気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ダブルクロス・リプレイ

ダブルクロス・リプレイ・ジパング2 日ノ本ビッグバン

ico_grade6_4

才蔵:何が〝バビロニアンキャッスルだ“。忍者なめるな!(笑)

GM:何を今さら。ここはジパングだ。

 

ダブルクロス2版リプレイ。再読。

冒頭であった「いずれにせと、今回も標的にされた武将と地方は、既存のイメージを好き放題に蹂躙されてしまうわけだ」というのが、このシリーズを端的に表しているというか。

ヴィーナス謙信とかアヌビス如来とか、おファラオ様とか出てきたからぁ。

オープニングでやられるモブにトラウィスカルパンテクウトリさんが居ましたが……誰!?(アステカの神らしい)

 

各地で一斉に魔界衆が動き始めて、多様な「何言ってんだコイツ」を見る事が出来て腹筋に来る。

ダブルクロスで、ファンブルって出るんだなぁ。6個もダイス振ってたのに。

戦国時代でサッカーする羽目になったり、なぜか土木工事が始まったりとバリエーションも豊富で飽きませんでしたね。

 

信長の喉元まで迫ったと思えば、トキジクの弓に秘された事情とかもあって、どんでん返しして来るんだから見せかたも上手い。

後半のエピソードでは、勇太のこととかイクフサの設定が上手く重なってましたし。

「にほんはおわり」とか、「次回のセッションまで機会を待ちましょう」とかの与太も含有してて一から十まで楽しさが詰まったリプレイでした。


ダブルクロス・リプレイ・ジパング1戦国ラグナロク

 ico_grade6_4

一同:(一斉に)LOVE、それはWAR!?(爆笑)

才蔵:お前は何を言っているんでござるか!

 

再読ついでに記事作成。

旧版……2nd時代のリプレイですね。

普段友人と3rdをプレイしているので、ルールが違うなぁと言うのがプレイ風景から見えてこれはこれで楽しい。

そもそも、ダブルクロスの基本は現代ステージで異能バトルする感じなんですが。

 

このリプレイPC1の女子高生が、戦国時代にタイムスリップした上に、西洋の神々にかぶれた敵が出て来たりツッコミどころしかないんですが。

田中天GMのリプレイは、こういうぶっ飛び具合が笑えて好きです。

「肉体を再構成する」というエフェクトの解釈によって、突然ローマ風の容貌に変わった上に《ワーディング》の無力化で、間違ったローマ風退廃に溺れるNPCが登場したり!

戦国時代の日本に砂漠が出現し、ピラミッド建築が始まって居たり。

もうめちゃくちゃ。全方位に謝って(もっとやって)という感じの作品です。

 

ヴィーナスと一体化した1話のボスも、2話のボスの予想外の姿も笑る良作。

いや、正直浮かぶまでは予想出来たけど、それ以上の仕込みがあるとはとてもとても。

随所に笑いが仕込まれていますけど、それだけじゃなくてRPも巧みでいいですよね。2話で敵と通じようとしたイクフサと、浄ノ進が情報共有するためのシーンを作ったのか参考になります。

 

ダブルクロス・リプレイ・ジパング(1) 戦国ラグナロク (富士見ドラゴン・ブック)
F.E.A.R.
富士見書房
2008-12-20

ダブルクロスThe 3rd Editionサプリメント タイムリゲイン

ico_grade6_3

朝日:……でも、僕はお前の理想なんて信じることはできない――

GM:「何故だ?」

朝日:だってエレイン姫が泣いたじゃないか!

