気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

しのとうこ

ぼんくら陰陽師の鬼嫁2

ico_grade6_4

「ね? うちの末っ子は、デキた奴っしょ、奥方? あれでも、大将の最新の式神なんでね。性格は悪くてもデキはかなりのものなんすよ」

()

「うん、そうだね。いい子だって思う」

 

家事で済むところを失い、陰陽師と契約結婚をした野崎芹。

まぁ、最初にそういうものとして割り切ってるから、いい感じに北御門の家に馴染んでる感じがしますけどね。

式神たちとも仲良しで、いい雰囲気です。

別の場所で修行していたという見鬼に特化した式神朱雀の錦が戻ってきて。

 

利害関係が一致した契約とはいえ、結婚した以上は北御門の関係者に結婚のお披露目をしなくてはならない、なんて話があったり。

芹の大学の友人たちが旦那さんに興味を示したり、と今後面白くなりそうなネタもまかれていましたが。

今回のメインは、悪霊に憑かれたという依頼への対処。

持ち込んだのが芹の大学の友人、という事もあり外聞も気にして皇臥は対応に動くことに。

 

そうして動く中で祈里の危うさ、何かも出てきてましたが。

まぁ、なんだかんだで玄武の双子は可愛いから良し。北御門の家に戻り、芹たちの傍にいられるようになった今なら、これ以上歪まないでしょうし、より良い方向に変わっていけるんじゃないかなぁ。

退魔の祈里と見鬼の錦が居たから、悪霊がらみっぽい依頼にも臨んだってことですが……芹に渡してた最終手段が、本当最終手段すぎてもう……

アレは酷い(褒めてる)。芹が怒ったのも無理はない。

けど、その発想に惹かれ弟子が出来るかもしれないという、人生何がどう転ぶか分かりませんな……

 

モノトーンミュージアムRPG スーパシナリオサポートVol.1 絹割きは聖夜に舞う

ico_grade6_3h

「憎しみを理由とするのは容易かろうさ」

「お前がそれを信じるのならここで物語は終わりだ」

 

御標が下される左の地を舞台にする、モノトーンミュージアムRPGのシナリオサポートです。

このシナリオサポートのテーマが「聖都」だそうで、

演目も聖都を舞台としたものが二つ収録されております。

 

表題の「絹割きは聖夜に舞う」はかつて聖都で起きた惨劇『絹割きの夜』の亡霊が蘇る演目。

もう一つの「火刑来たりて救済の」は、PC1が異端の魔女だ、と断罪する御標が下りPCたちが対応に追われる演目。

演目の頭に、シーンを抜粋した1Pマンガがあって、このシナリオもやってみたいなぁ、とか思いました。

モノトーンは参加したこともないので、ルール的な部分把握しきれてないのが正直なところなんですが。

 

巻末にはボスキャラテンプレートや、エネミーのデータ。

聖都に関する解説記事が掲載されております。パーソナリティーも追加されてますね。

左の地の世界観が結構好きと言いますか、「名所解説」のコラムが心躍りますね。

記録書院とか、掲載の演目中にも出てきましたが、情報の出どころとして便利そうだなーとか、色々思いましたけど。

 


薬屋のひとりごと6

ico_grade6_3

「私はあなたに幸せになってもらいたいと思った。ただ、それだけなのです。その願いすら、単なる官の一人には過ぎた望みでしょうか」

 

壬氏がついに行動を起こしましたが……猫猫にいいように振り回されますなぁ。

本当に彼女は猫みたいに気ままなので、壬氏からしても調子が狂うのではないでしょうか。

馬閃との会話が噛み合ってないことにも気づかずに誤解を招いてましたしね……笑った。

 

猫猫の周りでもチラホラ怪しい動きがありましたねぇ。

変人軍師の実家で当主の座を奪われた老人に絡まれるなどもありましたが。

羅の一族は変り者ばっかりだな、ホント……それに振り回されてるご老体は哀れ。まぁ、彼自身小物臭くて、羅漢に蹴落とされなくても別の奴に追われてたんじゃないかなと思えますがね……

 

里樹妃の周りもきな臭いというか、彼女もトコトン運が悪いというか巡り合わせが良くない。

あちこちから疑いを向けられ、大分心を痛めたのではないでしょうか。

思惑が重なり、妃でありながら幽閉されることに。命を狙われるのを危惧し、守るために隔離した結果なんですが……

 

