気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3

ストライク・ザ・ブラッドAPPEND2 彩昴祭の昼と夜

ico_grade6_3

「大丈夫、大丈夫。服用しても人体に害はないから」

「そ、そうか……いや、だけど……」

「で、せっかくの機会だし。薬を飲んじゃった生徒を見つけて効果を確認しようと思って!」

「罪のない一般生徒を人体実験に使うな!」

 

アニメの円盤特典として発表した連作短編の加筆修正版。

本編の5巻、6巻の間あたりに起きた出来事が描かれています。

十月に行われたフェスタの後、十一月には古城たちの通う学園では学園祭が行われることとなって。

 

古城たちの学園祭が何事もなく終わるとは思いませんでしたが。

学園祭の情報を得たラ・フォリアが見学にやって来て、それを狙った襲撃が行われたり。

お化け屋敷用に準備した幻術サーバーが暴走したり。

一番どうしようもないな、と笑ったのは古城母の職場で作られていた実験薬が誤って出荷され、学園祭の備品に混入。

それが見た目板チョコの媚薬というトンデモな代物で、事情をしった古城たちが回収に走り回っている様子は笑えました。

回収に来たとかじゃなくて、どうせだから飲んだ人を観察しよう! と出向いてきてる辺り深森も神経太いな……

 

ラ・フォリアが古城をからかってなんだかなんだ満喫していた感じはしますが……

同じくらい満喫して、周囲には甚大な被害をもたらした御仁はヴァトラーだよな……何やっているんだ、アイツ……

あそこまで好き勝手やってると人生楽しいだろうな……

 

そして学園祭を描いた番外編のほかに、那月ちゃんの過去を描いた外伝も収録されていました。

魔女の力を得た初期のころは、向こう見ずというか。那月ちゃんにも若い時はあったんだなぁ、という感じでかなり新鮮でした。

内容としては巨大な犯罪組織を一つほぼ一人で壊滅させたという、血なまぐさい感じのアレでしたが。

 

後書きによればAPPENDが続いて出てましたが次は本編が出る予定だとか。

結構気になる引きで終わっているので、本編も楽しみです。



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 兵士の娘Ⅲ

ico_grade6_3

「マイン、今度は何だ?」

「コリンナさんは髪飾りの権利が欲しいそうです。ベンノさん、いくらで買っていただけます?」

 

髪に艶を出す液――こちらの世界での商品名、リンシャンになってましたが。

それの権利をベンノに売り払った事で、マインはひとまず延命できるだけのお金を手にしていました。

しかしまぁ、ギルド長め。金額を低く伝えておいて、「用意できないならこっちで引き取ろう」と考えていたとか、あくどい。

けど、ルッツとかから切り離したらマイン即座に死にそうですけどねぇ。ギルド長の管理下にあったら多分すぐ死ぬ。

 

とはいえ、身食いについて問題が解決していない以上、貴族に買われる未来を選ばなければ、あと一年くらいしか保たないだろうという予想もあって。

覚悟を決めて、判断を下さなくてはならない、と選択を突きつけられていました。

 

それはそれとして、ギルド長の家で数日療養する事になったマインが、多少マシになったからとギルド長の家で料理人と一緒にお菓子作りしたりしているのには、笑ったというか……

ベンノでなくても頭が痛くなると思いますけどね。緊張感が長続きしないよな、マイン……

 

貴族に飼い殺しにされるか、家族と朽ちるか。

その家族会議の場面は、マイン達の絆が伺えて、涙が浮かびましたね……

マインの体力の問題から、ベンノの店の見習いになるのも難があるのでは、とマインが生活する環境について色々話し合いをしていましたが……

洗礼式で神殿に入ったマインが、本を見つけてしまい、暴走。まさかの、神殿入りコースに。マイン、もうちょっと冷静に動こうぜ……

神殿にかなりの魔力がある身食いとバレて、取り込まれそうになりましたが、ベンノからの助言と……マインの暴走、神官長のフォローなどが噛み合って、交渉が進んだのは、幸いでした。


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 兵士の娘Ⅱ

ico_grade6_3

「……だから、オレのマインはお前でいいよ」

 

マインの母と姉は、ルッツを連れて行った面接に落ちてくると思ったようですが。

見事条件付き採用を勝ち取ってきて驚かされることに。

そしてマインは意気揚々と植物紙づくりを始めるわけですが。

 

