気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

かいとーこ

詐騎士 特別編 恋の扇動者は腹黒少女

ico_grade6_3

「大丈夫。竜は賢いから分かりやすいの。キラキラのたまにえ、力の使い方を練習するのよ。男に頼らず自分で稼ぐの」

 

7~8巻は積んでたので単行本だったんですが。特別篇はkindleで購入。
刊行から時間経ってるので探すのも手間だったので……。あと、8巻の終わり方がアレだったもので、続きを読みたかった。

タイトル通り、恋に焦点を当てた、本編後のエピソードを収録した一冊。

ティタンとウィシュニア、ニースと姫様。ルースやアリアンセの話などが収録されています。

第一話~第七話、終話と番外編の9編収録されていますが、各話ごとに時間軸が結構動きますね。

一話ではルゼがまだ妊婦なのに、途中で出産して、人に預けて外での仕事が出来るくらいに復調してましたし。

 

パリルちゃん、立派になってました。

かなりルゼを筆頭に、強い女性陣の影響を受けている感じがしますが。

まぁ、特殊な傀儡術を扱える以上、弱腰でいるよりは彼女の為になるでしょう。

ルース君の恋の話まで出てきたのはちょい意外というか、割とお似合いのカップルになりそうでしたけどね。

 

しかし、弟ですら男を見せたのに、婚約者という関係で一番無難にまとまっている筈のニースと姫様の関係の進展が亀の歩みでちょっと笑ってしまった。

ニースが幼少期にしたことのツケが溜まっていたせいでもあるので、すぐにくっつかず、時間をかけて少しずつ歩み寄っていく展開に落ち着いたのは良かったですねー。

当たって砕けた後のニースが強かった。

そして、概ね恋絡みのエピソードがまとまったなぁ、と思ったら最後に小娘たちがオチ担当という。
いや、本当にしぶといな彼女ら。もうそういう「引っ掻き回す装置」として使い続ける算段なのかなぁーという感じ。


詐騎士8

 ico_grade6_3

「夫婦になるんですから、仕事以外のことでも苦労を分かち合えたらぐらいは思っていますから、多少は甘えてくれてもいいですよ」


積読。
最終巻、らしいです。

ルゼとギルの結婚式に向けて、調整したりしててまぁ恋愛の方に決着がつくのはいいんですけど。

散々かき回してくれた小娘たちに逃げられたのは、ちょっと腑に落ちないというか。

 

ここに来て新キャラ出してくるぐらいだったら、紙面割いて確保して欲しかったかなぁ……

本気のギル達から逃れる手腕があってこそ、これまでの成果があったというか、コアトロが権力握り続けていられるのかなぁ。

 

ウィシュニアがティタンを落とすべく、アドバイスをルゼに求めて。

聞く相手を間違えたわけでも、アドバイスが間違っていたわけでもないのに、どうしてあぁなった……

しかしまぁ、生まれが生まれとはいえ無欲すぎるのも難ですねぇ。贈り物するのも大変だ。

婚約者という肩書があるのに、未だにろくに進展してないニースと姫様も相当ですけどねぇ。

今回は、結婚式回ということもあって、これまでの暗躍要素は控えめで恋物語みたいな様相でしたねー。

詐騎士〈8〉 (レジーナブックス)
かいとーこ
アルファポリス
2014-07-01


詐騎士7

ico_grade6_3

「気にしてるのはそこですか? どこの乙女ですか?」

 

積読。ギルとの婚約が決まり、準備が着々と進んでいます。

確保した傀儡術師たちの拠点も設け、彼らへの教育も始まっているようです。

まぁ、最初は神官連れていたとはいえ、事故物件の除霊から入ってましたけど。

これまでもルゼは結構器用に傀儡術を使っていましたが、実際制御能力トップクラスみたいですねー。

 

彼女を苦戦させた組織のメンバーでも、皿をまとめて動かすのには難儀するとか。

ルゼと同じ、物を苦くする魔力持ちはいましたけどね。発現しやすいのか? 苦味魔力。

少しずつ勉強して、それぞれに未来を思い描けるようになったのには、安心しましたねー。良い庇護者を見つけたね、本当に。

 

聖女様の侍女であるウィシュニアの恋の話とかもありましたが。

メインは、地下で開催される王族の会議に合わせて足を運んで顔合わせをする流れになったところでしょうか。

またしてもギルが誘拐される羽目になってました。なんだこの王子様。普通そういう誘拐される役回りってお姫様だろ……まぁ、騎士モードのルゼが、割り切りまくった格好いい子だから仕方ないですね……

 

詐騎士〈7〉 (レジーナブックス)
かいとーこ
アルファポリス
2014-01-01


詐騎士1

ico_grade6_3
「私はあまり長く生きられない身体だと言われております」
「やりたいことを やるんです」
 そして これは ルーフェス様のお心だ

そうたとえ相手が姫君だろうと 私はこの嘘をつき通さねばならない 
 

正直懐かしいと思いましたが。

単行本版で読んでましたよ、途中まで。いや、残りも買ってはあるんですけど積読の山に埋まったまま発掘されてないので、実はどう終わるのか知らない。

完結巻まで読み終わらないうちに外伝の薬草魔女でしたっけ? だとか文庫版とかも出てるんだよなぁ。

いい加減発掘するか……

 

閑話休題。詐欺師な騎士の少女の話です。

性別、年齢、身分、余命すべて詐称して騎士として活動している少女ルゼ。

貴族の義務として複数の男児がいる家には兵役が課される。

けれどある一族の次男は体が弱く余命宣告を受けている身。

その為、少女が男装して「ルーフェス」として騎士団に所属して……色々と騒動に巻き込まれていく話です。

 

女子であること、本当のルーフェス自身が病弱であることも含めて騎士として動くのは大変そうですが……

ルゼには魔術の才能があって、それで不足を補ってうまくやってます。

能力故に面倒事に駆り出されたり、王子と対面する羽目になったりと、代理としてそんな騒ぎに巻き込まれ行っていいのかと思わなくないですが。

ルゼが生き生きとしてるので、読んでいて楽しく感じる。割とサクサク進んでますなぁ。原作もこんな感じだったろうか。

……今度読み返そう。

詐騎士 1 (Regina COMICS)
かいとーこ
アルファポリス
2016-07
 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