気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★3

ディアティア5 エンゲージ

ico_grade6_3

「たぶん 先輩よりも私の方が先輩のこと好きですね」

「私の好きな人のこと 大事にしてくださいね」

 

ディアティアシリーズ、完結巻。

相手に触れたい、という気持ちが沸き上がって、改めて意識してしまっている二人が初々しくてかわいい。

睦子の友人の環にも恋人ができて、その付き合いっぷりを友人に語っていたので、睦子も影響を受けていましたねー。

後書きで「環の彼氏 名前はまだない」と書かれていて、完結巻なのに……と笑いました。

 

変に意識してしまって避けていた所に、環達カップルの交流を見て秋人に会いに行ったり。

環達が喧嘩したと聞いて、「言いたくても言えない事がないのか」気になったりしたり。

心配した秋人が睦子に会いに行ったりしてました。

ラブラブだな、この二人……

 

秋人の家は初期の頃かなり関係がこじれていましたが……最近は小康状態で。

会話が出来る程度には話が進み、結果として距離を取ることになっていましたが。

ちゃんと相談できる相手がいて、良かったなぁ、と。最初に睦子に言わない辺りはアレですが……いやまぁ、かなり重い話でもあるからなぁ、言いにくいのは良く分かる。

かなり不器用な伝え方にはなっていましたが……まぁ、彼ららしいのかなぁ。

受験の話題とか色々出ていたので、卒業式辺りで終わるのかなぁ、と思いきや夏期講習終わった辺りで幕となったのはちょっとびっくりしましたが。

ま、ここまで来た二人なら大丈夫ですかねぇ……多分。



ストライク・ザ・ブラッド18 真説・ヴァルキュリアの王国

ico_grade6_3

「素敵な花火でした」

 

扉絵の夏音が来てる民族衣装が可愛かったー。

タイトルに「ヴァルキュリアの王国」とあるように今回はラ・フォリア回……になるのかと思いきや、確かに結構動いてはいるんですが、思っていたほどでもなかった感。

吸血シーンとか入れてくるかと思ったんですがねー。

 

アルティギア王国で行われる式典に、夏音が招かれて。

その護衛代わりに、古城を引っ張り出すあたりあの王女様容赦ないな。

曲がりなりにも真祖だぞ、ソイツ……それに便乗して浅葱や矢瀬もアルティギアに行ったりしていましたが……

戦王領域との平和条約締結記念式典、という魔族との共存を望まない勢力からすれば、潰したくてたまらない式典でしょうし、襲撃が予想されるというのも納得できる話。

 

実際、襲撃されてるわけですしね!

王女攫ったりしてましたし、古城を罠に嵌めることに成功したり、手際は良かったんですけどねぇ。

結局のところ、第四真祖の怒りを買って叩き潰されておりました。

なんでもこのエピソードはOVAになったプロットのリメイクだとか。ほぼオリジナル入った部分もあるようなので、一概に比較は出来ないみたいですけどねー。

OVAとか追い切れてなかったので、こういう再利用は個人的には嬉しい限りです。

また、次に続くような引きだったので、シリーズが続いていきそうなのはほっとしています。いい加減古城と雪菜は自覚するべきなんじゃないのかなぁ、とか。


 

14歳とイラストレーター4

ico_grade6_3

「どれほど自分にとって大切な人だろうと、手が止まる原因になるなら、それを遠ざけなければ、創作はできないよ」

 

ハラミとの交流の際に「ユウトの事好きだよね」と聞かれたことを……当の本人の前でぽろっと零してしまったナスさん。

言った方も言われた方も固まってましたが。ちゃんと切り替えて話し合っていたあたりは大人な対応だなぁ、と言いますか。

 

人を好きになった経験、誰かと付き合った経験、そうしたものに疎い二人なので、どうにも見ていてじれったい感じの会話をしていましたけどね。

ナスさんの宣言は、自分の気持ちが分からないのでもう少し答えを先延ばしにするものではありましたが……アレはもうほぼ告白だと思うけどな……

 

今回はプロの世界に飛び込む新人さんとのエピソード。

マリィの新作にネットで話題の新人が挿絵を描くことになって。最初に提出された絵は良かったけれど、キャラデザに入った段階でマリィの感性に合わず、リテイクを繰り返していたとか。

 

今回の仕事トークだと、入稿の時期とか……その遅れで刊行が伸びたとかの編集者側の声がちょっと入ってましたねぇ。

知り合いにそっち方面の仕事している人が居て、「原稿が来ないと仕事がないが、いざ原稿が来た時にすぐ動けるように待機してる時間がある」とかぼやいてたよなぁ。どこもかしこも大変だ。

