気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★2.5

魔力の使えない魔術師4

ico_grade6_2h

「……後悔しないのか?」

「するかもしれないな。だけどそれは、お前を失う事よりずっとましだ」

 

シリーズ完結巻。

ルルリア側のエピソードから。

なぜあの場面に神子が乱入してきたのか。

神官長が出張って来た状況についてもふれられましたが……

 

最終的に、状況を悪くするだけ悪くして退場しやがったあたり、本当何しに来たんだ感はありますね。

神殿の背景とかが分かったぐらいしか良かった事ないのでは。

トップが消えた事で、事後処理はいっそ楽だったかもしれませんがねー。

事態が収拾してからユリスたち側とダイチ達側のそれぞれの状況を描写してくれたのは良かった。

 


魔力の使えない魔術師3

ico_grade6_2h

「自分の嫁に言う台詞くらい自分で言え。――俺の答えは、こうだ」

 

神子の手によって操られたユリス。

幸いそれによってみゆき達を傷付ける事はありませんでしたが……

ユリスを相手にしている間にみゆきは何者かにさらわれてしまって。

不穏な動きをとる神子を無視できないし、魔王を放置するわけにも行かない。

 

オルトの母親が先代の神子だとか言う情報も出て来て。

神子の思惑が逆に分からなくなった感もありますが。

オルトの故郷で待つという神子の様子を窺ってから、魔の森に入ることに。

そこでルルリアたちとは別行動をとって、ダイチは魔王の正体を薄々察し迷いながら進む。

道中では、トリスがついにユリスの秘密に切り込んで兄弟腹を割った会話をしたりしてました。あの場面結構好きですね。

 

ダイチの予想通りの相手が魔王城では待っていて。

即討伐って空気でもなくなり、対話するシーンになっていたのは、まぁ展開的には予想できた話ですね。

対話で片が付く状況になったかもしれないのに、乱入して来る輩が居て。

つくづくろくな行動とらないなあの神子……



死んでも死んでも死んでも好きになると彼女は言った

ico_grade6_2h

「支倉の夢のおかげで、俺の夢も叶ったんだ。感謝してる」

 

タイトルとあらすじから予想できる流れを外さない。

そういう意味では、「買ってみてから失敗したと嘆く」事は無いので誠実。

というかあらすじで大体描かれているので、細部はこうやって詰めていくのねー、みたいな見方になってしまった。

 

何度死んでも君を好きになる、という彼と彼女の関係については切なくも良い感じにまとまっていたと思いますが。

帯文の「今世紀、もっとも泣けるラブコメディ」というのはハードル上げ過ぎた感。

 

夏祭り実行委員に参加して、祭りで打ち上げられる花火の構成を変えたいと少女は言って。

市から予算が出て、構成についても指示が入っているので簡単ではないと花火屋の息子は言うものの。彼女の熱量に振り回されて、最終的にはそれを叶える。

青春モノだし、恋愛要素もあるけど、コメディはそこまで強くないかなぁという印象。



六人のイヴと神殺しの使徒3

ico_grade6_2h

「死ぬかもしれないから戦わないなんて、あたしにはそんな選択肢はないよ。もちろん死にたくはないけどね」

 

前回の戦いで、二人の少女の中に居るイヴが活性化して。

ジュカが宿しているアダムの力を使いまくったせいらしいですけど……まぁ、強敵相手に手を抜いても居られなかったのは確か。

反動で発情する場合が出てきたというのは、お約束、というか。

 

新たなイヴ候補として目をつけたのは、ジュカの古い知り合い。

今はなき妹の友人であり、引っ越したために災害を逃れた後輩で。

妹を助けられずにのうのうと生きてるジュカに辛辣に当たるあたり、最初の印象は今一つ。

そのあと妹を殺した相手が自ら過去を見せつけて来て。

 

