気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

アルシャード

アルシャードガイアクロスオーバーサプリメント リーフワールド

ico_grade6_3
みずからの世界を救うため
あまたの世界をまたにかけた冒険が 今始まる!


クロスオーバーリプレイでしっちゃかめっちゃかになったアルシャードの世界をまとめたサプリメント。
リプレイの方が好き勝手やっているのが、面白かったんだよなぁ。
別のシリーズのGMに無茶ぶり合戦しているところとか。

異世界である、リーフワールドの紹介とか、リーフワールド作成ルールなんてのも載っていましたねー。
グレートディメンションで追加された『オーヴァーランダー・オルタナティブ』というクラスが5種増えてます。
スクール・エンパイア、スピードスター、エターナルコロッセオ、異世界連合、グレート愛ランド。
一番最後はどうしても痛い天使が思い起こされて……笑える。

リプレイによって吹き鳴らされたギャラルホルン。
世界崩壊、大ラグナロクの幕は切って落とされた。
それによって世界は変化と対応を迫られて、あちこちで動きがあるようです。
それぞれの世界の状況とか、神様たちの動きとか、こういう設定は好物です。

ミッドガルド、ムスペルヘイム、ノーフューチャー、トワイライトワールド、10TH-TERRA、スクール・エンパイア、スピードスター、エターナルコロッセオ、異世界連合、ネクサス、グレート愛ランド、ヴァルハラ、死の世界、ヘルヘイム、ウートガルド、妖精郷などの「小さなせかいたち」について触れられています。
その現状だったり、その世界のイデアについてだったり。
奈落の勢力についても解説入ってますねー。

ゲームマスターセクションでは、シナリオクラフトに、プレサージというシナリオの鍵として作用するNPCを登場させるルールが追加されたりしてます。
シナリオクラフトアップデートとして、他のサプリに掲載されているシナリオにプレサージ導入するなら、というデータも載っています。

掲載のシナリオは2本。
ブルースフィアに襲来した、世界を渡る奈落を敵とする「ワールド・イーター」。
高レベルPCを用いて、奈落を倒すために異世界を巡る「黒き凶星」。

アルシャードガイアRPGワールドガイド ブルースフィア

ico_grade6_2h
神々の座を目指す戦いがはじまる!


タイトル通り、ガイアの舞台になっている「ブルースフィア」についてのサプリ。
ソシアルクラスっていう、企業とか組織に属している事を強く表すクラスが追加されたり、ティターン神族について解説が乗っていたりします。

追加されているのは、クラスが2種。ソシアルクラスが7種。
上級クラスが2種、アインヘリアルクラスが1種。
組織の工作員を表現する、エージェント。
神々やその転生体であることを示すワード。
ソシアルクラスは、軍事秘密結社TANATOSに属しているとかそれを表現するものですね。TANATOSの他に、アイギス、サジッタ社、ナインライブズ、シヴィルサーヴァント、スチューデント、フォーチュンサービスがあります。

上級クラスは、魔法と科学と究め高い領域に到達したアルケミストであることを示す、トリスメギストス。
強大な力を持つクリーチャー、人ならざるものであるアヤカシ。
アインへリアルクラスは、本来の力を取り戻したワードであることを表現する、メサイア。

で、追加したクラスについてのデータとか掲載。
クエストアイテムのデータとかも乗っているので、中々面白い。
ただやっぱり、タイトルに関されている「ブルースフィア」世界の設定を紹介している、ワールドセクションが一番の見どころか。

世界各地の神秘の扱いとか、拠点になりそうなスポットの紹介とか。
ティターンとオリュンポスについてとか。
ゲームマスターセクションの、ブルースフィア運用ガイドも参考になりますかねー。
組織を利用したシナリオについて書かれていますが、その組織のスタンス、敵対するなら、味方するなら、そういった必要な情報が端的にまとめられていて、ネタとして用いるときには参照しやすいだろうなーと言う感じ。

7レベルクエスター用のシナリオ「転生者たちの午後」、ソシアルクラスを用いた高レベル用のシナリオ「禁じられた聖柩」の2本のシナリオが掲載されてます。

アルシャードガイアRPGサプリメント エブリデイマジック

ico_grade6_2h
あなたは大切なものを持っていますか?
あなたはそれが見えていますが?
あなたの手の中に、それはありますか?
あなたの大切なものはなんですか? 

