気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

オーバーラップ文庫

異世界迷宮の最深部を目指そう12

ico_grade6_4

「ただ、人間生きてると、それがとても難しいんですよ。ああ、やっぱり強いというのは、卑怯です……。弱い人間には出来ないことが、あっさりとできる」

 

ルージュの手助けも得て、ヴィアイシアを目指すカナミ達。

彼らの到着を見越して、アイドはこれまでの準備を全て出し尽くす決断をする。

『宰相』であろうとする様子は、中々危うい雰囲気を見せていました。

千年前の、理を盗む者になった経緯も描かれていましたが、本当に追い込まれていたんだなぁ、というのがありありと示されてもう……

 

使徒シスは、盟友と呼ぶカナミとまず会話で話をつけようとしましたが……彼女もまた、ネジぶっ飛んでますね……これは交渉決裂もやむなし。

アイドとの戦いが始まることとなって。カナミも予想していなかった、アイド陣営に手を貸す輩もいたりしました。

 

諸々手を打って、アイドが優勢にたった瞬間も確かにあった。けれど、最後にはカナミが勝つんだから、凄まじい。

あそこまでメタ張られてなお、余裕を感じさせる部分ありましたし。

守護者の本心を暴く舌戦も見事。いや、カナミ本当に強くなってますね。

 

『第四十の試練』と、その結末。やっとたどり着いた彼らを、止めることは出来ないと分かっていても、切なくて悲しい別れ。

迷子になっていた子どもが家に帰れた、優しい最後でもあるんですけどね……。

カナミは目的を達成しましたが、最後不穏な手紙が届けられて……。いやぁ、圧倒されるばかりでした。WEB未読勢なので、この勢いのままWEBにも手を出そうかなぁ。

……積読と相談しておきます。



異世界迷宮の最深部を目指そう11

ico_grade6_3h
「カナミ……?」

「ああ、僕だよ。ごめん、スノウ。帰ってくるのが遅れた」

 

無事に地上に戻って来たカナミたち。

情報を探りつつラスティアラに会いに行きましたが、彼女は同行を拒否。

様子がおかしいと気付き、退かなかったのは褒めたいけど、そこからの行動はちょっと性急すぎたんじゃないかな……

 

他のメンバーについての話を聞き、カナミとティティーはそちらへ赴くことに。

ライナーは、ラスティアラたちの傍に残ってましたが。いやぁ、彼はかなり覚悟決まってきましたね。

カナミやラスティアラが多くを知ってる分考えすぎている分、彼の思考はかなりシンプルになってる感じ。軸がぶれてないのは強い。

 

装備を整えて、船で大陸を渡り、スノウと合流して。
スノウ、スペックだけは高いんですよね。で、カナミが居なくなったことで奮起してパーティーをまとめようとしたり、英雄らしく活躍したりしてましたけど。
カナミが戻ってきて元の木阿弥になったのは、ちょっと笑ってしまった。


スノウらしくて、良いと思いますけどね。そんな感じで再会が順調にいっている部分もありましたが……

アイドは結構暴走しつつあるというか。この時代にヴィアイシアを作り、魔人を生み出すような知識を広め、順調に間違った方向に進んでいる。

ティティーと会話してなお止まらないというか。彼は彼で『統べる王』を神聖視しすぎてるきらいがあるからなぁ。

直接対決は次の巻へと送られましたが、さて守護者2人の結末はどうなるやら。


異世界迷宮の最深部を目指そう10

ico_grade6_3h

「騎士ライナー。これから僕がロードと話す間、ノスフィーを完璧に抑えてみせろ。いまここで終わらせるには、あいつが邪魔だ」

 

地上への帰還を目指すカナミの前に立ちふさがった守護者たち。

最初は逃げて地上を目指そうとしていましたが…途中で奮起し、戦う事を決意。

ライナーとの信頼し合った主従のやり取りが格好良くて好き。

ノスフィーを相手取って、追い込まれながらも、諦めずに攻め続けるライナーも良かったですね。

 

