気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

グループSNE

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’nRole5 ファイナル・ショウダウン

ico_grade6_3h

ヴェルグ まっ、待て待て。その分量を今からやっていると終電に間に合わんぞ! そしてプレイヤーのスケジュールや執筆時間の事を考えれば後日また集まるという訳には……

GM HAHAHA……朝まで遊ぼ(やろ)うぜ?

フレーズ くっ! GM卑怯! 無事に終電までにセッションを終えることを人質に取るなんて! 鬼!

 

10話「The Rightous Side of Death」と最終話「THE Wrong Side of Life」の2話収録した最終巻。

クルーンが12レベルに上がって、レンドリフトのライフォス神官の中でトップに近づこうとしている……この個性派がトップクラスって、レンドリフト大丈夫かな……

 

ヨミノの故郷で起きた不死の宝珠を巡る騒ぎ。

敵の幹部クラス…四天王は三人を倒したものの、最後の一人と敵のボスには逃げられて。

怪しげな黒い柱が出現したところで、ひとまずは隠れ里に戻ってきました。

そして、この黒い柱の調査に赴くことになったわけですが……「正直正面突破以外に方法が思いつかん!」という事で、スピード重視で突っ込むことに。

 

黒い柱は、不死の宝珠絡みだと思われ、内部には骨でできた建物やらが並び、死にまつわる謎かけやらが仕込まれていましたが。

途中クルーンが謎かけ失敗して倒れたりするハプニングがあったものの、何とかボスまで到達し、撃破。

再生怪人となった四天王と女帝は倒したが、もう一人いた黒幕には逃げられて。

 

……敵が何らかの儀式をしているのではないか、とPCたちが予想を立てて速攻で攻め込んでましたが、まさしくその通りで。

ヨミノの故郷という事で海中を舞台に戦闘をしていたので……最後は空中戦をしたい!と言うGMの思惑もあり、なんと城が浮上するという事態に。

空中要塞探索用のMAPが割と多い分量になっていたようですし(結局使わなかったけど)、このGMって結構こだわりの人ですよね……

どれくらいのギミックが仕込まれていたのか、怖いもの見たさで見てみたくはある。どこかで再利用と化しないだろうか。難しいか。

 

帝国内でのポジション的にヨミノが予想外のところに落ち着いていましたが……クルーンには、彼女が暴走しないようによく見はってもらいたいものです。

好き勝手暴れている、人蛮混合のチームでしたが、そのぶれないスタンスは見ていて楽しかったです。次回作も期待。



ソード・ワールド2.0リプレイウィアードテイルズ 消えゆく街の異界譚

ico_grade6_3h

カトランズ 罪は功績によって許されるものではない。――贖って許されるものだぞ。

 

第四話『墓守の願いとその答え』、第五話『偽りと企みと真実と』、第六話『願いは、自らの手に』の三話収録。

増殖都市ネスカザラの物語の完結巻です。

冒頭の四話からしてレインの「一人では死にたくない」という願いを叶えるために魔神が動くエピソードなので不穏ですな……

 

途中で事故ってかなりドタバタしてましたが。

それを即物的な願いで解決しようとして、ネタかぶりを気にした魔神がさらっと解決するというコントじみた一面が。

……ネタ被り気にする割に、直接現金郵送パターンは経験してなかったのか……

いや、後のエピソードで別のところで痛い目見てる御仁いましたが。まぁ、アレはなぁ……

 

魔神の願いに振り回される内に、ネスカザラの成り立ちやあの魔神はいったい何者なのか、と言った情報も出てきて。

当代の領主も、手を打っていないわけではなく色々動いているようですが……三百回目のネスカザラの創立祭で何かが起きそう、とPCは調べに回ってます。

……メタなこと言えば、シナリオ中でそうホイホイ関係ないイベント起こしてられませんしね……

 

最終的に、何とか領主と連携し、魔神という強大な相手と戦うことになっていましたが……

負けてはいけない上に、環境が特殊なため、完膚なきまでに打ち負かすことも出来ないという状況で。

何とかうまく着地させたんじゃないかなぁ、という感じです。ネスカザラの今後はかなり大変な事になりそうではありますが。PCたちが連携していけば、乗り越え……られるといいなぁ。……途中で事故ってた辺り多少の不安は残りますが。

ま、なんとかなると信じましょう。えぇ。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ 竜伯爵は没落しました!

 ico_grade6_3h

ロラン つまり何が言いたいかというと、ヴァルテック家は生まれ変わる時が来たのだ!

ルド 生まれ変わるよりも、維持してほしそうな連中多くね?(笑)

ロラン いや! 領主御代替わり的な意味でも、生まれかわると言いたかったのだ!