シナリオクラフトのルールとかが追加されています。
ハンドアウトテンプレートがNo21~No.68まで収録されてます。Mo.1~は別のサプリなんだろうなー。持ってないので、その内探します。

ハンドアウトテンプレートは、結構面白いデータとか、背景の設定とかが乗っていたから、参考にしたいなー。
自作のシナリオ作るときにネタになる。まぁ、基本TRPGやるときは、高校の友人と不定期にダブルクロスやるぐらいなんで、そっちの方で応用して作る形になるかなー。

個人的にはP118に掲載されているクエストがネタになるから一番好きかなー。P152のクエストの裏側と合わせて読むとまた面白い。
シナリオクラフト用のクエストとしてつかってもシナリオフックにしてもいいって言いますけど、フックで使ってみたいなー、こういうネタ。

プロトタイプチャンバーとか聞くと、どこかの勝手に動く杖さんが出てきますね。
リプレイはそれなりに読んでるので。
サクセサー専用のハンドアウトテンプレートとかもあって、なかなか。

あとはワールドセクションでクエスターのいる生活と題して、色々な組織について書かれていますねー。
カラオケボックスフォーチュンサービスとか、瑞珠学院とか。

掲載シナリオは、錬金術師の作った人形を巡るシナリオ「人形たちの輪舞」。
キャンペーンシナリオフックとして、5話からなる「紅の侵略」が乗っています。

アルシャードガイア上級ルールブック

ico_grade6_2h
「あなたが目覚めなければ、クラスメイトでいられたのに」

クエスターレベルを11レベル以上に上げらるようになったり、クラス取得の制限の解除について設定されたりと、上級ルールブックならではというバージョンアップのデータが掲載されています。
ただ、上級ルルブといいつつ、「上級クラス」については掲載されていないんですよね、コレ。高レベル用の入り口も入口、っていう感じの拡張なのは少し残念なような。

6種類の新クラスが追加。
音楽などの芸術に魂を捧げる者たちのクラス、アーティスト。
超能力者たちを表す、サイキック。
作られた生命体であることを示す、ホムンクルス。
神秘を扱い、祈りを力とする、ミスティック。
未来からやって来た者たちを表す、リターナー。
機械生命体である、マシンヘッド。
既存クラスの1~20レベルの追加特技や追加アイテムのデータなども掲載されてます。

ワールドセクションでは、ブルースフィアの組織と種族について色々触れられています。
パーソナリティもそれなりに追加されていますね。
シナリオの舞台サンプルであるN市についても紹介されてますねー。

掲載されているシナリオは『闇の旋律』と『消える学園』の2本。
特に後者の『消える学園』はアルシャードガイアのルルブに掲載されているコミックをモチーフにしたシナリオってことで、なかなか面白いシナリオだと思いましたよ。やっぱりコミックと言う要素があった分、イメージのしやすさが違うかなーと言う感じで。
冒頭で引用したのもこのシナリオ中のセリフですね。 

シナリオフックは「奈落のハイウェイ」、「驚異! ヘルマシン軍団襲来」、「狙われた転校生」、「閉ざされた村」、「エスケープ・タナトス」の5本。今回追加されたクラスをネタにしているものが多いかなー。

アルシャードff

ico_grade6_2h
旧版のルールブック。
最新版はアルシャードセイヴァー。
「アルシャード」から始まってアルシャードff」と「アルシャードガイア」がだいたい同時期に平行していて、「アルシャードセイヴァー」にいったんでしたよね、確か。
ミッドガルドとブルースフィアそれぞれを舞台としてたクロス・オーバーリプレイであるトライデント・シリーズは読みました。

「ファイター」、「スカウト」、「ブラックマジシャン」、「ホワイトマジシャン」。
「ヴァグランツ」、「ウィザード」、「エージェント」、「エレメンタラー」。
「サムライ」、「ジャーヘッド」、「ハンター」、「パンツァーリッター」。
「アルフ」、「ヴァルキリー」。
合計で14クラス掲載。

初期PCが3レベルになるので、1レベルを3つか、2レベル1つに1レベル1つ、3レベル1つのいずれかのパターン。
サンプルキャラクターは3レベルで一極集中のタイプは掲載されてないですねー。
「ファイター」、「スカウト」、「ブラックマジシャン」、「ホワイトマジシャン」の4つは基本クラスというらしいです。
迷うようなら、基本クラス2レベルのサブクラス1レベルが安定する、と柱で注釈入ってましたね。

ミッドガルドを舞台としているので、真帝国関連の世界観とか、ミッドガルドの神話とか、ミッドガルドにある各組織についてとか、その辺の情報がワールドセクションには掲載されています。

