気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★4

十二国記 白銀の墟 玄の月 一

ico_grade6_4

「心からお帰りをお待ちしておりました……!」

 

18年ぶりとなる、十二国記の書き下ろし長編。

私が十二国記を読み始めたの、結構刊行が進んでからなので、そんなには待ってない……と言いかけて『丕緒の鳥』は初版で買ったので6年は待ってたのかと驚きましたね……

 

遂に描かれる事となった、戴のエピソード。

王と麒麟が消えた六年の間に、荒れたという国。

これまでは、ほとんどが伝聞でしたが、泰麒と李斎が帰還して、そこに暮らしている人々の様子が描かれると、想像以上で心に来ますねー。

驍宗様の行方が知れず、偽王が立ったときに反発はあったが……粛清と、心変わりの病によって頭を押さえつけられていた。

 

希望の光が見えず、ここに至るまでも既に多くの命が喪われた。

それでも、戴の人々は完全に屈してはいなかった。生きながらえて、各々が戦っていた。

特に、真っ先に偽王を批判し、壊滅させられた瑞雲観の道士たちには感服します。

少しでも多くの知識を残そうと奔走し、辛くも生き延びた面々は薬の知識を活用し、民を助けていた。

これだけ荒れた国にあっても、心までけだものに堕する事がなかった。戴の民の強さを見れた気がして、序盤から引き込まれました。

 

角を失った泰麒は王気を探すこともできない。

「喪失したからこそ、奇蹟ではない現実的な何かで、戴を救うために貢献しなければなりません」という、泰麒は本当に強くなった。

彼の場合は、強くならざるを得なかった部分もありますが。

あの幼い泰麒が、ここまで成長したのかという感動と、もうあのあどけない泰麒はいないんだなという喪失感とが同時に来て、情緒が大変なことになった。

項梁という味方を得て、驍宗様を探している中で、泰麒が突然李斎と別行動をとって……

向かった先に驚かされました。いや、妙手ではあるでしょう。

敵の胸中に飛び込めばそれだけ情報は得られますが、同時に危険なわけで。それは相談できませんよね……泰麒なりの戦いが実ってほしいものですが。


続きを読む

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。

 ico_grade6_4

「魔女だ魔女だとうるさい。魔女に依頼に来たんだ。そんなことは、最初から知っている。俺は、魔女のロゼがいい」

 

法に、国家に縛られぬ存在である魔女ロゼ。

祖母や母からその力を継ぎ、湖の真ん中に浮かぶ小島に居を構えていた。

薬師が調合出来るようなものから、魔女の魔法を注いだ特別なものまで。

そんな彼女の下に「惚れ薬」の依頼を持ち込まれて。

 

それだけならただの依頼ですが……タイトルに在る通り、問題なのは依頼してきた騎士がロゼが「好きな人」と言う辺りで。

せめてもの仕返しで、材料の情報を小出しにしたりしてましたが。それでもちゃんと薬を作って渡す辺り、仕事には真剣ですよね。

魔女の在り方ゆえでしょうけど、不器用な彼女が、もっと救われてほしいと思わずには居られない感じで。

 

「魔女」と言う存在を人々は恐れ、ロゼの祖母が死んだときには街の人々が喜ぶ様子を見せつけられて。

そんな大衆の行いを、「人が死んで安心したとは、胸くそが悪い」と言ってくれた場面はスカッとしましたね。これは惚れるのも仕方ない。

 

依頼者のハリージュが少しずつ彼女を知り、気に掛けるようになっていく様子は微笑ましかったです。

いやまぁ、基本的にはレタスしか食べませんとか言う食生活の偏りですとか、部屋の荒廃っぷりを見ると心配になるのも頷けますけどね。

最初のうちは振り回されていた彼が、次第にロゼに惹かれていくのが丁寧に描かれた素敵な物語でした。

 

Twitterでフォローしている人が書籍化をそれは喜んでいらしゃったので、気になって購入したのですが、良い買い物ができました。大変満足。

電子版を買ったので、ハリージュが使用人に微笑ましく見守られる短編が読めて良かったです。


りゅうおうのおしごと!9

ico_grade6_4

「俺は、棋風は『憧れ』や『想い』が出ると思う」

 

女王への挑戦権を得た、天衣。

それは同門での対決を意味して、自らの姉と弟子が対面することとなって八一は結構大変そうでしたが……

 

『浪速の白雪姫』。女流相手に完勝を続ける、空銀子という棋士の置かれている環境を、初めて見る事になるんですよね。

八一や桂香も知らなかった、『白雪姫』に向けられる、むき出しの残酷な感情。

外から見ていただけの桂香ですら重圧に苦しみ、涙すら流したその圧を、彼女は感じ続けていたわけだ。

 

