気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3.5

その無限の先へ6

ico_grade6_3h

……ふざけるな。認められない。そんなことは断じて認めない。誰がそう思おうとも、自分だけはそんな評価を下してはいけないんだ。自分の限界を知りたいなら、つらくても前へ進め。理想の自分を描いて、それに向かえばいい。限界がこんな低い場所になどあるものか。僕の限界がこの程度だと認めてたまるものか。

 

遂に始まった、最高難易度の昇格試験。

8人の仲間が集ったものの……第一試練は一人ずつの挑戦。

綱はまた鬼難度のところに当たってましたけどね……いや、綱ホント一番難易度高いコースに当たってるんじゃないですかね。

鉄球の間はガウルのとこより難易度高かったらしいですし。

 

ユキがどんなルート通ってきたのかが気になりますなぁ。第二の試練は臓腑の間だったらしいですけど、詳細不明ですし。

WEB版のファンクラブでの会話にあった溶解シーンが多分ここだと思いますが。

「何度も死ぬのが当たり前の難易度」なのではないか、とかつてユキはそんなことを言っていましたが。

今回彼らに課されたのは、まさしく何度も死んで、何度もやり直し、最適解を求めていくようなやり方で。

 

この試練のボスであるリーゼロッテは、最終試練まで到達するのは、綱とユキ、サージェスの三人だけと予想していたみたいで。

実際、摩耶なんか途中で心折れかけてましたからね……

それでも彼女の工作なんかもあり、負けず嫌いだった連中が、遅刻はしても決戦の部隊まで駆けつけてきたのは熱かった。

 

今回はサージェスとフィロスの視点がそれぞれ描かれていましたが。

綱以外のキャラも魅力あるので、こういう感じでまたこういう感じで描いてもらえないものですかねぇ。

そして、書籍版の追加要素として、綱の過去の記憶の断片が描かれていましたが……

得体のしれぬブーストかかっているとはいえ、やっぱり綱自身がバグキャラなんだな、と言いますか。未来の断片すら見てましたが……

凄い魔法使いが不吉な予言下してたので、ちょっとそこは気になりますねぇ。

 

ミステリーズVol.80

ico_grade6_3h
「他人の恋よりも、わたし、マカロンに興味津々なの」


懐かしの小市民シリーズの短編が掲載されるという事で。
その為だけに買いましたよ! 通常配本なかったので追加で注文出しました。
収録は『巴里マカロンの謎』。
時期としては高校一年の秋という事で、時系列的に最新のエピソードではありませんでしたが、相変わらずの二人の様子が見れただけで満足です。
 
快速電車に乗れば、20分で着くから、と名古屋に連行された小鳩君。
互惠関係に則って、フォローを小佐内さんにしてもらったお礼返し、という流れのようですが。
新しくオープンするお店に行って、新作マカロンを食べるとのこと。

セットで突いてくるのは3個、限定フレーバーは4種。持ち帰りはやっていない……だから小鳩君を連れてきた、とのこと。

相変わらず甘味については熱心だなぁ。読んでるとちょっといいとこのケーキとか食べたくなります。

 

そうして辿り着いた店で、二人がちょっと目を離した隙に、ティーセットに3つついてきているはずのマカロンが4つに増えている、という謎と出くわして。

マカロンが1つ増えた、というだけの謎でもこれだけ読める話に膨らむもんなんだなぁ、と変なところに感心してました。

小市民二人のやり取りは、お互いのスタンスを分かってるから、流れるように進むので、読みやすいですよねぇ。

懐かしくなって、読み終えた後、思わず既刊読み返しちゃいました。冬期限定はでないのかしら……

ミステリーズ! vol.80
米澤 穂信ほか
東京創元社
2016-12-12
 

 

ワールドトリガー17

ico_grade6_3h

「実力が大差なければより準備をしたほうが勝つ それだけの話だ」

 

長期休載に入ったので、コミックスはどうなるかなぁ、と思っていたので無事に出たのでほっとした部分が無いとは言いませんが……

単行本化作業で無理してないか、は心配ですねぇ。

 

今回はラウンド5の決着と、ラウンド6前の作戦会議まで。

柿崎隊・香取隊との戦いでは、玉狛の新戦法がかなりうまくハマっていて、上位にいた隊員に「このコンビは強い」と思わせるまでになったか、とちょっと感動しました。

弱点は多い。修のトリオンの問題とか、千佳が人が撃てないこととか。けど、対策を打って、前に進もうといしている姿勢は、やっぱり主人公チームだよなぁ、と思います。

 

香取隊の隊長とオペレーターの過去編が挟まれましたが……。

第一次侵攻での被害状況が中々凄まじいですね……。これはあちこちで家族亡くしているキャラがいるのも納得の災害。

そして、ガロプラ撃退した後だとはいえ、試合結果出たら即座に閲覧してる嵐山さん。それを聞いた木虎が「当然でしょう あの舞台の能力を活かせばそのくらい」とか言ってる辺り、彼女も素直じゃないというか。

そして地味に二宮さんも見てるって言うね……というかその結果通知はなんだろう。ボーダー隊員用の情報共有アプリでもあるの……?
 

