気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

このライトノベルがすごい!

このライトノベルがすごい!

ico_grade6_4

このラノ2021結果発表。
昨年までは10作品に投票できましたが、今年は半分の5作品に。

結構悩みましたねぇ。他の方もそうだったのか、今年のランキングは結構様変わりした印象を受けました。
よう実、連れカノ、友崎君辺りは継続して入っていました。と言うか。連れカノは去年もランクインしてましたし、他2作は最低でも3年連続(パッと確認できるところに2019ランキングまでしかなかった)ランクインしてるので、結構強い作品ってイメージですね。実はどれも読めてないんですが……。

 

勢いとかを見るに今年は友崎君かよう実か、と思っていたので千ラムネが1位をかっさらったのには正直驚きました。1巻は買ってあるので、近いうちに読みたいですね。

単行本部門では『異修羅』がトップを獲得。昨年は『Unnamed Memory』に続き、これで2年連続、電撃の新文芸が単行本部門1位だったわけで、知名度上がってどんどん売れて欲しいところです。

トップをとった2作品の作者インタビューと、注目作品として6作品ほどカラーページで著者コメントが付いていました。『楽園ノイズ』の2巻製作中という情報は嬉しいですねー。

 

私の投票結果は下記の通り。

1、Babel  単行本5位/新作21位/総合38

2、今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 文庫14位/新作7位/総合16

3、竜と祭礼 文庫39位/新作24位/総合46

4、わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 文庫23位/新作13位/総合25

5、たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。 ランキング外

 

去年は10冊投票して、ランキングに入ったの6品(総合96位とかのスレスレも在りましたが)。
それに比べると今年は5分の4がランキング入りしてるので、それなりに良い確率なのではではないでしょうか。
文庫トップ10はかすりもしませんでしたけど。あっちは2冊くらいしか読めていませんでしたので、そっち当てるのは難しかったかな……。

今年は新作縛りにしたため泣く泣く見送ったのですが『Unnamed Memory』にも入れたかった……けど、新規読者もついたのか単行本3位と結構いい位置にいてほっとしました。

年々参加者が増えており、今年は9576人。この調子でいけば来年には1万人を超えますかね。もっともっと盛り上がってくれるといいですけど、さて。


このライトノベルがすごい!2020

結果発表された、このラノ2020の感想記事です。
ネタバレ含むのでご了承の上ご覧ください。

続きは下記。続きを読む

このライトノベルがすごい! 2016

三年連続1位を獲得したため、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』が殿堂入り。
そのほか、新作部門の第1位・2位の作者にインタビューするなどで少し紙面が変化していました。
まぁ、上位とる作品が定着してきちゃっているので、今年も総合1位の作者と絵師にインタビューだと、内容変わり映えしなくなりそうですし。
編集部も多少苦心したのではないだろうか。

例年、時期になると「今年は投稿しようかなぁ」と思いつつ、アンケートの期限過ぎてるってのを繰り返していたんですが。
今年はやっと期限内に投稿しました。わりと滑り込みだったような気がしますが。
作品部門で投稿したのは1位と3位に入っていました。
あとさすがに「薬屋のひとりごと」は35位と下位だったなぁ。
……読んだ直後だったので、印象に残っていたんです。

一方でキャラクター部門は箸にも棒にも掛からぬ状態でしたが。
女子キャラはマイナーな作品とかからあげていたのでことごとくランク外。
男子キャラクターは9位と11位と18位か。
それぞれで上位に入っているキャラを見るに、SAOと魔法科と禁書の最新刊あたりを積読の山に埋めてしまったあたりに敗因があるような気がしますね。
あと、自分でもよく分からないこだわりで部門ごとに作品かぶりを避けているあたりもかかわってそうです。
こう数読んでいるせいであっちもこっちもとお気に入りのキャラとかがあって、中々まとめられなかったんですよねぇ。

自分のコメントも二つぐらい使用されているのは発見。
ランキングに入った数からすれば使用されている方でしょう。
アンケート協力してみると、まぁ、これはこれで楽しい。
来年もまた参加したいものですねー。

 

このライトノベルがすごい! 2015

ico_grade6_3

1位を取ったのは、アニメ2期が予定されている「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」。
2年連続1位達成で、今売れている感じですねー。
まぁ、実際勤務先でもじわじわ売れてますし。
毎年投票しようと思っていて、用事に追われて、投票し損ねるんですよね……
今年こそはと思っていたんですが、すっかり忘れてました。残念。
来年は投票します。したい、じゃなくて。

