気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ガンガンコミックスONLINE

月刊少女野崎くん11

ico_grade6_3

「やっぱり催眠術で人の心を操ろうなんて間違ってるよ!!!」

「お いいなそれ 30ページの読み切りの21ページあたりに出てきそうなセリフだ」

「ウワーッ なんとなくわかるー!!!」

 

鹿島の妹が登場。

姉に勝るとも劣らない曲者というか、妄想癖の少女。

それで割と行動力もありますね。

あれで中々個性が強い演劇部の面々を驚かせるって、相当ですよ……

 

締め切り間際の応援。

野崎が一番飽きてて、模様替えしようとしたり、2時間はかかる料理を仕込もうとしてたり、現実逃避もはなはだしくて笑える。

 

あとは、ついにローレライであることを若松に打ち明けようとする、って言うのも大きなイベントでしたが……

これまでの積み重ねの成果が、アレだよ……

カタルシスネタの話してるときの佐倉のリアクションが理想出来て楽しかった。

あとは、催眠術ネタも、かかりが良すぎる2人とその周囲のノリがよくて愉快でした。

堀先輩順応性高いな……

月刊少女野崎くん(11) (ガンガンコミックスONLINE)
椿 いづみ
スクウェア・エニックス
2019-08-22


女が苦手なヤンキーと少女の話1

ico_grade6_3h                                         

わが生涯に一片の悔いなし

「おい 俺置いて勝手に死ぬな」

 

Twitterで見ていたので、書籍化記念に購入。

強面で怖がられる熊田優。女の子が苦手で、緊張して言葉遣いが荒くなったりするのが誤解されてるだけで、言うほどヤンキーじゃないですよね。

苦手な勉強の対策として図書館に勉強しに来るくらい真面目ですし。

 

そんな彼と背が小さい同級生の女の子、卯月さやかとの交流の話。

背丈で最初に「子ども」認定したせいか、さやか相手には「女が苦手」な面を発揮せず普通に触れたりしてます。

さやかの方は逆に彼が好きなので、意識しまくってて、「ジャンル:幼児」分類に打ちのめされてますけど。頑張れ……

 

まぁ、どんどん熊田もさやかの事意識するようになってきますけどね。

「普通に話せなくなりそうで嫌なんだ」と言う想いから、一歩踏み込めばいいのに。

もどかしいし、甘いし、癒されますねー。かわいい。



月刊少女野崎くん9

ico_grade6_3h

「そうか…そっちがその気なら力づくでとめるまでだ」

「今この瞬間から俺達は敵同士になる」

 

今回は若松が特に面白かったです。

野崎弟と御子柴を巻き込んでギャルゲーをやってる場面で、バットエンドへ。

「ハッピーエンドに行くためには一度追い詰められて壊れなきゃいけないんですよね…?」

「お前はどうして初めに乙女ゲームをしてしまったんだ…」

とか。

 

ローレライの歌声で、眠りに落ちるという事実に気付いた瀬尾が、ところかまわず若松を眠らせて……

周囲を白線で囲んだり、おかしな儀式のような状況を作り出したり。

あの状況整えるのも大変だったと思いますけど、瀬尾遊ぶことに関しては揺るぎないな……

 

その後、若松がローレライに心惹かれていると知った佐倉が、応援しようとして……

それを見た野崎が止めにかかるという愉快な展開。

力づくで止めるって、そういうじゃないだろ……あと、野崎のあの運び方だと普通に胸とか尻とか手が当たってると思うんですが……

 

演劇部のエチュードデーとかも面白そうですけどねー。

堀先輩と鹿島の環境もなんか変化しそうな雰囲気ですけれど……野崎と佐倉の関係はさっぱり変わりませんなー。

佐倉の思いに気付いてないのは肝心の本人のみって言うのがまた何とも。

月刊少女野崎くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)
椿いづみ
スクウェア・エニックス
2017-08-22


月刊少女野崎くん8

 ico_grade6_3h

(そうか…この人には先輩が可愛く見えるのか…)

(そうか…こいつ結月に好かれてるかもしれねぇのか…)

((かわいそうに…))

 

