気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

トナリはなにを食う人ぞほろよい

トナリはなにを食う人ぞ ほろよい5

ico_grade6_3h

「……困らない うれしいです」

「瀬戸くんと一緒にいたいのは私も同じなので」

 

クリスマスイブからの年末年始。

相変わらずイチャイチャしてますねー、という感じ。

同棲こそしているものの、その先が決まっているわけでも無いので帰省は別々に行っていましたが……

久しぶりとの父親の顔合わせに、稲葉さんは結構緊張してましたねー。

 

まずは稲葉さん自身からお付き合いしていることを伝えて。その後、瀬戸君が改めてご挨拶に伺いたい、と筋を通したのは偉い。

……自分の両親にも同棲の報告が後回しで「やー ついうっかり」とか言ってたのにな……

 

何はともあれ。ちゃんと「将来について考えてる」と聞いて赤面グルグル目になってる彼女が可愛いかったです。

自分でゆでだこ呼ばわりしてましたけど、しばらく真っ赤でもう……

その後の瀬戸家の大晦日な4コマもほのぼので良い。長男めっちゃ大変そうでしたけど。

花ちゃんと土屋君のカップルも好きなので、メインのエピソードが収録されていたのは嬉しかったです。

トナリはなにを食う人ぞ ほろよい4

ico_grade6_3h

いつも通りの日常も また特別なんだと

そばにいるとそう感じられる

自分のとなりにいるのはそんな特別な人だ

 

出張に行っていた瀬戸が帰還。

お土産が食べ物ばかりなのが、この二人らしい。

稲葉さん、割とざっくりしていて、付き合い始めた記念日を覚えていなかった事が発覚。

付き合って二年になるのにね。まぁ、気にする人と気にしない人といるからなぁ、この辺りは。

 

気が付いたからには、ちょっとお祝いしたいなぁと準備をして……その結果、去年の真実が明らかになるわけですが。うん、笑った。

気負いすぎても良くないし、ちょっと良いもの食べる日にしようという提案は、上手い妥協点だと思います。

 

作中は12月。寒い時期は鍋が美味しいですよねぇ。

結構レシピ参考にしてますけど今回は、私作れないので残念。いや、単純に柚子が苦手で。

稲葉さんが宅建に合格したし、温泉旅行の計画を練ることに。

当たり前に次の話を、未来の話をしている二人が良いなぁ。暖かい感じがする。

混浴したいがために、割と純粋な稲葉さんを丸め込もうとしてる瀬戸君に笑った。

そして、猪鼻さんが女子会の面々に相談してたけど、どっちもなんだかんだで甘いので参考資料になりますか? って感じ……ではありますが、糖度上がったのでグッジョブ。

食い倒れの旅行も楽しそうだったし。
花ちゃんの通っているジムに行ったりもしていましたけど。土屋君まで釣れてたのには笑った。
稲葉さん達は、体験してみたものの、入会はしない事に。それぞれの主観で相手が良く見えて、ナンパを心配している辺り、もうこの二人は……
一方で、友人につられて行った土屋君は、本格的に通うみたいですけど。花ちゃんもなんだかんだで土屋君好きですよねー。



トナリはなにを食う人ぞ ほろよい3

ico_grade6_3h
「悪い所は…」

(中略)

「誘惑が多いところだな」

 

買い出しに出かけて、土屋君の彼女、花ちゃんと遭遇。

土屋君、あの性格なので度々花ちゃんと揉めてる模様……憎めない良い奴ではあるけど、瀬戸君が絡まれてるみたいに、鬱陶しい部分もまぁあるからな……

そんなこんなで翌日、二人の部屋に招待して一緒に呑むことに。お酒飲むの好きね、みんな。友人と飲むと楽しいですが。

 

最初は教わっていた稲葉さんが、色々と新しいレシピにチャレンジもしてるのが凄い。自炊してても、中々拘れないからなー、素直に尊敬。

花ちゃんもなんだかんだで楽しそうでいい感じですねー。

その後土屋君との出会いのエピソードも挿入されてましたが……土屋君、本当に行動力凄いな。びっくり。

 