まぁ、一緒に作業をしている中で「知らない筈の事を知っている」という事を隠し通せるはずもなく。

ただでさえ怪しいのに、「やったことがある」とかマインが口を滑らせまくってるのもなぁ……

植物紙を作り上げた所で、ルッツから「お前は誰だ」と問われることに。ルッツとマインがそれぞれ胸の内をぶつけ合って……ルッツが、変わってしまったマインを、認めてくれたのが、良かったなぁと思います。

ここでルッツという理解者を得られなかったら、マイン死んでたでしょうしね……

 

しっかり紙を作り上げた事で、ベンノに認めてもらえた二人。

紙の完成報告ついでにマインが姉のトゥーリに作った髪飾りをベンノに見せた事で、さらにマインの行動範囲が広がることに。

トゥーリの洗礼式で髪飾りを見た商業ギルド長が、探し求めていたとかで、新しく髪飾りを作る事になったりしてました。

 

ギルド長のところの娘との縁も出来て、そこからマインの病気が身食いであることが確定して。

体内で魔力が増加し、その魔力に食われて死ぬ症状。魔力を扱うための道具があれば、増加した魔力を放出できるが……それ自体が高価なために、魔力を扱えるのはほぼ貴族のみ。

金があれば、延命は出来るが……症状が出るたびに、ポンと出せるような額ではなくて。

最後、マインが身食いの熱の暴走によって倒れていましたが……ベンノの前で、迅速に対応できる状況で、何よりでした。




鬼滅の刃10

ico_grade6_3

「勝つぜ 俺たち鬼殺隊は」

 

貯蔵庫に意識を割いていた堕姫でしたが……

柱が現れた事で貯蔵庫をから離脱。炭治郎が戦っていた堕姫の下に帯が全て戻り強化されてしまい。

炭治郎がかろうじて戦えていたのは異能で意識が散っていたのも大きいのか。

 

それでも、敵が強大でも、退けないと奮起する炭治郎は、なるほど主人公らしいですが……無茶が過ぎるよなぁ。

限界を超え、血の涙を流しながら堕姫に斬りかかる炭治郎。

敵を驚かせる速度・威力を発揮していましたが、倒しきる前に限界を迎えて。

 

兄の危機に禰豆子が飛び出し、上弦も驚くような回復力とかを発揮してましたが。

鬼の本能が暴走仕掛けて、こちらはこちらで大騒ぎ。

駆けつけた天元の助言がなかったら、収まらなかったのでは……

そして、炭治郎が苦戦していた堕姫の首を簡単に切り落とす辺り、さすが柱というべきか。

 

とはいえ、上弦はそうたやすい筈もなく。

首を切ったのに堕姫は体が崩れず。……体に同化して隠れていたと思しき、新しい鬼が現れて。

堕姫の兄鬼。妹より数段強い鬼で……兄妹、二人で一つ。つまり、この鬼を倒したかったら兄と妹の首を同時に切り離さないといけない、という無理ゲー。

炭治郎達が残ってて良かったな……天元一人じゃ手が足りないだろう。

……いやまぁ、柱を殺している相手に炭治郎達がどこまで食い下がれるかが肝になりますけど。

 

合間の千寿郎が可愛かった。

あれから炭治郎と文通しているとかで、伊之助と善逸が面白くて好きだとか。

巻末の伊之助の過去は……うん、まぁ、彼らしいエピソードと言いますか。うん。



鬼滅の刃9

ico_grade6_3

「恥じるな」

「生きてる奴が勝ちなんだ 機会を見誤るんじゃない」

 

俺は神だ、お前等は塵だとか言い始めて、天元さんノリノリである。

炭治郎がひるまず「具体的には何を司る神ですか」とか真面目な顔で聞いてる所でもう腹筋がヤバい。

善逸が天元をやべぇ奴だ、質問した炭治郎をとんでもねぇ奴だと内心でツッコミ入れてるのもポイント高い。

 

鬼を探しに行く場所は遊郭。

既に天元の嫁が潜入していたが……定時連絡が途絶えたため、足を運ぶことにしたとか。

以前に客として捜査しに行ったときは尻尾を掴めなかったから、嫁たちにさらに内部に入り込んでもらっていた、と。

そしてその内部に入り込んだ嫁を探すために、炭治郎達も女装して店に潜入……ってよくそんな雑な女装で潜り込めたな炭治郎たち……

 