自由なテーマでの読み切りを書くことになった野崎。

お題が自由なので逆に悩み、剣さんが他の作家さんでランダムカードで決めてる人がいるという話を聞きます。

要するに、三題話を自分で作れるように箱を3つ作って、テーマを放り込んでおくって言うアイテムなんですが……

野崎とそのアシスタントたちでやったら、凄いカオスな三つのお題になって……

折角ランダムに選べるよう箱まで用意したのに、最終的にカードすべて並べて選ぶという展開になってて笑った。


今回一番面白かったのは、瀬尾の兄貴のバイト先に鹿島がヘルプに入る話。

妹の友人から、妹の学園生活の様子が漏れ聞こえて頭を抱える兄……

オマケに、都さんと野崎の関係を誤解したままだから……一緒に店に来るのをデートと思って気落ちしたりと大変ですな。

若松ですら最近は瀬尾に反撃して悪くないリターンをもらってたり、安眠剤として歌姫の唄があったりするのに。瀬尾兄は今のところ癒しないよな……哀れな。

瀬尾兄と若松が遭遇して、お互いすれ違った会話をしたうえで相手を憐れんでる辺りには笑うしかなかった。

 

あとは、79号の鹿島の行動も笑えましたねー。

堀先輩愛情グラフとか書いて御子柴に解説している時間を部活に割けよ……!

鹿島の手作り大作戦が相変わらず凄いというか、彼女もスペック高いよなぁ……

手作りだとばれないように、ロゴからつくって誤魔化そうとするあたり、情熱傾ける場所を間違えてる。


以下に画像が特装版のものしか出てこなかったのでこちらを張ってますが、購入したのは通常版です。 



月刊少女野崎くん7

 ico_grade6_3

「あ御子柴 さっき野崎が君のノートに落書きしてたよ 良かったの?」

「は!? 落書き!? まさかあいつ俺のノートをずたずたに……!?」

3ページ目が意外とよく描けたのであとでコピーさせてください)

『野崎!!!』

 

ガラケーで十分生活できる野崎と佐倉。

……作中キャラクターにスマホを持たせようとして、知識がないため失敗。

また突飛な実験を開始していて、学校で糸電話。

よく怒られなかったな……というか、意外なドラマが始まってて、野崎はどうしてその場面を見ていなかったんだ……

 

あと、今回は地味に瀬尾が笑えた。

野崎の友人たちが、アシスタントをしていたりする関係で、「野崎に聞いてみる」と行動方針をぶんなげる姿を見て驚いている瀬尾とか。

男子バスケ部が瀬尾対策で取った行動が意外とはまって、若松の逆襲が……始まらなかったところとか。

 

野崎が漫画家という事を隠して(周囲に信じてもらえず)いるのに、友人と上手く回っているのに。

一方で、タヌキ登場率がヤバい漫画家の都は、仕事を隠しているため、周囲に誤解を振りまいて、微妙にから廻っている。

この二人の差が割と面白いというかなんというか。何でも作品に生かそうとする貪欲さは、すごいと思いますがね。

                                                                                       

今回一番笑ったのは、67話の「怖い呼び出し」ですかね。

……御子柴の必死さが、素晴らしかった。

その後の、剣さんたちの締め切りの話は、切実すぎて笑えなかった……親戚で印刷関係の仕事してる人いて、その話聞いてるからなぁ……

前野は本当ウザいなぁ……これでよく仕事首になってないなぁ……

大月さんも哀れな……

月刊少女野崎くん(7) (ガンガンコミックスONLINE)
椿 いづみ
スクウェア・エニックス
2015-12-22


魔女の心臓7

ico_grade6_4
「針は始点に 針は終点に」
「決まった結果に辿り着く」
「悪足掻きだよ」

巻頭からまた、いい感じに重いのが来たなぁ。
内容としては結構ほんわかする話なんですけど。
ミカの旅の果てしなさを思い知らされたとでも言いますか。
彼女たちが訪れた街ではミカと同じようんな格好をした人が多く出歩く祭りが催されていて。
「境界の魔女に話を聞いた」体裁で綴られる作品を記した作家がいたため、それにあやかっている祭り。
……そしてそれは、創作などではなく、かつてのミカ自身の事だった。

500年は昔に語った話。小さかった街は発展し広大になっていた。
広がった街には、かつてよりも多くの人が住んでにぎわっていた。
ミカも、その作家の話を聞くまで、この街を過去訪れていたことに気付かなかった。
それはつまり、長い年月をかけて、戻ってきてしまったという事。
更には最初に気が付かなかったということは、探し求めている故郷に辿り着いた時それが分からないかもしれない、という事。

魔女としての業の深さを感じますね……けれど、果てのない旅路になるかと思いきや、ルミエールにまた妹が接触してきて、焦りを見せていたりと、進んでいる面もあるようで。
さて、あの妹たちは何を隠しているのやら。

気になるエピソードが最初にあり、後は1話完結のエピソードが3つと、番外編で王女と歌い手の話。
恋した神様と、湯あみ場での交流と、この世界の暖かさを感じる、優しい話でした。
間に、少年が一人で舞い上がっていたという籠の鳥の話が挟まるあたりは、厳しい仕様だよなぁ。
割とあっさりゲストが死んだり、痛い目みたりする話があるのでこの作品は油断できません。
番外編での二人は、意外と相性いいんだなぁと、想いました。
8巻の予告でクライマックスと謳っていたので、完結までわずかみたいですが、このまま応援していきたいところ。