幼い挑戦者。今は亡き父母との誓い。

そうした物を背負い、追い込まれながらも最後には立派な挑戦者の顔になった天衣に脱帽。

戦いを通じて、良い方向へ成長してくれてました。                        

天衣の祖父や晶さんも、序盤でちょっと八一をまきこんでコントじみた事したりしてましたが、しっかり彼女を見守っているのが良かったですね。

 

けれど、彼女達でも彼女の凍った心は融かせなかった。

なぜなら、彼女の魂は将棋の形をしていたから。将棋を通して繋がっている師であり、熱い将棋を指す竜王ならば、と。

「悔しさと羨望を滲ませた声」で晶さんが言う場面が好きです。

 

しかし、その相手だった銀子の方はかなり追い込まれているというか後半の挿絵が満面の笑みの天衣から、姉弟子の背(表情が見えない)なのが演出として完成度高かったですね……

りゅうおうのおしごと!9 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2018-08-09

りゅうおうのおしごと!7

ico_grade6_4

「この先も壁はいくらでもある。盤上でも盤外でもな。心が折れそうになることもあるやろ。その時は、今日の棋譜を見返しなさい。最期の最後まで苦しむことを止めなんだ十四分間が、お前の才能の証明や」

 

竜王の就位式、連勝を続けている八一が結構大きな事を口にして。

まぁ、どこかでこけるかなぁ、と思っていたらこの巻の内だったので、相変わらず展開が早い……というか、山場がたくさんあるので、展開が密だ、と言う方が正確ですかね。

 

今回は、八一の師匠でもある清滝九段の物語でもありました。

級はどんどん落ちていく。かつて見た「老害」に自分がなっていると、実感したときの痛みはどれほどだったでしょう。

 

そこで折れずに、心機一転して学びに行ける姿には震えました。その年で、老いや衰えを実感しながら、変われるのか、と。

「清滝さんが妙なことを始めたらしい」と周囲から言われてましたが。新しいものへと踏み込めるのは、素直にすごいと思います。

尊敬できる師匠としてのあるべき姿を、見せてくれた巻でした。

 

りゅうおうのおしごと!7 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2018-01-17

りゅうおうのおしごと!6

ico_grade6_4

「どんなに好きなことでも、仕事にすればつらい時もある。一生続けていくうちに、迷うことや苦しむことも山ほどある。アマチュアなら指さなければいいけど……女流棋士になるってことは、その迷いや苦しみから逃げないということに他ならない」

(略)

「だから忘れないで欲しいんだ。将棋が好きって気持ちを」

 

年始の指し初め式。

新しいキャラクターがどんどんと出てきましたが……あの、囲碁のタイトルホルダーさんのインパクトが凄すぎて、混乱した。

「早く棋院に連絡して引き取ってもらえ!」って台詞が出てくるあたり、もう破壊力が凄い。

 

銀子の対局が多かったですけど、盤外戦術に押されたり、天才少年の才能を見せつけられたりと姉弟子めっちゃ追い込まれてて、こっちの胃まで痛むようでした。

「じゃあどうして勝てないのッ!!」と言う叫びが刺さる。辛い。

プロ怖いよぉ……

そんな地獄の中で苦しんでいる彼女の前に現れるのは、やっぱり八一なんですよね……

 

女流の資格を得た弟子二人を、棋士室に連れて行ったり、大盤解説の聞き役をさせたりと八一も色々手を打ってましたが……

過保護すぎた弊害か、どちらも成功したとは言えない感じ。というか、あいの方は本当に師匠第一過ぎて、彼女は彼女で視野が狭い。

キャラ造形として好きですけど、ちょっと苦手意識があります。

デビューにこそ失敗したものの、師として八一から贈り物をもらった二人の今後に期待したいですね。

りゅうおうのおしごと!6 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2017-07-14

りゅうおうのおしごと!4

ico_grade6_4

『わたしが竜王の一番弟子なんです!! あなたなんかに譲りませんっ!!』

 

マイナビ女子オープン。

東京で行われる大会に参加するために、あいたちは遠征へ。

チャレンジマッチという、予選の予選。勝ち進めば『女王』への挑戦権を得られる、大規模な大会。

勝ち進むことで女流棋士の資格を得られる、最短ルートでもあって激戦区との事です。

 

八一の弟子二人はそれぞれの才能をいかんなく発揮して勝ってましたね。

あいは感想戦で、読みの深さを見せつけて『二度負かされる』と言う経験を相手にさせてましたし。これは聞くだけで堪えるわ……

桂香さんだけ負けて、敗者復活戦に進むことになってて、空気が凍ってた……シャレになってないよ……そこからの展開には、驚きましたけどね。

 

