気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3

鬼滅の刃6

ico_grade6_3

「炭治郎君 頑張ってくださいね」

「どうか禰豆子さんを守り抜いてね」

 

初っ端の扉絵が、ぐるぐる巻きにされて「治療済み」と張られた善逸でなんか和んだ。

妹を庇う炭治郎と、鬼だからと殺しに来る蟲柱。

水柱である義勇は間で、蟲柱を止めてくれてますが……

対峙して最初に口を開いたと思えば「俺は嫌われてない」って……気にしてたんですね……

戦闘直後でボロボロだったのも重なり、妹が殺されそうになっていましたが……カラスの伝令が、二人を本部へ連れ帰れと叫んで。

 

そのまま半年に一度行われているらしい柱とお館様の会議「柱合会議」の場へ連れていかれ、査問されることに。

最強の称号というのは前に出ていましたが、より正確に言うと、鬼殺隊の中で最も位が高い九名の剣士の事で、組織を支える戦力だとか。

 

「裁判の必要などない」「鬼もろとも斬首する」とかしょっぱなから厳しい意見ばかりでしたが。それでも引かず炭治郎は意見を出し続け。

元柱の鱗滝からの手紙、お館様の口添え、反対派が用意した状況の中でも禰豆子が人を襲わなった、と条件が重なり、何とか妹を連れて行くことを認められた炭治郎。

十二鬼月を倒して、発言力を高め役に立てることを証明しろって課題も出てましたが。

そして鬼舞辻に遭遇した、というのがかなり重要な要素として語られていましたね。

柱ですら遭遇したことが無い、とも言われていましたが……それでよく鬼舞辻の名前とか探り出せたな。今の代の柱が遭遇したことが無いって意味なのだろうか。

 

今回もまたボロボロになった三人は、蟲柱しのぶの拠点、蝶屋敷に連れて行かれて療養。

その上で、訓練なども行っておりました。新しい技を身に着けたり順調に前に進んでいましたが……

鬼側にも動きがあって。

那田蜘蛛山にいた十二鬼月、数字「下弦の伍」を与えられた鬼が死んだことで、鬼舞辻は十二鬼月の中でも下位の6人を解体する決意をしたようで。

敵の首魁自ら、中ボスを殺すって中々斬新だな……

 

血を与えた者の思考を読めるそうで。疑念を抱けば殺され、意見を否定したら殺され、逃げることも叶わない。……なんというブラックさ……

一人だけ処刑を免れたものの、じゃあドーピングするから鬼狩り殺して来いって放り出すあたり、凄まじいな……

それで恍惚としてる「下弦の壱」も相当ですけど。


鬼滅の刃5

ico_grade6_3

「何度でも言ってやる お前の絆は偽物だ!!」

 

山に住まう鬼の家族。その父親役と遭遇した炭治郎の伊乃助。

技を当てても、相手は硬く刃が途中で止まってしまう。

それでもあきらめず工夫して攻撃を当てようとしますが……敵のカウンターで炭治郎は吹き飛ばされて。

……飛ばされた先にも鬼が居るとか、ついてなさすぎだろ……

 

一方で柱も間に合ったようで、善逸の方に救援が来ておりました。

しかし、隊員を派遣し敗れたのを確認してからカラスが本部に飛んで、ちょうど屋敷にいたっぽい柱二人が派遣されたみたいですが。

よくもまぁ間に合ったものだな。意外と近くなのか、本部。柱だから移動速度がすごく早かっただけなのだろうか。地味に気になる。

 

鬼相手でも引かずに説教を始める炭治郎は、揺るぎないな……

相手の攻撃が強力で、刀がおられてしまっても諦めずに攻撃を仕掛けるあたり、真っ直ぐすぎてみていてハラハラします。

 

蟲柱の闘いっぷりも描かれていましたが……

その前の仲良くなるための方法が、かなりえげつなかったな……コレが組織の最高戦力の一角なのか……

最初読んだときはサイコパスっぷりに震えたものです。話数重ねるごとに違った顔が見えて、印象も変わりましたけどねー。

 



超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!3

ico_grade6_3

「……もっと私を、頼って、ね?」

 

冬期の行軍、しかもブリザード吹きすさぶ山を越えて、なんて難題も良い所ですが。

ギュスターヴからの脅迫よりの指令が飛んだために、万単位を動員して一気呵成にせめるつもりだった討伐軍は、司に行動を全て看破されて、敗北。

その手腕によって彼らを味方に引き込みました。

 