しかし、上位は変わり映えしない作品ばかりになってきて、ちょっと面白み薄れてきましたね。
殿堂入りとかなんかで枠の外に置くような作品出してもいいんじゃないのかなぁ。
それこそ今回の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』とか
アンケート回答者の読書冊数が少ないですねー。101冊以上読んでいるのは16%だとか。
まぁ、読書離れっていうのは前々から言われていることですし、年に3冊読まない人すらいるっていうような話もどっかで聞いたような気もします。
それを考えれば、半数以上が少なくとも10冊以上読んでるのは良いこと、なのかなぁ。
読書量少ないとどうしても、アニメ化しただとか注目集めやすい作品に票が集まってしまうんですけどね。

イラストレーターインタビューは、ぽんかん⑧さん。
他に、榎宮祐さんのイラストギャラリーとインタビューも掲載。
榎宮祐さんのインタビューは笑った。
なんでも、絵師の榎宮祐と著者の榎宮祐、二人の仲は険悪だそうですよ。
絵師が、ビジュアル先行で設定作って、著者がそんな設定書けるかと切れて暴走して、絵師が画面が地味だというので、舌打ち交じりに本文直して。最後に絵師が描く段階に「こんな設定にしたのは誰だ!」と騒ぐとか。
……ってそれどっちも自分! 自業自得というか自縄自縛っていうんじゃないだろうか。
マジに病人なもので、六月にドクターストップかかって、それでも仕事してたら、九月に強制ドクターストップ入ったそうです。
続きには期待しているので、ぜひとも、お体を大事にして、無理しない範囲でやってほしいものです。


このライトノベルがすごい! 2014

ico_grade6_3
「書いていて自分でもウルっと来てしまう…………執筆の辛さに(笑)」


このラノもついに10周年だとか。
それを記念して10年のベストランキングとかも乗っていて中々面白いですねー。

今年の1位はSAOを抜いて、「俺の青春ラブコメは間違っている」。
1巻読んで、嫌いじゃないけど、しばらくはいいかなーと置いてそのままでしたねー。
さてはて。好評化なようですし、懐に余裕があるときにでも手を出してみようかと。
1位を記念して、渡航さんのインタビュー記事も載っています。
冒頭のセリフはそこからですなー。

このラノは基本的に、見て楽しむ方なんで特に投票とかはしてないですねー。
ブログ開設したことだし、来年もあるだろうからその時はHPにでも言って投票しますかねー。
来年の話すると鬼が笑いますが。
どーなることやら。案外さっぱり忘れているかもしれません。

今回一番笑ったのは、しれっと11位に野崎まどさんの「独創短編シリーズ」が入ってるところですよね。
なにやってるんですか。
いや、アレ、ありなのかよって意味で笑えますけど。笑えますけど。
まさか11位にまでなるとは思わないじゃないですか。

あと一押しなのは13位の「クロックワーク・プラネット」ですかねー。
2巻も今月発売で、またいい感じなので、是非とも呼んでもらいたい。
ただ、2巻は続く、な終わりをしているのでこれから読む人は3巻を待ってもいいかもしれない。

10年間のランキングを見ると、完結した作品がやっぱりあるわけですよね。
文学少女シリーズとか。BBBとか。そういうのを見ると人気だったんだよなぁ、とかしみじみと思ってなんか読み返したくなってきますねー。

10年前というと、まだ自分はラノベ読み始めてなかったですねー。
小学6年かな。図書館でタンタンとか読んでいたように思います。あと南総里見八犬伝。
なんか4巻構成のが置いてあって、やたらと気に入って当時何度も読み返していたのを思い出しました。
自分のラノベデビューは翌年、中学1年の時に、部活仲間に借りた「キノの旅」が最初でした。
その次に読んだのが「撲殺天使」でしたけど。こっちは先輩に借りました。
「撲殺天使」は文章合わなくて1巻で挫折しましたね。
キノではまって、ラノベを買うようになったんですよねぇ。懐かしいです。
色々思い出すこともあったので、今度、読み返して、感想を上げていこうかと思います。
新刊優先させるつもりなので、ちょっと先になるとは思いますけれど。
 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