気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ダッシュエックス文庫

魔弾の王と凍漣の雪姫6

 ico_grade6_3

「いままで俺は、俺自身の力だけで蒼氷星に矢を届かせないといけないと思っていた。でも、大勢のひとたちの声が、俺を高く押しあげてくれるなら……」

 

『黒騎士』ロランが守る、ナヴァ―ル城砦での異変。

それは、庶子ながら王子として正式に認められたバシュラルとの戦闘によるもので。

レグナスとロランが自分の命を狙っている、と諸侯の連合軍を率いてきたとか、濡れ衣着せるにしても相手が悪い気もしますが。ロランがそんな真似するかよ……

 

バシュラルの背後にはガヌロン公が居て、彼の意向には逆らえないようでしたね。

自らの野心の為にブリューヌに流れ着いたタラードが、バシュラルの副官を務めていて、ガヌロン一派のやり口に想う所はあるようでしたけど。

兵を集めたからには、容赦なく行動できる割り切りが出来る辺りは軍人らしいというか。

 

ティグルが、戦姫との交流が多すぎると内通を疑われているのには、正直笑った。

確かにミラに入れ込んでて、本編中でほとんどブリューヌに居ないけど、彼は彼なりに自国を大事にしてるよ……

まぁ戦姫5人との交流があるとか、疑われる要素としては十分ですし。ティグル自身も、弓を臆病者の武器呼ばわりしている自分の国と、しっかり向き合おうとしてこなったのかもしれないみたいな反省はしてましたが。

 

王国内で起きた内乱を見過ごせず、関わることになってましたが。ティグルが幼少期にまた別の女の子引っかけていたことが発覚。絶対探せばほかにもいる……

レグルスの側近となっていた友人、リュディエーヌと一緒に奔走していましたが。ブリューヌ編が1巻で終わるはずもなく。タラード達、完全な悪役とも思ってませんけど、やり口が好かないので痛打を浴びせて欲しい所。


カンピオーネ! ロード・オブ・レルムズ

 ico_grade6_4

「だといいけどな……。でも、俺たちカンピオーネにはいつだって予想外の何かが起きるもんだ。おまえもいずれ、この世界にもどってくるかもしれないぞ」

 

シリーズの新章開幕となる1冊です。

『カンピオーネ!』と『神域のカンピオーネス』のキャラが、神話が再現された世界に集って好き放題暴れる、その序章というかダイジェスト版な感じ。

描写的には、カンピオーネスの主人公である蓮陣営の物が多いですねー。新ヒロインの子も蓮たちと今後行動をともにしそうな雰囲気。

 

最も新ヒロインの子、救世の神刀を振るう秩序側の存在で、カンピオーネ諸氏との相性悪そうですけどね……

だからこそ、カンピオーネらしからなぬチャラさも備えた蓮たち陣営なのかな? 護堂さんハーレムをこれ以上拡大するのもなんでしょうし。いや、彼は彼でなんか新キャラ侍らせてるっぽかったけど。

 

章ごとに、時間とメインキャラが変わる構成。

1章は、蓮と護堂の初対面エピソード。もともとはカンピオーネス4巻のドラマCD収録だったものを、再構築したものだとか。

護堂が、キス無しの自前の知識で剣を披露していて、凄い成長を感じた……護堂ヒロインズ達の活躍も今後あるといいんですが、どうなるやら。

 

2章は、鳥羽妹と厩戸皇子の珍道中。舞台となる、ヒューペルポレア世界を旅する二人が、現地住人と交流する話。皇子は始終楽しそうですけど、振り回されてる芙実花は大変そうです。

いやまぁ、彼女は彼女で中々強かになってきているというか、神に近しい現地住人たちにアイデアを齎し、急速に文明を発展させて満喫したり、地味にパワーアップしたりしてましたけど。

何と言いますかこう、混乱の一端を担っているのは間違いなく彼女達ですが、信じられるかこのコンビ、カンピオーネ居ないで都市発展させたんだぜ……? 

