気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

死にゆく騎士と、ただしい世界の壊しかた

ico_grade6_4

「は、はか、謀ったんですか、わたしを……!?」

 

最愛の女性の命と引き換えに生き延びてしまったラミ。

偶々立ち寄った街で彼は、エイネの後輩である神子シトリーと出会う。

彼女は、神子としてのスペックはあれど、それを使いこなせていなかったため……ラミを師と仰ぎその教えを受けることに。

しかしまぁ、このシトリー神子として選ばれたスペックあるのに概ねポンコツというか。朗らか脳筋ガールというか。

 

作中で師と競争して、女子力の勝利だと叫んでましたが。女子力とはと聞かれて、

「それはもう体力腕力脚力その他諸々の総合力ですよ、師匠!」

「完全に物理じゃねえか……」

と言われるくらいには筋力に全振りというか。初代神子を、これが神子で本当にいいんですかと問い詰めたい気分。

 

まぁ、ラミが「救世を諦めさせようとしている」のに対し「絶対にあきらめない」と分かっているシトリーという組み合わせはアリだったのでは。
シトリーが間に居るおかげで、アウリも話を聞いてくれてる部分あるでしょうし。

簡単に真意を語らないラミが最初にアウリと出会ってたら……戦争になってたろ……

いやアウリもアウリで、あの詠唱は卑怯というか。彼女もかなりひねくれてる感じがしてますけどね。


滅びゆく世界と、間違えた彼女の救いかた

ico_grade6_4

「うん。できるよ、私には」

「なぜ?」

「――だって私にはラミがいるから」

 

騎士となった少年と、神子であった少女の旅のお話。

その果てに、少年が最愛の少女を喪う物語です。

もう発売前から公式がツイッターで暴露してたし、帯裏でも書いてあるし、なんなら開幕から20P位のところで、少女――エイネが死ぬことは明らかにされていたんですよ。

判っていたのに、彼女が喪われてしまったことが、とても辛くて悲しい。

これを愛と希望の物語というあたり、作者さんに人の心がないという話がツイッターで出てくるのにもうなずいてしまうな……

 

いや、作品としては文句抜きに面白かったですよ。

ラミとエイネは、お互いが居たからこそ、今まで努力を続けてこられた。

守護十三騎という特別な地位になるまで研鑽し、使命を果たすための旅に出て。

それまで積み重ねてきたものを想えば、最後の戦いでラミは退かないし、あの状況になったらエイネは間違いなくああするんでしょう。

これまでをしっかり描いた後の、別離は本当に卑怯ですよね……あー、面白いけど、もうラミとエイネの旅を見られないのかと思うと惜しくて仕方ない。

 

この喪失の果てにラミがどんな果てを目指すのか気になって、読了してからすぐナンバリング1巻を手に取りましたよ、えぇ。

同時発売に感謝。そして、ナンバリング2以降も出てくれるとすごく嬉しいんですけど、どうなりますかね。




 

◇おまけ

しかし作者さんは、主人公たちの道行きを妨害する相手に「世界を救う」という目的を与えないといけないという誓約でも課しているのだろうか。

この命数世界しかり、セブンスターズや、やりなおし英雄でも、こちら側が間違っているという事を突き付けてきますよね。

そうした葛藤、美味しいですけどね。展開的に。

後、作者さん的に、絶対ワーツは裏切ってくるだろうと思ってたのにそんなことはなかった。途中のモブは信じるな……

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。8

ico_grade6_4

「ずっと一緒にいたいっていう……私の我儘に応えてくれて、ありがとうデイル」

 

完結巻。

そしてアニメ化決定とのことで目出度い。

後書きによればエピローグまで8巻に収録したものの……大人の事情で、アニメ化合わせの短編か何かが出るかも、とのことで期待したいところです。

 

後日譚。

王でありながら割と自由に動き回っているフリソス。

しかし使節団がクロイツの街に到着する段になって、合流する事に。

……ちゃっかり手を回して、ラティナを引っ張り出すあたり一筋縄ではいきませんけど。

王妹という立場ながら、根が庶民派なラティナはパーティーとかに連れ回されてかなり疲弊してましたね……

 