一方のカナミはティティーを相手取って…

彼女の未練。王であった彼女の歩みを追体験する事に。

いかにして北連盟をまとめ上げるにいたったのか。

スペックこそ高く、王としての仕事が出来てしまったのが、悲劇だったんだなぁ。

誰にも理解されず、孤高の王として在り続けてしまった。

 

しかし、未来を手繰ったり、過去を想起したり、マジにカナミの魔法は反則的のが多いですね……

無理をした甲斐があって、ティティーの本当の願いを見つけ、彼女を味方につけるところまでは出来ましたが。

ノスフィーの方は……うーん、大分ぶっ飛んでるから、相互理解かなり難しそう。とりあえず引いてくれましたが、次に戦う時も激戦になりそうな怖さがある。

……守護者相手取って激しくなかった試しがないからいつも通りか。

 



異世界迷宮の最深部を目指そう9

ico_grade6_3h

「それは断る。いまさら、子供みたいに生きられるか。それに僕は行かないといけない。地上に、妹や仲間たちが待ってる……」

 

パリンクロンを撃退したものの、弱った隙を突かれ、魔法陣に呑まれたカナミとライナー。

彼らは迷宮・六十六層の裏で五十層の守護者『風の理を盗む者』ティティーと出会う。

一年もの時間が過ぎている事も明らかになり、二人は可能な限り速やかに地上へ戻ろうと決意する。

しかし六十層まで踏み込んだところで、次なる守護者『光の理を盗む者』ノスフィーまで現れて。

 

千年前の真実、その一端を知ったカナミ。

しかし始祖であったころの記憶はまだ抜けが多く、かつての彼をしるティティーやノスフィーとの会話が微妙に噛み合わない事も。

とは言っても、ティティーの言っていたように、ノスフィーを忘れていたのは酷い。

完璧な形で計画を運用できなかった分の欠落が、かなり響いてますね……

 

千年前の情報が残っている六十六層の裏で、特訓が出来たのは良かったですけどね。

時間がない中で、出来る事をして穏やかな時間も確かにあった。

けれど、最終的には守護者の『試練』が開始される状況になってしまって……

長い時を過ごして、壊れかけている彼女相手にどこまで対抗できるのやら。



異世界迷宮の最深部を目指そう8

ico_grade6_4

「私たちはここを離れません。少年が教えてくれました。私も私の選んだ願いのために戦います。命を懸けて戦い続けます――それが私の本物なんです」

 

ワイスの案内で、パリンクロンの親族であるシアをはじめとするパーティーメンバーに会いに行って。

ライナーや、『木の理を盗む者』アイドという相手も居ますが。

最初の接触は思った以上に穏やかでしたね。途中から戦争をすることになり、思わぬ刺激を受ける羽目になっていました。

 

ある意味では、パリンクロンと本格的にぶつかる前に、問題を知る事が出来て良かったでしょう。

それを知ってなお、カナミの心を揺らしてくるんだからおっかない。

元々ラスボスにしようとしていた、というのも納得できるくらい規模のデカさで。

立て続けに戦線を離脱していく仲間、思いがけぬ援軍、真実が明かされ、死力を尽くして戦い抜いた。

いや、マジでこれラスボス戦でもおかしくないくらいのボリュームありましたよ。

千年前の使徒にまつわる情報も、完全ではないものの出て来て。いやぁ、熱かった。

 



異世界迷宮の最深部を目指そう7

ico_grade6_3h
「――お兄ちゃん、よく踏みとどまったよ。いま軽い気持ちで動くと、ほんとに死ぬよ? こう背中をぶすっと刺されて……どころじゃないかもね。肉片残らないかもね」

 

武闘大会が終わり、パリンクロンを追うために行動を開始した一行。

しかしまぁ、戦力的には最高峰ですが、実際のところはかなり危ういというか。

カナミが八方美人過ぎるが故に、うっかりすると死ぬ状況。

『感応』の活用方法がそれでいいのか……? 

