気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

うらら迷路帖

うらら迷路帖4

ico_grade6_3

「こなせなかったら退学とか言うんでしょ どーせ」

「まさかぁ」

「その場合皆さんの師匠を解雇します 皆さんのせいで大切な師匠が路頭に迷います」

「なおえぐい」

 

アニメ絶賛放送中のシリーズ。

相変わらずワイワイ楽しそうな日々を過ごしてますねぇ。

巻頭がカラーだったんですが、そこでやるのが「千矢の前髪が伸びすぎているから、寝ている間にこっそり切る」ために行動する4人の話ですからね。

臣も参加している辺りノリいいな、彼女。そして千矢、起きたら短くなっていた前髪への感想が「生え変わったのかな」ってこの野性児め……

 

4人組と臣は九番占の寮で五人部屋を割り振られて。

そこで臣の過去とかも語られてますが……好きな言葉が富と名声と権力。

最高難度の夢占を修めているのは「寝ながら占えるなんて一石二鳥」というもので。

自由だな……

 

そして、この間の試験がチーム戦のはずなのに一人で合格していたのは……

「じゃあチーム作ってー」という流れにうまく乗れず、一人で参加する羽目になったとか。

それで合格できてしまうあたり、実力は確かなんでしょうが。

千矢たちという友人が出来たし、これから存分に仲良くしてくれるといいですね。

 

事務員の先生がかなりえぐかったり、佐久隊長の意外な過去が明らかになったり。

椿先生の友人だったようですが、かなり気心の知れた仲のようで。

「ちゃんと授業やってるのか?」「本当か? 正直に吐け 嘘ついたら逮捕するぞ」とか言い出す辺りは笑ってしまいました。

最後、臣の夢さぐりの術で、千矢の夢に入り込んで「くろう」について調べようとか色々してますが……まだ、真実は見えず。

千矢の母親の事とか、明らかになるのはいつですかねぇ。



うらら迷路帖3

ico_grade6_3h

「言わばここにいる全員が競い合う宿敵同士…」

「今日に限っては弟子だろうと娘だろうと一切関係ありません」

「全員公平に厳粛にぶっ潰すつもりでいきます」

「安心できない!!」

 

九番占へ昇格するための試験に挑むことになった四人。

まだまだ能力的に至らぬところも多いけれど、支え合って進む姿には和みます。

試験官は持ち回り制で今回は巽屋の主人……紺の母親だったわけですが。

公平にぶっ潰しに行くって試験官が公言していいのか……

 

八番占への試験からは個人戦に変わるようですが。

千矢の占いは占いといか野性の勘的なところがあるからなぁ……

今回、「くろう」が出てきたことで占いの効果発揮してましたが……

母親が「裏切りのうらら」とかいう気になる情報とかも出てきましたし、謎が深まるばかりだなぁ。

 

そして、なんとか昇格試験を突破して、活動拠点が九番地にある学校へ変わり。

新キャラが登場したりしました。気になるのは、同じ試験を突破してきた一匹狼の臣でしょうか。

なんか思わせぶりな態度取ってますし。……どこか千矢に通じる雰囲気を感じますが。

どこでも寝るあたりとか。変わった子ですなぁ。4人と今後交流が増えてきそうですし、こっちはこっちで気になるところです。
しかし、アニメ化決定かぁ。このキャラたちは好きですけど、アニメにして映えるかというと……千矢の謎とか未だ明らかになってない部分も多いし、モヤモヤする終わりになりそうな予感も。

 

うらら迷路帖2

ico_grade6_3

「紺の夢は紺のものだよ」

「誰にも奪わせたりしないから一人で諦めたりしないで」

 

カラーページがいつもの4人と佐久隊長とその部下たちの騒がしい日常でちょっと和んだ。

甘いのが苦手で甘味処でカレー頼んでましたが、性格的には甘くとくに千矢の面倒を見て振り回されている姿を見るとお疲れ様です、と労いたくなりますなぁ。

 

1巻の最後、不思議な黒い獣を目撃した千矢。

酔っぱらって暴走した結果、不思議なものを見て眠りについた千矢は、その後丸一日眠り続けていたとか。

友人も心配しているようですし、さすがに佐久にも注意されて。

……ただ、酒飲んで寝こけてたからか、元気印の千矢は寝込んでしまい、看病をすることに。なんだかんだ、仲良い4人組ですねぇ。

 

最後の試練の時も、お互い助け合ってどうにかゴールしたようなものですし。

下手にこの形を崩さずに、彼女たちならではの占というものを見つけてほしいような。

しかし、二番占という最高峰に近い占い師であっても千矢の探し物については占えないとか、どうにも不安要素もありますなぁ。

どうして千矢の保護者は、この街に向かうように言ったんだろうか。秘密が明らかになる時を楽しみにしてます。

 

うらら迷路帖1

ico_grade6_3
「どんな時も笑顔で 前を見て歩くこと・・・」


占い師たちが集まる町、迷路町。
うららというのは、占いまちの占い師たちのことだそうで。
その力を操る条件は、十五を過ぎた少女であること。
新しく街に足を踏み入れ、占を学ぼうという少女たちのお話です。

相変わらず絵が好み。
巻頭のカラーもきれいですねー。
野山で育った動物と友達な野生児、千矢。
財閥出身で自分の名前が嫌いな小梅。
新人三人娘の中では一番占いに詳しい常識人、紺。
ここに、お世話になる棗屋の講師の妹で人見知りするノノが加わって。
この4人が迷路町で繰り広げるドタバタ喜劇。

占いの勉強をしたり、それぞれの苦手なものの話をしたり。
千矢は髪を切られるのが嫌でノノは雷が怖いとか。
日常パートの方が多かったかなぁ。あと女の子ばかりだからか気づくと甘味屋行ってる気がします。

千矢の母親がこの町にいるらしい、っていうのと。
彼女にいろいろ教えたセツって人物がまだ登場していないのが結構気になります。
最後なんか気になるものと接触してましたし、次回どうなるかなぁ。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索