捜査している中で善逸も消息を絶って。

天元は炭治郎達を帰そうとしましたが……聞き分けず。それぞれに動き始めて。

まぁ、天元が情報を集めている間に鬼と対峙して時間を稼いでたから決して無駄ではなかったですけど。

上弦の六を一人で相手取る事になった炭治郎の安否が心配です。

 

自分は水の呼吸を使いこなせない、と認めヒノカミ神楽に活路を見出した炭治郎。

威力が出る半面連発できなかったのを、特訓で意地出来るようにして、何とか戦えていますが、劣勢。

伊之助は敵の異能で人を捕えていた場所に辿りつき、戦っていますが……こっちに戦力偏りすぎてて、炭治郎死ぬのでは? って勢いで思わず笑ってしまった。

いや、笑えるような状況じゃないけど。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 4

 ico_grade6_3

「唐突ですが――僕は君の事が好きです」

 

少し離れていたものの、元に戻った二人。

まぁ、問題を乗り越えた事もあって仲は深まった、のかなぁ。

弓月君が少し内心を打ち明けるようにはなったでしょうか。

佐伯さんが弱気になっていたのを励まして、傍にいると理解して調子を取り戻すあたりはもう……ごちそうさまです。

 

ああいう事があっても桑島先輩との交流が続くあたりお人よしというか。

いやまぁ、あっちにも事情があったとはいえなぁ……

弓月のお節介で収まるところに収まったのは良いことなんでしょうが……ここに収まるんだったら、他所のカップルに変なちょっかい出してくんなよ……という想いも少し沸き上がります。

 

弓月君の家の事情も明らかになりましが……

よくもまぁコレでちょっと荒れて、元通りになったというか。

普段通りに接することが出来るものだなぁ。この辺りの割り切りが出来るのは悪いことではないでしょうけど……割り切りすぎてるのが問題ではあるのか。

弱音を吐ける相手がそばにいてくれたのは、良かったですかね。



ロクでなし魔術講師と禁忌教典11

ico_grade6_3

「グレン先生。頑張ってください。……学院の皆が、貴方に期待しています」

総力を決し、フェジテに訪れた災厄を乗り越えたグレンたち。

しかし、それによって富国強兵の流れが起こり、アルザーノ魔術学院にも変化が。

学院長の交代、武に重きを置きまくった教育改革。

グレンはそれに異を唱えて。先の失態で左遷されてきたイヴと協力して生徒たちを鍛え直すことに。

 

グレンの知識によって、土台は出来上がっていた生徒たち。

一度は手早く戦闘技術として習熟していた、『模範クラス』との戦闘で一敗地に塗れたものの、強化合宿によって見返してやったのはスカッとしましたね。

まぁ、多少戦えるからって増長しまくってる奴等ばっかりだったからな……

 

生徒たちは、グレンの指導によって知識を深め手札を増やした。一方で、新学院長マキシムの肝入りの生徒たちは、ある程度の手札を使いこなすことを重視していた。

判断の速度で劣っただけで、スペックが劣っていないのだ、と。イヴがちゃんと言葉を尽くしてくれたのが良かったですねぇ。

 

それだけではなく白猫の個別指導に関してもイヴが活躍して。グレンがこれまで積み上げ来たものを無駄にしないで先に進ませてくれた辺り、意外とイヴ教師向いているかもしれませんねぇ。

左遷という形ではありましたが、少し前までの重圧から解放されたって言うのが大きいのかなぁ。グレンとキーキー言い合いしてるのを見てルミアとかが衝撃を受けてましたが、意外と相性悪くないんだな、この二人。まぁ、元々イヴ、グレンを意識しすぎな部分ありましたね……

今回の騒動の中でグレンが禁忌教典に近づく情報を獲得していましたが……色々と動いている状況ですから、また厄介事に巻き込まれていくんだろうなぁ……




ラブ・ファントム7

ico_grade6_3

「昨年はお世話になりましたっ」

「本年もよろしくお願いいたします!」

 

百々子の勤務先で行われているフェア最終日。

怪人が応援に来てましたが……さっき来て説明聞いて、即座に仕事に入れる辺り怪人のスペックの高さよ……怖い……

スタッフがチャイナ服とか着て対応していて……それを隠し撮りするお客さんも。

 

