気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3.5

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’nRole5 ファイナル・ショウダウン

ico_grade6_3h

ヴェルグ まっ、待て待て。その分量を今からやっていると終電に間に合わんぞ! そしてプレイヤーのスケジュールや執筆時間の事を考えれば後日また集まるという訳には……

GM HAHAHA……朝まで遊ぼ(やろ)うぜ?

フレーズ くっ! GM卑怯! 無事に終電までにセッションを終えることを人質に取るなんて! 鬼!

 

10話「The Rightous Side of Death」と最終話「THE Wrong Side of Life」の2話収録した最終巻。

クルーンが12レベルに上がって、レンドリフトのライフォス神官の中でトップに近づこうとしている……この個性派がトップクラスって、レンドリフト大丈夫かな……

 

ヨミノの故郷で起きた不死の宝珠を巡る騒ぎ。

敵の幹部クラス…四天王は三人を倒したものの、最後の一人と敵のボスには逃げられて。

怪しげな黒い柱が出現したところで、ひとまずは隠れ里に戻ってきました。

そして、この黒い柱の調査に赴くことになったわけですが……「正直正面突破以外に方法が思いつかん!」という事で、スピード重視で突っ込むことに。

 

黒い柱は、不死の宝珠絡みだと思われ、内部には骨でできた建物やらが並び、死にまつわる謎かけやらが仕込まれていましたが。

途中クルーンが謎かけ失敗して倒れたりするハプニングがあったものの、何とかボスまで到達し、撃破。

再生怪人となった四天王と女帝は倒したが、もう一人いた黒幕には逃げられて。

 

……敵が何らかの儀式をしているのではないか、とPCたちが予想を立てて速攻で攻め込んでましたが、まさしくその通りで。

ヨミノの故郷という事で海中を舞台に戦闘をしていたので……最後は空中戦をしたい!と言うGMの思惑もあり、なんと城が浮上するという事態に。

空中要塞探索用のMAPが割と多い分量になっていたようですし(結局使わなかったけど)、このGMって結構こだわりの人ですよね……

どれくらいのギミックが仕込まれていたのか、怖いもの見たさで見てみたくはある。どこかで再利用と化しないだろうか。難しいか。

 

帝国内でのポジション的にヨミノが予想外のところに落ち着いていましたが……クルーンには、彼女が暴走しないようによく見はってもらいたいものです。

好き勝手暴れている、人蛮混合のチームでしたが、そのぶれないスタンスは見ていて楽しかったです。次回作も期待。



断章のグリム2

ico_grade6_3h

『急いで追わないとあの子のついた火葬場――』

『とんでもないことになるわよ』

 

神の悪夢を巡る物語に巻き込まれた蒼衣。

神狩屋から事情を聴き、色々と踏み込んでいってますが。

事情を聴いた翌日。蒼衣の自宅に雪乃が訪れて。

同じ泡禍に遭遇するんだから、少しでも一緒に行動したほうがいい、という合理的な判断です。

 

そして、事態は静かに……けれど確かに進んでいって。

蒼衣の前に異形が現れたりはしませんでしたが。

以前に遭遇した異形の正体が発覚し、その妹が蒼衣のクラスメイトという事情が発覚。

彼女の抱えていた事情なんかも描かれていましたが……

母親が離婚し、虐待されていたとか。逃れられず、囚われたままだった、と。

 

予言された泡禍「灰かぶり」……シンデレラに重なるところがある、彼女の現状。

そんな状況を知ることになったのは、件の母親の葬式の場で。

調査の一環として雪野たちも近くに来ていましたが……そこで、雪乃の断章の一部でもある風乃が登場。

本格的に事件が進行していくのは次回以降に持ち越し、という感じですね。今回は情報の整理がメインで、結構静かな巻だったと思います。

ここからどんどん転がり落ちていくんですけどね……

 

セーブ&ロードのできる宿屋さん3

ico_grade6_3h

「いやいやいや。こないだ修行中に『なんか視界の端に人影が見えた気がしたから狐かと思ったけど、気のせいみたいだ』ってありもしない幻覚見てたの、お前のせいだろ?」

「……『今回は協力して修行にあたる? 嘘だ。絶対協力するフリして、闇討ちで俺を殺す気だろ。知ってる』って猜疑心にまみれた思い込みをしていたせいで、なかなか修行に入れなかったのは『はいいろ』のせいだと思う」

 

