気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

その他

異修羅Ⅱ 殺界微塵嵐

ico_grade6_5

「キュネー。俺には願いがあったんだ。……馬鹿みたいな願いだ」

(略)

「馬鹿みたいでも、ずっとそうしたかった」

 

1巻同様大量の加筆が入り、WEBとは別物になった第2巻。

WEBに殺界微塵嵐なんて出てきませんからね……どうしてこうなった。

新キャラ新展開を入れて、これ以上ないと思っていた熱量を更に高めていってるので、ご無理のない範囲で続けて欲しいと思っております。

 

本当の魔王による爪痕は未だ濃く、平穏な時代は遠い。

今は黄都が力を持っていますが、それに抵抗する旧王国主義者も居るし、魔王自称者だって残っている。

黄都が進めている、勇者を決めるための戦い。それに参加させる修羅達の選考も順調に進んでいます。

 

今回登場の修羅だと、地平砲メレが好きですねー。巨人の射手。ある村を見守り続けた、偉大な戦士。それでいて普段は冗談を口にして笑う、彼の在り方はとても輝いて見える。

新キャラではやっぱり戒心のクウロが一番好き。優れた五感を持った修羅だったが、その感覚を失いつつあるキャラ。

……正直、2巻の犠牲者枠筆頭だと思っていました。予想以上に格好良かったし、まさかキュネーともども生き残るとは思っていなかった。裏切られた……いや、悲劇的予想は裏切られていいんだよ!

 

新エピソード「殺界微塵嵐」。ある地方で信仰されている、全てを微塵にする砂嵐。

今回の敵は災害という事で、どう描くのかと思っていたら……いや、丘をすり潰すとかどんだけだ……

登場キャラ達が、それぞれの事情でこの嵐に立ち向かう事となったわけですが……。修羅が易々と一丸となって戦えるはずもなく、おぞましきトロアと窮地の箱のメステルエクシルとのバトルがあったり、今回も混戦著しかったですね。

 

そして、ロスクレイとルクノカ、思った以上に関わらなかったな! 

表紙をよく視るとこの二人、中心にある微塵嵐とは別方向見てるので、伏線だった感じもしますが。え、そうだったら凄いなクレタ先生。

ロスクレイの戦法が、本人は思うところありそうですけど、手を抜いてなくて気に入ってます。「絶対なる」という二つ目の名が重い。

今回は後書き1ページという事で、かなりあっさりしてましたが。
オチまで完璧なコントのようで笑った。ネタの引き出しが多いな珪素先生。
次巻予告がなかったのがちょっと残念ではありましたけど。
もしあったら嘘予告世界でかい野菜大会とかになってたんだろうか。いやまぁ、既存修羅だったら

異修羅II 殺界微塵嵐
珪素
KADOKAWA
2020-03-17

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身Ⅰ

ico_grade6_3h

「いきなりわたくしのせいだと決めつけないでくださいませ!」

 

表紙ははじまりの庭イメージで、扉絵はピカピカ奉納舞だそうで。あぁ、なるほど。これは目を奪われるのも無理はない。

フェルディナンドがアーレンスバッハに向かい、エーレンフェストでは粛清の準備が進む。

そんな状態で迎えた、ローゼマインの貴族院3年生。

 

警戒する事項が多いため、寮での食事時間を分けたり、ギクシャクした感じに。それを打破したのが、フェルディナンドからの伝言なんだから、やっぱり欠くことの出来ない人材なんだよな、という気持ちが強くなりましたね……

あそこで、ローゼマインの気持ちが少し前向きになったのは本当に良かった。

そこで活動的になったらなったで、色々騒動巻き起こすんだから凄い。いやまぁ、共同研究とかは、逃げにくい状況だったのもありますし、加護の多さに寄る制御不能状態もローゼマインのせいだけではありませんけど。

 

全体的には、掌で掬った砂が、さらさらとこぼれ落ちていくような雰囲気ですね。多くのものが喪われていくのが感じられる。

保護者や側近たちに気遣われているローゼマイン視点ですら、それが見て取れるのだからよっぽどですよ。

旧ヴェローニカ派の子ども達から情報を得られた事もあって、

 

プロローグはWEBにもあった、ヒルデブランド視点。描き下ろし短編は、上級司書として貴族院の図書館へ派遣されたオルタンシア視点。

王族も一枚岩ではないというか、大分ギスギスしてると言うのが伺えます。政争の結果、グルトリスハイトを持たぬ王として即位した事で、大変だったのは間違いないでしょう。

オルタンシア視点で「どれだけ王族とその周囲にすれ違いが起こっているのでしょうか」と言う一文がありましたが。

貴女の想像以上にすれ違いがあり、喪失が積み重ねられてきたんですよ、と言ってやりたい。

 

