気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

カドカワブックス

狼領主のお嬢様2

ico_grade6_3

「私も、願っています。カイドに生きていてほしいと、ずっと願っています」

 

シャーリーと同じく、何の因果か前世の記憶を持って生まれた彼。

その策謀によって、狼領主には熊殺しの毒が投与され死んだという情報が流された。

……えぇまぁあらすじで明かされていたので、言ってしまうとカイド死んでなかったんですね。そもそも表紙にも口絵にも居ますからね。

で、上手い事追いつけるように色々と手を回していたようです。

 

まぁ流石に毒が効かなかったわけではなく、死にかけたところをなんとか蘇生された状態のようでしたけど。

それでも、シャーリーを取り戻すために即座に行動できる辺りは凄い。まだまだ若いなー。

シャーリーだからこそ、狼領主のそうした反応を引き出せるというのは、有るんでしょうけど。

 

過去に因縁があったのは確かだけれど、未来を向いて生きる事を決めて。

ちゃんと言葉にして想いを告げてるのは良かったです。お嬢様、かなり鈍い部分があるようで、伝わらない可能性もいくらかありましたからね……

終盤のイザドルの話にも全く気付いてないみたいでしたし、うん、今世でも割と箱入りだと思います。

色々とトラブルはありましたが、カロンたちのようにシャーリーを受け入れてくれる人が居る終わり方は良かったですねー。

領地の後継のこととか、課題は多そうですけど。仕事を割り振ることを覚えた領主様と彼女なら、大丈夫でしょう。


 

狼領主のお嬢様

ico_grade6_3

「私、何か……そんなに特徴的なこと、ありますか」

(略)

「……瞳が、あなたを映していますから」

 

BOOKWALKER読み放題にて読了。

悪政を敷き、民を虐げた領主一族。

彼らは内部に侵入したスパイによって悪事を暴かれ、裁かれた。

蝶よ花よと育てられた、箱入り娘すら処刑された。

彼女自身は、真実、領主一族の悪徳に与してはいなかったのに。

……まぁ、家族の放蕩を知っていながら止めなかったというのは、確かなんですけれど。

そうする発想が出てこないくらい箱入りだった。

 

前領主一族を絶やし、革命の旗手となった男が新しい領主となって、その地は少しずつ快復しつつあった。

悪者は去り、めでたしめでたし……で終わったら、この作品始まらないんですけど。

処刑された筈の領主一族のお嬢様、その記憶を持って今の世に生を受けた少女シャーリー。

親も無く養護院にいた彼女は、ある時、院長から縁が巡り巡って、領主の屋敷で新人メイドになることとなって。

 

前世の記憶を持つ故に、上手く馴染めずにいた部分もあるようですが。

しっかりと仕事はするし、同僚からの受けも悪くはない。ただ、食事をあまり取らずにやせ過ぎな部分は心配されているようですけど。

ひょんなことから屋敷で働くことになった彼女は、更に予期せぬ遭遇によって領主付きのメイドとして勤める事となって。

 

お互いに相手を見て、秘している事情に察しを付けながらも触れずにいる、初期の微妙な距離感のやり取りが好きなんですよね。

領主の友人であるイザドルが踏み込んできた後の、しどろもどろになる部分とか。

そこに二人が触れた後、「仕事を終わらせるぞ」で空気を切り替えられる辺りとか。

 

それぞれの間に漂う空気が、気に入っています。長い台詞が連続したり、好みから外れる部分も無くはないですが。

1巻の引きがかなり良い所で終わっていて、続けて2巻を読み始めた身では何も言えません。

外道魔術師の憑依譚~最強剣士を乗っ取ったら、自分の身体を探すことになった~

ico_grade6_3

「愚かしさもそこまでくると哀れだな。痛みは負けた奴が感じることだと? その前提がおかしいと気づかないことには、貴様は一生勝つことは出来んよ。(後略)」

 

WEB既読。BOOKWALKERでセールやってたので購入。

コミカライズも刊行されてるっぽいけど、発売1年前かー。続き出るのかしら。嫌いじゃないので、続いて欲しいんですがさて。

 

