気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3.5

本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅶ

 ico_grade6_3h

「…だがまずは情報収集だ」

「神殿に入ってくる前に出来る限り調べておきたい」

「マイン あの子どもがいったい何者なのかを」

 

第一部完結巻。

家族と朽ちることを選んだマイン。

フリーダがもどかしそうな顔をしていましたが、彼女は彼女で良い子ですよねぇ。

……マインを取り込むために祖父の嘘を容認したりとおっかない面もありますけど。

 

洗礼式をしたマインの暴走と、そこから神殿に取り込まれるまで。

ベンノの助力もあって、貴族よりの神官たちと平民との間とは思えないマシな契約に落ち着いていましたが。

ここで神官長はともかく神殿長の怒りを買ってるのが後々に響くんだよなぁ。

 

家族愛を見せつけられた神官長の言葉が、本編を最後まで見ていると重い。

信じられない程、率直に話しかけてくれてますよね。

マインをよく理解してからは、下手に隠さず直截に対応してること多いですが、マインを良く知らない当初の対応としてみると異例なのでは。

ニコニコ静画で閑話を見た時、神官長の最後の台詞に「あなたの●」ですってコメントが多くて笑った。

 

巻末の描き下ろし、「ギルベルタ商会の跡継ぎとして」。

コリンナ様のお宅訪問の、コリンナ視点。結構新鮮でした。

マインとベンノの交渉風景を外側から見てる場面とか、交渉開始前の金額がいくらだったのか、とか色々出てきてました。

ベンノかはお金を引き出したマインに、エーファが衝撃ウケてましたが、大丈夫だよ、ベンノこれからさらに儲けるから。




本好きの下刻上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい! Ⅵ

ico_grade6_3h

「続けるよ」

「当然だ やっと切り開いた道だから諦めたくない」

「今マインにやめろって言われてもオレは商人になる」

 

身食いの熱に飲まれたマイン。

ギルド長の家に運び込まれて、魔術具で熱を吸い取ってもらいなんとか復活。

……とはいえ、小金貨3枚近い値段を払っても一時しのぎにしかならない、という辛い情報も伝えられてました。

水がいっぱいになった器から水をすくっただけで、これからも水は増えるから一年くらいしか持たないだろう、と。

 

ベンノとマインのやり取りが楽しいなぁ。

「それ以上は有料です ふふん」「そのしたたかさは向こうに使え」って言ってるコマとか小さいけどマインの表情がかわいい。

あと、手数料についてやりとりしてにやにやしてルッツを囲んでる場面も笑えた。

 

ルッツも覚悟が決まってきてますね。

マインに手伝ってもらうばかりではなく、自分でも出来る事はするとはっきり言えるのは美点だと思います。

そうして楽しそうな場面を見ているから、家族会議は切ないんだよなぁ。

どうしようもない状況に追い込まれていて、苦しい。



僕らはみんな河合荘10

ico_grade6_3h

「俺の彼女がかわいくて辛い」

 

お付き合い(仮)を始めた二人。

いやぁ、長かった……意識してる律が可愛い。

宇佐がテンションおかしくなってるのは、アレですが。

ちょっと痛い目みろと言いたいような、これまで根気良く付き合い続けてきた成果だから享受してもいいかなぁ、とか色々入り混じった気分になった。

まぁ、麻弓が散々いじってくれてたから、いいかな。

 

そして、ここにきてシロについての驚愕の事実が発覚。

いや、確かにあのプレイを楽しんでるだけの生活環境で、どこから河合荘の家賃とか用意してるのか疑問ではあったけど。

衝撃の事実に大ダメージを受けている律が、可哀想だけどかわいかった。なぜそこをカラーにした。いいぞもっとやれ。

 

麻弓さんは麻弓さんで、別のベクトルでシロについて衝撃を受けてましたね……

大分慣れてきていた学生二人に、面倒くさいと思わせる引き出しをまだ持っていたとか、凄い。

彩花が「はずかしくて直視できない」というのも納得の様相ですが。うん、すごいわ……真似できない。




ぼんくら陰陽師の鬼嫁4

ico_grade6_3h

「わたしねえ……お義母さん大好き」

 

ぼんくらながらも陰陽師としての活動をしている皇臥。

退魔の式神が祈里だけでは心もとない。……というか、祈里は芹至上主義だから、皇臥を見捨てる可能性が捨てきれない。

故に新しい十二神将を作ろうか、と考えているようですが。動物形態をシマエナガにしようとして既存の式神たちに散々言われている場面には笑ってしまった。

一時の流行で、形を決めるな! と。ここまで思考がハッキリしている式神を作れる辺り、こっち方面に秀でてるって言うのは確かなんですねぇ。

 

得意先の紹介で、出張祈祷に出かけて。

それ自体は問題なく終わったものの、突然の雨による土砂崩れで、帰路を塞がれ近くの宿で一泊する事に。

そこでは、霊的なトラブルが起きていて、解決の為に降霊会を行わんとしていて。

鳴り物入りの術師には、見鬼の才を感じず……怪しんでいたりしました。さらには、その主催に元北御門の門人も居て、もやもやする場面もありましたが。

                                                                                                                              

