気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

やすも

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました3

 ico_grade6_3

「……ふぅ、まっ、そうか、お前は自分の意志で旅を止めたんだな」

「きっかけはアレスだったとしても、旅を止めると決めたのは俺の意志だ」

 

WEB未読。BOOKWALKER読み放題にて読了。

キャンペーン追加タイトルで、1231日まで。

……もう終わってるじゃないか……。31日に滑り込みで読み終わったので……。

読み放題活用するのはいいけど、攻めて期間中に感想は上げようね、はい。

 

本編の話。

遺跡を攻略し、飛行艇を得た勇者ルーティ。彼女は、デーモンから齎された薬にある活路を見いだして一路ゾルダンへ。

大きな事件が起きて、B級冒険者アルベールも消息不明。戦力不足に喘ぐ町は、事件解決に協力したビュウイを新たなB級として旗頭に据える事を決定していましたが。

……それが黒幕なんだよなぁ。順調に蝕まれているというか。手札が足りないと、あっちこっちにガタが来ますね……。

 

勿論ゾルダンにはレッドとリットの二人も家。

冬の寒さに備えて、リットの故郷で使われていた懐炉を再現してみたり。順調に名前を広げていっている模様。

ルーティたちも偽名を使って忍ぼうとはしていましたが。最終的には鉢合わせして。

 

まぁ、すれ違って別行動していただけで中の良い兄妹ですから、微笑ましくて良かったと思います。

ティセが勇者の友人となって、彼女の顔色読めるようになったりする進展もあって、少しほっとしました。

……勇者の加護と、その衝動。ルーティが悪魔の加護を求めた理由なんかを想うと、気が重くなりますけど。

 

そして、勇者自身が居なくなったとあっては、アレス達も黙っているわけはなく。

手を尽くして迅速に追跡をしてきていましたが……随分とまぁ、荒っぽい手口を使うな。アレで賢者って言ってるんだから失笑モノというか。加護に踊らされている道化に見えて仕方がない。

レッド達と勇者一行、そしてシサンダンの思惑が入り乱れて、爆発寸前……という所で引き。読み放題期間に対象となっていたのは3巻までだったので、見せ方が上手いなぁと思いました。懐具合と相談して買って行こうかなぁ……ひとまずなろう版でも読むか……。

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました2

ico_grade6_3

「うーん、そうだな。別に強いから偉くならなくちゃいけないってことは無いんじゃないかって思ってさ」

 

WEB未読。BOOKWALKER読み放題にて読了。

キャンペーン追加タイトルで、今月31日まで。

二人で薬屋を営み、仲を深めていくレッドとリット。

恋人関係に不慣れでも、相手を尊重してイチャついてるのが微笑ましくていいですねぇ。

バカップル呼びされているのも納得できる甘さ。

 

穏やかな時間ばかりではなく、彼らの住む街でトラブルが起きたりもするんですが。

麻薬として使える薬が出回ったり、加護持ちに寄る傷害事件が発生したり。

それでも、勇者パーティーの一員として活動してきたレッドと、B級冒険者としての経験も積んできたリットがいると大体のトラブルに対処できるんですよねぇ……

リット達も完璧ではなく、敵の罠によって武器を封じられたりはしてるんですが、そこを乗り越える強さがあるので、安心して読めますね。

 

しかしまぁ、辺境と呼ばれ怠惰な職員が多いと呼ばれる国でもデーモンの暗躍があるんだから、何とも危ういというか。敵の手の長さが恐ろしい。

勇者一行も一枚岩じゃないどころか、ギデオンが抜けた後更にギクシャクしてて。

新たに加わった職業暗殺者の少女・ティセが表には出にくいけど、中々ユニークな性格をしていて面白いです。「私はこれでも人間関係がギスギスしていると落ち込むタイプなんだぞ」って一文が笑えた。

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

ico_grade6_3

「(前略)そうでなければ、この難局を乗り切ったとしても、『勇者』がいなくなったあと、また魔王軍が来た時戦えない」

「私達が勝利していないから」

「そうだ」

 

WEBは未読。BOOKWALKER読み放題で読了。

期間限定タイトルで、1231日まで。

 