よりにもよって、なんでそいつと接触してしまったかなぁ、という状況になって。

此ればっかりは彼女のせいではなく、管理が甘かった周囲のせいだと思いますが。

まぁ、その結果としてなんか綺麗にまとまりそうな感じになってたのは、良かったですが。猶予期間があるわけで、その間に何かトラブルが起きないことを祈ります。

 

ぼんくら陰陽師の鬼嫁

ico_grade6_3h

「わかった、結婚する」

出逢って十数分。浪漫も風情も情緒もない無味乾燥なプロポーズはこうして受諾される。

(略)

「それでは……我が家にご案内しよう、我が花嫁」

 

何かと不幸に見舞われる体質の野崎芹。

ついには住居が火災に見舞われ、家なき子に。築年数が長く、ボロかったため家賃が安かった。

この機に建て替えて、その場合は優先的に部屋を貸してくれる……と大家さんは言ってくれたが、直近でバイトも首になり、経済的に見通しが立たず断念。

 

公園で黄昏ていた彼女は、通りすがりの陰陽師に唆されて、その手を取ることに。

いやまぁ、唆されてってのは語弊ありますけど。ちゃんと交渉して、条件に納得した上で契約しているわけですし。

……まぁ、相手が陰陽師だと明かしていなかったのは確かなので、ちょっと騙されていたのは確かですけどね。

それでもメリット・デメリットを計算して受け入れる辺り芹もいい根性してます。

 

ビジネスライクなスタートを切った二人の関係ですが、これが中々いい感じにはまっていて。

会話の調子なんかもそうですし、読んでいて楽しい二人ですね。

陰陽師と言うだけあって式神を連れているんですが、彼ら彼女らもまた個性があっていいです。可愛い。

 

芹の夫となった北御門皇臥。

彼は本来家を継ぐ予定のなかった次男で、才能が偏っているとか。

特にお祓いなんかは苦手ジャンルとかで。……家を絶やすわけにもいかず当主をやっているというけど、それは大変だろうなぁ、という感じですが。

今回は何とか、呪詛系の依頼を解決できましたし、手札も増えましたが、いつもこう上手くいくとは限らないだろうし、先行きはちょっと不安。

ただ、この夫婦の関係は好みだったので、次にも期待。

 

 

ダブルクロスThe 3rd Editionサプリメント タイムリゲイン

ico_grade6_3

朝日:……でも、僕はお前の理想なんて信じることはできない――

GM:「何故だ?」

朝日:だってエレイン姫が泣いたじゃないか!

 

TRPG『ダブルクロス』のサプリメント。

「オーバークロック」に記載された「クロノスガーディアン」を利用した、「複数のステージに亘るセッション」をモチーフにしたとか。

 

リプレイと、データから構成されていて、リプレイでは基本ステージから2人、ホーリーグレイルステージから2PCを選出してます。

旧版のリプレイも読んだことあるので、嵯峨童子の本体であるガウェインが肉体を得ていたのが中々面白かった。

思念のこもったレネゲイドビーイングが先に登場して、後に本体が描写される展開が面白いと言いますか。

 

リプレイ自体は、聖杯とか聖槍とか中二心くすぐりそうなワードが盛りだくさんでしたね。

複数のステージにわたっている演出として、それぞれの価値基準が異なるというロールプレイもうまく描かれていたと思います。

 

データ部分は『オーバークロック』の追加ステージで使用できるユニークアイテムと各ステージ用のエンブレムデータ。

エンブレムデータは必要経験点多いけど、なんというかロマンあって好きです。エンブレム所持PCとかプレイしてみたいものですが、最近GMやってばっかりでPC参加してないんだよなぁ。セッションやりたい……

ダブルクロス The 3rd Edition サプリメント タイムリゲイン
矢野俊策
ファーイースト・アミューズメント・リサーチ
2016-02
 

薬屋のひとりごと5

ico_grade6_3

「いらっしゃいませ!」

猫猫の元気な声に、おののくのは壬氏だった。その後ろでは、なにがあったと言わんばかりにあんぐりと口を開けた高順がいた。

「おっ、おい、どうした?」

「小猫、今いるのは壬氏さまですが人違いではありませんか?」

 

前回の騒動から時は流れ。

猫猫は古巣に戻り、壬氏も皇弟として職務につくようになって。

まぁ、距離が出来ようと紡いだ縁までなくなるわけではなく。

むこうから話が持ってこられて、相談役としていい感じにこき使われているような。

 

