気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

★4

86―エイティシックス― Ep.7ミスト

ico_grade6_4

「もう充分、助けられた。……俺たちもいい加減、解放してやるべきだよな」

 

……え、ライトだった、だと……?

表紙が綺麗で、作者様もTwitterでライト回と仰ってましたが。

いや、騙されんぞと思って読んだら、本当に『86』なのかと思うくらい穏やかな時間が流れていて驚かされました。

 

立て続けに過酷な戦線を超えた、独立機動打撃軍に休暇が与えられることとなって。

ヴァルト盟約同盟にて羽を伸ばすことに。連邦のお偉いさんたちが、悪の大幹部ごっこしてたのには笑ってしまった。言葉に出さなかった副官は偉い。

お互いを意識しているシンとレーナが、見ていてもどかしいから、そろそろくっ付けと周囲が有形無形の援助をしているのも良かったですね。

 

エイティシックス達が驚いたように、シンにも変化があって。人間味が増したというか、柔らかくなりましたよね、態度が。

レーナの方がハッキリと自覚せず足踏みしていたのは、ちょっと意外というか……休暇中に割り込んできやがった、共和国の人材を思うと、納得できる部分もありますが。

 

いやまぁ、本当に未だに価値感変わらないんだな。地獄を見ただろうに。いや、地獄を見たからこそ、責任を押し付けたいのか。

共和国から更に西にある国家の生存も確認されて、狂国とか呼ばれていたのが恐ろしい。え、この大陸あの邪悪よりも評判悪いとこあるの……?

 

同時に、第三国の協力のもと前回確保した「無慈悲な女王」の尋問も行われていたようです。

最初は情報部が行っていたものの、成果が上がらずシンやヴィーカが駆り出される状況にもなってましたが。

難航しながらも得た情報が、値千金かつ爆弾みたいなもので、恐ろしい。


終末はあなたに会いたくない

ico_grade6_4

「再会を……」

それは、冗談でも、祝えない。

「呪って」

 

数日後に、隕石が降って来て世界が終わる。

そんなニュースを聴いた私は、仕事を放り出して一人、無為に時間を潰していた。

誰に会うでもなく、趣味に費やすでもなく。

ただ一人だけ、思い出した顔はあったが、会いたいとは思わなかった。

けれどチャイムが鳴って、ドアを開けた先にはその後輩が立っていた……

 

世界が滅ぶ、最後の数日を共に過ごす二人の話です。

もう、凄まじかった。情念が濃い、と言いましょうか。

ドロドロとした想いが、読んだこちらにも伝わってくるようで、手が震えて……それが、たまらなく面白かった。

                                                                                                    

お互いが、お互いの特別であるために、彼女たちは名前を呼びません。

「せんぱい」とか「君」で通じてしまう。殊更に、識別記号としての名前を必要としていない。

陳腐にまとめるなら、好きという事。それも、間違いではないですけど、一面でしかないですよね。

彼女たちの想いは、比類ないほどで、だからこそ離れた。だからこそ、会いたくなかった。でもコレ、反語ですよね。裏側には強い肯定が隠れていて、それを隠していた。

 

ここまで強い想いは、ある種の「呪い」ですよ。

だってお互い相手を忘れずにいて、最後の時間を共に過ごすことになって。

縛られている。別れてから時は流れたけれど、根っこが変わっていない。

そんな有様を、突き付けられるようなお話でした。

暗さも重さもあって、毒のような物語。でも、二人がともにいる様が美しく思える。

用法用量を守って、お読みください。もし、世界が終わる前だったなら、ご自由に。刺さる言葉が記されている筈。


勇者の君ともう一度ここから

 ico_grade6_4

「セラ、またやり直そう、ここから」

 

命と引き換えに、狂神を討伐した勇者セラフィルナ。

その知らせは、片田舎で後悔に苛まれながら日々を過ごしていた青年ジャンの下にも届いた。

かつて剣神と呼ばれ、彼女の旅に同行していたものの、片腕を失い挫折し田舎に戻った。

そんな彼の下に「実は勇者は生きている」。「彼女を救いたければともに来てほしい」と王都から使者がやって来て。

 

一度、間違えて、後悔していた彼は。今度こそ、間違えないと協力する事を決めた。

死ぬかもしれない術式に身を預け、失った腕の代わりを得て、少女の下へと急いだ。

彼女を目覚めさせることは出来たが、不完全な状態で。

取り戻す為に、賢者の助けを得てまた新しい無茶をする。

 

その果てに、彼は愛しい彼女を取り戻した。

かつての自分が届かなかった敵にすら、刃を届かせた。意地を見せた。

王道の展開ですが、それだけに引き込まれました。

いやまぁ、過去のジャンの強さを失ってしまった場面の、捨て鉢な言動にはちょい思う所ありますけどね。それによって、少女の弱さを捨てさせてしまったわけですし。

 

