気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ふりすく

僕の嫁の、物騒な嫁入り事情と大魔獣5

ico_grade6_3

「僕もだよ。僕の妻がベルルで、本当に良かった。これ以上の幸運は、これから先もないだろう。ベルル……ベルルロット。キミが一番だ」

 

シリーズ完結巻。

銀河病を直す薬をリノが開発したことによって、現魔王が抱え込むこととなった重荷も降ろされ、新たな魔王が立つことに。

まぁ、そこに至るまでに魔界側でひと騒動あってテオルが中々やってこれないというハプニングもありましたが。

大魔獣たちがアレだけいると敵の方が哀れに思えてきますな……

 

レッドバルト伯爵から、旧魔王が描いていた『裏の裏』の計画についても語られました。

かの王は、本当にこの世界の事を考えていた名君だったんだなぁ、と。

自分が討たれる可能性を考慮し「魔王」の持つ重責を把握し、混乱を少しでも抑える為に出来るだけの事をしていた。

 

王国側も結構危ない橋渡っている感じがありますなぁ。魔王との交渉をしていたからこそ、現魔王が擁立できたわけですが。

表に出せる話でもなく。実際に被害にあった国もあったため、ベルルを拘束してみせるしかなかった、と。

まぁ、最終的にベルルはリノとラブラブになって、幸せそうなので終わり良ければ総て良し、という事でまとめちゃっていいんじゃないですかね。

胃もたれしそうな初々しさでした。お幸せに。

 

僕の嫁の、物騒な嫁入り事情と大魔獣4

ico_grade6_3h

「魔界を救おうなどと、壮大なことは考えなくてもよい。ただ、お前の研究者としての好奇心の及ぶ範囲内で、少しだけ、この剣を考えてみてくれ。何度失敗してもかまわない。必要なことがあれば私達が手を貸そう。魔獣と妖精、両方と深くかかわったお前にしか見えてこない突破口は、あるかもしれないよ」

 

新婚旅行を終え、家へ帰ったリノ達。

そこで出来た縁によってグラシス家の薬は注目を集めることに。

最も今市場を押さえていた、グラシス家の分家であるヴェローナ家が墓穴を掘っていったって言うのもあるんですがね。

 

同じく新婚旅行で出会った大魔獣ディカも、ベルルの魔力によって覚醒したためか、なぜかリノ達の屋敷に押しかけてきて。

最も、彼女ほとんど口を利かないため、他の大魔獣たちの「おそらくこうだろう」って言う推測でしかないんですが。

 

ベルルを迎えてから出来た縁。

それを守るために、リノは魔界に広がっている病「銀河病」の治療薬を作ることが出来ないか挑戦することに。

最終的に突破口となったのは、グラシス家の先祖が残してくれた知識とディカの存在だったわけですが。

リノだけでも、ベルルと大魔獣だけでも無理だったわけで。お互いが補い合える良い関係になってきてる感じがしますね。
あ、あと地味に絵師が変更されてました。 

 

 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