気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ソード・ワールドリプレイ

ソード・ワールド2.0リプレイ Rock’n Role4 ドロップデッド・マーメイド

 ico_grade6_3

ヨミノ でも、メギスって四天王の中でも最弱なんでしょ?

GM 決定事項みたいに言うなよ! そうだけど!

一同 (爆笑)!!

ヨミノ やっぱそうじゃないの!

 

好評につき続編が出ることとなったリプレイ、ロックンロールシリーズ。

今回のメインパーソナリティーはヨミノ。

フレーズの過去や、その周囲のキャラなどを中心に進行した結果、PCであっても彼女の背景については余り触れられてこなかったんですよね。

まぁ、それでキャラが薄くならなかったのは、彼女のスケさん達への愛がすさまじく、この濃いパーティーに埋没しなかったからなんですが。

 

8話と第9話が収録されているわけですが。

ヨミノの故郷がピンチ、という事で同郷の相手が救いを求めて帝国へやってきて。

名を知っている相手がヨミノだけだから、と手を貸して欲しいというわけですが。

かつてヨミノを迫害しておいて、虫のいい話だなぁとは思いましたね。帝国の流儀に則って、見捨ててしまっても良かったのでは。

 

まぁ、同郷のよしみで……とかではなく、正式に依頼を持ってきたから、ビジネスとして受けるというのは、ヨミノも成長したな……と言いますか。

フレーズたちとの縁がなかったら、ヨミノもこの依頼受けなかったんだろうなぁ。

流れるように【クエスト】かけたクルーンも、バリスタ狂のトワイニアもいつも通りで、なんというか安定感のあるパーティーになりましたね。

近くにいるとSAN値減りそうなパーティーでもありますけど。

 

マーマンたちを襲っていた勢力には、お約束の四天王とかが居て。

そいつらを蹴散らしていきましたが、ラスボスまでは手が伸びず、また何か怪しいことを始めたようで、一時撤退する事になっていましたが。

さてはて、敵のボスは一体どんなキャラなんですかねぇ。四天王見るに、また変な方向に振り切ってそうな予感がしますが。

 



ソード・ワールド2.0リプレイ 竜の学舎と守護者たち 2

ico_grade6_3h
イエッタ ……とりあえず、注意喚起に追加。「リンゴに注意。特に鮭に注意」
GM 村長と、警戒に当たっていた村の若い衆は「皆さんが何を言ってるのかわかりません!」(笑)
ソル すまん、オレらにもわからん。だが鮭はヤバい! ヤバいのだ!(笑)


「第四話 夜の後者に何かいる?」、「第五話 選ばれた街の封印」、「第六話 選ばれた街の災厄」。
以上三話を収録。

これは……ひどい。
いや、褒めてるんですよ。腹筋辛いくらい笑ったんですよ。
でもこれドラゴンレイドのリプレイじゃないんですか!?
前回のフォールンワニは、かろうじて許せるにしても、今回のは、今回のは……
アリなんだろうか。そりゃあ神官も嘆きたくなるよ。
この島のフォールンソウルは、なんなの、ゲテモノ好きばっかりなの?

四話はせっかく学校があるんだから、と学校探検。
子供たちが気を利かせていろいろやってくれてるのは微笑ましいんですけど。
前校長、ろくでもないな。そりゃあ追い出されもするでしょうよ。
そしてせっかく用意されたギミックが残念で。タイミングが悪かったんや……
途中で忘れて戦闘に熱を上げていたのが敗因ですな。

そして五話、六話は続き物。
この島の中にいる、ちょっと(?)閉鎖的な部族が、学校に興味を以て、ラークたちを招いて。
交流なんかをしていくわけですが、あの選民意識はウザったいなぁ。
反対派に襲撃されたりしているわけですし。
あと、あちこちでラークがここでミスるかという部分でダイス目腐ってて、キャラ性をうまく表現していて泣けた。

とツッコミどころ満載な本編はさておき。
最後明らかになった謎には驚きました。
まさかあの子が伏線だとは思いもしませんでした。
これがあるから秋田GMは油断ならない。
あと、このシリーズは面白いですけど、新米女神シリーズの新刊はいつになったら出るんでしょうか。