人の身体を乗っ取り、長き時を生きる魔術師が居た。

無条件で乗っ取れるわけではなく、強大な力を持つ魔術師の魂を受け入れられる相性や肉体の強靭さ等の条件があるようですけど。

今使っている体にガタが来たので、新しい身体を探していた所、魔獣と相討ちになって死にかけている男を見つけて、契約を交わし肉体を譲り受けて。

 

タイトルに外道魔術師とあるように、割と悪役の所業ですよね。

実際に口は悪いし、上から目線だし高慢だし、揉め事を頻繁に起こしそうな人物ではあるわけですが。

肉体を喰らい己の物とする。つまり、魔術師は相手から恩恵を受けるわけで、その分の対価は与えねばならない、と望みを聞いて可能な範囲でかなえようとする当たりは真面目と言うか。

 

肉体を譲り受けた青年ジグル・フリドーの最期の願いを受けて、彼と一緒に旅をしていた盲目の少女エレナを保護する事になったゲオル。

目が見えない代わりに感覚の鋭い彼女に、早々に正体を見破られている辺り詰めが甘い。

 

素直じゃないけど抜けてて憎めない部分があって、エゴ丸出しではあるけれど結果的に誰かを助ける事もある。なんだかんだで魔術師ゲオルの事、嫌いじゃないですねー。というか作中ではトップクラスに好きかも。

 

魔王が復活して人々が魔物に脅かされる世界で、対抗するための勇者一行も居るんですが……

裏で色々な思惑が蠢いている結果とはいえ、勇者の方がよっぽどゲスで外道なので、ゲオルが初対面から顔面ぶん殴ってくれたのには正直スカッとした。

 

勇者の彼も、異世界から召喚されて、視野の狭さを利用されている哀れな駒ではあるんですが、それにしたって小物過ぎて色々と酷いので、ほとんどの人が嫌いなんじゃなかろうか。

そんな彼を中心とした勇者一行の行動も褒められた物じゃないので、作品の好み分かれそうだなとは思いました。

 

巻末には書き下ろしの短編、『ミカ』と言う、ゲオルが得た五人目の身体について語られていますが……

少年が願ったもの。ゲオルが為したこと。途中で横やりが入ったのが癪ではありますが、良い旅をしたんだな、とちょっと感慨深かった。



腹ぺこな上司の胃をつかむ方法~左遷先は宮廷魔導士の専属シェフ~

ico_grade6_4

「いいんですよ、俺が自分の意思でエステル様の側に居るんですから」

 

小説家になろうの書籍化作品。

WEBで読んでたので、発売日に飛んでいって購入してきました。

エステルがかわいい。

後書きにも書かれてますがコンセプトが「ヒロイン可愛い」だそうで、十分に満喫できます。扉絵の最後。「……おいひいです」と言ってるエステルが特に可愛くて好き。

 

筆頭魔導士を夢見るヴィルフリートは、組織のナンバーツーに目をつけられて、変人の巣窟である第二分室へ異動させられることに。

そこで最初に出会ったのは、空腹で倒れた美少女エステルで。

ヴィルフリートが出したパンケーキを気に入って、おいしそうに食べているエステルが直属の上司。

しかも、特級魔導士という位階の高い相手という事もあって、最初のうちはヴィルフリートもプライドを刺激されてる部分があったようですが……

 

順調に餌付けして、懐かれて、そんな環境にも慣れていってる辺り、適応力高いというか。

周囲に規格外が多いせいで物差し壊れてますけど、彼自身もそこそこスペック上なのでは。

実際、同僚となったエリクからは「一般からすれば飛び抜けてる」と評されてましたしねぇ。

 

 

ヴィルフリートも普段は平然と仕事していますが、彼が魔導士という職を志したのは中々重めの過去があって。

幼少期に誘拐され、助けられた。記憶があいまいだが、あの時の人にお礼を言いたい。

それでしっかり成果を出して職場に在り着いてる辺りは凄い。

彼が魔導士として組織に入ったからこそ、ディートヘルムは彼を使おうとしたのでしょうし。

ヴィルフリートの存在がエステルの救いになったのは、彼自身の為した事ですから、そこは誇ってもいいと思います。

……最終的に男としては大変な目を見てますが、彼の理性に期待。頑張れヴィルフリート。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