当初は刊行される予定だったのに延期になった場合とか、書店店頭での問い合わせもぽつぽつ入るから大変なんだよなぁ……

 

マリィがだいぶ感覚派なので、絵を描くことになった白砂さんは困惑していましたが。

絵を仕事にする、ということの大変な部分がプロ寄りで描かれていった感じ。

マリィとの付き合いが長いユウトにアドバイスをもらって何とか乗り切っていましたが……その時のトークでマリィが刺激を受けて、ユウト宅に乗り込んでまだ問題発言していましたが。モテモテですな、ユウト。



14歳とイラストレーター4 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-11-25


ジャナ研の憂鬱な事件簿

ico_grade6_3

「真実なんて、分かってみればこんなもんです……綺麗なものじゃない」

 

11回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。

まぁ、賞受賞したからではなく、イラストが白身魚さんだから手に取った感じで……積読の山に埋もれていたんですが。埋まってる間に2巻出ちゃいましたよ……

 

高校のジャーナリズム研究会に所属している工藤。

かなり冷めたタイプ、と言いますか。中学時代に何か失敗したようでトラウマになっているのも影響してか、色々なことから距離を取る消極的なタイプ。

研究会に所属しているのも、学生は部活ないし委員会に所属しなくてはいけない、という校則があったためで。

 

ただの枯れ木というわけではなく、脳の回転は速い方。

だから役回りとしては、日常ミステリの探偵役みたいな感じですね。ラノベですし、謎も余りガチガチに凝ってるわけでもなく読みやすかったです。

こういう消極的なキャラクターを動かすための相方が、モデルの経験もあるという白鳥真冬という工藤の先輩で。

 

その経歴から、学内の有名人だったそうですが、ジャーナリズム研究会に属していた割に、情報に疎い工藤は知らなかった様子で。

大量のノートを女子一人で運んでいる場面に出くわし、ぶつかってしまったために、放っておくこともできず関わることに。

ノート運びを手伝い……それが1冊不足しているという状況が発生し、結果的に工藤はその謎を解いて。

 

そこから真冬に興味を持たれ、ジャーナリズム研究会に共に属する事となって、真冬の持ち込む謎を工藤が解く、といういいコンビになってますけどね。

まぁ、工藤自身はこの状況にかなり戸惑ってはいるようですが。第4話の状況においては、彼の謎解きがなかったらまた厄介な状況になっていたでしょう。

1人救ったからって1人傷つけた事が正当化できるわけではありませんが、少しは救いになればいいんですけど。

トラウマ解消するためには、過去傷つけたって言う相手と和解できれば工藤にとっての最良でしょうが……相手にとっては「都合のいいことを」ってなるでしょうし、さて、解決の目はあるのやら。



Just Because!

 ico_grade6_3

じゃあ、何が理由なのか。どんな理由があるのか。

この問題を解くのは簡単だ。

瑛太はもう答えを知っている。

彼女が夏目美緒だから。

答え合わせは、たぶん、必要ない。

 

アニメでやっている「Just Because!」の原作小説。

作者も絵師も好きなので、気になってはいたんですが……アニメ見れないエリアでくやしい思いをしておりました。

一応ニコニコとかの1週無料放送なんかで飛び飛びで見たりはしてるんですが。……飛び飛びなのは仕事状況とかで、慌ただしくしていて見逃したんです。

 

瑛太と美緒、二人の視点メインで進むので、他の場面の描写がかなり抑えめですね。

アニメの方だと他のメンバーも交えた、高校生活最後の三か月が描かれていますし。瑛太たちが居ない場面の描写なんかも入るから、どうしてもあっちの方が情報多くなりますね。

陽斗の友人男子二人とか、恵那以外の写真部の事とか、判りにくい部分があったのは残念。

限られたページ数の中で上手くまとめてあったり、瑛太と美緒の心中がしっかり描かれていたのは良かったです。

 

チャプター5の「デートに誘ってもいい?」「ダメ」のやり取りとかは、中々いいシーンだった。

誰も彼も不器用だなぁ、って感じではありますが。その中でも、必死に前に進んでいる彼ら彼女らの青春模様は、等身大の物語という感じがして、読んでいて心地よかったです。



氷菓11

ico_grade6_3
「あけましておめでとう」

「よぉあきましておめでとう」

 

クリスマスは箱の中、あきましておめでとう1~2、手作りチョコレート事件14話収録。

「クリスマスは箱の中」はアニメBDBOXの特典だったそうで。追い切れていなかった部分なので、こうして見られたのは素直にうれしかったですねぇ。

謎解きしている時に冗談を言っている千反田とそれを見る折木たちの様子が、微笑ましかった。

 