 

いやまぁ、生き残るために使ってるんだから、いいですけどね。

スキルが自動発動するくらいの危機があっちにもこっちにもあるという。

地雷原で踊るような真似をカナミがするもんだからなぁ。リーパーも気苦労が絶えないねぇ。

 

迷宮探索も続けてますが、メンバー整いまくってて敵の方に同情しちゃうな……

カナミが迷宮から戻ったら船燃えてましたしね……まぁ怖い……

パリンクロンが新たに生み出した魔石人間ワイスと遭遇したり、そこから新しい情報を得たりしてますが。

ラスティアラから千年前の伝承とかを聞いたりして、準備はしてますが。敵がそれ以上に用意周到だから、怖いなぁ。何が待っているのやら。



異世界魔法は遅れてる8

ico_grade6_3

「それで十分だろ? 術が効けば、無敵じゃなくなるんだ」

「そうそう。それにダメだったらまた違う手を考えればいいよ」

 

読んでたけど感想書いてなかった。

9巻、刊行予定が延期され続けてて、出るのかなぁって感じですが。

なろうの方での連載は不定期ながら続いているので、そちらを気長に待ちます。

 

序章は魔族側の会議模様。

これまでの雑兵を潰し、その力を集約した駒を作ったとか言ってて手段選ばないなぁ、ってところが怖い。

 

今回のポイントとしては、やはり勇者となった幼なじみに水明が身バレしたところでしょうか。

黎二と言いあいをしてましたが、まぁ、子供の喧嘩みたいな感じで険悪にならなかったのは何より。

途中妨害にあって遅れたものの初美たちが援軍に来て、一時的に戦力アップしてました。

息抜きの為のプールイベントで着想を得て、帰還の為の魔法陣を水明が完成させたりと、こっちはこっちで順調に進んでると思うんですがねぇ。

 

魔族たちが手を進めてるのは描写されてますし、普遍の使徒の思惑はいまだ不明なままで。

その調査の一環として勇者エリオットの救助の為にハドリアス公爵のところへ乗り込むことに。

一筋縄ではいかない相手とは思ってましたが、自ら所属を明かし、トリアの勇者すら連れ出してくるとは予想外。というか彼自身が普通に強いって情報は共有しておくべきだったのでは!?

まぁ、公爵も水明が真っ当に戦えること把握してなかったぽいので普遍の使徒側も情報共有できてませんでしたが。



異世界魔法は遅れてる!7

 ico_grade6_3

「青いな。持っている力とまるで釣り合わんくらい青い」

「……そういう連中の集まりの一人なんだよ俺は。そうあるからこそ俺は――」

――強くなったんだよ。

 

絵師が変更になったみたいですねー。

挿絵も入るようになって、中々いい感じです。

中二病を再発してしまった少女瑞樹は、イオ・クザミを名乗り、水明を翻弄します。

性格には瑞樹にとり付いた何者かが、そう演じているようですが……一体何を考えてそんなことをしているんだか。

 

連合で水明たちが対峙した勇者を狙う謎の連中の話。

レイジ達が自治州で遭遇した、強力な魔族の将軍の話。

それらを水明宅で情報共有するために、話し合っておりました。

途中で皇女が訪ねてきて、小さくなったレフィールをからかっていた場面は微笑ましくて笑えた。

 

帝国北部で魔族の侵攻が確認され、レイジは勇者として協力する事に。

周辺諸国は、帝国の戦力が削られるならばと様子見の構えを最初に見せていましたが……水明が悪巧みして、レイジの名前を使って協力を引っ張り出してましたね。

状況が状況なので水明も帝国側に助力する事になりましたが。かつてリリアナが名を連ねていた帝国の十二英傑が難癖をつけてきて。

 

勇者レイジはともかく、水明やミズキ、リリアナと言った面々が戦列に並ぶのが不満である、と。

故に、十二英傑と手合せして実力を測らせてもらう、と。

……もっとも、実力が疑われる三人の実力を正しく計りわだかまりを無くすのではなく、十二英傑ここにあり、と権威を示そうともくろんでいる時点でお里が知れるというか。

逆に蹴散らされたのは爽快でありました。えぇ。

 