魔女の心臓(7) (ガンガンコミックスONLINE)
matoba
スクウェア・エニックス
2015-08-22

魔女の心臓6

ico_grade6_4
やっぱり心臓の鼓動は聞こえない
だけどこの子は泣いている この子は生きている
「・・・ミカ お前は魔女になれ」
「ワタシはお前のことを何も知らん お前がどこから来てどこに帰るのかさっぱりわからん」
「・・・でもお前がここに来たのはきっとなにか意味がある」

ミカの旅の始まる前。
心臓が止まった状態で「魔女」に発見されて。
彼女の保護の元、ミカは「魔女」として知識をつけていった。
魔女という仕事に誇りをもって中立であった彼女ジュリア。
最初に彼女と出会えたことは、幸福であったんじゃないだろうか。
その後、五百年を、長い旅路に費やしたとして、支えにはなったはずだと、思いたい。

リッカ、どうして料理は作れるのに、薬は爆発するんだろうか。
……でも、ミカの魔女としての知識を伝えて覚えていてくれるってのは彼にしかできない。
だから、頑張ってほしい所です。

リンゴ農家の収穫の手伝いをした、旅人たちの話。
一つの約束のために旅をつづける少女。
「終わらない旅をすることよりも」
「この約束をせずに生きたかもしれないことを思うとそちらの方がずっと恐ろしい」。

ミカは最後、どんな顔をして彼女の話を聞いていたんでしょう。
彼女は約束を果たしてましたが、ミカの約束が果たされるのはいつの日か。

竜の子のエピソードは、結構ほっこりしましたねー。
ああいう子もいるんですね。ルミエールしかこの世界の竜知らないしな……
そしてニナとロルがまた登場。
どことも知れぬ暗闇の中で話していますが。
ニナの叶ってしまった間違った願い、そしてミカの残っている願い。
一体、何の話をしているんでしょうかね。かなり気になります。

魔女の心臓(6) (ガンガンコミックスONLINE)
matoba
スクウェア・エニックス
2015-02-21

月刊少女野崎くん6

ico_grade6_3h
「まさか普段からあんな感じなんですか・・・!? すごい!!」
「ああ・・・しかも鈴木が見開きでいうような台詞」
「あいつなら開始2ページ目の3コマ目でいうぞ」
「すごい!!! そこまだ日常場面じゃないですか!!! 盛り上がりどうするんですか!?」


今回一番ツボったのは、鹿島の普段の様子を観察していた野崎と若松の会話。
堀先輩にツッコまれてましたけど、トーンの相談するなら家でやれ、と。
若松に凄いと言われまくっているのは、鹿島の平常運転な次の台詞。
「君の笑顔は私に幸せをくれるこけど同時に不安にもさせるね」
「小鳥のような君が私を置いて飛んで行かないか心配ってことだよ」
……これが平常って言うのもどうなんだ、鹿島。

夏休みに入ってもいつも通りな野崎たち。
少女コミックで勉強する若松はなんかどんどん瀬尾マスターになっていくな……
ローレライ仕様でも一瞬で見抜いたり、靴下とか細かいところまで見てたり。
……それは良いのか悪いのか。そして相変わらず、元ネタにされ続けてるんですね。
そんな人気あるのか。

ホラーノベルゲームで、絵がないから自分で絵をつけよう、っていって無駄にクオリティ高い仕様にしやがって……誰もまじめに推理してない風景が笑えた。
「もう残り三人しかいないから誰でもいいね」と菓子バリバリ食べながらやってて緊張感のかけらもない。
わざわざホラーゲームやっている意味ってどこ行った…

佐倉がいい感じに暴走しているといいますか。
野崎が好きという事で、安定はしてるんでしょうけど。
誰かブレーキ役が付いているべきだな、ホント……
そして、堀ちゃん先輩と鹿島があちこちで可愛かった。
第54号の肝試しとか。おまけの3コマで、翌日堀ちゃん先輩はどうして怪談の本をスパッと取り出せたのか。
……これが阿吽の呼吸というやつか。
この二人はとっとと付き合いだして爆発しろと方々から叫ばれればいいんじゃないかな。
56号での野崎と瀬尾がマネージャーっぽいことをしたいとバスケ部に乱入したりと、いつもとは違うコンビ・トリオでの話が多かったですかねー。中々笑えて楽しめました。