ヒュースを玉狛第二に入れる為に、修がまた幹部との交渉のテーブルについて。

……彼、今期結成されたばかりのB級部隊の体調のはずなんですが、なぜこうも頻繁に上層部に関わっているのやら。

そして「お互いの目的を優先して、それを果たした」って裏側の事情を理解した上で飲み込んだ交渉をまとめてしまう中学生とはいったい……

カバー裏は香取隊でした。あと雷蔵。
それぞれの想い人とかの情報とか乗ってましたが、見事に噛み合ってないな……
隊員間で、誰かが誰かを好きだ、って言う描写はちらほら見られますが、はっきり付き合ってるキャラってそういえば出てこないですよねぇ。

 
続きを読む

ぼんくら陰陽師の鬼嫁

ico_grade6_3h

「わかった、結婚する」

出逢って十数分。浪漫も風情も情緒もない無味乾燥なプロポーズはこうして受諾される。

(略)

「それでは……我が家にご案内しよう、我が花嫁」

 

何かと不幸に見舞われる体質の野崎芹。

ついには住居が火災に見舞われ、家なき子に。築年数が長く、ボロかったため家賃が安かった。

この機に建て替えて、その場合は優先的に部屋を貸してくれる……と大家さんは言ってくれたが、直近でバイトも首になり、経済的に見通しが立たず断念。

 

公園で黄昏ていた彼女は、通りすがりの陰陽師に唆されて、その手を取ることに。

いやまぁ、唆されてってのは語弊ありますけど。ちゃんと交渉して、条件に納得した上で契約しているわけですし。

……まぁ、相手が陰陽師だと明かしていなかったのは確かなので、ちょっと騙されていたのは確かですけどね。

それでもメリット・デメリットを計算して受け入れる辺り芹もいい根性してます。

 

ビジネスライクなスタートを切った二人の関係ですが、これが中々いい感じにはまっていて。

会話の調子なんかもそうですし、読んでいて楽しい二人ですね。

陰陽師と言うだけあって式神を連れているんですが、彼ら彼女らもまた個性があっていいです。可愛い。

 

芹の夫となった北御門皇臥。

彼は本来家を継ぐ予定のなかった次男で、才能が偏っているとか。

特にお祓いなんかは苦手ジャンルとかで。……家を絶やすわけにもいかず当主をやっているというけど、それは大変だろうなぁ、という感じですが。

今回は何とか、呪詛系の依頼を解決できましたし、手札も増えましたが、いつもこう上手くいくとは限らないだろうし、先行きはちょっと不安。

ただ、この夫婦の関係は好みだったので、次にも期待。

 

 

Know

ico_grade6_3h

「ただ、せっかく生きているのだから」

(略)

「せめてその生は幸せでありたいものだな」

 

「情報材」や「電子葉」の開発により、情報化が進んだ社会。

特に電子葉は移植が義務付けられるようになったため、容易く検索などが出来るようになった。

わりと読みやすいライトなSFだと思いましたよ。SFそのものを数読んでるわけではないんですが。

 

主人公は、情報庁で働く官僚。ある時、恩師が残したコードの中に暗号を見つけて。

物語的にはそこから動き出した、と言うべきなんでしょうが。

その暗号は「14年前」に仕込まれた者で。そこに至るまでの道もある意味では既定路線ではあったわけですが。

14年前に失踪した恩師、残された暗号、託された者。

そこから巻き起こる数々の騒動と、最後に導かれた答え。

 

物語の本筋にはほとんど関与してないけど、三縞副審議官がいいキャラしていて好きです。

連レルの「僕が触れたら、きっと汚れる」。汚れたらもう落とせない「だから最初から触っちゃいけない」という彼女の評価とか。二人の距離感が割と好みでありました。

 

恩師に託された、この物語のもう一人の主役である少女知ルは……

独特過ぎて、評価しがたい。いや、嫌いじゃないんですけどね。

遠すぎて理解できる範疇にないので怖い、というのがまだ正確かな。

実際目的の為には危険に飛び込むことも厭わないわけで。……スペック高いから、並大抵の危機じゃ危機として機能しないって言うのもあると思いますが。

know (ハヤカワ文庫JA)
野崎 まど
早川書房
2013-07-24
 

 

