気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

HJ文庫

インフィニット・デンドログラム13 バトル・オブ・ヴォーパルバニー

ico_grade6_4

「お前らがクラン作ればいいだロ?」

 

皇国から申し入れられた、講和会議。

王国側にとって、皇国と戦争を続ける事にはメリットは無く、戦争やテロによる感情問題を除けば、悪くはない提案。

とは言ってもそれは、真っ当に講和が成立すれば、の話ですが。

戦争結界や【誓約書】のように、システムによって約束された、破棄できない契約があるので、悪意なく結べばハッピーエンドになるのですが……

当然、策謀を練っていて。皇国側のトップが戦争に成る、と断言しているのが恐ろしい。

 

レイは、アズライトとの縁もあり、護衛を依頼されますが……

仮に戦争となって結界を展開する事になれば、ランカー以外は参加する事すら出来ない。

決闘と討伐のランキングは、今から食い込むのは難しく、クランランキングにランクインする所に傭兵のように一時所属を検討していましたが。

女化生先輩のクランは不動の1位ながら、女化生先輩いるからアウト。

けれど他にツテのある場所も、色々と不都合があり、これはもう危険と分かりながら〈月世の会〉に入るか、と悩むほど。

 

そこに迅羽が現れて、レイの周囲には有名どころ揃ってるんだから、自分でクラン組めばいいじゃないか、と提案してきて。

いやぁ、小学生女子のはずなのに、本当に頼りになりますね迅羽! 超級なのに、かなり真っ当な性格してますし!! ピーキーな人が多すぎるんだよなぁ、超級。だからこそ、上り詰めたともいえますけど。

 

本気の兄の問にも、まっすぐ答え無事にクランを結成していましたが……

名前がまぁ、アレなのはご愛敬と言うか。「素敵大好き・着ぐるみ愛好会」にならなくて良かったねとしか(WEB290話あとがきネタ)。

 

講和会議に際して、王国でも皇国でも手は打って。

さらにそれに加えて管理AIの中にも、元々与えられている役目を逸脱しない範囲ではあるものの、暴走を始めた奴までいて。

クロノとチェシャのバトルは結構好きです。VSクロノだと、その後のカシミヤがMVP過ぎるので、チェシャ今一つですけど、カシミヤが辿り着くまで時間稼げたから……

 

今回、たまたまBOOKWALKERで購入したのですが、特典SSがカシミヤのリアルに関するエピソードで大変満足。

幼い彼が、どうして《抜刀神》に就けるほど刀に習熟していたのか。その片鱗を垣間見ることができます。なるほど、エンブリオが抜刀補助のイナバに成るわけだ。
カシミヤ好きなので、登場頻度少ないのがちょい残念なんですよねー。まぁ、デンドロはキャラが多いから仕方ない。

あとは、チェルシーとジュリエットに会いに行ったとき。
クロウ・レコードで登場したマックスが加わっていたのは、ちょっと嬉しかった。

精霊幻想記16 騎士の休日

ico_grade6_3h

(私は、個人としても、貴族としても、リオの傍にいたいの【後略】)

 

王女二人を救助して連れ帰ったリオ。

その功績を讃えるべく王族にしか認められていないエリアに住居を用意するとか、ガルアーク国王は相変わらず狸ですね……

シャルロットが結構本気で、かなりグイグイアピールしてきてましたねぇ。

 

他のヒロイン達にも自分の考えを伝えてましたし。王族って事もあって一夫多妻にも理解があって、そういう可能性を示してくるのが上手い。

リオの復讐が終わったこともありますし、良い刺激を与えて状況を変化させていってくれそうで、割と好きですね彼女。

 

レストラシオンからも報奨を出さなくてはならない功績で、可能なら取り込みたい。

だからこそ、婚姻を勧めるというのは王道ですが、ユグノー侯爵の娘が候補に入ってるのはお世辞にも笑えない。

ベルトラム王国の王女二人に、本名バレしたのは痛いと思ってましたが。秘密を共有した分事情を汲んで配慮してくれるのは凄いありがたい。

 

セリア先生を補佐役としてハルト付きするという案を出したクリスティーナはグッジョブ。

リオの回りが更に華やかになりますねー。彼の人柄と実績によるものですが、サカタみたいにやっかむヤツはいるんだろうなぁ。

……サカタの場合は、リオでなくても色々と噛みつきまくる困った輩ですけどね……

 