 

TRPG『ダブルクロス』のサプリメント。

「オーバークロック」に記載された「クロノスガーディアン」を利用した、「複数のステージに亘るセッション」をモチーフにしたとか。

 

リプレイと、データから構成されていて、リプレイでは基本ステージから2人、ホーリーグレイルステージから2PCを選出してます。

旧版のリプレイも読んだことあるので、嵯峨童子の本体であるガウェインが肉体を得ていたのが中々面白かった。

思念のこもったレネゲイドビーイングが先に登場して、後に本体が描写される展開が面白いと言いますか。

 

リプレイ自体は、聖杯とか聖槍とか中二心くすぐりそうなワードが盛りだくさんでしたね。

複数のステージにわたっている演出として、それぞれの価値基準が異なるというロールプレイもうまく描かれていたと思います。

 

データ部分は『オーバークロック』の追加ステージで使用できるユニークアイテムと各ステージ用のエンブレムデータ。

エンブレムデータは必要経験点多いけど、なんというかロマンあって好きです。エンブレム所持PCとかプレイしてみたいものですが、最近GMやってばっかりでPC参加してないんだよなぁ。セッションやりたい……

ダブルクロス The 3rd Edition サプリメント タイムリゲイン
矢野俊策
ファーイースト・アミューズメント・リサーチ
2016-02
 

ダブルクロスThe 3rd Edition リプレイ 春日恭二の事件簿

ico_grade6_4
墓守:いい夢だったか、旦那。
恭二:ああ、とても心地がいい夢だったよ。
墓守:そうか
恭二:そうだ、良い悪夢だった――――。


サプリメント、ヒューマンリレーションが出たので合わせて登場のリプレイ。
サプリも買っているので詳細はそっちで触れますが。
ざっくり言うと、これまで登場した名物キャラとの絆をデータ化したものですね。
そうなると当然、春日恭二もその中に入っているわけで。
改めて春日恭二が登場するリプレイを、という企画です。

まさか彼がPCとして登場することになろうとは。
その他のPCはメビウスにも登場した墓守、FHの始末屋アリサ。
そしてUGNの〝謎の女”鈴木和美。
これまでのリプレイなどに登場してきたキャラのみで構成された、豪華な婦人。
正直、鈴木和美っていったい誰だったかと疑問符は浮かびましたが。
旧版のリプレイに登場していたキャラですね、紹介見ても靄がかかった感じだったんですが、読んでて「確かにこういうキャラいたなぁ」と思い出しました。

第一話「春日恭二抹殺司令」と第二話「春日恭二殺人事件」の二話から構成されています。
タイトルからして酷い。おまけにダブルハンドアウトルールを採用しているので、腹の探り合いになっていて中々楽しかったです。
1話は、戦いにつかれた春日がFHエージェントとして活動を止め、まさかのラーメン屋の店員になっている話。
誇りを失ったなら殺すべし、と抹殺指令を受けた三人が春日の前に立つわけですが。
まさかディアボロスが子供にいろいろ教えている場面がみられるとは。微笑ましい夢のような景色でしたね。
悪魔が道を諭すとか、悪夢のようなものですが。
やっぱり春日恭二は、悪役として、得難いキャラですよねぇ。

第2話は……1話以上に酷い。
春日恭二がゲシュタルト崩壊しそうになるシナリオって何だ。
いや、面白かったですよ。途中墓守がポンコツだったことも含めて。
締めるところは締めてくれるから安心して読めました。
笑える場面も多かったですけど、それだけに格好いいシーンが光った感じ。
良いリプレイでした。


ダブルクロス・リプレイ・デザイア5 面影の古都

ico_grade6_4
朱香:ばかっ!
(略)
「そんなこと言っちゃダメ! 自分をたいせつにしないのは、一番よくないことだよ!?」

至高天により願いはかない、黒幕であった蔵人は倒された。
長かった戦いは終わりをつげ、喪ったモノはあれど、ケルベロスは各々の道を歩き始めた。
……でも、そこで終わりではないわけで。
オーヴァードであることからは逃れようがないから、結局、非日常からも逃げられないんですよね。

4巻の最後から、三か月がたち、チームは解散。
バラバラになったミユキたちの様子を描く、プロローグなんてシーンが入ってましたが。
朱香の母親をしっかりと弔い、ミユキは助けた弟と一緒に京都を離れ学園に通う。
九鬼はセシリアをミユキと同じ学校にいれ、自分はその学校に関係者として潜り込む。
巻末の設定画集での九鬼とセシリアの様子が、いやぁ、いい感じですね。
願いがかなっても、相変わらずで。でも、それが何よりも貴くて。
晃士郎は前回の事件で『神曲』セルの唯一の生き残りという事になっているので、京都に残り。
朱香は至高天から生まれた子供の面倒を見るために奮闘して。
いやぁ、本当にこの最初の平和な時間がこれまでの努力が報われたようで心温まりました。