ホリミヤ オフィシャルファンブック10.5

 ico_grade6_3h

「女の子だもんね」

 

10巻と同時発売のファンブック。

巻頭カラーで、人気投票の結果発表されてますが、まさかの井浦3位。

なんだかんだで愛されてるいじられキャラですしね。嫌いじゃないです。

 

それ以外ですと、好きなエピソードランキング。

1位はやっぱり9巻収録の告白の場面。

2位が1話で、3位が宮村が髪を切って登校したときの話。

大体順当な結果に終わってるんじゃないでしょうか。

ちょっと懐かしくなって読み返したくなりました。

 

キャラクターの初期ラフとかも掲載。

特別描き下ろし、メインキャラクターが大体出てくる「とある風の強い日」の話は出番なかった柳がどうなっていたのかちょっと気になる……あと3位なのに井浦いなかった。

……それは割といつもの事か。

巻末のイラストレーションギャラリーがカラーで掲載されていて嬉しかったですねー。



                                                                                      

ホリミヤ10

ico_grade6_3h

「――――ねえ宮村」「私達ずっと一緒?」

「――――ずっと一緒」「ずっと」

 

課題が出たので勉強する面々の話。

宮村と石川は進藤に教わって、由紀とレミは堀と河野さんに教わって。

勉強できない組の未来がちょっと心配だ……

 

クリスマスに思いのたけを打ち明けたというか。

思いが暴走して口走ってしまった感じですが。結婚しようと宮村が言ったことで、変に意識してぎこちなくなっていた二人ですが。

二年参りとかにいって、距離感を修正できたようで。やっぱり幸せそうでいいなぁ。

 

沢田との交流も進んでいて。

輪が広まって、「いつものメンバー」がどんどん増えていくのは青春してるなぁ、と言いますか。

……まぁ、沢田はクラスメイトとうまくいっていなくてちょっと大変そうですが。

まさか宮村が「宮村にはわかんない」「友達いっぱいいるじゃん」と言われる日がこようとは。

彼女の問題が解決したわけではないけれど……その言葉で、宮村は少し救われたんじゃないかなぁ。

 

仙石父と仙石が堀父に拉致られて、堀・宮村と堀家で対面するというよくわからない状況になってるエピソードもありましたが。

「親子そろって拉致られるプロなの?」とばっさり行かれてましたが、なんで父子揃って連行されてるのよ……

仙石父が、仙石の彼女の事を知らずにとても楽しい時間になっていましたが。仲いいな……

ホリミヤ(10) (Gファンタジーコミックス)
HERO
スクウェア・エニックス
2016-11-26
 

 

平兵士は過去を夢見る7

ico_grade6_3h

「俺がなんとかなるとおもってるかどうかなんて関係ない。なんとかするんだ! ナコルル!」

 

未来の剣聖、ハキム・スルト住まうタルズ山脈の山頂に辿り着いたジョン達。

ジョンが経験した未来と同じように、ハキムの磨かれた技を、王国の兵士にその剣技を教えて欲しい、と協力を依頼するためで。

ジョンの父がナコルルを、最初の時間軸よりも早く表舞台に引っ張り出したように、実力者を引っ張り出して、人類の未来を繋げる計画。

 

その為にジョンは、前世で起きた事について隠し事をすることなく打ち明けて。

ハキムは、嘘のような話だが、ハキムの事を詳しく知っている筋も通る。だが、本当にそんなことがあったのか。

それを確かめる為に、ハキムの技をジョンが知っているのかを実戦形式で試すことに。まぁ、そうなるような気はしていましたが。

結果的に、それはうまく行って。……ジョンは一発入れたところで力つき気絶するオマケ付きでしたが。相変わらず締まらない。

 

ジョン達が山中で出会った女性がハキムの孫だという情報も出てましたね。

ここにきて新キャラ登場、ジョンもハキムの血縁について知らなかった……という事で、未来において彼女はジョンと会うことなく死んでいたんですかね。

ハキムをその気にさせたジョンは、王都の闘技大会への出場を彼に進めて。彼自身は下っ端の兵士として、運営側でこき使われていましたがねー。

 

そして、その大会中に、ジョンの知る未来よりよほど早く、魔族の襲撃が始まって。

けれどジョンがナコルルと準備してきた魔道具や、前世の話を聞いていたナコルル、ハキム、そしてジョン自身の尽力もあり、王都を追われるほどの被害は出ずに済んで。

……一方で、対峙した高位魔族には逃げられてしまい、「強力な戦力を確保している」という情報を魔族側で共有されてしまったり課題も残ります。

未来においてジョンが倒していた魔族も無事だったりと、差異も広がってきてます。

 