八一と、観戦記者さんのやりとりが軽快で楽しいですねぇ。

弟子の対局を見て、「強すぎます」ってやり取りしてる部分も良かった。それまでは長々と話していたのに、そこは短く締めてきましたからね。

 

翌日。ニコニコ動画で中継される対局解説の仕事で八一は別行動。

名人の手を先読みしたり、竜王らしい姿も見せてくれてました。

……一緒に解説している女流棋士の胸元に視線が行ってしまう思春期男子っぽい所とか、その後弟子が乗り込んできてのロリ疑惑沸騰とかで、これで棋士として力量なかったら社会的に死んでるだろって感じでした……

 

あとは、普段と違う服装になった銀子が可愛かったですねぇ。

八一もその姿に結構ドキドキしてたみたいですし、なんであの二人付き合ってないんだろうって感じ。

マイナビオープンでの弟子たちの戦いぶりも熱かったですし、その後の、竜王戦の挑戦者決定戦もまた凄まじかったですね……

りゅうおうのおしごと!4 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2016-09-16

りゅうおうのおしごと!3

ico_grade6_4
「負けました。……ありがとう」

 

竜王のタイトルホルダーである八一。

しかし彼はまだ若く、未熟な部分もある。

プロ棋士になって初めての公式戦で惨敗し、涙を浮かべ逃走したこともあったとか。

恥ずかしくて泣いて、走って、一門の下にも帰らず家出した。

一週間で迎えが来て回収されたみたいですけど。                                                                

 

その後も相手に苦手意識がついたのか、三連敗。研究に余念がない、A級の実力を持つ相手ではあるんですけど。なかなか個性的な性格してますしね……

壁を超える為に、手を打ってみる事に。関西にいるもう一人のタイトルホルダーの下で、腕を磨く。何千時間と研究を重ねた相手に、二週間なんて焼け石に水みたいなものですが……それで、勝負に行くんだから、八一のメンタルどうなってるんだ……

 

窮地に追い込まれても諦めず、勝ちを掴み取る様はこの上なく熱かったです。コレがクライマックスでもおかしくなかったのに、まだ続きがあることに驚きましたね。

八一の奮闘を見て、桂香や姉弟子も衝撃を受けてました。将棋星人とか言われてましたしね。

 

研修会で、親しい相手に勝ったことで、涙を流したあい。

でも、棋士として上を目指すならそれは珍しくないと突き放すような事を言う八一。厳しさを教えるのも、師匠の役目。普段デレデレと甘いけれど、ちゃんと指導もしてるんだよなぁ。

 

今回のもう一人の主人公は、桂香さんでした。

二十五歳という年齢。女流棋士になるにはリミットが迫っている。

そんな中、研修会で桂香さんと天衣、あいがそれぞれ対局する事になって。

それを見守る八一と姉弟子がまた良かったですね。無言で隣に座って「私達は、どうして…………戦うことしかできないんだろう?」というやりとりが、いい。

 

彼女もまた、重いものを背負って戦っている。そんなキャラばかりだから、この作品は熱く、時に苦しくもなりますが、読むのを辞められない魅力にあふれてる。

もっと早く読んでればよかったなぁ、と思わずにいられません。

りゅうおうのおしごと!3 (GA文庫)
白鳥 士郎
SBクリエイティブ
2016-05-17

鬼人幻燈抄 江戸編 幸福の庭

ico_grade6_4

「その必要はなかろう。あいつならば、必ず為してくれる。最初から分かっていたことだ」

 

葛野を離れて十年。

甚夜は拠点を江戸に移していた。「鬼が出る」と言う噂を聞きつけ、それを斬る浪人と言う体裁で。

鬼の噂を聞けば調査し、危険であれば斬る。

まだ迷いの中にあって、それでも自分に出来る事をしながら必死に生きている。

 

最初の商家でのエピソード「鬼の娘」が好きなんですよねぇ。

その商家の主人に借りがあるという事もあって、依頼を受けた甚夜。

護衛対象の娘からは、最初「帰ってもらって」なんて言われていましたが。

しっかり腕前を見せつけて、事態を解決してましたし。

主人と甚夜の、多くは語らないながらも、信頼している関係がとてもいい味出してます。

巻末の短編「九段坂呪い宵」も、主人からの依頼での調査で、予想外の情報が出てきたりして楽しめました。

 

甚夜は鬼故に成長しない。それを怪しまれないように拠点を変えながら、活動しています。

彼を心配し忠告してくれる相手とも出会ってましたし。

「……だが私にはそれしかない」と言われた後も会話を続け、「ほら、“それしかない”なんて嘘ですよ」と返す彼女が素敵。

 