ハンドアウトで絶望に陥れられたわけですけど。
また水晶化が始まったタクミとか。行方不明になった真とか。
……オマエら実はヒーローじゃなくてヒロインだろうという事故遭遇率である。
デザイアの女性陣、強いからなぁ……
朱香の父親がついに登場し、至高天の子供――名を絆とつけてましたが――に関して執着し、襲撃を仕掛けてきたりするわけです。
最後の最後に現れた、強大な敵。それと正面から対峙するPCたちが本当に格好良かった。
で、事件が解決した後またそれぞれ違う場所へと旅立っていったわけなんですが。
エピローグが、いい味出してました。
PC全員FH所属という異色のスタートなリプレイでしたけど、満喫しました。


ダブルクロス・リプレイ・デザイア4 黒影の王都

ico_grade6_4
ミユキ:九鬼さん……九鬼さんは全てを受け入れる覚悟ができてるんですね。
九鬼:そうじゃなきゃ、こんなとこまで来ないよ。いいかい、ミユキ。それに朱香も。大人ってのはさ、責任を取ることができるやつのことなんだよ。
(略)
九鬼:ついでに言えば、誰も何も願わない社会なんてのは停滞するだけだよ。子供に根願いを譲りはするが、子どもが何も願わないなら大人がもらうさ。

もともと四巻で完結予定だったようですが、講評につき五巻まで刊行される運びになったようで。GMの想定していたネタをすべて見ることができるっていうのは素晴らしいですねー。

という訳で、四巻。「第七話 『至高天』、軌道」と「第八話 戦慄の巨影」が収録。
もうタイトルにある通り、七話で至高天起動しちゃうんですよね。
てっきり、八話当たりでやるネタかと思ってました。
適格者の数が二人と聞いていたのに実は三人だった、とか隠されていた真実が多いためPLの方々が疑いまくっているのがまた笑える。
七話はすごい。トレーラーからハンドアウトからツッコミどころ満載で。

『至高天』の起動になぜ、マテリアルと三人の適格者がいるのか。
そして、叶えられる願いを何にするのか。迷いがあって、それでも決断して、前に進んでいく彼ら、彼女らは本当に格好いい。
特に朱香は本当に成長したなぁ、と思います。あそこでああいう答えをだすとは正直思っていなかった。
大門寺蔵人の存在には本当騙されました。デザイアシリーズはそんなのばっかりだな。
GMの見せ方がすごいというか、プレイヤーのロールプレイも素晴らしいからこそのドラマなわけですけど。

八話。起動後の後始末。
最後の因縁を始末するために、ケルベロスは行動を起こす。
真のPC1ことブレイクエンドも、自分の正義を為すために、自らのあるべき場所に戻り。
いやぁ、いい最終回だった←
違うか。ここで終わりでも納得できるような展開でしたけど、ここからさらに新しい展開があるとか、ワクワクしますねー。


ダブルクロス・リプレイ・デザイア3 孤影の死都

ico_grade6_3h
晃士郎:ブレイクエンドが背中を向けてから言う。朱香、お前の今の欲望(ねがい)はなんだ。答えられるか?
朱香:真実を、知りたい。
そういうと、朱香は大きく頷いて、一歩前に踏み出す。
「それから、答えを出したい」


第五話アローン・アゲインと第六話ゲット・ダウンを収録。
二巻で情報を得るタイミングが遅かったために後手に回ったPC一同。
プルガートリオが行動を起こして、さてはてどう転ぶのやらと思ったものですが。
……えーっとなんですか、第五話のB級パニック映画三種盛りみたいなカオスっぷり。
あらすじにもありますけど「襲い来る死者の軍団、巨大な機械の兵士、天を衝く巨獣」っていうのは!
ハンドアウトにも乗っていて、目を疑う暇もなかったというか。
しょっぱなから腹筋が痛い。