ソード・ワールド2.0リプレイ 千竜と刃の革命2 Breakout

ico_grade6_3h
イルム そうだ。困っている人を(お金次第で)助けんのが冒険者だ。
ユニス 情けは人の為ならず。いつかはあたしに返ってくる。うん。
ピナ  ドラゴンに関係していたらなおよし。
オイスト 清々しいまで自分本位だな、みんな(笑)。

プロセルシア地方に漂流したイルム一向。
ピナのドラゴン愛が留まる事を知らなくて、その内何かしでかしそうで怖い。
色々と新しい選択ルールも採用されてますね。
名誉点と同じように、かけらを使って得られる盟竜点。
竜やその眷属から信頼を得たことを表す値で、所持盟竜点を減らすことで様々な特典を得られる、と。
ひとつのかけらでもらえるのは、名誉点と盟竜点のどちらかのみ。
……ピナが全部盟竜点にそそごうとしたのは、まぁ予想通りでしたが。

一緒に来た船員の中にも、ロルフの兄と同じような症状を発症したものが出てしまって。
街で怪しげな動きをしている邪教団。そして、フォールンドラゴンという存在。
どうにも気になる要素がたくさんできたため、イルムたちは、冒険者として調査の依頼を受けることに。
まぁ、渡来人だけには任せられないから、とロルフも同行して調査していくわけですが。
前回捕えた邪教の信徒の調査がまた個性的というか。
イルムのPLの解釈が……邪教の信徒という怪しげな存在がどうしてアグレッシブなオタク層になってしまうのか……
いや、確かに言動としては中二病な感じですけど。

敵キャラで登場した中で今回一番輝いていたのはやっぱり、オレンジさんだと思うんです。
あそこまでネタ豊富って卑怯だと思うんだ……
そして、途中特使として竜都に赴くことになって、さらに道中で重要な手紙持ってるらしい使者と、それを襲ってる蛮族に鉢合わせてしまって。
冒険者の宿ですら、夜番立てて、ハードロックまでかけるとか、警戒度かなり高かったですねー。
この辺はPLの経験値、かなぁ、やっぱり。
今回は、あまり大きく動いた感じはしませんが、気になるネタがばら撒かれた感じでしょうか。
次回以降の動きが楽しみです。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集ガイドブック 明かせ! へっぽこ大冒険

ico_grade6_3
「なにを威張ってんだか。まあ、財宝はどれも魅力的で、だからこそ命を賭ける価値がある……と綺麗にまとめてみるか」
「魔剣がイチバンですーっ!!」
「コンチクショウ! 人がせっかくっ!」

ガイドブックとある通り、へっぽこシリーズの解説本。
ワールドガイド、ストーリーガイド、キャラクターガイド、ゲームガイド、コミック、リプレイの六章立て。
へっぽこシリーズ好きなら買っていいんじゃないかなぁ、という感じにはなってる。

ワールドガイドは割とあっさり終わってますが。
ストーリーガイドは中々。全10巻のリプレイだけではなく、ガイドブック刊行までに発表されてた短編やコミックの情報も収録。
短編小説が意外と出ているんだなぁ、という感じで。
リプレイの印象が崩れないうちにどうにかして探してみようかなー。
キャラクターガイドは、主要キャラの設定がが乗っていたり。
PC以外にも登場した名前付のキャラクターはとりあえず大体乗せてみた感じだとか。

ゲームガイドは「ドラゴンマガジン」に連載されていたコラムの再録。
ヒースとイリーナの掛け合いで、ソード・ワールドとは何ぞやとかシナリオの作り方とかを紹介していくコラム。
掛け合いがいつもの雰囲気で楽しいですし、読み物として短くまとまっているのは読みやすくていい感じ。
コミックは、1Pでへっぽこーずのへっぽこっぷりをよく描いていたなぁと笑えました。
フル装備で青い小鳩亭に乗り込んだイリーナが床板ぶち抜いたり。
筋力25のイリーナはもっと体格がいいはずじゃないかというムキムキイリーナとか。
人類限界に挑戦しているイリーナがやっぱりネタにはしやすいのかなぁ。あとは、貧乏性が板についているマウナもか。

