気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

ニリツ

処刑少女の生きる道4 赤い悪夢

ico_grade6_3h

「まあ、でも、メノウちゃんが死んじゃうくらいなら、世界なんて滅んでもよくない?」

「それはわかります」

 

メノウから離れ、モモと別行動をすることとなったアカリ。

いやぁ、それにしてもこの二人とことん相性悪いですね! お互いにメノウ第一主義なので、話題は尽きないようですが。

……どっちがメノウを理解しているか。大事にしているかのマウント合戦なので、バチバチにやり合っているのは、他人事なら楽しい。

二人とも爆弾じみてるので、ちょっかいは出したくないですねぇ。

 

故あって手を出したチンピラ達が蹴散らされてましたし。

命を狙われていると警戒されるより、別件で逮捕されて警戒を薄れさせた方が良い、と。あるいは誘拐の罪状よりはナンパの方が良い、と。連行されていく歴戦の戦士たちは笑えました。

 

メノウの追跡を少しでも送らせるため、財布からお金を取ったりしてましたが。

それならば、と即座に王女様を頼る辺りメノウが一枚も二枚も上手でしたね……

モモの行動予測も完璧で、しっかり追跡してましたし。王女からお金を借りる代償として、メノウが男装執事していたなんて瞬間を見逃した方が、逃亡者2人にはショック大きいのでは。

 

温泉のある山間の街。そこでモモとアカリは、アカリの概念魔導の特訓をしたりしてましたが。

追ってきたメノウと王女以外に、マノンと万魔殿なんかもその街を訪れて……

それぞれの思惑が交差してて面白かったですね。すわ、この街も滅びてしまうのかと思いましたが。集っていた人材から考えれば、驚くほど穏やかに決着してました。

かつての四大人災が為したことや、帰還する方法のこと。この世界に広まっている魔導の生まれ方など、世界の真実が明らかになる巻でもありましたが。

 

やはり大きいのは、モモから話を聞いて、メノウがアカリに記憶が残っている事、彼女の行動原理について知ったことでしょうか。

それによって、彼女達の立ち位置が確定したともいえますし。さてはて、力を使い続けて灯りの人災化まであとわずかの状況。

聖地でなにが待っているのか。期待して続きを待ちたい。

 

処刑少女の生きる道3 鉄砂の檻

ico_grade6_3h

「私は、誰かに私みたいになって欲しいだなんて思わないわ。それは導師だってそうだった。だって、そうでしょう。人を殺すのが、処刑人の存在意義だもの」

(略)

「誰かに人を殺して欲しいなんて、思わないわ」

 

塩の剣を目指して旅を続けるメノウとアカリ。

しかし、砂漠には大規模な盗賊団が巣食っていて、お約束のようにアカリが攫われる。

メノウが救助していましたが、そこで面識のある修道女サハラを発見、回収する。

片腕を義手に置換した彼女は、メノウに自らの殺害を依頼してきて。

 

東部開拓領域では四大人災の【器】に動きがあったり、【魔】とマノンも嬉々として先行して混沌を生み出してますし。

そもそも、砂漠で攫われた事をアカリが知らなかったというのが、ヤバい。

2巻でも差異は生じていましたが、どんどんとズレて来ていると言うか。本当に限界まで来ている感じがしますねぇ。

今回メノウの教典に異変が生じてましたが……仮にこの状況で書き換えると、持ち越しなのかな、アレ。ここから更に【時】で巻き戻したら、世界崩壊しかねない気がしますが。

 

例によって、メノウが行動を起こしアカリはお留守番。モモが、バックアップという体制を取っていましたが。モモが独断でアカリに接触。

かつて導師の修道院に居たというサハラの登場によって、モモの過去もいくらか明らかになりましたが。サハラがちょっかい出してるとはいえ、破壊特化モンスター呼ばわりされてるのも納得というか。

センパイ第一主義を極めているからなぁ、モモ。彼女とアカリの接触が、果たしてどう作用するでしょうか。続きが気になるところ。

 

とはいえ今回は、アカリの事情よりはメノウの背景の方が主軸だった感じ。

彼女の過去の事ですとか、内包している【白】。漂白されたという事実と、導師の教導によって生まれた処刑人としての彼女。

メノウと対峙したサハラの在り方。帯の文句『貴女に、なりたい。貴女に、なれない』が的確ですが。

憧れて、なりたいものがあって。でもなれなくて。足掻き続けた一人の、たどり着いた果てが悲しい。

いよいよ導師もやってきそうですし、続きが気になるけれど、怖い……



処刑少女の生きる道2―ホワイト・アウト―

ico_grade6_4

「邪魔しないで。わたしは、この世界で死ねる。あなたみたいには、ならない」

 