フランダとその実家が、策略の隠れ蓑に利用されていてとっても危険な状況ですしね。

魔の森でせっかく縁が出来たんだから、できれば彼の家の問題も解決したい……というか潜り込んでいるスパイを上手く炙りだしてしまいたいところですが。

まだジョン達は、魔族のスパイがいるって情報を掴んでないしなぁ。魔族側にも人間を恨む事情があるような片鱗が見えましたが……

他国への襲撃も計画していましたし、相手に事情があるとはいえ、和解してハッピーエンドとは中々行かなそうですが。どんな未来に辿り着きますかねぇ。

平兵士は過去を夢見る〈7〉
丘野 優
アルファポリス
2016-11
 

この旅の果ては、約束と救済と嘘の場所

ico_grade6_3h

「世界を救おうって割りには、お前は少し、甘すぎる――自分の犠牲は厭わないくせに、他人に犠牲を求めるのは極端に苦手なんだな」

(略)

「俺に言わせれば、今のお前の心はミステルにも劣る。そんなんでこの先、お前はやっていけるのか?」

 

「凍り付く灼熱の砂漠」、「自分の影が勝手に歩き回る国」のように物理法則や魔術の法則から外れた、「本当ならありえない事情」が発生するようになった世界。

それらは「逆理」と呼ばれ、どうしようもない物として、世界にあふれかえっていた。

逆理が生まれると同時に世界中の人は、それまでのやり方とは違う魔術を扱えるようになる、という変化も生じていて。

 

そんな世界を旅する、元盗賊のグレイブと記憶喪失の少女ミステル。

ミステルの故郷を探す旅の途上で二人は、逆理をどうにかする手段を持った少女ディアと遭遇して。

それぞれの事情があり、ディアと道を共にして、逆理を収集して回る事にした一行の物語。

グレイブの抱えている物に関しては、今回おおよそ情報出ていますが。続刊するとして、盗賊時代に知り合った相手とか、因縁つけてくる手合いも出てくるんだろうなぁ。

 

そうでなくてもミステルの記憶の件とか、ディアの父親の事とか、明らかになっていない部分もあるので、ぜひ続きでこの伏線を回収して欲しいものです。

変化した世界、特に「逆理」に脅かされる人々は不便な思いを抱いてますが。人の身でどうにかできるものではない、と諦めていて。

或いは、変化した世界で使えるようになった「反霊術」の便利さに、「逆理」発生後の世界を許容する人も出てましたが。

グレイブたちの道中に立ちはだかりそうですが……ミステルの願った「みんな幸せになる」道に辿り着くのは大変だろうなぁ、と思います。どういう答えを出すのかは気になりますねー。

 

セーブ&ロードのできる宿屋さん2 ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~

ico_grade6_3h

「人は死にものぐるいになれますよ。そして、死にものぐるいで行ったことは、だいたい成功するものです」

「しんじゃうよお」

「大丈夫です。セーブはしていただきます」

「しにたいよぉ……」

「人は簡単に命を捨ててはいけませんよ」

 

小説家になろうの書籍化作品。

三章「ホーの借金返済」、四章「トゥーラの近衛兵入隊」、五章「ソフィの『おばけ大樹』探索」の三話収録。

WEB既読で、追加要素がイラストぐらいしか目につかないのはちょっと残念。

文庫版でお手軽だし、イラスト好みだから買いますけど。

 

今回もまた、それぞれに事情を持ったお客がアレクの宿にやってきて。

「修行」という名の地獄を見る羽目になるんですが。

事情があるからこそ、その地獄を見ながらも、心折れそうになりながらも、乗り越えていくんだから「死ぬ気」ってすごい。

 

相変わらず宿の客からの店主評がすさまじいことになってますがね。

「人の道理をモンスターに説くのは難しい」とか「なるほど。もとから狂っていれば発狂しないという、ギルドマスターの見事な判断である」とか。

「彼を人と思ってはならない。人に協力的なモンスターだと思った方がいい」とか。

そのすべてが大凡正しいという時点で、アレクの踏み外し具合が際立つ。

コレで命がどうでも良いとか思っているのではなくて、「簡単に命を捨ててはいけない」とか言うんだからもう……

 

アレクと話していると常識とか色々揺さぶられて、気付くと修行をする羽目になっている……なんて展開もありますが、なんか分かるような気がしますね。

言葉は通じているけれど、意味が通じていないから、よく「会話しているようで会話になっていない」状況になってますし。

アレク、修行重視で人の心が分からないからな……この店主に振り回される宿泊客とのやり取りが独特の雰囲気作ってて好きなんですけどね。

 

 

livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索