リプレイはタイトル「瀬戸際の花嫁」。
GMが不慣れだったから、刊行予定のないセッションを単発でやった番外編だとか。
時系列的には、1巻の直後。なので、ノリスやガルガドがまだいる時期のエピソードですね。
なかなか楽しかったですよ。口八丁で戦闘回避しようとするあたりとか。ヒースも哀れな。
まぁヒースは普段が普段だからあれくらいでちょうどいいか。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集10 名乗れ!今こそ大英雄

ico_grade6_3
ヒース わはははは、なんか間抜けだな! バンパイアが身元バレかよ(笑)。
バス いきなりグレードが落ちますなあ。できることならば、謎めいたままの存在でいてほしいという気がするのですが。

へっぽこーず達の冒険もついに終了。
衝撃の最後を迎えた前回から、少し時間がたち状況は悪化。
その為、国でも高位にいるキャラクターが動き出す事態にまで発展。
こんな状況に陥ってしまった一因をになってしまったとして、いつになく真面目に行動している感じがありました。
前回痛い目を見たイリーナはいつも以上に気合が入っていましたね。
気合がから廻ったのか、最後の戦闘での出目は残念だったなぁ。
当たればデカいけれど、イリーナ命中率低いから……。

ファンの重鎮、ラヴェルナやローンダミスというNPCというゲストを招き。
さらには前回から引き続いてドラゴンプリーストなヤムヤル、青い小鳩亭の経営者の甥クラウス、アルラウネのチビーナ、ノリスも合流してキャラクターが12人とかいう豪華な状況に。
キャラクターが多いから、パーティーを二手に分けてそれぞれ調査をすることで、ラスボスへの対抗策を練ろうとしています。

バンパイアは、呪われた土を準備している事によって、死亡してもその土のある場所で復活できるから先にそっちの復活手品のタネの方を始末しないといけないって事情もありますし。
6人ずつの班に分かれて行動。
空き時間が出ないように、PLがNPCをロールプレイして話を進めていってましたが。
へっぽこーずが中に入ると途端に重鎮たちの行動がおかしく……おいあれでいいのか。
笑えるところもありましたけどね。
へっぽこって空気感染するのだろうか。
まぁ、そんなドタバタがありつつも、今度こそラスボスと対峙し撃破。
見事平和を守ってましたが、ハラハラするボス戦だったなぁ……


新ソード・ワールドRPGリプレイ集9 挑め!捨て身の大決戦

ico_grade6_3
ガルガド まあ、警備期間中にそんなに派手なことはできんかっただろうからの。久しぶりに羽を伸ばすのも、よかろう。
イリーナ ヒース兄さんなんかは、もうこれ以上伸びないっていうほど、伸びきってましたけどね(笑) このお店は遺跡と違って、あちこち補強してあるので、私も安心して暴れられます。
一同 いや、それはちょっと(六人一斉同時ツッコミ)

グラブ持ってアイアンゴーレムと殴り合いを演じてなおかつ勝利を収めてしまう、イリーナにかかれば、その辺の建物とか一撃なんじゃないだろうか。
青い小鳩亭の次なる災難は、ファリスの猛女、ついに建物を破壊! とかか。
PCたちの拠点となっていることもあるだろうけど、青い小鳩亭の主人とかは本当に大変ですね。
過去、デュラハンにであったかと思ったら、今回は放火か……

前回から登場した、スパイ組織『顔の無いクランズ』。
彼らの目的の一つである、デーヴィスの塔の護衛をしていたへっぽこーずですが、状況に変化はなく、新しい警備も手配できたため、ファンに帰還。
まぁ、前回的に悪評流されていて針の筵とまではいかないものの、過ごしにくい環境だっただろうからいい冷却期間にはなったか。
へっぽこーずが塔にこもっている間にファンではちょっとごたごたが怒ったりもしたみたいですけど、それは本筋ではないので割愛。