 

1話「ヴァルテック家の最初の受難」、第2話「竜伯爵の後継者」、第3話「新米領主、旅立つ!」の三話収録。

今回のリプレイの特殊なところは、舞台が紫闇の国ディルフラムであること。

人族、蛮族混合のパーティーはこれまでもありましたが……ディルフラムは完全に蛮族領。基本的に人族は奴隷として扱われている存在です。

 

今回舞台となる領土は、人族をそれなりに大事にしている領土で、人族PCたちは技能を認められた高級奴隷。

領主の優しい面に触れてきた彼らは、割とこの領地に馴染んでますな……

けれど、そうした優遇措置が取れるのも、領主の力があってこそ。強いものこそ正しい蛮族の地であればなおの事。

 

PC1は領地の跡取りであるドレイクナイト。

まだまだ未熟なところがあるけれど、領主夫妻の庇護のもと、将来的には立派なドレイクとして領土を守れるだろう……と思っていたら、領主夫妻が消息不明になってしまい。

未熟な身の上で領主代行として動くことになるが……他領の蛮族がそれを黙ってみているはずもなく、色々ちょっかい出してくるわけですが。

 

PCの心情的には、あの場面では退けないよなぁ、と思いますが。一巻から事故発生していて、どうするんだコレみたいな感じですが。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ レーゼルドーン開拓記3

ico_grade6_3h

オーリング なるほど。全然価値のない者をさも珍しい物であるかのように口八丁してもいいってことッスね。

(略)

リニ (唐突に)……ここに、伝説のモールがある。

(略)このとき、この場にいる誰もが思った。「お前(知力2)が口八丁するのかよ!?」と(笑)。

 

第七話「北の地へ」、第八話「彼女の故郷は」、最終話「レーゼルドーン開拓記」の三話収録した最終巻です。

魔神オーバードーズの腕が現れ、もはや一刻の猶予もないと、一同は魔神封印の為に改めて動き出す。

 

封印の鍵となる祭具を求めて北の地へと向かいましたが……

今回は、リニとオーリングのコンビがまた光ってたなぁ。ポンコツ的な意味で。特に第八話のオーリングはひどかった。

いや、笑いましたけどね。あそこで即死毒とか入ってなくてよかったね、オーリング。潜入中は油断をするな、といい教訓になりました……。

 

祭具を取りに一時村を離れていた一行ですが……戻ってきたときの村の変わりようと言ったら。

オーバードーズの恐ろしさを実感できる、凄まじい変化でしたな。欲望に飲み込まれとる……

PCたちがオーバードーズ倒しに行く途中でも、欲望に絡めた試練がありましたが、何とか突破。危ない人もちらほらいましたが。

なんとか無事に解決でき、初期の設定と絡めた次の冒険へ、とつながったのはいい感じの終わりでしたね。楽しいシリーズでした。

 



ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’n Role4 ドロップデッド・マーメイド

 ico_grade6_3

ヨミノ でも、メギスって四天王の中でも最弱なんでしょ?

GM 決定事項みたいに言うなよ! そうだけど!

一同 (爆笑)!!

ヨミノ やっぱそうじゃないの!

 

好評につき続編が出ることとなったリプレイ、ロックンロールシリーズ。

今回のメインパーソナリティーはヨミノ。

フレーズの過去や、その周囲のキャラなどを中心に進行した結果、PCであっても彼女の背景については余り触れられてこなかったんですよね。

まぁ、それでキャラが薄くならなかったのは、彼女のスケさん達への愛がすさまじく、この濃いパーティーに埋没しなかったからなんですが。

 

8話と第9話が収録されているわけですが。

ヨミノの故郷がピンチ、という事で同郷の相手が救いを求めて帝国へやってきて。

名を知っている相手がヨミノだけだから、と手を貸して欲しいというわけですが。

かつてヨミノを迫害しておいて、虫のいい話だなぁとは思いましたね。帝国の流儀に則って、見捨ててしまっても良かったのでは。

 

まぁ、同郷のよしみで……とかではなく、正式に依頼を持ってきたから、ビジネスとして受けるというのは、ヨミノも成長したな……と言いますか。

フレーズたちとの縁がなかったら、ヨミノもこの依頼受けなかったんだろうなぁ。

流れるように【クエスト】かけたクルーンも、バリスタ狂のトワイニアもいつも通りで、なんというか安定感のあるパーティーになりましたね。

近くにいるとSAN値減りそうなパーティーでもありますけど。

 