月刊少女野崎くん(6) (ガンガンコミックスONLINE)
椿いづみ
スクウェア・エニックス
2015-02-21

魔女の心臓5

ico_grade6_4h
―・・・雪が降る
全てを白く覆い隠しながら
でも 雪に覆われたその下に 罪はそのまま横たわっている
一度赤く染まった雪は 自分が血に染められたことを忘れない


相変わらずイラストが綺麗で、魅力的です。
巻頭のカラーのイラストとかもやっぱりいいですねー。
この絵が好きです。世界観とかも好きですけどね。
22話~27話まで。
途中に、前中後の三部構成の作品があるので、エピソードとしては4つかな。

戦争に負け今まさに滅びに向かわんとしている国。
実際の戦場は領地から離れていた場所だったのか、城に残った姫は、人々を逃がし、王族の使命として死のうとする。捕虜として辱めは受けない、と。
誇り高く生き、誇り高く死ぬために。高潔な姫とそれに使える騎士の話。
ミカは死なないけれど、剣術はなんちゃってだから、しっかり鍛えた騎士には叶わないそうですよ。
まぁ、剣で敵わなければ別のところで戦う応用力があるからミカ強いですけど。

雪の降る、教会のあるまち。
しかしルミエールも言っているけれど、ミカ教会運ないな。
暗部を抱えた怪しい教会だったようで。
「私は世直しの旅人ではないし 他人の事情を進んで掻き回す嗜好もない」
とはミカの言ですが。
まさにその通りで。ミカが自分自身の目的の為に長き旅路にあるから、死なないからこそ、命やほかの人の決断を尊重する。ミカの姿勢はなかなか潔くて好きです。

道中でであった、軽い男と、山賊の統領を務める娘の話。
奇妙な縁と、奇妙な山賊たちの話。
外道な商売をしないっていう山賊たちの妙なやさしさというか真っ当さが何とも言えないテイスト。
まー、優しいエピソードではあるのか。

一番ファンタジー要素が強い、猫耳をつけた人々のまち。
ルミエールからして竜だし、ケットシーなんかもいるのか。
ケットシーによって開拓された街、という触れ込みでしたが本当は。
この町に迷い込めたのは、ミカの魔女としての縁かルミエールの竜としての縁か。
微妙に気になるところですが。異色な旅人ってことは影響しているんじゃないのかなぁ。

次回予告で「ミカがまだ魔女になる前の話」があると出てるので、話が動いていくんですかね。
楽しみ。

魔女の心臓(5) (ガンガンコミックスONLINE)
matoba
スクウェア・エニックス
2014-08-22

月刊少女野崎くん 公式ファンブック

ico_grade6_3h
「ネーム読みました・・・あの・・・でもやっぱり男子高生女子漫画家が・・・」
(すごい!!! 絶対折れないぞこの人)
押しは強くないけどすごく粘り強かった

これはファンなら買って損がないアイテムです。
というか必携といってもいいかもしれない。
公式ファンブックと銘打ってあっても「なんちゃって感」があって、説明が物足りなかったりするものも見受けられる中で、コレの本気具合は群を抜いている気がする。

キャラクター紹介を一つとっても、没ネタ没アイデアなんかの裏話も乗っていて、あちこち笑えます。
巻頭にはカラーでイラストが再録されていたりしてますし。
内容が盛りだくさんで、見ていて飽きない、作りこまれた感じがたまらない。
エイプリルフール企画で作られていた、作中に登場した乙女ゲーム「シークレットデイズ」の紹介記事。
無駄に作りこまれていて笑う。一部公開のスチルが思いっきりネタバレしてたり解説とあってなかったりしていちいち笑えて困った。
N崎がしれっとネタバレしてるところとか、M子柴がフラグ管理に言及したりするさすがのゲーマーな感じとか。芸が細かい。

没ネタの一つで行くと、野崎に登場する予定のない妹がいるとか。
むしろ最初は妹の方が主役で「男子高校生で漫画家している兄」という脇役の予定だったそうで。
付属の設定が多くて妹が出てくることはなさそうってことですが。
脇役からのし上がった男、野崎……ちなみに妹の友人枠として考えられていた鹿島とかはそのまま流用されていたりするとかなんとか。一番哀れなのは登場予定もない妹か。

キャラ人気投票とかコンビの人気投票とかあちこちで笑えます。
マミコ×御子柴が意外といい順位なのに吹いた。さすがみこりん。
一番報われないのは前野のタヌキ趣味が、「都さんの趣味だと思われている」という点か。
前野は一回編集長あたりに叱られたほうがいいんじゃないのかなぁ。
叱られてへこむような球じゃないっていうのが厄介ですけど。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