まぁ流石に武力面では劣ったようですけど、なんか剣の王様拾ってて嫌な予感しかしない。

 

3章は、新ヒロインの少女・雪希乃の物語。イラストが結構好みですねー。

護堂や蓮とはまた違う平行世界に住まう子のようですが、どうも神の末裔が治安を維持し、神殺しが生まれない世界だったようです。

その代わり、救世の神刀を抜けるようなジョーカーが生まれたりもしていたみたいですが。

彼女の世界が滅亡の危機に瀕しているため、その原因となっているヒューペルポレアに向かって対処しよう、という感じ。

 

4章が、ヒューペルポレアでの最新時間軸になるんですかね。

この章の前の幕間で、護堂が最初にこの世界に来てからは1年半くらいたっているようで、その間のエピソードが断片的に描かれたりもしてました。中々に気になるんですが、2巻が待ち遠しい。

ヒューペルポレアに到着した雪希乃が、蓮たちと遭遇して、情報を貰ってましたが……もうすでにヤバそうな気配しかない。本当に何してるの、神殺しの皆様方は……



魔弾の王と聖泉の双紋剣2

ico_grade6_3

「まだ身体ができていない幼少期から剣を学ぶ者は、今すぐ強くあろうとしてはならないと、どの流派でも教えます。それではいずれ成長したとき、ひどくバランスの悪い剣術になるからと。おそらくそれは、学問でも何でも同じなのでしょう。人は、いつか成長が止まった時に完成していればよいのです」

 

蘇った戦士たちによって騒乱渦巻くアスヴァール島。

偽アルトリウスは、王族や背いた者にこそ容赦のないものの、恭順した者は臣下として認めて運用しているとかで。

ギネヴィア派はギリギリのところで踏みとどまっている感じで、バランスが崩れれば瓦解しそうな所が他シリーズよりも強くてハラハラしますね。

 

舞台がアスヴァールという、ティグルやリムにとって異国でバックアップが心もとないのもありますし、敵が何を企んでいるか分からない神器を扱う伝承寄りの強者という事もありますが。

そこに本編では病を抱えていたサーシャを蘇らせて、完全無欠の戦士として鮮烈に加えるんだから容赦がない。いや円卓の騎士だけで持て余してるのに、本当に鬼。

後書きでもサーシャのスペックの高さについては触れられていましたが……ロラン以外と対峙した場合の原案担当の川口先生のお言葉よ。逆にあれと張れるロランが凄いというべきか。

 

サーシャを交えた会戦は、一先ずの決着はついたものの損害も多く。

ギネヴィア派は、未だ騎士を鮮明にしていない諸侯を取り込もうと動いて。

アルトリウス陣営も、本土に派遣していた円卓の騎士を戻したりもしていましたが。

蘇った人々もまた一枚岩ではないのが明らかになったと言いますか。モードレッドが、ヒールとして完璧なロールを徹底していたよなぁと言いますか。

あそこまで悪者&小物ロール出来るのは凄い。態度に見合った実力があるのがさらに酷い。

新たな円卓の騎士との戦いもあり、ギネヴィア達はいくらかの情報を獲得していましたが……まだまだ後手に回っているなぁ、という感じ。

どうしたって劣勢側なので仕方ない部分もありますが。サーシャ、アルトリウス、弓の王。少なくとも的には強力なカードが三枚あって、結果がどうなるか不安で仕方がない。


魔弾の王と凍漣の雪姫5

ico_grade6_3

「長々とした話になったが、俺が言いたいのは、何かになるときに、それまで自分を育んできたものを捨てる必要はないってことだ。むしろ積極的に使っていこう」

 

魔弾の王の伝承を探るべく、ミラ達と少数でザクスタンに入ったティグル達。

天候に恵まれなかったり、ザクスタンがアスヴァールと不仲な事もあってそこに至るまで思うようにいかなかったようですけれど。

トラブルに巻き込まれないようにしようと思っていたはずなのに、巻き込まれていくんだからもうブラックホールか何かですかね。運命力が強い。

ザクスタン。王家と土豪とで対立している山と森の王国。

不幸な事故でミラとはぐれ、ティグル達は王子と同行し、ミラは土豪の有力者に保護されるとか狙っているのかという位の運勢だよなぁ。

 