一方で、ギュスターヴ打倒に協力した『碧の団』は、方針の違いから、表面上は協調体制をとってはいるものの……いずれ、破綻するだろうという見通しもあって。

その辺りの事情まで加味した上で作戦を練っている司は「超人」の名に恥じない活躍っぷりですねぇ。

けれど、彼一人で成し得た偉業という訳でもなく。仲間が一人でもかけていたらここまでトントン拍子には進まなかったでしょう。

オーバーワークが過ぎて、途中でドクターストップ入ってましたしね。

 

司と林檎が、過労により休養を言い渡されて。

その内の一日を、二人でデートする事になったりしていました。

意識して慌てている林檎が可愛い。

 

帝国側も元帥が動いて来たりしてましたが。

相手が打ってきた手を、微妙に危うい場面がありつつも潜り抜けていって。

生死不明状態だったギュスターヴが、生き延びていて、また攻撃を仕掛けてくる場面もありましたが、それも乗り越えて。

……あれだけの狂信者が忠誠を誓っていた皇帝陛下ってどんなキャラなんだ、と謎が深まる。

司に対し、不穏な台詞を遺して逝きましたしねぇ。どうなるやら。



ダーウィンズゲーム10

ico_grade6_3

「喜べ 我ら二人なら二回に一度は勝利できるであろう」

「上等ォ!!」

 

用意されていた補給ポイントは、Aランカーに抑えられたため、カナメは島内でサバイバルをすることに。

道中出くわした、Dゲーム新人のオージと共に行動する事になって、異能の事だとか情報共有をします。

 

士明との特訓には異能を鍛えるというものもあったようで。

超常能力である異能って、鍛えられるものだったんだ……

まぁ、実際最初は刀を50本複製しろと言われて、やり遂げた後はヘロヘロだったのに、一か月後には軽口叩く余裕出来てましたからね。

一方、トリニティと保険屋の関係を疑ったシュカは、サンセットレーベンズのメンバー全員で、賭場に乗り込んで……テミスに喧嘩を吹っ掛けることに。

「カナメが1位でゲームを勝ち抜くか」。賭けに敗れた方は相手の傘下になるという、中々大胆な勝負を仕掛けてます。

 

保険屋が同盟の誘いをもってきたけれど、カナメは保険屋が信用できないと一蹴。

イベント中に保険屋が組織したチームに拠点を知られてしまったため、その場を離れ新たな拠点に出来る場所を探そうとしますが……

そこでゲームが動いて。銃を弾く、異形の獣と遭遇して。時を同じくして島のあちこちでもその獣との戦闘が発生し、Dゲームプレイヤーが蹂躙されておりました。

 

カナメも一撃を喰らって危機的な状況に陥っていましたが…そこに救援がやってきて。オージもいい仕事しますねー。

シブヤの宝探しイベントも相当ヒドい被害出ていたと思いましたが……GM曰く、ようやく本番が始まったばかりだとか。……いったい何目的にこんなゲーム作ったんでしょうねぇ。

 



ダーウィンズゲーム9

ico_grade6_3

「カナメ様なら必ずや試練に打ち勝てましょう ご武運を」

 

花屋の娘、鈴音は父の死の謎を負い……

ダーウィンズゲームに巻き込まれてしまった。

異能を発動し戦うものの、反撃を喰らいピンチになっていましたが、そこにリュウジとスイがやってきて。

素人をゲームに招き狩る――「養殖」に巻き込まれたとあっては、無視が出来ない、と。

あの時痛い目見せられたリュウジが、駆けつけてくれた、って言うのがいいですねぇ。

 

サンセットレーベンズは、エイスを倒し設立した経緯やその後に出したゲーム禁止令で名が知れ渡っていて。

賭けの胴元を実施していたクラン「トリニティ」のテミスや保険組合を組織していたカネヒラなんかは、その動きは当然面白くないわけで。

それぞれイベントを勝利して特権を得ているわけで。テミスの特権を駆使し得た情報を元に、カネヒラがカナメを討つ作戦を立てて。

 

一方でカナメも、イベントクリア時にゲームマスターから得た「ゲームクリアは存在する」という情報を元に、クリアに向けて行動しています。

同盟を結ぼうと関西圏にあるクランに話をもちかけたり。

士明の特訓を受けて、自身の能力向上に励んだり、と。

 

