気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

クール・エール

クール・エール3

ico_grade6_3

「どうすれば、あなたは笑ってくれる?」

(略)

「どうすれば、あなたは幸せになれる?」

 

チョーカとの戦争から一年と少し。

その間にソーマ達が何をしていたのか、一部が描写されました。

2巻でちょっと話に出てた、はぐれ竜の縄張りに踏み込んで、確保。

当代の水竜として認め、ウォルの守りを任せることに。

 

そして、ソーマはアリスの故郷である別大陸に渡って。

1つは、水の大精霊として木の大精霊と盟約を結ぶため。

そしてアリスとの結婚を、彼女の家族に認めてもらうため。

しかし実はアリス、家出してきたというのが明らかになって、全くもう……って感じでしたが。

 

大精霊同士、割とさくさく話が進んでましたね。

海王戦がWEB版より凄まじい事になってるかなー、と言う感じでもありました。

ウォルの発展も目覚ましく、これからが楽しみな終わり。

……ではありますが、元の単行本も確か3巻で止まってたはずなので、ここまでかなー。加筆分もあって楽しかったので、そだとするとちょい残念。



クール・エール2

ico_grade6_3

「……ちゃんと、帰ってきて」

「わかってる」

 

ソーマ達が今いるのが、アーネル王国の一都市。

隣国のチョーカ帝国の工作員を捕獲し、水の大精霊であることを明かしたソーマを、アーネル王国上層部は扱い兼ねているようですねぇ。

冗談ではなく、都市を、国家を滅ぼせるような力量を持った、自分達とは違う価値基準で動く相手を御せる方がおかしいんですが。

 

対チョーカの戦争終結まで、かなり畳んだ印象。

はぐれ竜の回収とかも割愛されて、ウォルの建設と、『ホワイトクロ―』が去るまで。

WEBだとショート・エールで、もっとウォルの面々の描写があったので、そこはちょっと物足りなく感じましたかねー。

ソーマ、その経歴ゆえに、割り切りが過ぎるので、あまり描写しすぎても殺伐としてしまうので加減は難しそうです。

書籍化に当たっての改稿も、短く読みやすくする感じだったので、楽しめました。

 



クール・エール1

 ico_grade6_3

「いや、わかった。……お前、やっぱりすごいな」

 

妹が行方不明となり、母も命を絶った。

現実を無理やり呑み込み、日々を過ごしていた青年が、異世界に召喚されて。

魔法が存在するファンタジー世界の、片田舎の村。

「雨を止ませる為の生け贄になってもらう」という残酷で理不尽な願い。

集団で囲まれ、湖に投げ込まれた蒼馬。

 

そこで彼は、湖に住まう水の大精霊に出会い……

妹も、同じように異世界に呼ばれ殺されていたことを知った。

その事情を聴いた水の大精霊アイザンは、彼に贖罪として自分の力を与えることに。

力を得た彼は復讐を果たし、異世界に一人。

 

自分と同じように異世界に召喚されている者がいるかもしれない。それは、許せる行いではない。

故に自分を招いた召喚魔法を抹消するために、情報収集を始める。

始まりが始まりなため、彼の基準は固まってしまっていると言いますか。情報を得る為に演技が出来る程度には人間ですが、悪党へは容赦しない酷薄さもある。

心が壊れたというよりは、凍り付いてしまってる感じですかねぇ。

エルフの少女アリスと知り合い、少しずつ変化していく様子がいいんですよねぇ。

WEB既読勢で、文庫化を期に購入したので、今後が楽しみです。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