加護やレベルと言った概念が存在すファンタジー世界。

暗黒大陸を支配する魔王によって、人々のクラスアヴァロン大陸への侵攻が開始し、勇者の加護を持つ少女が仲間たちと戦場を渡り歩いていた。

その中にあって、勇者の兄であるギデオンは『導き手』という、初期レベルが加算されるだけの加護しかなく。

激しさを増す勇者たちの旅についてこれていない、と一行の『賢者』から追い出されて。

 

本人も力不足を実感していたり、予想外の場面を見せいで、諾々と従って辺境まで流れ着いたそうですが。

そこで、それまでに得たコモンスキルや汎用的な知識を使って、薬屋でもしようとして。

実力も伏せてDランクの冒険者として振る舞いつつ、住人と良好な関係を築いているので実際スローライフは成功してる感。

 

なんの因果か、勇者一行として協力した事の在る王女様も、彼女の事情によって辺境にやってきていて。

口絵で「ツン期の終わったツンデレ」と評されている通り、ギデオンに対して甘い彼女が可愛くていいですねぇ。

お偉いさんたちからすると、高ランク冒険者だった彼女が冒険者引退するのは避けたいらしくて、色々と交渉に来たりしてましたけど。逆効果というか。

守るものと排除するものの線引きが出来てるのは好感が持てて。

 

しかしまぁ、戦闘では力不足だったとはいえ、色々とフォローは欠かさなかったというか。

各種交渉なんかも請け負って居たりしたようですし……実際、ギデオンが抜けた後の勇者パーティーのギクシャクした感じを見ると、大打撃も良い所なのでは。

加護もスキルなどのプラスの素養だけじゃなくて、それの持つ力によって、力に傾倒したりする引力があったりするようで。正直ある種の呪いのようにも思えて怖い。

 

レッドという偽名を使って、冒険者リットと薬屋をしている二人が平穏であればいいと思いますが。

勇者側も一枚岩じゃないし、絶対何か怒るんだろうなぁ……。賢者はもう少し痛い目見るといいと思う。


監獄学校にて門番を

ico_grade6_3h
「けれど、もし生徒があなたの前に立つなら……堂々と正面から、ひとりであなたに打ち勝とうとするのなら――あなたはその時、生徒の前に立ちふさがるものでいておさげなさい。この学校と外界をつなぐ門の番人として、高い壁でありなさい」


小説家になろうでいくつか作品を書いている藤村由紀さんのデビュー作。
昔から賞には応募していたらしいんですけど、ついに書籍化。
最終選考からの拾い上げらしいですが、楽しめるのなら何であれ問題なし。
ネットの方が気に入っていたので、ちょっと楽しみにしていた作品です。

面白く読みましたよ。
他の作品みたいな雰囲気があって、なかなか良さそうな設定ですし。
ただ他の作品だと世界観を描く部分をじわじわやって、慣れてきたころにイベントが発生して・・・という流れですが。
ちょっと情報が詰め込まれすぎだったかなぁ、という感じもしました。

古人、獣人、竜人、巨人、羽人。
五種族からなる他種族国家、ディアラ。
過去に起きた大戦の後に成立したこの国には一つ、特殊な学校が存在していた。
通称が「監獄学校」。
各種族の12歳になった子供の内、「1割の強者」に例外なく入学義務の生じる学校。
強力すぎる力を隔離するための施設。単位をどれだけ取ろうと、学校から許可が出なければ卒業もできず、退学制度すらない。
文字通りの監獄のような学校。

閉ざされた場所ながらに、生徒たちは生き生きとしている部分もあるんですよね。
門番へのちょっかいは、本当に人によっては死ぬようなレベルですが。
戦争が過去あったことも影響して、ギスギスしている部分とか暗い過去っていうのも相応にあるようですが。
主人公、クレトの過去については……あからさまに触れられているあっちではないんだろうなぁ、と思っていたらドンピシャでしたけども。
ちょい駆け足に感じましたが、嫌いじゃないですよ。続きがでたら買います。

監獄学校にて門番を (電撃文庫)
古宮九時
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-07-10

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