気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

カドカワコミックスA

幼女戦記19

ico_grade6_3h

「後世の歴史家は 口を揃えて諳んじるだろう」

「今この時こそが――」

「帝国軍の進撃が 最も栄光に満ち溢れた瞬間であったと」

 

共和国相手に大打撃を与えた帝国。

どこもかしこも戦勝によるお祝いムード一色で……

実際、共和国首都へのトドメとなる作戦行動においても、目立った妨害行動はなし。

これは勝った、と。戦後の交渉準備を始めているのも、納得は出来る。

 

しかし、火種は未だにくすぶっている状態で。

共和国が抵抗を示さなかったのは、残った戦力を逃がし反攻の機会を掴むためでしたし。

アルビオン連合王国では情報部の失態や、先だってターニャ達と交戦した大佐が情報を持ち帰ってましたし。合衆国の参戦まで匂わされて……

 

かつての世界の知識でもって、ターニャだけが共和国の作戦に気が付きましたが……

これまで積み重ねてきていたディスコミュニケーションの発露、とでも言いましょうか。

本部と現場とで、意思疎通がうまくいかなかった結果、最良の結末は遠ざかってしまった。

もう最後、「この先の歴史は 地獄の晩餐の鍋を覗く 勇気を持つ者のみに目撃してもらいたい」と〆られているのが不穏でならない。



私たちは付き合っていない

ico_grade6_3h

「いや その とりあえず告白の返事とかって…」

「健闘を祈る(返事)」

「健闘を祈る」

 

ツイッターで話題になった作品の書籍化。

元々作者さんが、ほぼ週刊漫画チャレンジとか言って、色々と芸風の違う4Pマンガを上げられていたんですよねー。

当時から読んでいたので単行本化した際に即購入。

……読んでいたものの、感想書いてない山の中に埋まってました。

 

表題作の「私たちは付き合っていない」の二人の関係が好きです。

付き合ってはいないけど、周囲には恋人だと言っている男女。愚痴を零しあったり、厄介事から逃げる時に言い訳に使ったりする、隠れ蓑としての関係。

なんですが……もう付き合ってしまえよ、とか思いますけどね。けど、付き合ってないからこその距離感だとも思うので、そっと見守りたい感じ。

 

この人の作品しったきっかけが「彼氏絶対殺す彼女VS彼女絶対落とす彼氏」なので、あれも気に行ってます。

単行本には乗ってない追加ストーリーもツイッターで上がってたりするので、あれも続きを気長に待ってる。

他に気に行ってるのだと「恋のTRPG」とかですかねぇ。恋愛にまで持ち込む方も持ち込む方だし、乗る方も乗る方だ……



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