勇者としての名声を得て注目の的となったデイルは付き合い上ダンスに参加せざるを得ない場面もあって。

その婚約者としては面白くなくて、ちょっとすねてるラティナが可愛かったです。

そしてフリソスが帰って行って。……時間をみつけては顔を出してるみたいですけど。それでいいのか魔王……

 

ラティナの友人、クロエが結婚することになり。

次はラティナの番だね、と話が進み――そこから勇者と妖精姫の周囲で馬鹿騒ぎが起こるわけで。

確かにラティナを可愛がっていたクロイツの人々が、彼女の晴れ姿を見られないのを我慢できるはずもなく。

悪ふざけをここまで派手にできる懐の深さが、クロイツだよなぁ、というか。

最後まで楽しそうで、何よりラティナが幸せそうで何よりでした。


 



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院のお称図書委員Ⅳ

 ico_grade6_3h

「下町の皆の生活が守れるか否か、貴方達の方にかかっています。協力し合って守ってください」

「ローゼマイン様の我々へのご配慮、ありがたく存じます。皆の生活は私が必ず守ります」

 

プロローグはローゼマインとの婚約について聞いたヴィルフリートの話。

人払いした上で聞いた話に対する返答を、側近と相談したいと持ち帰る優柔不断さよ。

WEB完結まで読んでるのもあって、側近たちの見通しの甘さも見えて、なんというか頑張れとしか。

ジルヴェスターが形式上の第二夫人として娶る可能性も考えていた、というのには驚きました。

 

今回収録のエピソードの中だと「ハルデンツェルの祈念式」が好きですね。

ユルゲンシュミットの神様の力がよくわかる話ですし、ローゼマインが相変わらず「不思議だなぁ」くらいで済ませてるのに、周囲の大慌てっぷりの温度差がなんか好きです。

 

なので、ギーベ視点の「ハルデンツェルの奇跡」が巻末に収録されいたのは嬉しかったですね。

ギーベからのカルステッドやアウブの評価が思った以上に低くてびっくり。

春の到来にかなりの衝撃を受けたようで、ブレンリュースの実を1つ渡す予定だったのを2つに増やしたとかは驚きです。

十数個の実と書かれていましたし、仮に19だとして領主候補生三人に2個渡したら6個。

勝手に盗ったら殺すほど貴重な実を三分の一も献上していたとは。

それほど感謝していたんでしょうね。感情を抑えるべき貴族が歓喜の涙をこぼしたくらいですし。

 

あとはローゼマインの助言を受けた兵士たちが奮闘した「大改造を防ぐには」という裏話が良かったです。

貴族と接点の少ない平民は、その怖さを知らない。無知ゆえに家を失ったかもしれない。周知が不十分で、処罰が下ったかもしれない。

ハッセでギュンター達に助言をしたことで、ローゼマインは下町を守った。それがよりわかりやすい形で示された感じですかね。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく3

ico_grade6_3

「……ハルトムートの厚意ですって、レオノーレ……」

「厚意かどうかはともかく、必要な役目であることは間違いなくてよ、ブリュンヒルデ」

 

本好きシリーズは電子で揃えているので、刊行が待ち遠しかったです。

今回はイラストメインのふぁんぶっくなので、紙で買うか割と悩んだんですけど、シリーズバラバラに購入すると、管理面倒なので耐えた。

両方購入できるほど富豪ではない自分が恨めしい―。

 

「領主の養女」編、「貴族院の自称図書委員」編の口絵&表紙ギャラリー。

貴族院の黒を基調にした服が好きですねー。リーゼレータの濃い緑でふちどりしてある衣装が落ち着いた雰囲気で特に好み。

エグランティーヌは髪色、衣装と領地の色である赤が良く生えてるなぁ、と思いましたが。

髪色に幅があるから、領地の色とか誕生季の色と相性悪い場合は当然あるんだろうなー、とは思った。

 