今回掲載のレシピだとオクフェスごっこの、ジャーマンポテトが結構好き。

呑み比べの為にしっかり準備してるんだもんなー。一家に一人瀬戸君が欲しい。……体育会系でビシビシ言う部分はちょい苦手なので、土屋君みたいにたまにご相伴にあずかるくらいの立ち位置が良いな……

あけすけな女子会も楽しかったです。付き合い広がってくのもいいですねー。


トナリはなにを食う人ぞ ほろよい2

ico_grade6_3h

「で 今夜はなにしてくれるの?」

「ごめんなさい 本っ当に冗談です勘弁して……」                  

 

同棲を始めてからも、稲葉さんの実家から支援物資は届いてて。

くだものBOXと、そのまま呼んでる彼女が可愛い。

独り暮らしだと中々果物に手でませんよねぇ、と瀬戸君が共感してましたが。君は調理器具やら何やら取り揃えてる「趣味:料理」マンじゃないか。騙されんぞ……

朗らかに笑う瀬戸君と赤面してる稲葉さんの組み合わせは可愛い。

いちゃつきやがって。眺めてる分には楽しいので、もっとやれ。

 

9話を掲載した後、『ほろよい』時空に入る前の番外編も収録されてました。

無印版『トナリ~』完結後に書かれてたヤツ。1話だけ電子配信とかあったので、それも買っていたんですが、再録してくれたのは嬉しいですねー。

後書きによれば、これの評判が良かったらしくて続刊出せた部分もあるみたいですし。

りっちゃんや土屋たち、友人たちが登場しててワイワイやってて楽しい。

 

その後の10話で、土屋君の彼女が登場。

瀬戸君じゃないけど「実在したんだ……」って正直思った。お酒強い花ちゃん凄い。

土屋君の家で瀬戸君の誕生祝いをしてる所でばったり遭遇して、一瞬気まずそうでしたけど。稲葉さん、ちゃんと相手の事見てるんだよなぁ、と感心してしまった。

男心は、中々読めないようですけど。ヤキモチ焼くよ瀬戸君は……

 

まぁ瀬戸君の方もこの後、唐突に盆に帰省するとき一緒に来る? とか言って実家連れてきますからね……

日々楽しくいちゃつきながら、少しずつ進展していってるのが微笑ましい。
今回掲載のレシピだと、なめろうが好きです。たまに自分でも作ってます。
まー魚捌けないので、適当にアレンジして、あじの刺身とか買ってきて作ってますが。



トナリはなにを食う人ぞ ほろよい1

ico_grade6_3h

「ちゃんと信用してもらわないとだめじゃん」

「大事な娘さんおあずかりするんだから」

 

『トナリはなにを食う人ぞ』シリーズの、続編。

学生時代、隣人だった瀬戸くんと稲葉さん。二人は交際し、卒業後に一緒に暮らすようになって。

付き合うまでにはなんやかんや(具体的にはコミック3冊分くらいのエピソードが)ありましたが、恋人同士という事もあって、割とイチャイチャしてますね。

 

元々料理要素取り入れた恋愛漫画でしたが、社会人になった事もあってか、レシピはつまみになるものが増えてます。

タイトルにも「ほろよい」ってついてますし、名は体を表している……割と手軽なレシピが多いので、つまみの参考にしてます。塩キャベツ好き。

 

二人とも食べるのも飲むのも好きですしね。食事風景が幸せそうで、和むわー。

土屋くんが入り浸ろうとするのも分からないではない。とはいえちょっとは遠慮しようね。

「俺もイチャイチャしたい」とか、「好みの顔がいない」とか、カップルを前に堂々と言えるメンタルはちょっと尊敬しそうになる。

弁当ちゃんと作ってる瀬戸くんは偉い。そして隙あらばいちゃついている肉食系男子……糖度もマシマシですなー。

後書きによれば、休みモードに入って「トナリの続編以外描きたいものない」と言い続けていたら、担当さんが折れたらしくて、そんなこともあるんだなぁとびっくり。
好きなシリーズなので続いてくれて嬉しいです。……の割に感想書くのめっちゃ遅くなっちゃったんですけどね……


プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