そうして準備を進めていましたが……カナメはレーベンズの仲間がいないイベント戦に引きずり込まれて。

開始30秒前にイベント告知してくるあたり、Dゲーム運営はクソだな……

今回のイベントは「ハンティングゲーム」どこぞの島で実施されるイベントで、しかを狩ると3P、熊で30Pをゲットできるゲームで、一万ポイントを稼げ、という普通にやってたらとてもたどり着けなそうな設定。

にんげんが100P、という設定までされていて、マンハントさせようって気がプンプンしますが……ゲーム参加者を殺すとマイナス100Pと言うあたり嫌な予感しかしないなぁ。



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 運命の剣

ico_grade6_3

「見せてみろっていったよな冥帝。だから見せてやる」

「何をだ? 人間の強さか。可能性か。未来か」

「――真髄を」

 

悪魔や天使といった異種族と、人類。

5つの種族が地上の覇権を争い……一人の英雄の活躍によって、人類が勝利した時代。

四種族を封印する事に成功したが……もし、封印が解かれたら。それによって大戦が再発したら

そうした有事の際に備えるために「人類庇護庁」が戦後設立された。

国民に兵役を貸し、その中で四種族に対抗するための知識等を伝えていく組織なんですが。

長い時間が流れ、封印がほころぶ様子もない、という事で庇護庁の兵役もほぼ形だけのものになってきて。

そんな中カイは、平和な世で悪魔を見たことがあって。故に、兵役にも真面目に取り組んでいたが……

                                            

ある日、世界が「人類に英雄が立たず、大戦で敗北した」状態に上書きされる異常事態が発生して。

友人たちも、ほぼカイの記憶通りの性格や癖などを有している物の、「勝利した未来」の記憶と……カイの事だけを忘れていて。

ただ一人、違う未来の知識を持ったカイは混乱の中……特殊な事情があるらしいリンネという少女を保護して。

 

彼女は、かつて人類を勝利に導いた英雄――シドの名前を憶えていて。

二人で改変前の世界に戻るための手法を探る事に。

そうやってちょっと前向きになったところで、避難場所に悪魔たちが襲撃してきて。

カイはこれまでの経験と知識で、その撃退に寄与。

人類反旗軍の上層部と対面する事に。

 

嘘のように聞こえる本当の話、を嘘か真実かという点ではなく「その話でもたらされた情報が有用かどうか」で判断できるあたり、有能ですねー。

敵にアジトが知られてしまった事、カイから情報を得られた事など理由はいくつかありますが、反攻に転じることに。

割と綱渡りではありましたが……意地を貫き通したカイに軍配が上がって。

「書き換えられた世界」について、気になる情報も出てきましたし、序章も良い所ですから続きに期待。



僕らはみんな河合荘9

ico_grade6_3

「…私も」

「めっちゃうれしー の」

 

麻弓さんが相変わらず絶好調ではありましたが……

宇佐たちの青春模様に一番ダメージ受けて、今回はまたテンションの振れ幅大きかったですね……

 

職場の人が「痛いって言うのは 同じ土俵に上がったつもりで年齢という断層がはいっている事実に気付かないこと」とか口にして、ダメージを受けたり。

その後、決定的な場面に居合わせてダメージ受けた上浄化されかけたり。その後誕生日を迎えて、「代」が変わって修羅と化したり。

……顔芸レパートリー豊富っすね、麻弓さん……

 

見ていてもどかしいにもほどがある二人でしたが。

律が意識するようになってきましたし、動きましたねぇ。ここに至るまで9巻か……長かったなぁ。

「実は俺達とんでもない罪を……」と言って宇佐が麻弓さんの言いつけで買い物に出かける場面。「私達でしょ?」と迷わずついていった場面が個人的には一押し。



鬼滅の刃3

ico_grade6_3

「俺たちは一緒に行きます 離れ離れにはなりません」

「もう二度と」

 

敵は六本の腕を持ち毬を投げつけてくる女と、物体を動かす異能を使う男。

毬の女を他の三人が引きつけている間に、炭治郎が異能の鬼を倒すという作戦。

台詞が呼んでいて楽しいですね。

攻撃を受けた時に「痛い!! いやこれは……」「かなり痛い!!」とか。本人はそれどころじゃないでしょうけど、素直すぎる心の声に思わず笑ってしまう。

 