敵が狡猾に、強大になっていきますが、それと同じだけPCも成長しています。
している、はずなんです……。
へっぽこーずの名前に恥じないというかなんというか。
実はこのパーティー、肝心な場面で依頼の失敗率高くないだろうか。
高額に目がくらんだというか……慣れないフィールドで行動していることになるから、そのことから緊張が……と解釈しておけばいいかなぁ。
ダイス目には逆らえないから、運の問題とばっさり言うこともできますけど。
ある意味であれは神がかっている。
元は、この巻で完結する予定だったらしいですけど、まぁ、10巻が出ている時点でお察しというか。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集8 救え!かつての大親友

ico_grade6_3
GM ともあれ最後に幹部はエキューに頬染めつつ、忠告しますね「(中略)付け狙われることは確実。常に、気配には気を付けるんだぞ」
(略)
一同 おやすみ~
GM  ……え?(寝るの? 全員、寝るの? 今さっき、常に気をつけろって、言ったばっかりじゃん……もしかして、誘ってもらってる? え?)


GMがNPCの口を通して、忠告してくれたのに……
それを無視して全員ねこけるへっぽこーず。
もはやここまで来ると狙ってやってるとしか思えないレベルというか。
安心安定のへっぽこぶりが健在で涙が止まりません。
USAシリーズかなんかで、部屋の中にいるのに、見張りのサイクル立てていたPCたちを見習えよ……いやまぁ、こっちの方が古い版の方だからなぁ。
正しくいうなれば、こういった経験をしている人が、USAのプレイヤーの中にいて、対策を取っていたんだなぁ、という感じなのかなぁ。

エキューがエルフフェチとなった原因のお姉さんが街にやってきていた。
何でも里が困っていることになっているらしく、頼りになる冒険者を探していたんだとか。
そんな話を聞いて、エキューが動かないはずがない。
普段は冷静な部分もあったりするエキューですが、エルフ絡むと本当にもう駄目だな。
へっぽこーずは本当に自分の欲求に素直なキャラクターが多くてGMとしてもシナリオのネタ考えやすいんじゃないだろうか。
まぁ、そのGMの想定を上回ってへっぽこな時があったり、逆にファリスの猛女イリーナの戦力が強力すぎてたびたび計算違いが発生しているわけですけど。

そして、エルフの里の問題をとりあえず解決しても、まだまだ悩みは尽きず。
封印の役割をしていた宝玉が盗まれて魔獣が出てきたっていうのが収録されている1話目。
2話目以降は、その盗まれた道具のありかを求めて動いていくことになるわけですが。
ここでタイトルに出ている「大親友」の登場。ノリスがかなり久しぶりに登場しています。
親友と呼べるようななかであったかは、微妙なところですが、まぁ仲間であったのは事実で。
彼が抱えていた問題が、へっぽこーずの問題と一致していて、どんどん騒ぎが大きくなっていきますね。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集7 走れ!神秘の大森林

ico_grade6_3
ヒース (ひとしきりどよめいた後、真面目な表情になって)……で、裏はなんなんですか、ディーターさん。
イリーナ いきなり裏から入るのは失礼だと思います、ヒース兄さん! まずは表を窺わなくては!
ヒース む、それもそうか。


レベルを上げ、名を知らしめ、ついに王宮からの依頼を受けることになったへっぽこーず。
本当にコイツラに依頼して大丈夫ですか、と思った自分は悪くないと思う。
というか、PCたちが「有名」
GMがへっぽこーずのレベルから、報酬の目安を計算したら……なんと2万ガメルが平均だとか。
気付かないうちにすごいぼったくりにあってるんじゃないかとか言われてましたよ。
その辺のさじ加減は難しい所だとは思いますけど。レベルの割にへっぽこなのはいつまでも街中の依頼ばかりやっていたからだろうか。……いや、素か。

NPCから「皆さんのご勇名は、かねがね伺っている」と言われたときに動揺する一同。
このあたりが親しみやすいパーティーになっている一員なのかなぁ、とか。
自分たちがやっていることに関して、こう無責任は言いすぎな気もしますけど、勢いで対応している部分がありますし。
密漁組織つぶしたり、ちゃんと実績は積んでるんですよね。
些細なところで失敗したりケアレスミスが目立ったりするへっぽこ感がいつまでも抜けないですけど。

まぁ、王宮からの依頼ということで、対応を間違えると大事に。
そんな依頼をヒースに持ってきて大丈夫なのだろうかと思ったら大丈夫じゃありませんでした。
というかあの態度のデカさが、意外な形で罠になっていたというか。
P164あたりのやり取りがなんか笑えました。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集6 賭けろ!世紀の大勝負

ico_grade6_3
イリーナ ……え、まさか。
GM ワイバーン……落ちました。地響き立てて(口からエクトプラズム吐きながら)。
イリーナ えーと……喜んで、いいんだよね?(なぜか、自身なげ)
エキュー ……ねえ、イリーナさん、何をやったの?