アレクがまだ、チートスペックなキャラで無かった(セーブは出来たからチートキャラではあった)ころを描いた過去編『ヨミの回顧録作成』。

「輝く灰色の狐団」というかつてあったクランと、そこにいたヨミの両親たちの話。

賑やかで騒がしくて、けれどどうしようもなく物騒で……逃れようのない罪が染みついた場所でもあって。

アレクの修行が過酷なのって、絶対にこの時の経験が影響していますよね……いや、彼の性格的な要因も多分にあるとは思いますが。

 

そのほか『コリーの聖剣修理』と『オッタの『奴隷』購入』の三話収録されております。

「瀕死の状態から二秒で元気になってください」「ご自分の言葉に不自然さとかは感じたりされないんスか?」「感じません」

ってやり取りがあったりします。えぇ、つまりいつも通りの修行風景ですね。

ただ、コリーの方はアレクに振り回されるいつもの宿泊客の方々、って感じですが。

 

オッタは元々奴隷として過ごしていた経験もあってか、価値観が独特なんですよね。

アレクの修行を「死んでも生きるから、安全」と言ってのけたり、地獄の豆修行を行った後に食事をする気力が残っていたりするあたり、これまでのメンバーとはひと味違う。

アレクとオッタのコンビに振り回されているホーがとても可哀想な感じではありました。

あと、アレクのところのブランの危うさも描写されてましたね。アレは怖い。

 

 

かわいいひと4

ico_grade6_3h

「花園さんのこともっともっと知りたいです」

「俺のことは日和さんが一番よく知ってる」

 

花屋は繁忙期と閑散期の差が激しいとかなんとか。

そんな中、定休日に日和の家に行くことになった花園。

足のケガも復調しているようですが、ご家族が居ないこともあって、日和の家にお邪魔して食事をすることに。

 

日和がバレエをやっていて身体が柔らかいとかって話をして、逆に花園の方は全く曲がらないくらいの堅さ。

柔軟の補助をしますよ……と言って背中に回って和んでる日和が可愛い……本当に彼女花園の事好きなんですねぇ。

 

花園母の誕生祝を日和と選んで一緒に渡したり。

日和の父親にもご挨拶をしたりと、二人のペースでしっかりと前へ進んでる二人は幸せそうでいいですねぇ。

花園の死神スマイルに日和父が圧倒されているのが、他人事なので笑えた。「親父は相当ビビってる」が「母さんはちょっと面白がってる」という兄の評価通り、で微妙に噛み合ってない感じがまた楽しい。

和馬と笑顔の特訓したり、手紙を渡してみたりとしてましたが微妙に失敗してますし。

いや、花園が必死に交流しようとして、それが日和父に通じたからこそ楽しかったとか言えるんですがね。

 

 

魔王の秘書

ico_grade6_3h

「人間よ 生け捕りにされ魔王の城へきて 命が惜しくば何をすれば良いか……わかるな?」

「…身も心も魔王様に捧げ 人間の知識を魔王軍のために使う…」

()

「頑張って世界から人間を根絶やしにしましょう!! 私以外の」

「お主 物わかり良すぎじゃない!?」

 

拉致されて、逃げ場のない魔王城へ連れてこられた某先進国で秘書をしていた女性。

彼女は、そこで魔王の秘書として働くことになりましたが……職務遂行能力が高すぎるというか、職業意識に優れていると言いますか……

「魔王の秘書」になるからには、それにふさわしい態度で臨むと言わんばかりの勤務っぷりに思わず笑ってしまう。

 

高レベルの魔物を勇者の故郷へ直行させて、勇者を沈める。他の国からの援軍は毒や混乱能力を持つ魔物で足止めする……などなど策を練り、上手くいけば三日で世界征服できますとプレゼン開始するとか、容赦ないわ……

農業地帯に疫病を仕込む長期的なプランまで即座に披露してみせて、魔物たちに「人間側への同情を禁じ得ない」と思わせるあたり、恐ろしすぎる……

 

秘書の存在によって魔王軍は改革が進み、どんどん強化されていきますが……

一方で秘書が元々所属していた先進国は、王様はダメダメな存在で、秘書がビシビシ取り締まることで何とか形保っていた感じがあるようで。

ストッパーが居なくなった途端、好き放題紙初めて、この国の人たちもまた大変そうだなぁ。秘書の存在がトラウマになっていたので、眼鏡をかけた女を全員首にするとか言い始めて横暴っぷりが凄まじいことに。