古都ガルムでの騒動を超え、巡礼路を通り港町リベールへ辿り着いたメノウとアカリ。

ここは、かつて起きた四大人災の1つ『霧魔殿』が近くに在る町で。

メノウは、アカリを殺す為にこの人災を活用しようとしてましたが失敗。

まぁ、これで死ねるなら『回帰』してないんですよね……本当にどうやったら死ねるんだ。

 

補佐役のモモが当然のように先回りしてましたけど……道中でアーシュナと遭遇したそうで。実家が大変なのに、なにしてるんだあの王女……

いや、大変だからこそ、面倒事から逃れようとしてるという意味で一貫してるみたいですけど。気ままに動く腕利きの剣士(他勢力)とか面倒事の臭いしかしないなぁ。

 

実際、彼女もリベールへ辿り着いて独自に動いてましたし。

時にモモをおちょくり、時にメノウの腕を試し、最後には敵が敵だったために協力してましたが。柵振り切ってきてるから、ある意味で鬼札なのか。

 

メノウたちは道中の資金を得る為に、現地の教会に接触。

嫌われ者の処刑人にただで援助はしてくれず、事件解決への協力を要請されて。

リベールで流通している、魔剤。自由を謳う『第四』勢力の暗躍。

そうした事態への対処をメノウは着実に行っていましたが……この事態は、未来を知るアカリをして未知のもので。

 

今回、『回帰』のリスクが明かされてましたが……恐ろしいですね。

既に日本の記憶がほぼないとか、十何度も繰り返してるとか。更には、それを察知している勢力がいることも示されたり……

度重なる『回帰』によって、歪が溜まってきているのが怖い。アカリが限界を迎えるか、世界か限界を迎えるかのチキンレースかな……?

 


吸血鬼に天国はない

 ico_grade6_3

『人は、事実をつなぎ合わせて物語を作る』

では自分は、自分がどういう事実を人に与えたかを、考えたことがあっただろうか。

 

大戦と禁酒法によって道徳が崩れた時代。

マフィアの抗争があり、非合法なモノがはびこる街。

運び屋を営むシーモア・ロードのもとに在る日持ち込まれたのは、吸血鬼の少女だった。

「どこへ、いつまでに」しか聞かない運び屋と怪物の縁は、彼女を送り届けて終わるはずだった。

 

けれど、届け先が爆発するトラブルに見舞われて。

なし崩し的に吸血鬼、ルーミー・スパイクとの同居生活が開始。

退廃的な街で、依頼された物を運んで日銭を稼いでいるだけのはずだった。

しかし状況はどんどん変化していく。

配達の得意先だった人物の死、マフィアたちや、少女の動向。

 

いやはや、シーモアが情報を集めて、真相に気づいた中盤の山場には、こっちの背筋に冷たいものが走りました。

「嘘」を抱えながら生活を続ける人間と怪物の、距離感や温度まで伝わってくるようでした。

 

シーモアが、かなりいいキャラしてましたね。非合法な仕事をして、悲劇にはなれていて。

「人殺しはいけない」なんて倫理や正義に駆られるほど青くはない。

でも清濁併せ呑めるほど、達観してもない。迷いながら、平穏を装ってしまう所も等身大って感じがしてストレスなく読めました。

 

「きっと。価値なんて全てが錯覚なんですよ。どこにもなんの価値もないんです。僕にも、あなたにも、この世界にも」

「だから、この世界のどこにも、罪や罰なんてないんですよ」

迷いながら、違う缶を選んだ彼の言葉が響いている。あぁ、いいお話でした。2巻も刊行決まってるそうで、楽しみですね。



処刑少女の生きる道―そして少女は甦る―

ico_grade6_4

「漂白された魂と精神で私のすべてを吸収し、いつの日か幸福によってすべてが壊れ、それでもなお生き残ることができたのなら――お前は、その時、私を超えろ」

 

GA文庫大賞、7年ぶりの「大賞」受賞作!

実を言うとダンまち読めてないんですけどね。書店員時代に売れてるのは見てたので、アレ以来の受賞というのが気になって購入。

いや、面白かったです。さすが大賞。

 

日本からの『迷い人』がやってくる世界。

過去には彼らと協力して反映した文明もあったが…暴走によって壊滅。

今なお影響を残す暴走の爪痕によって、開拓できない領域すら存在して。

それ故に、『迷い人』は殺すべし、と『処刑人』が生まれた。

招かれてしまった少年少女がいかに善性の存在であろうと、この世界に来た時に異質な力を得た彼ら彼女らは、いずれ爆発する爆弾でしかない。

 

