気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

アルティメット・アンチヒーロー

アルティメット・アンチヒーロー4 究極の個

ico_grade6_3
「戦いましょう。生きるために。守るために。最後まで絶望に立ち向かいましょう。

絶望を打ち払い、未来を手に入れるために。

それが、……生者の義務なのですから」

 

シリーズ完結巻。

焔、3巻で死んだけどこう口絵に出てきてたのには笑った。

いやまぁ、「助ける」とか言ってましたし、そう簡単に死ぬ輩でもないだろうとは思ってましたが。

霊体になろうと行動して、一矢報いてくるあたり、とんでもないにも程がある。

 

対策を練り、焔という大戦力が居てなお一度は敗れた。

焔が最後に放った魔術によって、時間を稼ぐことは出来たものの、状況は厳しい。

けれどそれでも戦おう、と少女が叫んで。

そうして動きだしてくれることが何よりも心強い。

 

焔に頼るのではなく、弱者故の戦いというのを続けて、勝算を掴んだ。

ベルが焔や純華が一人で邪神の力を操る精鋭をざっくり「頭がおかしい」と言い切ったところには笑いました。



アルティメット・アンチヒーロー3 東方大征伐

ico_grade6_3

「必ず助ける。待ってろ」

 

初版2015年ということで積読4年物ですかね?

シリーズものを積むなよ……

2巻までの展開も割と覚えてました。

 

焔という最強戦力に対して、教会のトップがまた策を練っていましたが。

あれだけの相手を敵に回すのとか、本当に正気を疑う。

いやまぁ、一応対応策として、人造救世主を作り上げて天使を呼び込んだりして。

それを筆頭に戦力を重ねて東京に攻め入るというんだから、人の業は凄まじいというほかない。

 

でも、圧倒的差があろうと対抗する決意を出来るのもまた人間なんですよね。

東京陣営も対策を打っていて、戦っているのは良かったです。

教会のトップが最後自業自得な目に合っていたのも、まぁ、因果応報ということで。

しかし焔が人質取られたとはいえ負けるとは、意表を突かれましたねぇ。

純華が最後立ち上がってくれたことに、安堵しました。



アルティメット・アンチヒーロー2 妖精女王と百万の敵

ico_grade6_3h
皆に讃えられる英雄になんてなれなくてもいい。
自分が受けた理不尽な略奪から、一人でも多くを救えるのなら――
それが叶うなら――
世界から拒絶されても構わない。

前回、五大長が英雄の扱いなっていないと思ったものですが。
今回は、教会勢力がクズだな、と思うエピソードでありました。
焔を「邪神使い」として悪役にすることで、自分たちの正当性を謳うその姿は、醜悪で。
特に今回の異端審問官がとった手っていうのがまた。
純華が守っている相手を襲う時に、純華の友人を連れて行って、それを囮に一撃見舞いするっていうんだから。

魔王の侵略に悩むこの世界ですが。
初めて、対話をしようとする勢力がやってきました。
妖精族の長、女王エルフィーナ。
彼女は、滅びかけている自らの種族の為、決して引かぬ覚悟を以て人類の前に立った。
それに比べると、五大長の器の小ささが際立ってしまうというか。
被害の規模からして、侵略してきた悪魔と思想こそ違えど、同郷の相手に心を許せないっていうのは納得出来ます。

でも、だからといって相手が優位な情報を持ってきたと思ったら、「じゃあ捕まえて解剖しようぜ」と言い出すとか。
それを女王の前で言ってしまうのが、悪手だろうに。
駆け引きで譲歩を引き出すとか、受け入れるふりをして、罠にかけるとかもうちょっと策を練ろうとは思わないのか。女王一人を捕えるよりも、妖精族を招き入れた上で利用したほうが価値高いと思うんですがね。
焔の「どこかの誰かが自分と同じような悲劇に合わないように」力を求める覚悟は立派だと思います。
けれども、そうして生き残った人類の暫定トップのする行いがこれかと思うと、言葉も出ない。
最後、インノケンティウスがまた行動を起こしたというか、作戦を進行させるピースをそろえてきてましたが。
……邪神使いの圧倒的強さを見ていると、今からでも遅くないから降伏しない? と言いたくなる。


アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者

ico_grade6_3h
『私達は生きてるんです。だったら生きるために戦わなくてどうするんですかっ!』


異界からの悪魔の侵略をうけるようになった地球。
一世紀以上も戦い続けて、なお敵の侵攻は止まず。
常時脅かされているわけじゃなくて、たまに襲撃がある感じみたいですけどね。
そして、五年前。《魔王》と称される強力な個体の侵攻を受けた世界は、一度滅びかけた。
これは比喩ではなく、魔王の襲撃後生き残った国家はわずかに十を数えるのみ。
生き残った国は統一世界政府を作り、余力があった五か国がトップに立ち、五大長としていろいろと決議しているようですが。

神代焔。かつてたった一人で魔王を討ち滅ぼした英雄にして《邪神使い》と恐れられる少年。
いや、実際に邪神従えて攻撃させるんだから、恐ろしいのに間違いないですけどね!
世に俺TUEEE系統の作品とか、教官モノとかは大分数がありますが。
その中でも、群を抜いて主人公が強いというか。
封印処置された状態で、十人しかいないS級と同等以上とか。
人々が絶望を覚えた魔王を瞬殺したりとか。
もはやコイツがラスボスだろうって勢いで他のキャラクターたちとレベルが違う。

それこそ、首相が提案していた「神代焔の名のもとに世界統一する」なんてのが夢物語にならない程度には、現実味のある力があるといいますか。
焔にその意志があれば、割と容易く実行できそうな感じ。

一人の力持つ「英雄」に救ってもらっておきながら、扱い方がアレかと。
本人が、自分の力について自覚があって、受け入れているからこそ問題が起きてませんけど。
悪魔の襲撃という問題が解決できていないのに、封印処置したり、喧嘩を吹っ掛けたりと、「五大長」実は生き残る気ないんじゃないだろうかとすら思えてくる。
まぁ、割と安定して読めるので、主人公最強設定が嫌いじゃなければ楽しめるんじゃないでしょうか。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