表紙にも居ますが、流浪の戦姫オルガとミラが邂逅。

幼く未熟だったため知見を広めるべく領地を離れ、それでも竜具に見放されなかった少女。

本当、竜具の好みと言うのは分かりませんな。でも、いきなり領地経営を任されても、そりゃあ混乱するでしょう。戦姫の継承の性質上、優秀な補佐が揃っているとはいえど、失敗してしまうのも無理はない。

そこで一度立ち止まってしまったけれど、学ぼうとすることを止めなかった辺りは評価したい。遠回りをしたように思えますが、彼女には必要だったんでしょう。…独特の距離感が好きなので、オルガには評価甘め。

 

ザクスタンの騒動に巻き込まれる形にはなりましたが、ティグル達が出会った王子も、ミラを保護した人物も誠実で、意見を聞く余裕のある御仁で、ストレス少な目で読めましたね。

実際、この国でも魔物の暗躍があり、その芽を摘むことに成功しているので、結果としてはティグル達の行動がいい方向に動いているように見えますが。

別のところでも動いていて、それが最後に噴火したように見えるので心配。

あとはしっかりザイアンの描写が入っていて、相変わらずでしたね。多少丸くなった感じもしますし、ここまでくるとなんかもう長生きしてほしいな、みたいな気持ちも湧く。
ブリューヌ編で、どうなるかなぁ……


地下室ダンジョン2~貧乏兄妹は娯楽を求めて最強へ~

ico_grade6_2h

『お前たちだけでも生きろ。何が何でもだ。絶対に死ぬなよ。じゃあな』

 

ダンジョン探索を娯楽として満喫している二人。

そんなある日、二人が苦戦している飛竜リムドブムルをアメリカで討伐したというニュースが流れて。

どうやって討伐したのか知りたいから、アメリカ行こうか! と計画を立てる辺り、即断即決を地で行くなこの兄妹。

 

ただ保護者不在でパスポートも無し。おまけに英語も分かりません、でアメリカ行っても上手く情報得られなかったと思うんですよね……

しかし、目標を定めてからの行動力は目覚ましく、まずは父親の所在を探してパスポート作成しようと押しかけるとこまで行きましたしね。

そこに辿り着くまでに他のダンジョンできた都市を訪れてハズレも引いてましたけど。

 

スペックを上げてどうにかしてますけど、基本的には後衛二人ですし、味方を増やす事考えても良いと思うんですが。この二人、わりと二人で完結してるからな……

実際、成果を上げていて順調ではありました。ただ、かつてない規模のスタンピードが起きた時も、同様に影から動こうとして、最終的には痛手を負う羽目になってましたし。

…口絵や帯でネタバレしてる、左腕喪失がわりと後半のイベントだったので、もうちょっと伏せた方が衝撃的な演出だったような。

バレ踏んでるから、まだまだ元気だなーみたいな気分で読んでた。


最強カップルのイチャイチャVRMMOライフ 温泉旅行編:繋いだ手だけがここにある

ico_grade6_4

「……そういう人を好きになるひとも、世界に一人くらいいるよ」

 

WEB既読。

いやぁ、元々楽しかったですけど、書籍化してイラストが付くとまた一段と破壊力上がって良いですね。

書籍化にあたって改稿はされていますが、タイトル通りのテーマは崩さずに、良い按配だったと思います。

                                                                                                                       

学校一の美少女と噂で、どこに行っても注目の的である後輩・真里峰桜。

いつでもゲームに熱中しているという意味で、別方向で名が知られている先輩・古霧坂里央。

現実での共通点は、同じ学校に通っているというだけで。

けれど、ゲーム世界では最強のコンビとして名を馳せていた。

オマケにプレイヤーハウスを設けると使えるシステムが便利で、かつ土地に限りがあるからなんて言ってゲーム内で同棲している始末。

 