それに比べるとソランジュが語った、知識の番人の在り様には好感が持てますね。誇りを持って仕事していたんだ、と言うのが分かる。立派な人達だったんでしょう。あぁ、本当に惜しくてならない。


境界線上のホライゾンNEXT BOX 序章編

ico_grade6_4

「死を悲しめ。ただ、哀れむな。そして落ち着いたならば、その人が生き切ったことを誇れ。――そういうことだと私は思っている」

 

『境界線上のホライゾン』本編完結後の物語です。

じゃあ、本編を読んでいないと楽しめないのか、と言うとそれも違う。

冒頭に「世界観説明」、「メインキャラクター説明」、「シリーズ各巻ダイジェスト」が収録されていて、最低限の情報は把握できます。

本編では、過去の幻が浮かび上がる怪異が生じています。

そこに至るまでどんな出来事があったのか。それを振り返りながら異変を解決しようとしていくので、『ホライゾン』の入り口としてかなり適している印象。

実際コンセプトは「これから始めるホライゾン」だったみたいですしね。

……ここからホライゾン本編に戻ると、まだ弾けてないノリキとかウォーモンガーじゃない正純とかを見られるのか。それはそれで楽しそうだな……

 

それに本編は『神々のいない星で』のようにチャットノベルのような、アイコン付の会話主体で進んでいくので、読みやすいです。

電子版を購入したのですが、アイコンに色がついていて分かりやすかったですしね。

気になる方はカクヨムの方でも連載していたはずなので、そちらを確認してみるのも手です。……実はカクヨム版未読なんですよね。読みそびれている。その内読みたい。

 

過去の幻影は、ターニングポイントとなった所を繰り返し再生していて。

かつて、力を合わせ乗り越えて来た。けれど、幻影は不完全で、その時に居た人材が欠けているために、事態を解決できない。

例えば、二代と相対するときに賢姉がいない、みたいな形。

 

故に現在の彼ら彼女らが介入して、沈静化を図るわけですが。公式のIFストーリーと言いますか、ある意味強くてニューゲームと言うか。

武蔵勢が味方を増やしたり、地力を上げて来た成長の様子をしっかり見せてくれて、楽しかったです。

 

両親と本舗組推しの豊が、一番いい空気吸っているというか。本編通して一番満喫している感じがして最高でしたね。本人も途中で「私が最高に楽しいから最高です……!」とか言ってましたし。

他の過去再現においても、点蔵とメアリのやり取りが健在……というかメアリの破壊力が増してるようで、そりゃあ通神帯も盛り上がるよなぁとか。

 

まさかの世話子様のレギュラー化。しかも、割と武蔵に馴染んでるのも笑える。

失敗したときの謎のブザー音で自動人形たちがワイワイやってるのですとか、水が追い付いてこなかった二代とか。

気に入った場面を挙げて行くとキリがないくらい、変わらずのネタの宝庫で充実した一冊でありました。

 


異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 1

ico_grade6_3
「平和に暮らせるといいなぁ……」

「平和に暮らせるといいですねぇ……」

 

WEB未読。書籍化に当たって加筆されているそうです。

若くして病死した少年、伊良拓斗は気がついたら、生前熱中していたゲームとよく似た世界に居た。あらすじによれば転生とのことですが。

気がついたら、生前と同じ年ごろの肉体を持って、森の中で目覚めたというあたり、

召喚に近いのではとかちょっと思った。

まぁ冒頭でしっかり死を自覚してるので、召喚ともちょい違うかなぁ。

 

目の前にはゲームで愛用していたユニット・アトゥが居て。彼女もなぜか、拓斗のことを知っていた。二人は手をとり、邪悪属性文明「マイノグーラ」の邪神と英雄ユニットとして、国を興そうとする。

属性が邪悪のくせに特徴が「内政特化で戦争が苦手」というピーキーさ。おまけに、周囲は深い樹海……この地では大呪界なんて呼ばれているような、木々を除いた生命の気配もないような場所で。

 

迫害されて逃れて来た集団を上手く取り込んで、情報と人材を得られたのは不幸中の幸いではありましたが。

……大陸にある国家二つが、対立する善属性ということで悲鳴上げてましたねー。

ゲームと類似した点、異なる点を探りつつ、ゲームだったらチートだよねーと言いつつ、彼らにとってのベターな選択を取っていく拓斗とアトゥが楽しそうで笑った。

けれど、彼らの領土に善属性の国家から調査隊がやってきて、平穏が終わった。いざ、戦うとなったら容赦のないアトゥと、彼女から最後報告を受けた拓斗の、これまでとの温度差に震えた。これは邪悪だわ……



父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ

ico_grade6_3

「ならば反撃だ。ここから、我らデスゲーム運営の真髄を見せてやろうではないか」

 