そうして『処刑人』として職務に励むメノウ。

彼女の標的となった迷い人の少女アカリは、『殺しても生き返る』という厄介な理を獲得していて。

不死身のアカリを殺すために、「確実に殺せる手」が見つかるまで、側について監視することにしたメノウ。

一方のアカリは、そんな思惑は知らずメノウに懐いていて。

 

メノウに心酔している少女モモや、アカリを召喚した罪によって父王が裁きに懸けられることになった王女アーシュナなども個性が強く魅力的。

ネームドキャラがほぼ女子で、アカリのメノウへの懐きっぷりには百合の波動をかんじなくもないですが…

アカリ、かなり朗らかな少女であるのは間違いないですけど、同時にかなり怖い子ですよね……

あの「イジワル」はかなりピンポイントで急所を突いてて、恐ろしかった。

彼女達の旅の結末がどうなるのか、見届けたいですね。



誰が為にケモノは生きたいといった3

ico_grade6_3

「死ぬな。生きろ。お前達の命は――いや、誰の命であろうとも、一時の満足の為に、簡単に投げ捨てていい程に、安くも軽くもない」

 

指輪の示す方向へ向かうイオリ達。

目的の場所に近づいたかと思いきや、またそこでも騒動が起きて。

近隣の棄界人から『聖なる島』と呼ばれる場所が示されたものの――そこは既に他の罪人たちに占拠されていて。

 

その際に生じた争いで、現世人に憎しみを持つ少女カチヤとの出会い。

なぜか生じた、カチヤとタビタの決闘。

何とか協力体制を整え、島に乗り込み罪人たちと対決する事に。

あちこち展開を巻いている感じがあったので、薄々感じてはいましたが、3巻で完結だそうで。

 

本来ならもっと広げる構想もあったそうで、それはそれで興味はあったのですが、残念。

良い所で終わって続きがない、という事が無いように畳むときは畳めるように考えているというのは、多作の作家さんならでは、かなぁ。

次回作に期待。



誰が為にケモノは生きたいといった2

ico_grade6_3

「穢れようが汚れようが生きてくれよ。胸を張って生きてくれ。出来る事なら幸せになってくれ。本当――償いたいってんなら、そうする事で真っ当に生きてくれ」

 

新たな街を訪れたイオリ達。

そこで彼らは、王族探しの密命を受けた罪人と遭遇して。

棄界に来るときの事故により、この世界にやって来たタイミングにもズレが生じているという事が明らかに。

それを考えるとイオリとユーフェミアが、ほぼ同じ時期・場所に落ちたのは中々に奇蹟的なタイミングの一致だったのでは。

 

王族の末裔、タビタを確保したことは伏せて情報交換などしていましたが……

何人かの罪人で協力体制を作り、独りが拠点を確保し、他が周囲を捜索していたとか。

イオリ達も一緒に捜索をしないかと持ち掛けられていましたが、イオリはそれを拒否。

まぁ、既にタビタを確保している手前、他に出し抜かれないように警戒は必要ですしね。

相手側が、イオリの罪『上官殺し』の真相を知っていた、というのも距離を取りたかった理由でしょうけど。

 

ユーフェミアも、イオリの罪の真実を知っていまいかなり動揺していましたが……

いやはや、中々に救いがないと言いますか。

そりゃあイオリもユーフェミアには明かせないよな、という真相で。

余りの事にユーフェミアは生きるのを諦めかけて、イオリに発破かけられたりしてました。

とりあえずこの二人の問題はなんとか落としどころが見つかったのか、って感じですが……

罪人の中に、王族の末裔と知りながらタビタを始末しようとする奴が居たり、黒幕が居るような言葉を吐いたりと、まだまだ謎が多いですねぇ。

ケネス医師のような闇医者が必要とされていた、という移転をとっても、現世は中々にきな臭い感じがしますけど、この後はどうなりますかねぇ。




誰が為にケモノは生きたいといった

ico_grade6_3

「それじゃあ、あいつを、あいつが望んだ場所に連れて行った事にならない。俺は嘘をつくのもつかれるのも、もう懲り懲りでな」

 

罪人の流刑場所として使われている『棄界(ゲヘナ)』。

現世とは異なる法と理の支配する異界。魔術によって罪人を送り込む、というあたり徹底しているというか、よくもまぁそんな術式を開発したもんだな……

ゲヘナ側からすると、現世は『天界』と呼ばれていて、そこからやってきた人間は天使と呼ばれたりしていましたが。

罪を犯して送られてくるという前提を踏まえると、何とも皮肉な呼び方です。堕天使も良い所だ。

 

上官殺しの罪を犯したイオリ・ウィンウッドもゲヘナに送られた一人。

最も、そこに至るまでには仲間を失い「生き残れ」と背を押されて、生きのびたという過去があるらしく。

……彼自身の性格も良好ですし、誰かに嵌められたんじゃないかなぁ、という雰囲気がひしひしと感じられます。

 