これ、魔物側が手を打たなくても勝手に自滅する国の先陣を切ってくれるんじゃないかな……

 

こん棒さばきが上手そうだが……レイピアを扱う方が性に合っているトロールとか。

洗脳作戦を練っていたはずが、アイドルグループを作って金を巻き上げる方向になっていたりとか。

魔物たちのコントじみたやり取りが、とても楽しい。

魔王からして、「くそっなぜだ!!(なぜ人間が魔王に魔物の事を説いているのだ…)」と秘書にやり込められることが多いですからね。笑う。

 

モノトーンミュージアムRPG スーパシナリオサポートVol.1 絹割きは聖夜に舞う

ico_grade6_3h

「憎しみを理由とするのは容易かろうさ」

「お前がそれを信じるのならここで物語は終わりだ」

 

御標が下される左の地を舞台にする、モノトーンミュージアムRPGのシナリオサポートです。

このシナリオサポートのテーマが「聖都」だそうで、

演目も聖都を舞台としたものが二つ収録されております。

 

表題の「絹割きは聖夜に舞う」はかつて聖都で起きた惨劇『絹割きの夜』の亡霊が蘇る演目。

もう一つの「火刑来たりて救済の」は、PC1が異端の魔女だ、と断罪する御標が下りPCたちが対応に追われる演目。

演目の頭に、シーンを抜粋した1Pマンガがあって、このシナリオもやってみたいなぁ、とか思いました。

モノトーンは参加したこともないので、ルール的な部分把握しきれてないのが正直なところなんですが。

 

巻末にはボスキャラテンプレートや、エネミーのデータ。

聖都に関する解説記事が掲載されております。パーソナリティーも追加されてますね。

左の地の世界観が結構好きと言いますか、「名所解説」のコラムが心躍りますね。

記録書院とか、掲載の演目中にも出てきましたが、情報の出どころとして便利そうだなーとか、色々思いましたけど。

 


佐伯さんとひとつ屋根の下 I‘ll have a Sherbet! 1

ico_grade6_3h

「おもしろくなってきたわ」

「……」

おそらく彼女は僕の問題定義に耳を貸すことはないだろう。

 

小説家になろうの書籍化作品。

書籍の副題になってる『Ill have a Sherbet!』の方がなろうのタイトルですなー。

カクヨムの方でも連載して、そっちで特別賞を受賞したそうですけど。

WEB既読で絵もいい感じだったの購入。

 

高校二年生の春、一人暮らしを始めるはずだった男子学生弓月恭嗣。

不動産屋の手違いで、同じ部屋の契約をしてしまったという少女佐伯貴理華と同居を始めることに。

 

不動産屋は、手違いなので責任を以て別の部屋を探すと言って、この部屋にどちらが入居するか当事者同士で相談してほしいとは言っていたみたいですが。

新生活を始めるシーズンにまともな部屋が残っている保証もなく。佐伯さんの方が、「いいことを想いついた」とルームシェアを提案してきて、お互いに実家に頼れない状況もあってなし崩し的に同居が始まるわけですが。

 

自由気ままな佐伯さんに弓月君がかなり振り回されてますが。

何だかんだでいいコンビな感じもしますがねー。

弓月君の元カノ、宝龍さんの独特の感じも好きです。


 

ソード・ワールド2.0リプレイウィアードテイルズ 消えゆく街の異界譚

ico_grade6_3h

カトランズ 罪は功績によって許されるものではない。――贖って許されるものだぞ。

 

第四話『墓守の願いとその答え』、第五話『偽りと企みと真実と』、第六話『願いは、自らの手に』の三話収録。

増殖都市ネスカザラの物語の完結巻です。

冒頭の四話からしてレインの「一人では死にたくない」という願いを叶えるために魔神が動くエピソードなので不穏ですな……

 

途中で事故ってかなりドタバタしてましたが。

それを即物的な願いで解決しようとして、ネタかぶりを気にした魔神がさらっと解決するというコントじみた一面が。

……ネタ被り気にする割に、直接現金郵送パターンは経験してなかったのか……

いや、後のエピソードで別のところで痛い目見てる御仁いましたが。まぁ、アレはなぁ……

 

魔神の願いに振り回される内に、ネスカザラの成り立ちやあの魔神はいったい何者なのか、と言った情報も出てきて。

当代の領主も、手を打っていないわけではなく色々動いているようですが……三百回目のネスカザラの創立祭で何かが起きそう、とPCは調べに回ってます。

……メタなこと言えば、シナリオ中でそうホイホイ関係ないイベント起こしてられませんしね……

 

