気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

えいちだ

そして異端の創換術師2 現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る

ico_grade6_2h

「だけど、それでも俺達の世界は発展を続けている。いつか人間が技術に追いつく日も来るさ。いつかな」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。           

キャンペーン追加タイトルで、対象期間は7月末日まで。

 

1巻で千年前の世界に飛ばされ、なんとか現代に生還するための道筋を付けたエリオット達。

特殊な時間魔法を使い、千年をやり過ごす……魔法の眠りのようなもの。

しかし、それには魔力塔が健在であることが必須条件で。

                                          

外部の時間で言えば20年弱で目覚めてしまった、現代魔術師一行。

それは塔に入った当初よりも状況が悪化して、戦乱の余波によって魔力塔が一時停止してしまったのが原因で。

再起動しようにも、エリオットたちを見送ってくれた王は既に亡くなり、後を継いだディランも不在。

アーシェの薬問題もあるため、可能な範囲で問題を解決しようと行動を開始していますが

 

……まーた随分なトラブルに巻き込まれてますねぇと言うか。

創換術の影響力故、問題が発生しやすいというのはあるんでしょうね。

今回もエリオットたちが目覚めていなかったら、歴史が変わっていたかもしれないレベルですし。

国家間の争いで、現代魔術師たちのスペックがいくら高かろうと犠牲は出る。

その辺りしっかり描いていたのは好印象ですが、全体的に淡泊な感じもしましたねぇ。

現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る

ico_grade6_3

「あなたはわたくしに仰ったではありませんか。未来のために、わたくしが死ぬ必要はない。だから何があっても生きろと……。それはあなた自身にも言える事ではないのですか?」

 

最先端魔術を学ぶ学校に通うエリオットは、幼なじみと共に千年前に転移させられて。

学生とはいえ、通常過程を修了して、より専門的な学問に取りかかっていた研究者でもあって。

新しい魔術を創り出したエリオットと、首席のアーシェ。基本スペックが高い二人で、別の時代・場所に送りつけられても生き抜ける人材だったのはラッキーというべきか。

最終的に必然だったと明らかになったりするんですが。

 

産業スパイとして潜り込んでいた少女ラキアと行動を共にして、千年前の時代で情報収集したり戦闘に巻き込まれたりしてますが。

かなりサクッと話が進んでいったなーという印象。

サイラス先生は、うん。冒頭から名前出てたからどこかしらで関与して来るとは思ってた。

 

首謀者・実行者から現代に帰還する術を聞き出すとかじゃなくて、自分たちで戻る方法を編み出してしまう辺りとんでもないというか。

この二人セットにしておくとこの調子でどんどん新技術編み出すのでは……? とか思った。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