現世側で起きたあるトラブルの解決の為にゲヘナで動けば、無罪放免なんて裏取引も持ち掛けられてるぐらいですしねぇ。

果たして、罪人の中で適性があったからイオリを選んだのか。適性があるかを見極める為に嵌められたのでは、とか考えてしまうなぁ。

ゲヘナ送りにするための魔術に干渉されて、予定外の場所に到着したり、情報がゲヘナ側に漏れていたりと、裏で動いている思惑は一つではないようですし。

もう少し情報明らかになるかと思いましたが、シリーズ開始巻という位置づけらしく、あちこち気になる点が多いですねぇ。続きを早くお願いします。




バディアクションRPG ガーデンオーダー

ico_grade6_3h

最上:これまで6連続で外した攻撃はいわば布石――――。

一同:ウソだ――――っ!(笑)

最上:これ以上、我が雷光が的を外すことは……なしっ!(ダイスを振る)

一同:もうだめだ―――――っ!?

 

破壊と殺戮を招く人類の敵ネフィリム。

戦争末期に現れ、既存の兵器が通じない異形の登場に、世界の国々は団結を余儀なくされて。

その後、ネフィリムに対抗できる超能力や魔法としか言えない特殊能力を振るう人々、後に「オーダー」と呼ばれることになる能力者達が生まれ、対抗する力は得て。

一方で、ネフィリムを崇める宗教結社とかも出てきてるようです。

……と、そんな世界を舞台にしたTRPGのシステムですね。

 

現代が舞台で、異能を持っていると聞くと、一番自分が親しんでいるダブルクロスを想像しますが。

これは、異能を持った「オーダー」の存在が公になっているという点で違いがありますね。

ネフィリムに対抗できる数少ない存在という事で、オーダーは国連の関連機関「ガーデン」に管理されているようですし。

判定方法は、クトゥルフみたいな感じか。それぞれの判定用の技能があって、初期20%とかなのを、作成時にポイント割り振って個性を出す、というような形。

 

つくりとしては、前三分の一くらいがリプレイで、残りがデータという形。

リプレイの方は、本当に世界観説明ぐらいな感じで、簡潔でわかりやすかったです。

クライマックス戦闘での最上さんの出目が笑えた。あれはひどい。

何連続で攻撃外すんだ……いや、最後それまでのひどさを取り戻す大ダメージ与えてたから、とりあえず収集はついてるんですが。

ガーデンオーダー
久保田悠羅/F.E.A.R.
KADOKAWA/富士見書房
2015-09-19


ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は

ico_grade6_3h
「愛とは、自分を滅ぼす力を相手に与えた上で、それでも滅ぼされないと信じること」
(略)
「私達はね。生きているだけで色んなものを与えられるわ。家族や友達。仕事や責任。社会での役割よ。そうして一度でも得たものを手放すというのは、とても難しいことなの。けれど、たとえ得たもの全てを失ってでも、それでも守りたいと思うものがある。自分の身を滅ぼしてでも、優しくしたい人がいるの」


ラノベっぽくはないと思いましたが、そこそこ読める。
メディアワークス文庫あたりから出てもおかしくないんじゃないのかなぁ。
犯罪者に占拠された学校。
犯人は、「重犯罪特殊刑務所に収監されている少年を交渉役として連れてくること」を要求して。
その一方で、人質となった学内の生徒には「私が誰なのか」当てろと言い放つ。

学校には爆弾が仕掛けられ、警察も思うように行動できず、捕まった生徒たちの間には警察への不信が広がる。
交渉役として連れてこられた少年も、まぁ、犯罪者なんだから信用してもらえるはずもなく。
敵の計画が周到で後手後手に回っているなぁ、という感じ。
けれど、対応が遅れようと情報が少なかろうと、全く気にせず、断片をつなぎ合わせて真相を導いたカナタの頭脳は恐ろしいなぁ、というか。
普通だったらわからんだろう、という感じですけど。

しかしまぁ、この作品に出てきた母親は愛が深いというか。
カナタたちの母。あるいは、カナタが出会った宗像サナエ。
この二人は、良い親だったんだと思います。
一方で、組織ぐるみの行動に関与している権力者なんかもいるわけで。
いつの世も人の欲望は醜いというかなんというか。

異能バトルというよりは頭脳バトルになるんだろうか。
超先端科学はぶっ飛びすぎててアレですけど。
続きが出たら買うかなーって感じです。

ザ・ブレイカー 黒き天才、その名は (電撃文庫)
兎月山羊
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-05-10

プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