厄介事の種を見つけて、訪問の際に律儀に報告している猫猫も猫猫ですがね。

しかし火のない所に煙は立たぬと言いますが。この国、燻ってる物多すぎじゃなかろうか。

長く続けばそれだけ歪みって言うのは出てくるものですし、他国のつながりを描くなら間諜だっているでしょうけど。

暗躍している勢力が多すぎて、いつか喉元に刃突き立てられそうで怖いなぁ。

 

蝗害が起きるかもしれない、という前振り。

仙術を使うと噂された白子の美女が属する一団についての話。

西方に赴くことになり、その道中で立ち寄った紙づくりの村では、所有権をめぐる争いが起きてましたし。

辿り着いた都では都で、なんか不穏な出来事が起きてますし。

そんな中でついに、壬氏が距離を詰めていましたが。猫猫が、自分の感情で反応するのではなく。妓楼育ちの反射で答えているあたり、ちょっと拙速なんじゃないかと心配にはなります。



ウロボロス・レコード1

ico_grade6_2h

「最初の質問に戻りますが、後悔しているのですか? 命と引き換えに、ご主人様のモノになったことを」

(略)

「後悔しているよ、今はな。だがよ――」

(略)

「――その今があるのは、生きているからだろ? なら、いつか帳消しになると信じて、生き続けるさ」

 

小説家になろうの書籍化作品。

帯に「ダークヒーロー」と有りましたが、ひたすらに闇が深いだけで、ヒーロー要素ないんですけど……。

レーベルのコンセプトからすれば、モンスター文庫の方が近かったんじゃないだろうか。

ヒーロー文庫は「男なら誰もが夢見るシチュエーション”にハマらせてくれる」ってサイトにありますね。

モンスター文庫はチラシだかに「正義<ヒーロー>だけじゃつまらない!」みたいなこと書いてあったような。

 

始まりこそ、なろうのテンプレである異世界転生ですね。

魔法があるファンタジー世界への転生ですが……主人公は、二度目の生を謳歌するのではなく、「一度目の死を恐れる」気持ちの方が強くて。

もう二度と死にたくないが為、錬金術に手を出し、不老不死を求めて研究に励む。

幸い貴族の子として生まれたので、初期投資は問題なく用意できて。途中からは自分で稼いでましたしね……

 

主人公のトゥリウスは自分が不老不死になるためなら、それ以外には興味がなく。

人体実験も平気で行い、それによって奴隷が死のうと、気にすることはない。

ヒロイン枠すら、脳改造して絶対服従のしもべにするとか、清々しいほどに狂ってる。

貴族として醜聞を避けたいという思いから、兄は弟を始末できずにいるわけですけれど。……これは、どこかで腹を決めてトゥリウスの命を絶つ以外に、家を守ることはできなかったんじゃないかなぁ。

 

結局、トゥリウスの行う大量の奴隷が死ぬような実験のせいで、兄貴の婚約話はつぶれるし、父は狂気に充てられて使い物にならなくなるし。

この世界からすれば、前世の知識を持つトゥリウスは異物なわけで、こうここまで好き勝手改造の手を伸ばされると、周囲のキャラクターたちに同情してしまうな……

イラストがしのとうこさんだったので手に取ったんですが次の巻は買うか微妙なライン。WEBの連載もありますし、読むとしてそっちでいいかなぁ……

 

薬屋のひとりごと4

ico_grade6_4
「意地だよ、私の」
「そんなもの、捨ててしまえばいい」
その答えに、子翠は悪戯っぽく笑みを浮かべる。
「ねぇ、猫猫。あなたは目の前に未知の毒があって、飲む機会が一度しかないと言われたら、どうする?」
「飲み干す」
即答した。それ以外にどんな道があるというのだ。


これまで起きていた事件が集約していく巻です。
小蘭が、後宮を出た後の就職先を探している話があったりもするんですが。
それすらもつながっているというんだから驚くほかないといいますか。
壬氏の正体に関しては既に明らかになっているようなものでしたけど、子翠については騙されてた。
何かあるとは思ってはいたんですけど、こう来るか、と。

玉葉妃の子供が逆子かもしれないと、羅門を招く流れとなり。
その中で猫猫は、これまでの事件の繋がりへ気が付いて……拉致される羽目になるんですが。
羅漢がさらに家族バカになっていたというか……愛妻自慢も結構ですけど、さらに変人に磨きがかかっていた感じですね。
まぁ、それでも仕事は出来るからこそ、壬氏を焚き付けたりできるわけですが。
羅門に頭が上がってないあたりのやり取りは中々楽しかった。