法整備までされて、デスゲームが一般的になった世界。

規模の大きいゲームを開催するには当然色々と制限があり、大企業でないと難しいとか色々あるようですけど。

その中でも、トップクラスの企業で勤務している中間管理職の黒崎鋭司が主人公。

妻子には流石にデスゲーム会社勤務という事は伏せているが、幸運な家庭を築いた成功者。

 

しかし実態は、上からも下からも期待され、MADな発明家に振り回されアドリブで乗り切る悲哀が溢れていましたね……

新しいゲームを始めれば、変人が予期せぬ挙動をぶち込んで被害者多数。初日からこんな惨状にしてどうするんだと詰められる。ロールバックの実行をしようとしたら、部下から納得出来ないと言われる。

まぁ、それはそうだよなぁという主張ですが。その場その場で上手い事乗り切って、話をまとめてのけるから信頼されてるんだなーと思いました。彼の胃、その内穴あくんじゃ。

 

こんなデスゲームが一般化した世界は怖くていやだよ…とは思いますが、コメディとしては質が良いのでは。

ぶっとんだ設定でスタートして、そのままアクセル全開で走り切った感じがして、作品としては好きです。


ロード・エルメロイⅡ世の事件簿マテリアル

ico_grade6_3h

つくったのは誰だ? 僕だ。

                                                                                                                  

10巻で完結した『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』のマテリアル。

冒頭のあいさつによれば、従来のマテリアルとは違い、原作サイドの奈須きのこ氏が『事件簿』の為に提供した膨大な資料の中から、現時点で公開できるものを著者の三田誠氏がピックアップした「シークレットファイル」と通常の「用語辞典」から構成されているそうです。

正史と地続き設定だから、綿密に調整を行った結果とのことですが……三田先生大変だったろうな……

 

Fate歴浅くてプレイできてないもの、読めてないものが多いので追々手を出したいとは思ってるんですよね……コンマテとか読みたい。

「シークレットファイル」だと時計塔の年表が興味深かったですねー。デジマ!?とか言葉砕けてる辺り笑える。

用語辞典にもありましたけどね。「おお、なんということだ人形師よ」とか。こういう、それまでの文章との落差がある演出好きですよ。あまり多用されると冷めますが。

 

キャラクターのページも楽しかった。それぞれの魔術系統、魔術回路の質や量、とは決戦の日とか。冠位人形師の質はともかく量は意外だったり。

自覚していないけど質が高いとか、ランクは高いけど最良という意味ではないとか。

ハートレスの好きな物・嫌いな物とか、どこまでもあのモットーを貫いてたんだなぁとか。

用語辞典のあちこちにも刺さる言葉がありました。エルメロイⅡ世が、忘れる事のなかった呪文や、彼自身の項目もそうですが。うん、やっぱりⅡ世好きだなぁ。人間臭くて。


Unnamed Memory4 白紙よりもう一度

ico_grade6_5

「本当に……貴方なんですね」

 

Act.2が幕を上げる、待望の新刊ですよ!!

1巻が出た当初は先が見えず、Act.1だけ書籍化して終わって愉悦するなんて話も見ただけに、感無量です。

今回もchibi先生のイラストは素敵ですし、加筆修正もあって満喫しました。

章タイトルが掲載されているページに、ミラのイラストが掲載されていてちょっと驚きました。やだ思ってた以上にかわいい!

 

章が切り替わったという事で、装丁も変化してますね。

13巻はタイトルが黄色で、背表紙から裏表紙にかけて紺色というか。作品に則っていうなら夜になった空と同じ、オスカーの瞳のような感じでしたが。

4巻ではそれが反転した上、表紙の文字が白になって、サブタイトルの「白紙よりもう一度」と言うのを改めて突き付けられたような気持ちになりますね。

表紙に居る二人も、また視線が合わない立ち位置になってますし。あと、今回分厚いですね。「無言歌」から「見えない貌」まで収録されています。え、これ定価で良かったんですか。

 

以下、本編の感想です。

ネタバレしてるので予防線。Act.1読了後に読まれることを推奨します。

……まぁ、あらすじからして、ネタバレ気味ではありますが。

 


続きを読む

Unnamed Memory短編感想(電撃文庫MAGAZINE2020年2月号)

ico_grade6_3h

「名前で呼ばれないのには慣れてるんですけど、予想外の方向過ぎて反応できないというか」

 

電撃文庫MAGAZINE20202月号掲載の短編の感想です。

4巻発売前という事もあって、別にページ割いて挿絵が掲載されていたのは嬉しかったですねー。服の色も相まって、印象変わってて絵師さんが凄い……

 

短編は3巻で結婚した後のエピソード。

「王妃様」と呼ばれて、一回気付かないティナーシャが新鮮でちょっと笑ってしまった。

魔女としての酷薄さも持ち合わせている彼女ですが、一個人としては抜けてる部分もありますよね……

そして王と魔女の、「周囲を困らせるな」トーク。ネタに尽きない辺りが流石としか言えない。

 