巻末には、レリクス巡るシナリオ「輝きの巨神」と帝国支配下のある町を舞台にした「幸福の価値」の2つが掲載されています。

アルシャードセイヴァーRPG リプレイ ミッドガルド 旋風少女と熱砂の罠

ico_grade6_3
「お前の考えは間違っている。お前は悪だ。私が断罪するべき存在だ。"皇帝の剣"として、真帝国皇帝の名と真帝国公認クエスター、ミカド・ラインダースの名において、カイラス・グーデリアン、お前を裁く」

PLは、今作のイラスト担当、中島鯛さん、フリーのイラストレーター、みかきみかこ。
F.E.A.Rの社長の鈴吹太郎、と副社長の菊池たけし。
演じるPCは、それぞれ以下の通り。
犬を連れた傭兵団の出身の少女、ウルエラ・ウルヴス。
一度死に豊穣の神としての力を得て蘇った、砂漠の緑化を目指す女性ファーナ。
記憶を無くした若き放浪の賢者、テム。
帝国公認クエスターとして、"皇帝の剣"として敵を裁くミカド・ラインダース。

中島さんのPC、ウルエラが、すごくまっすぐな少女で、格好良かった。
ミカドは……格好つけというか、ボンボン。だけど締めるところは締められる、良キャラ。
緑化志しているはずが、良い間違えて度々緑茶化させようとするファーナと、記憶を無くしながらもしっかりフォロー入ったりしているテムとで、結構いいチームだったと思いますよ。
なんか珍しく、キャラ作る場面とか、アフタープレイとかも細かく描かれていましたね。

第一話 旋風少女と大砂虫
第二話 旋風少女と熱砂の罠

スズリ砂漠という場所を舞台に、砂漠の天災、サンドワームを巡る物語。
1話は、帝国の部隊の一つが、どうも「砂漠戦艦」なる秘密兵器を勝手に作っているとかで、それの調査にミカドが行ったりします。飛空艇でいったらうっかりというかやっぱりというか撃墜されるのもお約束。
で、墜落した場所で出会ったファーナと一緒に、サンドワームに呑み込まれてしまう。
まぁ、他の2人もサンドワームに呑み込まれているんですが。
合流場所は、サンドワームの胃の中です。……嫌だなぁ、こんな顔合わせ。
で、シナリオクラフトのチャートを参考にした「楽しいダンジョン」チャートを用いながら、PCたちはサンドワームの中を突き進む。
……いや、しかしサンドワームってどれだけでかいんだ、って気分になりますなー。
そしてラスボスには加護によって逃げられてしまう。
決着は次回に持ち越し。

2話は、砂漠の別の街に舞台を移す。
ウルエラは壊滅した傭兵団の目撃情報を追い、ようやく兄貴分と出会うものの、彼は怪しげな行動を起こそうとしていて。
仲間と、街の人々のことを考え、その上で出した結論の快い事。
そうやって信じるところを突き進めるまっすぐさが眩しいですねー。
またしても、サンドワームが利用されようとしていますが。
……こんな短期間にいろいろやられて、サンドワーム、よく切れないなぁ。冷静な意識っていう者もあってありがたい事です。うっかり怒りに呑まれて街滅びてもおかしくなかったような。

アリアンロッド×アルシャード コラボ・リプレイ アルディオン・ナイトメア

ico_grade6_3
「じゃあ、この四人で世界でも救ってみようじゃねぇか」

アリアンロッド×アルシャードコラボ・リプレイ第二弾。
F.E.A.R20周年企画という事で、結構はしゃいでる感じが。
柊とシェルリィは知っていましたが、残りの二人はシステムからして知らないからなぁ。
その辺はちょっと無念というかなんといいますか。
全員知っていたら、それはまた別の楽しみ方ができたんじゃないかと思うんですよ。

まぁ、お祭り企画という事で、主眼は違う世界のキャラクターだして世界の危機を解決させよう、とそういうお話。
ただまぁ、違う世界のキャラを合流させて、誘導して、チームにするっていう準備がいるので、親切設計と言えばいいけど、流れがある程度読めて、山が無いように見えるのは残念。

あとは、アリアンロッド・サガの舞台「アルディオン大陸」が舞台となっています。
そのため、データは元々のものを参考に、「AR2E」のデータで作っているわけなんですが、1レベルなんですよね、それが。
異世界であるため力が弱体化している、という事になっていますが、戦闘の爽快感というか、ハチャメチャ感が足りない。
面白いは面白かったけど、パンチが足りない感じですかね。

 
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