気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ささやくように恋を唄う

ささやくように恋を唄う3

 ico_grade6_4

「きっとこれが 私の恋なんです」

 

依からの告白への返事を保留しているひまり。

少しずつ相手を知って、距離を近づけて。みていて微笑ましい交流は続いていましたが……

ひまりに対して、アキが私がもらっちゃってもいいの? と発破をかけて来て。

その発言はかなりひまりにダメージを与えて、またぞろ悩みまくってました。

 

部活動で間違えてしょっぱいタルト作ってしまうくらいには、引きずってたようですけど。百々花先輩に相談して、気持ち切り替えられたのは良かった。

「少なくとも私の“好き”はその気持ちの先にあるわ」という先輩の笑顔が可愛くて良き。

あと、アキ先輩も色々言ったことを後日ちゃんと謝ってくたのは良かった。人が出来てる……

 

下駄箱で遭遇して、一緒にかえる二人が可愛い。

失敗したタルトを先輩がかじって、次は失敗してないの食べて下さい! とひまりが返す。

これで付き合ってないんだぜ、この二人……! 途中、百々花先輩が来て、ひまりがそっちに行ってしまうのが嫌で、引き留めようとした依が可愛いんだよなー。

百々花先輩が依先輩の名前に反応していたのが気になるんだけど、なんだろ。

 

待たせているのが申し訳ない、というひまりの気持ちを聞いて。

それなら1か月後のライブで返事を聞かせて欲しい、と期限を切る形に。

惚れるような演奏を絶対すると断言する依は格好良い。恋してるときの可愛さと、普段の格好良さのギャップがあるので、依が最強に見える……

バンド仲間にひまりを合わせた時、他の先輩が可愛がってる様子をみて圧をかけてるところも、笑えました。

あとひまり、割と普通にバンドの先輩方と馴染んで「背くらべしますか?」とか言えるの強いな……小っちゃくてカワイイ二人が、背くらべしてる図、立花先輩的にはとても美味しい構図だったのでは。ご満悦って感じの顔が良い。

そして、ライブ当日。
依がやりきって、ひまりが自分の想いを見つけて。
いやぁ良いハッピーエンドでしたね!(終わってない)
新キャラが登場して、アキ先輩と縁があるようでしたけれど……
さてここからどういう展開になるんでしょう。
付き合ってない段階でも既に甘かった、依とひよりがどう変化するのかも楽しみですねー。

ささやくように恋を唄う2

ico_grade6_3h

「チャンスくれるってことだよね?」

 

憧れと恋心。想いは確かにあるけれど、その温度は異なっていて。

デートの別れ際ついに依がひまりに告白して。

そこから、二人ともちょっと態度がおかしいというか、距離をとってひまりがグルグルと悩んでいました。

でも、両親のなれそめを聞いたりして、ひまりは依に一歩近づこうと決めた。

 

とはいえ、まだ気持ちを恋と定めたはなく、傍で気持ちを確かめたいというもので。依がチャンスくれるんだよね、とポジティブなのが良いですね。

そして依はバンドへの参加を決めて。ひまりの方は家庭科部に入部する事になって。

学年が違う事もあって、それぞれの時間を過ごしつつ。空いたタイミングで、一緒にお話をして。他の先輩と仲良さそうな話を聞いて、内心で黒いものが渦巻いている依先輩の巨大感情っぷりが素敵。

このままゆっくりと進んでいくのかと思ったら、最後ひまりの方に爆弾が投げ込まれて。さてはて、どこに着地するかな。



ささやくように恋を唄う1

ico_grade6_3h

「もっとホレさせるから覚悟してね」


Twitterで宣伝を見て気になったので購入。

数日たっていたのもあって見つからず3件くらい本屋はしごしてしまった……

高校の入学式、1年生のひまりは新入生歓迎会で演奏したボーカルの先輩、依の歌声に憧れて。

実際に彼女に会いに行って一目惚れですと叫ぶ辺り、行動力に溢れかえっていて凄い。

 

先輩の依の方も、彼女の熱量に一目ぼれして。

ただ、ひまりはあくまで憧憬であるのに対して、依の方は恋心。

絶妙にすれ違ってはいるんですが、お互い好意を持っているのは間違いなくて。

 

その二人の交流が、見ていてこうにやけてしまうというか。

なんで付き合ってないんだろうと錯乱しました。

猫好きという共通点もあり猫グッズ買いに一緒に出掛けたり。ひまりが気軽にデートと言ったのに悶えている依先輩が可愛かったです。

最後先輩の方が踏み込んで来て、ひまりの気持ちに焦点が当たりそうですが。どうなるかなぁ。



続きを読む
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