最終的に、何とか領主と連携し、魔神という強大な相手と戦うことになっていましたが……

負けてはいけない上に、環境が特殊なため、完膚なきまでに打ち負かすことも出来ないという状況で。

何とかうまく着地させたんじゃないかなぁ、という感じです。ネスカザラの今後はかなり大変な事になりそうではありますが。PCたちが連携していけば、乗り越え……られるといいなぁ。……途中で事故ってた辺り多少の不安は残りますが。

ま、なんとかなると信じましょう。えぇ。

 

魔術師たちの就職戦線2

ico_grade6_3h

「……そういうのは、ずっとまじめに勉強してきたヤツが出るもんだ。おれみたいな素人同然の人間が出たんじゃ相手にも失礼だし、クラスにも迷惑かけるだろ」

「キミ、妙なところで真面目だよね」

「妙なところじゃなく、基本的に真面目なんだよ、おれは」

 

前回はあまり出番がなかった少女、佐原閑丸。

彼女がユキナリに興味を持って距離を縮めてきます。

現状、一番ヒロインっぽい立ち回りをしているんじゃなかろうか……

将来を見据えて、自分の手札を隠しながら過ごしている点とか、状況を見極める目とか結構安定しているので、見ていて安心できる。

コレが香織里だと、ユキナリ絡みのネタですぐに視界狭くなるから不安になるんだよなぁ。

 

そして今回は、対抗戦というイベントがメイン。

年二回、夏と冬に行われているというクラス対抗戦。

クラスの代表として三人選出し、他の組の代表と戦うというイベント。

朱雀組は実力的に、香織里、ミオ、マルコが選ばれるところですが……マルコは手札を晒したくないと辞退して、ヤマザキがノリノリで推薦したこともあって、ユキナリが参戦する事に。

 

ヤマザキに特訓をつけてもらい……昨年香織里が去年引き分けた相手、金剛寺と戦う事になったユキナリ。

体格に優れ、術で防御力を上げている相手。対しユキナリはまだ術の引き出しが少なく、自分の身体を鍛える程度しかできない。

そもそも霊力の総量が少ないので、強化すると言っても限りがある。普通なら勝ち目があない感じですが……

 

一か所に攻撃を集中させ、少しずつダメージを蓄積させて倒す、という何とも泥臭い戦法で勝利。

いや、けどスペックで上回っている相手、一撃でも相手の本気の攻撃を食らったらアウト、って言う状況で地道に攻撃を当て続けられるユキナリの精神的なタフさは相当なものですよ。

これで、霊力の扱いにもっと慣れて行ったら相応の術師になれるんじゃないだろうか。

まぁ、それ以前に彼の場合、何やら秘めた力があってそれ絡みの騒動に巻き込まれる予感しかしませんし、相応の力量を身につけなければ死ぬんじゃなかろうか。



教えてFGO! 偉人と神話のぐらんどおーだー

ico_grade6_3h

(だからこの問いかけの答えは言葉ではなく 

きっと態度で返さなければならないものだ)

(いつか逃げられない時が来ると これはそういう戦い何だと

 お伽噺の彼らの 曲がりくねった優しい忠告)

 

FGOのマスターの数だけ存在するカルデアのIF……

歴史がさっぱり出来ない(社会の成績が5段階で2)マスターぐだ男が、英霊本人やマシュ達に、「一体あなたはどんな英霊ですか」と教えてもらうエピソードがまとめられています。

今回収録されているのは「アーラシュ」、「清姫」、「マルタ」、「坂田金時」、「レオニダス」、「アン・ボニー&メアリー・リード」、「アステリオス」、「カーミラ」の8人。

 

中々わかりやすい感じでまとまっていますので、この調子で他のサーヴァントたちの特集もしていってほしいものです。

……が、続刊が出たとして、1巻で8人ってことは現状居る鯖だけでも20巻分近くいくんだよな……掲載中に鯖増えるだろうから、エンドレスだよな……

 

まったく知識が無いぐだ男に対して教えていく、という形なのでかなり説明も簡易だったり、マシュの独特なイラストが交えられたりしてますが、所々でネタも挟まっていて、読んでいて退屈はしませんでした。

アンとメアリーのエピソードの最後の4コマが結構好きです。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索