そして魔族の軍勢と対峙する事になっていましたが。

そこに普遍の使徒がちょっかいをかけてきたり、水明が因縁のある相手と出くわしてたりしていました。

魔族側の攻めがやたら単調に思えたのは、あちら側にも思惑があったからとのことですが。

勇者を攫おうとしたかと思ったら、一時共闘して魔族を蹴散らす、普遍の使徒たちの思惑がさっぱりわかりませんな……



アイレスの死書

ico_grade6_2h

「レイン。人が命を懸ける時は、自分のためでないといけないんです」

 

無作為に人にとりつき、過去の事件を再現する『死書』。

世界最大の情報機関である大図書館には、それを回収するために『死書』を扱う史書記という職業があって。

史書記見習いとして二年を活動したものは、式典に参加することで正式な史書記として認められる。

 

今年行われるその式典『神授式』に参加するのは、四つの国から6人の予定で。

死書を扱い、その事件を解決するという職務上、身体能力や戦闘能力などに秀でたキャラが多いですが。

同期の史書記として交流を深めようとした矢先に……史書記を狙った連続殺人の予告があって。

実際その通りに死者が出てしまい、かなりの騒動になっていましたが。

 

何と言いますか、惜しい作品だとは思います。

世界観的にもキャラ的にも、面白くなりそうな雰囲気はある。

けれど、詰め込み過ぎたというか、駆け足過ぎて粗さが目立ったと言いますか。

連続殺人事件が起き、犯人が誰か判らないっていうシチュエーションを作り出すためには名前ありの登場人物を多くしなくてはいけなかった。

……って言うのは予想できますけど、それで個々の描写が薄くなってしまった感じがして残念でした。

結局黒幕も迷走していて、全ての目論見が上手くいったとして彼の願いが叶わなかったという空回り感とか、エピローグの雰囲気は嫌いじゃなかったので、次回作があるようだったらそれに期待、って感じでしょうか。

 

アイレスの死書 1 (オーバーラップ文庫)
蓮見景夏
オーバーラップ
2017-04-22


異世界魔法は遅れてる! 6

ico_grade6_3

「とんでもないぜアンタは。俺はこれまでアンタ以上に戦いに純粋なヤツを見たことない」

「この上ないとは嬉しい言葉だ。これまで腕を磨いてきた甲斐があるというもの」

 

冒頭は、水明の過去。

生前の父親との語らいが描かれています。……語らいと言うには、話題物騒ですけどね。

危険が感知されたから戦いに行くぞ、って話ですし。

ただそこで、父から指摘がされていましたが。水明、位階が低いとか色々言ってましたが……実力は、相応にあるみたいですね。

 

増長しないように本来与えられるものを保留していただけとか。

慢心せぬようあまり褒めることをせず、周囲が超人ばかりだという説明をせず、魔術以外の生活にも触れさせた。

それ故に、水明は自身の力量を正確に測れぬ慎重さ、というか臆病さを見につけてしまっているとかなんとか。それを踏まえても水明以上の存在もいるのに間違いはないって言うんだから、魔術師って……

 

そして現実に舞台は移り。

水明と初美の前にたった竜人のインルー。

彼は、勇者である初美を連れて行くと。意志など関係なく連れていい「使う」と語る。

それを認められない、と水明は戦うわけですが……魔族の将軍クラスと相対してもなんとかいなしてきた彼が、こっちの世界でここまでコテンパンに負けるのも珍しいというか。

本当この世界、勇者なんて呼ばなくても魔族どうにかできたんじゃないかって実力者が転がってますよね……

 

一方英雄の残したアイテムを見に行った黎二達の方でもイベントが。

まさか瑞樹に反応してくるとは。彼女の黒歴史が暴かれて、痛々しい。

現代魔術師として見過ごせない事態も発生したりしてますねぇ。

ハドリアスがエリオットに関わってきたり、この世界の闇は深い……

 
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索