流石ファリスの猛女。
イリーナの快進撃が留まるところを知らないというか。
人類限界に挑戦しているだけあって、回った時の攻撃の威力が恐ろしいほどに。
GMもよもや、ワイバーンが一撃死するとは思っていなかったでしょう。
実際想定外の事態で、シナリオの展開変わるなぁ、と地の文で嘆いてましたし。

雑誌ドラゴンマガジンに連載で掲載することになったキャンペーンシナリオが掲載されています。
ある村に依頼でいった新米冒険者と連絡が付かなくなったので、探しに行区ことになったへっぽこーず。
その村は今、ある脅威に脅かされていて。また、村にはその騒動と前後して記憶喪失の青年も保護されていた。
村を襲っていた脅威を排除し、今何が起こっているのかを確かめていく流れですね。

高レベルのはずなのに、親しみやすいというか。
お使いの護衛とか、それこそ新米時代に受ける依頼なんじゃないだろうか。
わりかし、へっぽこーずってこういう護衛な形で外に出ていくパターンが多いですよね。
そういう意味ではお約束というか、さすがにそろそろ他の展開入らないと厳しいんじゃないのかなぁ。
今回は意識的にキャンペーンシナリオでしたが、結構単発とかよくて前後編で、目の前の問題に対処していっているだけみたいな感じが。
こういうのも嫌いではないんですけど、若干物足りなさもあるような。


新ソード・ワールドRPGリプレイ集5 決めろ!最後の大逆転

ico_grade6_3
マウナ ……ハーフェンさん、あれだけ悪態つかれてたのに、今「愛弟子」って言ったよ。
イリーナ 師弟愛ですね、ちょっと感動です(しみじみしている)
エキュー 「まだ弟子」の言い間違いかもしれないけどね(ぼそ)。
バス 「やな弟子」とかもありですな。


前回最後に起きた事故の影響もあって、パーティーメンバーを交代しての第二部開始。
まぁ、幸いにして、復活はうまくいったようですけれども。
陽気な盗賊ノリスと、パーティーの重石であった神官ガルガドが離脱。
代わりに入ってきたのは、傭兵出身の戦士なエキューと、芸術家を自称するバードでシーフなバス。
バスはこれで種族がドワーフだっていうんだからなんか間違ってる。

新キャラが入ってパーティーが生まれ変わるかと思いきや・・・
相変わらずへっぽこ街道まっしぐらなのは安心していいのか嘆いていいのか。
まぁ、戯言生成機関のヒースが残っているからなぁ。
ヒースは師匠に対しても始終あんなかんじなのか……ハーフェンさん、苦労が絶えないなぁ。
下手に実力がついてきている分、性質が悪いし。

イリーナ それはないだろうと思いつつも、見過ごしてきた事柄が、わたしたちにはたくさんあるような気がします。
GM (・・・・・・うん、今もね)

なんてやり取りが途中に登場していましたけど。
巻数が順調に増えていっているのに、PCが抜けているので、あっさり罠にかかってしまうというか。
悪い方向にGMの想定を超えてしまって、ラスボス予定だった敵が簡単に脱出できてしまったり。
呪歌が強力だけれど、扱いが面倒くさいなぁ、という感じで。
活用しているほうだとは思いますけど、味方もはまってしまってうっかり状況が悪くなったりしてますしねぇ。

巻末には、特別収録で、0話のエピソードが掲載。
ドラゴンマガジンに掲載された、一番最初の冒険の記録。
いま読み返すと……最初っからへっぽこだったんだなぁ、という感じが。


livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索