いやぁ、なんでまだ付き合ってないんですか??? って感じです。

周囲からも公認カップルのように、からかわれてますけど都度「付き合ってない」「カップルじゃない」と否定してますが。あそこまで息の合った様子を見せられると、微笑ましく見守りたい気分になる。

ま、桜の方は現実の方でも多芸のようですが、里央はわりとゲーム特化と言うか。センスが良くて、すぐ強くなってしまう。だから、一緒に遊べる相手がいなかった。

 

過去に傷を持っていて、それは相手も同じだったから。同病相憐れむ感じで、側に居た。はじまりは、あくまでそれだけだったとしても。そこから積み上げて来た結果が今なんだから、受け入れて言葉にすればいいのに。

 

自分達でもそれを分かっていて、でも踏み込まない。「自分の好きなものは、特別なものなんだと信じたい」そんな意地で、留まってると分析してましたが。いやぁ、面倒くさいオタクって感じですね。

でも、この二人がここまで面倒くさいのお互いに対してなんで、まぁ、仲睦まじくていいと思いますよ。いいぞもっとやれ、の精神。

順調に刊行続いてくれると嬉しいですねー。


魔弾の王と聖泉の双紋剣

ico_grade6_3h
「もう迷わない。けっきょくのところ、足掻き続けるしかないんだな」

 

川口士先生原案、執筆瀬尾つかさ先生で送る、新しい『魔弾の王』。

今作のメインヒロインはリム。

彼女がもし、幼少期のティグルに出会っていて、彼の歩む道が変わっていたら。

いやぁ、ルート分岐が多いね。むしろティグルが攻略される側なのでは。
幼少期に彼と出会うというイベントを発生させられたら、そのヒロインの勝ち。

失敗すると『魔弾の王』本編でエレンルートに入ってしまうのだ……

 

舞台はまたしてもアスヴァール。

しかし、今回はこれまでとは一段と違った展開にになっていましたね。

アスヴァール建国の祖、初代王であるアルトリウスが蘇り王座を奪取。その際に当代の王族はほぼ殺した模様。略奪者として正しい手だけど、末裔にたいして容赦ねぇ……

ギネヴィアはいつもの趣味で旅の途上にあったため、辛くも命を拾って。

 

そんな彼女が避難した村に、不運が重なってリムとティグルが到来。

客将としてライトメリッツの作戦に従事していた彼らは、敵が使役していた竜に捕まり、アスヴァールまで運ばれてしまった。

混乱している異国で、易々と帰れるはずもなく二人はギネヴィアへ協力を決めて。物資やら人材やらが限られた状態で最善を尽くしてたと思います。

途中で合流して、三人の無茶ぶりに衝撃を受けていたリネットさんは、中々いいキャラしてると思うので今後も登場してほしい。

 

蘇った死者たちは、魔物の殲滅を一つの目的としているようですけど。それ以外はどうなっても良いと思っている感じがして怖い。

彼らを止めたいと助力してくれる精霊なんかも居ましたし、この世界思った以上に神秘残ってるんですね……


魔弾の王と凍漣の雪姫4

ico_grade6_3

「だいじょうぶよ。ティグルは『力』の怖さを知っているもの」

 

アスヴァール王位争奪戦、決着。

いやぁ、『魔弾の王と戦姫』とはまた違った方向に進んでいって楽しいですね。

ティグル達が居るギネヴィア側だけでなく、ジャーメイン王子陣営も描かれていましたが。……彼が密告を推奨する様、じりじりと転げ落ちている感じでハラハラしましたねぇ。

 

敵陣営の方が多く、相手に余裕を与えないためにも動く必要があって。

ティグルは、まだまだ視野が狭いというか。ミラに教えられることも多い様子。

……どの作品においても、彼は周囲に恵まれていると言いますか。良い指導者に遭遇してますよね。今代の弓である彼の強みは、その辺りにもあるのでは。

 

アスヴァールの抱える問題。大陸の民と島の民。そのバランスをとるのが難しいという話もありました。

ウィルから過去の事を聴き、「正しい答えがわからない」と言えるギネヴィアは良い補佐が居れば上手いこと統治してくれそうですが……

アスヴァール王の覚醒と、ジャーメインの行動がまた重く響きそうといいますか。

 