マーマンたちを襲っていた勢力には、お約束の四天王とかが居て。

そいつらを蹴散らしていきましたが、ラスボスまでは手が伸びず、また何か怪しいことを始めたようで、一時撤退する事になっていましたが。

さてはて、敵のボスは一体どんなキャラなんですかねぇ。四天王見るに、また変な方向に振り切ってそうな予感がしますが。

 



ソード・ワールド2.0リプレイウィアードテイルズ 増えゆく街の異界譚

ico_grade6_4

一同 それ、絶対アカンやつやー!(爆笑)

 

ソード・ワールドと言えば冒険者、ですが。

今回のシナリオはちょっと特殊な環境です。舞台となる街ネスカザラ。

この街は、一夜にして街並みが変わるという奇怪な街で。

昨日あった道が様相変わったり、無かったはずの建物が出てきたり。

街全体が「剣の迷宮」だとか仮説はいくつもあるようですが、原因ははっきりしていないようです。

 

そしてPCたちも冒険者ではなく、この街の住人達。

墓守のレイン、インストラクターのカトランズ、メイドのセラ、造形師のフリーゼ。

ネスカザラで起こる異変を解決していく流れなので、街から一歩も出ませんでしたからね。

結構PC同士の絡みとかもいい感じでハマってたので、そんな違和感はありませんでしたが。

 

「街が増える」というこの街においても異常な「赤い霧」が発生するという事件。

ソレの調査を依頼された者、たまたま現場に居合わせた者、それぞれの事情からPCたちの交流が始まって。

……起こる事件は魔神使いが絡んでいたりとかなりハードモードでしたが。

PCの一人に、黒幕(?)の魔の手が伸びようとしている状況で終わって、次回が気になるところです。

 

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’n Role3 ヴァンパイア・ゲームエンド

ico_grade6_3h

フレーズ ……さようなら、知らない人。

 

ベーテGMが贈る、レンドリフト帝国で起こる事件を追うリプレイ、第三巻。

クライマックス! と帯に在る通りフレーズの因縁の相手を倒しにいき……見事それを成し得たわけですが。

ツイッターかなんかで「クライマックスとありますが終わりではありません」とか見て、てっきり誰か死んでうっかり続編コースかと思ったんですが。

ちゃんと解決したのは一安心しました。単に好調だったからこその続刊のようで。こういう展開を見るとホッとしますねぇ。

ライトノベルとかの短期打ち切りがホント増えてますから。

 

閑話休題。

本編は第6話と第7話を収録。

キャラメイクでクルーンが「魔法拡大/確実化」を取得して「確実な平和」を発動することが出来るようになったとか。

……途中「ピース」を唱えながら進軍してくるライフォス神官軍団のイラストまでありましたが……アレは、怖い。平和的じゃない何かだ。

6話はベーテGMのたっての希望でシティシナリオ。おまけにTRPGで推理モノという中々の難題に挑戦していますが……

見落とし手があったためにかなりショートカットされてますね。

ルールが膨大なだけにどうしたって見落としは出てくると思いますが、アレは痛い。

 

7話は、敵の目論見を阻止し、その上で本拠地につっこむイベント。

道中、GMの信用が全くないネタトークが笑えた。


GM
 ないよ! ってか、そんなことしてるとこのシナリオが終わらないよ!

ヴェルグ よいよい。みなまで言うな、GM。わかっておる。これから、ウィルダネスが始まるんだろう?

GM 俺本当に信用ねえな!?

いや、敵の本拠地に確実にここまで必要ないだろうけど詰め込んだ詳細設定とかを用意しているあたり、相当だと思いますが。
葛藤しつつ設定練り込んで完成させてしまうあたり流石としか言えない……。
母百合を巡る騒動には一先ず決着がつきましたが、この後どう続いていくのかが楽しみでならない。


 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック

ico_grade6_4

(ふん、見え見えの力任せの一撃だ。だが……ああ、そうだな、ベリンゲイ。これを避けてしまえば、オレの負けだ!)

なぜなら、我らは共に剛力こそを己が証としたのだから――

 

タイトルに在る通り、ソードワールドの世界において一大勢力である蛮族(バルバロス)についてまとめた一冊です。

複数部位を操る際の助けとなるフィジカルマスター技能と言った新しい技能なんかも掲載されていました。

蛮族PC用のサンプルキャラクターとかデータ部分も結構充実してましたね。

 

けどやっぱり、この本の肝はバルバロスの紹介ページです。

「下級の妖魔たち」の区分でゴブリン・レッドキャップ・コボルド・グレムリンについて記されたり。

「剛力の蛮人」としてミノタウロス・ゴーリーが、「強大なる支配者」の枠にドレイクとバジリスクが。

共通項目でくくられていて、それぞれが登場するショートストーリーの後に種族ごとの特徴について記されています。

 