居るんだよなぁ、こういうの。スマホ全盛期ですし。

勤務先の書店でも、地図ガイドとか写真に収める人とかいて、注意すると「これぐらいいいじゃん」とか言い始める輩。良くねぇから注意してんだよ。

 

閑話休題。

相手の言い分に頷きながらも「重ねてお願い申し上げます」といえる彼女強いなぁ。

あの場面はちょっとスカッとしました。それでもゴタゴタ言ってた御仁を怪人が連行していってオチついたのもいいですねぇ。

 

月見酒したりクリスマスを祝ったり。

二人が相変わらずだだ甘で、ここまで突き抜けるとお幸せにと言うほかない。

あと、りくが子供連れて戻ってきたのには笑った。増えてる……

季節ネタ多いなーと思ったら、出来るだけ掲載誌の月号に則った内容のお話が出来るように考えていることが多いとか。凄いな……



ダーウィンズゲーム14

ico_grade6_3

「だけどお前は相手に期待しすぎなんだよ」

「見せる必要がねえ技は見せねえのが当然だろ 別に手を抜いたわけじゃねえよ」

()

「お前が挑んだのはDゲームだぜ 格闘試合じゃない」

 

ダーウィンズゲームに巻き込まれ、その最前線で戦い続けているカナメ。

それ故に日常生活は切り捨てていて。……以前のエイス絡みの時に自宅を拠点としなくなった、って言うのも理由ではあるでしょうが。

日本邑の住人の保護をタゴナカ達に頼んだ際、学校経由で捜索願が出ていると聞かされて。

手続きの為に、シュカを伴って学校を訪れたカナメ。

 

……何やらかなり荒んだ雰囲気になっていましたが。

養殖がおこなわれているようだ、と察したカナメはそれを潰しに行きましたが……

流れるように攻撃しかけられる辺り、箍外れてるよなぁ。だからこそのA3位なんですけど。

いやまぁ、最凶進化同好会の皆さんはご愁傷様です。敵に回した相手が悪かったんだよ……

 

顔見知りだったらしい同好会のメンバーに泣きつかれたイヌカイがカナメに喧嘩吹っ掛ける場面もありましたが。

カナメと戦えるシチュエーションがあるから使っただけで早々に同好会のオオサコはどうでも良いとか言ってたのには笑った。

 

一方で、リュウジ達は、タゴナカからの連絡があり「圏外村」の視察に行くことに。

アプリの解析を続けているレインも何やら確認したい事があって、同行しています。

スイやオージも同行していますが……クランに属している者が居ない筈の圏外村でスイはエイスのジャケットを来た男を目撃して。

 

クラン戦を仕掛けて、カナメの特権でポイント全損したから、クランメンバー全員死んだはずですけど。

途中脱退とかあの王が認めるはずもないし、幻覚系の異能か……? いやでも明らかに最後リュウジに攻撃しかけてるから実体あるよな……続きが気になる。



佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 3

ico_grade6_3

「今までと同じように。それで僕は安心できます」

 

佐伯さんの友人に誘われて、友人たちとプールにきた弓月君。

こうしたイベントは気乗りしないと言いながらも、ちゃんと参加してる辺り付き合いが良いと言いますか。

佐伯さんの友人、京子がナンパされるトラブルがありましたが、矢神が瞬殺。いや、本当に強かったんだ……

というかそこまで技量ある人が、友人が殴られたとはいえ、公衆の面前で技奮っていいのか……?

 

弓月君は家に、というか母親に思う所があるらしく実家に帰りたがっていないようですが。

父からの連絡があり、心配していて下手するとそっちに乗り込んでいくから顔を出せ、とのことで帰省して。

どうにも、ギクシャクしている感じがありますねぇ。

 

ギクシャクといえば、今回は、家の事情もあって弓月君と佐伯さんの2人も微妙にすれ違っていたと言いますか。

隠し事をして、それが分かっていて後ろめたいから、距離を取るような状況がありましたけど、和解できたとは良かった。

……とはいえ、佐伯父も、桑島も、もうちょっと言葉を尽くすべきだとは思いましたけど。

まぁ、それを言ったら弓月君と佐伯さん自身も、もっと踏み込むべきではあったんだろうなぁ、とは。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索