短編はフィリーネ視点で「主に内緒の図書館見学」を収録。

ローゼマインの目につかないところで側近たちがしっかりと備えている様子が、頼もしいですし……フィリーネが微笑ましくて良い。

「ハルトムートの厚意」を純粋に信じられるところとか。ブリュンヒルデとレオノーレが遠い目になるところも笑えましたけどね。

 

領地一覧表も新鮮でしたねー。寮監の名前とかもちゃんと設定されていて、凄いのひと言。

あとマントの色、茶色とこげ茶色とか近い色味のところもあるんですね。まぁ、二十もあれば完全に切り離せはしないでしょうけど。

あと、紋章がワニとかイルカの領地があって……つまり、領主はこれを騎獣にしてるわけで。アウブ・アーレンスバッハが真面目な顔で騎獣に乗ってる画とかあったら吹き出してしまう自信がある。

 

今回のQ&Aも色々としれて楽しかったです。

興味深かったのは、エーレンフェストの冬の主のように、ダンケルフェルガーには夏の主が出てくるとか言う話。

……嬉々として討伐に行くんだろうなぁ……

フェルディナンドが決済に使っていたカードのように、ローゼマインの視界に入ってこない部分の設定もちゃんと作られているところとか。

ローゼマインがヴァッシェン有効活用してて失念していましたが、彼女全属性で魔力量も多いから軽く使えるだけで、属性・魔力がないと魔術具の方が通常の貴族にとっては楽とか。

今回も大変充実したふぁんぶっくでした。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく2

ico_grade6_3

「汚れないように使うのが一番だけど、そこまで気にすることないよ」

「そんな値段を聞いちゃったら気にするよ!」

 

単行本未収録のSSが一部収録されて、喜ばしいですねー。

WEBSS置き場にあったものの、単行本に乗らなかった物とか。特典SSで再録できたものとか。

トゥーリ視点「ある冬の日」、ギュンター視点「娘はやらんぞ」。下町時代のエピソードはやはり家族の暖かさが胸にしみます。

 

トゥーリは他にも「困った妹」、「絵本と文字の練習」などでも登場してましたが。

下町の平民からするとマインのスペックの高さは見えにくいですよね……家族故の気安さとかで、病弱で困った部分が良く見えてしまうってものあるんでしょうけど。

「焦る気持ち」ではダプラ見習いになったところまで進んだために、見え方も大分変った、というか。先が見えるようになったし、落ち着きも出てきたようで。

距離が離れてしまったが故の迷いもあるようですが……マインは変わらず君たちの事が好きだよ、と言えればどれだけいいか。

 

あとは、「領主の養女1」のオンラインストア特典の短編が新鮮でした。

マインからは離れた、一般の貴族から見た、マインのもたらした変化。フェルディナンドの演奏会について話題にしたお茶会の風景。

中立派の家柄だから、というのもあるんでしょうが、アウブの決断によって振り回されている貴族も居るという話。

そのアウブすらローゼマインのもたらすものに振り回されているんだよなぁ……なんの安心材料にもなりませんが。

 

書き下ろしでブリュンヒルデの「側近生活の始まり」も、ローゼマインの異質さが光ってましたね……

主が不便なく生活できるようにすべてをこなしてみせます、と決意していたのが微笑ましかった。

 

短編のほかはドラマCDのアフレコレポートや、Q&Aが掲載されてます。

長距離移動するとき、目的地が神様絡みだと干渉によって道が複雑化するというあたりは、異世界だなぁ、と。

あとはヴィルフリートの教育がぬるいのに筆頭側仕えのオズヴァルトが一躍買ってる辺りとかは、うん、まぁ……やはり側近全て入れ替えた方が良かったのでは、みたいな空気が……



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員Ⅲ

 ico_grade6_3

「へぇ、そうなんですか。それで、ルッツは何と言ったんですか?」

「姫様のことを、どこが違うのか、どのように違うのか、どおうするのが正解なのか、一つ一つ指摘しなければならない商売相手だと評していました」

 