死から蘇った女官翠令と子翠の関係、毛毛がどこから来たのか。
色々と明かされていく流れは中々読み応えがありました。
子翠と猫猫の会話も、お互いの事を分かっていて、止められないことも分かってしまうやり取りはどうしようもなく悲しいものでしたが。
なので最後、彼女の足取りが描かれたのは良かったですね。
王弟という札だとかいろいろ明かされて、一区切りとなるのかと思いきや5に続く、という言葉で終わっていますので、次が今から楽しみですね。
謎が明かされた後、後宮がどうなっているのかとかが気になります。


ダブルクロスThe 3rd Editionデータ集 ヒューマンリレーション

ico_grade6_3h
「煩わしいこともある」
「でも、しがらみも 思い出になるものさ」
「そういうものでしょうか」
「キミには遠い未来の話かな」


オーヴァードが紡ぐキズナをテーマにしたサプリメント。
これまでにダブルクロスに登場してきた、15人の代表的なNPCに焦点を当てて、より深く紹介するリレーションデータ。
それ以外にも追加で、新たなエフェクトやDロイスなどが収録されています。
紹介されているNPCは簡単な経歴と、代表的な一日の過ごし方。
彼らの日常について記したSSと、他のNPCからの雑感。
NPCとの絆を示すユニークアイテムなどが掲載されています。

15人のNPCは、リヴァイアサンやプランナー、コードウェル博士といった各組織のトップ。
玉野椿や、薬王寺結希。墓守や青峰ミユキなど、これまでのリプレイでPCを務めたキャラなども掲載されています。
組織の幹部との関係はどうあればいいのか。
他にも、玉野椿はチルドレン出身のエージェントで今はチルドレンの指導教官を務めているNPC。
これは、引退したPCを再登場させるときの参考になる、だとか運用についても色々書かれています。

一番気になっているのは、フィン・ブースロイドの奥さんについて何ですけど。
いや、あの年齢なら、結婚していれば孫までいるでしょう。
それはいいんですけど、プランナーが恋のキューピッドになるような存在と付き合っていたっておいおい。
なんかSSでも愉快なネタがばら撒かれていて、1冊の本にでもなりそうなんですけど。
一体どんな青年期を過ごしたんだフィン……


ダブルクロスThe 3rd Edition リプレイ 春日恭二の事件簿

ico_grade6_4
墓守:いい夢だったか、旦那。
恭二:ああ、とても心地がいい夢だったよ。
墓守:そうか
恭二:そうだ、良い悪夢だった――――。


サプリメント、ヒューマンリレーションが出たので合わせて登場のリプレイ。
サプリも買っているので詳細はそっちで触れますが。
ざっくり言うと、これまで登場した名物キャラとの絆をデータ化したものですね。
そうなると当然、春日恭二もその中に入っているわけで。
改めて春日恭二が登場するリプレイを、という企画です。

まさか彼がPCとして登場することになろうとは。
その他のPCはメビウスにも登場した墓守、FHの始末屋アリサ。
そしてUGNの〝謎の女”鈴木和美。
これまでのリプレイなどに登場してきたキャラのみで構成された、豪華な婦人。
正直、鈴木和美っていったい誰だったかと疑問符は浮かびましたが。
旧版のリプレイに登場していたキャラですね、紹介見ても靄がかかった感じだったんですが、読んでて「確かにこういうキャラいたなぁ」と思い出しました。

第一話「春日恭二抹殺司令」と第二話「春日恭二殺人事件」の二話から構成されています。
タイトルからして酷い。おまけにダブルハンドアウトルールを採用しているので、腹の探り合いになっていて中々楽しかったです。
1話は、戦いにつかれた春日がFHエージェントとして活動を止め、まさかのラーメン屋の店員になっている話。
誇りを失ったなら殺すべし、と抹殺指令を受けた三人が春日の前に立つわけですが。
まさかディアボロスが子供にいろいろ教えている場面がみられるとは。微笑ましい夢のような景色でしたね。
悪魔が道を諭すとか、悪夢のようなものですが。
やっぱり春日恭二は、悪役として、得難いキャラですよねぇ。

第2話は……1話以上に酷い。
春日恭二がゲシュタルト崩壊しそうになるシナリオって何だ。
いや、面白かったですよ。途中墓守がポンコツだったことも含めて。
締めるところは締めてくれるから安心して読めました。
笑える場面も多かったですけど、それだけに格好いいシーンが光った感じ。
良いリプレイでした。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索