気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

みかみてれん

もし、恋が見えたなら1

ico_grade6_3h

そっか 友達が欲しいのは

さびしいからだ

 

略称「もし恋」。

みかみてれん先生原作で描かれる、「恋が見える」女の子の話です。

恋をしていると、その人から相手に向けて矢印が見えるのですが、それが作中ではピンク色で表現されてます。

電子版で購入したのですが、単行本の方でも同様の処理がされているんじゃなかったかな。校正大変そう……ってちょっと思ってしまった。

 

自分の矢印は見えず、見えている事で得したことは無い。

誰かの好きな人の話をしてしまったり。矢印だけで判断したら失敗したり。

変わったものが見えてしまう為、それに振り回されてしまっているのが伝わってくる。

恋愛絡みのトラウマを積み重ねた結果として、環境を変えるべく、全寮制の女子高へと進学した鳴。

 

誰も知らない場所に来たつもりだったが、かつての友人・白雪紗世に出会ってしまい。

さらに紗世からは鳴に向けて、矢印が向いていた。

おまけに、周囲が女子だけなら、恋愛トラブルも減るのでは……と思ったようですが、意外と女子→女子の矢印が多く。

どうあっても逃れられないんだな……と言う状況で。初対面の筈のクラスメイト、深津りんなからも鳴への矢印が向いていて。

 

おまけにその3人が寮では同室だっていうんだから、もう……。

鳴のメンタル的には大変そうですが、シチュエーションとしてはとても美味しいと思います。みていて楽しい。

片方だけ2段ベッドで3人部屋なんですねー。両方2段ベッドだったら転校生が来て三つ巴とかになってそれはそれで楽しかったと思いますが。

 

超低血圧で起きたり起きなかったりな鳴、よく寮生活が許されたな……。

「よくあるんだよね 朝死んでること」じゃないよ……。

紗世と同室だっていうのはその辺りの配慮もあったんだろうか。

小学校が同じ、だけじゃそこまでは分からないか。

 

ワイワイと交流しつつ、恋愛感情によってすれ違ったり、仲直りして。1巻時点では、他の恋人関係とかも明示されませんし、説明回かなー。

アイドルとのツーショット(しかも投稿では「恩人」と呼ばれてる)があったり、生徒会長に興味を持たれていたり、とこれから面白くなりそうなネタは巻かれているので続きに期待。

巻末の紗世編/りんな編に分けて、寮初日と寮での暮らし4コマが乗っていたのも楽しくて良かったですね。朝の準備時間で幸福感じてる紗世が可愛くて好きです。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)1

ico_grade6_4

(今のわたしはおふとん)

(いったん人間はおやすみです)

(疲れるからね人間)

 

ゲームが趣味の甘織れな子。

根がコミュ障の陰キャと自覚しているが……高校進学を期に、気持ちを切り替えて陽キャな友人を作り、学校生活を楽しんでいた。

とは言え、元々の性格が変わったわけでも無く、作動不良を起こしてしまって。

 

様子がおかしかった友人が追いかけて来て、その辺りの事情を打ち明けてしまう流れに。

スパダリ呼ばわりされてる完璧超人な相手の事情も知って、少し仲良くなれたかなぁ……と思っていたら、なぜか告白されてしまって!?

完璧超人に惚れられて押されまくっている庶民の、百合コメディ。

 

れな子が中々愉快な性格をしているので、見ていて楽しいです。

「そのなんでもうまくいくと思っている真唯の思い上がりをぶっ壊したくなってきた……」とか、割と歯に衣着せないし。

お相手の王塚真唯も、とやかく言われても全く堪えずにスパダリであり続けてるので、二人の交流が楽しい。

でも、個人的な推しは「九に褒められても笑顔ぐらいしか出ないよ?」とか言う紫陽花さんですかね……可愛い。

巻末に描き下ろしで、「れな子と紫陽花の出会い」が書かれていたのもグッド。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)2

ico_grade6_4

『ごめん、詳しくは言えないけど戦争することになった……』

『そこまで悪化することあるの!?』

 

みかみてれん先生による、ガールズラブコメ第二弾。

王塚真唯にアプローチされ続け、その回答を保留したれな子。

なので、変わらず王塚真唯からのアピールは続き……相変わらず価値観に差があるというか。「お詫びに食事でも」と言って、庶民をパーティーに連行するやつがあるか!