そしてエピローグにて、第三勢力が描かれていましたけど……

口絵からするとあの女性が、六人目の勇者ですよね。とんでもない厄ネタが混ざっていたもんだ……えー、なにしてるのあの人。恐ろしい。

 

気分で動くサカタヒロアキ。レイスに取り込まれたレンジ。気落ちしているタカヒサ。

この辺り勇者の事、正直言ってどこまで影響を及ぼすか読めない爆弾だと思ってたんですが、実際に爆発した例を見ると彼らですらマシに思えてきたな……

ルイにしたって、彼自身は信頼できても、ベルトラム王国本国に不穏を感じているようですし。レイスの手がいつ伸びてくるかわかった者じゃないのが怖いですよね。

 

そう考えると、サツキが一番安全な場所にいるというか、上手く立ち回ってますね。王家との関係も良好ですし。

ガルアーク王国は、リオとも概ね良好な付き合いをしているので、トラブルがあったら助力が望めるというのも大きいですねー。

それにしたって、件の聖女は難物に過ぎる気がしますが、17巻のサブタイトルが「聖女の福音」で今から震えてる。こっち来ないでレイスと共食いしてくれないかな……

精霊幻想記 16.騎士の休日 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2020-03-29

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 10

ico_grade6_4

「では、やるぞ。あれは俺たちの命を懸けて倒すべき敵だ」

 

大きい風呂が欲しい、というリリスからの要望と、部下の慰労、直近の配下たちの状況等を踏まえて、大浴場を建設する事を決めたザガン。

いやぁ、相変わらずの行動力と言いますか。なんで魔王が風呂工事してんの……? ザガン自身は生まれもあって、あまりそう言った生活習慣に興味がなく、リリス筆頭に配下たちから意見を聞いて、できるだけいいものを作ろうとしてる辺りは凄い。

生活に直結している分、以前の釣り竿よりは活用できる範囲広いよ! いや、あの釣り竿も使えはするんだろうけど、ザガンの拠点森の中じゃないですか……

 

黒花とラーファエル、ネフィとオリアスの事情。黒花とシャックス、ネフィとザガンの関係。そうした、ちょっとこじれかけていた問題を、見事に溶かしたといいますか。

先を見ればきりはないんでしょうけど、ザガン達の陣営がまた一つ幸せに近づいたような気がして、心温まるエピソードが多かったですね。

 

ただ、穏やかなばかりで済むはずもなく。

ビフロンスとシアカーンの同盟は、更なる一手を打つために、もう一つ魔王の刻印を求め始めるし。

ザガンが探し求めていた、マルク絡みの情報やザガンの両親に纏わる話なんかも漏れ聞こえて来て。まだまだ断片的で、全体像は見えませんが……

 

最長老と呼ばれた、前魔王のマルコシアスが関与した戦いの規模の大きさに震える。

ついに姿を現した敵の姿と、ザガンの領地に懲りずに踏み込んできたビフロンスが残した言葉が、不穏で仕方がない。

一番衝撃を受けたのは最後の挿絵があった場面ですけどね。正直途中から怪しいとは思っていましたけど、本当にやるとは……容赦ないですね。

『この先の戦い』とは何を意味するのか。ザガンは、配下たちを守れるのか。彼の活躍に期待したい。

 


インフィニット・デンドログラム12 アイのカタチ

ico_grade6_4

「――今から、そこに行く」

 

ついに娑婆にでてきた超級のハンニャ。

元彼に復讐するためにゲームを始め、カップル全員殺すマシーンのようになっていた彼女が……

ギデオンで開催される、恋愛関係のお祭りが開かれるタイミングでフィガロに会いに来ることに。

 

ソロ専門の決闘王者であるフィガロと、愛に狂うハンニャがどんな遭遇をするのか、周囲が戦々恐々としていましたが……最初こそ穏やかでしたが、途中で管理AI達が手を加えてくれてさらに混沌と化したんですよね……

でも、暴走したハンニャに近づこうと奮闘するフィガロは本当に格好良かったですよ。

お節介をかけた一人はまだしも、騒動を見学したかったり、大きなトラブルがあれば超級生まれないかな思考のAIはちょっと本当にもう反省してほしい。

 