「あきましておめでとう」は……「見せびらかしに来ました」という千反田が可愛かった。

感想としてはそれだけでいいんじゃないかな……

伊原が巫女のバイトでおみくじの案内していたり、折木が千反田の家同士の付き合いとやらを垣間見たりしていました。

新年早々凶のおみくじを引いて、厄介な状況に陥ったりはしていましたが……まぁ、無事に解放されて何より。

 

最後の手作りチョコレート事件は、里志に伊原がチョコレートを上げようとするお話。

中学時代に屁理屈こねられて受け取ってもらえなかったので、そのリベンジとばかりに燃えていて。

千反田の協力も得て傑作をこしらえていましたが……当日はどうしても漫研の方が抜けられず古典部の部室に置いておく、という形に落ち着いたようで。

そしてそれが部室から消えてしまう、という事件が発生した……と言う所で引き。



聖剣使いの禁呪詠唱21

ico_grade6_3

「前世の因縁とかさ、そんなの関係ないぜ。

これは現世を生きる、俺たち全員にとっての問題。

俺たち皆の戦い、だろ?」

 

ついに「不可視」としての顔を諸葉たちに明かした田中太郎。

彼の口から、駿河安東が異端者を操っていた事、その下で田中たちが動いていた事。

斯波達3人の希望の為に、駿河の野望を利用した事などが諸葉たちに伝わりました。

彼らの希望についてもあっさりと種明かししてくれましたね。

サツキの創世の螢惑を用いれば、これまでに倒れた犠牲者たちを生き返らせることが出来る、という壮大な願いの話。

 

諸葉は田中に足止めされ、他の主力はヂーシンの魔神級との戦いの最中。

見事目的を果たして逃走した斯波達ですが……彼らの隠していた希望すら駿河は察知していて。

配下の暗黒騎士を用いて斯波達を襲撃。司馬も必死に抗っていましたが、敗北し異端者となってしまってました。

ここにきて新種を生み出すとか、駿河はもうちょっと手加減してもいいんじゃないかな……

 

見えない相手。暗殺者としての技法を磨き抜いた相手。

田中の事を諸葉は一番怖い相手と評してましたねぇ。実際、諸葉だからこそ撃ち勝てた感じはあります。

……諸葉に勝てない相手の方が少数だと思いますがねぇ。

ヂーシンの魔神級の方は、諸葉の叔母などの応援もあって優位に進んでいましたが……駿河も駿河で気の長い計画立ててましたが、シュウ・サウラもまた随分長い計画仕込んでたのな……

さてはて、次が最終巻らしいですが、どういう決着を迎えるのか楽しみですね。

 

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 21 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
2017-10-12


14歳とイラストレーター3

ico_grade6_3

「いや、そういうんんじゃなくてね。どうしても例えるのなら……ラスボス」

「ラスボス」

「姉さん、ものすごくクオリティの高いイラストを出して、“落書きです”とかコメントするときあるじゃん? あれって“今のはメラゾーマではない。メラだ”って感じだよね。まさに大魔王」

 

冒頭のこのトークで笑った。

今時の子に「メラゾーマではない。メラだ」ネタ通用するのだろうか……「ダイの大冒険」懐かしいなぁ。

姉と折半で買っていたシリーズなので、実家に置いてきてしまったんですよねぇ。今度帰ったときにでも発掘して読み返そうかしら。

 

大手レーベルからの依頼を受けていた悠斗。

しかし、同じくイラストレーターの姉が「その仕事私がすることになった」と宣言して。

錦にブラコンなのに、仕事の横取りしようとするなんておかしいと訝しんでましたが……

いや、うん。ブラコン凄いわ……あそこまでつき通していれば尊敬でき…ないな。うん。

わだかまりも解消されて、大っぴらにしていなかった姉弟関係を公表してましたが……大暴走って感じで、本当悠斗はお疲れ様ですとしか。

 

イラストレーターのランクについての錦の持論、カバーイラストについての考えとか、中々興味深かったです。

あの辺の仕事トークが合間合間にあるのが、個人的には気に入ってます。

今回のメインイベントは姉との勝負ですが、途中でマリィとPCを買いに行ったり、乃ノ香に誕生日を祝ってもらったり、ナスさんの引越しを手伝ったりと交流イベントも混ざっていて、バランスが良いと言いますか。