特徴や性格を上手く描写しているので本当読み応えありました。

アンドロスコーピオンのSSの結末とかは実に蛮族的と言いますか。

全体的に見てまさしく弱肉強食の世界だなぁ、と。

SSで気に入ったのは「殺戮する者」、「剛力の蛮人」、「剽窃の魔動機師」、「姿を偽る者達たち」あたりですかねー。

他のもそれぞれの個性が出てて味があるんですがねー。

ソード・ワールドも楽しそうだよなぁ。12回しかやったことないのでこれももうちょっとプレイしてみたいものですが。時間がなぁ……

 

ソード・ワールド2.0 バルバロスブック (ドラゴンブック)
北沢慶/グループSNE
KADOKAWA/富士見書房
2016-07-20
 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 下

 ico_grade6_3

GM:つ、つまり?

レト:(無駄に爽やかな声で)すべてはマクリアウラノスをアクイラに持ち帰るためなのさ!

一同:(大爆笑!!)

レト:皆、生きて帰ってアクイラを助けようぜ!(ガッツポーズ)

 

リーンシェンク地方の、機動要塞を巡るリプレイ完結巻。

人族の領域に侵入しようとしていた敵側の機動要塞を撃破したPCたち。

けれど、敵側の切り札が切られて大参事に。

要塞による超長距離砲撃。それは、同じ機動要塞ですら大破させられる威力のモノで。

 

幸い連射は出来なそうだ、とポルタは分析していますが。

それに対抗する何かを用意しないことには、戦うのもおぼつかない……という状況で彼女が秘めていた事情を打ち明けてくれて。

しかし、これだけのモノを作り出せる文明があってなお滅びたって言うんだから、大破局は本当すさまじかったんだなぁ……

ヘリファルテの様子を聞くに、当時の人々の油断というのも結構影響していたと思われますが。

 

高名な占い師であるレトの母親も登場していましたが……

この人もまた濃いなぁ……生き別れだった息子に数年ぶりに再会した反応がすさまじい。

脇で聞いていたラージュですら「技能見抜きたかったら判定していいよ?」というGMの発言を遮る勢いで「しない!」と即答するレベルで突き抜けてる。

まぁ、息子は息子でクライマックスに向けての交渉でいい感じに突っ走ってましたがね。似た者親子なんじゃなかろうか……。
最終戦闘とかはちょっと盛り上がりに欠けた感じはありますね。
要塞という要素は面白かったんですけど、色々と惜しかったと言いますか。今後に期待。 


 

ソード・ワールド2.0リプレイ 要塞少女と契約の騎士 上

ico_grade6_3

ドレッド:待て待て! くそっ! これは罠だ! オレたちの連携を崩さんとする敵の巧妙な罠だ! おい貴様! いい加減なことを言うな!

GM/ザイーム:「あの素晴らしき方の隣にいるべきは我だ! 貴様ではない!」

ドレッド:ブラフォスの隣など、こっちから願い下げだぁああああ!(切実)

一同:(爆笑)

 

第一話から第三話まで収録。

魔動機文明に栄え、それ故に大破局によって大きな被害を受けた地域。

今となっては遺跡が多く残る地域として知られる、リーンシェンク地方が舞台です。

人族と蛮族混合の、この地域の特殊性を活かしたグループSNEの新人がおくるリプレイ。

 

かつて生み出された移動する要塞こと機動要塞。

元々この地方にはヘリファルテという動き続けている物が残っていたわけですが。

今回は、新たに動き出した要塞を巡るストーリーが展開されていきます。

要塞管理用の魔動機械が稼働していて、その知識だけでも一財産築けるんじゃないかなぁ。

巻末にちょっと交流がてら過去の話をする「ワールドガイド」が描かれてましたが。

学術的には結構価値ありそう。

 

さておき。ひょんなことから要塞の管理者として登録されることとなったPC4人。

人族と蛮族という事で、微妙なすれ違いもありますが。

それぞれの事情なんかも踏まえて、一緒に行動していくことに。

暴走状態だと推定される機動要塞に対抗するために資材を調達したり、蛮族PCが因縁有る相手の手勢と争ったり。

 

オマケにその因縁の相手まで要塞を手に入れているようで、にわかにこの地方が大ピンチ。

単純に都市規模の質量が移動するだけで災害ですよね……家屋とかも踏みつぶせるだろうし。軍隊も文字通り蹴散らせるだろうし。

要塞を用いた戦闘のルールなど特殊な処理もされていましたが、PCの事情と要塞という独自要素を上手く合わせていたと思います。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索