オマケにそこでしれっと「フィアンセ」とか紹介するんだからもう、本当に揺るがないな王塚真唯ってヤツは……

 

まぁ、一回躓くと引きずるタイプと言うか、1巻の後半で暴走していたような展開も引き起こすわけですが。

あの一件で王塚真唯と沙月さんは、冷戦状態に突入したままで。

グループからも距離を取っていた沙月さんは、あるタイミングでれな子に接触。

やられっぱなしは主義ではない、と。復讐してやらないと気が済まない、と。

それ故にとった方法が、王塚真唯が執着しているれな子を恋人にするという方法なのは、中々にぶっ飛んでる。

 

王塚真唯に続いて沙月さんにも振り回される事となるわけですが。

地の文含めてれな子のツッコミがキレッキレで終始笑えました。人の気も知らずに微笑む真唯を殴る幻を見たり、紫陽花さんに対するリアクションがバグってたり。「紫陽花さんの脳容量を奪ってしまっていることに、罪悪感を覚える」じゃないよ……。

個人的に一番ツボだったのは「紫陽花さんが冷たかったら、沙月さんとか体の七割、液体窒素でしょ……」ですかね。れな子、割とオブラート忘れますよね。

 

あとは紫陽花さんの方も、1巻でれな子に好き好き言われて混乱状態にあるみたいでしたけどね。

れな子の真意を確認したいものの、距離感に迷って手探りで近づいてくる紫陽花さんが本当に可愛かったです。挿絵になってた百面相が良かった。順調にシリーズ続いて、主役を張る予定らしい3巻が、是非とも出て欲しいですね……。

 

グループ内でギクシャクしてる状態が続くのは絶えられないれな子と、復讐を諦めていない沙月さんの妥協点として、2週間ほど交際をして、その後仲直りをすることに。

かりそめの関係とはいえ、恋人関係をする以上は形から入ろうとするあたり、沙月さんも凝り性というか。

距離があったれな子と親密になって、友情を育んでいるのは良かったですね。陰キャ告白も出来て何より。受け入れてくれる相手がいるのは良いことです。

……まぁ、陽キャへの擬態しきれず漏れ出ていた部分を指摘されて、思わず逃げ出したりしてましたけど。ちゃんと探してくれる沙月さんいい人だなぁ……。

 

他のグループメンバーからの接触もあって、王塚真唯が沙月さんとの仲直りに動いてましたが……いやぁ、昔なじみ故の二人のやり取りが本当に楽しかった。

打てば響くというか、お互いに遠慮してない感じ。バチバチにやりあってる二人の間にいるれな子は大変そうでしたが、なんというか強く生きて欲しい。

二人が実施する事になった勝負に自分も参加すると名乗りを上げたりして、振り回されるばかりではないのは良いですねー。

沙月さんなりにプライドを持って、いざとなれば手段を選ばない在り方とか好きでした。

  

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)

ico_grade6_4
「私は諦めないから、れな子が諦めてくれ」

(略)

「ああ、なんかもう、親友とか恋人とか以前に、なんでもうまくいくと思っている真唯の思い上がりを、ぶっ壊したくなってきた……」

 

みかみてれん先生の百合―。

高校デビューに大成功した根は陰キャな少女、甘織れな子。

彼女は、トップレベルのスペックを持つ王塚真唯と、入学初日に友達になることに成功して。

スクールカースト最上位に属するだろう、王塚グループに入り込み、超絶陽キャと接していくことになった。

 

入学当初はデビューに成功して、人格面でも優れた友人が出来て幸せだなぁと思っていたものの。

人間そう簡単に性根が変わる訳も無く。陰キャなれな子には、陽キャとの付き合いがどんどん負担になっていき……ある時、壊れてしまった。

会話をぶっちぎって屋上に逃げて。王塚真唯は、それを放っておかなかった。

限界に達していたれな子は思わず逃げようとして、屋上から落ちる羽目になってましたが。何はともあれ無事でよかった……。

 

心配して追いかけて来て、一緒に落ちる羽目になった王塚真唯を前に、れな子は取り繕う事も出来ず「人と話すのが苦手」と言う自分の事情を打ち明けて。

スパダリと陰キャでは完全理解は難しいものの、王塚真唯の方も似たような気分になるなんて話を零して。

 

秘密を共有して、本当の友達になろうと一歩を踏み出した。あぁ、良い青春だなぁ……で終わらず、王塚真唯の方がれな子に惚れてアプローチしてくることに。

どうしてこうなった!? とれな子が王塚真唯に翻弄されつつツッコミを射れまくる、コメディ強めのラブコメ。

 

恋人になりたい王塚真唯と、親友でいたいれな子。

二人とも譲らず、折衷案として「恋人として過ごす日」、「親友として過ごす日」を設けてお互いがアピールしていくことになって。

この勝負、無理だと言ってる恋人関係を、暫定的とはいえ受け入れてる時点でれな子の負けだよな……

 