とは言っても、セラフィルナは彼の不器用な気遣いに気づいて、彼の事を思い続けていたわけで。

セラの幸せのためには、ジャンが必要。
自分の行いの結果を知った彼は、今度は間違えないと信じたいところです。




さよならの言い方なんて知らない。

ico_grade6_4
「たいていの物事はフィクションから始まる。そのフィクションに現実が出会う瞬間に、心の底から憧れる」

 

角川スニーカー文庫から刊行されていた「ウォーター&ビスケットのテーマ」の改稿版。

元々は同じグループSNEの河端ジュン一先生との共著でしたが、改稿に当たって河野裕先生の単著になってます。河端先生も変わらずストーリ―協力はされているそうですけど。

階段島シリーズが完結し、リスタートする物語。

 

スニーカー文庫版とは大筋は同じですが、ちらほら会話に変更がはいったりしてますね。

冒頭、トーマの姉に「いつまでもアニメとか」みたいな事を言われた……ってやり取りがライトフライヤー号の話になってましたねー。

 

同じアニメが好きだった、三人組。

香屋歩と秋穂栞。もう一人は、2年前にどこかへ消えてしまった。

その親友が残したのと同じマークのついた封筒が二人に届けられて。

調べてみても情報が出てこない、架見崎という町の名前。

訝しみながらも踏み込んでみて、彼らは不可思議なゲームに巻き込まれることとなった。

 

特殊な能力をポイントで購入し、それを用いた戦争で領土を拡大していく。

小さなチームに拾われた二人は、近隣の大きなチームの思惑に巻き込まれる事になりますが……

どちらも、ただの駒で終わる人材じゃないというか。

運営側の人間が初めに「ぜひ、戦いやすい能力を獲得してください」とか言ってくるガイダンスの中で、しっかり自分で考えて選択している。

確固たる意志を持ってる感じがしていいですねぇ。
書き下ろしとなる3巻も刊行予定のようですし、楽しみが増えました。


ミリオン・クラウン5

ico_grade6_4

「時間がかかるのは分かってる。だからその時間は俺が稼いでやる。……時代を、稼いでやる。(後略)」

 

いい息抜き回でしたね。基本的には。

王冠種を討伐したことで、戦後処理でドタバタしてましたが。

この時代において希望となる成果であることに変わりはなく。

赤服の一員、一真や那姫も休暇を取れるくらいの余裕があった。

 

そして、一真が大人気。

一週間の休みの間に、いろんな相談を持ち掛けられたり。

赤服筆頭、元ミリオン・クラウンである龍次郎との手合せであったり、那姫のデート等々。

静雨大使のデモンストレーションも見ものでしたし、立花が語ってくれた筆頭の過去と覚悟の話も、今伝えてくれて良かったと思えるものでした。

 

特に龍次郎との試合は楽しかった。

一真の剣技は優れているものの、それだけで崩せる相手ではない格と迫力があったのがいいですねぇ。成長のきっかけにもなったようですし。

デート問題は、一真と那姫それぞれにアドバイスをしてくれる人が居て。手を抜かない助力は、見ていて頬が弛むくらいには幸せなひと時でした。

 

それだけに、最後の展開の容赦なさに慄く。

この、くそ、ウロボロスゥゥゥ!!! 次なる魔の手が、じゃねぇんだよ、ちくしょう! 殴らせろ!!

しかしまぁ、どこまで手が伸びているというか侵食されてるんだ、コレ。こんな大敵が潜んでいてよくもまぁ人類生き残ってるな、感じです。


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?3

ico_grade6_4

「わたしは」

「そんなご主人様の支えになりたい」

 

原作1巻パートが終了して、そのまま2巻に入ってくれたのでほっとしてます。

絵が綺麗ですし、丁寧なコミカライズなのでこのま続いてほしいなぁ。

あと、抽選のアクリルキーホルダーの絵が帯に乗ってるんですが可愛くて辛い。一応応募しましたが、30名様は厳しい……

 

さておき本編について。

魔王に就任し、危険な自分の傍には置いておけない、とネフィを突き放したザガン。

ネフィの目が荒んでいて、涙が……

聖騎士シャスティルに遭遇し、服屋の店員マニュエラも駆けつけて。

 

女子3人で話をすることになってましたが。いやぁ、小説の最新刊読んだ後だと、ここのやりとりもまだぎこちないですねぇ。

「ちゃんと償ってもらいましたから」の場面でトーレスが木を怖がってる場面思い出してるシャスティルに笑う。

 