前回の事件後から、一週間がたち、状況に変化はなし。
美奈子と真、タクミが消息不明に。
殲滅作戦には成功したためUGN京都支部は無力化されたものの、トップがいなくなって『神曲』セル側も混乱の最中。
そして、拮抗していたUGNとFHの勢力が同時に力を失ったもので、京都は一時的に近隣のオーヴァードが蠢く魔都になりかけているわけですが。
なんともまぁ、問題が噴出しまくってどこから手を出したものやら、って感じですが。

弟のためにFHにいるミユキはタクミが行方不明になって、焦っているし。
母とロイスを結んだ友人である真が同時にいなくなった朱香も意気消沈してますし。
晃士郎なんて、反逆しようと思ったはずなのに、復讐相手いなくなったから、「戻ってきたときのために」セルを護羽目に陥ってますし。
九鬼がいつも通りなのが救いかなぁ。

そして、巨大ロボットことブルーナイトのちょろさがすさまじい。
いや彼は彼でかなりキャラ立ってましたけどね。五話のトレーラーもひどかったけど、クライマックスもB級風味でひどかった。ゾンビとロボと怪獣が襲ってくる場面とか。
いや、ネタ色強いですけど、決してそれだけじゃなくて、隠されていた真実とか、朱香とミユキの交流とか、かなり重要な場面もあるんですけど、あのB級トリオのインパクトが強すぎて……

六話はUGN側の重要人物。
ミユキの記憶にもある「十字傷の男」がついに登場。
あそこまでの強敵は中々いない、といいますか。
理念に燃えて、大義のために生きた。FHに居てもおかしくないような、個人主義。
厄介な手合いではありましたね。真が本当にPC1みたいな決意をしていて……NPCのくせに。
至高天にまつわる新しい情報なんかも出てきて、錯綜している感じがありますが。
美奈子がいったい何を考えて暗躍しているのか、が最後の謎なわけで。
ここまで作りこんでキャンペーンできると楽しいだろうなぁ、とおもうんですよね、ホント。


ダブルクロス・リプレイ・デザイア2 残影の妖都

ico_grade6_4
九鬼:大丈夫、誰にだって大事なものはあるさ。それに迷うのは悪いことじゃない。おじさんにだってヒミツの宝物があるしね。
(略)
九鬼:それはきっと――見つかったら、ああ、こんなところに落ちてたんだ、って思わず笑っちゃうぐらい簡単なところにあるもんだよ。

第三話子犬のワルツ、第四話別離の歌の二話収録。
前回の事件から2~3か月がたち、至高天をめぐる争いに新しい動きが。
朱香がPC1をすごい勢いで「やだ!」と言ったのには笑った。
主人公格だから重い設定が付く。自由でいたいからいやだ! って事でしたが。

九鬼が真のPC1ことUGNの最強エージェント、ブレイクエンドと地味に交流していっているのが面白いというかなんというか。
年長PCだから、子どもたちに対して甘いというか大分寛容なんですよね、九鬼。
飄々としているのに、いざという時には頼りになる感じが、しっかりと表現されている。
こういうキャラは個人的に結構好きです。

悪役ロールプレイはFHの醍醐味ですが。
まさか商業リプレイで「UGN京都支部の殲滅作戦」とか言い出そうとは。
晃士郎がプルガートリオにやられた過去の描写とかもあって、どんどん物語が深くなっていく感じになっているのはさすがというほかない。
最初読んだときは、真の正体に気づかずに見事騙されてしまいましたし。
そして情報収集って大事ですね、というか。
優先順位を決めてそれに基づいて行動していたはずなのに、最後ああいう展開になってしまったのが、TRPGの難しさとでも言いましょうか。


ダブルクロス・リプレイ・デザイア1 星影の魔都

ico_grade6_4
朱香:……そばにいなくても、あなたは大切な人を守れる、そういうのね?
GM:「そうですよ。あなたと俺の守り方は……違います」
朱香:そう言い切れるあなたは、強いね。でも、やっぱりあたしは――守るときは、その人のことを見て痛い。離れたら、それで終わりだと思う。

