乗ってましたからね。

聖王国はかなりヤルダバオトに蹂躙されましたが、最後はアインズによって『魔皇ヤルダバオト』役の悪魔を撃破。

聖王国はひとまず目の前の危機からは脱したものの……中枢に毒が残ってるからなぁ。この後が、また大変なことになりそうな予感しかしませんが、どうなるやら。

 



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索