神魔が持ち出して来たグラン・ノアという兵器やバベルの真実などなど。

勝ち目しかない戦いは楽しくないって言って対抗兵器作ろうとするあたり、本当神魔傲慢だな……

かなり畳みかけてきたなぁ、という感じ。イヴ関係のネタとジュカの復讐について、ひとつの区切りを見せてくれたのは良かったです。

 



魔法科高校の劣等生27 急転編

ico_grade6_2h

「それでもワタシは、同法の過ちに知らん顔をするつもりはありません」

 

この表紙絵で三校コンビが活躍しなかったら笑うわーとは思いました。

カーディナル・ジョージも基本コード見つけて凄いとか言われて、実際達也が送り付けてきたデータをちゃんと実用出来るようまとめることは出来るようですけど。

一条の方も戦略級魔法を会得して侵略を未然に防いだり成果を上げてましたが……何というか、中途半端ですよね。結局は達也の御膳立てだし。

 

そういう意味では、パラサイトとして手段を選ばなくなってきた光宣の方が敵としてのレベルは上がってきたかも。

手段を選ばなくなってきたのは一つ怖さが増してますが。不審な気配に集中を切らせるとか、まだまだ未熟な部分も散見されます。

 

しかしここにきて、さらにキャラが増えてきたのには辟易するな……

尊敬されていた閣下が死んだことでそれを慕っていた軍の一部も動き始めてるとか。

日本に亡命してきた人物が居て、その周囲でもまた騒動が起きそうだとか。

更にはUSNAが戦力を更に投入してリーナと対峙する展開まで発生して。

ベゾブラゾフが復活してまた色々と画策してましたが……懲りろよ……



公女殿下の家庭教師 謙虚チートな魔法授業をはじめます

ico_grade6_2h
「――後悔はしていません」

 

カクヨム大賞。

絵が目についたので、手に取ってみました。

まぁ大賞とっただけのことはあって、スラスラ読める感じ。

「話は聞いていると思うがよろしく頼む」「申し訳ありませんが何も聞いておりません」という部分とかは笑えた。

執事さんと公爵殿下と同じような会話する必要はあったのだろうか。

 

ちょっと主人公が謙虚すぎる、というかあそこまで行くと卑下の域なのでは。

王立学校があり、規定の三年で卒業する者は半分しかいない過酷さ。卒業短縮できる制度はあるものの、前述の厳しさ故に適用される例は少ない。

……にも関わらず、最近になってわずか一年で卒業した生徒が二人いて。その片割れ、という時点で普通じゃない。

 

年下キラーすぎて、あちこちで被害者が出てて、大丈夫かオイって感じでもありましたが。

その内誰かに刺されないか。……自分で対処できる程度の腕あるからなんとかなるか。

友人に初手で必殺技ぶつけられてもさらっとかき消してましたしね……

ヒロインは可愛いし、主人公のスペックも高いしで、概ね安心して読めます。ただ、驚きは少ない。



魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画

ico_grade6_2h
「次は、消す」

 

公式WEBで連載中作品の書籍化だとか。

WEBの方は未読。

タイトル見た時から「達也暗殺計画? 失敗するからやめとけよ……」とは思っていましたが。

達也を相手にするには、なにもかも足りなかったな、としか。

 

暗殺者の少女が、仕事の場面を達也に目撃されて始末しようとするというエピソードでしたが。

まぁ、当然四葉の知るところになって。文弥の教材にちょうどいいか、と黒羽に仕事が振られていました。

対処に奔走している文弥と殺し屋少女のやり取りがメインなのかなぁ。

 

本編前という事もあって、まだ文弥に至らない所があるのは、彼らしいかと思いました。

アンタッチャブルと呼ばれる四葉の人間の割に、達也に憧れていて自宅に押し掛けないように自省しているとか。ミーハーというか、何というか人間味が強い。

顧みるに、この段階で変わりなく完成されている達也の容赦なさよ……出自故仕方ないですが。



魔法科高校の劣等生26 インベージョン編

ico_grade6_2h

「それでも私は、今のお前を認めてやれない」

 

リーナ、何もしてねぇな。

スターズから離反者を出して、バックアップもない状況で、他国の戦略級魔術師がほいほい出歩けるはずもないって言うのは判りますけど……

このままだと、戦略級魔術師という立場でありながら、逃げ出した上に解決に寄与できず、良い所なしでパラサイト騒動終結後の居場所がないのでは……?