PC全員がFH所属、というある意味斬新なリプレイ。
FHって、悪役なんですけど。
まぁ、それぞれがそのセルに所属している理由があって。
自分の欲望に忠実だけれど、それ以外でミユキとかが少し迷っている風だったのは年相応でよかったんじゃないでしょうか。

PLは、声優の若林直美、漫画家合鴨ひろゆき、小説家三田誠、DXのデザイナー矢野俊策。
とまぁ大分豪華な面々がそろっておられるんですが。
初心者なのにロールが光る若林さんと、最強にこだわる三田さんとか、PLの個性も光っていました。
ロールプレイはしっかりやってドラマを作っていくんだから、慣れているというか、プロの技を感じましたが。

PCは、純粋培養のFHチルドレン、神曲のリーダーを母と慕う防御に秀でた大門寺朱香。
弟を助けるためにFHに属し、その欲望を邪魔するものを排してきた青峰ミユキ。
かつて神曲セルリーダーに破れその配下に組み込まれた皮肉屋、闇条晃士郎。
飄々とした口調と態度で相手を翻弄する、食えない最強エージェント九鬼。
また、それぞれの魅力があってよかったです。九鬼のおどけた感じが個人的には結構好きです。

舞台は京都。至高天という、あらゆる欲望、願いを叶えてくれるという未知の物質。
それを研究するためのセル『神曲』にPCたちは所属している状態からのスタート。
裏切者の始末とか、資料の襲撃と強奪とか。
普段できない悪役ロールを楽しんでやっている様子がいいですねー。
UGNとの対立なんかもあるわけで、敵の様子も描かれるんですが。
ブレイクエンドが、本当NPCなのに主人公っぽかったといいますか。
悪役ロール楽しそうなので、自分も一回くらいFHキャラやってみたいもんです。


ダブルクロス・リプレイ・オリジン 未来の絆

ico_grade6_4
応理:隼人、七緒を守りたいと言ったね。
隼人:……ああ。
応理:イサム、芽以を守りたいと言ったね。
イサム:もちろん!
応理:それは大切な思いだ。だが、それに呑みこまれるな。飲み込まれれば――キミたちもああなるぞ。


リプレイ最終巻。
せっかくだから、と各巻から一人ずつPCを呼んでの豪華仕様になっている訳なんですが……
1巻から応理。2巻からイサム。3巻から狛江って……
そりゃあPLも「どうして各巻のバカな方しかいないんですか!」と叫んだり、編集さんが「そんなぼんくらーずで大丈夫?」と聞いたりもするってもんでしょう。
ヒカル支部長とか、他所に出られないからと配慮した結果でもあるようですけど。
オーヴァード空手とレネゲイドロックとか、言霊の破壊力がすごい。

前回の事件を受けて、霧谷は倒れ、UGN日本支部は混乱に陥った。
事情を知るものとして。隼人と椿はあちこち奔走しているようですけれど。
その中で、またしても七緒が狙われているという情報が入って、隼人たちは応援に派遣されるわけで。
UGNは理念高い組織ではあるんですよね。
今回は、その理念や理想に飲みこまれてしまった人が敵になるわけで。
その前に立った応理が隼人たち生徒に、飲みこまれるなと諭す場面は、なるほどちゃんと教官なんだなぁ、と。
普段がポンコツなだけに、格好いい場面が光りますね。

ラスボスは、椿のと縁のある相手が敵になったわけですが。
執念も覚悟もあるけれど、妄執まで行っていないというか。
耳に心地よい考えを説いて、相手を混乱させられる目的t、というのがまた凄かった。
拡大解釈な面はあるにしろちゃんとルール的にも裏付けとってましたしね。
敵が掲げた理想は、とても有用なものに聞こえるわけですが。
イサムとか、後輩の支えを受けた上で、椿達が答えを出せたのは良かったんじゃないでしょうか。


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