知人を見つけてまとわりついている護里が可愛かった。

史緒佳との関係もなんだかんだ良好ではありましたが……かつて、同じように可愛がられていた相手と遭遇して。色々と感情を揺さぶられていたようですが。

あらすじからすると、もう少しギスギスするかと思いましたが、最終的には協力して問題を解決していましたねぇ。

 

史緒佳と芹の関係にも変化がありそうというか……化粧してない芹のために試供品を集めてくれてたり、と史緒佳もなんだかんだ芹に甘い。

ここの嫁姑はどっちも不器用で、見ていて微笑ましい。嫁姑は良いですが……夫はもうちょっと頑張れ。服装を褒めようとすれば式神に先を越され、嫁の大好き発言は姑に向けられて……

ちゃんと依頼を受けるようになって、当主らしくはなったかもしれませんが。もうちょっと夫としてな、うん。



ジャナ研の憂鬱な事件簿4

ico_grade6_3h

 人はキマイラだ。身体は一つでありながら、決して両立しない二つの意思を抱え込むことがある。どちらが真実、というわけでもないのだ。愛しながら憎むし、沈黙しながら叫ぶ。

 

いやぁ、容赦ないわ……

って言うのが正直な感想。相変わらず苦い展開が多いと言いますか、傷口に塩を塗るような容赦のなさがあると言いますか。

1話「金魚はどこだ?」、第2話「スウィート・マイ・ホーム」、第3話「ジュリエットの亡霊」の3話を収録。

 

第一話は、ジャナ研の隣に部室がある写真部で起きた騒動を解決する話。

良太郎と同じ部活の由香子は、強い。「その時が来たら、誰だって、戦うべきよ」と言って。

それを実践し続けているんだから、強いというほかない。

自分で選んだことならば、諦めるな、と。それを強いるだけではなく、ちゃんと出来る限り協力するというあたりも、流石と言うほかない。

 

1話は、謎解きがうまくハマった感じではありましたが。

……2話、3話はまた謎が解かれても救いがないというか。

真実を公言するのを啓介が躊躇する気持ちも分かってしまうなぁ。

真冬がかつての出来事から、いなくなるまえの対話を望む気持ちも分からないではないですけれど。

 

2話の件に関しては、啓介の肩を持ってしまうなぁ。                   

家族だからと言って、無条件に愛情が湧いてくるわけでもなし。かつてはあったとしても、時の流れの中で、諦めてしまうことだってあるでしょう。

そして下手に手をだせば、状況を更に悪化させる可能性が高いでしょうし。とはいえ、他人の秘密を知って、それを抱えているというのもまた、重荷にはなりそうですが。

 

考えの差異から、啓介と真冬が疎遠になったところで、3話。

ユリの状況もまた厳しいなぁ。努力が実を結び、夢がかなう。それは絶対の事ではないけれど。これまで積んできたものを他者に台無しにされるのは、辛い。

啓介がどんどんと追い込まれている、と言いますか。真冬との関係に答えが出るのかとか思っていたら、それどころじゃなくなった感。



ダーウィンズゲーム15

 ico_grade6_3h

「情報は使ってこそということです」

 

圏外村を訪れたリュージに、エイスのジャケットを来た男が迫り……

銃撃を食らって、コレは死んだかな、と思ったものですが。

スイが異能で、体内に干渉し取り急ぎの治療を終えていました。

……逆に言うとスイが居なかったら死んでたよな、というあたり綱渡りでありました。

 

オマケに犯人見つけるところまでスイがやりのけて、決してマスコットキャラじゃないと証明してくれましたね。

いや、マスコット扱いしてたのはシュカですけど。

あと圏外村のエピソードでは、トワが「運命の分岐点」の説明をしてる場面が和んだ。

いじわるして足をひっかけるトワと、こけたスイのイラストが可愛かった。

 

そして、次なるDゲームのイベントが迫っていて。

これまでを茶番と言ってのける、力を入れたイベントになるようですけど……嫌な予感しかしないなぁ。

実際、モクレンたちがカナメとシュカが死ぬ未来を見て、それを変える為にまた色々と手を打ってましたが。ハンティングゲームと違って、先に情報を得られる、って言うのはやはり強いなぁ。

 

懲りずに反乱を企てようとして、それが失敗に終わったテミスの顔芸も笑えましたね。

意外と芸風広いのでは? 特権の全容をレーベンズに明かす事になり、もう打つ手なしかな……
リアクション芸人として強く生きて欲しい。

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 1

ico_grade6_3h

「あんなものは塵芥だ」

 

魔術師の極致、魔王。

13人いる魔王の一角が欠け、その遺産がオークションに懸けられることに。

悪友に誘われて、そのオークションに足を運んだザガンは、美しい少女と出会い……彼女を全財産で落札。

 

