気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ソードワールド

ソード・ワールド2.0リプレイ 導かれし田舎者たち

ico_grade6_3

ジズ さ、さすが『鮮血のエレクシア』だ……!

エレクシア このタコ足は今日のご飯にします(笑)。

GM(認識を間違ってた。この子、メインヒロインじゃない……完全に主人公だ)(後略)。

 

第一話「笑う館」、第二話「峡谷の悪魔」、第三話「鎖国都市」、第四話「凍った太陽」の四話収録。

TRPG初参加のプレイヤーを混ぜた上での、SW2.0の世界を楽しむためのスタートリプレイ。

 

基本的に『ルルブ1改訂版』のみを使用しつつ、第三話からは『ルルブ2の改訂版』を開放したり、少しずつ出来る事を増やしていく感じなので、本当に初心者向け。

用語の解説が入ったりして、かなり読みやすい構成になっています。

それぞれの事情を抱え、田舎から都会(ルキスラ帝国)にやってきた冒険者たち。同じ冒険者に集ったよしみで、店主からパーティーとして仕事を振られて、つるむようになる、と。

 

ナイトメアのプリースト、ジズ。

ルーンフォークのマギシュー、スミス。

人間のファイター、エレクシア。

ドワーフのグラップラー、キャロル。

ポンコツセージ疑惑が浮上したり、石強いんじゃね的な戦闘があったり。

中々愉快なパーティーになっておりました。

 

このリプレイ独自ルールとしてそれぞれのPCにシナリオの鍵になる「秘宝」を渡していて。

それを活用しないとシナリオが詰む、という仕様ですが……

まぁ、PC4人のパーティーで4話収録だから、全員一回は主人公ポジションになるよ、という程度の味付け要素。

しかし、コレが意外といい雰囲気になっていたんじゃないですかねー。ジズのイメージなんかもこれに影響を受けた感じがありますし。

2巻も予定されているそうなので、そこでもなんかこういうギミックあると面白そうですけどねー。どうなるやら。



ソード・ワールド2.0リプレイ Sweetsおかわり上 魔剣少女は眠らない!

ico_grade6_3
GM
 う……ううう、く、悔しい! 先にオチを言われるだなんてぇ~!

エマーラ あはははっ、残念だったわねー!(笑)

GM くっ……GMSweets力が足りなかったか……。どうやらまだ本調子ではないようだ……。

ソフィ 何の話ですか(笑)。

 

あの色物魔剣騒動を繰り広げたリプレイシリーズ「Sweets」の後日談が開幕。

あれから3年の月日が流れ……タビットのエマーラは45歳に。限界寿命まであと5年……!妙なスリルがあります。

現実の方でも時間が経ち、様々なサプリが増えていることもありリビルドを行っておりました。

 

その結果、ストラールがサブ技能で持っていたセージとかを忘れミスティックになったりしていました。

まぁイェシカとかがスカウトを取ったりちゃんとパーティー内で話し合いした結果ですが。

魔剣騒動の渦中で、賢神キルヒアの降臨まであって。

ユッシキャリオではその日に古代神降臨祭を開いているそうですが……五人はそれに関与した面々として、毎年招かれていたそうです。

特に今年は熱烈に招かれたとかで、集ってみたら案の定厄介事が発生していて。

 

事情を知ったからには放っておけず、五人は調査に乗り出すことに。

Sweetsの続編を謳うからには、当然避けて通れぬ色物魔剣。「乳搾り選手権の1位になりたい魔剣」とか情報を聞くだけで笑ってしまいそうなんですが。

カップル破壊する怨嗟を呟く魔剣とか効果まで考えられてて、GMも楽しそうだなぁ、と。思いました。

 

三話まで収録されていますが、魔剣を求めて蛮族が動いているという情報が出てきましたところまで。

パーティーが呼び出されるに至った問題もまだ解決してませんし、下巻での巻き返しと……新たな色物魔剣に期待。



ソード・ワールド2.0 ラクシアゴッドブック

ico_grade6_3h

「己が魂を穢れさせ、いかに肉体を変容させようとも、知恵なきものに勝利は得られんよ。そのこと、きっちりと教育してやるわい」

 

ラクシア世界における神々について記された一冊。

新種族として、神の使命を受けて受肉した彫像の種族である「センティアン」が登場。

神から与えられた使命を果たすと彫像の姿に戻るとされている種族で、使命を与えた神のプリースト技能を取得するとか。

また、一風変わったデータが追加されたなぁ、って感じですけど。

 

神々がどの剣によって神格を得たのか。いつ頃神格を得たのかが一目でわかる時系列表とか。

神々の相関図とかもあって中々楽しい。

そして、第二部は「語り継がれる神話」と題し、各神殿に伝わっている神様のエピソードだとかが色々掲載されています。

ライフォス、ダルクレム、キルヒアなどが神格を得る場面。神々の争いが起きてからの一場面などなど、中々興味深い話が多かったですねー。

 

最後は、各神様のプリースト技能について。

格言だとか、シンボルだとか、神聖魔法だとか乗っております。

中々個性的な魔法もあって、読んでいて楽しかったですねー。SWはプレイヤー2回くらいしかやったことないので、もうちょっとやってみたいなぁ。



livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索