WEB版とは構成が変わっていましたねー。

少なくとも、白球の対決と兄思いの誰かの話が無くて、新キャラで討伐ランキング三十位のキャラが登場。

童話分隊と遭遇したとか書いてありますし、特典小説派生のキャラかな……? 詳しくないので自信はないです。

WEB最新話でも名前が出てはいましたが、フランクリン寄りとレイに判断されるのも止む無し。ブレーキの無いキャラは本当厄介です。

 

不屈の名前の通り、格上相手に折れず勝ち星を挙げたレイに拍手。……いやまぁ、カンストも遠い新人で、戦う相手だいだい格上ですけどね。つまりいつも通りってことですけど。

いつも通り勝ってくれる彼の姿が、一つの希望になっているのも確かでしょう。服装がどれほど悪鬼のようであっても。挿絵ありましたけど、空気が完全に悪役なんだよなぁ……



精霊幻想記15 勇者の狂想曲

ico_grade6_3
「貴方は……、本当に、達観しすぎです」

 

ついに復讐を果たしたリオ。

王女二人を保護しようとしたところに、デュランが声をかけて来て。

ルシウスの作戦に乗っかりながら、明け透けにリオを勧誘できる辺り肝が太い。

ま、リオにあっさり断られてましたけど。ある程度問答した所で引き下がって、最後には次に会った時は友人として酒に付き合えと言える辺り、バランス感覚も良いと言いますか。

 

後にレイスと会話したときにも顕著でしたが、リオと言う戦力をしっかり評価してるのが見て取れる。

抱え込めれば最善でしょうが、無理そうなら敵対は避けようとした。うん、信用できないというリオの意見も分かりますが、割と嫌いじゃないですよデュラン。

やはり各国の王族はそれなりのキャラが居て、視野が広めなのがいいですね。その力を持って王侯貴族の近くに居る勇者諸君には是非見習ってほしい。

 

今のところマシなの紗月と瑠衣くらいで、他はそれぞれにトラブル起こしてるからなぁ。

瑠衣もまぁ、友人絡みでなんかあったみたいですけど、彼らの問題だし、立ち位置を弁えてる感じしますし。

……マシなの5分の2って暗澹たる気持ちになりますね。何のために勇者なんて呼びだしたのやら。

 

王女二人を助けたリオが、彼女達を無事に連れ戻そうとする一方。

神輿を失ったレストラシオンは結構ドタバタしていて。勇者サカタヒロアキはリーゼロッテとのお見合いをセッティングさせたり、相変わらずですねぇ。模擬戦一回くらいじゃ懲りないか……

 

今回はリオが本懐を遂げた後ということもあって、大人しめの話でしたねー。

王女二人に、リオの事情を話す説明回だったともいえる。いや、レイスがただで返すはずがなく、ルシウスの配下使って襲撃とかしてるんですが、相手がリオだと圧倒的に力不足だからなー。

護衛対象2人抱えて、勇者を交えた戦力に襲撃されて、するっと逃げられる辺り流石と言うほかない。次号予告が結構気になる感じなので今から楽しみです。

精霊幻想記 15.勇者の狂想曲 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2019-11-29


インフィニット・デンドログラム11 栄光の選別者

 ico_grade6_4h

「君にとって、彼との約束はあれこれ考えてやめてしまうようなものか!!」

 

アニメ化も決定し、好調の作品。

今回は、かつてアルター王国で起こった災害。

SUBM【三極竜 グローリア】編が描かれました。

WEB版では、過去編やユーゴ編などレイが絡まないエピソードも結構あるんですが、その中でも屈指のお気に入りです。

 

レイ以外のマスターも、それぞれに積み上げて来たものがあるのだ、と。

クラン第2位のバビロニア戦闘団。自分たちがホームにしている街へ災害が迫り、戦い抜いた彼らの姿が、鮮やかでした。

彼らが残した情報が、後の挑戦者たちの勝利につながったというのもにくい演出ですよね。

……そこに至るまでに、数多屍を積み上げて、惨状を生み出している辺り容赦ないですけど。

 