ネフィとシャスティルがそれぞれに覚悟を決めたところに、ザガンの名を騙る魔術師の邪魔が入って。

友達の為に、魔王の居城に踏み込むマニュエラが格好いい。

彼女のお蔭でザガンも吹っ切れたわけですしね。救助に行った先で魔術戦になってましたが、『魔術喰らい』の発動シーンがコミカライズで描写されると分かりやすくて素敵。

あれだけの物量を一瞬で書き返すとか、凄まじいな本当に。

 

おまけで入ってる、洞窟から脱出するザガンの図が、他人事だとすごい楽しい。笑える。

巻末の手島先生書き下ろしショートストーリー「ウォルフォレの〈魔王〉観察日記」も可愛くて良かった。

今回収録分だと、襲撃してきたウォルフォレ殴り飛ばした所で終わりなので手伝い部分のエピソードなのは、コミカライズしか読んでないとちょっと首かしげる感じになったのでは。……観察されてるザガンとネフィ可愛かったからいいか。

 



魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?9

ico_grade6_4
「では行くぞ。最期くらい、ちゃんと目を開けておけ」
 

ドラマCD付き特装版の発売が決定したそうで、今から楽しみですねー。

魔王シアカーンによる襲撃があったため、情報を集めるザガン。

オリアスに会いに行ったものの不在で、教会の総本部、聖都へ足を運ぶことに。

あらすじに「衝突を避けるため、二人は新婚夫婦に成りすます」と書いてありますが、いや「成りすます」も何も、そのものでしょう。

既に義理とはいえ娘もいるのに、何を今さら。じれったい二人が可愛くて素敵。

 

クリスマス回を入れたと思ったら、今回タピオカ出て来てて笑った。そしてそれ目当てに交易始めようとしてる所がさらに笑える。お前本当に魔王かよ……

基本的に観光のつもりだから、空気が緩いわぁ。のんびり。

まぁ、きっかけがあれば教会の深部に踏み込んでいく辺りは、流石というか。

 

ラーファエルの聖剣がザガンの手に落ちた、という情報が入り、聖都には十一人の聖騎士長が集結していて。

一年ほど前の騒動で、何人かが入れ替わって、まだまだひよこな聖剣の持ち主もいるようですね。

シャスティルがかつて枢機卿に殺されかけた事もありますし、教会も一枚岩ではないというのが改めて描かれて。大変そうですなぁ。

そんな中現れたザガン。ミヒャエルに話しかけた場面が最高でした。凄い笑えた。

まだ若い聖騎士団長が、実力に差がある中で、ザガンに一つ気づきを与えたというのが面白い。魔王として実力をめきめき伸ばしていった影響で、弱者の視点に気づかなかった。

それを自覚して、技を自発的に使って、また先へ進んだようです。

ついにオリアスとネフィが対面したところで、ザガンの両親についてネフィがどんな人だったのかと考えてましたが。

 

確かに、アルシエラに銀眼の王と呼ばれる彼がなぜ孤児になったのか。そこで出会ったのがマルクとステラって言うのも意味深ではあります。特にマルク。

キャラが増えて来たのもあってページがさらに増してます。これでも色々割愛したらしいんですが。

読者的には好きな作品を大ボリュームで読めるのは嬉しいですねー。フォルの成長や、シャスティルとバルバロスのやり取りとかも良かったですし。次回も楽しみです。



わたしの知らない、先輩の100コのこと1

ico_grade6_4

「――よろしくお願いしますね、せんぱい!」

 

あっはっは。楽しかった。

こういうのでいいんだよ、こういうので。

タイトル・あらすじから想像していた「青春ラブコメ」を十分堪能させてくれました。
イラスト担当のふーみさんのTwitterで拝見して購入したんですが、満足。

 

先輩男子と後輩女子の交流の話。

通学の経路としては、別の路線の方が主流で、もう一つの路線を使っている人はほとんどいない。

だから、同じ学校の生徒というだけで、印象には残っていた。

とはいえ、最寄駅が同じなだけ。毎朝同じ時間の電車に乗っているのは知っていたが、とくに話をすることもなかった。これまでは。

 

落とし物をした先輩、井口慶太。

それを拾い、「お話がしたいんですよ」と近づいて来た後輩女子、米山真春。

名前も知らなかったので「後輩ちゃん」と「せんぱい」って呼ぶ所からスタート。

そして「11問だけ、どんな質問でも正直に答える」というルールを設けて、少しずつ少しずつ相手の事を知っていく。


先輩視点と後輩視点とで描写が切り替わって、それぞれの心中が描写されるので、わかりやすくていいですねー。 
後輩ちゃんがかなりグイグイ来るのが楽しい。

最初こそ先輩の方も、電車の時間をずらしたりしようとしてましたけど。

後半は、かなり彼女の影響を受けているというか。彼女を受け入れ始めてて、もう早く付き合ってしまえばいいのに、って感じでした。

メロンブックスで買ったのでブックカバーもゲット。裏面のSSが良かった。店員さん、あなたとは仲良くできそうだ……。



本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!