王塚真唯がもう本当に、色々と強いんだよなぁ。なんか、「真唯」とかじゃなくて「王塚真唯」と呼ばなきゃいけないような気がしてくる。

容姿の良さを武器だと思ってると言った時、れな子に「その武器、原始時代に持ち込まれたガトリングガンみたいな破壊力あるよね……」とか言われてますし。

自分の長所を理解して、ガンガンアピールしてくる。ホテルのプールに連れて行ったり、キスをしたり。恋人関係にも手を抜かない。スパダリたる所以を見た気がします。


れな子のツッコミが都度冴えわたっていて、笑えます。
いやぁ、無理して陽キャグループに属してる、と本人は自称してますが。
割とこなせてるんじゃないかなぁ。時折不具合発生させてますけど。
正直同じこと出来る気はしないので尊敬する。

陽キャグループの他の3人もいいキャラしてましたし、楽しい作品でしたね。

王塚真唯も中々ユニークで好きですけど、紗月と紫陽花の方が好みのキャラ造形してる。
他の感想サイトとかも見たりしてるんですが、紫陽花さんに熱上げてる人いたのも分かるなぁ……。

2巻では紗月さんが結構メインに絡んできそうなので楽しみ。

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を百日間で徹底的に落とす百合のお話4

ico_grade6_3h

「愛してるよ、鞠佳。ありがとね」

 

徹底的に落とされた後を丁寧に描いているなぁと言いますか。

折しもバレンタインデーが近いという事で、女子たちが盛り上がっているのがいい感じ。

新しい恋の相談があり、恋人同士になっても悩みは尽きず。

鞠佳が関係を一歩進めようと積極的になって自爆しているのは、相変わらずと言って良いのかどうか。

 

鞠佳の交友関係が広くて、あっちこっちで会話が弾んでるのは見ていて楽しい。

こういうキャラ一人いると世界広げやすくていいよなーとか思ってた。

恋の全てが実るわけではないけれど、恋に生きる少女たちの想いは本物だとしっかり見せてくれている。

絢も絢で告白されたり、相談を受けたりはしているようですし、鞠佳を好きで大切にしているのも間違いはないようですけれど。

彼女の流した涙が、きっとこの二人が乗り越えないといけない最大の爆弾なんだろうなぁという感じで、掌の上で転がされてます。お見事でした。


父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ

ico_grade6_3

「ならば反撃だ。ここから、我らデスゲーム運営の真髄を見せてやろうではないか」

 

法整備までされて、デスゲームが一般的になった世界。

規模の大きいゲームを開催するには当然色々と制限があり、大企業でないと難しいとか色々あるようですけど。

その中でも、トップクラスの企業で勤務している中間管理職の黒崎鋭司が主人公。

妻子には流石にデスゲーム会社勤務という事は伏せているが、幸運な家庭を築いた成功者。

 

しかし実態は、上からも下からも期待され、MADな発明家に振り回されアドリブで乗り切る悲哀が溢れていましたね……

新しいゲームを始めれば、変人が予期せぬ挙動をぶち込んで被害者多数。初日からこんな惨状にしてどうするんだと詰められる。ロールバックの実行をしようとしたら、部下から納得出来ないと言われる。

まぁ、それはそうだよなぁという主張ですが。その場その場で上手い事乗り切って、話をまとめてのけるから信頼されてるんだなーと思いました。彼の胃、その内穴あくんじゃ。

 

こんなデスゲームが一般化した世界は怖くていやだよ…とは思いますが、コメディとしては質が良いのでは。

ぶっとんだ設定でスタートして、そのままアクセル全開で走り切った感じがして、作品としては好きです。


勇者の君ともう一度ここから

 ico_grade6_4

「セラ、またやり直そう、ここから」

 

命と引き換えに、狂神を討伐した勇者セラフィルナ。

その知らせは、片田舎で後悔に苛まれながら日々を過ごしていた青年ジャンの下にも届いた。

かつて剣神と呼ばれ、彼女の旅に同行していたものの、片腕を失い挫折し田舎に戻った。

そんな彼の下に「実は勇者は生きている」。「彼女を救いたければともに来てほしい」と王都から使者がやって来て。

 

一度、間違えて、後悔していた彼は。今度こそ、間違えないと協力する事を決めた。

死ぬかもしれない術式に身を預け、失った腕の代わりを得て、少女の下へと急いだ。

彼女を目覚めさせることは出来たが、不完全な状態で。

取り戻す為に、賢者の助けを得てまた新しい無茶をする。

 

