気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

まのわ

まのわ3 魔物倒す・能力奪う・私強くなる

ico_grade6_3
「アレは仕方ないよ」
そう風音が慰めるが、弓花はうながれたままだった。ジンライはかける言葉すら見つけられなかった。
弓花はパワーアップデビューに失敗したのだ。


小説家になろうの書籍化。
WEB版と比べると、ちょこちょこ内容変わったり新規エピソードは言ったりしているそうです。
WEB版ちょっとは読んでいるんですが、ちょうど今回収録分あたりまでしか読めてないので、「WEB版より早くお目見えになっている」らしいナオキくんとか誰これ状態。
いや、書籍版しか追ってない人と同じラインなんですけど。
原作読んでないわけじゃないし、その内全部読みたいところです。

さて、本編ですが。
色々とトラブルを解決したり、巨大猫の仲間が増えたりしている一行。
けれどいきなり、ミンシアナ王国の女王から手紙が届いて。
あらすじではぼかしてるのに帯でネタバレしているから、アレですけど。
「ゆっこ姉」。
大昔に流れ着き、痕跡だけを残して遠くへ去ってしまった「タツヨシ」と同じ風音たちの仲間。
やはり、こちらに流された時間には差が生じていて、その間に女王にまでなってしまっている訳なんですが。

ゆっこ姉との交流で、弓花も、神殿に入ることができるんじゃないかという話になって。
実際に入りこめて、アーティファクトも手に入ったわけですが。
召喚できる英雄がアレだとなぁ……パワーアップデビューに失敗しても、こう、場を和ませるネタ度は上がってるよ弓花……それがアピールポイントになるかは別として。
仲間との再会イベントよりも残念英霊の方がインパクト強いってどうなんだ。
笑ってしまった時点でこっちの負けか。

あとは、タツヨシがどんな異世界生活を送っていたのか、という番外編も掲載されてますね。
一人だけで、どれだけ大変な日々を送っていたのかと思いきや、彼意外と一番チートなんじゃないだろうか。
アレだけ追い込まれた状態で、後世に名を残すまでになったんだから、運とか流れもあったような気がしますが相当だよなぁ……


まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 2

ico_grade6_3
「手をつないでおけば転ばないと思うし」
(略)
「これなら迷わずに連れていけるから」

アルゴ山脈で目的を果たした風音。
無事に帰還して、道中に残っていたオーガを狩ったりして、「鬼殺し姫」とかあだ名がついてますが。
女二人で気ままに旅しながら現代に戻る方法を探していくのかと思いきや。
最初にパーティーに加わったのが爺さんとか誰得なんだ。
その次に同行することになったのがお姫様とか。
まぁ、現場に居合わせて巻き込まれることになったというのが正しいんですけど。

風音が一家に一台レベルで便利な存在になっていってますが。
彼女いるだけで旅がどれだけ楽になることか。
できることは多いしゲームの経験もあって知識もそこそこあるし。
何とかできるんじゃないかなぁ、と思っていたらアレですよ。
まさか過去同じようにやってきた仲間がいて、帰ることができなかったという事実が明らかになるとは。
アレは大分ダメージ大きいよなぁ。
神殿で死体を見つけた、という時点で、プレイヤーの死については意識が言っていたと思いますが。
知らなかった相手と、実際に友人だった相手とでは受ける痛みも重さも変わってくるでしょうし。

他のプレイヤーと思しき面々の情報もいくつか出てましたが。
大体、一人でいるみたいなんですよね。
それを思うと、風音たちが合流できたのは奇跡的な確率なんじゃないだろうか。
プレイヤーたちをこっちに引き込んだ何か、あるいは誰かの思惑が働いているのかもしれませんけど。
……風音の黒歴史については……うん、触れずにいるのが優しさなんじゃないかな。


まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる

ico_grade6_3
「それじゃあ、改めて、よろしくね風音」
「こっちこそ頼りにしてるからね弓花」

小説家になろう作品の書籍化。
タイトルがなんか地雷っぽかったので、なろうサイトでこういうタイトルの作品があるとは知ってたんですが、手を出してませんでしたが……
もっと早く読んでいればよかったかなぁ、と思う程度には楽しんだ。
まぁ、なろう作品だなぁ、っていうテイストが残っているので、好みはわかれる部分もあると思いますが。

異世界モノ、ですかね。
ゲームと酷似した世界に唐突に迷い込んでしまった少女風音。
初期エリアに配置されているダンジョンの近くで目覚めた彼女は、たまたまその遺跡に来ていた冒険者……自分と同じく、なぜかこの世界に飛ばされてきていた親友弓花と出会う。
弓花曰く、彼女は一週間ほど前に気が付いたら近隣にある町にいた、という。
また、この世界はゲームと同じ部分もあるが……ゲーム時代から優に千年は経過し、様々なモノが変化している世界でもあるとのこと。
そんな世界で、彼女たちは今を生き、変えるための方法を探すため、冒険者として行動する選択をする、と。
テンプレと言えばそれまでですがねー。ま、調理方法間違えて、味がしないなんてことにはなっていない部分は評価していいかと。
メインが女子二人っていう構成は珍しいんじゃないですかね。
そもそもラノベで女子主人公っていうのがあまり多くないかと思いますが。

タイトル読めばすぐにわかる通り、「魔物を倒すことで能力を奪い自分を強化する」能力を持っている少女が主人公。
そのスキルを主人公が持っていることで、割とさっくりレベル上がったり力付けたりで進行が淡々としているのは、まーこういう作品と思えばなんとか。

すごい勢いで力をつけていくし、異世界に来ているというのに、この巻ではそこまで不幸な目に遭わないし、出会う人皆好感が持てる人物っていうのは、ちょっと出来すぎかなぁ、という感じもあります。
まぁ、異世界に意味も分からず放り込まれている時点で不幸な状態からスタート切っていると思えば……許せるのかなぁ。どうなんだろう。
加筆も多少ありますが、購入考えている方はWEB見て判断を推奨。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