 ico_grade6_4

読まなければいけない、と、そう言った。

「僕が読めば、その著者の書いた本に“意味”が生まれる。あなたの書いた本は、ちゃんと、後世の誰かに届いたよと。僕が受け取ったよと。僕が証明する」

 

ダンジョンがあって、それを探索する冒険者がいる世界。

アシタ・ユーリアスは田舎のダンジョン片隅にある書店で働いているもやしっ子。

本を読んでいられれば、それでいいというような青年だった。

けれど、生きていくためにはどうにか金銭を得る必要があって……彼は、本を読んで得た知識を提供することにして。

 

実際、名前が知れる程度には需要があり、成果を上げていた様です。

本来なら外から情報だけ出すはずが、現場に行かないと分からない物もあり……彼の求めるものを良く知る幼馴染にダンジョンに引き込まれる羽目に。

貴重な本を持ってきて、これ読みたいでしょ? とか悪魔か。

 

冒頭のゴブリンの一件は、ちょいとアレでしたが。

ひ弱な人間を引っ張り出しておいて、見失うのはまだしも、その後追われてる彼の様子を、しばらく見てたっていうあたり。オマケにその後笑ってましたからね……

アシタの弱さを見せて、エルシィとの気安さを演出する格好のエピソードで、読みやすくはありました。それに、そこで引っかかっても、続きが気になる魅力があって、全体的には楽しめました。

 

アシタ、情報を売っていたように、ただ本を読んで知識を蓄えるだけじゃなくて、それを活用できる人材なんですよね。

それで窮地を脱した場面もあるわけで、中々に得難い人材だと思われます。

今回得たものや、アルマの示唆した情報の事もありますし、またダンジョンに引っ張りだされるんだろうなぁ。流石に体力のなさを痛感して、少し鍛えるようにはなったようですが、元が元なので、あまり無理をしないで、生き延びて欲しい。



EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト 上

ico_grade6_4

「それを承知で来てくれたんだから、僕はその神様が一番いいです」

 

川上稔先生の新刊。

AHEADGENESISをつなぐ、EDGEシリーズの開幕です。

「チャットノベル」と帯にあるとおり、間に地の文が挟まる事もありますが、結構な割合が会話主体。
アイコンがついた状態で台詞が描写されます。

イメージしにくい方はカクヨムで連載してる作品なので、そちらを見てみるのもいいかと。

とか言ってますが私、カクヨム版読み損ねてる間に書籍化しちゃったんですよね……
フリースタイルの方は読んでたので「ダメサーの王子達」みたいな感じで楽しめました。

質疑応答も含めて、ポンポン進んでいくので、読みやすくはありますが……2段組みで純粋に文章量が多いのはちょっとしたトラップですかねぇ。面白かったですけど。

 

『境界線上のホライゾン』で言及されている“神代の時代”、人類が宇宙に進出し神へと至った時代の物語。

ですが、舞台は1990年代の立川。そこにある広大な学園で、古き良きゲームで盛り上がったりしています。

なんで? と思った時点で負け! 作品に引き込まれてるので読んでください。そこから派生させて沼にハマろう。

 

ただのゲーム、ただの90年代にしては疑問点が多い導入から始まり、何もわからない状態で主人公が、少しずつ進んでいきます。

隣室に越してきたらしい先輩や、ゲーム部の面々に教わりながら天地創造&神話再現とかスケール大きいこと言い始めるあたりは流石というか。

それを聞いて即座に順応出来てる住良木君は馬鹿だけど柔軟で、テラフォーミングの人間代表としては中々適しているんじゃないでしょうか。

 

巨乳信者で言動不規則というか、思った事ポロポロ零す、アクセル全開みたいな子ですけど。

彼の言葉は良く言えば純粋、悪く言うと欲望に正直なんですが。どっちにしろ先輩に良く刺さってるので、いいコンビですよ。

サポートしてくれるゲーム部の面々も個性が立っていて、やり取りが楽しいですし。上巻という事もあり、全体的に説明多めのチュートリアル風味でしたが、最後の状況からすると下巻では熱いバトルもありそうで今から楽しみです。

あと帯にコードを印刷してAR表示する企画は面白かったですね。
購入直後に真っ先にやってTwitterにあげたりしてましたし。この作品で言う啓示盤とかこんな感じかなぁ、とか。
何がとは言いませんが合言葉は「デカアアアアアアイ!!」です。


プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索