 

達也がベゾブラゾフを撃退した影響で、戦略級魔術師の圧力が弱まったと戦争吹っ掛けた国もありましたが……

この後反撃を受けるのかと思うと、何というか、ご愁傷様。

光宣と水波の問題、新たなパラサイト問題とそちらの対策に紙幅が割かれていて、ちょっと前までディオーネー計画で騒いでたのは何だったんだみたいな感じが。

 

新たなパラサイト達は、同類とみなした光宣と接触。

そこから悪影響を受けて、光宣も変質してしまったようですけど。

案の定闇堕ちか……前回まではまだ人間らしさ残ってましたけど、次達也と対峙したら止まらないんじゃないかなぁ、彼。




食戟のソーマ30

 ico_grade6_2h

「……それで? お父様」

「お味はいかがかしら」

 

開始直前にじゃんけんで前菜とメインのどちらを出すか決める幸平達。

おいおい相手の方が格上なのに大丈夫かよ……と心配になるスタート。

このコース対決の決着までを30巻でまとめてくれたのは良かった。

これで、皿を出したところで決着は次回となったらまたモヤモヤしたでしょうし。

 

正直現時点で司に勝てるビジョンが浮かばなかったので、どう処理するのかは気になっていたんですが。

幸平がえりなに味見させて、それによって皿の完成度を上げるというのには驚いた。

「神の舌」を使って良しあしを選別するというのはセントラル側の思想ですが……それによって皿をより面白い方向に変えていくあたり幸平、転んでもただでは起きない男です。

 

結果として、薊政権の思惑を打破する一品をえりなが出してくれて。

学園祭の時の恐怖に震える彼女ではなく、しっかりと啖呵を切って、成長した姿が確かにありました。

……とはいえ、ここに至るまでの道のりが長かったというか、薊政権が非常に鬱陶しかったので、ここから浮上していってくれれば良いんですけど。



優雅な歌声が最高の復讐である

ico_grade6_2h

「いいことばかりじゃないぞ。自由にやったらやったで新たな悩みが増える。そりゃもうたくさん増える。自分が責任をもたないといけないことが、わんさか増える。行きたいように生きるのは、相応の苦しみを伴うんだ」

 

うーん、何というか惜しい感じ。

怪我でサッカーを辞めた少年。歌えなくなった少女。

大切だから多くの時間を割いたけれど、それを失ってしまって。

同病相憐れんで、もっと鬱屈とした感じになるかと思っていたので、そこまで暗く落ち込まずに済んだのは良かった。

 

けど、サッカーと音楽と。

蘊蓄を披露している場面がちょっとくどかったかなぁ、って言うのが一つ。

あとは、もうちょっとキャラを削って、隼人と瑠子に集中させた方が良かったんじゃないかなぁ、って感じがしますね。

 

隼人は瑠子と会わなかったら、まだまだ無気力ゾンビを継続していたでしょう。

そこから立ち上がって、『サッカーが好き』という自分の気持ちを確かめて、先に進めるようになった事。

同じように悩みを抱えていた瑠子が隼人に助けられ、また歌を歌った事。

悩みの底から浮上してきたのは良いことなんですが……押しつけがましい部分があったかなぁ、というか。ちょっと物足りなさを感じてしまって残念でした。

雰囲気は良いので、あらすじ読んで気になったのなら手に取ってもいいのでは。なぜこのタイトルになったのかは謎ですが。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索