そして今回はルクレツィアがいい仕事してました。いやぁ、幼いティナーシャが本当に可愛くてたまらない。

記憶があるから、心が幼くとも転移出来たり力を行使できるのがまた。

退行した精神に魔女の技って一緒にしちゃいけないものでしょ……オスカーが唖然とするとか、中々ないですよ。

そこから、終盤の「私の王」と呼ぶ場面が、もう尊くて最高でしたね。

彼女にとっての唯一を見つけた魔女の在り方が好きです。

とても情が深い彼女は、魔女であるが故に一線を引いていましたが、王がその内側に入り込んだからこそ見れる姿は、愛らしい。

 





続きを読む

ソード・ワールド 蛮王の烙印2 魔域の王と黄泉帰りし英雄

ico_grade6_3

「姫さん、俺はあんたに感謝してるんだ。俺を生き返らせ、もう一度果たしきれなかった使命をやり直させてくれたんだからな」

 

姫と共に戦う、かつての英雄の旅第2弾。

最終目標のヴェルカーの魔域にも到達してましたし、完結巻かなー。

姫の実家の事とか広げようとすればネタはありそうですが、ここで終わりでも綺麗だと思います。

 

目的地に行こうと思えば、街を蛮族が襲って。

その中に蛮王を知る者がいてエルヴィンに跪いた上に、それを街の住人に見られて。

ひと悶着起こるかと思いましたが、そうかああいうのもアリなのか。蛮族や魔神についての知識が足りんなー。

あらすじにもあるとおり、エルヴィン以外の300年前の英雄が蘇って戦場で相対する事になったりもしてましたが。

全体的にサクサク進んだ、と言いましょうか。アンデッドの軍勢とか喫緊の課題があって、それに対処しているうちにどんどん前進していくので、かなり読みやすかったです。

姫様の不器用な想いと、それを見守っている2人がなんとも言えない味わい出してて好き。

 

あとがきで実は2.5ルルブのワールドパートに、「その後」が少し書かれてると会って、引っ張り出してきましたけど、NPC紹介のページにしれっと居たのか……

購入した直後にざっと読んだだけだったので、気づかなかった……

あと、短編小説集「ショートストーリーズ」の新作刊行予定って書かれてましたし、楽しみです。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ ふぁんぶっく4

ico_grade6_3

「うぅ……。このままでは戻れません。どうしましょう」

 
電子版が発売したので、即購入。

イラストギャラリー・口絵等のラフがメインで、SS1本と、鈴華先生の漫画が1編。

あとはいつものQ&Aに加えて、ドラマCD第三弾のアフレコレポートが掲載。

アニメの方見れてなかったので、アニメの設定画も掲載されていたのは結構嬉しかったです。

2階部分までが石造りで、その上に木造建築って言うのがカラーで掲載されていてすごく分かりやすかった。

 

鈴華先生の漫画は「リーゼの見習い選び」ということで、ベンノの相手であった彼女が7歳の頃のエピソード。いやぁ、行動力に溢れて凄いですね。

ベンノの妹と言うとコリンナが浮かびますが、ミルダという人も居たのか。……そういえばリンシャンの製法を他の街に嫁いだ妹に伝えたとか言ってたな……

 

香月先生書き下ろしのSSはユーディット視点で『魔力感知と結婚相手の条件』。

貴族に発現する「魔力感知」という、感覚の話。

広間で勉強していたユーディットは不意に発現し、動転して急に退室。

自分の側仕えや気になって追いかけて来たレオノーレ達、ローゼマインの側近たちでのやりとりが、主がいない事もあってかなり新鮮でした。

他の女性側近たちは、相手が決まっていたり、立場や家の問題もあって未来がある程度想像できている。

 

けれど、ユーディットは派閥の色が薄い家の出身だったり、階級の事もあって、はっきりとした想像がなく、動揺しまくっているのが可愛い。

フィリーネとは違った方向で可愛いというか、ユーディットは割とマスコット的なイメージが強い。騎士見習いなのに……あと、混乱すると「え? え? え?」みたいに、同じ言葉繰り返す癖がありますよね。分かりやすくて、本当可愛い……

 

Q&Aは今回も色々掲載されていて楽しかったです。

結婚できない神官のフェルディナンドが星結びの儀式に出ていた理由とか、下町洗浄の時周囲の面々の反応が無かった理由とか。ローゼマインがシャルロッテを例えるならば、という想像とかが結構印象的でした。

あとは、ローゼマインの社交や魔力の扱いなど、不足がちな教育問題の色々な理由。どれも頷けて、そりゃあすれ違うよな……って感じでした。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