そして、敵を倒したものの最後の反撃でかなりボロボロになった炭治郎。

それでも待っている人が居るから、と疲労で手が震え方を握れなくても口で咥え這ってでも加勢に行こうという心意気はいいですね……

実際その状態で合流しても、正直力にはなれなかったと思いますけど。

珠世の機転がなかったら、やられていたのでは……

 

鬼舞辻の配下、その上位存在は十二鬼月と呼ばれているようで。

追手の二人はそれを自称していましたが……本当の十二鬼月は眼球に数字が刻まれているとか。それが無い上に弱すぎたため、二人は違うだろう、と珠世は判断。

その「弱すぎる」鬼にボロボロにされた炭治郎は割と衝撃を受けていた感じ。

 

そして怪我が癒えぬまま、また移動するように指示が出て。

道中、炭治郎と同期の剣士と遭遇したり……辿り着いた先で元十二鬼月という厄介な手合いを戦う羽目になったりしていましたが。

骨折していようが、心までは折れず、戦い続ける炭治郎は、さすが主人公と感服。

 



ロクでなし魔術講師と禁忌教典9

ico_grade6_3

「私は先生を信じています。たとえ、どんな結果になろうと……私は先生を信じていますから……そのことに後悔なんてきっとありませんから……だから……」

(略)

「……どうか、私の『異能』を、お使いください、先生……」

 

行方をくらませていたジャティスが、またしても現れて。

ルミアを誘拐し、グレンをフェジテ市庁舎爆破テロの容疑者に祭り上げ、目的遂行の為に好き勝手動き回っています。

同調するかのように、天の智慧研究会も現れたり、宮廷魔導士団の方でも色々と思う所があるようで、イヴがフェジテに来訪したりとかなり混沌とした状況になっておりました。

 

グレンは事件解決の為にまた走り回ることに。

システィーナの助力を得ながら、ルミアをさらったジャティスからの要求に振り回されていましたが……

そんな中で、かつて倒したはずの敵から襲撃を受ける、という事態まで発生して。

あちこちで状況が動き続けていて、一場面ごとの描写は少なくなっているはずなのに、かなりの熱量がありました。

 

宮廷魔導士団の『愚者』であったグレンには、オリジナルの魔術以外にも切り札がまだあったようだ、なんて情報が出て来たりしてました。

手札少ない状況で、辛勝が多かったとはいえ、これまでの騒動で勝利収めてきたのか……ここぞという時の勝負強さはあるんですねぇ。

 

一方で、立ち位置が定まらず、今回良い所なしだった某「彼女」。

まぁ……うん。あとがきでも触れられていましたが、ある種の愛だよ……

揺れまくっている精神面が安定すれば、もっと頼りになるキャラになれると思うんですが。今後に期待……出来るのかなぁ。

グレンの奔走もあり、目先の問題は片付けられましたが……本命は、これからだっていう状況。

かなり風呂敷を広げた感じがありますが、これがどう畳まれていくのか。10巻が楽しみです。


 

ACMA:GAME 21

ico_grade6_3

「あなたを人に引き戻す」

「アクマゲームでオレが勝ったら…全治で得た知識・記憶をすべて失ってもらう!!」

 

トーナメントを勝ち抜いた照朝に与えられた、先導者との面会の機会。

この機を最大限に生かすため、全知に知られぬ閉鎖空間を活用し、作戦会議なども重ねて来たようですけど。

毛利に託した、グングニルの持つ予備の鍵を封じる策がまたトンデモないもので。

それを思いつく照朝も照朝ですが、練習無しのぶっつけで成功させてしまう毛利も毛利だよな……

部屋の状況に応じてゲームが変わることもあるようなので、毛利が作ったあの閉鎖空間ではどんなゲームが提示されたのか、ちょっと気になる。

 

そして先導者との会話を少ししていましたが……

やはり分かり合えない、とアクマゲームで決着をつけることに。

ゲームマスターは、ガド。

ゲームは「三単究明」。お互いが知る単語からそれぞれ三つを選び、相手の選んだ単語を当てる、というまたシンプルな物で。

 

しかしさすがに先導者はこれまで、いくつものゲームで勝利してきた相手で。

盤外交渉というか、ゲームルールに縛られず、照朝の油断をついてくるあたり容赦ないな……

照朝一人で戦っていたら、動揺したまま復活できず敗北していたかもしれませんが。

彼には、これまでの闘いで得た仲間が居て。彼らの励ましやサポート等で、何とか差を縮めていました。

潜夜が途中でギャンブルして、差を詰めてましたが、アレ失敗していたらかなり危なかったよな……



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索