気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

さくらコンタクト

さくらコンタクト route B 真智ありす

ico_grade6_3

「もう、離さない――ずっと、ありすと一緒にいる」

 

シェアワールド「さくらコンタクト」のrouteB

いや、久しぶりに日日日先生の作品読みましたけど、流石というか。

そうそうこんな感じの作品書く人だったと何となく懐かしくなりました。

学生時代『狂乱家族日記』読んでましたよ。記憶薄れてるので読み返したい……けどアレ確か実家に置いて来た気が……

 

七月先生の桃子ルートが、未来視とかの特殊能力はありましたが、普通のラブコメしてました。

ありすルートもラブコメであることは間違いないです。

ただ、こちらはもっとオカルト的というか。佐保姫様なんて、人が触れたら咲く桜があるなら別種の怪異だってあるよね! みたいなノリ。

あらすじで言う所の「姉萌え伝奇ストーリー」。

 

桜を咲かせた後、分岐して……春彦がかつて出会っていた、神社の巫女、真智ありすルートへ突入。

春彦に生じていた異変を解決するために、色々やって失敗したりいちゃついたり。

一度は忘れてしまったことを、思い出して駆けつける春彦が主人公してて格好良かったです。


さくらコンタクト route A 小川桃子

 ico_grade6_3

「あんたの好きなことなんだから! あんたの好きなことで話できなきゃ――意味ないじゃない!!」

 

新学期初日に、校内に在る桜の古木・佐世保様を咲かせられた生徒には、必ず素敵な恋人が出来る。

そんな伝説がある学校。多くの生徒は疑いながら、話のネタ的に、あるいは青春の恒例行事として、この「恋のおまじない」に参加していた。

 

年を重ねるごとに参加者が増え、生徒会が管理するイベントにまでなってるというのは笑ったというか……学園も付き合いが良いと言いますか。

下手すりゃ教師陣から禁止と通達が出たかもしれないので、懐が深くて良かったねぇという感じ。

 

主人公の桜木春彦は、例年は面倒だから参加していなかったが、気まぐれに列に並び……そして、桜を見事開花させた。

一躍時の人となり注目を集める彼には、朝起こしに来て、春彦の妹とも仲が良い桃子という幼馴染の少女が居て――彼女としてはちょっと面白くない状況。

だがある日、桃子は特定条件の未来を見る能力に目覚め……

桃子が死ぬ未来を見る、という話を聴いて春彦はそれを回避するため、未来視の情報を元に行動を変えていくことに。

 

あらすじに在る「春彦のギャルゲ物語をジャンルごと終了させてしまう!」というのが的確すぎる表現ですね…

うん、収まるべきところに収まるラブコメって感じで楽しかったです。

ちなみにこれも積んでましたー。5年物……もう笑うしかない。

routeAとある通り、routeBもあるのですが、シェアワールドでそちらは日日日先生執筆ですねー。そのうち感想書きます。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