プロローグの、ローゼマインが見ることない神殿の側近たちの様子が新鮮でした。

貴族に対する価値観の違い。ローゼマインが、異質であることを、ローゼマインの側仕えしか経験したことがないギルと二コラが分かりかねている事。

他の主を持ったことがあるフリッツやザームの判断基準の事。

フリッツが側仕えに加わってくれていて良かったなぁ、という場面でしたね。放置していたら、ギルの不満は良くない形で発散されて、第二のデリアになってしまっていたかもしれない。

「悪いことではなく、立場や考え方の基本が違うというだけのことです」という発言は中々に大きい。

 

印刷業を進める為に、最初の契約魔術を解消する事になって。ローゼマインはやはり不安定になってしまってましたね。

まだまだローゼマインが「帰りたい」と思う場所が城ではなく神殿っていうあたり、貴族社会は難しい。いや、本当フェルディナンドいなかったらローゼマイン生きていけないよな……

まぁ、何かあったら本気でつねられたりして、フェルディナンドも甘えられる対象としては若干の距離感がありますが。

 

貴族院に戻って社交をする事になったものの……価値観の違いから、王族、エグランティーヌとの対面でユストクスが胃の痛い思いをしたり。

全領地を招けば、最期には気を失って大騒ぎになったりと……領主候補生のローゼマインの不在はかなり学生たちにとて大変だったようですが、居たら居たで大騒ぎになると思いだせたことでしょう。

 

巻末の短編は、ルッツ視点で「時の流れと新しい約束」、エグランティーヌ視点の「卒業式と祝福の光」。

エグランティーヌ視点が新鮮でしたね。第一位の領地の関係者が出てくるわけですし。

……ローゼマインが、祝福でシュヴァルツ達の主になった、と言ってたから王子に疑いもたれてたのか……

ローゼマインに婚約打診するか? という話が出て、魔力が釣り合えばと第十三位の事を下に見てましたが、逆に成長によって彼女の方が多くなると思うんだよなぁ……

貴族の自尊心刺激してしまうし、常識外の存在だろうから、誰も想像しないでしょうけど。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員II

ico_grade6_3h

「本日、ローゼマインが全ての講義に合格してしまった」

「ヴィルフリート兄様、……合格してしまった、というのは一体どういう意味ですか?」

「もう少しゆっくりでも良かったという意味だ」

 

冒頭のこの場面がまず笑える。

その後、ローデリヒに問いかけられ、アーレンスバッハとの間に生じた問題について語って。

甘い対応だとヴィルフリートには注意されていますが……ローゼマインの優しさに救われている自分についてちゃんと勘定できてない辺りはやっぱりまだ未熟さが目立つ。

ローゼマインが異質なんですけどね。

 

他には宝盗りディッターと騎士たち周辺のエピソードも好き。

ローゼマインが経験と知識をちゃんと活用しているところとか。

その発想についてこれない騎士たちの動揺と……トラウゴットの抱えた不満。

後々問題になるだろうなぁ、と思ったら祖母のリヒャルダに見捨てられるほどのもので、思った以上にばっさりいってました。

トラウゴット自身に危機感がないのが一番危ないですけど、この後どうなるやら。

 

下町との距離がまた遠くなっていって。

ベンノが出来る範囲でフォローしてくれているのがありがたいなぁ。商人としての判断も当然ありますけど、情があっていい感じ。

巻末の短編はアナスタージウス視点の「直接の求愛」。ローゼマインに影響されて直談判してる辺り、行動力の化身かよ……愛は盲目。

 

レオノーレ視点の「主が不在の間に」は色々と新事実が出てきて目から鱗。

ローゼマインの側近たち、ライゼガング系からヴィルフリートの評判予想以上にボロボロだったって言う所とか。

レオノーレから、ローゼマインの甘さが「襲撃を受けた後も正当に評価している」とみられて「主に相応しい」と判断されている部分とか。

ルーフェン先生からのディッターの再戦申し込みに、騎士たちの指導に入ったレオノーレが一枚噛んでいたのが衝撃的でした。既に中々の策士なのでは……



Fate Requiem1『星巡る少年』

ico_grade6_3

「……一緒にいてあげる。きみが何者かわかるまでは」

 