口下手魔術師と、奴隷少女の微妙にすれ違っているやり取りが微笑ましいというか。

ザガン、凄い不器用なんですよねぇ。

単純に一目惚れした少女を、他の相手に渡したくなかったから。

そしてその後は、仲を深めたいと思っているのに、上手く言葉を伝えられずにいる。

けれど、悪辣ではないんですよね。その性根を感じてか、少しずつ距離が近づいているのは和みます。

 

原作最新刊でのこの二人の進展度合いとかを思うに、スタートが感慨深い。

オークション参加者のキメリエスやゴメリ、ウォルフォレのカットも中々いい感じでしたし、続いてくれると嬉しいなぁ。



神域のカンピオーネス3 黄泉比良坂

 ico_grade6_3h

「おっ。今の結構いいな。やけにかっこいい感じの見切り方だ」

「おのれ、ふざけたことを言う!」

「そんなことないさ。かっこよく戦えるってのはとても大切だと僕は思うよ。それだけ『正しい動き』をしてるってことだからね」

 

梨於奈との婚約話を進めるために、改めて日本を訪れた蓮たち。

八咫烏の神力を使う者として、日本を離れすぎるのはどうなんだ、とお偉方はご立腹。

気に食わないが、その能力は必要なので、期限を損ねすぎるのも不味い。

そこで彼女に隔意を持つ青年が、ひとつ懲らしめてやりますよ、と息巻いてましたが、あえなく失敗。

 

より凶悪な事態を引き起こして、自業自得ってこういう事かな、みたいな。

まぁ、神様絡みの騒ぎが起きた事で、蓮が能力を公然と使う口実も出来て、婚約話がトントン拍子で進みそうなのは何よりです。

神祇院の本部を見学している蓮が、封印の術式がかかった扉に触れて、手がぴりっとしたな? みたいなアトラクション扱いしていて、ちょっと笑ってしまった。

その後、強化した術式も無効化されてて、当代の術師たちは大変だな……とちょっと同情した。その御仁、常識が通じない神殺しだから、早めに諦めた方がいいよ……

 

ここで力を見せれば神祇院の人達は「忖度」してくれるよねぇ?

と、圧をかける蓮は、護堂とかよりも上に立つことにためらいがないというか、使えるものは何でも使いますなー。

作中に時事ネタ織り込んでいる辺り、作者的にも思う所はあったのでしょうか。

 

神様との戦いには横やりが入り、新しい権能を得ることはかないませんでしたが。

……次なる神様の戦いに繋がりそうなあたり、権能増えるのそう遠くはない気が。

ジュリオが、クオレ・ディ・レオーネを使ったりと、懐かしい名前も出てきてそこらへんも楽しかったですねー。4巻も予定決まってるようで、今から楽しみです。



うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4

ico_grade6_3
「ラティナ デイルに贈り物用意したいの」

 

ラティナかわいい。

もうそれだけでいいような気がしてくるシリーズ。

小説版の最新刊とか呼んで、魔人族の食事事情を知っていると「にんげんぞくがご飯がおいしいよ!」って言うあの姿が本当に微笑ましく思えるというか。

 

デイルにありったけの愛情を注ぎこまれているラティナ。

お返しをしたい、とケニス達の手伝いを仕事にすることに。

「ケニス頑張ったら ラティナ追いつくのすごくたいへんだよ」からの「もーっ」が可愛かった。

 

そして、デイルが里帰りする話が出て、ラティナも同行する事に。

4巻では旅の準備をしている所まででしたが、デイルとの旅を楽しみにしているラティナの笑顔が輝いてましたねー。

最後の番外編、ジルヴェスター主導のサーカス誘致には笑った。本当にラティナにファンが多いな……


女神の勇者を倒すゲスな方法5 そして日常へ……

  ico_grade6_3h

「おっと誤解するなよ。リノちゃんの仲直りしようって言葉も、俺の罪滅ぼししろって言葉も嘘じゃない」

 

女神の襲撃を受け、魔王の機転により窮地から脱した真一たち。

最後に打たれた手は真一のトラウマを刺激し、魔界に来ても沈んだ状態でしたが・・・・・・・

それでも、ちゃんと頭を働かせて、自分の望まぬ結末でも見据えた様子は、立派なものだったと思います。

……シリアスモード抜けたら最終的にゲス参謀として策を練るわけですけどね。ギャップがすごい。

 

エレゾニアに対する考察を進め、アリアンの父親と思しき赤き竜の下で真実を教えてもらった。

古代文明に対する考察が概ね当たっていた、というか。真一、本当頭の巡りいいよな……

勇者システムを作り、自身を女神と偽ったエレゾニア。

その鎧のはがし方が、うん、まぁ……女神の自業自得って面もありますが、罠を仕掛けてから行くあたり周到です。

 

これにてシリーズ完結。

後日談をもう1冊出してくれるそうなので、期待して待ちます。

しかしまぁ、後日談まで出せるってことは、ネタがあるってのもそうですが売れてたんだなぁ……とか考えてしまってちょっと世知辛い。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索