始まりの葛野での悲劇を想えば、適切ではないかもしれませんが……甚夜はなんだかんだで、縁に恵まれていると思います。

どうしようもなく傷付いた彼が、少しずつ傷を癒していくための時間を過ごす感じでしたね。

辻斬り騒動なんかは、哀しみが募る話ではありましたが。友人と、上手い酒を飲めたという記憶も一つの救いだとは思うんですよね。

江戸編の続きとなる3巻は、来年2月ごろ予定だそうで。まだまだ追いつけますから、多くの出会いが繋がっていく、この物語をどうか多くの人に読んでほしい。




天才王子の赤字国家再生術5 ~そうだ、売国しよう~

ico_grade6_4

「こんな交渉があってたまるか! 貴様は、民を何だと思っている!?」

「もちろん大切に思っているし、信頼しているとも。彼らはどこにあろうと、自らの力で未来を切り開くだろう。それが民というものだ」

 

ミールタースで、ウェインとフラーニャの知名度が上がったこと。

マーデンを併合し、大陸西側への窓口が出来たこと。

そうした積み重ねで、ナトラは稀に見る好景気に恵まれていた。

しかし西の交易に頼り切った発展は、元より王国であったマーデン領とナトラ王国との間で不均衡を生じる事となって。

 

今はまだいいが、この調子で力を蓄えればいずれ徒となるかもしれない。真っ当に発展したからこその悩みに頭を抱えてるウェインがちょっと新鮮。

好景気に調子に乗ってましたしね。掌返しも早かったのは流石ウェインって感じでしたけど。

 

これまで何度かウェインと邂逅した、グリュエール王。

ウェインは彼を評価し、手を組もうとしていましたが……グリュエール王の方は、ウェインを格好の獲物と定めて喰らおうとしていた。

グリュエール王からの正体を受け、彼の国にウェインたちは足を運び、結果として争いが勃発。

かなり追い込まれてましたね。これまで華々しい戦績を上げて来ては居ても、ナトラが小国というのがよくわかる。

 

というか、今回はソルジェストが強すぎるんですけどね……

不凍港を持ち、交易が盛ん。グリュエール王は肥え太り神輿で移動するような御仁ですが、それを為し得るだけの成果を上げ続けてきた訳ですから。

特に力を入れているらしい料理に、ウェインが言葉を失っているのには驚きました。交渉忘れるなよ……。

 

けれど、そんな大国の仕掛けて来た策謀を乗り越えて、窮地を脱する辺り相変わらず凄まじい才気ですね。彼の抱えているもの。今回明かされなかった獣の本音。

グリュエール王の決断を変えさせるほどのソレが、表舞台に上がる時を楽しみに待ちたい。

 


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集1

ico_grade6_4

「わたしも先日ジルヴェスター様から聞いたところです。神々の寵愛がないと嘆いていましたが、貴女はローゼマインの寵愛を受けていますよ」

 

香月先生は、なろうで「本好き」本編と、設定集、SS置き場、本編後日談となるハンネローレスピンオフと書かれています。

本編でも閑話があったりしますが、書籍化に際して収録できていなかったSS置き場の作品などを収録。さらに、特典SSなども収録してくれています。

好きな作品の書籍化で、追いかけてはいますが、巻数が多くなるのが分かっていたので電子で購入してるんですよねぇ。

時間経ってから、こうして再録してくれるのが最近は増えてきていて、本当にありがたいです。

 

平民時代~ヴィルフリートとの婚約が決まるまでの短編が混ざっているので、椎名先生はイラスト大変だったみたいですけど。

口絵の14人も凄かったですし、かなり1冊の中で時間が経過しているので、子どもたちの成長が見られるのが、良かったですねー。

しかも、本編は基本的にローゼマイン視点なので、彼女の目に移ることの無い部分が描写されたのも嬉しい限りです。

 

一番印象に残っているのは、オズヴァルトですねぇ。

ランプレヒト視点のSSでは、ヴィルフリートの側に置く人材を吟味する、筆頭側仕えらしい姿がありましたが……後半の、シャルロッテ視点での暗躍はなぁ。

主人にとって、良いことないでしょう。

 

とは言え、ヴィルフリートにも問題がないわけではないんですよねぇ。

「弟妹との時間」で、「ローゼマインに勝て」というのを「あまりにも無茶な要求」と側近に訴え、勉強時間減らしてますしね。

それを受け入れてしまう辺り、側近たちも甘い。エルヴィーラの「本来ならば、感謝して協力を仰ぐべき」と言う言葉を、彼らの耳に叩き込みたい……

貴族は、公的な場でそんなストレートな物言いしないから、伝わらないでしょうけど。

 

コルネリウスがハルトムートに嵌められて、昼食を一緒に取ることになっていたり、オズヴァルトの暗躍しかり。貴族社会の、交渉のやりとりが怖いなぁ。

よくマインは、領主候補生としての外面を取り繕えるものだ、と改めて感じました。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