割とサクサク読めるので、読後感悪くないのもポイント高め。

さて最後ナスさんが爆弾投下してましたが、どうするんだコレ。

14歳とイラストレーター3 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-07-25


ダーウィンズゲーム11

ico_grade6_3

「だけど俺はずっと自分の意志で引き金を引いてきた」

Dゲームに強いられたからなんていう下らない言い訳考えたこともないね」

 

異能を使い銃弾を弾く獣。

それに対抗するには軽い矢や銃弾ではなく、重さのある刃が必要だ、と。

救援に駆けつけた謎の侍から助言をもらいながら、刀を創り出し斬りかかるカナメ。

士明の特訓が生きてますね……あそこで接点できていなかったら、このイベントで死んでいたかもな……

協力しながら事に当たり、見事獣を撃破。コレが例の正体を隠されていた、200Pの獣だったらしく、カナメは暫定1位に。

 

そこで出会った侍――リクと名乗る男に彼らの住まう場所に案内してもらい。

同盟の交渉をしていた関西のクラン「西郷組」の二人と、GM直下の処刑人オボロと遭遇。夢の中で未来を知るというシギルを持った巫女の少女にこの国を「滅びから救ってほしい」と依頼されて。

 

保険屋は補給ポイントを襲撃されても、別のところに拠点を用意していて、そこで変わらず組織を運用し続けていますが……

カナメの追跡チームがリク達の集落に辿り着いてしまって……村の子供たちを狙撃。

彼女たち先住民はDゲームプレイヤーではない為、仲間殺しのペナルティも入らず。

そりゃあ異能を持った獣――ドウメを50体倒すより、ドウメより強いだろうBOSSを狙うより、異能もない人を100人殺す方が簡単ではあるでしょうが……

それを簡単に実行できてしまうあたり、保険屋たちは中々に胸糞悪いですね。

 

カナメ達はカネヒラ達に抵抗すべく準備を進めていますが……

殺された子供たちの親族が暴走。カナメたちを拘束してしまったり、カナメを尋問したりしています。

リクは敵の武器などから、危機的状況を察していますが、邑長たちは危機感が足りていないって言うのはまぁ、正直なところ。

色々な状況が重なり――リクはカナメに神明決闘を挑むことに。正しきものの方に神が味方する、というなんとも古めかしい方法で、二人が戦う事になりました。

そんなことしてる隙にカネヒラに攻め込まれたら一巻の終わりだけどなぁ……



異世界魔法は遅れてる!7

 ico_grade6_3

「青いな。持っている力とまるで釣り合わんくらい青い」

「……そういう連中の集まりの一人なんだよ俺は。そうあるからこそ俺は――」

――強くなったんだよ。

 

絵師が変更になったみたいですねー。

挿絵も入るようになって、中々いい感じです。

中二病を再発してしまった少女瑞樹は、イオ・クザミを名乗り、水明を翻弄します。

性格には瑞樹にとり付いた何者かが、そう演じているようですが……一体何を考えてそんなことをしているんだか。

 

連合で水明たちが対峙した勇者を狙う謎の連中の話。

レイジ達が自治州で遭遇した、強力な魔族の将軍の話。

それらを水明宅で情報共有するために、話し合っておりました。

途中で皇女が訪ねてきて、小さくなったレフィールをからかっていた場面は微笑ましくて笑えた。

 

帝国北部で魔族の侵攻が確認され、レイジは勇者として協力する事に。

周辺諸国は、帝国の戦力が削られるならばと様子見の構えを最初に見せていましたが……水明が悪巧みして、レイジの名前を使って協力を引っ張り出してましたね。

状況が状況なので水明も帝国側に助力する事になりましたが。かつてリリアナが名を連ねていた帝国の十二英傑が難癖をつけてきて。

 

勇者レイジはともかく、水明やミズキ、リリアナと言った面々が戦列に並ぶのが不満である、と。

故に、十二英傑と手合せして実力を測らせてもらう、と。

……もっとも、実力が疑われる三人の実力を正しく計りわだかまりを無くすのではなく、十二英傑ここにあり、と権威を示そうともくろんでいる時点でお里が知れるというか。

逆に蹴散らされたのは爽快でありました。えぇ。

 

そして魔族の軍勢と対峙する事になっていましたが。

そこに普遍の使徒がちょっかいをかけてきたり、水明が因縁のある相手と出くわしてたりしていました。

魔族側の攻めがやたら単調に思えたのは、あちら側にも思惑があったからとのことですが。

勇者を攫おうとしたかと思ったら、一時共闘して魔族を蹴散らす、普遍の使徒たちの思惑がさっぱりわかりませんな……



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索