終盤のギネヴィアが、微妙に不穏なんですよねぇ。高揚感が悪い方向に向きそうな気配を感じる。

襲撃受けて撃退したりもしてましたが……戦った相手がまた厄介な状況を招きそう。前作を知ってると正直何してくれてるんだ! って感じなんですけど。

ギネヴィアが察知した、妙な気配の事もありますし、彼女がココで死ぬってことはないと思いたいところです。



本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!

 ico_grade6_4

読まなければいけない、と、そう言った。

「僕が読めば、その著者の書いた本に“意味”が生まれる。あなたの書いた本は、ちゃんと、後世の誰かに届いたよと。僕が受け取ったよと。僕が証明する」

 

ダンジョンがあって、それを探索する冒険者がいる世界。

アシタ・ユーリアスは田舎のダンジョン片隅にある書店で働いているもやしっ子。

本を読んでいられれば、それでいいというような青年だった。

けれど、生きていくためにはどうにか金銭を得る必要があって……彼は、本を読んで得た知識を提供することにして。

 

実際、名前が知れる程度には需要があり、成果を上げていた様です。

本来なら外から情報だけ出すはずが、現場に行かないと分からない物もあり……彼の求めるものを良く知る幼馴染にダンジョンに引き込まれる羽目に。

貴重な本を持ってきて、これ読みたいでしょ? とか悪魔か。

 

冒頭のゴブリンの一件は、ちょいとアレでしたが。

ひ弱な人間を引っ張り出しておいて、見失うのはまだしも、その後追われてる彼の様子を、しばらく見てたっていうあたり。オマケにその後笑ってましたからね……

アシタの弱さを見せて、エルシィとの気安さを演出する格好のエピソードで、読みやすくはありました。それに、そこで引っかかっても、続きが気になる魅力があって、全体的には楽しめました。

 

アシタ、情報を売っていたように、ただ本を読んで知識を蓄えるだけじゃなくて、それを活用できる人材なんですよね。

それで窮地を脱した場面もあるわけで、中々に得難い人材だと思われます。

今回得たものや、アルマの示唆した情報の事もありますし、またダンジョンに引っ張りだされるんだろうなぁ。流石に体力のなさを痛感して、少し鍛えるようにはなったようですが、元が元なので、あまり無理をしないで、生き延びて欲しい。



神域のカンピオーネス5 黙示録の時

ico_grade6_3

「殺されたからって素直に死ぬような人に…神殺しなんて務まりません。すくなくともわたしが生きている間は、世紀の大魔王として君臨してもらわないと!」

 

アポロンの力まで獲得したアテナは世界を滅ぼさんと動き出して。

実際、蓮達が阻止しようとしていたものの、世界から人類消し飛ばされる規模の大きい事件発生してますしね……

まつろわぬ神や神殺しのやることは、どうしたって多方面に影響を与えるものですが。

それにしたって最大規模なのでは。アテナさん容赦ないわー。

 

追い込まれた蓮が、騒動の中で目覚めてしまったアイーシャ夫人の手まで借りてて、おいおい気を付けろその人爆弾だぞ、みたいな気分になりました。

実際、幸運の代償にかなり痛い反動を負う羽目にもなってましたしねー。

殺してもそうそう死なない「神殺し」の割に、蓮って権能少ないのもあって割と死線彷徨ってますよね…他のカンピオーネ諸氏のような、ぶっ飛び方はしてないので、今後成長に期待。いやまぁ、期待すると修正力さんとか大変ですけど、そこは諦めてもらう方向で……

 

梨於奈が蓮との関係に踏み込もうとしたのも、まぁいい塩梅なのでは……と思ったけど、『カンピオーネ』の5巻って恵那が出て来てさらに護堂の周囲に女子増えた巻なんですよね。それを思うと、蓮は経験豊富ではあれど、ネームドの彼女は少ないですね。ちょっと意外。



プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