管理AI達の行動を想えば、絶対にこの世界ただのゲームじゃないわけですが。

……ゲームとして考えれば、1度しか登場しないレアエネミー相手にやすやすと共闘出来ないというのも分かるんですよねぇ。

AIにもそれぞれモットーがあって、フィガロをチェシャが焚き付ける場面とか熱くて好きです。

三本の首を持つ強大な竜を相手取って、フィガロが、月夜が、シュウが。それぞれ死力を尽くして戦う展開は必見です。

あの戦いぶり見ると超級凄いというか、大賢者の葛藤も少しは分からなくもないけど……フラグマンはフラグマンで事故案件だからなぁ……


覇逆のドラグーン 落伍竜機士は運命の姫と、暁の極光世界を翔け上がる1

ico_grade6_3

「是非、私達の姫様――いえ、女王になっていただけないかと」

 

年に二度、極光が空を覆う世界。

それは瑞兆とされており、妊婦たちが極光を浴びることで生まれる子ども達も祝福を得ると考えられていた。

しかし、火山の噴火によって空が灰に覆われ、極光の祝福を浴びられなかった世代が居た。

彼らは「祝福されざる者」として、蔑まれる事が多かった。もちろん、血を分けた子をちゃんと愛してくれる親も居たそうですが……

 

全ては、遠い昔の話。

「祝福されざる者」たちが16歳になった年の極光祭で、世界は変貌した。

大人たちが突然「祝福されざる者」を虐殺し始める、という狂気で覆われてしまったのだ。

軍学校に通っていた主人公クロウ達は、混乱の中で殺されかけていた王国の姫を助け……いったい何が起きたのかを、探り始める。

 

今回は完全に序章って感じですねー。これから面白くなっていく感じ。

クロウ達と同じで、何が起きてるのかがわからないまま状況がどんどん進んでいくので、ちょい困惑した。

学友が亡くなったりしている彼らの方が、衝撃は大きかったでしょうけど。

それでもただ逃げるのではなく、少しでも情報を得る為に行動できる彼らは強い。 


後半、明かされた変人の研究成果は、いろんな意味でおっかなかったですけど。

研究の為に許可を得たとはいえ何やってるんだとか。

その結果明らかになった事実も、規模が大きすぎておっかない。

マウスかなんかと思ってるのかよ……是非彼らには、首謀者をぶん殴って欲しい所です。



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?9

ico_grade6_4
「では行くぞ。最期くらい、ちゃんと目を開けておけ」
 

ドラマCD付き特装版の発売が決定したそうで、今から楽しみですねー。

魔王シアカーンによる襲撃があったため、情報を集めるザガン。

オリアスに会いに行ったものの不在で、教会の総本部、聖都へ足を運ぶことに。

あらすじに「衝突を避けるため、二人は新婚夫婦に成りすます」と書いてありますが、いや「成りすます」も何も、そのものでしょう。

既に義理とはいえ娘もいるのに、何を今さら。じれったい二人が可愛くて素敵。

 

クリスマス回を入れたと思ったら、今回タピオカ出て来てて笑った。そしてそれ目当てに交易始めようとしてる所がさらに笑える。お前本当に魔王かよ……

基本的に観光のつもりだから、空気が緩いわぁ。のんびり。

まぁ、きっかけがあれば教会の深部に踏み込んでいく辺りは、流石というか。

 

ラーファエルの聖剣がザガンの手に落ちた、という情報が入り、聖都には十一人の聖騎士長が集結していて。

一年ほど前の騒動で、何人かが入れ替わって、まだまだひよこな聖剣の持ち主もいるようですね。

シャスティルがかつて枢機卿に殺されかけた事もありますし、教会も一枚岩ではないというのが改めて描かれて。大変そうですなぁ。

そんな中現れたザガン。ミヒャエルに話しかけた場面が最高でした。凄い笑えた。

まだ若い聖騎士団長が、実力に差がある中で、ザガンに一つ気づきを与えたというのが面白い。魔王として実力をめきめき伸ばしていった影響で、弱者の視点に気づかなかった。

それを自覚して、技を自発的に使って、また先へ進んだようです。

ついにオリアスとネフィが対面したところで、ザガンの両親についてネフィがどんな人だったのかと考えてましたが。

 