その果てに、彼は愛しい彼女を取り戻した。

かつての自分が届かなかった敵にすら、刃を届かせた。意地を見せた。

王道の展開ですが、それだけに引き込まれました。

いやまぁ、過去のジャンの強さを失ってしまった場面の、捨て鉢な言動にはちょい思う所ありますけどね。それによって、少女の弱さを捨てさせてしまったわけですし。

 

とは言っても、セラフィルナは彼の不器用な気遣いに気づいて、彼の事を思い続けていたわけで。

セラの幸せのためには、ジャンが必要。
自分の行いの結果を知った彼は、今度は間違えないと信じたいところです。




Vチューバ―だけど百合営業したらドハマリした件

ico_grade6_3h

「はああ………………まあ、しゃあないか。わたしの負けだ。かわいい子の勝ち。いつだってこの世界はかわいい子が勝つって決まってるんだ……」

 

安心安定のみかみてれん文庫。2019年夏コミの新刊です。

公式略称はV百合だそうです。同名のタグで感想探すそうですよー。

幼少期にはかわいいと言われていたが、身長が170センチを超えて、かっこいいと言われることの方が多くなって。

 

趣味のゲームも女子で打ち込んでる人は少なくなっていき、語れる場所がない。

そんな少女、住谷楓花が活路を見出したのが、Vチューバーの道だった。

バイトして機材をそろえ、イラストレーターさんにもちゃんとお金を出してキャラを作成した。全てはかわいいの為に。

けれど、ゲームの腕が立ちすぎるせいか着いた異名が修羅。

思った言葉は得られず葛藤している中、「コラボ配信をしませんか」というお誘いを受けて。

 

相手に可愛さを感じた楓花は、「かわいい」を学ぶ為にそれを受けることに。

リアルで対面してみれば、待ち合わせ場所に来たのは、145センチの小柄な体を気にする28歳の美少女で。

中身が可愛いだけじゃないか、とダメージを受けて会話がすれ違ってる場面は、つい笑ってしまった。

楓花の友人枠で登場していた鞠佳が言っていた「っていうか、かわいくなりたいって一生懸命がんばる住谷は、その時点でそもそもかわいいけどねー」というのがこの作品の真理。

どっちも可愛いです。

 

夏コミ新刊セットでコミックがついてたんですが、こちらは完全に小説の後日談。

イチャイチャしてます。甘い。そしてかなりオープンで笑う。

歳の差・身長差の百合。二人が幸せそうでなによりです。

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3

ico_grade6_3h

「真剣に、恋してますから」

 

1巻で徹底的に落とされて。2巻でさらに近づいて。

3巻ではなんと、母が入院する事になり……絢が鞠佳の家に泊まりに来ることに。

父が単身赴任中で、一週間同棲生活を送ることになって。

 

鞠佳の方は、いったいどんなことをされてしまうのか、と妄想が止まらないようでしたが。

絢は鞠佳の母親に、守り通すと約束したため積極的に手を出そうとしては来なくて。

それをちゃんと言っていなかったものだから、モヤモヤした鞠佳に襲われて。いやまぁ、襲われるために襲う、襲い受けとか言われてましたが。

 

うん、まぁ、実際その後反撃されて泣かされてましたけど。ある意味期待通りの状況で、それ以降もハメ外して満喫していたようだから、いいんじゃないですかね。

コスチュームプレイをしつつAVみるってどんなプレイだ……徹底的にいちゃついてて、この作品に求めるものを十分に描いてくれた感じです。

 



女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話2

ico_grade6_3h

「学校には、鞠佳がいるから。鞠佳が好きなものを、私も好きになりたいの」

 

さすが、としか。

巻頭2ページに雪子さんの4コマが2ページ入っててクオリティ高いです。

1巻で徹底的に落とされた後日のエピソードになるので、もう随所で甘い甘い。

学校でも仲良くしたいという事で、絢が学校での態度を少し変えて。

 

鞠佳が見守っているそぶりから友人には割とすぐに見抜かれてたようですけど。

というか、絢があけすけで隠そうとしなかったんですけどねぇ。

彼女は彼女で思い切りが良いと言いますか。鞠佳のツッコミも冴えわたってて楽しそうだったから何よりじゃないでしょうか。

 

鞠佳と絢の関係はかなり安定してましたが。

鞠佳がバイト先の同僚から告白されるとか、その同僚がある秘密抱えているとか、彼女も彼女で引きが強いというか。

ま、最後気前のよい解決方法を提示してたのは、何よりです。

あの騒動すらスパイスにしてイチャついてる疑惑がありますが、幸せそうならいいんじゃないかな……




プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