誰もが令呪を持ち、サーヴァントを連れている世界。

Fateでそう聞くと、絶対ギスギスした争い起こるだろ……としか思えませんが。

実際、問題行動を起こすサーヴァントも居て、それに対処する都市側の人員とかもいるようですけど。

少し変わった隣人として受け入れられている、また特殊な世界線のようですが。

 

誰もがサーヴァントを従える世界で、令呪を持たないただ一人の少女。

宇津見エリセ。彼女は死神という異名を持ち、危険と判断されたサーヴァントの処理をやったりしていたようですけど。

かなり歪に見える、というか。危うげな少女ですねー。冒頭から仕事中に油断して腹に大穴あけてましたからね……友人のカリンが声を荒げるのも無理はない。

いつか致命的な失敗をしたのではないか、と思ってしまいますが……

 

野良サーヴァントの少年と出会ったことで、更なる戦いの中に身を投じる決意をしたわけですし、どう転んでも危険からは逃れられなかったか。

せめて、自分の意思で選んだ道の中で、納得を得られますように。
今回は世界観説明が中心で、事件の幕開けでしかない感じでしたしねー。
逃げおおせた騒動の首魁。エリセの抱えている呪いの話。少年サーヴァントの話。
ここに至っても出てくるフユキの名前などなど次回以降につながるネタは多いですし、楽しみです。




本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員I

ico_grade6_3

「ローデリヒにはこれからも期待しております。貴族院でも色々なお話を集めてくださいね」

「恐れ入ります。……必ず、ご期待に添えるよう頑張ります」

 

2年の眠りから目覚めたローゼマイン。

10歳になり、貴族院という全ての領地から子供が集まる学院に通う事に。

正式に貴族として認められるために必要な勉学を修め、他領と交流するための場所。

学生たちの成績や、お茶会で振る舞われたお菓子。服飾などなど。

これからの領地に影響する領主会議の前段階。

 

本人はかなり気乗りしない状態でしたが、シャルロッテと同じ学年になりたくないという意思でスタートして……

フェルディナンドに「国内第2位の蔵書を誇る図書館」の情報を聞き、加速。

その勢いを見たヴィルフリートの提案によって、暴走してしまう、と。

ある意味で完璧な流れですね。周囲への影響が甚大なだけで。

報告書を受け取る大人たちが大変だなぁ。掲載位置が違う関係でWEB版から微妙に変わってますねー。あちらはあちらで好きだったのでたまに読みに行ってます。

 

大人達だけじゃなくて、進学する事によってローゼマインに新たにつくことになった側近の学生たちも大いに振り回されていますけれど。

……頑張れ。色々と常識から外れた行動をとったりもする主ではあるけれど。

ローゼマインを不快にさせるようなよっぽどの悪事とかしない限りは、寛大だし影響力も大きくて成長できるよ! ただしたまに修羅場だ。

 

今回の注目は巻末の短編。

リーゼレータ視点「有意義な土の日」が新鮮でしたねぇ。

ローゼマインからは見えない側近たちの日常。彼女の虚弱さになれていないから、もっと注意しないといけないと話し合ったり。

 

中級・下級貴族が多いから、成績が低いと後々苦労するという話があったり。

レオノーレが側近たちで固まっている状況とはいえ「余計なことをしてくれた」とか言っちゃうあたり、ヴィルフリートの評価の低さが伺える……

ローゼマインの暴走はさすがに良く受け取られてないようですが。

その結果としてシュバルツとヴァイスが動くようになって、女の子たちの評価を勝ち取ってるんだから、人生万事塞翁が馬って感じですな。

上手い事問題を切り抜けている、運の良さがローゼマインは割と凄い。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索