確かに、アルシエラに銀眼の王と呼ばれる彼がなぜ孤児になったのか。そこで出会ったのがマルクとステラって言うのも意味深ではあります。特にマルク。

キャラが増えて来たのもあってページがさらに増してます。これでも色々割愛したらしいんですが。

読者的には好きな作品を大ボリュームで読めるのは嬉しいですねー。フォルの成長や、シャスティルとバルバロスのやり取りとかも良かったですし。次回も楽しみです。



精霊幻想記14 復讐の抒情詩

 ico_grade6_3

「帰ろう」

 

帝国に赴き、ルキウスの情報を得たリオ。

それを頼りにパラディア王国へと単身向かう事に。

一方リオを誘導したレイス達も、あちこちで工作を続けていて。

冒険者をやっていた勇者レンジを釣って、挑発して、配下に引き込んでました。

 

いやまぁ、彼もヒロアキよりの考え浅いタイプで、危うい所が目立ってましたけどね。

聖域とされる森の中の湖に出現して、王侯貴族からの情報共有とかが無い状態で異世界に放り出されたのは同情しますけど。

その後の行動判定で随時ファンブル出してる感じというか。悪い方向に転がって行ってましたねぇ。

レイスに戦力として補足された勇者。今後も道行きが暗そう……

 

今回はレイス達の動き、勇者レンジの行動。

転移させられた姫様二人の描写が中心になっていて、リオの行動は少な目の印象ですね。

とはいえ、その少ない登場シーンで、パラディア王国の王子と接触して、ルシウスとの決闘を制する活躍っぷり。

おまけに精霊術で、サカタの使ったヤマタノオロチ再現したりしてたし、本当出来ない事ないんじゃってくらいスペック高いな……

人質がいた事もあって、途中苦戦もしてましたが、最後は圧倒してましたし。

 

あとは勇者レンジが見た神装の夢「時が来るその日まで生きろ」と言う気になる発言があったり、「死ねない」力とか気になる情報が増えました。

姫様たちに素性がばれた事が、今後にどう影響するやら。姫が所在不明になったことでヒロアキがまた変な動きしそうだし、どーなるかなぁ。

精霊幻想記 14.復讐の叙情詩 (HJ文庫)
北山結莉
ホビージャパン
2019-07-31


インフィニット・デンドログラム10 嵐の後、嵐の前

ico_grade6_3h

「レイ君、そのうち『みたらし罪』で“監獄”行きになるのでは?」

 

カルチェラタンでの騒動を何とか生き延び、しばらく現地でのクエストを受けたりしていたレイ。

アズライトとビースリーの対面というちょっとひやっとする場面があったりもしましたが、概ね彼の周囲は今回平穏ですね。

タイトル通り、嵐の前の静けさともいえますが。

11巻も過去編っぽいから出番は基本無いですしねー。加筆されてたらプロローグなりエピローグなりに出てくるかもですが。

 

レイ視点の日常描写が合間に挟まってはいますが、基本的には他のキャラを主人公とした短編集って感じですねー。

レイの大学でできた友人が受けた天地でのクエスト。もっともエンブリオの特性ゆえに同行しただけで活躍するのは他の超級、準超級とかでしたが。

略奪が横行してる、となるとレイがここ選んでたら大変だったろうなぁ。理不尽の宝庫ですぜ。

 

監獄内でガーベラがパイを焼いてゼクスを驚かせる話と、超級と戦わせられる話も入ってましたね。

ゼクスが的確に育てたというか、心を折った影響で凄い強くなってるんですけど。

認識されない暗殺者とか、いやマジどうやってコレ倒せばいいんだ。

それはそれとしてガーベラのアバターが可愛くてびっくりした。あと盛り方もすごいな……

 

魔将軍が決闘に敗れるエピソードも入ってましたが……全体的に今回のエピソード、クラン〈IF〉の暗躍が凄いな。いつもの事ではありますが。

指名手配された超級で構成されているという驚異のクラン。何か目的があるのは間違いなさそう。いつ明らかになりますかねぇ。

キャラが多くて誰もが魅力的ではあるんですが。その分描きたいエピソードが多すぎてストック溜まり続けている感じがありますからね……

ユーゴがカルディナでフランクリンの友人である超級に振り回されているのにはちょっと笑った。頑張れ……



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